お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

CGスパルタ – フィリピンへ行く前の準備について

(こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております)

出発前の準備:

•適切な勉強時間
•精神的、肉体的、知的なもの
フィリピンでの留学を成功させるためには出発前に出来る限り準備することが肝心です。特に、留学先が違う国で、生活の一部もしくは全てが変わる場合は、健康面、精神面、そしてその国についての知識が必要だと思います。

始めに健康の為に準備しておくことが必要:健康についてアドバイスさせて頂きますと、毎日の運動の計画を立てることが第一だと思います。仕事と勉強をどのくらい調整できるかによって、理想とする状態にもっていくまでに1ヶ月以上かかることもあります。長期間の留学に備え健康を保つため、食事や運動を含む明確な計画を立てるべきだと考えられます。

セブの天気について:セブ市とベトナムはほぼ同じような気候ですが、海岸沿いの都市であるため、天気は時々不安定になります。例としては、朝に急な雨が降ったり、とても強い日差しだったり、夕暮れ時の突然の雨等です。急な気温の変化はインフルエンザや喉の痛み、鼻水などを引き起こす可能性があります…生死に関わる様な深刻な病ではありませんが、あなたの学習に影響を及ぼすでしょう。可能であれば、勉強後はできるだけ早く休みを取り、リラックスしてから運動して常に良い健康状態を保つことが重要です。念のため、風邪、発熱、鼻水、頭痛、腹痛などの一般的に罹りやすい病気に対しては薬を準備しておくことをおすすめいたします。フィリピンの薬価は非常に高価ですので、女性の場合は個人の身体に合わせてより多くの薬を持参した方が良いでしょう。

Cg-sparta

運動の前にはリラックスすることが望ましいですが、学校でリラックスすることができるのでご安心ください。本校には生徒向けのリラックスプログラムや美味しい食事、楽しい友人がいて、学校の近くで必要なものも購入することができます。主な目的はは学ぶことなので、まずは勉強をする上で自分の目標を設定する必要があります。あなた自身のことを明確にするには、ストレスをかけないよう気を付けてください。常にリラックスして自信を持ってこの留学を終えることが目標です。もしあなたが誰かと一緒に留学している、もしくは同じコースで勉強している場合は必要に応じてお互いに連絡を取り合うことをおすすめします。言語の同じ友人はより安心することができ、時としてそれは貴方の助けとなるでしょう。そして一緒に成長しましょう。

Cg-sparta2

あなたの留学の目的及び選択したコースにより異なりますが、情報を集める事と留学カウンセラーに渡航前に何を準備すれば良いか相談することをおすすめします。もしあなたが英語によるコミュニケーション力をたかめる目的でESLコースを選択するのであれば、たくさんの参考書や教科書を用意する必要はありません。CGスパルタでの勉強を容易にするため、筆記用具やカラーペン等の勉強道具を用意すれば良いと思います。またこれらの勉強道具は学校の近くにある小さなスーパーマーケットでも購入することができます。ですが、あなたの好みに応じて前もって準備するものは決めてください。勉強用の本の代わりに辞書や短い小説などを持って行くと、同様に英語を勉強する上でタメになると思います。CGはあなたの英語学習を良い物にすることを保証してくれます。また、入学するとすぐにテストを受けることになりますが、その結果は専門教師によって細かくチェックされ、それぞれのレベルに適したレベルのクラスへと配置されることになります。そして入学後は毎日単語を勉強し、月間テスト(正確には毎月最終週)でチェックされます。

留学前に多くの人が考慮しなければならない最も重要な問題の1つは、留学期間です。初心者の方には、3ヶ月のコースが最適かもしれません。CGスパルタのコミュニケーションコースは、英語で会話する習慣とスピーキング力を上げる事ができるよう作られています。徐々にレベルと語彙を向上させていきます。3ヶ月間あなたは習慣にできるよう練習しなければなりません。もし途中で止めれてしまえば、それは諦めたことと同義になると思います。良い習慣はCGスパルタの講師があなたのために毎日鍛えてくれます。

Cg-sparta3

もしご自身の英語力に自信がなければ、事前に基本的な質問リストやどの強化を重点的に学びたいか等をまとめて作っておいて、授業が始まったら先生に見てもらいましょう。CGスパルタのマンツーマンクラスの先生を変更するのはとても簡単です。またここの先生達は若いのでとても話しやすく、あなたのミス、発音等の問題を正すことに尽力してくれることでしょう。

Cg-sparta4

あなたのことを少しでも共有してくれれば、それはあなたの助けになると思います。フィリピンは英語を練習する上で非常に良い場所です。もしあなたが自分の時間をと勉強と出費を上手くコントロールできればそれは素晴らしい経験になります。あなたの共有がより多くの経験を得る助けになり、もっと興味深い留学になることを望んでいます。
次の記事“CGスパルタ校の評価テストについて”をお読みいただければ更にこの学校のことが理解できると思います。

CGスパルタ 校内での成績評価試験

(こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております)

今回はCGスパルタ校でのテストの種類に関する情報を載せておりますので、学校に関する情報を更に得ることができると思います。
週間、月間テストは以下の通りです:

入門テスト

このテストは2通りの学生の為のものです。
1つは新しい学生用です。学校側が適切なレベルで生徒を分類するため、まず始めにこうしたテストを行います。 尚、テストは月曜日に行われます。

nguyen-li-report

スパルタ(ESL)またはTOEIC、IELTSコースを選択した学生は8段階のレベルにより分けられます。学校は同じレベルの生徒同士を振り分けます。また併せて、教師はレベルに応じた個々のカリキュラムを調整します。生徒はリスニング、スピーキング、リーディング、ライティングなどの4つのスキルを測るテストを受講する必要があります。スピーキングテストは他のテストの間に実施され、約15分ほどで終了します。試験官はまず生徒に自分自身(名前、学生、仕事)のことを英語で紹介するよう指示します。尚、生徒は事前に3つの英語名を選択する必要があります。これは学校で教師や他の生徒が容易に生徒の名前を呼べるようにできた制度となっています。残りの科目は、各テストにつき1時間ずつ行います。

IELTSを勉強する学生も、スパタプログラム(ESL)やTOIEC、IELTSベーシックコースを受講している生徒達と同様にテストを受けなければなりませんが、それはIELTSの公式試験と同じ内容となっています。IELTSアカデミックとIELTSジェネラルのそれぞれの試験において、スピーキングやリスニングの内容は同じですが、ライティングとリーディングは問題が異なります。また、IELTSコースはこの校内試験で3.5以上のスコアを取得した生徒のみ受講することができます。

2つ目として、ESL、TOEIC、IELTSのどれかのコースに変更したい生徒もこれと同じテストを受けることになります。試験は学生に対し直接案内はされない為、自らC01 / C02 / C03 / C04 / C05 / C06の部屋に行って試験に参加する必要がります。前述しましたが、IELTSコースに変更したい場合はこの試験で少なくとも3.5以上のIELTSスコアを獲得する必要があります。

