おすすめのスパルタ語学学校

目次

フィリピン留学 スパルタって何?

フィリピン留学で言うスパルタ(インテンシブ)システムは、学校の規定に基づき留学生の学習意欲を高め、それを維持することから始めます。

語学学校はそれぞれ独自のノウハウを持っており、「このように勉強すれば一番効率よく英語が伸びる!」と、予めレベル別の受講科目や内容を定めています。生徒側は基本的に英語勉強の専門家とも言える語学学校に全てを一任し、そのやり方に基づいて勉強を進めていくのが一般的です。

スパルタ語学学校の一般的な特徴は、平日(月〜木)外出禁止、厳しい出欠の管理、課題、放課後の義務自習や毎日もしくは毎週のテストなどが代表的です。学校によって差はありますが、学校が組んだスケジュールと規定に基づいて留学生活をしていきます。よってスパルタタイプの学校は、学業管理の為に多少強制的であり、短期間で集中的に英語力を伸ばしたいという方や、しっかりと目標を持って挑み自立性のある方、または怠けそうだから勉強するルーティーンを強制的に作りたいという方に適しています。

スパルタ校の3つのメリット


留学に失敗する確率が低い
留学に失敗する確率が低い
英語学習に集中しやすい環境
英語学習に集中しやすい環境
余計なお金がかからない
余計なお金がかからない
1. 留学に失敗する確率が低い
スパルタ語学学校の最大の特徴は、自己管理が苦手な学習者を管理することです。 出席・テスト・勉強スタイルなど学校側の規定に沿って管理されます。違反時にはペナルティが課せられ厳重に取り締まります。規定に縛られますが、その分留学を失敗する確率は減少します。
2. 英語学習に集中しやすい環境
スパルタ語学学校では起床後のオプションクラスで一日がスタートし、正規授業、夜間義務自習、テストなど1日10~12時間のプログラムで進行します。また、平日の外出が禁止されている為、毎日決まった時間勉強するサイクルを作れます。
3. 余計なお金がかからない
スパルタ語学学校は、通常平日の外出を禁止しています。そのため、平日の外食や遊びにお金を使わずに済むので留学費用の節約ができます。統計的に平日の外出が可能なセミスパルタ学校を選択された学生に比べて、スパルタの学校の生徒は60%程度しかお金を使いません。

スパルタ校を推薦する5つのタイプ

スパルタ語学学校の運営上、セミスパルタに比べると学習量が多くハードです。その為、統計的に20代~30代前半の初級~中級レベル、もしくは試験対策でしっかり目標を持って学習したいという方には勉強に対するモチベーションが高い人が集まるので学習雰囲気としては適しています。

おすすめのスパルタ語学学校

フィリピン注目スパルタ校 (2019. 9)

スパルタ語学学校選びで迷ったらここをチェック。過去3ヶ月間で相談数が多かった顧客満足度の高い学校を3校紹介します。

  • CGスパルタ

    CGスパルタセブエリアの代表的なスパルタ語学学校の一つ。施設ではなく運営管理がしっかりしており、初級者中心のプログラムに強くスパルタ校ではあまりない会話中心のプログラムを基に多種多様な科目を提供します。学校規定は点数式で厳しくペナルティが定められ、毎日義務付けられた単語テスト・自習・エッセイは確実に力となります。

  • セセブ CPI

    CPIセブエリアのスパルタ語学学校の中で上位を争う人気校。コース運営・食事・設備・講師・管理者の応対等、全てにおいて平均以上のバランスが取れています。CPIが他の学校と差別化されるのは、一般的なスパルタに比べて自習やテストなどの強制学習がなく、正規授業の後は平日の外出ができないというだけで個人の自由な時間を確保できます。初級~中級レベル間でゆっくり勉強したい方や女性の方に適しています。

  • BECIメイン

    BECIメインフィリピン留学の第2都市バギオの中で代表的なスパルタ語学学校。スピーキング強化プログラム(SP)とユニークな発音強制トレーニング(REHAB)で短期間で英語の基礎体力と会話能力の両方を向上させます。緑が多い自然環境で気温も過ごしやすいので勉強に最適です。コースはセミスパルタとスパルタを選択可能なので、どちらがいいか決めかねてる人でも受講してみてコース変更が可能です。

フィルイングリッシュで
最新のフィリピン留学情報を
ご確認ください!

Facebook

Youtube