お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

スピーキング特化コース

フィリピン留学で効果が証明された
「スピーキングスキルのアップグレード」

英文法や語彙に問題がない方、ネイティブスピーカーにより近付きたい方、海外旅行や仕事で使うことのできる実用的な英語力が必要な方、高い英語力は必要ないが基本的な会話能力をしっかり身に付けたい方…理由は千差万別あると思いますが、本記事は特にスピーキング能力を高めたい方に向けて作成しています。

フィリピン留学の授業スタイルはマンツーマンレッスンが基本で、生徒一人一人のレベルに合わせて内容をカスタマイズすることが可能です。教室に講師1人と生徒1人というこのスタイルは、あなたが日本で受けてきたどのグループレッスンとも次元が異なる程の高い集中力を発揮することができます。生徒が自ら話す時間、量はグループレッスンのおよそ4〜5倍に上ります。これらの理由から、フィリピン語学留学でスピーキング力が伸びない方はおりません。初心者の方の場合でも、英語をこれまで勉強してこなかった方でも、一定の期間が過ぎると自然に言葉を出てくるようになるのがマンツーマン授業の効果です。

多くのフィリピン語学学校はスピーキング(会話)を中心のコースを運営しています。このページではフィリピン中の語学学校のスピーキングに特化したコースを調べ上げ、留意点やメリット等について説明させて頂きます。

フィリピン留学でスピーキング特化のコースとは?

スピーキング(会話)中心のコースは、ほとんどの語学学校で運営されています。スピーキングスキルを向上させる為に様々なカリキュラムや教材を用意している学校もあれば、一方でマンツーマン 授業の中で生徒の話す量をいかに増やしていくかといった面に着目している学校もあります。もちろん、理想的なのはスピーキングスキル向上の為に別途カリキュラムを用意していることです。

上記は、セブ地域の学校のPower Speakingコースのカリキュラムです

 

上記のようにスピーキングスキルを集中的に向上させる為に別途カリキュラムを用意しているケースはそれほど多くありません。しかし、カスタムカリキュラム(希望に応じて科目選択や変更が可能)コースでも問題ないかと存じます。そして母国語の使用禁止(EOP)の規定がある学校や教室、宿泊施設で他国の学生とミックスしている学校等、しっかりとした英語環境が作られていることも重要です。もちろん、その根幹には会話力の高いフィリピン人講師は必須ですね。

スピーキング特化型コースの選択で、基本的に必要な条件は以下の通りです。

スピーキング特化コース

スピーキング特化コースのある
おすすめ語学学校3校(2018年8月更新)

  • CIP

    CIP
    フィリピンのネイティブ専門学校として運営しているCIPは、教師クオリティの面でも高い信頼があります。フィリピン人教師から丁寧に文法、語彙、リスニングを学び、アメリカ人やイギリス人教師からは実用表現と発音を学ぶことができます。ネイティブ講師は現在15名在籍しており、ネイティブ教師の変更が容易であるという点も優れています。(アメリカンアクセントの次はブリティッシュアクセントを学ぶ等)フィリピンの留学後、欧米圏への留学を予定している方にもおすすめの学校です。

  • EV

    EVスパルタ校として有名な学校ですが、スピーキングに関するコースはセミスパルタに分類されます。フィリピンの語学学校の中で最高レベルの品質の設備と付帯サービスを持ち、他校を圧倒する程です。清潔で安全な環境、放課後にセブ中心に外出することも難しくない立地。会話、プレゼンテーション、語彙を集中的に学ぶPower Speakingコースがおすすめです。

  • PINESメイン

    PINESメインバギオ地域にあるスパルタ名門校。2018年半ばに現在の新キャンパスに移転し、より多くの関心を集めています。コース運営と教師クオリティが非常に高く、素晴らしい。それでいて学費は高くはないのがウリ。Speaking Masterコース、Intensive ESLコースがおすすめで、初級〜中初級者の方で2〜12週間の留学に最適。

スピーキング特化コースおすすめ学校リスト

スピーキング力を向上させたい方は、学校で運営しているカリキュラムの特徴と併せて、学校の運営方法、コストに関しても検討することが重要です。以下は、地域別のおすすめ校一覧となります。

