お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

フィリピン短期留学(1〜4週間)

フィリピン短期留学-philippine-short-term

フィリピン留学の大きい魅力のひとつは、1週から4週間の短期で留学に行けることです。

フィリピン短期留学が凄い3つの理由とは

フィリピン留学は移動時間が欧米圏より少なく

日本から近いため
最短1週間から
語学留学が出来る。

短期留学専門コースを持っているフィリピン語学留学は

短期留学専門の
コースで効率良く
勉強ができる。

ガッツリ勉強したい方には

自分に合った
留学スタイルが
選べる。

フィリピン留学は移動時間が欧米圏より少なく、その分勉強に時間を割くことが出来ます。
また、最短1週間から留学が出来るのは世界の中でもフィリピン留学だけ。仕事を辞めずに、休学をせずに休暇を利用しての語学留学が可能です。
短期留学専門コースを持っているフィリピン語学留学は、授業数の保証や、短期間で効率的に英会話力を上げる特別なカリキュラムを運営しております。
またビジネスやテスト対策科目を学ぶことも可能。
自分のニーズにカスタマイズした語学留学が可能です。
ガッツリ勉強したい方には、1日の学習時間が多くて、マンツーマン追加授業を受けられる語学学校をおすすめします。

休暇も重ねた語学留学を希望される方には、セブ島のリゾート型の語学学校がおすすめです。

フィリピン短期留学で語学学校を選ぶときに知っておきたい4つのこと

フィリピン短期留学-philippine-short-term

1.空港から近い地域・語学学校を選ぶ!

フィリピン留学は、様々な地域から語学学校を選ぶことができます。

地域によって校風や雰囲気に特徴がありますが、短期留学に行くなら移動の時間を短くしたいですよね。そこで、空港から出来るだけ近く、語学学校までの移動が便利な地域を選び時間を有効活用しましょう。

🌼おすすめ:セブ島留学/マニラ留学/クラーク留学

2.月曜日から授業開始の語学学校を選ぶ!

多くのフィリピンの語学学校では土日に入寮、月曜日にオリエンテーション・校内案内・レベルテストを実施し、火曜日から正規授業をスタートさせます。従って短期留学を希望する方は、週末に到着し、月曜日から授業を受講できる語学スクールが望ましいです。

しかし最近では、短期留学生に対して月曜日から正規の授業を提供する学校の数が増えています。

3.留学期間が祝日に重なっていないか確認する!

フィリピン短期留学をご検討されている期間に、フィリピンの祝日があるかを確認する必要があります。
祝日には授業が行われず休校扱いとなるためです。いくつかの学校は祝日に関係なく授業日数を保証しており、祝日がある場合は同日もしくは別日に補講をしてくれます。短期留学生に配慮している学校かどうかを確認するのも良い方法です!

4.自分のレベル・ニーズに合った語学学校を探す!

一度自分の英語のレベルはどの程度なのか、どのようなタイプの学校に留学したいのかを考えてみてください。超初級者~初級者の方は、主にスピーキング/発音などの英会話の授業が多めのESLコース(一般英会話)がおすすめです。短い期間で英会話に慣れることが最優先ですね。
中級者以上の方は、中級レベルの教育の実績が高い語学学校、「英会話+ビジネス英語」ができる語学スクールなど、留学生のニーズに応じた科目編成が可能な英語スクールがおすすめです。

短期留学、授業時間を保証してくれるオススメ学校

フィリピン短期留学は短期間で英語を上達することができます!何故、短期間で安定した授業数を提供することができるのでしょうか?本日は、授業数が保障されている短期留学でおすすめの3校をご紹介します。

フィリピン短期留学におすすめの語学学校(2018年5月更新)

フィルイングリッシュが、フィリピン短期留学に行かれる方におすすめしている語学学校をご紹介します。1週間から4週間の短期留学でおすすめできる学校をご案内します。


セブ短期留学でおすすめの語学学校


学校名 特徴 入退寮日 授業開始日
EV 密度の濃い集中的なプログラム(スパルタ)と多少の自由度があるセミスパルタの2つのプログラムを運営しています。安全で清潔な新築の学校、安定したクオリティの教師、様々な設備、和食と他国の料理のミックスなど、他の学校とは違ったアプローチをしている。ESLコースがおすすめ。2018年最大の注目を集めている学校です。 土、日曜日入寮/土曜日退寮 月曜午後(1、2週留学のみ) 3週間留学以降は火曜日から正規授業開始
CPI EVと共に有名な学校で、施設面では決して遅れを取っていません。セブ名門大学であるCebu Normal University(CNU)とMOUにCNU出身の教師が多い。EVと比較すると、施設はEVがやや優勢だが、勉強についてはCPIが多少良い。ESL、TOEIC、ビジネスコースがおすすめ。授業時間を確保したい場合はラピッド(Rapid)コースがおすすめ。 土、日曜日入寮/土曜日退寮 月曜日午前(Rapidコース)、火曜日午前

