お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
Cpi 2017/02/15

セブ留学CPI*施設について

こんにちは!!

セブ島のCPI校留学生レポーターの

一ノ瀬です。

今日は

セブ留学をしている人なら誰でも気になる

お部屋やキャンパスの施設

を紹介していきたいと思います。

【部屋について】

CPIへの留学を考えている方に朗報です

なんと新しい部屋ができました!!

大部屋でも構わないよ〜〜。

という方にはこの部屋をお勧めします。

最初に部屋に案内された時の印象…

「めっちゃ綺麗やん!!」

フィリピンへ来る前に東南アジアの国に長く滞在してきましたが、

キャンパスの施設としては、本当に綺麗です

部屋は8人部屋

現在は4人の日本人が暮らしています。

 

 

ベットルームはこんな感じ。

セブ留学CPI*施設について

ベッドには本棚と折りたたみ式の机も完備されています。

足元と枕元にはライトがあるので勉強するときも問題ありません。

なんと枕元には充電ができるようにコンセントもあります。

数日間泊まっていた4人部屋は机の上にベッドがあるスタイルで

セブ留学CPI*施設について

セブ留学CPI*施設について

充電するのに不便でしたが、この部屋なら心配ありません。

何より気になる水周り

一番新しいお部屋なのでピカピカです。

セブ留学CPI*施設について

セブ留学CPI*施設について

この8人部屋は2部屋あるのですが、

その部屋に入る前に広すぎるぐらいのリビングまであります。

見ての通り、半プライベートなので勉強や何か作業がある時はこの部屋で

リラックスして取り組めると思います。

【寮周辺施設】

 CPIの写真を見た方はご存知かと思いますが、

まず一番のポイントは

綺麗な野外プールです。

ダイビング、子供用、大人用と深さが分かれています。

セブ留学CPI*施設について

【ジムについて】

こちらは半野外式で夕方以降に運動するときは

涼しい風が窓から入ってきてとっても気持ちいです。

私は頻繁に利用しています。

勉強後に体を動かして、頭をリフレッシュしています。

卓球台もあります。

現在は韓国の親子留学できている子供たちが

遊んでいることが多いです。

セブ留学CPI*施設について

セブ留学CPI*施設について

 【洗濯について】

ランドリーは週に二回

私の部屋は土曜日と水曜日に割り当てられています。

もう既に何回か洗ってもらっていますが、

綺麗に畳まれて、しかもいい匂いで帰ってくるので満足しています。

紛失など、心配な方もいるかと思いますが、

預ける時にきちんとリストを作って一緒に出すので

服がなくなるようなことはほとんどないのではないかと思っています。

(それでも、なくなって困るようなものは手洗いをお勧めします)

セブ留学CPI*施設について

【ダイニング】

ダイニングは夕食後にはSpecial Speaking Programの会場にもなります。

毎日3食韓国、日本食風の食事をとることができます。

最近シェフが変わってご飯も美味しくなったそうで、

私の感覚ですが、1回の食事で全く美味しく食べられるものがないという

状況にはなったことがありません。

セブ留学CPI*施設について

カフェもあり、軽食やトイレットペーパーなどはここで買うことができます。

Wi-Fi環境もあるので授業が終わったあとなどに生徒が集まって

ネットを使ったり、アイスを買って食べたりしています。

セブ留学CPI*施設について

【Wi-Fiについて】

 

CPIはスパルタ校なので自室でのWi-Fi環境はありません

使えるのはダイニング、カフェ、プールサイドなどのパブリックスペースのみです。

日本の高速Wi-Fiに慣れていると、かなり遅く感じるかもしれません。

勉強に集中するためにはその方がいいですし、

慣れてしまえば、なんら問題ありません。

【キャンパス施設について】

こちらもまだ新しく、施設も整っています。

ただ、トイレだけは部屋のものに比べると、汚く感じるかもしれません。

ただ、部屋と教室の距離も近いので、トイレだけのために部屋まで戻ることも可能なのであまり心配はいらないかと思います。

キャンパスのトイレにはトイレットペーパーが置いてないので

きちんと自分でカバンの中に用意が必要です。

以上、施設などの報告でした。

キャンパスの教室については

グループクラスなどで教室の大きさが違うので

また別のレポートで報告したと思います。

それでは、また!!!!!!

セブ留学CPI校レポーター:YUME

学校紹介ページはこちら

by YUME ICHINOSE | 2 YEARS AGO


セブ | CELLA UNI
セブで移動はどうしているの?予算はどのくらいかかるの?

セブで移動はどうしているの?予算はどのくらいかかるの? こんにちは、最近ひとりでジプニーに乗れるようになりました。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 とりあえず、「ジプニーってなに?」と思った方に説明するとフィリピンのローカルな乗合バスです、フィリピンでの移動は基本自動車でタクシーやジプニー、バイクが主な交通手段となります。そのため、フィリピンでは渋滞も結構な頻度で起きます……。 今回は、フィリピンでの主な移動手段と方法、それぞれのメリットなどをご紹介します。 ## 「Grab」安全度 ★★★★★ まず、はじめに「Grab」です。 GrabはUberと同じようなサービスで、簡単に説明するとタクシーや車を呼んで目的地まで移動することができるサービスです。 少し前まではフィリピンでもUberが使えたのですが、規制などの問題があり現在はGrabだけとなります。 Grabのメリットは3つあります。 ・英語が話せないでも使える ・確実に車が捕まる ・ぼったくられない(危険に巻き込まれにくい) Grabはドライバーごとに面接を行い、面接に通ったドライバーだけが登録できるシステムです。車種や車のナンバーなどを登録し、利用客のレビューで評価が決まるため、悪いことが起きにくいシステムで運用されています。 さらに、Grabではピックアップ場所と目的地を選択してドライバーを呼ぶだけで希望の場所まで連れて行ってくれます。 フィリピンのGrabには3種類あります。 ・Grabタクシー ・Grabカー(レビュー6★以上) ・Grabカー 値段も違います。ドライバーさんから聞いた話だと、土日は少し値段が上がるのだそうです。 フィリピンにはもともと、UberとGrab両方のサービスが利用されていましたがUberやGrabが一般的に広く利用される事によって、タクシーの利用にも影響が起こるという社会現象が起こりました。 既存の規制を回避しているUberに既存のタクシー業界からの不満が大きく営業停止令が出たこともありました。現在ではフィリピン事業のマーケットをGrabに譲渡することで合意されており、Uberはフィリピンから撤退しました。 UberやGrabの利用客が多かったのは、タクシーのドライバーが料金をぼったくることなどの危険性、また事故の発生率もUberやGrabの方が少なく安全であったためです。 現在、Grabではタクシーも登録できるシステムなので「Grabタクシー」を呼ぶこともできます。このような背景があるため、Grabのドライバーの質は「Grabカー(レビュー6★以上)」が一番サービスの質がいいです。 1.Grabカー(レビュー6★以上) 2.Grabカー 3.Grabタクシー 以上の順でサービスがいいと感じています。 英語が話せるようになってくると、道中は話すトレーニングにもなります。日本人だとわかると、とてもフレンドリーに話しかけてくることが多いのと友達になれる確率も高いです。 私は土日しか遠出もできない都合上、そこまでするのが面倒くさくてしてませんが…交渉次第で専属ドライバー契約もできるでしょうし、「出かけるときは毎回呼んでよ」と言ってくれる人も多いです。 気遣うので私はダメでしたが、金曜日の夜など車の捕まらないタイミングや遠出をしたいときには心強いので、そういうお付き合いもいいかもしれません。 ## 「タクシー」手軽度 ★★★★★ フィリピンでは、タクシーがかなりの数走っているので簡単に捕まります。Grabよりも安いです。(ぼったくられなければ) ただ、前述のような問題があり下手にジプニーに乗るより厄介だと個人的には考えているので大人数での移動や緊急時でもなければ私は使いません。ただ本当にどこにでも走ってます。 タクシーにもGrabにも言えることですが、大きなお札は彼らに嫌われます。忘れることや持ち合わせがないときに、現金で支払うと時々に「おつりない」とか言われます。また嫌な顔されることもあります…。 1000ペソの場合はよく起こるので注意して下さい。(1000ペソ=私たちにとっての一万円)普段からお札を崩して持っておく習慣付けておくことをおすすめします。 ## 「ジプニー」コストパフォーマンス ★★★★★ ジプニーの魅力は安さと本数の多さです。CELLA UNI校の前を数分単位で通ります。 ジプニーは番号ごとに走るルートが決まっています。乗りたい番号のジプニーが見えたら、手を上げて止めます。ジプニーレベル初級の私は遠巻きにはよくわからないのですが、ジプニーレベルが超人れべるに至っている私のルームメイトは見分けがついているので、日々使い続けているとどうも見分けられるようになるみたいです。 ジプニーが止まると、中へ乗り込みます。結構ぎゅうぎゅう詰めに乗っていることも珍しくありません。「詰めてー」って言えば、乗る場所を作り出してくれたりします。 ただ、このような密度なのでスリなどには気をつけてください。私はまだ出会ったこともありませんが、多いとは聞いています。常にバッグは前で抱えるようにして高額なiPhoneなどは、ジプニー内では取り出さないなどの気遣いをしている方が安全でしょう。(私は、一見iPhoneに見えないケースを使っていたりとわかりにくいので取り出していることもあります。) 行き先を告げて、お金を渡します。行先によって違うようなのですが、もうよくわからないので常に8ペソ渡しています。お札も20ペソなら受け取っておつりもくれますが、あまり大きなお金だと受け取ってもらえないようなので崩して持っておく習慣を付けておくほうがいいでしょう。 アバウトに8ペソ渡していますが、今の所なにか言われたことはありません。運転席、もしくはいちばん後ろに乗っている人にお金を渡しますが、このとき自分の座っている位置から遠ければ、ほかの人にバケツリレー方式でお金を渡してもらうのが基本です。 私のルームメイトは道を覚えるほど日常的に乗っているので、降りる場所がわかっているのですが…私一人で乗る場合はマップを見ながら場所を確認するようにしています。降りるタイミングになったら、ジプニーの天井を叩きます。もしくは、コインで鉄の棒を叩きます。運転手に声をかけても止まってくれます。 下手にタクシーに乗るよりも安全で、移動も格安なのでうまく活用できるとこちらでの節約になることでしょう。一人で乗るのは怖いなら、友達と乗ってもいいと思います。折角なので、フィリピンに来たらぜひ一度チャレンジしてみて下さい。 ## […]

>> More

セブ | CELLA UNI
CELLA UNIの実際の授業内容ってどんな感じ?

CELLA UNIの実際の授業内容ってどんな感じ? こんにちは、英語の簡易テストのスコアが上がったことでテンションが上っています。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 今日は私の進捗具合と、選んだコースなどの詳細をご紹介していきます。 ## CELLA UNI校の授業コース CELLA UNI校にはさまざまなコースがあります。 ・Power Speaking 4 ・Power Speaking 6 ・Power Speaking 7 ・Expresser 1, 2 (1~2週留学) ・TOEIC Preparation ・IELTS Preparation ・IELTS Intensive, IELTS 点数保証 ・ACE 客室乗務員CA準備英語 ・TESOL ▶各コースの詳細はこちら 私が受けているのは、「Power Speaking 6」です。 マンツーマンレッスンが6、グループクラスが2つです。 授業は8時から始まります。45分毎を1コマとして、授業間は5分の休憩があります。P1からP10を基本のクラスとして、P11がTOEICコース受講中の生徒で希望者のみのアテンドクラスとして扱われています。 しかし、私はP11にも授業があるのでこのあたりは兼ね合いが少しあるようです。私はPower Speaking 6なのであまり関係ありませんが、TOEICコースの方は希望すればマンツーマンレッスンを1コマ増やせます。 12時からお昼時間のため、1時間の休憩が入ります。さらに、P10まで授業のある生徒は自習時間が2コマあります。私の場合は、P11まで繰り越しているので自習時間は3つ含まれています。 このあたりも、もしスケジュールのバランスが気に入らなかったらクラスを変更することで調節可能です。 ## 授業内容 授業内容は初日の実力テストの内容によって決まります。私の場合は苦手分野のクラスを多めに組んでくれていましたが、これも先生と話し合うなどすれば変更できます。 授業内容は、一応テキストブックがあるのですが先生によって進め方は異なります。これは良い意味と悪い意味の2つがあって、私たちのレベルに合わせて組み直してくれたり、飽きないようにと工夫してくれたり、先生たちも色々考えながら授業を進めてくれています。悪い意味だと、先生たちも同じような内容を教えてるので飽きてくるのかおしゃべりに脱線しがちです。このあたりは、前回触れたので前の記事を読んでみてください。 SpeakingとReadingが2クラス、ListeningとWritingが1クラスの6コースに、私の意志で変更したり出たり出なかったりを繰り返している変動の激しいグループクラスの2クラスが私の授業内容です。 午前中はグループクラス、Reading、Speaking、Listeningの4クラスを受けています。グループクラスにも様々な内容があり、ディスカッションを主にしたクラスもあれば発音に重きをおいているクラスもあります。レベル感も様々なので、いろいろ試してみるといいかもしれません。 Readingは文章を私が読み上げて発音の矯正や、ストーリーの内容を自分の言葉で説明し直したりしています。このときに、イディオムの勉強も含まれるのですが、イディオムの微妙な表現を英語でされても受け取りきれるだけの英語力がないので、私は事前に全て意味を知らべています。 Speakingは簡単な質問にお互いが答えたり、決められたテーマに沿って話したりしています。私はもともとSpeakingが全然だったので、話す量を増やすように心がけ、相手に聞き返せるだけの英語力をつけようと意識しています。 […]

>> More

セブ | EV Academy
IELTSコースの一日の流れと授業内容について

IELTSコースの一日の流れと授業内容について 皆さんこんにちは!!学生レポーターのMANONです。 留学も2週間目を迎えだんだんとフィリピンでの留学生活にも慣れてきました。滞在期間が短い為、1日1日の授業を大切にしなくてはと思っている今日この頃です。今日は皆さんに私のEV AcademyでのIELTS生徒としての1日の流れを紹介したいと思います!! *IELTSの生徒は毎週木曜日にプレテストがあるのでそのテストに向けて月曜日から水曜日まで勉強し、木曜日にテストを受けます。そして金曜日に結果を見ながらフィードバックを受けます。 [平日の1日の流れ] 7:00 起床 (朝食7:00~8:00) 朝ごはんを食べて、その後準備や復習など授業に備えます。 ・1〜4限、午前がマンツーマンクラスです。(生徒によっては1〜4限がグループクラスの人もいます) 8:00~8:55 1限目 Writing 木曜日のプレテストのテーマに合わせてTask1の図表を読み取る問題の書き方のコツを教えてもらいながらライティングの練習をします。Task1の中でも難易度が高い問題(図表が通常1個の所が2個の問題やダイアグラムの問題など)が毎回出題されるので難しくてなかなか書き進められないこともあります。そんな中、先生は書き方に関する実践的な知識を幅広く毎回シェアしてくれるので助かっています。また授業の初回にIELTSライティングに役立つ冊子(下記写真)を配られ、そこには言い回し表現やテンプレが沢山掲載されていていつも書き方に困った時に助かっています。宿題はほぼ毎日出されるので大変ですが、書くことがスコア向上のカギだと思うので頑張って書いています。 9:00~9:55 2限目 Speaking スピーキングも同様に木曜日のテストに向けた対策をしています。スピーキングに対しても毎週テーマがあり、テクノロジー・サイエンス、教育、健康など出題された時に受験者が苦戦してしまう様なテーマが毎週出題されます。木曜日のテスト後に次の週のテストに向けたテーマに関わるボキャブラリーや質問例、サンプルアンサーが配られる(下記写真)のでテストを受けるまでに先生とディスカッションしたり自分でテーマについて考えたりする時間が与えられます。また授業では本番同様にPart1~3まで通して練習することもあります。 その他にも自分の弱みだと思う点を言えば先生が親身になってサポートしてくれます。私の場合はプレテストの結果、発音の向上が必要だと思ったので発音の対策も頻繁にしています。IELTSテストでは、発音も4項目の評価基準の1つとなっているので、スピーキングの先生は常に発音について指摘してくれます。私は特に“th”の発音が苦手だったのですが大分良くなってきました。 10:00~10:55 3限目 Reading テキストかプリントをもらって、問題を解いてから丸付けをしてその後フィードバックをもらう形です。先生は読み方のテクニックなどを教えてくれます。私はリーディングが苦手でミスが多いのですが、先生は粘り強く私がわかるまで何度も教えてくれて心強いです。間違えた箇所は先生が問題文に線を引いて、なぜ間違えたかなど分析して書き込んでくれるので復習にも役立ちます!! 11:00~11:55 4限目 Listening リスニングに関しては教材を使ってひたすら演習問題を解く形になっています。Part1~4まであるので1セクションずつ解いたら丸つけ、さらに間違えた問題とその理由を分析してからもう1度聞き直すという形になっています。どうしても、スペルミスや単複の部分でケアレスミスがまだ多いです。先生は自分では気がつかない弱点などを指摘してくれます。 12:00~1:00 昼ご飯、昼休み 昼ごはんを食べた後は部屋に帰って午後の授業に備えて仮眠を取ったりしています。 ・5〜8限、午後がグループクラスです。(生徒によっては午後がマンツーマンクラスの人もいます) 私の在籍して居るグループクラスは7人で行われています(日本人1人、台湾人2人、韓国人1人、ベトナム人4人)。4クラスともメンバーは変わりません。現在IELTSの生徒は約40人居ますがベトナム人、台湾人が多いです。日本人は4人と少ないです。 1:00~1:55 5限目 Writing グループクラスではTask2の対策をしています。毎回宿題が出され書いてきた文章を授業中に先生が添削しフィードバックをもらいます。先生は多くの生徒の文章を添削してきているので、アドバイスが的確で自分の改善点や伸ばせる点が明確に分かります。また他にもテンプレや使い回しが効くパラフレーズの表などを配布してくれるので「こう書いたら良いんだ!!」ということや、「こういう表現の仕方もあるんだ!!」ということも勉強になります。 2:00~2:55 6限目 Reading リーディングは1通り問題を解いてから皆で丸付けをしていきます。その際に1人1人自分の答えを言っていかなければならないので少し緊張感があります。先生は問題のタイプ別に読み方や対策法を教えてくれるので、タイプの違う問題にもその問題にあった方法でアプローチしやすくなってきました。私は読むのが遅くて制限時間内に読み終わらないことが多かったので、スキャニングやスキミングのコツを教えてもらったことで少しは速度が上がって読みやすくなった気がします。 3:00~3:55 7限目 Speaking スピーキングは木曜日のテストに向けてテーマに関する知識を先生がシェアしてくれたり、ディベートをしたりします。Part2の2分間話す課題をクラスメイトの前で喋らなくてはいけないですが、程よい緊張感があって練習になります。またクラスメイトのことを客観的に見て真似できる点や、自分も気を付けなければならない点を見つけられます。 4:00~4:55 8限目 Listening リスニングは午前と同じく問題を解いて丸付けをし、その後もう1度聞き直すということの繰り返しです。セクションごとに解いていってしっかりと解説してくれます。特にPart3、4になってくると正答率が下がってくるので、その際には先生がどうやって答えを導き出すのか板書し、一々音声を止めながら丁寧に教えてくれます。 6:00~7:00 夜ご飯 いつも夜ご飯の時間は昼ご飯同様に混んでいます。 この時間帯に日によってはズンバやヨガ教室に参加することもあります。 7:00~ 自由時間 7:00〜からは自由時間になりますが、宿題などがあるのでそれを終わらせます。主にライティングとリーディングは毎日のように宿題があります。宿題は多いときは大変で24:00頃までかかる日もあります。また先生にもらった資料を元に予習をして、身につけた知識を次の授業から使えるように準備しています。 […]

>> More

セブ | EV Academy
フィリピン留学での食事と健康管理で気を付けなければいけない点について

フィリピン留学での食事と健康管理で気を付けなければいけない点について こんにちは!!学生レポーターのMANONです。 留学に来て2週目IELTSの難しさに日々直面して苦戦している毎日です。しかし1人で勉強しているとモチベーションも保ちづらいので、改めてフィリピン留学にきて恵まれた環境の中で勉強が出来て良かったなと改めて思っています。 さて今回は留学生活の中でも欠かせない大切な要素の1つ食事と健康管理について紹介したいと思います。 [食事について] 皆さんはフィリピンの語学学校のご飯にどんな印象を持っていますか? よくフィリピンの語学学校のご飯は韓国資本の学校が多く食事が辛くて日本人は食べられないということを耳にします。しかしEV Academyのご飯はそんなことないですよ!!各国の生徒さんが食べやすい様に工夫して作られています。 食事は3食月曜から日曜まで毎日提供されます。以前までは決められた食事を提供される形でしたが7月からビッフェ形式になったそうです。 長く滞在している生徒もビッフェ形式になってからより良くなったと言っていて評判がとても良いです。ビッフェ形式なので自分の苦手なものが出ても他のものが食べられるのは嬉しいですよね。 毎食美味しそうな食事が並んでいて私はいつも何を食べるか迷ってしまいます!! 日本人の生徒を含め各国の生徒が美味しいと言って食べていますよ。強いていえば少し脂っこい食べ物、揚げ物などが多いかなという印象があります。 しかし野菜も3食提供され、夜ご飯にはオレンジ・パイナップル・リンゴ・スイカなどのフルーツが毎日提供されるのでビタミン不足にもなりづらく栄養バランスの良い食事を食べられます。 海外留学に来るとどうしても普段とは異なった環境で体調を崩しやすくなるので、バランスが取れた食事を食べられるのは体調を管理する上で大きいと思います。実際食事のおかげでEV Academyで体調を崩している生徒はほとんど見かけません。 食堂は1Fのプールサイド横にあるのですが開放感があってとても気持ち良いです。皆ご飯の時間になると長蛇の列を作るので並ぶのが少し大変です。少し遅れて行った方が長蛇の列に並ぶことを回避できます!! ある日の1日の食事 〜朝ごはん〜(ご飯・パン両方提供されるので自分の好きな方を選べます) ・ご飯 ・レタス ・キムチ ・大根の甘酢漬け ・人参とレタスのスープ ・目玉焼き ・シリアル ・パイナップルジュース 〜昼ごはん〜 ・ハンバーガー(トマト、きゅうり、肉のパテ) ・フライドポテト ・ミートソーススパゲッティ ・タマゴスープ ・バナナ 〜夜ご飯〜 ・ご飯 ・牛肉とピーマンと人参の炒め物 ・大根と小松菜の炒め物 ・キムチ ・スイカ ・パイナップル ・オレンジ ・リンゴ ビッフェ形式なので全部は載せきれなかったのですが、他にも美味しそうな食事が毎日いっぱい提供されています。 [健康・衛生面について] 〜校内〜 EVは他のフィリピンの語学学校に比べて衛生面において特に問題はないと思います。 またジム・プール・ヨガ(毎週水曜日7:00~8:00・2部生)、ズンバ(毎週火、木曜日7:00~8:00・2部生)など身体を動かす機会も提供されているので運動不足にはなりづらいと思います。私自身、ヨガ教室に参加しましたが外部から先生がきて本格的なレッスンでとても良いエクササイズになりました。 また学校のウォータサーバの水を飲む際はボトルをこまめに洗浄して衛生的にしておいたほうが良いと思います。お腹を壊している人が多いので飲料水には特に注意を払った方が良いです。 〜校外〜 外出した際などにいくつか気をつけた方が良いことがあります!! 1つは路面店などでの飲食の購入は極力避けることです。路面店などのご飯は衛生面において日本とかなり異なります。 2つ目は、外出する際に虫刺されスプレーなど蚊除け対策をすることをおすすめします。時期にもよりますが雨季などは特にデング熱などが流行りやすいので最善の注意を払った方が良いです。万が一入院という最悪の状態になってしまってはせっかくの留学が台無しになってしまいます。 *EVには看護師が平日の8:00~17:00まで滞在しています。またドクターの訪問診療が 月曜日の13:00~からあります。申請方法は当日の10:00までにオフィスに申請し保険証を提出する形になっています。(ドクターの事情によりキャンセルにされる場合があるそうです。) 今回は食事と健康管理のことについて紹介しました。日本とは異なるフィリピンで留学中に健康を保つにはやはり食事や衛生環境は大切ですよね!!少しでも皆さんの役に立つ情報がシェアできていれば嬉しいです。 最後までご覧いただきありがとうございました!! […]

>> More

セブ | EV Academy
学校施設とインターネット環境について

学校施設とインターネット環境について みなさんこんにちは!!学生レポーターのMANONです。 フィリピン留学に来て1週間が経ちました。学校にも慣れてきて充実した留学生活を送れています。留学期間も残りの3週間と短いので、充実したものにしたいと考えています。さて今回は学校の施設やお部屋、Wi-fi事情について紹介したいなと思います。お部屋のことやWi-fi事情みなさんがフィリピンに留学する上で最も気になる点の1つだと思うので詳しく説明して行きたいと思います!! [ネット環境について] はじめにネット環境について。誰しもが気になるトピックだと思いますが、EV Academyでは入学時にEVのwi-fiに繋げるパスワードがもらえます。1週間1人3GBまで使えます。 ただし使える場所は1Fのみです。(稀に2Fからでも繋がることがあるそうです。) ちなみにエントランス、オフィス前、食堂、カフェテリア、プールサイド等主要な場所からは全て繋がりました。ただし時間帯や天気、使用状況によって繋がりにくい時があります!!(特に天気が悪い日、アクセスが集中している時など) 外出時、部屋などでも携帯を使用したい人はSIMカードを入れたほうが良いかもしれません。実際私も含めほとんどの人がSIMカードを使用しています。SIMカードは学校でも購入可能です。(携帯の機種によってはSIMを解除する必要があるかもしれませんので渡航前に要確認です。) [ドミトリーについて] EV Academyのお部屋は1〜4人部屋で選べるようになっています。ちなみに1番コスパが抑えられる4人部屋が1番人気のようです。(4人部屋は早いうちから予約でいっぱいになってしまうので、希望の方はなるべく早めに予約をとったほうが良いと思います。) ちなみに私は2人部屋を選択しました。ルームメートは韓国人の女の子で凄く優しいです。休み時間や寝る前などにお喋りしています。稀にルームメイトと気が合わない、生活リズムが合わないなどのトラブルがあるそうですが、申請して空きが出れば変えてもらえるようです。 EV Academyのドミトリーはフィリピン留学の学校の中で1番キレイなのではないかと思っています。というのも2017年の10月に新校舎になったばかりで本当にホテルみたいです。日本と同じような環境で勉強したいという人には最適な環境だと思います!! ・ベッド ベッドはすごく寝心地が良くて1日の疲れを取ることができます。またベッドの横に充電機がついているので携帯などがすぐ充電できるのも魅力的です。 ・デスク デスクは広々としていて2人同時に使用しても十分なスペースがあります。宿題をしたりするのにも十分なスペースで、教科書や化粧品など皆思い思いの物を置いています。 ・収納場所 収納場所もとても広くて充実しています。1人1つタンスが使えます。下には靴、上にはスーツケースが収納できるようになっています。タンスは洋服や雑貨などが悠々入るスペースがあるのですごく便利です。ここに全てのものが収納出来るので部屋の中は常に片付いていて快適です。 ・水回り お風呂とトイレは一緒でユニットバスになっています。ちなみにここ水回りに私のイチ押しポイントが2つあります。1つはトイレが水洗式な所です。EVは水洗式トイレなので普通にトイレットペーパーを流せます。他のフィリピンの語学学校はもちろんショッピングモールでさえ水洗式のトイレが少なくゴミ箱に紙を捨てるところが多いです。日頃と同じように衛生的なトイレをフィリピンで使えるのは日本人にとって嬉しいことですよね。もう1つの魅力はドライヤーが備え付けられていること。日本からドライヤーを持ってくるのはかさばるし、電圧が異なるということもあり得るので備え付けられていてありがたいです。 [施設について] ・プール プールは食堂とカフェテリアのサイドにあります。プールの中はライトアップされていて青色や紫色と色が変わり幻想的でとてもキレイです。平日はあまり泳いでいる人を見ませんが、週末になると遊んでいる人がたくさんいます。写真には写っていませんが、小さいプールもあります。 ・カフェテリア 学校内におしゃれなカフェが入っています。値段は80〜150ペソ(168〜314円)くらいです。カフェラテやシェイクなどがあり授業後など多くの生徒が訪れています。私はイチゴのスムージーとカモミールティーを飲みましたが、とても美味しかったです。日本のカフェと同じクオリティーでした!!生徒の中には毎日のように通っている人もいます。 ・ジム 学校の4Fにジムがあります。トレーニングするには最適な場所です。ランニングマシーン、ウエイト器具が1通り揃っています。混んでいないので自分の思うようにトレーニングができるのも嬉しいポイントです。部屋の道路側がガラス張りになっているので、トレーニングしながら外を見ることができます。ヨガマットやバランスボールも置いてあるのでストレッチや軽く体操するだけでも使用できます。 今回は部屋、施設などを中心に紹介させて頂きました。とても快適な学校だということが少しでも伝わっていたら嬉しいです。 また勉強施設などは別途授業紹介の時に、紹介したいと思います。 最後までご覧いただきありがとうございます。 フィリピン留学 EV Academy 学生レポーター MANON