レベルテスト

対象者:ESL、TOEIC、IELTS basicコースの学生
実施日:月末に実施
テスト時間:以下の通り
+ Speaking test: 10 mins
+ Listening: 45 mins.
+ Reading test: 60 mins
+ Writing test: 60 mins

テスト内容:
+Speaking test:トピックを渡され、同時に答えを準備する時間として3分間与えられます。その後、そのトピックに沿って2〜5分間自身の考え等を答えます。このテストは2人の先生が試験官となり、発音、文章の構造、流暢さ等のスピーキング能力をチェックします。
+ Listening test:4つのパートに分かれています。
+ Writing test:2つのパートに分かれており、 パート1は手紙等の作文、パート2はエッセイを作成します。
+ Reading test:4つのパートに分かれています。
テスト結果:翌週の木曜日に受け取れます。成績により生徒のレベルに合わせたクラスと講師を配置します。
改善:テスト結果には先生の評価が付いていて、弱いところを改善する助けとなります。もし難しいと感じた場合には現在のクラスに残ることも可能です。講師はそれぞれの生徒が持つ問題を克服する方法を生徒に説明してくれます。
オフィス:現在の生徒のレベルに合わせてクラスを変更します。このスケジュールは翌週から適用となります。

Mock test

対象者:IELTSコース受講生
テスト:週末に実施
テスト時間:以下の通り
+ Speaking test: 15 mins
+ Listening: 45 mins.
+ Reading test: 60 mins
+ Writing test: 60 mins
テスト内容:
Speaking test:3つのパートに分かれています。 パート1では自分自身のこと、趣味、故郷に関する質問等となり、パート2では講師がトピックと、そのトピックに関連するいくつかの質問を投げかけます。 学生は準備の時間として1分与えられ、その後2分間のプレゼンを行います。パート3では教師は、第パート2の課題に関連するいくつかの質問をします。
Listening test: 実際のIELTSテストと同様に4つのパートに分かれています。
Writing test: 2つのパートに分かれています。パート1ではジェネラルコースは手紙の作文、アカデミックコースの場合はチャート分析となり、パート2では両者ともに長文エッセイを作成します。
Reading test: 4つのパートに分かれています。
テスト結果:翌週に受け取ることができ、2.5から9.0までのIELTS試験のバンドスコアによって評価されます。
改善:テスト結果には先生の評価が付いていて、弱いところを改善する助けとなります。もし難しいと感じた場合には現在のクラスに残ることも可能です。講師はそれぞれの生徒が持つ問題を克服する方法を生徒に説明してくれます。

nguyen-li-report2

毎週と毎月のテストに加えて、毎日単語テストが行われます。生徒は課題(単語)を与えられ、1日に20単語を習得しなければなりません。朗読の後、生徒はその単語を用いて文章を作成しなければなりません。試験に合格できなかった場合は、ペナルティを受け、週末には失格となります。また、ボキャブラリーテストの後、毎日2つのエッセイトピックから1つを選択して作成しなければなりません。これは少なくとも80%(10行)以上書き上げる必要があります。
CGのモデルは厳格なスパルタ式であり、明確な学習目的を持っている方に適した学校となっています。

nguyen-li-report3

この学校をより深く知るには、次の「CG学校での友情」についての記事を読んで頂ければ幸いです。

 

[ELSA] – 放課後のアクティビティ

(こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております)

ELSAはリゾートスタイルの学校なので、放課後にはストレスを和らげ、バランスを取り戻すのに役立つ活動がたくさんできます。

放課後のスケジュールは次のとおりです。

月曜日から金曜日までの放課後
授業は17時05分から始まります。夕食は毎日17時から始まるのでカフェテリアに移動します。
夕食を食べるのには30分から45分かかります。 夕食後は多くのアクティビティの中から選ぶことができます。

-生徒は非常にきれいで美しいキャンパスの周りを散歩することができます。ELSAの生徒にとっては食後のウォーキングは最適で、歩きながら話すことでコミュニケ―ションスキルも上がっていきます。 私は毎晩30分歩いています。

Ken-Elsa-reports

あなたがウォーキングが好きではない場合は、あなたは座りながら子供たちがプールのプールで泳ぐのを見ることができます。涼しい水面に浮かぶことでセブの夏の暑さを解消することもできます。

最も効果的に疲れを取り払う方法は、冷たい水に浸かることです。
私は毎日21時に泳ぎに行きます。
私は体を鍛えるために泳いでいるので、多くの食事を必要としています。
ここの生徒の何人かは、食事の後でも水泳をしています。

Ken-Elsa-reports2

– 散歩しない場合は、友達を誘ってバレーボール、バドミントン、卓球などができます。または男性の方でしたら筋肉のトレーニングをすることができます。
スポーツをしたい場合は、学校でラケットや必要な物をレンタルする必要があります。

-幸いなことに、台湾でヨガ教師だった生徒がいたので、授業の後ヨガを教えてもらいました。もちろん、それは無料でした。

-また、キャンパスから歩いたところに学校の近くの海や川を見ることができます。 ELSAにいる恋人は、静かな場所を求めてしばしば学校の裏側にある海や川にいきます。

日曜日のアクティビティ
週末2日間の外出は自由ですので、セブ島や多くの美しいビーチなど、どこにでも行くことができます。 毎週金曜日の夜から外出することができます。 しかし、学校には外出時にいくつかの特別な規則を設けています。

門限は24時間までですので24時を過ぎると外泊としてカウントされます。 外泊する際は事前にオフィスで外泊の申請をする必要がります。申請書には 行先、到着時間、所要時間など詳細に書かされます。

24時前に返ってきた場合は、ログインして保護をチェックします。
もちろん「ゲートパス」と「学生証」を持って来る必要があります。

週末には、学生たちが自分のツアーを企画して、学校近くの観光地に出かけます。 Bolho、Oslob、Camotes、Bantayan … 1回の旅行で約2,000円~4,000円の費用がかかります。 美しい景色、海に加え、フィリピンの食べ物や色んな体験ができるので週末の旅行は非常に楽しいです。 しかし、外出後は日焼けや風邪になりやすいです。ですので旅行する場合は、ベトナムからいくつかの薬を持ってくる必要があります。 私はオンラインで仕事をしなければならないので、週末にはショッピングモモールに行って必要なものを買います。

あなたができる幾つかのこと
Oslob

私の最初の旅行はセブでした。 日本、韓国、台湾、ベトナムの4つの国籍からなる9人で行きました。 我々はOslobに案内してくれるツアーガイドを雇いました。 旅行の費用は約4100ペソ(約200万vn)です。 ガイドさんはとても面白いのでフィリピン人はラッキーです。 ELSAから車(12席のベトナムツアー車)でOslobへの移動には4時間かかりました。 しかし、途中で我々は探索するためにいくつかの場所で止まりました。
まず最初にビーチに立ち寄って60分近く泳ぎました。 ビーチはとても素敵で、水は澄んでいてとても熱かったです。
その後、私たちはすぐにカワサンに移動しました。セブ島の小さなジャングルに隠れた美しい滝です。 私はこの場所がとても好きです。なぜなら空気は新鮮で心地よく涼しいからです。 美しい緑色の滝。 あなたは泳ぐことができ、滝の上から飛び降りることができます…多くの人々がここに来て、カワサンの野生の美しさを感じています。