PHILINTER / セブ留学
おすすめな点 レベルの高いカリキュラムで安定した満足度を誇る!
英語環境 普通
運営方式 セミスパルタ(放課後の外出は可能)
おすすめコース IPS
総評 繊細なカリキュラムと運営に定評のあるPHILINTER。2010年以降、現在までにカリキュラム運営で独自のノウハウを持っている学校です。IPS(Intensive Power Speaking)は授業の80%がスピーキング関連の内容を盛り込んでおり、内容は興味深く実用的でおすすめです。
コスト 高め。
Philinter
セブブルーオーシャン / セブ留学
おすすめな点 初心者のための実戦的なカリキュラムが印象的!Survival ESL!
英語環境 普通
運営方式 セミスパルタ(放課後の外出は可能)
おすすめコース Survival ESL, Intensive ESL
総評 セブマクタン島のビーチの前に位置する学校で、授業運営、教師の質、管理者応対、設備等のいずれの面でも高いレベルの教育サービスを提供しています。ビーチの前にあることや、ヨーロッパ、中東などからも留学しに訪れる学生がいるなど、生徒が多国籍で様々な文化を学ぶ事ができるのも利点の1つ。初級者または英語に長期間接していなかった方はSurvival ESL、中初級〜上級レベルの方にはIntensive ESLコースがおすすめです。特にSurvival ESLではショッピング、レストランなどで使用する実戦的な英会話をパターン方式で学ぶ事ができます。
コスト 普通。定期的に学校でプロモーションを行っています。
セブブルーオーシャン
EV / セブ留学
おすすめな点 洗練されたエキサイティングなカリキュラムに期待!
英語環境 普通
運営方式 セミスパルタ(放課後の外出は可能)
おすすめコース Power Speaking
総評 フィリピン中の語学学校の中で一番良い設備を備えている学校です。施設、食事、教師、管理者応対でワンランク上の教育サービスを受けることが可能です。Power Speakingコースは毎日6時間のマンツーマンレッスン、2時間のグループレッスンで構成されています。ほとんどの教科目は会話を中心に行われ、教材も最新のものを指定している.EVは、スパルタとセミスパルタの2つの方式で運営しておりますが、Power Speakingコース対象者は、放課後外出が可能なセミスパルタが適用されます。2〜8週間の留学に特におすすめ。
コスト やや高め。
セブ EV Academy
SMEAGクラシック / セブ留学
おすすめな点 ハイクオリティな授業、学校全体の良い雰囲気。
英語環境 普通
運営方式 セミスパルタ(放課後の外出は可能)
おすすめコース General ESL-2
総評 セブで3つのキャンパスを運営するフィリピン最大の語学学校の1つ、SMEAG。SMEAGクラシックはIELTSに特化した学校で校内の雰囲気も優れています。加えて多国籍の学生達が集まっている点も良いですね。
General ESL-2コースは6時間のマンツーマンレッスン、2時間のグループレッスン、4時間の特別授業で構成されていて、夕食後にマンツーマン授業2時間が別途行われてる点は珍しいです。平日外出可能なセミスパルタで運営されていますが、入学から最初の4週間は午後8時30分まで続く義務スパルタ授業に参加しなければならないので実質的には最初の4週間は外出できません。2〜8週間の留学がおすすめ。
コスト 高め。
SMEAGクラシック
セブ CPI / セブ留学
おすすめな点 オーダーメイド可能なカリキュラム。安全で清潔なセブ留学を実現。
英語環境 普通
運営方式 スパルタ。ただし、強度は低め
おすすめコース Intensive English, Rapid
総評 フィリピンでも施設面や食事面であまり違和感を感じたくないと思われる方に適しています。EVと比較的似たような施設や教育サービスですが、CPIは月〜木曜日に外出ができない点で異なります。Intensive Englishは5時間のマンツーマンレッスン、2時間のグループレッスンがあり、スパルタながら科目は自分で選択することが可能です。正規授業後のクラブ活動や少人数制のスピーキングオプション授業(SSPクラス)が特に人気。1、2週間の留学予定者には授業時間が保証されているRapidコースをオススメいたします。
コスト 高め。
セブCPI
CELLA UNI / セブ留学