>> More

セブ | EV Academy
留学を決めたきっかけとEV Academyを選んだ理由

留学を決めたきっかけとEV Academyを選んだ理由 こんにちは!!学生レポーターのMANONです。 東京都出身、横浜育ちの19歳です。現在は都内の専門学校に通っていて、学校では海外の大学進学に備え、IELTS対策と基礎教養科目を主に勉強しています。現在の英語レベルは英検2級、TOEIC650点程度とそんなに高くはありません。ただ英語でコミュニケーションを取るのは大好きです。 7月末から8月末までの1ヶ月間EV AcademyでIELTSセミスパルタコースを受講します。夏休みが1ヶ月しかないのですが少しでもIELTSの技能を伸ばしたいと思っています。私自身IELTSのバンドスコアの最終目標が6.5なのでそれに近づけけるように短い間ですが集中して勉強したいです。記事を通して少しでもフィリピン留学について知って頂ければ良いなと思います。よろしくお願いします!! 今回の記事では留学理由、フィルイングリッシュを選んだ理由、学校到着時から初日の流れなどを紹介したいと思います。 [留学理由・EV Academy を選んだ理由] フィリピンは集中して英語力をあげる留学場所に最適だと思ったからです。私自身昨年別のフィリピンの語学学校でESLコースを受講したのですが、英語への抵抗を払拭することができ、とても良い経験でした。またIELTSコースを受講することを考えた際にEV Academyの授業は1コマ55分(通常50分の所が多い)✖️8コマ(マンツーマン4コマ+グループ4コマ)とバランスも良く集中して4技能伸ばせる環境があると思ったからです。日本でIELTSの集中講座を受講するとなるとコマ数も少なく、高額になる為コストパフォーマンスの点はフィリピンが勝っていると考えました。また施設がキレイというのもEV Academyの魅力の1つでした。日本と同じような学習環境にフィリピンで身を置ける点もEVならではの魅力だと思います。 [フィルイングリッシュを選んだ理由] 私はゴールデンウィーク頃に留学に行くことを決めたのですが、その頃には夏のフィリピン留学は人気ということもあり人気校は予約を取ることが難しい状況でした。そんな状況の中インターネットで幾つかの評判が良い実績があるエージェントに連絡して学校選択をしていた際に、私の要望を聞いて学校の紹介やコンタクトなど一番迅速な対応をして下さったのがフィルイングリッシュでした。そのことからフィルイングリッシュなら安心して留学を成功させることができると確信してフィルイングリッシュを選びました。実際に渡航までにも細かいことなど質問した際の返信が迅速でとても助かりました。 [EVへの到着時] 学校へ到着した際の最初の印象はとにかくキレイでした。エントランスから清潔感があり、まるでホテルのようだなどいう印象を受けフィリピンの語学学校だということを忘れさせられるほどでした。入口の門がしっかりしていてガードマンも居るのでセキュリティーの面で心配することはないと思い安心しました。 また到着した際にウェルカムバックとオリエンテーションの紙を受け取りました。ウェルカムバックの中には1Fで使えるwi-fiのコードやスナックなどが入っていました。写真はウェルカムバックの中身と、EVのエントランスです。 [初日の動き] 初日はやることが多くて多忙な1日でした。 朝8時に1Fに集合して受講コースに関わらず1つの教室に集まりました。その後SSP(特別修学許可書)の必須事項を記入し、パスポート・Eチケットを回収されました。(その際にeチケット・パスポートは回収されてしまうので、コピーを1枚取っていた方が安心です!!)また1人1人English name(学校で使う名前。韓国人などの名前など呼びづらいので、名前を呼びやすくするために使うらしい)を決めました。 その後IELTSの生徒は2Fに移動しESLの生徒とは別れてレベルテストを行いました。レベルテストはIELTSの本番通りに4技能全て解いたのですごく疲れました。ただ初日からIELTSを解けるのは自分の実力確認の為にも良い機会だと思いました。 その後昼ごはんと休憩を挟んでオリエンテーションが行われました。オリエンテーションでは日本人マネージャーさんがEVのルールや生活について細かく説明してくれたのでEVでの生活がイメージしやすかったですよ。そしてその後はショッピングモールに両替と必需品などのショッピングをしにいきました。 *新入生の国籍比についてはっきりとは分かりませんでしたが、バッチメイト(入学日が一緒の生徒)は日本人、ベトナム人、韓国人、台湾人だいたい同じ位の人数でした。新入生自体が各国10人程居たのであまり他国の生徒と初日は話す機会がなかったです。 [授業初日の流れについて] IELTSの生徒のレベルテストの結果はテストの翌日に時間割と一緒に確認できました。バンド4.0以下の生徒はPre IELTSコース、4.0以上の生徒はIELTSコースに編成されます。 Pre IELTSコースの生徒の場合マンツーマンはIELTSの勉強をして、グループクラスはESLの生徒と一般の授業を受講します。IELTSコースの生徒の場合は8コマ全てIELTSの勉強です。 私はレベルテストの結果、IELTSコースを受講することになりました。午前はマンツーマンクラス、午後はグループクラスというシステムになっています。午前、午後とも4技能に1コマずつ触れられるのでバランスが良いカリキュラムだと思いました。IELTSコースは比較的台湾人の生徒が多いそうです。 長くなりましたが今回はこの辺までとさせて頂きます。まだ留学生活始まったばかりですが予想以上にハードな忙しい毎日です!!改めてこれから短い間ですが様々な情報をシェアいていきますのでよろしくお願いします。 最後までご覧いただきありがとうございます。 フィリピン留学EV Academy 学生レポーター MANON

>> More

セブ | CELLA UNI
フィリピンで快適に過ごすためのWifi環境との付き合い方

フィリピンで快適に過ごすためのWifi環境との付き合い方 こんにちは、フィリピンのWifi環境に苦労しています…。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 毎回ですが、Wifi環境に苦労しています。 今回はそんなWifi環境をどのように対策して、仕事もしながら留学しているのかを共有します。 ## 学校のWifi状況とWifiが必要な環境 現在、私はフリーで活動しているデザイナーです。お仕事の流れを一時的に止めたのですが、それでも継続で受けなければならないおしごとなどもあり「完全に全ての仕事がストップ」したわけではありません。 コンサルティングやテーチング系のお仕事を抱えている生徒さんや、企業さんに関しては現在もお仕事を請け負っています。 業務内容としては、デザインのチェックや資料作り、必要があれば制作も少し発生します。そのためファイルのやり取りや画像ファイルの表示、送信、アップロード作業も非常に多く、Adobeソフト(デザインに使用するソフト)の仕様の問題もあり、Wifi環境がなければできない作業などを多く抱えています。 音声通話は200Kほどあれば可能ですが、動画再生には1.5~3Mほどが望ましいです。そして、セブ島のWifiに関してですが、カフェなどの速度は4M程度が平均的です。 CELLA UNI校では7F、8Fに共有のWifiが存在していますが授業が終われば接続できなくなっていることや、みんなが繋げることもあり速度が50K程度なのでかなり重たく、ネットで調べ物するのがギリギリです。 ## フィリピンでも快適なWifi環境を作るために必要なもの 海外でWifi環境を構築するために必要なものは、SIMフリーの携帯やWifiルーターです。キャリア契約していてSIMロックを解除していない人はルーターが必要です。また、同時に何台も繋ぎたい私のような人もルーターが必要です。CELLA UNI校ではWifiルーターの貸出も行っています。 事前に用意してくるのも、もちろん結構です。SIMフリーの携帯やスマートフォン、Wifiルーターは入れ物でしかないので、通信するためにはSIMカードが必要になります。フィリピンで主流なのは、「Globe」と「Smart」です。 ▲右がCELLAのWifi(7F)、左が私のWifiルーターを使用した速度 私はGlobeを使用しているので、Globeを前提に紹介します。 Globeの場合、各種のプロモ(お得なプラン)が用意されています。GlobeのSIMカードを購入して、プリペイド式のカードを購入しSMSで購入したカードをチャージして希望のプランを購入します。 カードの裏面をコインで削り、SMS経由でチャージ、希望のプランを購入するのが大まかな流れです。わからなければ頼めば、店員さんが代わりにチャージや購入のような一連のアクティベート作業をしてくれます。カード自体はショッピングモールの他に、その辺の道にあるお店「サリサリストア」やコンビニでも購入できます。 プランは色々ありますが、一番お得なものは「SUPERSURF200」で5日間、毎日のデータ容量が800Mbまで使い放題で200ペソです。800Mbを過ぎると速度制限がかかります。「そんなに使用しないよ!5日毎のチャージ面倒だよ!」という方であれば、3Gなどお好みの容量分を購入すると購入日から1ヶ月間使用可能です。一ヶ月で使用しきれなかった場合でも、追加料金は発生しますが使用可能な日数を伸ばすこともできます。 寮内のWifiでは自室でWifiを使えないことや、外出中の緊急時なども心細いため必ず必要になるのではないかと思います。ただ、このようなもち歩けるWifi環境は重たいデータ(例えば、ビデオチャットや動画のダウンロードなど)には向きません。 ## データ容量を使用する作業をする場合の注意 データ容量を使用する作業をしたい時は、一番手軽なのはカフェに行くことです。CELLA UNI校近くにも私の入り浸っているカフェ「CELSO’s GRIB」がありますし、ショッピングモールでは1時間だけ利用できるWifiが用意されていることがほとんどです。 ただ職業柄、「1時間だけ使えてもなぁ…」というのが本音です。 そんな時におすすめなのが「The Coffee Bean & Tea Leaf」(コーヒービーン&ティーリーフ、以下「コーヒービーン」)です。 コーヒービーンでは、Wifiの使用制限がなく速度も3,4M程度とそれなりの環境が用意されています。コーヒービーンはアヤラモール内やITパークと様々な箇所にあります。 ▲ざっと調べただけでもこれだけあります 気になる使い方ですが、まず最初にコーヒービーンのポイントカードを購入します。「ポイントカード」では通じないらしいので、私の場合は写真を見せてカードが欲しいと言ってカードを持ってきてもらいました。 ▲コーヒービーンのポイントカード(195PHP) このカードを注文時に提示すると、Wifiのパスワードの書いた紙を一緒に渡してくれます。このパスワードを使用して、Wifiに接続します。 私は週末は必ずITパーク周辺のカフェに一日居るのですが、ここは白人さんなども多く見かけます。料理もコーヒーも美味しいのですが、少し高いです。おすすめは、ラザニアとチーズケーキです。 平日でも時々、ルームメイトとジプニーでITパークまで出てお茶します。STARBUCKSに行くこともありますが、基本フィリピンのスタバでは日本と違い独自のWifiが用意されていないので1時間しか使用することができません。 料理の美味しいお店だと、「Tom N Tom’s Coffee」も美味しいです。Tom N Tom’s Coffeeは24時間営業のお店で、長時間勉強したい時に行くことがあります。こちらもおすすめです。ただし、Wifiは2時間程度だったはずです。Wifi速度は8Mと、コーヒービーンより早いです。 ▶ Tom N […]

>> More

セブ | CELLA UNI
フィリピンでの体調管理や寮の食事って本当はどうなの?

フィリピンでの体調管理や寮の食事って本当はどうなの? こんにちは、フィリピンでの健康管理に慣れてきました。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 これまでも少し話してきましたが、フィリピンは野菜を取らない文化があります。そのため、外食が続くと栄養が偏りがちなこと。空気が良くないので喉を痛めたり、また風邪を引きやすいことが問題としてあります。留学前に不安に思われる方も多い食事や健康面について今回はご紹介します。 ## CELLA UNI校内の食事 CELLA UNI校では、平日は3食食事が用意されます。2Fの食堂で決まった時間に配給され、食べる分のみ取り分けるシステムです。 ハンバーガーなどが出た日は、基本は「ひとり一個」というようなメニューの時は取り分けてくれる職員さんが居たりすることもあります。(時間にもよります) 朝は基本的に食パンが多いです。私はあまり朝食べないのですが、ほぼ毎回パンと2,3品、フルーツとジュースの組み合わせです。だいたいこんな感じです。 ▲この日はそばがついてきました ▲この日はチャーハンがあります ▲パンとごはん両方用意されている日もあります CELLA UNI校では門限があるので、朝昼は外食はできません。しばらく滞在していると、何度か見覚えのあるメニューに出会うことになると思います。好きなものは食べれば良いし、嫌であれば残すことも取らないこともできます。 ▲肉を白菜に巻いて食べます ▲野菜が多めの食事で、わかめなどのミネラルも摂取できます 普段、私は夜以外は進んでご飯や麺などのメインの炭水化物は避けています。お昼から炭水化物を摂ると眠たくなってしまうのと、現在ダイエット中なので今は朝昼はあまり食べてません。 ▲副菜が好きではなければスープを多めに摂ったりしています 夜ご飯に関しては、比較的にお昼ご飯より豪華なものが出ます。オムライスが出たりもします。クオリティが夜のほうが高めです。 CELLA UNI校では、韓国料理がメインですが、ベトナム料理、フィリピン料理、日本料理、中国料理とさまざまなメニューが用意されています。パスタやオムライス、ハンバーガーなど洋食なこともあります。 ▲ビビンバなども出ます 大体の組み合わせが、メイン1品と付け合せになる野菜が多めな料理が1、2品と漬物やキムチ、サラダやフルーツ、スープと品数が多いです。 ▲ハムや豆腐を使用したメニューも多くタンパク質も摂れます 通常、私は朝は食べずに昼にメインの炭水化物を避けて野菜中心とスープだけにして、夜に少し炭水化物を摂ります。 韓国料理以外の食べ物やソースは、全般的に味が甘めです。ハンバーガーやミートソーススパゲティーなどは普通の味ですし、カレーなども甘くはないのですが、付け合せがコーンのチヂミみたいなものであったりと、どことなく甘いものもよく出てる印象があります。 ▲肉じゃがみたいなものも出ます ほかにも、CELLA UNI校の食事メニューでは練り物がよく出てきます。炒め物やスープに練り物がよく入ってます。これは普通に日本で食べてるようなものと味の大差はありません。 ## フィリピン留学はご飯がまずい? 「フィリピン留学はご飯がまずい」というのをよく聞かれるのではないかと思います。正直、残念ですが「ものすごく美味しい!」というわけではないです。ただ、そこまで「まずい」と言うほどまずくもないです。 ▲この日は大きな骨付きの鳥が入ったお粥でした やはり、寮の食事なので「外に食べに行ったほうが美味しい」のは当たり前ですが、通常私達が行くようなお店で食べるのはそんなに安くないです。毎日通っていると出費がかなりかさみます。食べ物の価格でよく見るのは、200ペソから250ペソですが日本円でほぼ500円くらいなので毎日通っていると、そこそこな出費です。 ▲なんとなくいつもより野菜が少ない日もあります そういうことを考えても、クオリティの差が時々あるものの栄養バランスが考えられている寮の食事はむしろ合理的だと思ってます。 個人的な考えとしては、日本人はもともと舌が肥えてるので、日本クオリティーを求めずにある程度の妥協が必要かなとは考えていたりします。それも含めていい経験になるので、私はわりと楽しんでいます。 もし、「どうしても無理!!カップ麺のほうがマシ!!」と思うようなことがあれば近くのショッピングモールで買い置きしておくと良いでしょう。おおよそ一つ100円しないくらいで購入できます。お湯も寮内のウォーターサーバーから調達できます。 ほかにも、ヨーグルトなどもおすすめです。寮の個室には冷蔵庫があるので冷蔵保存は可能ですし、小さいけどキッチンもあるので料理器具を持ち込みで料理するのは可能です。 ## それでも足りないものが「食物繊維」 寮の食事で野菜を多めに摂っていても、食物繊維は足りていない体感があります。私は常時デキストリン(粉の食物繊維)を飲んでいたので、そのままフィリピンへ持ち込んだのですがフィリピンでは買えないような気はしています。 代わりに、ヤクルトが売られているので定期的にヤクルトを飲むのもいいかもしれません。もしくは漢方や下剤を持ち込むと便秘対策もできると思います。 フィリピンのお店…特に外に出ているようなお店やショッピングモール内の出店のような通路に小さくぽつんと構えたお店では、時々不衛生なお水が使われた氷などに当たることがあります。 私達外国人の場合、病気にかかると治療費が高額になるので出発前には保険を見直しておくことをおすすめします。あと、フィリピンの病院はすごく長い時間待ち時間があります。下手に衛生管理の行き届いてなさそうなものは摂取しないのが安全です。 ## 私の健康管理について ▲辛めのスープとツナサラダ、炒めものと和え物(この日は全体的に絡めの味付けが多い日でした) 現在ダイエット中の私は、食事を抜く量が多いのでビタミン剤を飲んでいます。フィリピンではサプリメントも日本と変わらない価格で高品質なものが買えるお店もあります。 CELLA UNI校では、門限が厳しく常に共同生活で長時間の学習をするため、悪く言い換えるとストレスの溜まりやすい環境です。楽しんでいるので、ストレスを感じている自覚はないですが疲れをためないためにストレス管理として意識していることがあります。 外に友達を作ること、週一回のマッサージに行くこと、放課後はカフェで集中的に勉強することです。校内に友達を作るのも、先生と仲良くなるのも大切ですが、外で友達を作ってみるのも同じくらい大切だと思っています。 […]

>> More

セブ | CELLA UNI
語学留学3週目で気づいた「授業の受け方」

語学留学3週目で気づいた「授業の受け方」 こんにちは、最近「授業の受け方」に気づいたかもしれないと悟りを開いています。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 今まで何度も伝えてきたことですが…私はもう本当に英語が苦手です。留学前に英語を使う仕事にも関わっていたので、耐性はあるのですが切り返すだけの英語力がありません。 相手の言っていることは大体わかる、でも伝えるのが全然ダメだったり、難しい話になるとついていけない。話すトピックが仕事ならまだわかるけど、日常会話はボロッボロです。 ## いままでの私の環境 私は英語が本当にダメダメですが、留学前からシェアハウスに住んでいたことやマニラで働いてことなどもあって「英語に対しての抵抗心」ははありません。 それでも、リスニングの細かいニュアンスの理解や瞬時に返す瞬発力がないため、スピーキングは特に苦手です。焦らずゆっくり読んでもいい場合ならリーディングは少しマシですが、むずかしい文法になってくると苦戦します。ライティングに関しては、仕事で使うスキルなので…ほかに比べて、少しマシ程度のレベルでした。そんな私にとって、はTOEIC高得点なんて遠い世界の話のように思っています。 シェアハウスに住んでいた時のハウスメイトはヨーロピアンが中心でした。加えて、英語の堪能なアジア人の女性も数名いました。私のルームメイトがオーストラリアの人だったこともあり、一日中英語しか使えない中に居ることには対して苦痛は感じません。 シェアハウスの環境は、私にとって一番最初の「英語漬け」の環境でした。 最初は疲れたりもしましたが、、相手も同じ人間なので…言語の壁はあっても、伝えようとすれば聞いてくれる。わからないことも聞き返せばいい。。最悪、Google翻訳で意思疎通は取れるということを、体験しました。 CELLA UNI校へ留学して感じるのは、それは学校の中でも同じだということ。言語の壁による不自由さへ向き合う態度そのものは、、慣れに関して学校内でも起こる同じことが起きる問題と考えています。 ## 留学前に私が意識していたこと 仕事で悔しい思いをして以来、「今の自分でもできること」から始めようと小さなことを積み重ねていました。シェアハウスに住んでいた理由も、「留学の効果がある程度出ると思われる時点」まで自分のレベルを上げるつもりでいたからです。 仕事もそのため、英語を使える仕事を好んで選んできました。すこしずつではあるものの勉強もしていました。 それでも…スピーキングは苦手。読んでいる英語の量も足りない。文章を組み立てる能力がそもそも低いと、その頃から悩んでいました。 文法のおさらいからはじめて、「話すことに対しての恐怖心」をなくすために、スカイプ英会話を数回受けたりもしました。 それでも、あまり英語力は伸びていないのですが…それらを差し引きしても、できることを少しでもしてから留学に来たのは良かったと感じています。簡単なやり取りは出来るようになったことと、リスニング慣れをしたことで英語に対しての抵抗もなくなりました。 ただ、今回の留学はもう少し後でもよかったかも?と感じることもあります。ある程度の文法とボキャブラリーが足りないと授業を受けるのすら難しいため、日本にいる間に頭に入れてから留学へ行くことは強くお勧めします。 ## 留学が必要になるタイミング 効果的に学ぶことには、段階や方法が存在していると私は考えています。 今回の私のような場合では、「英語に慣れる」ことは必要ありません。しかし、「英語を話す」ことは必要でした。ただ、この辺りの判断は難しいなとも感じています。 文法とボキャブラリーをもっと学んでから来たらよかった」と先に言ったことに反しますが、文法をいつまでも勉強しても「使わないもの」を覚えられることもなければ、モチベーションが上がることもありません。「話す」ことだけにフォーカスするのであれば、文法の理解がほどほどでも単語さえ分かっていれば相手との意思疎通は可能です。 知識は頭に入れただけでは使えません。もう一度、外へと出すアウトプットは必要になります。留学前にその機会を作るためには、シェアハウスに住むことのほかに英会話カフェやスカイプ英会話などを利用することで代用可能です。 私が留学に踏み切ったのは、仕事の事情によりシェアハウスを出てからモチベーションが低下してきたのを感じていたこと、仕事が忙しくて英語を学ぶほどの余裕が取れなくなってきたことです。 単純に仕事が忙しいのもありますが、私の場合は自分の仕事がとても好きなので…日本に居るとどうしても仕事を優先してしまいます。英語が話せなくても、日本で過ごすのには困らないためどこか本気になれずにいたのだと思います。そのため、少し早い気はしつつも留学を決めました。 正直なところ、留学に来たからといってなにかが変わるわけではありません。効果は本人の学ぶ姿勢に影響されます。 「遊びながら、ちょっと語学留学」であれば、ここまで気負うこともありません。しかし、多くの社会人の場合はなにかしらの目的や目標があって留学を決めるはずです。貴重な時間とお金を使っての留学となることでしょう。 貴重な時間とお金を無駄にしないために、留学が必要になるタイミングやご自身の現在のレベルにも意識を向けながら検討してみて欲しいです。 ## 学校での勉強内容と現段階の感想 グループクラスを含めて8つのレッスンを受けていますが、話すのが苦手な私の授業カリキュラムは、スピーキングがメインです。 スピーキングのマンツーマンレッスンを2クラス、リーディングの授業を2クラス。合わせて4クラスの、この時間が最もよく話します。 スピーキングでは簡単な質問や文章を組み立てて、話すことをトレーニングしています。リーディングでは、教科書に書かれた英語のショートストーリーを読み上げていきます。 まだ、2週間目が終わったばかりなので見違えるような結果が出たわけではありませんが「話せるようになってきた」というのが現段階での感想です。 到着当初の英語力ではタクシーのドライバーさんと雑談することすら難しかったですが…現在では雑談する程度にはコミュニケーションが取れています。お店に入っての店員さんとの会話も同様です。 学校外で友達を作って、出かける約束をしたりとフィリピンでの生活で「不便しない」から「楽しむことができる」程度にもなりました。とはいえ、まだ不安なことも多いです。 たとえば、想定できる状況に対しては対応できますが…アクシデントなどが起きた際の対応には自信がないので、危険なことは控えています。 来週の目標はジプニーに一人で乗っても怖くない程度の英語力をつけることです。ジプニーをうまく活用できると移動も安くつくので、乗り方などもまた次回にご紹介します。 ## スピーキングとリーディング以外のクラス スピーキングとリーディングクラス以外では、リスニングとライティングのクラス、グループクラスがあります。 リスニングの先生の教え方はとても上手く「リスニングに必要なのはコレとコレ。意識して聞くようにしてみて」とリスニングのポイントを教えてくれます。悩んでもわからないことに時間を割いたりせずに「あと一回、聞いてわからなかったら答えを言うわ」と答えとわかりやすく示してくれ、無駄のない授業をしてくれます。 ライティングでは、普段仕事で意識する情報設計のような話をします。エッセイの構成の仕方、まとめ方のようにテクニカルな勉強がメインです。私の文法が所々おかしいので、私の場合は文法の話になりがちです。最近では毎日英語の日記をつけているので、日記を先生に添削してもらっています。 グループクラスは先生がテーマや内容を決めて授業を作っているので、テキストブックを使用しません。Youtubeを見てオピニオンを話すネイティブの先生が担当するクラスもありますし、発音を矯正してくれる先生もいます。レベルも様々で、グループクラスでは自然と友達もできます。 私の場合においては、グループクラスを何度か変更してもらったりもしたのですが…あまり効果を感じられないなと感じています。最初はレベルが低すぎて変更してもらったけど、次はレベルが高くなりすぎてついていけずと、受け方がへたくそなのだと感じています。 現在はグループクラスを自習時間へと一時的に変更しています。グループクラスでは、全員のレベルに合わせて授業が進むので、私の理解度が低いがために進行を止めるわけにもいかず、時間の使い方を変えました。現在は、グループクラスに戻るのもひとつの課題としてます。 感じている問題としては、きちんとレスポンスをしきれないで授業の進行を止めてしまいがちなので、スピーキングが足りないなと自覚しています。様子を見ながら、復帰しようと考えながら勉強を進めています。 「グループクラスは効果が薄い」という話は、私が留学する前からよく聞きました。ただ、これは少し違うような気がしています。正確には、「効果が感じられる受け方は難しい」ということです。ずっと自習時間にすることはできますが、グループクラスでは友達ができるので受けた方がいいと私は思っています。 […]