しかし、海での入浴とは違って、川の水温は少し冷たいので身体が冷える恐れがあり10〜15分しか泳ぐことができません。 チャンスがあれば、またここに来たいです。

Ken-Elsa-reports3

その後、Whalehark Whale Watching Beachの横にあるOslob Resortに移動しました。 部屋を確認した後、私たちはその場所の近くにあるレストランに行きました。 それはレストランというよりむしろレストランでした。
いくつか料理を頼みましたがどの料理も新鮮ではありませんでした。
フィリピンの観光施設には少し失望しています。 しかし、ほとんどの観光スポットではこれが普通なのでこの価格でも許容できます。

早朝には、午前5時に起きて鯨観察のビーチに移動しました。 これは楽しい経験でした。深く潜り込んで泳ぐクジラと写真を撮ることができます。 これは非常に貴重な経験です。しかし、鯨に絶え間なく餌を与えているため、湖の周りの水は多くの魚がいます。この体験を30分間楽しむことができます。 もしあなたが泳ぐことができれば、ライフジャケットを着用せずあなたは簡単に潜水し、クジラと写真を撮ることができます。

クジラと一緒に泳いだ後、私たちは朝食のためにホテルに戻りました。食事はあまり美味しくなかったです。 フィリピンでは一般的かもしれません。 それから私たちは島に移動しました。…美しい写真を撮影することができて非常に素晴らしい島です。ここで楽しむためには様々な機器を準備する必要があります。
あなたがよく聞く世界の楽園としての青い水。この島には土地が突き出ているので、観光客は泳いだり、日光浴したり、写真を撮影することなどができます。ここでは海を2つに分け、もう1つは波打ち際で撮影することができます。
波のある写真、あなたのシートほど静かな海は、海の底に写真を撮ることができます。 遠くてもこの場所を見にくる価値はあります。

Ken-Elsa-reports4

学校の詳細:https://phil-english.com/school/cebu-elsa/

パインスインターナショナルアカデミー チャピス校校内での食事について

新緑のさわやかな季節となりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
フィリピン留学学生レポーターのkoukiです。
早いもので私の留学生活も残すところ1週間となりました。
同時期に卒業する学生達も帰国の準備を始めており、いよいよ帰国が近づいているんだな、と実感します。

さて、今回のレポートでは皆さんも気になるであろうPIAでの食事について紹介します。
PIAでは、平日は3食、週末は2食、地下にあるカフェテリアで食事をします。
現在まで3ヶ月弱はほぼ毎日カフェテリアで食事をとっていますが、飽きもこないで楽しめていると思います。

ただ料理のメニューを羅列するのも面白みに欠けるので、今回は私の独断と偏見で各料理について点数をつけながら(10点満点)ご紹介させていただきたく思います。
(例に漏れず、今回も個人的な主観を大いに含む内容になると思います!)

朝食について

冒頭にも書きましたが、私はPIAの食事に概ね満足してます。
しかし、朝食については改善してほしいなと思う点があります。
それはバリュエーションです。朝食の基本構成は以下の通りです。

・お粥 :3点
・生野菜(レタス・トマト・きゅうりなど):6点
・食パン:6点
・ツナ:8点
・目玉焼き、卵焼き:6点
・ジュースorコーヒー:9点
・ご飯(なんと日本の物に近い!):9点

maeda-pines-report

基本こんな感じです…。

朝食に点数つけるの難しいですね。笑
というのも味については皆さんの想像通りの味です。笑
ただお粥の味付けは私の好みではないので3点とします!
朝にコーヒーを出してくれるのは嬉しいですね。
基本はこのメニューなので、さすがに3ヶ月続くと正直飽きます。

たまに生徒がふりかけを持っているのを目にします。SMモールでも入手可能なので、あまり変わり映えしない朝食のお供に購入してみてはいかがでしょう。

昼食・夕食について

朝食と打って変わってバリエーション豊かで味も美味しいです!
PIAは韓国資本の学校で韓国人の生徒が多いです。(特に今の時期は圧倒的に韓国人生徒が多い印象です。)その為、メインメニューはスパイシーかノンスパイシーを選ぶ事が出来ます。
ただ、私としてはスパイシーメニューもそれほど辛く感じずに、美味しく食べられると思います。気分によって異なる味付けを選べるのも嬉しいところですね!
昼食夕食はバリュエーションが豊富なので、突然ですが、私の周りの友人にアンケートを取ったので、人気メニューをランキング形式でお伝えします。

第3位 ビビンパ 8点
昼食に出る人気メニューの一つです。日本人学生から圧倒的な人気を誇ります。
このメニューについても辛口ソースと醤油ベースのソースを選べます。
ただ、韓国人生徒にはやはり本場の味を知っているためか、あまり人気がありません。私からすればすごく美味しいんですけどね…。

maeda-pines-report2

第2位 カツ丼(通称:謎肉) 9点
これは本当にご飯がすすみます。ただ、なんというメニューか知りませんでしたので、日本人生徒の間では謎肉と呼ばれていました。
先ほど食堂の従業員に確認したところ、どうもこれはカツ丼らしいです。笑
カツ丼かどうかと聞かれると日本人の私としては違和感を感じますが、とにかくご飯によく合います。

maeda-pines-report3

第1位 カレー 10点
栄えある第一位に選ばれたのは皆さん大好きカレーです。
これは間違いないですね。日本のカレーと遜色ありません
前述の通りお米も日本の物と変わりないので、食べているときは自分は日本にいるんじゃないかと錯覚に陥ります。(これは言い過ぎました)
夕食がカレーの時はテンションが上がりすぎてついつい食べ過ぎてしまいます。
日本人だけでなく韓国人、その他の国籍の学生からも支持を集めた文句無しの人気メニューです。

maeda-pines-report4

※番外編

いくらPIAの食事が美味しいと言っても、留学中毎日食べていると他の物を食べたくなる時もあります。そんな時にオススメの食べ物がいくつかあります。

パンシット
毎日朝の2限と3限の終わりに20分間の休憩があります。
この時間帯に校舎の前に地元の人たちが学生・フィリピン人講師向けに飲食物の販売を行います。
その中でも私のオススメがパンシットです。これはフィリピン風のビーフンで味付けもかなり日本人好みです。
そのまま食べても美味しいのですが、これにカラマンシー(フィリピン風すだち)という柑橘系の果物を振りかけて、さらに唐辛子とフライドガーリックを混ぜた調味料を加えると本当に美味しいです。
この調味料は非常に辛くて病みつきになります。食べた後舌がヒリヒリして若干の後悔が残るのですが、それでもついつい食べてしまいますね。
値段も25ペソ(約50円)とリーズナブルなので小腹が空いた時にはもってこいですね!
友人が「マシマシプリーズ!」と言ってたのを真似したら気持ち多めに盛ってくれた気がします。笑

maeda-pines-report5

念の為に言っときますが、これ僕の手じゃないですからね!
友達の手ですからね!別にそういう趣味はないですよ!!

