お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

フィリピンTOEFL留学おすすめの語学学校

英語圏の大学や大学院留学に必要なTOEFLスコア。TOEFLは欧米文化、社会、経済、芸術、政治など多様な分野で授業を受けられる英語力があるかどうかを判断材料にするための英語能力測定試験です。元々大学レベルの英語を使用および理解する能力を評価する試験でしたが、現在ではスコア取得に関係なく、中級者以上の方が高い英語力を身につけるための学習プログラムとして人気です。

TOEFLはフィリピン語学学校の中でも最も難しいコースで、ベテラン講師が担当ています。そのためTOEFLコースの評判がいい学校は「授業レベルと質が高い」とも言われています。

TOEFLはiBT、CBT、PBTの3種類がありますが、過去20年の間に様々なテスト方式が実施されてアップデートされました。現在はTOEFL iBTが主流となっています。TOEFLの公認試験は4つのセクション(Reading、Listening、Speaking、Writing)で構成され、各セクション毎に30点満点で合計120点満点で評価します。90点以上を取れると上級者として認められます。英語圏の名門大学や大学院に進学するためには100〜110点のスコアが必要です。

フィリピンTOEFL留学おすすめの語学学校

TOEFLは英語コースの中で最も難しいコースで、優秀な講師が担当します。また、ESL・TOEICに比べて格段に授業レベルが高く、ノウハウも必要です。TOEFLコースの評判のいい学校は、他のコースでも失敗する確率は低いと言えます。

フィリピンTOEFL留学おすすめ語学学校

授業レベルが最も高いTOEFLコースおすすめ学校はコース運営、スコアを向上できる振り幅、卒業生の満足度などに基づいて評価しています。

SMEAGキャピタル/セブ留学

おすすめな点 セブで最も信頼できるTOEFLに関するノウハウを有しています
学校タイプ セミスパルタ。ただし、授業は厳しい
コース TOEFLコース、TOEFLスコア保証コース、TOEFL入門コース
入学レベル 初心者からTOEFL100点を目指す中級者まで。
寸評
  • TOEFL iBTにおいてセブ語学学校の中で最も信頼性が高い学校です
  • ETS指定のTOEFL公認試験センターで、毎月校内で公認試験を実施
  • 毎日8時間のTOEFL授業と4時間の特別授業(一般英語)。セミスパルタ(平日外出)校だけど授業は多め
  • TOEFL 60点、80点、90点、100点コースに細分化
  • セブ市の中心部に位置。放課後の外出や生活が便利な学校

EV /セブ留学

おすすめな点

厳しくない環境でTOEFL学習をご希望する方。

学校タイプ

セミスパルタ。

コース

TOEFL

入学レベル

入門〜中級
寸評
  • SMEAGと同じ、放課後外出が可能なセミスパルタ校。ただし、TOEFLコースは規則が厳しくない。8時間の通常授業の後、午後5時から外出自由。
  • 施設や食事など付帯サービスの質が高い学校。綺麗な学習環境を重視する方におすすめ。

CPILS /セブ留学

おすすめな点 最初のセブ語学学校で、TOEFLコース運営と教師陣の信頼性が高い
学校タイプ スパルタ。
コース TOEFL
入学レベル 中初級〜上級
寸評
  • ベテラン講師が担当、1日12時間の多めの授業を実施(通常授業は8時間)
  • フィリピン人とネイティブ講師による授業。 リーディングとスピーキングはアメリカ人講師が担当
  • セブ最初の語学学校で運営システムと講師の評判がいい。ただし、施設面では若干古い

CPI / セブ留学

おすすめな点 毎日TOEFL模擬テストを実施する学校
学校タイプ スパルタ。
コース TOEFL General、TOEFL Intensive
入学レベル 中初級〜上級
寸評
  • フィリピン語学学校の中で唯一毎日TOEFL模擬試験を行う学校。テストと解説を1時間ずつ実施するので高いTOEFLスコアを取りたい方にオススメ。
  • スパルタ校だが、規則は厳しくない
  • EV並びにフィリピン語学学校の中で最高レベルの施設。清潔で充実したサービスを提供しています

CNNケソン /マニラ留学

おすすめな点 講師陣を一番重視する方におすすめ
学校タイプ セミスパルタ、またはスパルタから選択
コース TOEFL
入学レベル 中初級〜上級
寸評
  • フィリピン語学学校の中で最も古い20年の伝統ある学校
  • 施設面よりも、講師のレベルを重視する方におすすめ。
  • 原則としてTOEFLコースは平日外出可能なセミスパルタ。しかしスパルタコース(平日外出禁止)の申請で、英語寮が使用可能。放課後の夜間授業への参加と寮内での英語使用が義務
  • 学校と宿所が離れていて生活するのが不便