>> More

セブ | CELLA UNI
英語使用率90%のCELLA UNI校!先生と生徒たちについて

英語使用率90%のCELLA UNI校!先生と生徒たちについて こんにちは、日本人というだけで学校でレア人種扱いを受けています。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 ## CELLA UNI校の生徒について CELLA UNI校では、現在台湾人の比率が最も高く半数以上が台湾人です。現在、台湾で「フィリピン語学留学」がブームになっているようで多くの台湾人が毎週のように入学してきます。 ちょうど私の参加した日に生徒が30人以上入学してきたこともあり、現在の生徒数は60人程度と大変多いです。しかし、そのなかでも日本人は非常に少なく日本人サポーターを含めても5人程度です。そのため、ほとんどの場合…「日本人だよ」と言うと珍しい!レアだ!と返されます。 その人数の偏りから、ランチタイムなどは母国語も多く聞こえます。 グループクラスや普段のコミュニケーションは英語で行われ、私の感じている範囲ではみんな親切です。私のつたない英語でもコミュニケーションを取ってくれます。 また、CELLA UNI校ではグループクラスがあります。 グループクラス内では先生を中心にしてディスカッションが行われたり、発音に特化したクラスがあったりと授業内容に関してはさまざまです。授業中は全員英語で話しているので、仲間外れになるようなこともありません。 ## 学校側のサポート体制についてう 私はマンツーマンレッスンが6つ、グループクラスが2つの「Power Speaking 6」を受けています。 CELLA UNI校では、初日の実力テストの結果から先生を決めていきます。マンツーマンレッスン、グループクラス共に合わない場合は変更が可能です。 これはどこでも同じですが、基本的に講師の先生は10代や20代と若い方が多いので自ずと私たちの方は歳上にもなりがちです。教えるのに慣れてない新米の先生もいることでしょう。 フィリピンの文化と日本文化は違うので、先生が来ない(辞める)ということが起こることもあります。私はまだ体験してませんが、そういう関係もあって先生が入れ替わることもあるようです。 それ以外でも、「合わないな…」と感じたらサポートの方へ相談してください。親身に相談を聞いて、提案してくださることでしょう。私の場合は最初に割り振られたグループクラスがレベルや内容が合わず、変更してもらいました。加えて、リスニングの先生との相性が良くないのか…「わからないことを、聞き返しにくい」とも感じていたので先生を変えてもらいました。 CELLA UNI校では、変更に対して寛容に受け止めるように先生方に伝えているようで気まずくなることがないようにと配慮をしてくださっています。(しかし、先生たちも若いので正直こればかりは人に寄るかもしれません)大体は、こちらから明るく挨拶をすると返してくれます。 また、始業時間を守るようにと学校側できっちり伝えてあるため先生が遅れてくることもめったにありません。10分経っても生徒が来なければ帰っていいことになっているようなので、一番最後の授業(P10またはP11)では遅刻をしないようにしてください。自分が遅刻して先生が帰ってしまった場合は、学校側での保証ができません。 10分を過ぎて教室へ行った場合でもないにも関わらず、先生が来ない場合は5Fオフィスへ行ってください。代わりの先生を連れてきてくれます。先生が病気で休むなどイレギュラーが発生した場合も、代わりの先生が派遣されます。 先生との相性が悪い、先生が時間にルーズ、教え方が下手だと感じた場合は無理に我慢せずに先生を変えてもらっても問題ありません。 ## クラスの変更について クラスの変更を希望する場合、原則「木曜日までに」申請しなければなりません。木曜日までに申請して、適用されるのが翌週となります。 もし、金曜日に申請してしまうと翌々週となってしまうのでこちらもご注意ください。 クラスの変更は、先生の空き状態やグループクラスの内容などを考慮して変更申請を出します。「どの先生が教えるのがうまいか」などは生徒間で共有されていることもあるので、人気の先生は結構埋まってます。 マンツーマンレッスンを担当している先生で、お気に入りの先生ができてもマンツーマンレッスンの先生を重複指定することができません。これは、人気の先生の独占を避けるために学校側で禁止事項とされています。 お気に入りの先生のマンツーマンレッスンとグループクラスの両方を選択することは可能です。 ## 先生たちについて そんな先生たちですが…私の担当の先生は希望したこともあって、みんな陽気な人たちです。反対に、あまり陽気なのが苦手な人は真面目で大人しい先生も、テンションが高すぎるのは苦手そうな落ち着いた先生もいるので問題ありません。 先生ごとに教え方のレベルに多少差を感じますが、みんな熱心に教えてくれています。 先生たちいわく、「わからなかったら聞けばいいし、英語がきちんと話せなくても教えるために私たちがいるのだから恥ずかしがらないで話してほしい」とのことで、困った顔して黙り込んだり暗い顔をされると先生たちもすこし困ってしまうようでした。 「わからない」「それどういう意味?」「もう少し違う説明して」などと言えるといいですが、もし難しくても小首をかしげていたら説明してくれます。 この時に重たい空気を作らないことに、私は気を配っています。 普段からきちんと目を見て話をきくことや、よく笑って相手のジョークを聞いてあげていると先生たちもいい意味で自分のペースを保てるようです。 前述の通り、フィリピンの人たちはフレンドリーで明るい人が多いです。先生の大半が若いことも含めて、お話するが好きで脱線してしまうことが時々あります。正直、私たちは英語を学びに来ているので雑談ではなく授業をしてほしいことはあります。 こういう場合も、真面目に教えてくれる先生に変えてもらうことができるので必要であれば申し出てください。この辺りの判断はどうしても自己判断になります。 たとえば、英語に対しての抵抗心があるのであれば、雑談は有効かもしれませんし、合う合わないもあるのでこの辺りはご自身で判断するしかありません。 先生が生徒が英語に抵抗があると感じたら、英語が辛いとか憂鬱に感じないための配慮として雑談をしてくれている場合もあります。私は英語に対しての抵抗はなかったので、雑談ばかりになるのが嫌なときは「英語、教えてー!」と授業に戻してもらったりしています。どうしてほしいかを先生に伝えたら、大体のことは応えてくれます。私にとっては、雑談が多いかどうかだけでは先生を変えるほどの問題ではないかなと感じています。 ほかにも、マンツーマンレッスンはリーディング、ライティング、スピーキング、リスニングと分かれていますが厳密に先生の担当を決めて割り振っているわけではありません。先生ごとに、得手不得手もあるようです。もしかしたら、自分の教わっている教科は先生が不得意な場合も起こりえるかもしれません。 先生たちに直接聞いてもいいですが、いずれのような場合もサポーターに相談すると「リスニングを教えるのが得意な先生は○○」とおすすめの先生を紹介してくれます。変更に関しても親身に対応してくれます。 ご自身のレベル、目的によっておすすめの先生が変わるため、初日のテスト後に何度か授業を受けてみて「なんか違うな」と感じればサポーターへ直接相談してもらうことをおすすめします。 ## […]

>> More

セブ | CELLA UNI
フィリピンで体調を崩した!こんなときどうしたらいいの?

フィリピンで体調を崩した!こんなときどうしたらいいの? こんにちは、日々順調に英語が話せるようになってきて毎日ウキウキしながら勉強しています。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 …実は、やってしまいました。フィリピンで風邪をひきました。 フィリピンでは空気が悪いせいもあるのか、体調を崩しやすいと聞きます。留学中の学生や、滞在経験のある人と話していても一度は体調を崩した経験があるようでした。私たち日本人にとって、フィリピンはそれくらい体調を崩しやすい環境のようです。 ## 風邪の原因 フィリピンは基本的に野菜を取らない文化です。最近でこそ留学生向けの健康意識の高い店が増えましたが、それでも外食も気をつけなければ栄養は偏りがちです。CELLA UNI校の寮での食事は、野菜多めな韓国料理が中心なため寮の食事に関しては心配要らないです。 私の風邪の理由は外泊で水シャワーを浴びる日が続いた上に、ドライヤーを持っていない状態だったのためです。温かい国のフィリピンですが流石に風邪をひきました。むしろ、ひかないほうがおかしいような当然の流れですが…。 私のようなバカなことをしなくとも、風邪を引くことがあると思います。空気が違うことに加え、暑さと涼しい(室内は寒い)を繰り返して体調を崩すことは少なくありません。 ## フィリピンは基本水シャワー文化 フィリピンでは、お湯の出ない家も多く存在します。あと、よく故障もしています。故障してそのままにしているお家も普通にあります。 (もちろん、CELLA UNI校ではお湯が使えます!!) 金曜日と土曜日の夜は外泊が可能なため、ホテルやAirbnbを利用して外泊する際には注意しなければならないことです。 私はAirbnbを利用して外泊していたのですが、プール付きで水シャワーのみのお家にお邪魔していました。そしてドライヤーを持たずに来たので自然乾燥……今に至っています。 CELLA UNI校のお湯シャワーのありがたさをしみじみ感じました。ちなみにCELLA UNI校では故障しても、すぐに直してくれるのでご安心ください。 ヘアドライヤーやアイロンなどヘアケアのご紹介は女性なら気になると思いますが、それはまた次回に。 今回はフィリピンで風邪をひいたらどうすればいいのかをご紹介します。 ## 風邪ひいちゃったけど、どうすればいい? CELLA UNI校では駐在のナースが居ます。症状を伝えて薬をもらうことはできます。体調が悪ければ授業を休むこともできます。薬が必要であれば、日中に外へ買いに出ることもできます。これにはいずれも許可が必要です。 学校内に常備している薬であれば貰えるのですが、自分で薬を調達する必要もでてくるでしょう。今回はそのフィリピンでの薬の種類や買い方をご紹介します。 ## まず最初に、フィリピンの風邪薬を知ろう! ・総合風邪薬 Bioflu(バイオフル) 鼻詰まり、鼻水、くしゃみ、涙目、頭痛、倦怠感、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、咳、痰、発熱に効く総合風邪薬です。 それほど強い薬ではないのですが、長く服用すると効きにくくなるため風邪っぽいときのみの使用をおすすめします。また、眠くなる成分が入っているので服用のタイミングをコントロールして下さい。 ・鼻風邪に効く Neozep(ネオゼップ) 鼻詰まり、鼻水、くしゃみ、涙目、頭痛、倦怠感、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、咳、痰、発熱とバイオフルに近いですが、バイオフルより鼻風邪への効果が高いです。こちらも眠気を誘うので要注意。 ・喉に効く Strepsils(ストレプシルズ) 殺菌効果があるのど飴で、トローチのようなものです。ビタミン入りのものや、フレイバーの種類が多いです。2-4時間おきに服用します。 CELLA UNI校のナースにはCoolをすすめられました。「フレイバー入りのは甘いからダメ!」だそうです。 ## 薬の買い方 フィリピンでは処方箋がなくとも薬が買えます。薬局、コンビニ、売店、サリサリストア(色々売ってる路上のローカルストア)で購入することができます。 何がほしいのか聞かれるので、自分で症状を自覚している必要があります。薬の名前を事前に調べてから行くほうが間違いないです。CELLA UNI校に関しては、ナースの診断を受けたあとであれば薬名を書いて渡してくれます。 いずれも、「XX(薬名), Please.」と伝えれば1錠からでも購入が可能です。 何日分ほしいのかを伝えれば、必要な錠数を売ってくれます。1錠10円から20円くらいです。 海外の薬は日本の薬より強いですが、フィリピンも例外ではなく多少強い程度には日本のものより強いです。そのため、飲んだ日は安静にしていることをおすすめします。というよりも眠くなってしまいます。 薬の効きやすさなどは体質にも寄るので、国内から多少は薬を持ち込んで置いた方がいいかもしれません。フィリピンでも日本の薬は「町家マート」で購入可能ですが、日本の倍くらいの価格です。 今回、風邪を引いたときに取った行動はひきはじめに「日本の薬」を使用して治らず3日かけて悪化し、ナースに診断して貰って「フィリピンの薬」を使用してから1日で良くなりました。とはいえ、執筆時点でまだ完治はしていないのですが。 […]

>> More

セブ | CELLA UNI
~CELLA UNI校での生活や施設紹介~

こんにちは、フィリピンのWifi環境に苦労しています…。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 今回は、改めてCELLA UNI校の施設を紹介をします。 2017年にできたばかりのCELLA UNI校は、できたてなので清潔感があってきれいです。また、清掃も常に学校側で行っており勉強に集中できる環境ができあがっています。 フロアマップは以下の通り。 1Fが銀行で、2FがSPA、食堂、ランドリーです。3F、4Fと性別ごとにフロアが分かれていて、5Fがオフィスと教室です。6F、7Fにも教室があり、7Fには自習室があります。さらに上へと上がると(ROOFTOP:8F)、トレーニングスペースや売店があります。 ## 部屋 私の4人部屋では、ベットが横並びで4つ。机が4つ。クローゼットが4つ用意されており、一人ひとつ割り振られます。 部屋の中に、小さなキッチンとシャワールーム、トイレと洗面台が設置されています。 冷蔵庫とエアコン、私の部屋にはデスク・ベッドライトもありました。 しかし、Wifiは7Fと8Fしか飛んでいないため個室には届いていません。CELLA UNI校ではSIMカードの貸出、Wifiルーターの貸出も行っています。自分で買って設定するほうが安あがりではあるとは思いますが、設定など苦手であればCELLA UNI校から借りてもいいでしょう。 ## 共有スペース 7Fには自習室があります。日中の自習に関しては自習室を利用しています。クーラーの効いた部屋で静か。集中できる場所です。もしかすると、時によってちょっと寒いかもしれません。 また、8Fにはトレーニングルームと共有スペース、売店があります。放課後は8Fが賑わっています。 お水は施設内のどのフロアにもウォーターサーバーが用意されていて、支給されたボトルを使用して水を持ち歩いています。水を汲んで持ち歩くという場面は、施設の外でもよく見られるほどフィリピンではよくあるスタイルです。 洗濯に関しては、kg換算でランドリーで洗います。2日後くらいに取りに行きます。洗って、乾燥して、折り畳まれた状態になって手元に戻ってきます。洗濯がキライなのでとても幸せです。混み合っていると時々使えないこともあります。 ## 食堂と食事について 食事に関しては、朝昼夜と食堂で食事が用意されています。時間が決まっているので、決まった時間に開放されている間に食事を取り行きます。ちなみに、この時間に食事を取りそこねると次の時間まで食べられないので注意してください。 しかし、ランチは早すぎても混むので30分経ったくらいが人の引くグッドタイミングです。いつもその時間を狙って食堂に行っています。 食事の内容は野菜が多めの韓国料理が基本で時々スパゲッティやカレー、ベトナム料理、ハンバーガーなどが出ます。 夜は外へ食べに出ることもできますが、朝昼は外出禁止時間のため外出はできません。日中に必要なものがあれば、夜のうちに買って置くことを強くおすすめします。 ## Wifi環境 正直なところ、Wifiはお世辞にも快適とは言えませんでした。共有スペースでの動画視聴はまず不可能なレベルです。 動画の再生に必要なのは1.5-3Mbps程度ですが、時間帯にもよりますが7FのWifiは50Kbpsです。4Kのストリーミングではもっと必要なのであくまでも目安ですが…共有のWifiは調べ物ができる程度と考えたほうがいいです。 どちらにせよ必要になるので、学校からSIMやWifiルーターを借りて対応することをおすすめします。(学校ではGlobeのSIMを貸し出しています)私の使用しているものは、私物のWifiルーターとGlobeのSIMですが、この組み合わせを使用して7Fで測ると速度は10Mbpsでした。 私の体感では階数が高くなるほどWifiを拾いにくく、マンツーマンレッスン中に部屋の中にいる時も同じように電波を拾いにくい印象です。多少の諦めは必要かも…。 フィリピン全体に言えることなのですが、Wifi環境がよくありません。 私は仕事上、Wifi環境が確保できないと困るので場所を移動することで対処しています。ネットサーフィン程度であれば利用可能な電波は捕まりますが、動画視聴は安定しないこともあり重く感じがちです。 どうしてもWifi環境が必要なのであれば、カフェやホテルのラウンジなどほかの施設内での利用をおすすめします。このあたりもいずれご紹介します。 ## タイムスケジュール 私の生活に置き換えて、この環境をどのように快適に過ごしているかを説明します。 朝食をとらない派なので、そのままレッスンを受けて自習時間も含めた午前中はお昼まで勉強しています。ランチは12:00から開始ですが、その時間帯が最も混むため、12:30以降に食堂へ行くことにしています。私の部屋は4人部屋なのですが、仲が良いので自然とみんな部屋に帰ってきてから全員でお昼に行っています。 午後から夕方までレッスンを受けて食堂で夕食を済ませたら、そのまま外へ出て門限までカフェで勉強しています。 もし必要なものがあれば、この時間に購入して日中の外出禁止を考慮して行動しています。近場で手に入らないものは週末にアヤラモールやSMモールまで行った際に購入します。 門限は、翌日に授業のある日は22時まで。休みの前の日は24時が門限です。休み期間中は外泊が可能なので、木曜日までに外泊申請を書いておくと実質休み前の日は門限がなくなります。 破るとワーニングが与えられます。ワーニングが貯まるとキックアウトを受けて強制退学となりますので注意してください。 ## Wifiのほかにも注意しておくこと。 そもそもPCとスマートフォン向けのサイトでは、スマートフォンの方がデータ容量を軽くするように作られています。そのため、自室ではPCを原則使用しないことにしています。(PCでインターネットを観覧すると容量を消費するため) Wifiの他にもいくつか注意しておかないといけないことがあります。 寮に備え付けのドライヤーなどはありません。持参するか購入する必要があります。 コンセントの数が少ないこともあり、よく電源を必要とするのであればなにかしらの工夫は必要です。 日本から持ってきた方がいいものとフィリピンで買えるものはまた後日、紹介します。 また、フィリピンではトイレにトイレットペーパーは常備されていません。日中にトイレットペーパーが切れてしまわないように、常時買い置きしておくこと必要もあります。 ## さいごに いかがでしょうか? CELLA UNI校はセミスパルタの学校です。しっかり学び、英語を身に付けたい人にはとてもいい環境だと日々感じます。 […]

>> More

セブ | CELLA UNI
セブで移動はどうしているの?予算はどのくらいかかるの?

セブで移動はどうしているの?予算はどのくらいかかるの? こんにちは、最近ひとりでジプニーに乗れるようになりました。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 とりあえず、「ジプニーってなに?」と思った方に説明するとフィリピンのローカルな乗合バスです、フィリピンでの移動は基本自動車でタクシーやジプニー、バイクが主な交通手段となります。そのため、フィリピンでは渋滞も結構な頻度で起きます……。 今回は、フィリピンでの主な移動手段と方法、それぞれのメリットなどをご紹介します。 ## 「Grab」安全度 ★★★★★ まず、はじめに「Grab」です。 GrabはUberと同じようなサービスで、簡単に説明するとタクシーや車を呼んで目的地まで移動することができるサービスです。 少し前まではフィリピンでもUberが使えたのですが、規制などの問題があり現在はGrabだけとなります。 Grabのメリットは3つあります。 ・英語が話せないでも使える ・確実に車が捕まる ・ぼったくられない(危険に巻き込まれにくい) Grabはドライバーごとに面接を行い、面接に通ったドライバーだけが登録できるシステムです。車種や車のナンバーなどを登録し、利用客のレビューで評価が決まるため、悪いことが起きにくいシステムで運用されています。 さらに、Grabではピックアップ場所と目的地を選択してドライバーを呼ぶだけで希望の場所まで連れて行ってくれます。 フィリピンのGrabには3種類あります。 ・Grabタクシー ・Grabカー(レビュー6★以上) ・Grabカー 値段も違います。ドライバーさんから聞いた話だと、土日は少し値段が上がるのだそうです。 フィリピンにはもともと、UberとGrab両方のサービスが利用されていましたがUberやGrabが一般的に広く利用される事によって、タクシーの利用にも影響が起こるという社会現象が起こりました。 既存の規制を回避しているUberに既存のタクシー業界からの不満が大きく営業停止令が出たこともありました。現在ではフィリピン事業のマーケットをGrabに譲渡することで合意されており、Uberはフィリピンから撤退しました。 UberやGrabの利用客が多かったのは、タクシーのドライバーが料金をぼったくることなどの危険性、また事故の発生率もUberやGrabの方が少なく安全であったためです。 現在、Grabではタクシーも登録できるシステムなので「Grabタクシー」を呼ぶこともできます。このような背景があるため、Grabのドライバーの質は「Grabカー(レビュー6★以上)」が一番サービスの質がいいです。 1.Grabカー(レビュー6★以上) 2.Grabカー 3.Grabタクシー 以上の順でサービスがいいと感じています。 英語が話せるようになってくると、道中は話すトレーニングにもなります。日本人だとわかると、とてもフレンドリーに話しかけてくることが多いのと友達になれる確率も高いです。 私は土日しか遠出もできない都合上、そこまでするのが面倒くさくてしてませんが…交渉次第で専属ドライバー契約もできるでしょうし、「出かけるときは毎回呼んでよ」と言ってくれる人も多いです。 気遣うので私はダメでしたが、金曜日の夜など車の捕まらないタイミングや遠出をしたいときには心強いので、そういうお付き合いもいいかもしれません。 ## 「タクシー」手軽度 ★★★★★ フィリピンでは、タクシーがかなりの数走っているので簡単に捕まります。Grabよりも安いです。(ぼったくられなければ) ただ、前述のような問題があり下手にジプニーに乗るより厄介だと個人的には考えているので大人数での移動や緊急時でもなければ私は使いません。ただ本当にどこにでも走ってます。 タクシーにもGrabにも言えることですが、大きなお札は彼らに嫌われます。忘れることや持ち合わせがないときに、現金で支払うと時々に「おつりない」とか言われます。また嫌な顔されることもあります…。 1000ペソの場合はよく起こるので注意して下さい。(1000ペソ=私たちにとっての一万円)普段からお札を崩して持っておく習慣付けておくことをおすすめします。 ## 「ジプニー」コストパフォーマンス ★★★★★ ジプニーの魅力は安さと本数の多さです。CELLA UNI校の前を数分単位で通ります。 ジプニーは番号ごとに走るルートが決まっています。乗りたい番号のジプニーが見えたら、手を上げて止めます。ジプニーレベル初級の私は遠巻きにはよくわからないのですが、ジプニーレベルが超人れべるに至っている私のルームメイトは見分けがついているので、日々使い続けているとどうも見分けられるようになるみたいです。 ジプニーが止まると、中へ乗り込みます。結構ぎゅうぎゅう詰めに乗っていることも珍しくありません。「詰めてー」って言えば、乗る場所を作り出してくれたりします。 ただ、このような密度なのでスリなどには気をつけてください。私はまだ出会ったこともありませんが、多いとは聞いています。常にバッグは前で抱えるようにして高額なiPhoneなどは、ジプニー内では取り出さないなどの気遣いをしている方が安全でしょう。(私は、一見iPhoneに見えないケースを使っていたりとわかりにくいので取り出していることもあります。) 行き先を告げて、お金を渡します。行先によって違うようなのですが、もうよくわからないので常に8ペソ渡しています。お札も20ペソなら受け取っておつりもくれますが、あまり大きなお金だと受け取ってもらえないようなので崩して持っておく習慣を付けておくほうがいいでしょう。 アバウトに8ペソ渡していますが、今の所なにか言われたことはありません。運転席、もしくはいちばん後ろに乗っている人にお金を渡しますが、このとき自分の座っている位置から遠ければ、ほかの人にバケツリレー方式でお金を渡してもらうのが基本です。 私のルームメイトは道を覚えるほど日常的に乗っているので、降りる場所がわかっているのですが…私一人で乗る場合はマップを見ながら場所を確認するようにしています。降りるタイミングになったら、ジプニーの天井を叩きます。もしくは、コインで鉄の棒を叩きます。運転手に声をかけても止まってくれます。 下手にタクシーに乗るよりも安全で、移動も格安なのでうまく活用できるとこちらでの節約になることでしょう。一人で乗るのは怖いなら、友達と乗ってもいいと思います。折角なので、フィリピンに来たらぜひ一度チャレンジしてみて下さい。 ## […]

>> More

セブ | CELLA UNI
CELLA UNIの実際の授業内容ってどんな感じ?

CELLA UNIの実際の授業内容ってどんな感じ? こんにちは、英語の簡易テストのスコアが上がったことでテンションが上っています。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 今日は私の進捗具合と、選んだコースなどの詳細をご紹介していきます。 ## CELLA UNI校の授業コース CELLA UNI校にはさまざまなコースがあります。 ・Power Speaking 4 ・Power Speaking 6 ・Power Speaking 7 ・Expresser 1, 2 (1~2週留学) ・TOEIC Preparation ・IELTS Preparation ・IELTS Intensive, IELTS 点数保証 ・ACE 客室乗務員CA準備英語 ・TESOL ▶各コースの詳細はこちら 私が受けているのは、「Power Speaking 6」です。 マンツーマンレッスンが6、グループクラスが2つです。 授業は8時から始まります。45分毎を1コマとして、授業間は5分の休憩があります。P1からP10を基本のクラスとして、P11がTOEICコース受講中の生徒で希望者のみのアテンドクラスとして扱われています。 しかし、私はP11にも授業があるのでこのあたりは兼ね合いが少しあるようです。私はPower Speaking 6なのであまり関係ありませんが、TOEICコースの方は希望すればマンツーマンレッスンを1コマ増やせます。 12時からお昼時間のため、1時間の休憩が入ります。さらに、P10まで授業のある生徒は自習時間が2コマあります。私の場合は、P11まで繰り越しているので自習時間は3つ含まれています。 このあたりも、もしスケジュールのバランスが気に入らなかったらクラスを変更することで調節可能です。 ## 授業内容 授業内容は初日の実力テストの内容によって決まります。私の場合は苦手分野のクラスを多めに組んでくれていましたが、これも先生と話し合うなどすれば変更できます。 授業内容は、一応テキストブックがあるのですが先生によって進め方は異なります。これは良い意味と悪い意味の2つがあって、私たちのレベルに合わせて組み直してくれたり、飽きないようにと工夫してくれたり、先生たちも色々考えながら授業を進めてくれています。悪い意味だと、先生たちも同じような内容を教えてるので飽きてくるのかおしゃべりに脱線しがちです。このあたりは、前回触れたので前の記事を読んでみてください。 SpeakingとReadingが2クラス、ListeningとWritingが1クラスの6コースに、私の意志で変更したり出たり出なかったりを繰り返している変動の激しいグループクラスの2クラスが私の授業内容です。 午前中はグループクラス、Reading、Speaking、Listeningの4クラスを受けています。グループクラスにも様々な内容があり、ディスカッションを主にしたクラスもあれば発音に重きをおいているクラスもあります。レベル感も様々なので、いろいろ試してみるといいかもしれません。 Readingは文章を私が読み上げて発音の矯正や、ストーリーの内容を自分の言葉で説明し直したりしています。このときに、イディオムの勉強も含まれるのですが、イディオムの微妙な表現を英語でされても受け取りきれるだけの英語力がないので、私は事前に全て意味を知らべています。 Speakingは簡単な質問にお互いが答えたり、決められたテーマに沿って話したりしています。私はもともとSpeakingが全然だったので、話す量を増やすように心がけ、相手に聞き返せるだけの英語力をつけようと意識しています。 […]