ブルダックポックンミョン(通称:ブルダ)
PIAの生徒であれば、全員知っていると言っても過言ではない韓国の汁なしカップラーメンです。美味しいですが、非常に辛いです。
平日に食べることはオススメしません。なぜなら翌日必ずお腹を下すからです笑
ただそれでもたまに食べたくなる後引くおいしさです。
地下の売店で100ペソで販売してます。(フィリピンの物価を考えるとかなり高めです。)

カフェアンジェロ
以前のレポートでご紹介しましたが、カフェアンジェロ では食事も提供しています。
その中でも私のオススメが「メッシーバーガー」です。
バンズはふんわり柔らかく、パティもジューシーでさすがにチェーン店とは違うなといった印象です。
ダブルパティにすれば男性でも1つ食べれば満足できるボリュームです。なんといっても特徴は名前の由来となっているブロッコリースプラウトです。
大量のブロッコリースプラウトがmessy(散らかっている)なほど入っています。シャキシャキした食感がいいアクセントになっています。
220ペソと少し高く感じますけど、日本でこのクオリティのハンバーガーを食べたら1000円はくだらないじゃないかと思います。
とても美味しいので皆さんも是非食べて見てください。

maeda-pines-report6

個人的な意見としてはPIAの食事は美味しいですし、売店やアンジェロで食事をすることもできるので、不満を感じる事はありませんね。日本食が恋しくなった時は週末に市内にchayaやNARUTO などの日本料理店に行く事が出来ます。
さらに今年SMモールにできたRAMEN NAGIでは本格的な豚骨ラーメンを食べられます。
よく食べてよく寝て勉強への活力を蓄えましょう!
以上、フィリピン留学学生レポーターのKoukiでした。

パインスインターナショナルアカデミー ・チャピス校フィリピン留学前の準備について

こんにちは!フィリピン留学学生レポーターのKoukiです!
Before I know it:あっという間に(昨日覚えました笑)私の留学生活も残す所あと2週間となりました。
昨日は本当に仲の良かった二人の友人が留学生活を終え、それぞれの国に帰ってしまいました。すごく寂しいです!ただ、これだけ寂しいと思える出会いはなかなかないですし、私にとって大切な思い出になるでしょう。フィリピン留学は勉強だけでなく、大切な友達との出会いの場にもなると思います!

さて、今回の私のレポートはフィリピン留学の前に準備、用意するものについてです。私が、フィリピンにきて、「あれ持って来れば良かったなあ。」「これを日本でやっとけばなあ。」と思う事について主観的にはなりますが、持ち物面と学業面の二つに分けてレポートさせていただきたく思います。皆さんの留学前の参考になれば幸いです。

持ち物について

まず、極端に言って持ち物についてはパスポートとお金があればなんとかなります!!
というのも、バギオには前回のレポートでお伝えした様にSMモールがあります。
このSMモールでは食料から日用品、家電製品など大抵のものは手に入ります。
万が一忘れた物があったらSMモールで探してみましょう。
ただ、これだけではレポートとして当然成り立ちませんので、日本から持ってきたら便利なものをお伝えします。笑

携帯電話

これはパスポート、お金と並ぶ必需品かも知れません。勉強してる際にも単語や文法を調べる時に利用したり、友人と連絡をとったり、街について色々な情報を調べることもできます。ここで、オススメしたいのがSIMフリーのスマートフォンです。
SIMフリーとは、○ocomoや○u、○oftbankなどのキャリアに縛られずに、現地のSIMカードを挿入すれば、Wi-Fi環境がなくてもインターネット回線に接続できます。これは、フィリピン留学のみならず、海外旅行する時にもとても便利です。
フィリピンの主な通信会社がSMARTとGLOBEです。
PIAチャピス校では、GLOBEのロードカードを販売してますので、GLOBEのSIMカードを購入すると良いでしょう。グローブのプランへの登録方法を簡単に説明します。

1 SIMカードを購入、SIMフリースマートフォンに挿入。
(SMなどのショッピングモールやマニラ空港で販売してます。私は100ペソで購入しましたが、もっと安く手に入ると思います。)

2 セブンイレブンなどのコンビニエンスカードでロードカードを購入。100ペソ、300ペソ、500ペソの3種類のロードカードがあります。

3 電話アプリを開き、「❇︎143♯」と入力し、ダイアル

4 2MyAccountと入力して返信

5 2Load call CARDと入力して返信

6 ロードカード裏面に記されている10桁と6桁の数字を打ち込む。(これでロード完了)

7 メッセージアプリを開き、宛先8080に※「GOSURF299」と入力して送信(これで登録完了)

※これは、私のおすすめプランです。(299ペソ分のロードで、30日間1.5GB分のインターネット使用が可能なプランです。)
他にも様々なプランがありますが、チャピス校ではWi-Fi環境が整っている為、平日、校内ではWi-Fiを利用して週末に外出する際、モバイル通信を利用してます。

SIMフリースマートフォンはとても便利なので、お持ちでない方はこの機会に購入してみてはいかがでしょうか?

Pines-maeda

・グローブのロードカード(100ペソ)

Pines-maeda1

裏面:スクラッチして番号を記されている数字を入力します

電子辞書

知らない単語を調べる際にもちろんスマートフォンで代替することが出来ますが、一回一回データの読み込みをすると時間がかかりますしストレスも溜まります。なので、電子辞書があるととても便利です。

国際キャッシュカード

現地のATMでフィリピンペソを簡単に下ろす事が出来ます。
現金だけで管理するよりもリスク回避出来ます。私は新生銀行のカードを使っています。日本でもコンビニエンスストアで365日24時間手数料無料でお金の入金引き出しが可能なので、とても便利ですよ。
ただ、フィリピンで引き出しする際に、手数料として1回につき、250ペソ取られてしまいます。(500円程、これはかなり大きい!)
基本的にフィリピンのATMでは1度の最大引き出し金額が10000ペソのところが多いです。
しかし、バーナム公園にほど近い「Hotel Veniz Burnham」の2階にある(マクドナルドが目印)ATMでは一度に20000ペソまで引き出し可能で、手数料の節約にもなります。
セッションロードからも歩いていける距離なので、ぜひ活用してみてください。

Pines-maeda2

・ATMへの入り口
マグセイセイアベニューとハリソンロードの交差点に大きな陸橋があります。
ドナルドも、20000ペソまで一度に引き落とせるATMはこっちだよと招きいれてくれます。笑

ヘアドライアー

チャピス校にはヘアドライアーの用意はありません。
私は部屋の中にドライアーは当然ついていると勘違いして持って来ませんでした…。SMモールで800ペソで販売していますが、1700円と結構高いので是非日本から持ってくることを勧めます。

延長コード

私は3人部屋を利用しています。部屋にはコンセントが2箇所あり、1箇所につき2つの差込口しかありません。
これは明らかに3人でシェアするには少なすぎますし、ベッドからコンセントが離れているので、携帯電話などを充電しながら使用する事ができません。
なのでたこ足型の延長コードを持ってくると良いでしょう。
フィリピンでは日本のプラグがそのまま使えるので、変換器は必要ありません。
電圧については日本は100V、220Vですが、最近の家電製品は変圧器もなく使用できると思います。(すいません!保証はできません!!)