おすすめな点 手頃な授業料+マンツーマン中心のカリキュラム!
英語環境 普通
運営方式 セミスパルタ(放課後の外出は可能)
おすすめコース Power Speaking 6, Power Speaking 7
総評 2017年に開校したCELLA UNIキャンパスは毎日6〜7時間のマンツーマンレッスンを提供する学校の中でも授業料が比較的安価な設定です。生徒のレベルに応じて科目が割り当てられますが、希望によりスピーキング中心の授業編成に変えることも可能です。校内の勉学に対する雰囲気や宿泊施設、教室環境にも優れています。ただし、エクササイズの出来るジム等の付帯設備はやや不十分です。
コスト 普通。
セブCELLA UNI
CEBU STUDY / セブ留学
おすすめな点 プライバシーを重視する小規模な学校。英会話+ビジネス英語を学べる!
英語環境 普通
運営方式 セミスパルタ(放課後の外出は可能)
おすすめコース Premium, Power Man to Man
総評 人に実力がある為、授業運営において高い評価を受けています。また、授業は1コマ70分単位です。
(一般的な語学学校は1コマ45分です)尚、中初級以上であればビジネス科目を受けることも可能です。30代以上の留学生の割合が高く、学校側の生徒への干渉は最低限に抑えています。
コスト 普通。
セブスタディ
CDU ESL / セブ留学
おすすめな点 大学付属の語学学校。プレゼンテーションとビジネス英語をミックスしたスピーキング特化コースを運営
英語環境 普通
運営方式 セミスパルタ(放課後の外出は可能)
おすすめコース Intensive Speaking, Power Speaking
総評 セブ名門医科大学のCDU付属語学学校でフィリピンの現地大学生と交流することが可能。スピーキング特化コースでは2つのコースが用意されておりますが、Intensive Speakingは会話中心のマンツーマン6時間と、ビジネスやTOEICの選択授業に参加します。Power Speakingコースは発音矯正、フレーズ、プレゼンテーション(発表)が含まれ、より会話スキルを向上させることが可能です。
コスト 普通。
セブCDU ESL
C2 UBEC / セブ留学
おすすめな点 比較的厳しいルール、日本資本、廉価
英語環境 普通
運営方式 セミスパルタ(放課後の外出は可能)
おすすめコース ESL-5, ESL-6, ESL-8
総評 ほとんどの日本資本の学校は自由な校風であるのに対し、C2 UBECはスパルタ色が濃い方です。放課後外出は可能ですが、22時から実施される50個出題される単語テストへの参加は必須となっています。また、土曜日にはオプション授業も開講されています。セミスパルタ式ではありますが、強度は高い方と言えるでしょう。日本の資本ですがベトナム、台湾人の学生割合も高く、また4、6人部屋を選択した場合は安価な費用で留学することが可能。
コスト 普通。
セブC2 UBEC
QQイングリッシュITパーク / セブ留学
おすすめな点 セブ中心地に位置し活気があり+カランメソッドを用いたスピーキング能力を最大限にアップさせる授業が素晴らしい!
英語環境 普通
運営方式 自律型(門限なし)
おすすめコース ライトプラン、スタンダードプラン
総評 セブの中心、ITパークに位置。校舎と宿泊施設棟が分けられている通学タイプの日本資本学校。コースはマンツーマンを中心に構成されており、高速スピーキングスキルを伸ばすため英国、カナダで検証された教育方法であるカランメソッド(Callan Method)をカリキュラムに取り入れております。とにかく、しゃべらして、しゃればして、しゃべされるが特徴の学校です。完全な初心者〜初級レベルの方におすすめです。
コスト 高め。
QQ English ITパーク
GENIUS / セブ留学
おすすめな点 バカンス型留学!休暇と勉強の両立
英語環境 普通
運営方式 自由度の高いセミスパルタ
おすすめコース Native General A, General B
総評 フィリピンの語学学校では珍しいロシア資本の語学学校で、様々な国籍の学生が在籍しています。ホテル滞在型で目の前は大海原。比較的自由な校風と、毎晩開催されるアクティビティのおかげで学生間の交流が多い。ネイティブマンツーマン授業を受講できる点もメリットの1つ。校則はゆるめ。休暇を兼ねて気軽に留学でき、語学勉強と併せてフィリピンを楽しみたい方におすすめ。
コスト 高め
Genius
CPILS / セブ留学
おすすめな点 セブのスパルタ語学学校でスピーキング特化コースをお探しの方向け!
英語環境 普通
運営方式 スパルタ
おすすめコース PMCコース
総評 セブでスパルタ式の語学学校を希望される方におすすめです。CPILSはセブエリアでは初の語学学校であり、ネイティブスピーカーによるグループレッスンもございます。フィリピン人教師とネイティブ教師による教育が相乗効果を発揮することでしょう。おすすめのPMCコースは授業の約8割が会話中心の科目で組まれており、平日は外出が禁止され放課後は義務自習と特別授業が提供されています。
コスト 高め。
CPILS
MONOL /バギオ留学
おすすめな点 秀逸なカリキュラムにより計算された上達プロセス
英語環境 やや高い
運営方式 セミスパルタ(放課後の外出可能)
おすすめコース マンツーマンESL
総評 どれくらい勉強すればどれくらい伸びるという綿密な計算の下で進行される教育指導。教育面、生活面、食事面で在学生たちの満足度が高く、学習に専心できる環境。提供される教育サービスに比べて学費は安価です。管理者のサポートも良いことで定評のある学校ですね。教室、食堂など公共スペースではEOPがしっかりと保たれています。正規授業がマンツーマンのみで行われるマンツーマンESLコースはスピーキング力を高めることを重視した授業編成となっています。