>> More

セブ | EV Academy
IELTSコースの一日の流れと授業内容について

IELTSコースの一日の流れと授業内容について 皆さんこんにちは!!学生レポーターのMANONです。 留学も2週間目を迎えだんだんとフィリピンでの留学生活にも慣れてきました。滞在期間が短い為、1日1日の授業を大切にしなくてはと思っている今日この頃です。今日は皆さんに私のEV AcademyでのIELTS生徒としての1日の流れを紹介したいと思います!! *IELTSの生徒は毎週木曜日にプレテストがあるのでそのテストに向けて月曜日から水曜日まで勉強し、木曜日にテストを受けます。そして金曜日に結果を見ながらフィードバックを受けます。 [平日の1日の流れ] 7:00 起床 (朝食7:00~8:00) 朝ごはんを食べて、その後準備や復習など授業に備えます。 ・1〜4限、午前がマンツーマンクラスです。(生徒によっては1〜4限がグループクラスの人もいます) 8:00~8:55 1限目 Writing 木曜日のプレテストのテーマに合わせてTask1の図表を読み取る問題の書き方のコツを教えてもらいながらライティングの練習をします。Task1の中でも難易度が高い問題(図表が通常1個の所が2個の問題やダイアグラムの問題など)が毎回出題されるので難しくてなかなか書き進められないこともあります。そんな中、先生は書き方に関する実践的な知識を幅広く毎回シェアしてくれるので助かっています。また授業の初回にIELTSライティングに役立つ冊子(下記写真)を配られ、そこには言い回し表現やテンプレが沢山掲載されていていつも書き方に困った時に助かっています。宿題はほぼ毎日出されるので大変ですが、書くことがスコア向上のカギだと思うので頑張って書いています。 9:00~9:55 2限目 Speaking スピーキングも同様に木曜日のテストに向けた対策をしています。スピーキングに対しても毎週テーマがあり、テクノロジー・サイエンス、教育、健康など出題された時に受験者が苦戦してしまう様なテーマが毎週出題されます。木曜日のテスト後に次の週のテストに向けたテーマに関わるボキャブラリーや質問例、サンプルアンサーが配られる(下記写真)のでテストを受けるまでに先生とディスカッションしたり自分でテーマについて考えたりする時間が与えられます。また授業では本番同様にPart1~3まで通して練習することもあります。 その他にも自分の弱みだと思う点を言えば先生が親身になってサポートしてくれます。私の場合はプレテストの結果、発音の向上が必要だと思ったので発音の対策も頻繁にしています。IELTSテストでは、発音も4項目の評価基準の1つとなっているので、スピーキングの先生は常に発音について指摘してくれます。私は特に“th”の発音が苦手だったのですが大分良くなってきました。 10:00~10:55 3限目 Reading テキストかプリントをもらって、問題を解いてから丸付けをしてその後フィードバックをもらう形です。先生は読み方のテクニックなどを教えてくれます。私はリーディングが苦手でミスが多いのですが、先生は粘り強く私がわかるまで何度も教えてくれて心強いです。間違えた箇所は先生が問題文に線を引いて、なぜ間違えたかなど分析して書き込んでくれるので復習にも役立ちます!! 11:00~11:55 4限目 Listening リスニングに関しては教材を使ってひたすら演習問題を解く形になっています。Part1~4まであるので1セクションずつ解いたら丸つけ、さらに間違えた問題とその理由を分析してからもう1度聞き直すという形になっています。どうしても、スペルミスや単複の部分でケアレスミスがまだ多いです。先生は自分では気がつかない弱点などを指摘してくれます。 12:00~1:00 昼ご飯、昼休み 昼ごはんを食べた後は部屋に帰って午後の授業に備えて仮眠を取ったりしています。 ・5〜8限、午後がグループクラスです。(生徒によっては午後がマンツーマンクラスの人もいます) 私の在籍して居るグループクラスは7人で行われています(日本人1人、台湾人2人、韓国人1人、ベトナム人4人)。4クラスともメンバーは変わりません。現在IELTSの生徒は約40人居ますがベトナム人、台湾人が多いです。日本人は4人と少ないです。 1:00~1:55 5限目 Writing グループクラスではTask2の対策をしています。毎回宿題が出され書いてきた文章を授業中に先生が添削しフィードバックをもらいます。先生は多くの生徒の文章を添削してきているので、アドバイスが的確で自分の改善点や伸ばせる点が明確に分かります。また他にもテンプレや使い回しが効くパラフレーズの表などを配布してくれるので「こう書いたら良いんだ!!」ということや、「こういう表現の仕方もあるんだ!!」ということも勉強になります。 2:00~2:55 6限目 Reading リーディングは1通り問題を解いてから皆で丸付けをしていきます。その際に1人1人自分の答えを言っていかなければならないので少し緊張感があります。先生は問題のタイプ別に読み方や対策法を教えてくれるので、タイプの違う問題にもその問題にあった方法でアプローチしやすくなってきました。私は読むのが遅くて制限時間内に読み終わらないことが多かったので、スキャニングやスキミングのコツを教えてもらったことで少しは速度が上がって読みやすくなった気がします。 3:00~3:55 7限目 Speaking スピーキングは木曜日のテストに向けてテーマに関する知識を先生がシェアしてくれたり、ディベートをしたりします。Part2の2分間話す課題をクラスメイトの前で喋らなくてはいけないですが、程よい緊張感があって練習になります。またクラスメイトのことを客観的に見て真似できる点や、自分も気を付けなければならない点を見つけられます。 4:00~4:55 8限目 Listening リスニングは午前と同じく問題を解いて丸付けをし、その後もう1度聞き直すということの繰り返しです。セクションごとに解いていってしっかりと解説してくれます。特にPart3、4になってくると正答率が下がってくるので、その際には先生がどうやって答えを導き出すのか板書し、一々音声を止めながら丁寧に教えてくれます。 6:00~7:00 夜ご飯 いつも夜ご飯の時間は昼ご飯同様に混んでいます。 この時間帯に日によってはズンバやヨガ教室に参加することもあります。 7:00~ 自由時間 7:00〜からは自由時間になりますが、宿題などがあるのでそれを終わらせます。主にライティングとリーディングは毎日のように宿題があります。宿題は多いときは大変で24:00頃までかかる日もあります。また先生にもらった資料を元に予習をして、身につけた知識を次の授業から使えるように準備しています。 […]

>> More

セブ | EV Academy
フィリピン留学での食事と健康管理で気を付けなければいけない点について

フィリピン留学での食事と健康管理で気を付けなければいけない点について こんにちは!!学生レポーターのMANONです。 留学に来て2週目IELTSの難しさに日々直面して苦戦している毎日です。しかし1人で勉強しているとモチベーションも保ちづらいので、改めてフィリピン留学にきて恵まれた環境の中で勉強が出来て良かったなと改めて思っています。 さて今回は留学生活の中でも欠かせない大切な要素の1つ食事と健康管理について紹介したいと思います。 [食事について] 皆さんはフィリピンの語学学校のご飯にどんな印象を持っていますか? よくフィリピンの語学学校のご飯は韓国資本の学校が多く食事が辛くて日本人は食べられないということを耳にします。しかしEV Academyのご飯はそんなことないですよ!!各国の生徒さんが食べやすい様に工夫して作られています。 食事は3食月曜から日曜まで毎日提供されます。以前までは決められた食事を提供される形でしたが7月からビッフェ形式になったそうです。 長く滞在している生徒もビッフェ形式になってからより良くなったと言っていて評判がとても良いです。ビッフェ形式なので自分の苦手なものが出ても他のものが食べられるのは嬉しいですよね。 毎食美味しそうな食事が並んでいて私はいつも何を食べるか迷ってしまいます!! 日本人の生徒を含め各国の生徒が美味しいと言って食べていますよ。強いていえば少し脂っこい食べ物、揚げ物などが多いかなという印象があります。 しかし野菜も3食提供され、夜ご飯にはオレンジ・パイナップル・リンゴ・スイカなどのフルーツが毎日提供されるのでビタミン不足にもなりづらく栄養バランスの良い食事を食べられます。 海外留学に来るとどうしても普段とは異なった環境で体調を崩しやすくなるので、バランスが取れた食事を食べられるのは体調を管理する上で大きいと思います。実際食事のおかげでEV Academyで体調を崩している生徒はほとんど見かけません。 食堂は1Fのプールサイド横にあるのですが開放感があってとても気持ち良いです。皆ご飯の時間になると長蛇の列を作るので並ぶのが少し大変です。少し遅れて行った方が長蛇の列に並ぶことを回避できます!! ある日の1日の食事 〜朝ごはん〜(ご飯・パン両方提供されるので自分の好きな方を選べます) ・ご飯 ・レタス ・キムチ ・大根の甘酢漬け ・人参とレタスのスープ ・目玉焼き ・シリアル ・パイナップルジュース 〜昼ごはん〜 ・ハンバーガー(トマト、きゅうり、肉のパテ) ・フライドポテト ・ミートソーススパゲッティ ・タマゴスープ ・バナナ 〜夜ご飯〜 ・ご飯 ・牛肉とピーマンと人参の炒め物 ・大根と小松菜の炒め物 ・キムチ ・スイカ ・パイナップル ・オレンジ ・リンゴ ビッフェ形式なので全部は載せきれなかったのですが、他にも美味しそうな食事が毎日いっぱい提供されています。 [健康・衛生面について] 〜校内〜 EVは他のフィリピンの語学学校に比べて衛生面において特に問題はないと思います。 またジム・プール・ヨガ(毎週水曜日7:00~8:00・2部生)、ズンバ(毎週火、木曜日7:00~8:00・2部生)など身体を動かす機会も提供されているので運動不足にはなりづらいと思います。私自身、ヨガ教室に参加しましたが外部から先生がきて本格的なレッスンでとても良いエクササイズになりました。 また学校のウォータサーバの水を飲む際はボトルをこまめに洗浄して衛生的にしておいたほうが良いと思います。お腹を壊している人が多いので飲料水には特に注意を払った方が良いです。 〜校外〜 外出した際などにいくつか気をつけた方が良いことがあります!! 1つは路面店などでの飲食の購入は極力避けることです。路面店などのご飯は衛生面において日本とかなり異なります。 2つ目は、外出する際に虫刺されスプレーなど蚊除け対策をすることをおすすめします。時期にもよりますが雨季などは特にデング熱などが流行りやすいので最善の注意を払った方が良いです。万が一入院という最悪の状態になってしまってはせっかくの留学が台無しになってしまいます。 *EVには看護師が平日の8:00~17:00まで滞在しています。またドクターの訪問診療が 月曜日の13:00~からあります。申請方法は当日の10:00までにオフィスに申請し保険証を提出する形になっています。(ドクターの事情によりキャンセルにされる場合があるそうです。) 今回は食事と健康管理のことについて紹介しました。日本とは異なるフィリピンで留学中に健康を保つにはやはり食事や衛生環境は大切ですよね!!少しでも皆さんの役に立つ情報がシェアできていれば嬉しいです。 最後までご覧いただきありがとうございました!! […]

>> More

セブ | EV Academy
学校施設とインターネット環境について

学校施設とインターネット環境について みなさんこんにちは!!学生レポーターのMANONです。 フィリピン留学に来て1週間が経ちました。学校にも慣れてきて充実した留学生活を送れています。留学期間も残りの3週間と短いので、充実したものにしたいと考えています。さて今回は学校の施設やお部屋、Wi-fi事情について紹介したいなと思います。お部屋のことやWi-fi事情みなさんがフィリピンに留学する上で最も気になる点の1つだと思うので詳しく説明して行きたいと思います!! [ネット環境について] はじめにネット環境について。誰しもが気になるトピックだと思いますが、EV Academyでは入学時にEVのwi-fiに繋げるパスワードがもらえます。1週間1人3GBまで使えます。 ただし使える場所は1Fのみです。(稀に2Fからでも繋がることがあるそうです。) ちなみにエントランス、オフィス前、食堂、カフェテリア、プールサイド等主要な場所からは全て繋がりました。ただし時間帯や天気、使用状況によって繋がりにくい時があります!!(特に天気が悪い日、アクセスが集中している時など) 外出時、部屋などでも携帯を使用したい人はSIMカードを入れたほうが良いかもしれません。実際私も含めほとんどの人がSIMカードを使用しています。SIMカードは学校でも購入可能です。(携帯の機種によってはSIMを解除する必要があるかもしれませんので渡航前に要確認です。) [ドミトリーについて] EV Academyのお部屋は1〜4人部屋で選べるようになっています。ちなみに1番コスパが抑えられる4人部屋が1番人気のようです。(4人部屋は早いうちから予約でいっぱいになってしまうので、希望の方はなるべく早めに予約をとったほうが良いと思います。) ちなみに私は2人部屋を選択しました。ルームメートは韓国人の女の子で凄く優しいです。休み時間や寝る前などにお喋りしています。稀にルームメイトと気が合わない、生活リズムが合わないなどのトラブルがあるそうですが、申請して空きが出れば変えてもらえるようです。 EV Academyのドミトリーはフィリピン留学の学校の中で1番キレイなのではないかと思っています。というのも2017年の10月に新校舎になったばかりで本当にホテルみたいです。日本と同じような環境で勉強したいという人には最適な環境だと思います!! ・ベッド ベッドはすごく寝心地が良くて1日の疲れを取ることができます。またベッドの横に充電機がついているので携帯などがすぐ充電できるのも魅力的です。 ・デスク デスクは広々としていて2人同時に使用しても十分なスペースがあります。宿題をしたりするのにも十分なスペースで、教科書や化粧品など皆思い思いの物を置いています。 ・収納場所 収納場所もとても広くて充実しています。1人1つタンスが使えます。下には靴、上にはスーツケースが収納できるようになっています。タンスは洋服や雑貨などが悠々入るスペースがあるのですごく便利です。ここに全てのものが収納出来るので部屋の中は常に片付いていて快適です。 ・水回り お風呂とトイレは一緒でユニットバスになっています。ちなみにここ水回りに私のイチ押しポイントが2つあります。1つはトイレが水洗式な所です。EVは水洗式トイレなので普通にトイレットペーパーを流せます。他のフィリピンの語学学校はもちろんショッピングモールでさえ水洗式のトイレが少なくゴミ箱に紙を捨てるところが多いです。日頃と同じように衛生的なトイレをフィリピンで使えるのは日本人にとって嬉しいことですよね。もう1つの魅力はドライヤーが備え付けられていること。日本からドライヤーを持ってくるのはかさばるし、電圧が異なるということもあり得るので備え付けられていてありがたいです。 [施設について] ・プール プールは食堂とカフェテリアのサイドにあります。プールの中はライトアップされていて青色や紫色と色が変わり幻想的でとてもキレイです。平日はあまり泳いでいる人を見ませんが、週末になると遊んでいる人がたくさんいます。写真には写っていませんが、小さいプールもあります。 ・カフェテリア 学校内におしゃれなカフェが入っています。値段は80〜150ペソ(168〜314円)くらいです。カフェラテやシェイクなどがあり授業後など多くの生徒が訪れています。私はイチゴのスムージーとカモミールティーを飲みましたが、とても美味しかったです。日本のカフェと同じクオリティーでした!!生徒の中には毎日のように通っている人もいます。 ・ジム 学校の4Fにジムがあります。トレーニングするには最適な場所です。ランニングマシーン、ウエイト器具が1通り揃っています。混んでいないので自分の思うようにトレーニングができるのも嬉しいポイントです。部屋の道路側がガラス張りになっているので、トレーニングしながら外を見ることができます。ヨガマットやバランスボールも置いてあるのでストレッチや軽く体操するだけでも使用できます。 今回は部屋、施設などを中心に紹介させて頂きました。とても快適な学校だということが少しでも伝わっていたら嬉しいです。 また勉強施設などは別途授業紹介の時に、紹介したいと思います。 最後までご覧いただきありがとうございます。 フィリピン留学 EV Academy 学生レポーター MANON

>> More

セブ | EV Academy
留学を決めたきっかけとEV Academyを選んだ理由

留学を決めたきっかけとEV Academyを選んだ理由 こんにちは!!学生レポーターのMANONです。 東京都出身、横浜育ちの19歳です。現在は都内の専門学校に通っていて、学校では海外の大学進学に備え、IELTS対策と基礎教養科目を主に勉強しています。現在の英語レベルは英検2級、TOEIC650点程度とそんなに高くはありません。ただ英語でコミュニケーションを取るのは大好きです。 7月末から8月末までの1ヶ月間EV AcademyでIELTSセミスパルタコースを受講します。夏休みが1ヶ月しかないのですが少しでもIELTSの技能を伸ばしたいと思っています。私自身IELTSのバンドスコアの最終目標が6.5なのでそれに近づけけるように短い間ですが集中して勉強したいです。記事を通して少しでもフィリピン留学について知って頂ければ良いなと思います。よろしくお願いします!! 今回の記事では留学理由、フィルイングリッシュを選んだ理由、学校到着時から初日の流れなどを紹介したいと思います。 [留学理由・EV Academy を選んだ理由] フィリピンは集中して英語力をあげる留学場所に最適だと思ったからです。私自身昨年別のフィリピンの語学学校でESLコースを受講したのですが、英語への抵抗を払拭することができ、とても良い経験でした。またIELTSコースを受講することを考えた際にEV Academyの授業は1コマ55分(通常50分の所が多い)✖️8コマ(マンツーマン4コマ+グループ4コマ)とバランスも良く集中して4技能伸ばせる環境があると思ったからです。日本でIELTSの集中講座を受講するとなるとコマ数も少なく、高額になる為コストパフォーマンスの点はフィリピンが勝っていると考えました。また施設がキレイというのもEV Academyの魅力の1つでした。日本と同じような学習環境にフィリピンで身を置ける点もEVならではの魅力だと思います。 [フィルイングリッシュを選んだ理由] 私はゴールデンウィーク頃に留学に行くことを決めたのですが、その頃には夏のフィリピン留学は人気ということもあり人気校は予約を取ることが難しい状況でした。そんな状況の中インターネットで幾つかの評判が良い実績があるエージェントに連絡して学校選択をしていた際に、私の要望を聞いて学校の紹介やコンタクトなど一番迅速な対応をして下さったのがフィルイングリッシュでした。そのことからフィルイングリッシュなら安心して留学を成功させることができると確信してフィルイングリッシュを選びました。実際に渡航までにも細かいことなど質問した際の返信が迅速でとても助かりました。 [EVへの到着時] 学校へ到着した際の最初の印象はとにかくキレイでした。エントランスから清潔感があり、まるでホテルのようだなどいう印象を受けフィリピンの語学学校だということを忘れさせられるほどでした。入口の門がしっかりしていてガードマンも居るのでセキュリティーの面で心配することはないと思い安心しました。 また到着した際にウェルカムバックとオリエンテーションの紙を受け取りました。ウェルカムバックの中には1Fで使えるwi-fiのコードやスナックなどが入っていました。写真はウェルカムバックの中身と、EVのエントランスです。 [初日の動き] 初日はやることが多くて多忙な1日でした。 朝8時に1Fに集合して受講コースに関わらず1つの教室に集まりました。その後SSP(特別修学許可書)の必須事項を記入し、パスポート・Eチケットを回収されました。(その際にeチケット・パスポートは回収されてしまうので、コピーを1枚取っていた方が安心です!!)また1人1人English name(学校で使う名前。韓国人などの名前など呼びづらいので、名前を呼びやすくするために使うらしい)を決めました。 その後IELTSの生徒は2Fに移動しESLの生徒とは別れてレベルテストを行いました。レベルテストはIELTSの本番通りに4技能全て解いたのですごく疲れました。ただ初日からIELTSを解けるのは自分の実力確認の為にも良い機会だと思いました。 その後昼ごはんと休憩を挟んでオリエンテーションが行われました。オリエンテーションでは日本人マネージャーさんがEVのルールや生活について細かく説明してくれたのでEVでの生活がイメージしやすかったですよ。そしてその後はショッピングモールに両替と必需品などのショッピングをしにいきました。 *新入生の国籍比についてはっきりとは分かりませんでしたが、バッチメイト(入学日が一緒の生徒)は日本人、ベトナム人、韓国人、台湾人だいたい同じ位の人数でした。新入生自体が各国10人程居たのであまり他国の生徒と初日は話す機会がなかったです。 [授業初日の流れについて] IELTSの生徒のレベルテストの結果はテストの翌日に時間割と一緒に確認できました。バンド4.0以下の生徒はPre IELTSコース、4.0以上の生徒はIELTSコースに編成されます。 Pre IELTSコースの生徒の場合マンツーマンはIELTSの勉強をして、グループクラスはESLの生徒と一般の授業を受講します。IELTSコースの生徒の場合は8コマ全てIELTSの勉強です。 私はレベルテストの結果、IELTSコースを受講することになりました。午前はマンツーマンクラス、午後はグループクラスというシステムになっています。午前、午後とも4技能に1コマずつ触れられるのでバランスが良いカリキュラムだと思いました。IELTSコースは比較的台湾人の生徒が多いそうです。 長くなりましたが今回はこの辺までとさせて頂きます。まだ留学生活始まったばかりですが予想以上にハードな忙しい毎日です!!改めてこれから短い間ですが様々な情報をシェアいていきますのでよろしくお願いします。 最後までご覧いただきありがとうございます。 フィリピン留学EV Academy 学生レポーター MANON

>> More

セブ | CELLA UNI
フィリピンで快適に過ごすためのWifi環境との付き合い方

フィリピンで快適に過ごすためのWifi環境との付き合い方 こんにちは、フィリピンのWifi環境に苦労しています…。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 毎回ですが、Wifi環境に苦労しています。 今回はそんなWifi環境をどのように対策して、仕事もしながら留学しているのかを共有します。 ## 学校のWifi状況とWifiが必要な環境 現在、私はフリーで活動しているデザイナーです。お仕事の流れを一時的に止めたのですが、それでも継続で受けなければならないおしごとなどもあり「完全に全ての仕事がストップ」したわけではありません。 コンサルティングやテーチング系のお仕事を抱えている生徒さんや、企業さんに関しては現在もお仕事を請け負っています。 業務内容としては、デザインのチェックや資料作り、必要があれば制作も少し発生します。そのためファイルのやり取りや画像ファイルの表示、送信、アップロード作業も非常に多く、Adobeソフト(デザインに使用するソフト)の仕様の問題もあり、Wifi環境がなければできない作業などを多く抱えています。 音声通話は200Kほどあれば可能ですが、動画再生には1.5~3Mほどが望ましいです。そして、セブ島のWifiに関してですが、カフェなどの速度は4M程度が平均的です。 CELLA UNI校では7F、8Fに共有のWifiが存在していますが授業が終われば接続できなくなっていることや、みんなが繋げることもあり速度が50K程度なのでかなり重たく、ネットで調べ物するのがギリギリです。 ## フィリピンでも快適なWifi環境を作るために必要なもの 海外でWifi環境を構築するために必要なものは、SIMフリーの携帯やWifiルーターです。キャリア契約していてSIMロックを解除していない人はルーターが必要です。また、同時に何台も繋ぎたい私のような人もルーターが必要です。CELLA UNI校ではWifiルーターの貸出も行っています。 事前に用意してくるのも、もちろん結構です。SIMフリーの携帯やスマートフォン、Wifiルーターは入れ物でしかないので、通信するためにはSIMカードが必要になります。フィリピンで主流なのは、「Globe」と「Smart」です。 ▲右がCELLAのWifi(7F)、左が私のWifiルーターを使用した速度 私はGlobeを使用しているので、Globeを前提に紹介します。 Globeの場合、各種のプロモ(お得なプラン)が用意されています。GlobeのSIMカードを購入して、プリペイド式のカードを購入しSMSで購入したカードをチャージして希望のプランを購入します。 カードの裏面をコインで削り、SMS経由でチャージ、希望のプランを購入するのが大まかな流れです。わからなければ頼めば、店員さんが代わりにチャージや購入のような一連のアクティベート作業をしてくれます。カード自体はショッピングモールの他に、その辺の道にあるお店「サリサリストア」やコンビニでも購入できます。 プランは色々ありますが、一番お得なものは「SUPERSURF200」で5日間、毎日のデータ容量が800Mbまで使い放題で200ペソです。800Mbを過ぎると速度制限がかかります。「そんなに使用しないよ!5日毎のチャージ面倒だよ!」という方であれば、3Gなどお好みの容量分を購入すると購入日から1ヶ月間使用可能です。一ヶ月で使用しきれなかった場合でも、追加料金は発生しますが使用可能な日数を伸ばすこともできます。 寮内のWifiでは自室でWifiを使えないことや、外出中の緊急時なども心細いため必ず必要になるのではないかと思います。ただ、このようなもち歩けるWifi環境は重たいデータ(例えば、ビデオチャットや動画のダウンロードなど)には向きません。 ## データ容量を使用する作業をする場合の注意 データ容量を使用する作業をしたい時は、一番手軽なのはカフェに行くことです。CELLA UNI校近くにも私の入り浸っているカフェ「CELSO’s GRIB」がありますし、ショッピングモールでは1時間だけ利用できるWifiが用意されていることがほとんどです。 ただ職業柄、「1時間だけ使えてもなぁ…」というのが本音です。 そんな時におすすめなのが「The Coffee Bean & Tea Leaf」(コーヒービーン&ティーリーフ、以下「コーヒービーン」)です。 コーヒービーンでは、Wifiの使用制限がなく速度も3,4M程度とそれなりの環境が用意されています。コーヒービーンはアヤラモール内やITパークと様々な箇所にあります。 ▲ざっと調べただけでもこれだけあります 気になる使い方ですが、まず最初にコーヒービーンのポイントカードを購入します。「ポイントカード」では通じないらしいので、私の場合は写真を見せてカードが欲しいと言ってカードを持ってきてもらいました。 ▲コーヒービーンのポイントカード(195PHP) このカードを注文時に提示すると、Wifiのパスワードの書いた紙を一緒に渡してくれます。このパスワードを使用して、Wifiに接続します。 私は週末は必ずITパーク周辺のカフェに一日居るのですが、ここは白人さんなども多く見かけます。料理もコーヒーも美味しいのですが、少し高いです。おすすめは、ラザニアとチーズケーキです。 平日でも時々、ルームメイトとジプニーでITパークまで出てお茶します。STARBUCKSに行くこともありますが、基本フィリピンのスタバでは日本と違い独自のWifiが用意されていないので1時間しか使用することができません。 料理の美味しいお店だと、「Tom N Tom’s Coffee」も美味しいです。Tom N Tom’s Coffeeは24時間営業のお店で、長時間勉強したい時に行くことがあります。こちらもおすすめです。ただし、Wifiは2時間程度だったはずです。Wifi速度は8Mと、コーヒービーンより早いです。 ▶ Tom N […]

>> More

セブ | CELLA UNI
フィリピンでの体調管理や寮の食事って本当はどうなの?