服装について

私が留学している期間は3月から5月のフィリピンで夏に当たる季節になります。夏の時期でも朝晩は薄手の長袖が無いと寒いと感じる程の気温になります。なので、その他の時期に留学される際は、(特に11月〜1月)上着が必須だと思います。また、雨季の時期、(特に7月〜9月)のバギオの降水量は半端じゃないようなので、水に強い素材の上着があると良いでしょう。

日本語の英語参考書

PIAでは独自の教科書を使用して授業を進めます。
教科書については満足していますが、自習時間に自分の苦手な分野を勉強するにはやはり日本語の参考書が便利です。何冊も持ってくる必要はありませんが、自分の使いやすい単語帳や文法の参考書を1冊持ってくると自習が捗ると思います。

薬について

チャピス校には1階にクリニックがあります。体調を崩した時はここでフィリピンの薬を処方してもらう事が出来ます。私の場合全く気にしませんが、日本の薬じゃないと心配、日常的に服用している薬がある、という方は日本から持ち込んだ方が安心ですね!

・クリニック外観
1Fにあります。気分がすぐれない場合、ここで薬を処方してくれます。
錠剤だけでなく、クリームなどの軟膏もあります。(私はここ3週間くらい鼻に炎症ができて今日クリームを貸してもらいました。)

Pines-maeda3

緑茶のティーバッグ

留学生活中の日本人の心の拠り所です!荷物に余裕があればぜひ!!

学業について

皆さんはフィリピン留学についてどのようにお考えでしょうか?
私が考えるにフィリピン留学は絶好のアウトプットの場だと思います。
日本でマンツーマンの英会話スクールに通うと結構な金額になりますよね。
フィリピン留学は格安の授業料でマンツーマンレッスンを受ける事が出来ます。その為、留学期間中はインプットではなく、アウトプットに時間を割く事が重要だと思います。

私は留学前に荷物の準備の心配ばかりしてましたが、重要なのは荷物・持ち物の準備ではなく、英語の準備です。私がやっておけば良かったと後悔するのは、以下の分野です。

単語

やはり単語力はかなり重要です。単語を知らなければ、自分の気持ちを表現する事が出来ません。
逆に単語さえ知っていれば、後はどのように単語を組み立てて文章を作るかです。
その絶好の機会が授業中にあります。
基本的な単語を覚えておくのはマストですね。
ちなみに私の使っている単語帳はDUO3.0という本です。

文法

これももちろん重要ですね。どんなに単語を知っていても英語のルールに則って組み立てないと正しい英語を話すことはできません。
また、授業では英語を英語で習うと言う事を忘れてはいけません。
動詞はVerb、名詞はNoun、不定詞はinfinitive、動名詞はgerund、などの基本的な文法用語は英語でどのように表現するのか、どのように使用するのか、高校で習うレベルの事は日本であらかじめ予習しておくと授業もより一層効果的になります。

英会話

「英会話を習うためにフィリピン留学に来てるのに英会話の準備?馬鹿な事を言うんじゃない!!」そんな声が聞こえて来ます。
仰ることも当然ですが、これについても日本で出来れば準備して来た方がいいと思います。どんなに単語や文法の知識を持っていても、こと喋る事については慣れが必要です。
スピーキングについてはスピードが命です。
日本語→英語に頭で考えているとやはり間ができてしまいます。英語を聞いて頭に英語が思い浮かぶ事が理想です。
「そんな事言ったってどうやって準備すれば良いんだよ!!」そんな声が聞こえて来ます。
私は購入していないのですが、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という教材が人気のようです。(決して出版社のまわし者じゃないですよ!!)

これはいくつもの初歩的な英文が記載してあり、何度も繰り返しして読み上げる事で自然と英語が口から出てくるようになると評判の教材のようです。

「自分がやってもないのに人に勧めるな!!」そんな声が聞こえて来ます。
これについては何も言えません。仰る通りです。笑
ただ、私がいざ留学に来て「少しでも英会話の準備をしておけば…。」と後悔してる気持ちがあるので、皆さんにはできる限りの準備をしていただいて、充実したフィリピン留学を送って頂きたいです!

準備について色々と書きましたが、要約すると、持ち物は現地でも揃えられるので、心配しないで下さい。重要なのは持ち物ではなく、学業面での準備です。これをあらかじめ準備しておけば、あなたのフィリピン留学を最大限に充実したものにできると思います。

さらに重要なのが留学期間中に「絶対自分の語学力を向上させる!」という熱い気持ちです!!この気持ちさえあればPIAはあなたの期待に応える環境を提供してくれます。

今回は最後に熱い気持ちという若干寒い言葉で締めくくらせて頂きました。笑
長文を最後まで読んで頂きありがとうございます。
次回のレポートもぜひよろしくお願いします。
以上、フィリピン留学学生レポーターのKoukiでした。

[ELSA]-学校資料レビュー

(こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております)

以前の記事で触れたように、ELSAはリゾート地のような学校なので、ここの施設はそれと比べてもかなり良いところです。

1.寮について

寮は、古いものと新しいものの2種類の寮で構成されています。
古い寮:学校から独立した寮となっています。もしあなたがベトナムのリゾート地に行ったのなら、ELSAはホテルのプライベートルームのように感じるでしょう。寮には5つのベットが備わっています。

生徒は服や持ち物を整頓するための3つの大型キャビネットと、小さな家具と、1人あたりに十分な大きさのテーブルが用意されています。トイレにはバスタブとシャワーがついてます。エアコンはありますが、フィリピンの電気代は非常に高額なのでエアコンを使いたい場合はルームメイトの全員の同意が必要です。

電気代が超過した場合は私たちが超過した電気代を払わなければいけないのでエアコンはあまり使わないようにして、ベトナムから小さな扇風機を持ってきて使っていました。

新しい寮:ベトナムのモーテルのような新しい建物です。
しかし、新しい寮は女子学生専用なので私は利用することができません。この寮は新築のホテルみたいなので、品質は男性や家族専用の古い寮より優れています。

2.ダイニングルーム

レストランはかなり広々としていて風通しがいです。
狭くなく自由に使えるのでとても良い感じです。

3.マンツーマン教室

ELSAのマンツーマン教室は、私たちがホームページでよく紹介してるマンツーマン教室と同じなのであまり印象的ではありません。
website philenglish.net

4.グループ教室

グループ教室はミーティングルームと似ていますが、マンツーマン教室よりは広いです。

Elsa-nguyen

5.ガーデンヤード

私はこの庭にとても感心しています。
ゆったりとした広々としたリゾート地のようです。
静かで勉強に集中しやすい環境となっています。
木々はきれいに整えられ、湖沼は道路が科学的に大胆に飾られています。