コスト 普通~高め
MONOL
PINESメイン / バギオ留学
おすすめな点 スピーキングスパルタプログラム+きれいな新築キャンパス+低学費
英語環境 高い。
運営方式 スパルタ
おすすめコース Speaking Master, Premium ESL 7
総評 初級から中初級者の方専門の最近新築へ移転した新しいキャンパスです。以前から高いクオリティの教師レベルと教育運営が幅広く評価されておりましたが、施設や食事の部分で不十分でした。しかし、2018年6月に新キャンパスに移転し、とても注目を集めています。Speaking Masterコースはスピーキング能力を向上させるために特別なカリキュラム及び復習(自習)等の強度の高いプログラムとなっています。
コスト 普通~やや高め。
PINESメイン
WALES / バギオ留学
おすすめな点 バギオでスピーキング中心の留学を検討した場合、MONOLに匹敵するハイクオリティな学校
英語環境 普通。
運営方式 セミスパルタ(放課後の外出は可能)
おすすめコース ESL Flexible
総評 バギオ留学で同じセミスパルタ学校としてMONOLとよく比較される学校です。MONOLがカリキュラム、食事、施設、スポーツプログラムなどで抜きんでている一方、WALESは立地が良くきれいな宿泊施設のクオリティが高いのが利点です。教師一人一人の能力はどちらも高いレベルを維持しています。WALESのESL Flexibleコースはマンツーマン5時間の正規授業があり、スピーキング中心の勉強をしたい方におすすめです。
コスト 普通。
WALES
PINESチャピス / バギオ留学
おすすめな点 上級レベルの専門キャンパス!EOP規定と教師のレベルが卓越!
英語環境 非常に高い。
運営方式 スパルタ
おすすめコース ntensive ESL, Premium ESL 7
総評 レベルの高い教師陣、学業に真剣な学生たち.. PINESチャピスでは、より質の高い英語学習が可能です。会話中心のカリキュラム、小グループ授業も割り当て人数が4人で議論を中心に行われており、スピーキング特化でおすすめコースはIntensive ESL、Premium ESL7コースです。特にPremiumコースでは、ビジネスまたは試験対策科目も併せて選択可能です。PINESチャピスへ入学するためにはTOEIC670点以上またはIELTS4.5以上が必要となっています。
コスト 普通。
PINESチャピス
HELPマーティンス / バギオ留学
おすすめな点 EOP規定が非常に厳しい、上級者専門の学校。教科の選択と変更が容易!
英語環境 非常に高い。
運営方式 スパルタ
おすすめコース ESL-5, ESL-6
総評 PINESチャピスのライバル校。PINESチャピスに比べてEOP規定がより厳しく、また教科目の選択が自由です。正規授業開始前に発音/リーディング訓練を行い、毎日テストが行われるなど学習強度は高いです。チャピス同様、入学には試験をパスする必要がありますが、初心者がいない留学環境は、中級以上の方にとってはとても良い刺激になるでしょう。
コスト 普通。
HELPマーティンス
CIP / クラーク留学
おすすめな点 フィリピン人講師とネイティブスピーカーから学べるネイティブ学校!
英語環境 普通。ただし、EOPチャレンジャー対象者は24時間英語の使用が義務付けられます。
運営方式 セミスパルタ(放課後の外出は可能)
おすすめコース Nativeプレミアム, Power Intensive, Rapid
総評 クラーク地域で最も有名な学校で、フィリピン留学でネイティブマンツーマン授業を取り扱っている学校の代表格。フィリピン教師の長所とネイティブ教師の長所をよく生かすカリキュラムを編成していまs。特にネイティブスピーカーによる実用表現法、スラング、発音矯正はCIPの利点。また、国内でネイティブ講師からマンツーマン授業を受けた場合と比べ、半分にも満たない費用で受けれることも強みの1つです!より自然な言い回し等の会話能力が必要な方や欧米圏へ留学する予定の方にもおすすめです。
コスト 普通。
CIP
WE ACADEMY / イロイロ留学
おすすめな点 安価な授業料、質の良い教師とよ維持されている勉学の雰囲気
英語環境 普通。
運営方式 セミスパルタ(放課後の外出は可能)
おすすめコース Semi Sparta D
総評 施設は、平均を下回っておりますが、非常に安価な学費が魅力的。低学費にも関わらず教師の評価は高いです。平均勤続は5年以上であり、教師としての態度も良く、学校の勉学の雰囲気づくりに貢献しています。最も人気のコースであるSemi-Sparta Dコースはマンツーマン6時間、グループ授業2時間ですが、希望に応じてスピーキング中心に授業編成を変える事が可能。特にビジネスやIELTS、TOEICの授業を受けられるのは良い点。
コスト 安い。
We Academy
E-ROOM / バコロド留学
おすすめな点 手頃な授業料のバコロドで代表的な語学学校。
英語環境 普通。
運営方式 セミスパルタ
おすすめコース ESL-B, ESL-C, ESL-D
総評 バコロド地域最大の語学学校です。手頃な授業料で教育システムがしっかりと整備された中規模学校。全体的に柔軟な管理がなされており、リラックスできます。また特に不便のない設備もグッド。選択に応じて、毎日5〜8時間のマンツーマンレッスン。授業はスピーキングまたは弱点を中心に割り当てられます。もちろん、ビジネスやTOEIC、IELTSスピーキングも受講する事が可能。
コスト 安い。
E-Room