フィリピンでの体調管理や寮の食事って本当はどうなの? こんにちは、フィリピンでの健康管理に慣れてきました。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 これまでも少し話してきましたが、フィリピンは野菜を取らない文化があります。そのため、外食が続くと栄養が偏りがちなこと。空気が良くないので喉を痛めたり、また風邪を引きやすいことが問題としてあります。留学前に不安に思われる方も多い食事や健康面について今回はご紹介します。 ## CELLA UNI校内の食事 CELLA UNI校では、平日は3食食事が用意されます。2Fの食堂で決まった時間に配給され、食べる分のみ取り分けるシステムです。 ハンバーガーなどが出た日は、基本は「ひとり一個」というようなメニューの時は取り分けてくれる職員さんが居たりすることもあります。(時間にもよります) 朝は基本的に食パンが多いです。私はあまり朝食べないのですが、ほぼ毎回パンと2,3品、フルーツとジュースの組み合わせです。だいたいこんな感じです。 ▲この日はそばがついてきました ▲この日はチャーハンがあります ▲パンとごはん両方用意されている日もあります CELLA UNI校では門限があるので、朝昼は外食はできません。しばらく滞在していると、何度か見覚えのあるメニューに出会うことになると思います。好きなものは食べれば良いし、嫌であれば残すことも取らないこともできます。 ▲肉を白菜に巻いて食べます ▲野菜が多めの食事で、わかめなどのミネラルも摂取できます 普段、私は夜以外は進んでご飯や麺などのメインの炭水化物は避けています。お昼から炭水化物を摂ると眠たくなってしまうのと、現在ダイエット中なので今は朝昼はあまり食べてません。 ▲副菜が好きではなければスープを多めに摂ったりしています 夜ご飯に関しては、比較的にお昼ご飯より豪華なものが出ます。オムライスが出たりもします。クオリティが夜のほうが高めです。 CELLA UNI校では、韓国料理がメインですが、ベトナム料理、フィリピン料理、日本料理、中国料理とさまざまなメニューが用意されています。パスタやオムライス、ハンバーガーなど洋食なこともあります。 ▲ビビンバなども出ます 大体の組み合わせが、メイン1品と付け合せになる野菜が多めな料理が1、2品と漬物やキムチ、サラダやフルーツ、スープと品数が多いです。 ▲ハムや豆腐を使用したメニューも多くタンパク質も摂れます 通常、私は朝は食べずに昼にメインの炭水化物を避けて野菜中心とスープだけにして、夜に少し炭水化物を摂ります。 韓国料理以外の食べ物やソースは、全般的に味が甘めです。ハンバーガーやミートソーススパゲティーなどは普通の味ですし、カレーなども甘くはないのですが、付け合せがコーンのチヂミみたいなものであったりと、どことなく甘いものもよく出てる印象があります。 ▲肉じゃがみたいなものも出ます ほかにも、CELLA UNI校の食事メニューでは練り物がよく出てきます。炒め物やスープに練り物がよく入ってます。これは普通に日本で食べてるようなものと味の大差はありません。 ## フィリピン留学はご飯がまずい? 「フィリピン留学はご飯がまずい」というのをよく聞かれるのではないかと思います。正直、残念ですが「ものすごく美味しい!」というわけではないです。ただ、そこまで「まずい」と言うほどまずくもないです。 ▲この日は大きな骨付きの鳥が入ったお粥でした やはり、寮の食事なので「外に食べに行ったほうが美味しい」のは当たり前ですが、通常私達が行くようなお店で食べるのはそんなに安くないです。毎日通っていると出費がかなりかさみます。食べ物の価格でよく見るのは、200ペソから250ペソですが日本円でほぼ500円くらいなので毎日通っていると、そこそこな出費です。 ▲なんとなくいつもより野菜が少ない日もあります そういうことを考えても、クオリティの差が時々あるものの栄養バランスが考えられている寮の食事はむしろ合理的だと思ってます。 個人的な考えとしては、日本人はもともと舌が肥えてるので、日本クオリティーを求めずにある程度の妥協が必要かなとは考えていたりします。それも含めていい経験になるので、私はわりと楽しんでいます。 もし、「どうしても無理!!カップ麺のほうがマシ!!」と思うようなことがあれば近くのショッピングモールで買い置きしておくと良いでしょう。おおよそ一つ100円しないくらいで購入できます。お湯も寮内のウォーターサーバーから調達できます。 ほかにも、ヨーグルトなどもおすすめです。寮の個室には冷蔵庫があるので冷蔵保存は可能ですし、小さいけどキッチンもあるので料理器具を持ち込みで料理するのは可能です。 ## それでも足りないものが「食物繊維」 寮の食事で野菜を多めに摂っていても、食物繊維は足りていない体感があります。私は常時デキストリン(粉の食物繊維)を飲んでいたので、そのままフィリピンへ持ち込んだのですがフィリピンでは買えないような気はしています。 代わりに、ヤクルトが売られているので定期的にヤクルトを飲むのもいいかもしれません。もしくは漢方や下剤を持ち込むと便秘対策もできると思います。 フィリピンのお店…特に外に出ているようなお店やショッピングモール内の出店のような通路に小さくぽつんと構えたお店では、時々不衛生なお水が使われた氷などに当たることがあります。 私達外国人の場合、病気にかかると治療費が高額になるので出発前には保険を見直しておくことをおすすめします。あと、フィリピンの病院はすごく長い時間待ち時間があります。下手に衛生管理の行き届いてなさそうなものは摂取しないのが安全です。 ## 私の健康管理について ▲辛めのスープとツナサラダ、炒めものと和え物(この日は全体的に絡めの味付けが多い日でした) 現在ダイエット中の私は、食事を抜く量が多いのでビタミン剤を飲んでいます。フィリピンではサプリメントも日本と変わらない価格で高品質なものが買えるお店もあります。 CELLA UNI校では、門限が厳しく常に共同生活で長時間の学習をするため、悪く言い換えるとストレスの溜まりやすい環境です。楽しんでいるので、ストレスを感じている自覚はないですが疲れをためないためにストレス管理として意識していることがあります。 外に友達を作ること、週一回のマッサージに行くこと、放課後はカフェで集中的に勉強することです。校内に友達を作るのも、先生と仲良くなるのも大切ですが、外で友達を作ってみるのも同じくらい大切だと思っています。 […]

>> More

セブ | CELLA UNI
語学留学3週目で気づいた「授業の受け方」

語学留学3週目で気づいた「授業の受け方」 こんにちは、最近「授業の受け方」に気づいたかもしれないと悟りを開いています。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 今まで何度も伝えてきたことですが…私はもう本当に英語が苦手です。留学前に英語を使う仕事にも関わっていたので、耐性はあるのですが切り返すだけの英語力がありません。 相手の言っていることは大体わかる、でも伝えるのが全然ダメだったり、難しい話になるとついていけない。話すトピックが仕事ならまだわかるけど、日常会話はボロッボロです。 ## いままでの私の環境 私は英語が本当にダメダメですが、留学前からシェアハウスに住んでいたことやマニラで働いてことなどもあって「英語に対しての抵抗心」ははありません。 それでも、リスニングの細かいニュアンスの理解や瞬時に返す瞬発力がないため、スピーキングは特に苦手です。焦らずゆっくり読んでもいい場合ならリーディングは少しマシですが、むずかしい文法になってくると苦戦します。ライティングに関しては、仕事で使うスキルなので…ほかに比べて、少しマシ程度のレベルでした。そんな私にとって、はTOEIC高得点なんて遠い世界の話のように思っています。 シェアハウスに住んでいた時のハウスメイトはヨーロピアンが中心でした。加えて、英語の堪能なアジア人の女性も数名いました。私のルームメイトがオーストラリアの人だったこともあり、一日中英語しか使えない中に居ることには対して苦痛は感じません。 シェアハウスの環境は、私にとって一番最初の「英語漬け」の環境でした。 最初は疲れたりもしましたが、、相手も同じ人間なので…言語の壁はあっても、伝えようとすれば聞いてくれる。わからないことも聞き返せばいい。。最悪、Google翻訳で意思疎通は取れるということを、体験しました。 CELLA UNI校へ留学して感じるのは、それは学校の中でも同じだということ。言語の壁による不自由さへ向き合う態度そのものは、、慣れに関して学校内でも起こる同じことが起きる問題と考えています。 ## 留学前に私が意識していたこと 仕事で悔しい思いをして以来、「今の自分でもできること」から始めようと小さなことを積み重ねていました。シェアハウスに住んでいた理由も、「留学の効果がある程度出ると思われる時点」まで自分のレベルを上げるつもりでいたからです。 仕事もそのため、英語を使える仕事を好んで選んできました。すこしずつではあるものの勉強もしていました。 それでも…スピーキングは苦手。読んでいる英語の量も足りない。文章を組み立てる能力がそもそも低いと、その頃から悩んでいました。 文法のおさらいからはじめて、「話すことに対しての恐怖心」をなくすために、スカイプ英会話を数回受けたりもしました。 それでも、あまり英語力は伸びていないのですが…それらを差し引きしても、できることを少しでもしてから留学に来たのは良かったと感じています。簡単なやり取りは出来るようになったことと、リスニング慣れをしたことで英語に対しての抵抗もなくなりました。 ただ、今回の留学はもう少し後でもよかったかも?と感じることもあります。ある程度の文法とボキャブラリーが足りないと授業を受けるのすら難しいため、日本にいる間に頭に入れてから留学へ行くことは強くお勧めします。 ## 留学が必要になるタイミング 効果的に学ぶことには、段階や方法が存在していると私は考えています。 今回の私のような場合では、「英語に慣れる」ことは必要ありません。しかし、「英語を話す」ことは必要でした。ただ、この辺りの判断は難しいなとも感じています。 文法とボキャブラリーをもっと学んでから来たらよかった」と先に言ったことに反しますが、文法をいつまでも勉強しても「使わないもの」を覚えられることもなければ、モチベーションが上がることもありません。「話す」ことだけにフォーカスするのであれば、文法の理解がほどほどでも単語さえ分かっていれば相手との意思疎通は可能です。 知識は頭に入れただけでは使えません。もう一度、外へと出すアウトプットは必要になります。留学前にその機会を作るためには、シェアハウスに住むことのほかに英会話カフェやスカイプ英会話などを利用することで代用可能です。 私が留学に踏み切ったのは、仕事の事情によりシェアハウスを出てからモチベーションが低下してきたのを感じていたこと、仕事が忙しくて英語を学ぶほどの余裕が取れなくなってきたことです。 単純に仕事が忙しいのもありますが、私の場合は自分の仕事がとても好きなので…日本に居るとどうしても仕事を優先してしまいます。英語が話せなくても、日本で過ごすのには困らないためどこか本気になれずにいたのだと思います。そのため、少し早い気はしつつも留学を決めました。 正直なところ、留学に来たからといってなにかが変わるわけではありません。効果は本人の学ぶ姿勢に影響されます。 「遊びながら、ちょっと語学留学」であれば、ここまで気負うこともありません。しかし、多くの社会人の場合はなにかしらの目的や目標があって留学を決めるはずです。貴重な時間とお金を使っての留学となることでしょう。 貴重な時間とお金を無駄にしないために、留学が必要になるタイミングやご自身の現在のレベルにも意識を向けながら検討してみて欲しいです。 ## 学校での勉強内容と現段階の感想 グループクラスを含めて8つのレッスンを受けていますが、話すのが苦手な私の授業カリキュラムは、スピーキングがメインです。 スピーキングのマンツーマンレッスンを2クラス、リーディングの授業を2クラス。合わせて4クラスの、この時間が最もよく話します。 スピーキングでは簡単な質問や文章を組み立てて、話すことをトレーニングしています。リーディングでは、教科書に書かれた英語のショートストーリーを読み上げていきます。 まだ、2週間目が終わったばかりなので見違えるような結果が出たわけではありませんが「話せるようになってきた」というのが現段階での感想です。 到着当初の英語力ではタクシーのドライバーさんと雑談することすら難しかったですが…現在では雑談する程度にはコミュニケーションが取れています。お店に入っての店員さんとの会話も同様です。 学校外で友達を作って、出かける約束をしたりとフィリピンでの生活で「不便しない」から「楽しむことができる」程度にもなりました。とはいえ、まだ不安なことも多いです。 たとえば、想定できる状況に対しては対応できますが…アクシデントなどが起きた際の対応には自信がないので、危険なことは控えています。 来週の目標はジプニーに一人で乗っても怖くない程度の英語力をつけることです。ジプニーをうまく活用できると移動も安くつくので、乗り方などもまた次回にご紹介します。 ## スピーキングとリーディング以外のクラス スピーキングとリーディングクラス以外では、リスニングとライティングのクラス、グループクラスがあります。 リスニングの先生の教え方はとても上手く「リスニングに必要なのはコレとコレ。意識して聞くようにしてみて」とリスニングのポイントを教えてくれます。悩んでもわからないことに時間を割いたりせずに「あと一回、聞いてわからなかったら答えを言うわ」と答えとわかりやすく示してくれ、無駄のない授業をしてくれます。 ライティングでは、普段仕事で意識する情報設計のような話をします。エッセイの構成の仕方、まとめ方のようにテクニカルな勉強がメインです。私の文法が所々おかしいので、私の場合は文法の話になりがちです。最近では毎日英語の日記をつけているので、日記を先生に添削してもらっています。 グループクラスは先生がテーマや内容を決めて授業を作っているので、テキストブックを使用しません。Youtubeを見てオピニオンを話すネイティブの先生が担当するクラスもありますし、発音を矯正してくれる先生もいます。レベルも様々で、グループクラスでは自然と友達もできます。 私の場合においては、グループクラスを何度か変更してもらったりもしたのですが…あまり効果を感じられないなと感じています。最初はレベルが低すぎて変更してもらったけど、次はレベルが高くなりすぎてついていけずと、受け方がへたくそなのだと感じています。 現在はグループクラスを自習時間へと一時的に変更しています。グループクラスでは、全員のレベルに合わせて授業が進むので、私の理解度が低いがために進行を止めるわけにもいかず、時間の使い方を変えました。現在は、グループクラスに戻るのもひとつの課題としてます。 感じている問題としては、きちんとレスポンスをしきれないで授業の進行を止めてしまいがちなので、スピーキングが足りないなと自覚しています。様子を見ながら、復帰しようと考えながら勉強を進めています。 「グループクラスは効果が薄い」という話は、私が留学する前からよく聞きました。ただ、これは少し違うような気がしています。正確には、「効果が感じられる受け方は難しい」ということです。ずっと自習時間にすることはできますが、グループクラスでは友達ができるので受けた方がいいと私は思っています。 […]

>> More

セブ | CELLA UNI
英語使用率90%のCELLA UNI校!先生と生徒たちについて

英語使用率90%のCELLA UNI校!先生と生徒たちについて こんにちは、日本人というだけで学校でレア人種扱いを受けています。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 ## CELLA UNI校の生徒について CELLA UNI校では、現在台湾人の比率が最も高く半数以上が台湾人です。現在、台湾で「フィリピン語学留学」がブームになっているようで多くの台湾人が毎週のように入学してきます。 ちょうど私の参加した日に生徒が30人以上入学してきたこともあり、現在の生徒数は60人程度と大変多いです。しかし、そのなかでも日本人は非常に少なく日本人サポーターを含めても5人程度です。そのため、ほとんどの場合…「日本人だよ」と言うと珍しい!レアだ!と返されます。 その人数の偏りから、ランチタイムなどは母国語も多く聞こえます。 グループクラスや普段のコミュニケーションは英語で行われ、私の感じている範囲ではみんな親切です。私のつたない英語でもコミュニケーションを取ってくれます。 また、CELLA UNI校ではグループクラスがあります。 グループクラス内では先生を中心にしてディスカッションが行われたり、発音に特化したクラスがあったりと授業内容に関してはさまざまです。授業中は全員英語で話しているので、仲間外れになるようなこともありません。 ## 学校側のサポート体制についてう 私はマンツーマンレッスンが6つ、グループクラスが2つの「Power Speaking 6」を受けています。 CELLA UNI校では、初日の実力テストの結果から先生を決めていきます。マンツーマンレッスン、グループクラス共に合わない場合は変更が可能です。 これはどこでも同じですが、基本的に講師の先生は10代や20代と若い方が多いので自ずと私たちの方は歳上にもなりがちです。教えるのに慣れてない新米の先生もいることでしょう。 フィリピンの文化と日本文化は違うので、先生が来ない(辞める)ということが起こることもあります。私はまだ体験してませんが、そういう関係もあって先生が入れ替わることもあるようです。 それ以外でも、「合わないな…」と感じたらサポートの方へ相談してください。親身に相談を聞いて、提案してくださることでしょう。私の場合は最初に割り振られたグループクラスがレベルや内容が合わず、変更してもらいました。加えて、リスニングの先生との相性が良くないのか…「わからないことを、聞き返しにくい」とも感じていたので先生を変えてもらいました。 CELLA UNI校では、変更に対して寛容に受け止めるように先生方に伝えているようで気まずくなることがないようにと配慮をしてくださっています。(しかし、先生たちも若いので正直こればかりは人に寄るかもしれません)大体は、こちらから明るく挨拶をすると返してくれます。 また、始業時間を守るようにと学校側できっちり伝えてあるため先生が遅れてくることもめったにありません。10分経っても生徒が来なければ帰っていいことになっているようなので、一番最後の授業(P10またはP11)では遅刻をしないようにしてください。自分が遅刻して先生が帰ってしまった場合は、学校側での保証ができません。 10分を過ぎて教室へ行った場合でもないにも関わらず、先生が来ない場合は5Fオフィスへ行ってください。代わりの先生を連れてきてくれます。先生が病気で休むなどイレギュラーが発生した場合も、代わりの先生が派遣されます。 先生との相性が悪い、先生が時間にルーズ、教え方が下手だと感じた場合は無理に我慢せずに先生を変えてもらっても問題ありません。 ## クラスの変更について クラスの変更を希望する場合、原則「木曜日までに」申請しなければなりません。木曜日までに申請して、適用されるのが翌週となります。 もし、金曜日に申請してしまうと翌々週となってしまうのでこちらもご注意ください。 クラスの変更は、先生の空き状態やグループクラスの内容などを考慮して変更申請を出します。「どの先生が教えるのがうまいか」などは生徒間で共有されていることもあるので、人気の先生は結構埋まってます。 マンツーマンレッスンを担当している先生で、お気に入りの先生ができてもマンツーマンレッスンの先生を重複指定することができません。これは、人気の先生の独占を避けるために学校側で禁止事項とされています。 お気に入りの先生のマンツーマンレッスンとグループクラスの両方を選択することは可能です。 ## 先生たちについて そんな先生たちですが…私の担当の先生は希望したこともあって、みんな陽気な人たちです。反対に、あまり陽気なのが苦手な人は真面目で大人しい先生も、テンションが高すぎるのは苦手そうな落ち着いた先生もいるので問題ありません。 先生ごとに教え方のレベルに多少差を感じますが、みんな熱心に教えてくれています。 先生たちいわく、「わからなかったら聞けばいいし、英語がきちんと話せなくても教えるために私たちがいるのだから恥ずかしがらないで話してほしい」とのことで、困った顔して黙り込んだり暗い顔をされると先生たちもすこし困ってしまうようでした。 「わからない」「それどういう意味?」「もう少し違う説明して」などと言えるといいですが、もし難しくても小首をかしげていたら説明してくれます。 この時に重たい空気を作らないことに、私は気を配っています。 普段からきちんと目を見て話をきくことや、よく笑って相手のジョークを聞いてあげていると先生たちもいい意味で自分のペースを保てるようです。 前述の通り、フィリピンの人たちはフレンドリーで明るい人が多いです。先生の大半が若いことも含めて、お話するが好きで脱線してしまうことが時々あります。正直、私たちは英語を学びに来ているので雑談ではなく授業をしてほしいことはあります。 こういう場合も、真面目に教えてくれる先生に変えてもらうことができるので必要であれば申し出てください。この辺りの判断はどうしても自己判断になります。 たとえば、英語に対しての抵抗心があるのであれば、雑談は有効かもしれませんし、合う合わないもあるのでこの辺りはご自身で判断するしかありません。 先生が生徒が英語に抵抗があると感じたら、英語が辛いとか憂鬱に感じないための配慮として雑談をしてくれている場合もあります。私は英語に対しての抵抗はなかったので、雑談ばかりになるのが嫌なときは「英語、教えてー!」と授業に戻してもらったりしています。どうしてほしいかを先生に伝えたら、大体のことは応えてくれます。私にとっては、雑談が多いかどうかだけでは先生を変えるほどの問題ではないかなと感じています。 ほかにも、マンツーマンレッスンはリーディング、ライティング、スピーキング、リスニングと分かれていますが厳密に先生の担当を決めて割り振っているわけではありません。先生ごとに、得手不得手もあるようです。もしかしたら、自分の教わっている教科は先生が不得意な場合も起こりえるかもしれません。 先生たちに直接聞いてもいいですが、いずれのような場合もサポーターに相談すると「リスニングを教えるのが得意な先生は○○」とおすすめの先生を紹介してくれます。変更に関しても親身に対応してくれます。 ご自身のレベル、目的によっておすすめの先生が変わるため、初日のテスト後に何度か授業を受けてみて「なんか違うな」と感じればサポーターへ直接相談してもらうことをおすすめします。 ## […]

>> More

セブ | CELLA UNI
フィリピンで体調を崩した!こんなときどうしたらいいの?

フィリピンで体調を崩した!こんなときどうしたらいいの? こんにちは、日々順調に英語が話せるようになってきて毎日ウキウキしながら勉強しています。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 …実は、やってしまいました。フィリピンで風邪をひきました。 フィリピンでは空気が悪いせいもあるのか、体調を崩しやすいと聞きます。留学中の学生や、滞在経験のある人と話していても一度は体調を崩した経験があるようでした。私たち日本人にとって、フィリピンはそれくらい体調を崩しやすい環境のようです。 ## 風邪の原因 フィリピンは基本的に野菜を取らない文化です。最近でこそ留学生向けの健康意識の高い店が増えましたが、それでも外食も気をつけなければ栄養は偏りがちです。CELLA UNI校の寮での食事は、野菜多めな韓国料理が中心なため寮の食事に関しては心配要らないです。 私の風邪の理由は外泊で水シャワーを浴びる日が続いた上に、ドライヤーを持っていない状態だったのためです。温かい国のフィリピンですが流石に風邪をひきました。むしろ、ひかないほうがおかしいような当然の流れですが…。 私のようなバカなことをしなくとも、風邪を引くことがあると思います。空気が違うことに加え、暑さと涼しい(室内は寒い)を繰り返して体調を崩すことは少なくありません。 ## フィリピンは基本水シャワー文化 フィリピンでは、お湯の出ない家も多く存在します。あと、よく故障もしています。故障してそのままにしているお家も普通にあります。 (もちろん、CELLA UNI校ではお湯が使えます!!) 金曜日と土曜日の夜は外泊が可能なため、ホテルやAirbnbを利用して外泊する際には注意しなければならないことです。 私はAirbnbを利用して外泊していたのですが、プール付きで水シャワーのみのお家にお邪魔していました。そしてドライヤーを持たずに来たので自然乾燥……今に至っています。 CELLA UNI校のお湯シャワーのありがたさをしみじみ感じました。ちなみにCELLA UNI校では故障しても、すぐに直してくれるのでご安心ください。 ヘアドライヤーやアイロンなどヘアケアのご紹介は女性なら気になると思いますが、それはまた次回に。 今回はフィリピンで風邪をひいたらどうすればいいのかをご紹介します。 ## 風邪ひいちゃったけど、どうすればいい? CELLA UNI校では駐在のナースが居ます。症状を伝えて薬をもらうことはできます。体調が悪ければ授業を休むこともできます。薬が必要であれば、日中に外へ買いに出ることもできます。これにはいずれも許可が必要です。 学校内に常備している薬であれば貰えるのですが、自分で薬を調達する必要もでてくるでしょう。今回はそのフィリピンでの薬の種類や買い方をご紹介します。 ## まず最初に、フィリピンの風邪薬を知ろう! ・総合風邪薬 Bioflu(バイオフル) 鼻詰まり、鼻水、くしゃみ、涙目、頭痛、倦怠感、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、咳、痰、発熱に効く総合風邪薬です。 それほど強い薬ではないのですが、長く服用すると効きにくくなるため風邪っぽいときのみの使用をおすすめします。また、眠くなる成分が入っているので服用のタイミングをコントロールして下さい。 ・鼻風邪に効く Neozep(ネオゼップ) 鼻詰まり、鼻水、くしゃみ、涙目、頭痛、倦怠感、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、咳、痰、発熱とバイオフルに近いですが、バイオフルより鼻風邪への効果が高いです。こちらも眠気を誘うので要注意。 ・喉に効く Strepsils(ストレプシルズ) 殺菌効果があるのど飴で、トローチのようなものです。ビタミン入りのものや、フレイバーの種類が多いです。2-4時間おきに服用します。 CELLA UNI校のナースにはCoolをすすめられました。「フレイバー入りのは甘いからダメ!」だそうです。 ## 薬の買い方 フィリピンでは処方箋がなくとも薬が買えます。薬局、コンビニ、売店、サリサリストア(色々売ってる路上のローカルストア)で購入することができます。 何がほしいのか聞かれるので、自分で症状を自覚している必要があります。薬の名前を事前に調べてから行くほうが間違いないです。CELLA UNI校に関しては、ナースの診断を受けたあとであれば薬名を書いて渡してくれます。 いずれも、「XX(薬名), Please.」と伝えれば1錠からでも購入が可能です。 何日分ほしいのかを伝えれば、必要な錠数を売ってくれます。1錠10円から20円くらいです。 海外の薬は日本の薬より強いですが、フィリピンも例外ではなく多少強い程度には日本のものより強いです。そのため、飲んだ日は安静にしていることをおすすめします。というよりも眠くなってしまいます。 薬の効きやすさなどは体質にも寄るので、国内から多少は薬を持ち込んで置いた方がいいかもしれません。フィリピンでも日本の薬は「町家マート」で購入可能ですが、日本の倍くらいの価格です。 今回、風邪を引いたときに取った行動はひきはじめに「日本の薬」を使用して治らず3日かけて悪化し、ナースに診断して貰って「フィリピンの薬」を使用してから1日で良くなりました。とはいえ、執筆時点でまだ完治はしていないのですが。 […]

>> More

セブ | CELLA UNI
~CELLA UNI校での生活や施設紹介~

こんにちは、フィリピンのWifi環境に苦労しています…。フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 今回は、改めてCELLA UNI校の施設を紹介をします。 2017年にできたばかりのCELLA UNI校は、できたてなので清潔感があってきれいです。また、清掃も常に学校側で行っており勉強に集中できる環境ができあがっています。 フロアマップは以下の通り。 1Fが銀行で、2FがSPA、食堂、ランドリーです。3F、4Fと性別ごとにフロアが分かれていて、5Fがオフィスと教室です。6F、7Fにも教室があり、7Fには自習室があります。さらに上へと上がると(ROOFTOP:8F)、トレーニングスペースや売店があります。 ## 部屋 私の4人部屋では、ベットが横並びで4つ。机が4つ。クローゼットが4つ用意されており、一人ひとつ割り振られます。 部屋の中に、小さなキッチンとシャワールーム、トイレと洗面台が設置されています。 冷蔵庫とエアコン、私の部屋にはデスク・ベッドライトもありました。 しかし、Wifiは7Fと8Fしか飛んでいないため個室には届いていません。CELLA UNI校ではSIMカードの貸出、Wifiルーターの貸出も行っています。自分で買って設定するほうが安あがりではあるとは思いますが、設定など苦手であればCELLA UNI校から借りてもいいでしょう。 ## 共有スペース 7Fには自習室があります。日中の自習に関しては自習室を利用しています。クーラーの効いた部屋で静か。集中できる場所です。もしかすると、時によってちょっと寒いかもしれません。 また、8Fにはトレーニングルームと共有スペース、売店があります。放課後は8Fが賑わっています。 お水は施設内のどのフロアにもウォーターサーバーが用意されていて、支給されたボトルを使用して水を持ち歩いています。水を汲んで持ち歩くという場面は、施設の外でもよく見られるほどフィリピンではよくあるスタイルです。 洗濯に関しては、kg換算でランドリーで洗います。2日後くらいに取りに行きます。洗って、乾燥して、折り畳まれた状態になって手元に戻ってきます。洗濯がキライなのでとても幸せです。混み合っていると時々使えないこともあります。 ## 食堂と食事について 食事に関しては、朝昼夜と食堂で食事が用意されています。時間が決まっているので、決まった時間に開放されている間に食事を取り行きます。ちなみに、この時間に食事を取りそこねると次の時間まで食べられないので注意してください。 しかし、ランチは早すぎても混むので30分経ったくらいが人の引くグッドタイミングです。いつもその時間を狙って食堂に行っています。 食事の内容は野菜が多めの韓国料理が基本で時々スパゲッティやカレー、ベトナム料理、ハンバーガーなどが出ます。 夜は外へ食べに出ることもできますが、朝昼は外出禁止時間のため外出はできません。日中に必要なものがあれば、夜のうちに買って置くことを強くおすすめします。 ## Wifi環境 正直なところ、Wifiはお世辞にも快適とは言えませんでした。共有スペースでの動画視聴はまず不可能なレベルです。 動画の再生に必要なのは1.5-3Mbps程度ですが、時間帯にもよりますが7FのWifiは50Kbpsです。4Kのストリーミングではもっと必要なのであくまでも目安ですが…共有のWifiは調べ物ができる程度と考えたほうがいいです。 どちらにせよ必要になるので、学校からSIMやWifiルーターを借りて対応することをおすすめします。(学校ではGlobeのSIMを貸し出しています)私の使用しているものは、私物のWifiルーターとGlobeのSIMですが、この組み合わせを使用して7Fで測ると速度は10Mbpsでした。 私の体感では階数が高くなるほどWifiを拾いにくく、マンツーマンレッスン中に部屋の中にいる時も同じように電波を拾いにくい印象です。多少の諦めは必要かも…。 フィリピン全体に言えることなのですが、Wifi環境がよくありません。 私は仕事上、Wifi環境が確保できないと困るので場所を移動することで対処しています。ネットサーフィン程度であれば利用可能な電波は捕まりますが、動画視聴は安定しないこともあり重く感じがちです。 どうしてもWifi環境が必要なのであれば、カフェやホテルのラウンジなどほかの施設内での利用をおすすめします。このあたりもいずれご紹介します。 ## タイムスケジュール 私の生活に置き換えて、この環境をどのように快適に過ごしているかを説明します。 朝食をとらない派なので、そのままレッスンを受けて自習時間も含めた午前中はお昼まで勉強しています。ランチは12:00から開始ですが、その時間帯が最も混むため、12:30以降に食堂へ行くことにしています。私の部屋は4人部屋なのですが、仲が良いので自然とみんな部屋に帰ってきてから全員でお昼に行っています。 午後から夕方までレッスンを受けて食堂で夕食を済ませたら、そのまま外へ出て門限までカフェで勉強しています。 もし必要なものがあれば、この時間に購入して日中の外出禁止を考慮して行動しています。近場で手に入らないものは週末にアヤラモールやSMモールまで行った際に購入します。 門限は、翌日に授業のある日は22時まで。休みの前の日は24時が門限です。休み期間中は外泊が可能なので、木曜日までに外泊申請を書いておくと実質休み前の日は門限がなくなります。 破るとワーニングが与えられます。ワーニングが貯まるとキックアウトを受けて強制退学となりますので注意してください。 ## Wifiのほかにも注意しておくこと。 そもそもPCとスマートフォン向けのサイトでは、スマートフォンの方がデータ容量を軽くするように作られています。そのため、自室ではPCを原則使用しないことにしています。(PCでインターネットを観覧すると容量を消費するため) Wifiの他にもいくつか注意しておかないといけないことがあります。 寮に備え付けのドライヤーなどはありません。持参するか購入する必要があります。 コンセントの数が少ないこともあり、よく電源を必要とするのであればなにかしらの工夫は必要です。 日本から持ってきた方がいいものとフィリピンで買えるものはまた後日、紹介します。 また、フィリピンではトイレにトイレットペーパーは常備されていません。日中にトイレットペーパーが切れてしまわないように、常時買い置きしておくこと必要もあります。 ## さいごに いかがでしょうか? CELLA UNI校はセミスパルタの学校です。しっかり学び、英語を身に付けたい人にはとてもいい環境だと日々感じます。 […]