6.学生支援エリア

学校のロビーにあり、24時間営業しています。 問題がある場合は、ここでスタッフに相談してください。 また、ここでベトナムの経営者話すことができます。
– Purpleは非常にかわいい親切な女の子で、いつでも生徒をサポートしてくれます。

7.図書館、自習室

自習室は広くないので、混雑したときにはダイニングルームを使用しています。 しかし、ELSAには自習室が多くないことがわかったので私は図書館をとても快適に使っています。

8.清掃/洗濯スケジュール

清掃や洗濯は週に2回行われます。
ハウスキーピングの場合:1週間前に申請する必要があります。たとえば、翌週に洗濯したい場合今週中に申請する必要があります。清掃は週に2回あり、2つのグループに別れて行います。第1グループは月曜日と木曜日に。第2グループは火曜日と金曜日に清掃を行います。
洗濯について:部屋の清掃と同じですが、事前に登録する必要はありません。いつでも利用できて、洗剤と洗濯物を入れて洗濯機に入れる必要があります。スタッフが自動的に洗濯物を取ってあなたの部屋に持ってきて乾燥させます。服を紛失したくない場合は注意してください。
食料品店:ダイニングルームの隣にあり24時間営業しています。ビールを含めてここでは何でも買うことができます(ビールは学校に持参することはできませんが、食料雑貨店で買うことができます)。スナック、インスタントラーメン、アイスクリーム、飲み物なども買うことができます…

Elsa-nguyen2

9.プール

ELSAのスイミングプールはかなり大きく綺麗です。 私は普段1日に2回、午前9時と午前6時に泳ぎに行きます。疲れたときは私は一日一回しか泳ぎません。

10.スポーツエリア

バレーボールコート、バドミントンコート、スイミングプールの隣にバーベキューができるスペースがあります。
学校から必要な道具を借りる生徒はほとんどいません。
私はベトナムから旅行をしていて、バドミントンや卓球をすることに決めた場合は事前に必要なラケットなど用意して使います。

11.学校の食事について。

厳しめに言うと、学校の食事は一般的なレベルだと思います。 私は野菜や魚を食べたいのですが、ここの食事では野菜や魚がほとんどありません。ときどき肉料理が提供されます。様々なスタイルの料理が提供されます。

Elsa-nguyen3

学校の詳細: https://philenglish.net/school/truong-anh-ngu-elsa/
提供元:フィルイングリッシュ

パインスインターナショナルアカデミー・チャピス校 バギオの歩き方(バギオ市街について)

こんにちは!フィリピン留学学生レポーターのKoukiです!
いきなりですが、フィリピンの都市で思い浮かぶ都市はどこでしょう?
やはりマニラ、セブなどの大都市でしょう。大半の方が、「バギオ?どこにあるのだろう、小さい街だろう。」というのが率直なイメージでしょう。
私もフィリピン留学を考えるまで、バギオという街を知りませんでした。
本日はPIAがあるバギオという街を紹介しようと思います。

バギオはフィリピンの首都マニラのあるルソン島に位置しており、マニラからバスで6時間程の場所に位置しています。
街は標高約1500mにあり、フィリピン人中にも避暑地としても人気のある都市です。バギオは人口30万人ほどの中規模都市であり、マニラ、セブ、ダバオの様な大都市ではありませんが、後述のSMモールもある為、留学生活をしていて不便な事はありません。
また、それほど大きな街ではないので、フィリピンの中でも治安の良いことで知られています。外出機会が限られる留学生活を送る学生にとって大きすぎず小さすぎず、コンパクトで生活しやすい都市だと思います。
私が普段バギオのダウンタウンでよく利用するお店、施設を紹介しようと思います。

SMモールバギオ

やはり先ずは何と言ってもSMモールははずせないでしょう。
SMモールはフィリピン全土に50以上の拠点を構える大型ショッピングセンターです。ここには食料品から服屋、電化製品などなんでも揃っており、携帯修理店や、映画館などもあります。日本から持ってくるのを忘れた物、使い切った、失くしてしまった場合でもここに来れば大抵のものは手に入れられます。

Reports-pines

セッションロード

バギオダウンタウンの目抜き通りです。
ニューヨークでいう5番街、パリでいうシャンゼリゼ通りみたいなものです!(たぶん!
通りにはファーストフード店、スターバックスなどの喫茶店、洒落たバーが並び、着飾った若者たちが闊歩する町並みはさながら表参道の様です。(それは言い過ぎました!)
バギオに着いたらまずここを散策してみると良いでしょう。

Reports-pines2

バーナムパーク

バギオダウンタウンの中心にある大きな公園で、バギオ市民の憩いの場です。
週末には多くの家族連れや若いカップル達が集まり、休日を楽しんでいます。
敷地内には大きな池があり、(正式には湖らしい…)スワンボートを100ペソほどで乗ることができます。
ここではゆったりとした時間を過ごせるので、勉強に疲れたときに散歩してみるとリフレッシュできますよ!

Reports-pines3

バギオ大聖堂

フィリピンは東南アジアで唯一のキリスト教国で、国民の9割程がキリスト教徒だそうです。
バギオ大聖堂はセッションロードのほど近くにあり、ミサのある日曜日の夕方には多くのキリスト教徒が集まります。
ここではPIAのフィリピン人講師をよく見かけます。
日本ではあまり教会に行く事はなかったので、身近に異文化を経験できるのは興味深いですね。

Reports-pines4

フィリピンの喫煙事情

ここで一旦フィリピンの喫煙事情について説明しようと思います。(非喫煙者の方すみません!)フィリピンでは2017年から公共の場での喫煙が全面的に禁止されてました。これはかなり厳しいもので、路上喫煙が警察に見つかると1000ペソの罰金を支払わなければ行けません。その為、バギオ市内で路上喫煙してる人を見かける事はまずありません。さらに困ったことに街の中には喫煙所がほとんどありませんし、喫茶店も全面禁煙の店が多いです。しかしセッションロード沿いに一箇所だけ喫煙所があるのを見つけました!少しわかりづらいのですが、セッションロードの登り坂向かって右側にVolanteという店があるのですが、その手前の階段を下ると灰皿があります。私の周りでも数名警察に罰金を払っている友人がいるので、喫煙者の方は、路上喫煙はせずに指定の喫煙所で喫煙するようにしましょう。

Reports-pines5

交通事情について

PIAチャピス校はバギオ中心部からおよそ徒歩30分弱の場所に位置しています。歩けない事はないですが、フィリピンは交通機関の料金が非常に安いです。

タクシー:初乗り料金35ペソ(約70円)
初乗り料金は日本の10分の1程度です。
マニラなどの大都市のタクシーは悪質なドライバーも多い様ですが、バギオのタクシーは問題なくメーターを使ってくれて明朗会計です。
チャピス校からセッションロードまで、混み具合にもよりますが、80ペソ程度で行くことができます。急いでる時や友人と移動するはタクシーの利用が便利です。

フィリピンは日本に比べてタクシーが安いし走っている台数が圧倒的に多い!