スピーキング特化コースはどんな人に有効か?

英会話特化型コースは海外旅行に一人で出かけるようになりたい方、外国人の友達を作りたい方。外国人との折衝でビジネスやプレゼンテーションスキルを高めたい方、日本人によくみられるタイプの読み書きはうまいが、英会話がまったく苦手な方などに特に有効です。

どのぐらいレベルアップできるのか?

初級レベルから中初級レベルまでスピーキング力を上げるには、通常約8週間程度かかります。中初級から中級レベルまでは約8〜12週間です。

スピーキング力は、一度に初心者レベルから上級者レベルまで上がることはありません。スピーキング特化コースを通してご自分のスピーキングに自信を持つことで、英語をより理解し楽しむことを可能にするのが正しい方向です。

スピーキング特化コース

学校を選ぶ際に留意しなければならない点

学校を選択する際、校内の英語使用状況を確認することをおすすめします。カリキュラムに関わらず、授業外でEOP環境がどうなっているかが重要です。

スピーキング特化コースは、カリキュラムのほとんどがスピーキングに関連した科目ですので、リーディングやライティングは多少疎かになってしまいます。バランスよく勉強するか、スピーキングに特化させるかはご自身の判断で決めるしかありません。

スピーキング特化コースはスピーキングやディスカッションスキルを飛躍的に向上させ、英語の楽しさを知り喋ることに自信を持つことが目標です。その後は、しっかりとスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの英語の基礎となる4つの項目をバランスよく学習していくのが正しい方法です。上級レベルの英語力に到達する為にはリーディングやライティングのスキルなしでは不可能だからです。

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