>> More

バギオ | PINES Chapis
バギオ PINES留学についてのまとめ総評~

パインスインターナショナルアカデミー ・チャピス校総評 こんにちは!フィリピン留学学生レポーターのKoukiです! ついに3ヶ月の留学生活を終え、昨日卒業証書を受け取りました! いざ終えてみると長いようで短いような複雑な心境です。 よく勉強し、よく遊び本当に充実した12週間でした。 フィリピン留学での生活をサポートしていただいたフィルイングリッシュのスタッフの皆様、PIAのフィリピン人講師、マネージャーの方々、そして楽しい時間を共にした友達に感謝します!本当にありがとうございました。 ・卒業証書 さて、私の最後のレポートは3ヶ月間の総評です。 ただ、自分の生活を振り返るだけでなくPIAへの入学を検討されている方々へ有益な情報となればと思います。 期間 まずは、留学期間について個人的な感想を述べると、私にとっては3ヶ月がベストだと感じました。 1ヶ月間のみの学生もいましたが、それらの学生は皆「1ヶ月は短すぎる」と言っていましたし、私も1ヶ月経った時点でようやく生活に慣れてきたと感じました。 2ヶ月でも良いとも思いますが、私の場合、2ヶ月終了時にPIAでの勉強する環境に満足していましたし、生活自体が楽しかったので、もっと滞在したいと思っていました。 しかし、3ヶ月目の最終タームには環境に慣れすぎたのか、勉強するモチベーションが徐々に下がってきているのを感じました。 もちろん言語を習得するのにおいて、3ヶ月という期間は十分ではないので、これ以上の期間の留学を検討している方は複数の語学学校での留学を検討されても良いと思います。 学習環境を変える事で勉強へのモチベーションを維持できると思います。 フィルイングリッシュさんはいくつもの実績ある語学学校を取り扱っていらっしゃるので、是非相談してみてはいかがでしょうか。 規則について PIAはフィリピン語学学校の中でもいわゆるスパルタ校に分類されます。規則は他の語学学校に比べ厳しいですが、厳しいゆえに勉強に集中できる環境にあります。 ルールあっての集団生活です。チャピス校に在籍する生徒は勉強に対する意欲は非常に高く、そのような環境においては自ずと机に向かう時間も増えます。 しかし、つい先日私のバッジメイト(同時期入学者)がキックアウト(退学)されてしまいました。 最終週で気が抜けていたのでしょうか、彼はキャンパス内にお酒を持ち込もうとしました。あろうことか、それを韓国人マネージャーに持ち込んで良いか確認をとったのです! PIAのマネージャーは本当にフレンドリーで学生に友人のように付き合ってくれて、問題があれば親身になって相談に乗ってくれます。 しかし彼らの立場はあくまでも「マネージャー」彼は2回目の警告で、最終的にキックアウトされてしまいました。 彼は本当に気さくで気の良い友人だったので、一緒に卒業できなくとても残念です。 しかしルールはルール、私たちはなぜここにきたのかを再確認する必要があります。 僕ですか?僕は1度の警告も受けることなく無事卒業することができました。 卒業した今では、1回くらい悪さしても良かったかなと思います笑(もちろん冗談ですよ!!) お小遣いについて フィリピン留学において学費やSSPなどのビザ代、教科書代、水光熱費の他にお小遣いが必要です。 厳密に言えば必要ないのかもしれませんが、週末には友人やフィリピン人講師と市内に遊びに行ったり、ご飯を食べに事行くでしょう。 私は3ヶ月の合計で10万円程使いました。おそらくこれは結構使っている方かと思います。 私はタバコを吸いますし、お酒も大好きです。平日は飲酒を禁じられているため、土曜日にはその反動でついつい飲みすぎて朝帰りになることもしばしばでした。 フィリピンは日本に比べ物価は概ね安いです。 特にタクシーや、ジープニーなどの交通費は安いですし、小洒落たバーでビールを1本注文しても150円程です。 お酒やタバコなどの出費がない方は月に1万5千〜2万円ほどで足りるんじゃないかなと思います。 ただ、バギオ近辺には世界遺産であるバナウェ・サガダ、ヴィガンをはじめ、サンファンビーチ、ハンドレッドアイランドなど週末に行ける観光地がいくつかあります。 勉強の息抜きにこれらの地域に観光に行っても楽しいでしょう。現地に行ってからお金が足りなくなる事のないよう、予算を多めに持って行った方が安心ですね! 先生について フィリピンでの留学生活を彩る重要な要素であるフィリピン人講師は先生であり友人のようなフレンドリーな講師が多いです。これは南国特有の気質ですかね! その中でも私が仲が良かったのがティーチャーマイクです。 彼はメイン校(旧クイサン校)の講師ですが、身長が高く(フィリピン人は日本人に比べると背が低い人が多い)、ハンサムで女性に人気のある先生です。 彼とは5、6回週末に飲みに行きましたが、ここには書けない悪口を言い合う仲にまでなりました笑(もちろん冗談で言い合ってるんですよ!) 彼にcocky(自惚れた、生意気な)Koukiというニックネームを付けられました。笑 彼との出会いは、私の人生の中の財産の一つです! ・右がマイク先生 左は僕です。マスクはマイク先生からのプレゼントです。これをかぶって君のdisgusting(不快にさせる)顔を隠した方がいいよ、との事です。笑 学業面について 皆さんが一番気になる点でしょう学業についてです。 実際のところ3ヶ月のフィリピン留学でどれほど私の英語力は上がったのでしょうか。 私は留学前にも後にもTOEICや、TOEFL、IELTSは受験していないので具体的なスコアの向上ではなく、体感的な観点でしか語ることはできないのですが、総合的に英語力が向上したように思います。 リスニングでいうとフィリピンに向かう際の飛行機機内での英語アナウンスは何を言っているのかが全く聞き取れませんでしたが、帰りの飛行機では単語一つひとつまで聞き取れ、理解できるようになりました。 発音については、留学前は英語を喋る事に精一杯で、発音に気を使う余裕はありませんでしたが、反復練習の結果、LサウンドとRサウンドなどの発音の違いを無意識の内に使い分けるようになりました。 飛躍的に向上したと思うのはやはり、スピーキングでしょう。 […]

>> More

バギオ | PINES Chapis
PINES チャピス校 の食事とお勧めローカルフード

パインスインターナショナルアカデミー チャピス校校内での食事について 新緑のさわやかな季節となりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。 フィリピン留学学生レポーターのkoukiです。 早いもので私の留学生活も残すところ1週間となりました。 同時期に卒業する学生達も帰国の準備を始めており、いよいよ帰国が近づいているんだな、と実感します。 さて、今回のレポートでは皆さんも気になるであろうPIAでの食事について紹介します。 PIAでは、平日は3食、週末は2食、地下にあるカフェテリアで食事をします。 現在まで3ヶ月弱はほぼ毎日カフェテリアで食事をとっていますが、飽きもこないで楽しめていると思います。 ただ料理のメニューを羅列するのも面白みに欠けるので、今回は私の独断と偏見で各料理について点数をつけながら(10点満点)ご紹介させていただきたく思います。 (例に漏れず、今回も個人的な主観を大いに含む内容になると思います!) 朝食について 冒頭にも書きましたが、私はPIAの食事に概ね満足してます。 しかし、朝食については改善してほしいなと思う点があります。 それはバリュエーションです。朝食の基本構成は以下の通りです。 ・お粥 :3点 ・生野菜(レタス・トマト・きゅうりなど):6点 ・食パン:6点 ・ツナ:8点 ・目玉焼き、卵焼き:6点 ・ジュースorコーヒー:9点 ・ご飯(なんと日本の物に近い!):9点 基本こんな感じです…。 朝食に点数つけるの難しいですね。笑 というのも味については皆さんの想像通りの味です。笑 ただお粥の味付けは私の好みではないので3点とします! 朝にコーヒーを出してくれるのは嬉しいですね。 基本はこのメニューなので、さすがに3ヶ月続くと正直飽きます。 たまに生徒がふりかけを持っているのを目にします。SMモールでも入手可能なので、あまり変わり映えしない朝食のお供に購入してみてはいかがでしょう。 昼食・夕食について 朝食と打って変わってバリエーション豊かで味も美味しいです! PIAは韓国資本の学校で韓国人の生徒が多いです。(特に今の時期は圧倒的に韓国人生徒が多い印象です。)その為、メインメニューはスパイシーかノンスパイシーを選ぶ事が出来ます。 ただ、私としてはスパイシーメニューもそれほど辛く感じずに、美味しく食べられると思います。気分によって異なる味付けを選べるのも嬉しいところですね! 昼食夕食はバリュエーションが豊富なので、突然ですが、私の周りの友人にアンケートを取ったので、人気メニューをランキング形式でお伝えします。 第3位 ビビンパ 8点 昼食に出る人気メニューの一つです。日本人学生から圧倒的な人気を誇ります。 このメニューについても辛口ソースと醤油ベースのソースを選べます。 ただ、韓国人生徒にはやはり本場の味を知っているためか、あまり人気がありません。私からすればすごく美味しいんですけどね…。 第2位 カツ丼(通称:謎肉) 9点 これは本当にご飯がすすみます。ただ、なんというメニューか知りませんでしたので、日本人生徒の間では謎肉と呼ばれていました。 先ほど食堂の従業員に確認したところ、どうもこれはカツ丼らしいです。笑 カツ丼かどうかと聞かれると日本人の私としては違和感を感じますが、とにかくご飯によく合います。 第1位 カレー 10点 栄えある第一位に選ばれたのは皆さん大好きカレーです。 これは間違いないですね。日本のカレーと遜色ありません。 前述の通りお米も日本の物と変わりないので、食べているときは自分は日本にいるんじゃないかと錯覚に陥ります。(これは言い過ぎました) 夕食がカレーの時はテンションが上がりすぎてついつい食べ過ぎてしまいます。 日本人だけでなく韓国人、その他の国籍の学生からも支持を集めた文句無しの人気メニューです。 ※番外編 いくらPIAの食事が美味しいと言っても、留学中毎日食べていると他の物を食べたくなる時もあります。そんな時にオススメの食べ物がいくつかあります。 パンシット 毎日朝の2限と3限の終わりに20分間の休憩があります。 この時間帯に校舎の前に地元の人たちが学生・フィリピン人講師向けに飲食物の販売を行います。 その中でも私のオススメがパンシットです。これはフィリピン風のビーフンで味付けもかなり日本人好みです。 そのまま食べても美味しいのですが、これにカラマンシー(フィリピン風すだち)という柑橘系の果物を振りかけて、さらに唐辛子とフライドガーリックを混ぜた調味料を加えると本当に美味しいです。 […]

>> More

バギオ | PINES Chapis
PINES チャピス校 フィリピンへ留学する前の準備について

パインスインターナショナルアカデミー ・チャピス校フィリピン留学前の準備について こんにちは!フィリピン留学学生レポーターのKoukiです! Before I know it:あっという間に(昨日覚えました笑)私の留学生活も残す所あと2週間となりました。 昨日は本当に仲の良かった二人の友人が留学生活を終え、それぞれの国に帰ってしまいました。すごく寂しいです!ただ、これだけ寂しいと思える出会いはなかなかないですし、私にとって大切な思い出になるでしょう。フィリピン留学は勉強だけでなく、大切な友達との出会いの場にもなると思います! さて、今回の私のレポートはフィリピン留学の前に準備、用意するものについてです。私が、フィリピンにきて、「あれ持って来れば良かったなあ。」「これを日本でやっとけばなあ。」と思う事について主観的にはなりますが、持ち物面と学業面の二つに分けてレポートさせていただきたく思います。皆さんの留学前の参考になれば幸いです。 持ち物について まず、極端に言って持ち物についてはパスポートとお金があればなんとかなります!! というのも、バギオには前回のレポートでお伝えした様にSMモールがあります。 このSMモールでは食料から日用品、家電製品など大抵のものは手に入ります。 万が一忘れた物があったらSMモールで探してみましょう。 ただ、これだけではレポートとして当然成り立ちませんので、日本から持ってきたら便利なものをお伝えします。笑 携帯電話 これはパスポート、お金と並ぶ必需品かも知れません。勉強してる際にも単語や文法を調べる時に利用したり、友人と連絡をとったり、街について色々な情報を調べることもできます。ここで、オススメしたいのがSIMフリーのスマートフォンです。 SIMフリーとは、○ocomoや○u、○oftbankなどのキャリアに縛られずに、現地のSIMカードを挿入すれば、Wi-Fi環境がなくてもインターネット回線に接続できます。これは、フィリピン留学のみならず、海外旅行する時にもとても便利です。 フィリピンの主な通信会社がSMARTとGLOBEです。 PIAチャピス校では、GLOBEのロードカードを販売してますので、GLOBEのSIMカードを購入すると良いでしょう。グローブのプランへの登録方法を簡単に説明します。 1 SIMカードを購入、SIMフリースマートフォンに挿入。 (SMなどのショッピングモールやマニラ空港で販売してます。私は100ペソで購入しましたが、もっと安く手に入ると思います。) 2 セブンイレブンなどのコンビニエンスカードでロードカードを購入。100ペソ、300ペソ、500ペソの3種類のロードカードがあります。 3 電話アプリを開き、「❇︎143♯」と入力し、ダイアル 4 2MyAccountと入力して返信 5 2Load call CARDと入力して返信 6 ロードカード裏面に記されている10桁と6桁の数字を打ち込む。(これでロード完了) 7 メッセージアプリを開き、宛先8080に※「GOSURF299」と入力して送信(これで登録完了) ※これは、私のおすすめプランです。(299ペソ分のロードで、30日間1.5GB分のインターネット使用が可能なプランです。) 他にも様々なプランがありますが、チャピス校ではWi-Fi環境が整っている為、平日、校内ではWi-Fiを利用して週末に外出する際、モバイル通信を利用してます。 SIMフリースマートフォンはとても便利なので、お持ちでない方はこの機会に購入してみてはいかがでしょうか? ・グローブのロードカード(100ペソ) 裏面:スクラッチして番号を記されている数字を入力します 電子辞書 知らない単語を調べる際にもちろんスマートフォンで代替することが出来ますが、一回一回データの読み込みをすると時間がかかりますしストレスも溜まります。なので、電子辞書があるととても便利です。 国際キャッシュカード 現地のATMでフィリピンペソを簡単に下ろす事が出来ます。 現金だけで管理するよりもリスク回避出来ます。私は新生銀行のカードを使っています。日本でもコンビニエンスストアで365日24時間手数料無料でお金の入金引き出しが可能なので、とても便利ですよ。 ただ、フィリピンで引き出しする際に、手数料として1回につき、250ペソ取られてしまいます。(500円程、これはかなり大きい!) 基本的にフィリピンのATMでは1度の最大引き出し金額が10000ペソのところが多いです。 しかし、バーナム公園にほど近い「Hotel Veniz Burnham」の2階にある(マクドナルドが目印)ATMでは一度に20000ペソまで引き出し可能で、手数料の節約にもなります。 セッションロードからも歩いていける距離なので、ぜひ活用してみてください。 ・ATMへの入り口 マグセイセイアベニューとハリソンロードの交差点に大きな陸橋があります。 ドナルドも、20000ペソまで一度に引き落とせるATMはこっちだよと招きいれてくれます。笑 ヘアドライアー チャピス校にはヘアドライアーの用意はありません。 私は部屋の中にドライアーは当然ついていると勘違いして持って来ませんでした…。SMモールで800ペソで販売していますが、1700円と結構高いので是非日本から持ってくることを勧めます。 延長コード 私は3人部屋を利用しています。部屋にはコンセントが2箇所あり、1箇所につき2つの差込口しかありません。 […]

>> More

バギオ | PINES Chapis
PINES チャピス校 バギオ市街の歩き方

パインスインターナショナルアカデミー・チャピス校 バギオの歩き方(バギオ市街について) こんにちは!フィリピン留学学生レポーターのKoukiです! いきなりですが、フィリピンの都市で思い浮かぶ都市はどこでしょう? やはりマニラ、セブなどの大都市でしょう。大半の方が、「バギオ?どこにあるのだろう、小さい街だろう。」というのが率直なイメージでしょう。 私もフィリピン留学を考えるまで、バギオという街を知りませんでした。 本日はPIAがあるバギオという街を紹介しようと思います。 バギオはフィリピンの首都マニラのあるルソン島に位置しており、マニラからバスで6時間程の場所に位置しています。 街は標高約1500mにあり、フィリピン人中にも避暑地としても人気のある都市です。バギオは人口30万人ほどの中規模都市であり、マニラ、セブ、ダバオの様な大都市ではありませんが、後述のSMモールもある為、留学生活をしていて不便な事はありません。 また、それほど大きな街ではないので、フィリピンの中でも治安の良いことで知られています。外出機会が限られる留学生活を送る学生にとって大きすぎず小さすぎず、コンパクトで生活しやすい都市だと思います。 私が普段バギオのダウンタウンでよく利用するお店、施設を紹介しようと思います。 SMモールバギオ やはり先ずは何と言ってもSMモールははずせないでしょう。 SMモールはフィリピン全土に50以上の拠点を構える大型ショッピングセンターです。ここには食料品から服屋、電化製品などなんでも揃っており、携帯修理店や、映画館などもあります。日本から持ってくるのを忘れた物、使い切った、失くしてしまった場合でもここに来れば大抵のものは手に入れられます。 セッションロード バギオダウンタウンの目抜き通りです。 ニューヨークでいう5番街、パリでいうシャンゼリゼ通りみたいなものです!(たぶん! 通りにはファーストフード店、スターバックスなどの喫茶店、洒落たバーが並び、着飾った若者たちが闊歩する町並みはさながら表参道の様です。(それは言い過ぎました!) バギオに着いたらまずここを散策してみると良いでしょう。 バーナムパーク バギオダウンタウンの中心にある大きな公園で、バギオ市民の憩いの場です。 週末には多くの家族連れや若いカップル達が集まり、休日を楽しんでいます。 敷地内には大きな池があり、(正式には湖らしい…)スワンボートを100ペソほどで乗ることができます。 ここではゆったりとした時間を過ごせるので、勉強に疲れたときに散歩してみるとリフレッシュできますよ! バギオ大聖堂 フィリピンは東南アジアで唯一のキリスト教国で、国民の9割程がキリスト教徒だそうです。 バギオ大聖堂はセッションロードのほど近くにあり、ミサのある日曜日の夕方には多くのキリスト教徒が集まります。 ここではPIAのフィリピン人講師をよく見かけます。 日本ではあまり教会に行く事はなかったので、身近に異文化を経験できるのは興味深いですね。 フィリピンの喫煙事情 ここで一旦フィリピンの喫煙事情について説明しようと思います。(非喫煙者の方すみません!)フィリピンでは2017年から公共の場での喫煙が全面的に禁止されてました。これはかなり厳しいもので、路上喫煙が警察に見つかると1000ペソの罰金を支払わなければ行けません。その為、バギオ市内で路上喫煙してる人を見かける事はまずありません。さらに困ったことに街の中には喫煙所がほとんどありませんし、喫茶店も全面禁煙の店が多いです。しかしセッションロード沿いに一箇所だけ喫煙所があるのを見つけました!少しわかりづらいのですが、セッションロードの登り坂向かって右側にVolanteという店があるのですが、その手前の階段を下ると灰皿があります。私の周りでも数名警察に罰金を払っている友人がいるので、喫煙者の方は、路上喫煙はせずに指定の喫煙所で喫煙するようにしましょう。 交通事情について PIAチャピス校はバギオ中心部からおよそ徒歩30分弱の場所に位置しています。歩けない事はないですが、フィリピンは交通機関の料金が非常に安いです。 タクシー:初乗り料金35ペソ(約70円) 初乗り料金は日本の10分の1程度です。 マニラなどの大都市のタクシーは悪質なドライバーも多い様ですが、バギオのタクシーは問題なくメーターを使ってくれて明朗会計です。 チャピス校からセッションロードまで、混み具合にもよりますが、80ペソ程度で行くことができます。急いでる時や友人と移動するはタクシーの利用が便利です。 フィリピンは日本に比べてタクシーが安いし走っている台数が圧倒的に多い! ジープニー:料金8.5ペソ フィリピンならではの乗り物で、乗合のトラックの様なものです。 距離に関係なく、1度の乗車で8.5ペソ(20円弱)で乗車することができます。 チャピス校はマルコスハイウェイという通りに面していて、ダウンタウン方面へは乗り換えなしで向かうことができます。 その為、一人で行動する時お金の節約のためにジープニーを利用する様にしています。 ただ、大抵は乗客でぎゅうぎゅうになるので、貴重品の管理には気をつけましょう レストランについて バギオには多くの語学学校がある為、数多くの日本料理店、韓国料理店があります。 その中でも学生に人気のあるレストランを紹介します。 日本料理店 ・chaya:チャピス校のあるマルコスハイウェイからレガルダロードに入ったところ。 味はとても美味しいが、価格が少し高い。   ・NARUTO:セッションロードからも歩いて行ける場所。タクシーで行くなら「シティホール」と伝えれば近くまで行けます。価格も安めで美味しい日本料理が食べられます。   韓国料理店 ・PEARL:サムギョプサルのお店、韓国人の友人も韓国のサムギョプサルと遜色ないと言ってました。僕の友達は3ヶ月で6回行くくらいハマっていました。 […]

>> More

バギオ | PINES Chapis
バギオ PINESチャピス校の各種規則について

パインスインターナショナルアカデミー(PIA)チャピス校 学校規則と新ルールについて こんにちは!フィリピン留学学生リポーターのKoukiです!私のフィリピン留学も早いもので2ヶ月が過ぎ、残るは1ヶ月となりました。5月に入り、バギオは雨の降る日が多くなって来ました。しかし、この時期は、雨が降る時間帯は昼過ぎから夕方頃と決まっており、1日降り続ける事はまずありません。街中で雨に出くわした時はカフェなど屋内に入って休憩するといいでしょう。折り畳み傘を1本持っておくと便利かもしれません。 さて、今回のはPIAチャピス校の規則についてレポートさせていただこうと思います。既にご存知かと思いますが、PIAはスパルタ校の老舗です。フィリピン語学学校の中でも規則が厳しい事で有名ですが、留学生としての体験談をレポートして、皆様の参考になればと思います。 最終誓約書について PIAチャピス校では、いくつかの学校規則を定めており、それらに違反すると最終誓約書という書類を学校に提出する必要があります。また、この書類を提出後に再度規則違反をすると退学処分が課せられます。私が在学期間中に退学になった生徒も数名おり、規則違反した際は問答無用で退学されてしまうようですので、十分気をつけて下さい。 これに該当する規則は下記の通りです。 ・自分の部屋以外の他生徒の部屋への出入り 以前までは、同性の部屋への出入りは許容されていましたが、セキュリティ上の関係で同性の部屋への侵入も禁止されました。 ・飲酒 校内での飲酒はもちろん、持ち込みも禁止されています。これは土日祝日も禁止されていて、自分は飲酒していななくても、他生徒が飲酒している場に居合わせていた場合も同じように規定違反と見なされるので、注意が必要です。また、週末外出して戻って来た際にはエントランスでセキュリティガードから荷物検査があります。 ・校内での喫煙 PIAでは校内での喫煙を全面的に禁止しています。校舎の前には喫煙所があるので、ご安心ください。その為、私が在籍している間は校舎内で喫煙した話は聞いたことがないですね。 ・旅行計画書の未提出・虚偽 週末にバギオ市外へ旅行をする際には、学校へ旅行計画書を提出する必要があります。 (内容は生徒名、行き先などごく簡単なもの)この書類を未提出、または、虚偽すると違反に当ります。 ・最終誓約書写真(僕ですか?僕は模範生徒のようなものなので、当然まだ書いてませんよ!) 上記の規則違反は2回の違反で退学処分となりますが、その他にも以下の規則があります。 ・イングリッシュ・オンリー・ポリシー(EOP) 校内での母国語での会話が固く禁じられています。これに関しては入学以前の想像より、徹底されている印象があります。通路やエントランスには監視のスタッフがいて常に学生を見張っています。これはカフェテリアでの食事中も例外ではありません。その為、家族や友人に連絡する際は、校舎前で電話する必要があります。1階にあるマネージャーオフィスでマネージャーへの質問等はこの限りではありません。(残念ながら、チャピス校には日本人マネージャーは在籍していません…。)実際に校内で英語以外の会話を聞く事は少ないのですが、それでもごくたまに日本語、韓国語が聞こえてくる事はあります。 ・IDカードの盗用 全ての生徒は入学する際に、IDカードを配布されます。休憩時間等に喫煙所、カフェアンジェロに出かける時はこのIDカードをエントランスのセキュリティガードへ預ける必要があります。これを他人のものを使用したり回収することも規則違反に当たります。 これらの罰則は 1回目:厳重注意 2回目:週末スタディ8時間 3回目:週末スタディ8時間+最終誓約書の作成 4回目:キックアウト(退学処分) という過程で罰則が適用されます。 ※週末セルフスタディとは 週末の土曜日の朝9時から教室での自習が課せられます。この罰則は規則違反を犯す他、授業やセルフスタディをサボると課されます。これを1ターム(1ヶ月ごとに区切られる授業のスケジュール)以内に終わらせないと入学時のデポジットから1時間ごとに100ペソ徴収されてしまいます! ・規定違反概要 ・セルフスタディ掲示1 ・セルフスタディ掲示2(実をいうと一番上の3時間は僕の分です笑) 即時退校の規定について 上記の規定以外に1度でも違反をすると退校処分が課せられる規則もあります。 あまり適用される事はないとは思いますので、簡単に挙げさせていただきます。 ・部屋の窓から他人の部屋へ移動する事 ・ガードに金品などを提供する事(賄賂) ・学校の許可なく、外部の人間や卒業生を校内へ出入りさせる行為 ・他生徒や教師、マネージャーへの暴力・暴言 ・故意にキャンパスの器物を破損する行為 ・キャンパス内での調理、火器の使用 個人的にはこれらの事項は集団生活をするに当たって当然の事だと思うので、あまり神経質にならなくても問題ないと思います。 ※新ルールについて これはかなり重要な規則変更だと思います。これまでPIAでは平日の外出を完全に禁止しておりましたが、入学前にスパルタ制とセミスパルタ制を選択できるようになり、一定時間の平日の外出が可能となりました。スパルタ制とセミスパルタ制の外出可能時間は下記の通りです。 スパルタ:週に2度の外出権 外出可能時間帯:12:20〜13:20 / 18:00〜19:00 セルフスタディー必須   セミスパルタ:週に2度の外出権 外出可能時間帯:18:00〜22:00 セルフスタディーは必須ではないが、自習する際使用する教室の指定が出来ない為、空いてる教室を見つける必要有り 外出は認められているものの、当然平日の飲酒は禁じられており、また、注意が必要なのは外出可能時間帯の1分でも遅れて帰校した場合、最終誓約書を書かなければなりません。その為、2度の遅刻で退学処分となります。 […]