Reports-pines6

ジープニー:料金8.5ペソ
フィリピンならではの乗り物で、乗合のトラックの様なものです。
距離に関係なく、1度の乗車で8.5ペソ(20円弱)で乗車することができます。
チャピス校はマルコスハイウェイという通りに面していて、ダウンタウン方面へは乗り換えなしで向かうことができます。
その為、一人で行動する時お金の節約のためにジープニーを利用する様にしています。
ただ、大抵は乗客でぎゅうぎゅうになるので、貴重品の管理には気をつけましょう

Reports-pines7

レストランについて

バギオには多くの語学学校がある為、数多くの日本料理店韓国料理店があります。
その中でも学生に人気のあるレストランを紹介します。

日本料理店
・chaya:チャピス校のあるマルコスハイウェイからレガルダロードに入ったところ。
味はとても美味しいが、価格が少し高い。

 

・NARUTO:セッションロードからも歩いて行ける場所。タクシーで行くなら「シティホール」と伝えれば近くまで行けます。価格も安めで美味しい日本料理が食べられます。

 

韓国料理店
・PEARL:サムギョプサルのお店、韓国人の友人も韓国のサムギョプサルと遜色ないと言ってました。僕の友達は3ヶ月で6回行くくらいハマっていました。

 

・RED STATION
ここも有名な韓国料理屋。土曜の夜に行けばPIAの韓国人生徒に必ず会います。笑

 

フィリピン料理店
・カントー:バギオ1の人気店?ハンバーガーやロモリブが有名。土日の御飯時は混み合うので、早めに行くことをお勧めします。

 

・グッドテイスト:NARUTOやPEARLの付近にあるフィリピン料理屋。学校のフィリピン人講師にも人気のレストラン。

バー・ディスコクラブについて

レッドライオン:レオナルド・ウッド・ロードにあるダイニングバー。24時間営業です。ここにはフィリピン人講師も集まり、バギオで留学している学生もかなり多いです。

 

ジョイント:三階建ての建物で、それぞれの階が独立した店になっています。2階のザ・キャンプはバギオでも有名なディスコクラブになっています。週末には現地の若者や留学生でごった返します。そのため、携帯や財布などの貴重品管理は徹底してください。ここで貴重品を紛失したという留学生が後を絶たないそうです。貴重品は持ってこないか、セキュリティに預ける様にしましょう。(ただ、エントランスのセキュリティの態度も横柄なので、あまり信用しないほうがいいでしょう。)

バギオはそれほど大きな街ではないので、留学生が訪れる場所は限られます。ただ、偶然同じ学校の生徒や、フィリピン人講師に会うのは結構楽しかったりします。バギオは他のフィリピンの都市に比べて治安が良いと言われています。それでもやはり自分は海外にいるという事を忘れずに最低限の危機感を持って生活しましょう!

以上、フィリピン留学学生レポーターのKoukiでした。ありがとうございました!

ELSA 学校での思い出と友人について

(こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております)

1. ELSAの学生の国籍比率について

ELSAでは現在、韓国人、日本人、台湾人、ベトナム人の4カ国のみが勉強しています。
私はベトナムのスタッフに依頼しました。時には中国、タイ、モンゴルなどの学生も入って来てくれましたが、その数は重要ではありません。 韓国、日本、台湾の生徒しかいないことが問題なのです。

ここの学生の割合は、韓国が約40%、台湾が約40%、日本が15%、残りの5%は他の国です。

このコースのいいところは、ここには台湾人の学生がたくさんいることです。
その数は韓国人学生の数を上回っています。
ELSAの韓国人学生は年齢層の高い家族留学が多いので、若者と遊ぶ機会は少ないです。
台湾人の学生がいたら、学校内で良い関係を築きましょう。台湾の留学生はとても勉強に役立ちます。台湾人の頭のいい学生と英語のコミュニケーションをとることは英語の発音などを改善するのに役立ちます。
ベトナムの学生がELSAのような国際的な環境で勉強することにより英語力を向上させることができます。
当たり前ですが、ここで孤立したくなければ多くの友人をつくる必要があります。ここには様々な国籍の学生がいるので、もしあなたの国の文化や食べ物に聞かれたら英語で答えてあげればそれだけで英語の練習に役立ちます。また、それぞれの国には独自の英語の発音スタイルがあるのでそれを聴き慣れることでコミュニケーションをとるのに役立ちます。また、ベトナムの留学生が少ないからといってベトナム語の存在を忘れることはほとんどありません。

では、このような国際的な環境の良いところは何でしょうか?
ケンと違って台湾人のルームメイトはとてもフレンドリーです。
彼は、ELSAは台湾人が非常に多くて英語に集中できないと不満を漏らしました。
だから私は毎晩彼と一緒に台湾やベトナムのことについて話しました。2人で英語で話す練習をしました。
私はグループ授業を受けているのですが、4人中3人が韓国人で、1人がベトナム人です。韓国人同士だけで話していて非常に退屈な授業でした。同時に、私は彼らと話す機会があまりありませんでした。

2.国籍ごとの情報

日本人について:ほとんどの日本人学生はとても静かで、他の人のプライバシーを尊重しています。なので、教室は非常に静かで他の人に迷惑がかからないようにしているので勉強に集中しやすいです。
日本人の学生と対話するためには静かにしなければなりません。彼らが近づいてきたら日本人の正確について訪ねてみるとよいでしょう。そうでない場合はこっちから自分の国について話しかけてみましょう。日本人の多くが恥ずかしがりやさんです。

韓国人学生について:韓国人はなかなか厄介です。韓国人はお金持ちの人が多いですが、生徒自身はとても良い人です。韓国人学生は台湾人に比べて人数が少ないので、彼らはフレンドリーで他の韓国人が多くいる学校とは多少異なります。もし、韓国人が好きなら話しかけてまず友達になりましょう。韓国人は食べることが大好きなので美味しい場所をたくさん知っています。あなたの旅行経験や韓国学生と一緒に行きたいとこについて話してみましょう。

台湾人学生について:私は彼らがが大好きです。フレンドリーでとても新設なので。私自身もベトナム人ですが、約7人の台湾人の友人と韓国人の家族がいます。
台湾人は活発に活動しています。どこかへ行くと一緒に外食したり外出したりするようよく誘われる。エクササイズをしたり、キャンパスの周りを歩いたり…一般的に、彼らはとてもフレンドリーで、あなたは彼らをよく扱い、彼らは幸せになれます。一般的に、彼らはとてもフレンドリーなのですぐ仲良くなれると思います。

学校での思い出と友人について

3.ルームメイトについて

ケンの友達兼、新しいルームメイト。彼と同じ台湾出身の男性です。
彼の英語はあまり上手くなかったので、最初はお互いにコミュニケーションを取ることが難しかったです。しかし、ここで勉強してから一ヶ月経ってから徐々にお互にコミュニケーションを取ることができました。彼はアメリカのコーヒー(砂糖なしのコーヒー)が好きです。 私はベトナムからコーヒーを持ってきていました。彼は自分でコーヒーを作るくらいコーヒーが好きです。
私は毎晩ケンと泳いだり、ここで台湾の女の子について話ています。彼は毎晩図書館に行っていました。