HELPロンロン /バギオ留学

おすすめな点 TOEFL入門者のためのしっかりとしたカリキュラム
学校タイプ スパルタ。
コース Basic TOEFL
入学レベル 初級〜中初級
寸評
  • 他の学校ではTOEFL入門者のための一般英語(ESL)とTOELF授業を一緒に実施しますが、ロンロン校では、全てTOEFL初心者向けのカリキュラムを提供しています
  • 初心者向けの学校。ESLから始めてBasic TOEFL順ので8週以上の留学おすすめ
  • 英語力が伸びると上級者向けのHELPマーティン校に移動できます

HELPマーティンス /バギオ留学

おすすめな点 中上級者向けの学校。伝統あるTOEFL実績とノウハウ
学校タイプ スパルタ。
コース TOEFL
入学レベル 中級〜上級
寸評
  • 15年間のTOEFL教育ノウハウがあって信頼性の高い学校。教材、講師陣、受験情報、試験スキルなどすべて充実
  • 中級者向けなので入学前のレベルテスト必須。通常TOEICスコア600後半〜700前半で合格することができます
  • 在学生の英語力が高く、ベテラン講師も在籍。勉学しやすい環境です。
  • 約6時間の通常授業と2時間の特別授業を実施。授業以外にも自習可能な時間が十分あります。

PINESチャピス /バギオ留学

おすすめな点 清潔で落ち着いた雰囲気の中上級者向けの学校
学校タイプ スパルタ。
コース TOEFL
入学レベル 中級〜上級
寸評
  • 毎日11時間の多めの授業
  • HELPマーティンス同様の上級者向けの学校で、入学前のレベルテストが必須
  • HELPマーティンスがTOEFLのノウハウと講師面で優れているのに比べ、PINESチャピスは施設が清潔で勉学しやすい環境があります
  • TOEFL受講生はそれほど多くないですが卒業生からの評価は高いです

フィリピン語学学校のTOEFLコースについて

  1. フィリピンの語学学校はTOEFL iBTだけを扱います。iTP、PBT、CBPの勉強も可能ですが学校の資料は5〜7年前の古いものなので、他のTOEFLの勉強はお勧めしません。
  2. 最も優れたTOEFLコースがある学校を見つけることは簡単ではありません。留学エージェントや学校はフィリピン留学のメリットとしてTOEFLの勉強をあげていますが授業のレベルの高さと教育資料準備、ベテラン講師不足などで教えている学校は少ないのが現状です。IELTSに比べてTOEFLコースは遥かに難しいです。IELTS専門校やごく一部の学校を除き、普通は生徒の90%以上がESLとTOEICコースを受講しています。それくらいTOEFLコースで勉強する生徒が少なく、学校の立場から見てもビジネスとしてメリットがないです。
    結論として他のコースよりTOEFLコースにかかる費用が高いので充実したTOEFL授業を実施する学校が少ないわけです。現在フィリピンで正式にTOEFLコースを教えることができる学校は15校くらいしかありません。
  3. したがって、TOEFLコースを運営する学校のカリキュラムや授業レベルは高いと言えます。ESL、TOEIC、IELTSなど他のコースでも授業面で失敗する確率は低いです。
  4. TOEFL公認試験会場はフィリピンにもあります。ETS公認スコアは全世界で認められています。セブ、バギオ、マニラで定期的にTOEFL公式試験が実施されています。
  5. フィリピンでTOEFL勉強をする場合、通常スコアの向上幅は4週当り約7〜10点くらいです。TOEFL iBTスコアが60点以下なら、4週当り10点ずつ大幅に向上し、90点以上からは4〜7点ほど向上します。

フィリピン語学学校はマンツーマン授業中心なのでカスタマイズすることも可能です。特に授業レベルが高いTOEFLコースにおいてマンツーマン授業の効果は大きいです。

フィリピンTOEFL留学おすすめの語学学校

TOEFLは学術的な文章から抜粋するのでTOEIC、IELTSより難易度が高いです。英語力が低くても入学できる学校がありますがTOEIC 600点、IELTS 4.0以上のレベルからTOEFLコース受講をお勧めします。

TOEFLはこんな方におすすめ

TOEFLは大学レベルの英語を使用および理解する能力を測定する公認試験です。テストは4つのセクション(Reading、Listening、Speaking、Writing)で構成され、大学で学術的な課題を遂行するための英語力を評価します。試験のほかにも、英語力向上ためのツールやガイドを取り揃えています。

1)高いレベルの英語力を身につけたい方

欧米文化を始め、豊富な語彙を覚えたい方にはTOEFLの勉強をお勧めします。TOEFLはReading、Listening、Speaking、Writingにおいて英語のスキルを格段にアップさせます。

2)アメリカ、カナダの大学や大学院留学

TOEFLは2010年までは英語圏の大学・大学院留学、就職を目指している方にとっては必須の試験でした。現在はIELTSの方が人気なので主にアメリカやカナダへの留学や就職を準備する方が学習しています。

TOEFL iBTは120点満点で、4つのセクション(Reading、Listening、Speaking、Writing)からなるテストのスコア範囲はいずれも0~30です。90点以上取れると上級レベルといわれ、アメリカの名門大学進学のためには100〜110点以上求められます。

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