>> More

バギオ | PINES Chapis
バギオ PINES チャピス校 学校内の施設について

バギオ留学 パインスインターナショナルアカデミー チャピス校 校内施設について こんにちは!フィリピン留学学生レポーターのKoukiです。 本日はチャピス校の校内施設についてレポートします! 始めに施設について私の個人的な感想を述べさせていただくと、「十分満足できて大きな不満はない!」というのが率直な感想です。 リゾート施設ではないので、「最高!」とまでは言いませんが、勉強するのには適した環境であるのは間違いないと思います。 チャピス校 校内施設概要 PIAチャピス校は4階建ての建物で、1、2階が教室、3階が女性部屋、4階が男性部屋、地下がカフェテリア、ジム、売店となっています。 私の印象としては、白で統一された構内は清潔感があり、大きすぎず、小さすぎずとコンパクトで教室間の移動もスムーズにできるので非常に便利だと思います。 それでは、校内について詳細を説明します。 Wi-Fi環境について まずは、恐らく皆さんが一番気になっているであろうWi-Fi環境です。 今や生活必需品と行っても過言ではないスマートフォン。 学習するのにも、日本の家族、友人に連絡を取るにしても何かと便利ですが、通信環境が整っていないと元も子もありません。 しかし心配ご無用。これについては非の打ち所がありません。 校内のどこにいてもサクサク使えますし、なんと部屋の中でもインターネットサイトで動画をストレスなく見ることができます。(地下のカフェテリアでは繋がりにくい時もあるという声もありますが…。) 部屋について チャピス校では1〜3人部屋があり、私は3人部屋を利用しています。ルームメイトは日本人と韓国人の学生さんです。 気の良い2人なので、一部屋での共同生活も不満なく生活できています。ドミトリーなど多人数部屋に慣れている方なら、3人部屋の方が楽しく生活できると思います。 ベッド:サイズは小さめですが、許容範囲です。それ以外は適度なクッション性で寝やすいと思います。 貴重品管理:大きめな戸棚とセーフティーボックスがあるので、財布やクレジットカードなどの貴重品管理も安心できます。 学習机:部屋の中にも学習机がありますが、自習に関しては教室を使うことが多い為、荷物置きとなっています。 水周り:ここも皆さんが気にする点だと思います。 ユニットバス形式で、トイレには当然ウォシュレットなどはありませんし、トイレットペーパーも便器に流すことはできません。その為、備え付けのゴミ箱に使用したトイレットペーパーを捨てることになります。 最初は抵抗がある方もいるとは思いますが、どの生徒も徐々に慣れていきます。 シャワーの水圧に関しては、私の部屋は可も無く不可も無くといった印象です。 日本のシャワーに比べると当然弱く感じますが、不満を覚えるほどではありません。 温度調節に関しても、ボタン式の機械で温度調節が容易にできます。(私の部屋では機械の設定5で温度39〜42度くらいになります。) しかし、他の生徒の話では、部屋によってあたりハズレもあるようで、水圧が弱かったり、温度が安定しないなどの話も聞きました。ここら辺は運の要素があるようです。 テレビ:部屋には大きめの液晶テレビがあり、英語のニュースも視聴可能です。私はあまり、見ていませんが…。 衛生面:週に二回(火・金)と清掃が入り、枕、シーツなどはもちろんのこと、水回りも清掃してくれるので、非常に快適に生活できます。 また、虫などが気になる方も多いと思いますが、安心してください。 バギオは年中日本の初夏のような天候なので、害虫を見かける機会は少ないです。さらに、PIAでは月に一度害虫駆除をしているので、部屋の中で害虫はもちろんのこと蟻1匹出たことはありません!虫が苦手な方はバギオがオススメです。 不満点:大きな不満ではないですが強いて言うなら、ベランダがないことでしょうか。 使用したバスタオルを干すスペースが無いので、カーテンレールにハンガーを引っ掛けてタオルを干しています。笑 荷物に余裕があれば、1、2個ハンガーがあると便利だと思います。 ジムについて チャピス校は地下にジムがあり、なんと学生は無料で使用することができます。 設備としてはあまり充実しているわけでは無いですが、無料なので、贅沢は言えません。しかしランニングマシンなどもあるので、女性も利用しているのをよく見かけます。平日の外出が禁止されているので、体を動かす機会が少ないですし、勉強に疲れた時、リフレッシュしたい時に活用して見てはいかがでしょうか。 僕ですか?僕はサラリーマン時代に鈍ったアラサーボディーを改善する為、週4ほど利用しています。笑 売店について 地下には小さな売店があります。 販売しているものは、飲み物、スナック、カップラーメン等の飲食物に加え、トイレットペーパーなどの生活必需品です。 しかし、価格が若干高めに設定されているので、できる限り週末にデパートやコンビニエンスストアで買い溜めすることをオススメします。 カフェテリアについて 学生が基本的に食事するカフェテリアは地下にあります。 食事の詳細については改めてレポートさせていただこうと思いますが、現在チャピスこうに在籍している約80名が一度に食事ができるキャパシティーはあります。ただ授業を終えた学生が一度にカフェテリアに集まるため、大抵は配膳されるのに長蛇の列になります。なのでフィリピン人講師に特別質問などがない限り、授業が終わったらすぐに向かうことをお勧めします!! 他の学校を体験した事が無いので、比較する事はできませんが、ここがフィリピンという事を考慮するとチャピス校での生活は快適だと思います。平日はエントランスも無料のコーヒーがあったり、留学生が勉強に集中、専念できる環境づくりに努めている印象があります。 以上、フィリピン留学学生レポーターのKoukiでした!!

>> More

バギオ | PINES Chapis
バギオ PINES チャピス校 1日のスケジュールについて

バギオ留学 パインスインターナショナルアカデミー一日のスケジュール 授業紹介 こんにちは!フィリピン留学パインス・チャピス校の学生レポーターのKoukiです! 昨晩は唯一門限無しの外出が許されている土曜日でしたので、夜遅くまで韓国人の友人と目抜き通りのセッションロードや、ダンスクラブのある「CAMP」へ行ってました。 バギオの街並みについてはまた改めてレポートさせていただこうと思います。 さて、今回は私がチャピス校でどのような生活、授業を受けているかをレポートしたいと思います。まずは、一日のタイムスケジュールです。 《☆タイムスケジュール》 ・7:45 起床→朝食 ・8:20〜9:10 発音の授業(1on1) ・9:20〜10:10 パターンクラス(1on1) ・10:30〜11:20 スピーキング(1on1) ・11:30〜12:20 ライティング(グループ) ・12:20〜13:20 休憩時間・ランチ ・13:20〜14:10 イディオム・熟語(1on1) ・14:20〜15:10 ディスカッション(1on1) ・15:20〜16:10 リスニング①(グループ) ・16:20〜17:20 リスニング②(グループ) ・17:20〜20:00 休憩時間・ディナー ・20:00〜22:00 強制自習 これが私の通常の1日のタイムスケジュールです。 私はESLコースを申し込んでいるため、マンツーマンクラスが4コマ、グループクラスが4コマの計8コマです。 それでは、各授業の詳細を説明します。 ☆《授業詳細》 ①発音クラス 教科書を基にアメリカ発音を学びます。 日本人の苦手なLサウンドとRサウンド、THサウンドなどをどのように発音するかをフィリピン人講師からマンツーマンで学びます。 ②パターンクラス ネイティブスピーカーが使うパターンを学びます。 (EX) What makes you think that 〜, I thought you said you were gonna 〜 教科書には実際に映画やドラマで使われている会話を引用していて、日本の参考書ではネイティブの会話を学べる物は少ない為、非常に勉強になります。 英会話はパターンを覚えることで飛躍的に向上するということなので、自習の時間は何度も声に出して復習するよう心がけています。 ③スピーキング 授業ごとに特定のトピックについてフィリピン人講師とマンツーマンでディスカッションします。 あるストーリーを授業の始めに読み上げて、それについて自分の意見や考えを主張たり、質問に回答します。 マンツーマンでのフリートークできるので、最近覚えた単語、言い回しを実践する絶好の機会です。 ただ、フリートークなので、授業のトピックから脱線する事もままあります。笑 ④ライティング この時間ではいわゆる『文法』について学びます。 ただでさえ英文法を理解するのは難しいのに、英語で英文法を理解するのは非常に難しいです。 なので、英文法については日本にいる間にある程度おさらいをしておくことを強くお勧めします。 特に前置詞:preposition , […]

>> More

バギオ | PINES Chapis
バギオ PINES チャピス校 自己紹介

バギオ留学 パインスインターナショナルアカデミー 自己紹介 初めまして!今回からPines International Academy のChapis校を紹介させていただくKoukiですパインス・チャピス校へ留学を検討されている皆さんにチャピス校での生活環境、魅力を実際の留学生目線でお伝えできればと思います。 《☆自己紹介》 東京出身、横浜在住。27歳。 大学を卒業後、都内の企業で営業職として4年程働いていました。 語学レベルについては、TOEIC,TOEFLなどの試験を受けたことがないため、具体的な数字としては残っていませんが、勤めていた会社の福利厚生の一環として英語のクラスを受けていましたので、簡単な日常会話は可能といったレベルだと思います。笑 留学期間は計3ヶ月で、クイサン校に6週間滞在しておりましたので、チャピス校にも6週間滞在することになります。 今回のフィリピン留学が私の初めての海外留学となるので、当初はとても緊張してましたが、今は環境にも慣れて日々楽しく生活できています。 《☆フィリピン留学の経緯》 私は大学生の時に夏休みや春休みなどの長期休暇の度に海外旅行へ行ってました。旅先では主にゲストハウスのドミトリーを利用していましたので、外国人と触れ合う機会があったのですが、当然会話は英語を使う事になります。しかし英語が堪能ではない私は、会話について行くことができずに疎外感を感じていました。 また、グローバル化が進むこれからの時代は『英語スキル』はマストになると思います。 さらに2020年には東京オリンピックを控えた状況で、海外からの旅行者も増え、英語で会話する機会が増えるのは自明の事実です。 勤めいていた会社では、英語を使う環境ではなかった為、とても悩みましたが、カナダへのワーキングホリデーへ行くことを決めました。 しかし、ワーキングホリデーを経験した周囲の友人やインターネットでの情報では、ある程度の英語スキルがない中、英語ネイティブ圏へ行っても環境に順応するのは難しいという話を聞いていました。 そんな中、ワーキングホリデーの前にフィリピン留学が短期間で語学力を上げるのに最適だという話を聞きました。 《☆フィルイングリッシュ を利用した理由》 皆さんもご存知の通り、フィリピン留学は日本でもかなりメジャーになってきていて、語学留学での候補地として、有力候補の一つとして認知されています。 その為、日本にも数多くの留学エージェントがあります。私も複数のエージェントを比較していましが、その中でフィルイングリッシュ さんを利用させていただいたのは、下記の理由です。 ・フィリピンの語学学校を専門に取り扱っている。 ・高田馬場にオフィスがあり、オフィスへ伺った際に担当者の方にしっかり対応していただいた。 ・個人で直接学校へ申し込むより、入学金などの割引をしていただける。 ・メールや、ラインでの問い合わせへの回答も迅速に対応してもらえた。 上記を踏まえ、フィルイングリッシュ さんなら信頼して仲介を任せられると感じました。 《☆なぜパインスインターナショナルアカデミーに決めたか》 私はフィリピン留学へ行くことを決めたときから留学先はバギオにしようと決めていました。 一番の理由としてはやはり気候です。フィリピンはご存知の通り日本の南西に位置していて、常夏の国です。 特に私の留学時期がちょうど3月〜5月とフィリピンの夏にあたるようで、ニノイ・アキノ国際空港(マニラ空港)についた時は想像以上に暑く、勉強に集中するのは難しいと感じました。 しかし、PIA(パインス)のあるバギオ市は標高約1500mの山岳地域の為、一日中快適に過ごせます。(日本の5月から6月くらいの気候)また、バギオはセブに比べレジャーやアクティビティー施設が少ない為、勉強に集中できる環境が整っていると考えたからです。(ただ、バギオも人口30万程の都市なので土日は満喫できます!) その中でもPIAを選んだ理由としては、 ・2001年創業の老舗で教育カリキュラムが確立している。 ・3つのキャンパスを有し、10段階のレベル分けがあり、自分のレベルにあった授業を受けることができる。 ・教育力に優れた講師陣(PIAでは1ヶ月ごとに学生による教師の満足度調査を実施している) ・スパルタ校で英語学習に専念する環境が整っている。(PIAでは平日の外出禁止、校内での母国語の禁止など規則が徹底されています) 語学学校を選定する際に、いくつかの候補がありましたが、このような理由でPIAに決めました。現在滞在7週間ほどですが、上記の触れ込みに間違いはありません! 校舎外観:白を基調として清潔感があります! 校舎の目の前に喫煙所があります。屋根があり、雨の日でも安心です!ここでは母国語での会話が許可されていて休み時間の憩いの場です! 以上、簡単ではありますが、私の自己紹介とさせていただきます。 今後も留学生目線で、パインスチャピス校をレポートさせていただこうと思いますので、宜しく願い致します! フィリピン留学レポーター Kouki

>> More

バギオ | Help マーティン
HELP マーティンス*まとめ①

日本でのリアルライフがもうすでに始まっております。So hardです(笑)仕事もあり、オンラインクラスもあり、さらに宿題もあり、さらにさらにOfficial Testが控えているという状況です。仕事のお昼休憩時に飯食わず毎日宿題のエッセイ書いています(笑)

>> More

バギオ | Help マーティン
HELP マーティンス*まとめ①

本当にフィリピンでの生活は、日本にいる時の倍のスピートで月日が過ぎていきました。それだけ充実した生活を送れていたのだと思います。最後にこの2ヶ月間の留学を振り返ってみたいと思います。今回の記事では、2ヶ月間生活したHELP Martins校についての感想とおこがましいですが評価について書いていこうと思います。

>> More

バギオ | Help マーティン
HELP マーティンス*マーティンス校とロンロン校の違い

フィリピン留学学生レポーターのYuseiです。留学期間中最後の模試を終えて来週の結果が少し楽しみでもあります。もう残すところも一週間。もうここまで来てしまったのかと後半はさらに時間の速さを感じます。最後まで時間を無駄にしないように過ごしていこうと思います。

>> More

バギオ | Help マーティン
HELP マーティンス*バギオ留学に向けての準備

フィリピンの軽井沢と言われる環境抜群のバギオではほんと快適に過ごすことができたなと思います。よく留学前の持ち物リストなどを目にしますが実際に長期滞在してあった予想しなかった出来事などと一緒にHELP Martins入学への準備について記事にしていきます。

>> More

クラーク | CIP
クラーク留学CIP*フィリピン留学まとめ後編

【フィリピン留学まとめ後編】 前回はまとめの前編として、CIPならではの成果をお伝えしましたが、今日はCIPだけではなくフィリピン留学全体としての感想を、メリットとデメリットに分けてお伝えして行きます!

>> More

クラーク | CIP
クラーク留学CIP*まとめ前編〜CIPならではの3つの経験〜

CIPの紹介文で書いた通り、CIPには4カ国以上の国籍の学生が集まる学校として有名です。 月によりその比率は変わるものの、学生間での共通言語は学校の中でも外でも常に英語です。 学生一人ひとりのレベルが高いという事もありますが、一人ひとりが英語を通して他国の文化や考え方を知りたいという熱意を持っているからです。

>> More

クラーク | CIP
クラーク留学CIP*留学を成功させる4つのコツ

留学をする際に1番気になることは、どれぐらい留学すればどれぐらい英語力は上がるのか?ということではないでしょうか。 僕も滞在期間を決めるときはとても気になっていて、学校の実績を見比べていました。

>> More

クラーク | CIP
クラーク留学CIP*CIPのアクティビティ紹介!

こんにちは、 IBUKI です! 今日は CIP のアクティビティ についてお話します! 【 CIP にはどんなアクティビティがあるの?】 残り 2 週間になり、アクティビティ情報が集まりましたのでご紹介していきます!

>> More

クラーク | CIP
クラーク留学CIP*コースの違いについて

こんにちは、IBUKIです! 先週からコースを一般英語コースからIELTSコースに変更しました。 その他にもCIPにはTOEICコースなどもありそのような試験対策コースはスペシャルコースと呼ばれています。

>> More

クラーク | CIP
クラーク留学CIP*CIP周辺のおすすめ施設

クラーク留学CIP*CIP周辺のおすすめ施設 こんにちは、CIP学生レポーターのIBUKIです! 今日はCIP英語スクール周辺の施設について詳しくお話します!   【CIP周辺のショッピングモール】 学校の中だけでも生活はしていけますが、文房具を忘れた・シャンプーが切れた・ハンガーが必要になった・お菓子がほしいなどなど出てくることもあると思います。 また、たまには外に出てお店の人と会話をしたり、フィリピンの文化に触れてみることも大事です。 そんな時はショッピングモールに行ってみましょう! CIPの近くには3つのショッピングモールがあり、語学学校からシャトルバスが出ていることもあります!   Nepo Mall(ネポモール)     CIPから一番近いショッピングモールは車で約5分程度のところにあります! ここは地元の人が行くようなモールなので、3つのショッピングモールの中で1番安いものが多くあります。 ついこの間は、アクティビティで急遽汚れてもいい靴が必要になったので、ここで185ペソ(日本円で約370円)の靴を買いました!   トライシクルで行く場合は、30~40ペソくらいで行けますのでぼったくられないように事前に運賃を交渉してください! ネポモールにはレストランや文房具、本屋、食料品、靴、服、携帯関係と基本的になんでも揃っています。しかし、安いだけに壊れやすいものやブランドの偽物も当たり前にあるので何か買う場合は、壊れてもいいやという感覚で買うことをお勧めします(笑) 僕は主に、飲食物やトイレットペーパーといった消耗品を買いに行きます!   ちなみに、入校1日目の月曜日にシャトルバスが出ますので新入生が初めて買い物に行くショッピングモールがこのネポモールになります。   SM Mall (SMモール) こちらも週に1度シャトルバスが出ますので、車で15~20分ほどの立地ですが無料で行くことができます。 トライシクルなどで行く場合には、150ペソで行くことができます! ここはCIP周辺のショッピングモールの中では1番大きいモールですが、SMモールに限らずほかのモールにも休むためのソファーが基本的にはありませんので歩き疲れることもしばしばあります(笑) ここでは映画も見ることができますし、レストランもたくさん入っているので面白いです。   Marquee Mall(マルキモール) そして最後はマルキモールです! ここは3つの中では1番物価が高いショッピングモールですが、中はダントツで綺麗ですし、売っている商品のクオリティも確かなものです。 日本にもあるブランド店が多く、レストランなども日本でおなじみのレストランがあるので馴染みやすいかもしれません! そしてうれしいことに、マルキモールには休むためのソファーが一番多く設置されています!日本ほど多くはありませんが、これがあるだけで買い物はずいぶんと楽なものになります。   フィリピン人の先生たちはご飯を食べにマルキモールに行ったり、ウィンドウズショッピングをしに行くとは言っていますが、高いので何も買えないんだとか… ここは観光客をターゲットにしたモールなので少し値が張りますが、日本と同じくらいの価格といったイメージだったので、現地の物価では相当高いです。     【CIP周辺のマッサージ店】 フィリピンといえば、マッサージ!!! 本格的なマッサージを格安で受けられることで有名ですよね!!! しかし、実際にはマッサージ店ってどこにあるのか少しわかりにくかったり、入りにくかったりするんです・・・ ということで、おすすめのマッサージ店を2つピックアップしましたので、安心してチャレンジしてみてください!   Librari Spa     ここはネポモールと繋がっているNew Pointという建物の2階に入っています。 […]

>> More

クラーク | CIP
クラーク留学CIP*トラブルにあってしまったら?

クラーク留学CIP*トラブルにあってしまったら? こんにちは、CIP学生レポーターのIBUKIです! つい先日、友達の携帯がスリにあってしまいポリスオフィスに行ったりと保険の手続きをバタバタと手伝っています。 いざ、手続きをしてみると意外と知らないことばかりで大変でしたので、一連の流れを書いておこうと思います!   【海外滞在中でトラブルは多いのか?】 海外でのトラブルは他人事ではありません。 日本人は裕福というイメージが強いので、狙われやすい国のうちの1つと言われています。 フィリピンは特にトラブルにあった方も多くいるようで、盗難にあったと言ってもよくあることと言っていました。 日本ほど安全な国はかなり珍しいですが、しっかりと対策を打っていれば大丈夫ですのでご安心ください!   フィリピンは危ないというイメージを持っている方も多いので、フィリピン渡航前にはたくさんの方が心配していましたが、実は場所によっては日本の犯罪率より低いエリアがフィリピンにはあります。特にセブ島と経済特区内は国が力を入れて治安維持に勤めているため、日本より犯罪率は低くなっているのが現状です。 とは言え、海外ですので外国人である僕たちは油断禁物です。 フィリピンの格差は日本よりはるかに大きいので特に子どもには注意してほしいと先生や、被害にあった留学生さんは言っています。 この写真は通りかかった橋の下の街の様子です。日本では目にすることができない格差ですが、この風景がずっと先まで続いています。     ある留学生さんは、突然子どもに囲まれてその子たちが過ぎ去った後にはポケットの中はすっからかんだったそうです。 また、ジプニーという乗り物がフィリピンでは有名で、現地の人の足となっている乗り物ですが乗ることはお勧めしません。     というのも、ジプニーはタクシーやトライシクルよりはるかに安く利用できるため、貧困層の方もジプニーを利用します。そして中はぎゅうぎゅうで人が乗るため隣の人とはぴったりくっつきます。 なので、たとえカバンを体の正面で持っていても、横から穴を開けてでも中身を取って行く人もいるのです。   大事なのは、このような現実をしっかり認識した上で貴重品の自己管理をしながら過ごすことです!そうするだけでもかなりトラブルに巻き込まれる確率は減ると思います。   【トラブルにあったらどうすればいいのか?】 それでもトラブルにあってしまったらどうすればいいのか? 大体の流れは知っていましたが、いざ実際に体験してみると大変だったのでここに記録しておこうと思います!   〜携帯を盗られてしまったら〜 携帯を止める 気がついたらまずは日本の携帯会社に連絡して、携帯を止めてもらいましょう。 たとえロックがかかっていても、たった数秒でパスワードが解除されてしまいます。   警察署に盗難届をもらう     保険に入っている方は必ず警察署に行きましょう。 必ず、被害にあった場所から1番近い警察署に行ってください!町ごとに警察が分担して管理しているため、たとえ隣町でも最寄りでなければ対応してくれません。 そして、盗難届をもらいましょう。これがなければ、保険は申請できません。   この盗難届をもらうためには日本と同じように事情聴取がされるわけですが、自分でトラブルの詳細を英語で記入しないといけないため、とても大変です。 英語が未熟な僕からしたら、事情を説明することさえとても時間がかかりました。 最終的には紙に時系列で説明しながら何とか理解してもらい、英語でのレポートも手伝ってもらいましたが、1時間は軽く超えてしまいました。笑   保険会社に連絡を 保険会社に事情を説明し、どのような手続きが必要かを確認しましょう。 手続き方法は保険会社によって違いますので、出来れば渡航前にしっかり確認しておくことをお勧めします! 友達の場合は、日本に帰ってからでないと対応出来ないようで、書類を日本の自宅に送ってもらったそうです。   大まかに書くとこの流れですが、今回はイベントの最中に起こったことだったので、イベント主催者にも事情を説明しもし携帯が見つかれば学校へ連絡してもらうようお願いしました。 学校の先生たちは中古の携帯電話を買うよう勧めていますが、そういった中古品の多くは盗まれたものだと先生は言います。物価の安いフィリピンですが、家電は生産数が少ないため日本より割高です。もちろん、売る側としても高く売れる為携帯はとても狙われます。   〜クレジットカードを取られてしまったら〜 […]

>> More

クラーク | CIP
クラーク留学CIP*留学前にやっておきたい2つのこと

クラーク留学CIP*留学前にやっておきたい2つのこと こんにちは、IBUKIです! 突然ですが、留学は始まってからがスタートではなく、留学を決意した瞬間から始まっていると僕は思っています。 留学前だからこそできることもたくさんありますので今日は2度の留学から思う僕の“留学前にやっておきたいこと”を2つだけご紹介します!   【留学前にやっておきたいこと その1】 留学前にやっておきたいことはもちろん・・・英語の勉強です!!! でも何からやればいいのかわからない、特に学生を卒業した社会人の方のそんな気持ちもわかります。 ということで、留学経験を通して思う勉強のポイントを2つご紹介します!   ~留学前の英語学習 やっておきたいポイント①~ まず絶対的に押さえておきたいのは、品詞の英語です! 品詞とは、名詞、形容詞、副詞などのことですが、これを英語でなんと言うのか?     英語を英語で学ぶわけですから、誰も名詞とか、形容詞などという単語は使ってくれません。 これは僕が初めて留学した時の話ですが、授業内容は簡単でも説明がすべて英語なので、先生が話していることを理解するのに時間がかかりました。 名詞や形容詞なんて言葉は、あまり学校では習いませんよね。でも、英語で教わる留学では ほぼ毎日、耳にする言葉なので留学前に覚えておいたほうがいいと思います! 品詞にかかわらず、単語を知らなければいくら耳がよくても英語は理解できませんし、逆に単語を多く知っていれば知っているほど、相手が何を言っているのかわかりやすくなります。 留学前は一つでも多くの単語を覚えていってください!特に品詞は必須です!!! 地道な作業ですが、留学してからその積み重ねが役に立つはずです。   ~留学前の英語学習 やっておきたいポイント②~ そして、留学前にやっておきたい英語学習のもう1つは文法です! もちろん、現地に行ってからも必ず文法は勉強することになりますが基礎である文法が固まっていればいるほど、スピーキングの上達は早いといわれています。     僕は学生時代からずっと受けていなかったTOEICを留学前に2回受けたのですが、文法を1から見直しただけで1回目よりTOEICが50点上がりました。 文法は日本人が得意とする分野ですが、それでも見直す価値はあると思いますし、文法は日本でやろうが海外でやろうが変わらないです。むしろ、日本語で教わるほうが理解スピードは速いはずです。 せっかく行くのであれば、現地でこそできるリスニングやスピーキングに力を入れたほうがいいと思いますので、単語や文法などはできる限り日本にいるうちに進めてしまいましょう!   【留学前にやっておきたいこと その2】 留学を始める前にやっておきたいことその2は・・・イングリッシュネームを決めておくことです! イングリッシュネームとは、欧米で使われるような名前のことをいいます。 なぜそれが必要かというと、他国の名前は馴染みがなく覚えにくい・発音しにくいという理由からです。日本人にとってはあまり馴染みがないかもしれませんが、韓国人や中国人は自己紹介でイングリッシュネームだけいう人もいます。 また、CIPはネイティブの先生も多いので、イングリッシュネームのほうが好まれます。先生によってはつけてくれたりしますので、先生につけてもらうもよしだと思います! ちなみに、この写真の真ん中に写るのはアメリカ出身のネイティブの先生なのですが、この先生の生徒は全員イングリッシュネームで呼ばれており、持ってない場合でも初日からイングリッシュネームを考えようという話になります!     フィリピン留学の場合は、ほとんどが韓国人と日本人なので、意外と先生たちも覚えてくれたりするのですが、周りを見ているとイングリッシュネームのほうが早く覚えてもらえますし、留学生も多国籍なので他国の学生にとっても覚えやすいようです。 ちなみに僕の名前は発音が難しい名前なので、イングリッシュネームをつけていきました。 おかげで、みんな一発で覚えてくれるので、声もよくかけられます。逆に、日本人の名前は言いにくそうで、何度もあの子名前何だっけ?と確認されることもあります。 名前の知らない人より、名前を知っている人のほうが声はかけやすいですよね! そう思うと、やはりイングリッシュネームを使うことで友達も作りやすいですし、学校にも馴染みやすいのでお勧めです!   この2つは、2度の留学を経験した上で感じた2つですが、まだまだやれること、やったほうがいいことはあると思います。 それは人によって違うこともありますが、今日ご紹介したことは誰もに言えるのではないかな?と思います!   それでは今日はここまでです***   フィリピン留学CIP学生レポーターIBUKI