学校での思い出と友人について

4.ELSAでの思い出

1番目:フィリピンで台湾人の友人と記念にマッサージに行きました。
最初の1週間は非常に大変だったので、台湾の友人たちは安くて評判の学校の近くにあるマッサージに行きました。 私も一緒に行きました。しかし、私はマッサージに行くこと自体はあまり気乗りしていませんでした。
ベトナムでのマッサージルームは比較的リラックスできます。
アロマオイルと楽しいメロディアスな音楽が流れています。 しかし、フィリピンのマッサージはとても退屈です。 私は楽しさよりもストレスを感じました。 しかし、台湾の友人はかなりこの場所を気に入って、彼らは来週にも行く予定を建てていました。私はそれ以来行っていません。

2番目:私はELSAで1週間留学した後、ELSAから4時間離れた場所にOSLOBと呼ばれているフィリピンの人気観光スポットにいきました。私たちは2日間ここの島に訪れ、お風呂に入ったり、ここの滝を探索したり、様々な活動をしました。
私はすべての場所がとても綺麗に感じて、この場所は私に多くの楽しみを与えてくれました。しかし、2日間外の気温は高くとても晴れていたので日曜日に学校に戻ったときには疲れ果てていました。数日後に少しでも学習に影響を与えます。
あなたが長い間太陽の下で外出していない場合は、外に出かけることをおすすめします。 あなたが健康であれば、問題はありません。外で多くの経験をしましょう。

学校での思い出と友人について

5.友人とのトラブル

私は4年間集団生活をしてきましたが今まで一度もトラブルを起こしたことはありません。嫌いな人がいるなら関わらないほうがいいです。だからこそ私は今までトラブルを起こしたことはありません。
(こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております)

CGスパルタ 今週のアクティビティ

(こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております)

最近、私はCGスパルタで素晴らしい留学期間を過ごすことができました。CGスパルタはセブ市の郊外に位置しています。セブはフィリピンの州で、首都はセブシティです。セブはネグロス島の東に位置していて、東にはレイテ、ボホール島があります。セブ(セブとボホールの間)とTañon(セブとネグロスの間)はセブに隣接しています。
フィリピンで英語を学ぶことの利点は、コミュニケーションスキルを思う存分鍛えることができることです。しかし、1週間の勉強の後、リラックスしたり、ストレスを発散したり、翌週の勉強に集中して取り組むようにするためには、週末のアクティビティは本当に必要だと思います。CGスパルタはスパルタ校なので、平日はひたすら勉強となります。ですので、毎週末学生は食べ物や生活必需品を購入するためにショッピングモールなどに出かけています。
毎週金曜にはCGスパルタで多くの楽しいアクティビティが提供されています。午後からは通常授業ではなく、単語テストやエッセイを作成する必要はありません。なので毎週金曜日は幸せで元気な一日です。笑

今週のアクティビティ

毎週金曜日、最後のクラスを終えた後、卒業する学生のために式が行われます。卒業式は単純です。学生は祭壇で卒業証書を受け取りその場でこれまでの感想や気持ち等を自由にスピーチします。卒業式の後(通常約15分~20分)、みんなリラックスしながら食堂でご飯を食べたり好きな事をします。
週末にはセブ島を探索します。先週、私とクラスメートはエコツーリズム社を介して、Oslob(オスロ)でKawasan Fall(カワサン滝)へスキューバダイビングをしに行きました。
素晴らしい経験と思い出ができました。

今週のアクティビティ

まず始めにカワサン滝へ行きました。 学校からは約3時間ほどの道のりで、 カワサン滝はセブ島の南西部にあり、有名なモアボールの近くに位置しています。カワサン滝はターコイズブルーの海から成る綺麗な滝のため、フィリピンでは海の宝石と例えられています。また、カワサン滝にはジャングルツアーがあります。そこには崖から5mから最高15mの高さで、涼しい水の道や、Tarzan式のロープがありました。

今週のアクティビティ

オスロもまた素晴らしい観光地でした。私たちは海でサメと一緒にダイビングしました。南部の小さな大都市で、セブ島の中心部から約2時間のところにあります。オスロはホエールサメダイビングで有名です。
しかしこれは実際には商業目的で作られたサメ地帯です。観光のためにこうした取り組みを行っているようです。Donsolのようにフィリピンの他の場所とは異なり、オスロは自然を重視したサメ地帯を運営しています。 外国人観光客はここでホエールサメとのアクティビティを楽しむには1,000ペソを支払いますが、私たちはここで素晴らしい体験ができたと思います。

今週のアクティビティ

週末を特に予定がない場合は、学校で水泳やバスケットボール、卓球、シンプルなジムでの運動などが利用できます。健康のために運動を日々行うことも大事だと思います。ぜひ身体的、精神的に健康な状態を維持して次週の勉強をスタートしてください。
また、SMシーサイド、アヤラモール、SMシティのような大きなショッピングモールで食事や買い物を楽しむ事もできます。買い物、食事、映画鑑賞、モバイル機器を購入したり修理したり、散髪したり、ネイルしたりすることもできます。遠くに行くのが面倒だったり時間がない場合、こうしたショッピングモールというのは非常に良いと思います。涼しいですし、リラックスするためのサービスがいっぱいありますので、毎週モールには多くの友達が出かけています。

今週のアクティビティ

学生を犯罪やその他の様々な危険から守るためにいくつかの規則があります。
まず始めに、金曜日と土曜日でも学生は正午までに学校へ戻ってくる必要があります。
日曜日には身体を休ませる時間を持つため、午前9時前に戻って月曜日から新たに始める勉強の準備をしなければなりません。もし学生の違反がした場合はポイント制で減点され、トータル50ポイントになった場合は夜7時以降、外出が禁止となります。
また、次のように単語テストに失敗した場合も減点となります。
– 1週間以内に2回以上50%以下の点数しか取れなかった場合 – 週の金曜日は外出禁止
– 1週間以内に3回以上50%以下の点数しか取れなかった場合 – 週の金曜日と土曜日外出禁止
– 1週間以内に4回以上50%以下の点数した取れなかった場合 – 金曜日から7日間外出禁止
さらに、ルールに違反した場合の合計ペナルティは以下のとおりです。
– 50ポイント:休日があっても、1週間は許可されません。
– 100ポイント:学生は2週間外出しません
– 150点:3週間の入学許可はありません

なのでもし遅くに出かける際は、ルールに従って帰宅するようにして単語の勉強は出かける前に事前に終わらせましょう。
尚、CGスパルタ学校の詳細については、https://philenglish.net/school/truong-anh-ngu-cg/をご覧ください。

  • 初心者IELTS 6.0保証 24週で初心者からIELTS 6.0
フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