その他のコース)

セブブルーオーシャン 勉強と休暇を上手く調和させたフィリピン留学が体験できます。ビーチの前に位置するリゾートを学校宿泊施設として使用し、様々な設備と南国特有の潮風が印象的です。しかし、そんなリゾートな雰囲気とは裏腹に、教育プログラムもしっかりと組まれております。講師のクオリティも素晴らしいです。ESL、TOEIC、ビジネスコースがおすすめ。 土、日曜日入寮/土曜日退寮 (原則として2週間単位で受け入れ) 月曜日午後
CIJクラシック 綺麗なコンドミニアムタイプの宿泊施設とマンツーマン授業中心のコース運営。他の学校に比べて自分で調理することが可能な宿泊施設の環境は、比較的早い時間から外出が可能(午後4時頃)。セブの中心に位置しており、放課後に市内への観光や外国の文化を肌で感じたい方におすすめ。 土、日曜日入寮/土、日曜日退寮 火曜日午前
QQ English ITパーク 日本の資本。門限が決められていない自由な校風の学校で、学校からプライベートな事で干渉を受けることはほぼありません。短期集中型の教育運営と管理に優れている。品質の良い学校施設、スポーツ施設と活力あるセブ中心のITパークに滞在することができます。ESL、IELTSコースがおすすめ。 日曜日入寮/土曜日退寮 月曜日午後
PHILINTER カリキュラムの完成度の高く、要所にきめ細やかな工夫がなされている学校でより深くESLを学べます。ほとんどの学生は1〜8週間留学の為、短期留学のノウハウと運営に優れています。ESL、ビジネスコースがおすすめ。
*外部寮(マンション)ユーザーは、夜間外出禁止令の適用を受けない.
土、日曜日入寮/土曜日退寮 火曜日午前
CG BANILAD 自由な校風を合わせ持つセミスパルタ校で、自然な雰囲気の施設。初級〜中級者を対象しており、ややゆったりした余裕のあるセブ留学を希望される方におすすめです。学校は立地が良く、近くには様々なお店が立ち並ぶ他、セブ中心とも近いです。ESLとIELTS入門コースがおすすめ。 土、日曜日入寮/土、日曜日退寮 火曜日午前
CELLAプレミアム 1日6〜7時間のマンツーマン授業を受講できる学校。比較的自由な校風で、徒歩圏内に様々なお店やショッピングセンターがあり、良い立地。ESLの専門学校である点もポイント。 日曜日入寮/土曜日退寮 月曜日午後(Expresserコース)、火曜日午前(その他のコース)
CELLA UNI 1日6〜7時間のマンツーマン授業を受講できる学校。短期留学でグループレッスンを避けたい方にもおすすめ。CELLAプレミアムよりやや勉強の雰囲気は厳しいです。ESL、IELTSコースがおすすめ。 日曜日入寮/土曜日退寮
SMEAGキャピタル ESL、TOEIC、TOEFL、ビジネスコースがおすすめ。短期留学生のためのコース運営に優れている。入学後4週間は義務授業がある為、短期留学生にとってはスパルタ学校と言っても過言ではありません。 日曜日入寮/土曜日退寮 火曜日午前
SMEAGクラッシク IELTS専門学校で、生徒の約70%はIELTSコースを選択しています。英語力に応じて細かくレベル分けされ、それぞれにあった学習プランを提案しています。クラシックキャンパスの勉学に打ち込める雰囲気はとても人気で、IELTSのみならずESLコースを希望する学生も増加傾向にあります。入学後4週間は正規授業と別に出席しなければならないクラスもあり、短期留学生にとってはスパルタ学校と言えます。 日曜日入寮/土曜日退寮
セブスタディー セブ語学学校の中で一人部屋の価格が最も安価な学校です。少人数の家族のような雰囲気の学校で、比較的自由な校風があります。留学生は必要にに応じて可能な限り授業を取る事が可能。ESL+ビジネスやTOEICの授業等。40代以上のシニアの割合が比較的高い。 土、日曜日入寮/土、日曜日退寮(平日入学可) 月曜日午後

(平日入学時は翌日から授業開始)

GENIUS ビーチの前に位置するリゾート風な語学学校で自由な校風があります。そしてここは若さと活気に溢れています!セブブルーオーシャンと同じくリゾートの敷地内にありますが、この学校にはネイティブマンツーマン授業もあり、若い学生の割合が比較的高いのが特徴です。毎日放課後にはアクティビティがあり、学生と教師間の親密度が高い。ロシアの資本。 日曜日入寮/土曜日退寮 火曜日午前
C2 UBEC 日本の資本で手頃な授業料が最大のメリット。平日は外出可能であり、授業が充実していてカリキュラムも優秀です。ESL、TOEICコースの評判が特に良いです。 日曜日入寮/土曜日退寮 月曜日午後

マニラ・クラーク短期留学でおすすめの語学学校


学校名 特徴 入退寮日 授業開始日
CIP アメリカ、イギリスのネイティブスピーカーがフィリピン中の語学学校の中で最も多く勤務しています。ネイティブスピーカに関してはフィリピンの学校の中で最も歴史が長いです。施設は派手ではありませんが、授業運営と学生への繊細なケアに優れている学校。入学前に事前テストを受ければ新入生は月曜日から通常の授業に参加することが可能です。また、祝日などの場合通常授業は無くなりますが、授業数を確保することができるのラピッド(Rapid)コース、IELTSスパルタ、ビジネスコースの評価が特に高いです。 土、日曜日入寮/土曜日退寮 月曜日午前
AELC CIPと同様にネイティブスピーカーが多く在籍している学校ですが、学校の校風は異なっています。学生の個性を尊重する伝統的に自由な校風が特徴。プライベートな時間の少ないコースを選択する方が多い傾向にあります。

*1〜2週間の留学時には、SSPの発給費用は請求していません。

土、日曜日入寮/土曜日退寮 月曜日午後
CNNケソン 教師の力量だけを考えた場合、CNNケソンを上回る学校は多くはありません。セブ、バギオの評判の良い学校であっても本学校と比べると見劣りする程です。ただし、寮と学校は分離式で運営しており、生活に多少の不便さはあります。
ESL、ビジネス、TOEFLコースが特に人気です。

*1〜2週間の留学時には、SSPの発給費用は請求していません。

土、日曜日入寮/土、日曜日退寮
(*平日入室可能)
月曜日午後(平日入学の場合は翌日から授業開始)

バギオ短期留学オススメ校


バギオは、留学プログラムと勉強環境、教師のレベルにおいて最も高い評価を得ている地域です。特に中級以上の英語レベルを持っていて、勉強にだけ集中したい方に適した地域です。入学生のほとんどはマニラ空港を利用していますが、たまにクラーク空港を利用している方もいます。マニラからバギオまでの距離が遠いため、これまで短期留学の需要はあまり多くなかったですが、近年新しい道路が開通した為、移動時間が短くなったことから短期留学の需要が増えてきました。空港送迎を利用しないで個人でバギオへ移動する方に関しましても、弊社が丁寧にご説明いたしますのでご安心ください。

学校名 特徴 入退寮日 授業開始日
MONOL カリキュラム、教師のクオリティ、食事、管理者の学生に対するケア、サービス、学校施設など、フィリピン留学を評価しているあらゆる面において良い評価を受けている学校です。特に学費に比べて教育面の満足度が高いことは周知の事実です。女性のための施設があることやプログラムにも注目されています。ESL、IELTSコースがおすすめ。 土、日曜日 (毎週月曜日開講。ただし、空港送迎サービスは2週間単位で行われています。) 火曜日午前
HELPマーティンス HELP学校だけの長年蓄積されてきた教育ノウハウを活かした授業と発音/リーディング(MRC授業)、単語のテストは義務自習で毎日が行われます。スパルタ学校にも関わらず、留学生の意見を反映するカリキュラムを運営。ESL、IELTS、TOEFLコースおすすめ 日曜日(コースは2週間単位で開講) 火曜日午前
PINESメイン 優秀な教師クオリティに定評があります。2018年5月に新築寮に移転し、これまで問題視されていた宿泊施設やWI-FIなどがアップグレードされました。特に4人部屋と6人部屋はプライベートな空間が十分に確保されている上、手頃な価格の短期留学を実現しました。プレミアムコース、ESLコースに加え、ビジネス、IELTS科目の選択も可能。 土、日曜日(コースは2週間単位で開講) 火曜日午前
WALES 若者たちが多く集まる「リーガルダ(Regarda)」に位置するしている。放課後の外出が可能で生活に便利です。留学先としてバギオを好
みつつ、比較的自由な校風を希望する方におすすめ。多くのマンツーマンレッスンが受講でき、低学費で綺麗な環境の宿泊施設がポイント!
土、日曜日(毎週月曜日開講。) 月曜日午後

フィリピン短期留学の注意点

its-more-fun-in-the-philippines

  • いくつかの学校は平日(月~木)入学可能ですが、効率的な授業運営のために、できるだけ土、日曜日入学をお勧め致します。
  • 土曜日または日曜日にマンツーマン・授業の追加も可能です。授業を追加したい方は、入学時に事前申請をしてください。
  • 留学期間内のフィリピンの祝日を必ずご確認ください。また、祝日に補講を受けることが出来るかどうかを登録前にご相談下さい。フィリピンの豆知識参照 : https://phil-english.com/philippines-knowledge/
  • 特にイースター(Esther)と年末年始(12月24日~1月3日)の期間は、フィリピンの文化的な理由もあり補講を受けることが困難な場合があります。

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