>> More

クラーク | CIP
クラーク留学CIP*食事について

クラーク留学CIP*食事について こんにちは、CIP学生レポーターIBUKIです!   今日はフィリピンでの食事事情について書いていきます!   【CIPの食事について】 CIPの食事は週末も含め毎日3食食べられます。すべてバイキング形式となっており、好きなものを好きなだけ食べられます。     CIPは韓国資本なので、韓国料理が基本ですが多くの国から留学生が集まる学校でもあるので、他の学校に比べ出される料理のレパートリーも豊富で多国籍です。 中華料理やメキシコ料理、時にはタイ料理も出たりします。もちろん、日本料理も出ることがあります。 朝は基本的にパンやシリアル、ホットケーキ、時々キンパという韓国名物が出ることもあります。     昼と夜にはほぼ毎回、白米がありますし、みそ汁もよく出されるメニューです。 また、果物は3食必ずありますし、昼と夜にはサラダバーも出てきます。 日本食は、うどんやお好み焼きが出てきたことがありますが、普通においしかったです! 写真は日本食ではありませんが、参考にしてみてください。       他国の料理をわざわざ買ってまで食べないな~と思った経験、誰しもあるのではないでしょうか?ご飯を食べようと食べなかろうと、留学の値段は変わりませんので、せっかくの機会ですからCIPへ来る方はなんでもトライしてみてください! 【スナックバーについて】 なんでもトライするのは大切ですが、多国籍なだけに合わないメニューもあるかと思います。また、3食の食事は1~2時間の決められた時間に食べないといけません。特に、夜ご飯は17時半~18時50分の間に食べなければ提供は終わってしまいます。 ご飯の時間が早いので夜はお腹がすくこともしばしば・・・ そんな時でも、CIPにはスナックバーがあるから大丈夫です!!!     スナックバーはカフェテリアの中にある売店のようなもので、お菓子や飲み物、アイスや軽食、さらにはカップヌードルが販売されています。しかも、スナックバーは夜の10時まであいているので、小腹がすいた時にはとても重宝しますし、CIPのご飯はおいしくないという留学生さんはカップヌードルをスナックバーで買って食べたりしています。   個人的におすすめなのはスナックバーに売っているバナナシェイクとレモネードのようなジュースです! バナナシェイクは砂糖を一切使用していないのですがそれでも十分甘い、濃厚な味わいでした!また、レモネードは甘いのですが、フィリピンの中の飲み物では割とすっきりしているのでおすすめです! ちなみに、値段は缶コーヒーが日本円で約60円、バナナシェイクは約160円、レモネードは約80円で、軽食でも200円ほどで販売していますのでトライしてみてください。   【CIP外での食事事情】 CIPの料理はおいしいのですが、たまには外で食べてみたい、せっかくだからフィリピン料理を食べてみたい、そんな風に思うことも出てくるかと思います。 そこで、フィリピンの食事事情をカテゴリーに分けて紹介していきます!   ~フィリピン食事事情 飲み物編~ フィリピンでは何を飲んでも甘いです(笑) 前に、マッサージを受けにサロンへ行ったときに飲み物を出してくれたことがあります。 アイスコーヒーとアイスティー、日本ではどちらもノンシュガーで出てくることが多いですが、フィリピンでは両方甘かったのが印象的です(笑) ただ、いい点としてはただ甘いだけではないということです。 僕はアイスティーを飲んだのですが、パッションフルーツやマンゴーの味がブレンドされて甘みがあっても全然まずくありませんでした!     それから、これは余談ですがフィリピンではMILOがとっても人気です! スーパーでは驚くほどのスペースをMILOが占領していることもしばしば(笑) 行く機会があれば面白いので見てみてください(笑)   ~フィリピン食事事情 食べ物編~ フィリピンの食べ物も飲み物と同様、基本的に甘いです! 校内、校外ともにそれは変わりません(笑) そのほかの特徴としては、フィリピンには多くの国のレストランが存在します。これは日本も同じですが、日本と大きく違う点は味を自国の人向けにアレンジしないということです! 例えば、日本にあるフランス料理をフランス人が食べて違うと言ったり、逆にアメリカにある日本料理店で日本人が食べてどこか違うと思うのと同じように、自国の人の口に合わせて料理の味を少し変えて提供する国があります。日本はまさにそのスタイルですが、ここフィリピでは逆なのです。 […]

>> More

クラーク | CIP
クラーク留学CIP*寮と施設について

クラーク留学CIP*寮と施設について こんにちは、CIP学生レポーターIBUKIです! 前回はCIPがどんな学校か?についてお話ししましたが、 今回はCIP英語スクールにある施設、設備についてお話しします! 【CIPの設備】 ・寮 学校のパンフレットやHPでは寮のリアルな姿をみることは難しいので、僕自身とても気になっていました。 もちろん日本と違って、土足です。なので、汚いことを覚悟の上で行きましたが、、、 意外ときれいでした!!!! 部屋は3人部屋、2人部屋、1人部屋とタイプがあります。 僕は3人部屋を選んだので3人部屋をご紹介しますが、部屋の広さはそんなに狭くないですし、ベッドとベッドの間は70cmくらいあります。 週に1度、害虫駆除をしているので校内ではほとんど虫を見ることもないですし、もちろん部屋に出たこともありません!これが1番の驚きでした! また、ベッドの向かいに机が1人1個用意されており、本を置く棚、ライト、コンセントもあるので使い勝手がいいです。校内の椅子は固いものが多いのですが、部屋の中にある椅子は柔らかくどっしりとした良い椅子です! 机の距離は近いですが、自習室があり24時間自由に使えるようになっているので部屋で勉強することはほとんどありません。 トイレは以前お話したように、トイレットペーパーは流さずゴミ箱に入れる式です。 シャワーは日本とはかなり違いますが、海外にはありがちなタイプだと思います。 トイレとシャワーに仕切りが1枚で、シャワー後はトイレもビタビタになってしまいますので、慣れないうちは少しショックを受ける方もいるかもしれませんが、慣れてしまえば問題ありません(笑) そのほかには、テレビや冷蔵庫、さらに各自ロッカーが用意されていて、鍵もかけられるので貴重品の管理もしっかりできます。 ・カフェテリア カフェテリアは2階建てになっていて、学校の門のすぐ隣にあります。 カフェテリアにはスナックバーと呼ばれる売店も入っていて、そこで飲み物やお菓子、アイスなどが買えるようになっています! また、毎日のご飯もここカフェテリアで食べますが、普段は1階部分しか使いません。 2階はオリエンテーションやプレゼンテーション、毎週開催される卒業式などをやるときに解放されます。 カフェテリアの様子は、学校のご飯についての記事でまた改めてご紹介します!   ・ジムと体育館 勉強の息抜きに、たまには体を動かしたい方のために! フィリピン留学の多くの学校が校内にジムや体育館を持っていますが、CIPも体育館とその隅っこにトレーニングマシーンがいくつか用意されていて、留学生だけでなく、先生たちも時々利用しています。 このジムと体育館は、利用するのに予約などがいらないので気軽に利用できるのが良い点だと思います! また、体育館には卓球台やネットが張られているので、卓球やバトミントン、バレーボールもできます。 さらに、毎週水曜日は「GOGOダンス」というアクティビティが開催され、先生がステージに立って教えてくれます。よく耳にするヒット曲を使ってみんなで踊ります! (GOGOダンスの様子) また、毎週木曜日はスポーツデイと言って球技大会のようなイベントが開催されます。 こちらはサインをする必要がありますが、いつも参加者がいて参加すれば友達もすぐにできると思います! ・洗濯機 洗濯は学校のランドリースタッフの方に無料で洗ってもらえますが、自分で洗う人もいます。自分で洗う人用の洗濯機が用意されていますので、その洗濯機を使い洗いますが、洗剤は自分で用意することになります。 ルームメイトも自分で洗っていたので、無料で洗ってもらえるのに、なぜわざわざ自分で洗うのかと聞いたところ、出した洗濯がなかなか返ってこないのが嫌なんだとか・・・ 僕は洗濯をしてもらっていますが、週に3回、決められた曜日に出し返ってくるのは翌日か2日後です。それを見越して服を多めに持参すると返却が少しぐらい遅れても安心かもしれませんね! ・プール ジムと同じように、フィリピン留学の多くの学校が校内にプールを所有しています。 水は業者の方がほとんど毎日きれいにしているのを見ますし、実際入ってみてもとてもきれいでした! 休みの日に外に出るのもいいですが、お金も時間を使ってしまいます。ですが校内のプールはもちろん無料で予約なく、夜の9時まで自由に使うことができるのでお勧めの施設です!!! それでは今日はここまでです**** フィリピン留学CIP学生レポーターIBUKI

>> More

クラーク | CIP
クラーク留学CIP*CIPってどんな学校?

クラーク留学CIP*CIPってどんな学校? こんにちは、IBUKIです! 入校して2週目に入りましたが少しずつ、学校のことも分かってきたので、 今日は僕の行っているCIP校ってどんな学校?ということについてお話しします!   【CIPの基本情報と特徴について】     名称:CIP(Clark Institute of the Philippines) 所在地:クラーク(クラーク経済特区外) CIPはクラークに位置する学校で、2007年に創立してからずっと政府公認のもと運営されている安全な学校です。 学校周辺にはサリサリというコンビニと居酒屋の間のようなお店がありますが、ゲートがあり許可を受けないと基本的には立ち入れないようになっているのでとても静かで安全な場所にあります。 基本的にはタクシーも入って来られないほどですが、なぜかトライシクルはあります(笑) トライシクルはバイクにサイドカーがついた乗り物で、タクシーより安く乗れる乗り物ですが、現地人でないと必ずと言っていいほどぼったくられるのであまりお勧めできません(笑)とはいっても、多くとられていても日本より格安で移動できるので経験したい方は観光料だと思って乗ってみるのもいいかもしれませんが、グラブタクシーというタクシーを使えばトライシクルより安く利用できる場合もありますので、フィリピンに来る前にグラブタクシーというアプリをダウンロードしておくことをお勧めします!!! グラブタクシーだけ、敷地内に入れるそうなので、道でタクシーを拾う必要もありません。 ただ、クラークに来る前に知っておいたほうが良いのは、CIPはクラーク経済特区と呼ばれるエリアには位置していません! 多くのエージェントでクラークの語学学校は経済特区の中にあるようなニュアンスで説明されてしまうのですが、経済特区と呼ばれる中には調べたところ4校ほどしか存在しないようです・・・ とはいっても、経済特区とそうでないエリアの境目は曖昧で劇的に何か変わるわけでもなさそうですし、CIPは経済特区内ではなくともすぐそばにセキュリティゲートと警備の人が24時間体制でついているので学校付近は安全ですのでご安心ください! また、クラーク経済特区をはじめとするクラークという街は企業街なので観光地としてではありませんが、マニラやセブと同じように発展している地域ですので、クラークエリアは比較的安全と言えます。   次にコースについてですが、CIPには多くのコースが存在し一般英語コースのほかに、IELTSコース、TOEICコース、ビジネスコースなど全部で12コースあり、ジュニア用のコースも加えると13コースにもなります。 その中でも、レベル分けが13段階に分けられていますし、マンツーマンが授業のほとんどを占めますので英語初心者から上級者まで様々な方に対応しています。 また、驚くことにTOEICやIELTSコースの留学生のほとんどがスコアアップに成功しています!スタッフの方に聞いても、このコースをとれば絶対に点数は上がる!と言い切るほどCIPが自信をもって提供しているコースです。 僕が聞いた中での実例を挙げると… ・Aさん(4週間) TOEIC 500点→700点 200UP!! ・Bさん(5週間) TOEIC 400点→800点 400UP!!   この数字は友達にざっくり教えてもらった数字ですので、本来はもう少し点数があるはずですが、それでも十分すごいですし日本ではまずできない事かと思います。それがここCIPでは普通の現象なのでしょう、、、恐るべしフィリピン留学です。(笑)   【CIPの特徴】   〔特徴①:ネイティブ講師の多さ〕 CIPの最大の特徴は、何と言ってもネイティブ講師の多さにあります! CIPには“No.1 Native English School“というスローガンがあるほどネイティブ講師に力を入れています! ほぼ全てのコースで1コマはネイティブ講師の授業が受けられます! 僕の場合は、全6コマ中2コマがネイティブ講師で内1コマはマンツーマン授業となっています。欧米諸国でネイティブ講師のマンツーマンを受けるとかなり高いオプションですが、ここでは格安で受けられるので、かなり贅沢ですよね。   〔特徴②:学生の国籍〕 そのような学校のスタイルもあってか、ここCIPには多くの国から学生が集まります。 前にもお話したように、常勤スタッフですら4カ国のスタッフが約2人ずつ在籍していますので、常に4カ国のスタッフが学校に出勤してくれます。 また、これまで受け持った学生の国籍は、日本、韓国、ベトナム、中国のほかに台湾、ロシア、タイなどもあるという多国籍な学校です。 現在の学生国籍の割合はこのような感じです!     CIPは韓国資本の学校ですが、こんなにも多くの国籍の学生が在籍しています。 ほかの学校では、全員日本人、全員韓国人というのも珍しくないですし、ほとんどが日本人であと少し韓国人、その逆もありますがそういう学校は多いように思います。 […]

>> More

クラーク | CIP
クラーク留学CIP*オリエンテーション・授業・LGBT豆情報

レベル分けテストは事前に日本で受けることができ、事前に受けていると月曜日から授業が受けられます! クラーク留学CIP*オリエンテーション・授業・LGBT豆情報 こんにちは、CIP学生レポーターのIBUKIです! 前回は日本からCIP英語スクールまでの道のりをお話しましたので今日はこの3つについてです! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ オリエンテーションって何するの? 初授業~フィリピンの授業とは?~ LGBT豆情報 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【オリエンテーションって何するの?】 初日が土曜日の深夜到着だったので、日曜日はスピーキングのレベル分けテストをして自由時間でした。 ※レベル分けテストは事前に日本で受けることができ、事前に受けていると月曜日から授業が受けられます!僕は仕事とアメリカのビザ申請に追われて受けられなかったので現地でテストを受けました・・・ 事前にテストを終わらせておいたほうがより授業を早くスタートできるのでお得です!!! (テストはWriting/Reading/Listening/Speakingの4つです。) ~オリエンテーションは月曜日の朝からで、流れは以下の通りです。~ 1.各国の担当スタッフによるオリエンテーション まずは、母国語で学校の規則やシステムを説明してくれますので英語が苦手な方も安心して学校生活をスタートできます! CIPには多くの国から生徒が集まるので駐在員スタッフも韓国人、日本人、ベトナム人、中国人と国際色豊かです。 2.校内案内 日本人スタッフの方と一緒に校内を歩きながら校内案内を受けます。 校内はそれほど広くはないので、すぐに覚えられるかと思います! ~ランチタイム~ ランチタイムは日本より少し長く、1時間半ほど毎日空きますので初日は学校探索をしていました!! 写真は見たことのない不思議な植物と触れ合っているところです(笑) 3.新入生全員でのオリエンテーション この時間では、今週からの新しい留学生が一緒に受けるオリエンテーションとなります。 英語でのオリエンテーションですが、内容は午前中に受けたオリエンテーションと同じです。 また、この時間に自己紹介を行います。一人ずつ、簡単な自己紹介を英語で行いますが、いきなりにしては意外とみなさん英語を上手に話していてびっくりしましたので、不安な方は少し準備していくといいかもしれません(笑) 学生の年齢層は学生さんが多いですが、子ども連れのお母さんや上は50代くらいの男性もいらっしゃいますし、25~28歳くらいの生徒さんも思ったよりいるのでチャレンジしている同世代の方がこんなにいるのか!といつも感心します。 4.レベル分け筆記テスト/授業 レベル分けテストを受けていない留学生はこの時間に受けます。 事前に受けた生徒はここから授業に参加できます。 ちなみに、テストの難易度は個人差があると思いますが思ったより難しくて驚きました! 今まではTOEICの勉強が中心だったせいもあるかも知れませんが・・・ TOEICの英語と、日常で使う単語はもちろんかなり違いますし、音響設備も欧米諸国や日本のように優れたものがないので少し聞き取りにくいです。 以上が月曜日のスケジュールでした! また、時間割は事前にテストを受けていれば渡航前に時間割がもらえますが、現地でテストを受けた生徒は月曜日の17時~18時頃に時間割が完成します。 【フィリピンでの初授業】 いよいよ初授業についてのお話です! 時間割を見ながら授業のあるクラスに移動します。 授業はマンツーマンとグループクラスの2種類あり、コースによってそれぞれの授業数は多少変動しますが、どのコースもマンツーマンが中心なのでコマ数も多いです。 マンツーマンの初授業は自己紹介をしてお互いについて知るため話をひたすらしていました。 僕の最初のクラスはRexというフィリピン人のマンツーマンでした。 そしてRexは僕のバディティーチャーでもあります。 ※バディティーチャーとは、各生徒に1人ずつつく担任のような先生で学習面(先生の変更、コースの変更、授業の変更など)はバディティーチャーに相談することができます。毎日の授業で必ず会う先生なので、いつでも気軽に相談することができるのがいい点だと思います! 実際に、最初の週で分かりづらい先生が出てくる生徒さんも少なくありませんでしたので、教え方が分かりづらいな・・・と思ったときはすぐに相談または変更することをお勧めします! というのも、先生の変更は週に1回までで限られた留学期間をより有効に活用するためには、遠慮は禁物です! 1週間で約25時間以上は授業がありますので、1週間といってもあなどれません。 初授業はどれも自己紹介が中心で、ほかには次から授業で使うテキストの案内などをされるので授業という授業ではありませんが、たくさん話すのでスピーキングのいい練習にはなるかと思います!特にマンツーマンはほかの生徒がいないので、先生も自分のレベルに合わせてくれますし、発言する生徒は自分1人だけですので思う存分話すことができます! 一方、グループクラスはほかの生徒が受けている授業に飛び入り参加するので授業をしっかり受けることができます。 時期によって異なりますが、僕のグループクラスは4人と6人という、とても少人数なクラスなので先生も一人一人と向き合ってくれる印象を受けました。 自由参加なグループクラスもありますが、そのクラスを除けばどのグループクラスも多くて6人ほどなので発言しやすいですし、生徒同士仲良くなりやすいように感じています。 【LGBT豆情報】 LGBT視点からのちょっとしたエピソードもありました! これは偶然なのか必然なのか・・・(笑) […]

>> More

マニラ | C21
マニラ留学C21*⑯C21での8週間のフィリピン留学生活のまとめ

マニラ留学C21*⑯C21での8週間のフィリピン留学生活のまとめ こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! 今回の記事で、私が作成させていただいた記事は16個目を迎えました。 マニラに来てからは8週間がちょうど過ぎ、授業の回数は約40日分こなしたことになります。   そして今回は一旦記事のお仕事は終了なので【C21での8週間のフィリピン留学生活のまとめ】に関して書かせていただきます。 <C21を選んだキッカケは?> そもそも私がC21にフィリピン留学するキッカケとなったのは、フィルイングリッシュさんのホームページで学生レポーターと記載された項目を発見したからです。そして、フィルイングリッシュさんが募集している英語アカデミーの中で一番自分の条件に合ったアカデミーがC21だと感じたのでC21にすることに決めました。 私がC21に最初に抱いていたイメージは、講師のスキルが高く生徒が大勢いて、日本人以外の留学生も多数在籍しているということでした。もちろんそれだけではなく、立地や治安、価格、口コミなど何度もチェックしていました。アカデミーの情報の中でも口コミはリアルな声なので一番留学生にとって重要な情報だと感じていました。そのため、私はフィルイングリッシュさんのサイトだけではなく、他社のフィリピン留学サイトで口コミなども確認しました。 C21にする!っと決めてからのフィルイングリッシュさんのメールの対応も早く、きちんと24時間以内、遅くても翌日にはメールの返信をいただけておりました。また、私のフィリピン英語留学する期間が少し遅れるようになってしまいレポーター業務の期間を相談したところご配慮をしてくださり大変嬉しく感じたことを覚えています。 <2カ月間滞在して感じたC21の良いところと悪いところを本音で伝える> ・良いところ それでは、まず良いところをご説明していきます。 個人的にこれはいいな〜っと思ったところを書きます。 ①英語寮から見える夕日がきれい。 真っ赤に染まる日に涼しい風を浴びているとゆっくり流れる時間を感じれるので落ち着きます。 ②トイレットペーパーが流せる。 アカデミーでは流せないのでたまに便器に紙を落としてしまったりなんかするともう最悪ですよね。 自分で紙を回収しないといけませんので。 私は3回ほどミスしたことがあります。 ただ、英語寮では日本同様に利用できるので安心してください。 ③水道水が意外と大丈夫。 私がカンボジアやベトナムに行った際には水道水なんか口にするとけっこう簡単にお腹を壊してしまいました。 でも、フィリピンの水道水はうがい程度でなら全く問題ありません。 ④アカデミーと英語寮にウォーターサーバーがある。 もしウォーターサーバーがなかったら毎回ペットボトルを購入しなくてはいけませんので、お金はかかる上にかなり手間ですよね。 アカデミーと寮にはウォーターサーバーがあるので私はとても嬉しかったです。 ⑤イベントが多い。 スポーツ、ボランティア、外食、卒業パーティーととにかく思い出作りができ、新しい経験のできるアカデミーです。 ⑥フィリピン人講師のスキルが高い。 先生によってもちろん指導レベルが異なります。私もそうでしたが、いざ講師変更をするといってもどの先生が適しているのかわかりませんよね。 その場合、スケジュールを管理している先生が自分に合った先生をオススメしてくれます。 お試し期間が数日あり相性が合わなかったら相談することも可能です。 ⑦融通が利く。 講師変更、授業変更、食事の変更など環境に関することでご相談した場合、C21はとても親切に対応してくれ、数日後には反映してくれます。 ⑧EOP制度がある。 基本的に英語しか話してはいけませんので、勝手に会話の引き出しが増えていきます。 ・悪いところ ①Wifiが繋がらないときがある。 日本に比べたらもちろん悪いです。(以前私が掲載した記事にもWifiに関して載せてあります。)Wifiが止まったり、動いたりします。ただ、繋がっているときは快適に使えます。Wifiがなかなか繋がらないときは時間を置くか、部屋を移動するかして工夫しなくてはいけません。 ②食事が美味しいとまではいかない。 苦しむことなく平然と食べられるレベルなので、毎日嫌な思いをすることはないと思います。日本の味が恋しくなるのでふりかけやスープ等持参してくるといいかもしれません。料理される方は、ウェイパーなどの調味料があれば便利かと思います。 ③寮とアカデミーまで車で移動する。 1日2往復(片道10〜20分)します。お昼の時間にはご飯を食べに戻るだけなので面倒に感じることはあります。私の場合すぐ慣れましたし、移動時間も音楽を聴いて勉強したり、考え事したりと時間を工夫して使っていました。 悪いところもありますが、Wifiはたまに繋がらなくなるときがあるだけで基本的に使えますし、食事も改善してくれますし、移動時間もそんなに苦に感じることはありません。すごく嫌だ!二度と来たくない!という風に思うことはないと思います。 <2カ月間滞在して思うこと> ①英語で話す抵抗感がなくなった。 始めはほとんどの会話が続かず声をかけても話が弾まないので苦労しました。ただ、現在は文法をよく間違えますが日常的な会話ができるようになってきたので誰とでも気軽に話せます。 ②朱に染まった。 もともとC21はスパルタではないので超スパルタを希望していた僕は徐々に勉強の密度が薄くなっていきました。目的を持ってハードにこなしている生徒が少数いれば、宿題のない日は自習をあまりしない生徒もいます。注意すべきなのは自分の目線、比べる対象を自然と周りの人にしてはいけないということ。何の為に来たのか、どこまで英語力を伸ばしたいのか、そのために何をすべきか、自分に問いただして自分の目的を見失わないことが大事だと思います。そう毎日サボりそうな自分に言い聞かせています(笑) ③フィリピン留学前に徹底的に中学英語の文法と単語は学んでおくべき。 日常英会話の基本的な文法は中学英語がわかれば問題ありませんし、単語も中学英語で十分です。日本で学んだことをフィリピンに来て会話の中で使っていけば、落とし込みができ自分に定着していきます。 ④フィリピンへ来る前にもう少しお金を節約しておけばよかった。 思った以上に費用がかかってしまい、フィリピンに来て節約するようになってしまいました。フィリピンの方が物価が安いですし、土日などはカフェに行って集中したり観光したりとこっちでお金を使えばよかったと感じました。 […]

>> More

マニラ | C21
マニラ留学C21*⑮学生マネジャーのご紹介

マニラ留学C21*⑮学生マネジャーのご紹介 こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! 今回の記事ではC21の学生マネジャーに関してご紹介させていただきます。 みなさんはフィリピン留学をされる前に、誰も知らない人がいる環境で不安にはなりませんでしょうか? もちろんC21には先生方がいるので留学生マネジャーと同様に親切に対応してくれます。ただ、先生方は日本語が喋れないので緊急の用事などは日本人学生マネジャーのナオトに相談することになります。また、アカデミー以外のプライベートな面でも学生マネジャーは同じ寮に住んでいる際に留学生のサポートをしてくれるので、買い物や外食をしたい際には相談をするといいかもしれません。私は、フィリピン留学当初買い物に付き合ってもらったり、寮の規定事項の確認など学生マネジャーさんに気軽に確認することができたのでとても安心でした。 現在、c21には学生のマネージャーが2名!! 韓国人1人、日本人1人で構成されています。 私と同じ英語寮1に住んでいるマネジャーは韓国人マネジャーのダニーと日本人マネジャーのナオトです。   今回は身近にいるそんな2人のことをご紹介させていただきます。 ・韓国人マネジャー:ダニー ダニーは、C21に4カ月間滞在しておりアカデミーでは3時間勉強、6時間オフィスでワーカーとして働いています。ダニーは普段から明るく留学生の面倒見がよく先生からも留学生からもとても信頼をされています。私が初めて寮を訪れた際にはダニーが優しく案内してくれたことを覚えています。 ・C21の良いところとは? ダニー「C21は先生が良い。生徒に英語を教えるスキルが高いし、性格も良い先生ばかりです。それにC21ではアクティビティが豊富に行われていて、留学生達が交流できる仕組みがたくさんあります。それはC21の大きな魅力だと思う。留学生が卒業する際にはアカデミーのみんなで留学生を祝い、ムービーや写真を撮ってもらえる文化があるのもC21の魅力です。」 ・日本人マネジャー:ナオト ナオトは、C21に今年の5月から来年(2016年)2月までC21のマネジャーとして滞在予定となっておりベテランの日本人マネジャーです。ダニーと同様にナオトも面倒見がよく留学生が困ったときには助けてくれます。私の場合は近くのATMまで案内してもらったり、施設の利用環境やルールを教えてもらったりしていました。 ・C21の良いところとは? ナオト「C21には良い講師陣がそろっていて、留学生ひとりひとりのレベルに合わせた指導をしてくれます。C21はとても融通が効くので、講師陣の変更や授業内容、食事内容の変更など他のアカデミーよりかは比較的早く対応してくれ留学生に耳を傾けてくれるアカデミーです。」 ・フィリピン留学してくる人にアドバイス! 長く滞在しているナオトからフィリピン留学してくる人へのアドバイスをお願いしてみました。 ナオト「フィリピン英語留学をする前には、最低限の文法と単語を学んでくることをオススメします。最低限というのは中学英語レベルの英語で、そのレベルだと日本で学ぶことが十分に可能だからです。」 今回2人にインタビューをお願いしたところ快く受け入れてくれて助かりました。^^ みなさんいかがでしたでしょうか? 学生マネジャーの印象が持てましたでしょうか? 私がC21で2カ月間過ごした感想でコメントをします! マネジャーさんのサポート面では問題はありません。 それに加えアカデミーもかなりサポート的です!! C21でフィリピン留学をなされるみなさんは安心していらしてください。 それでは今回の記事のC21学生マネジャーの紹介は終了します。 ここまでお読みいただきありがとうございました。   フィリピン留学レポーターC21:Daisuke  

>> More

マニラ | C21
マニラ留学C21*⑭休日に訪れたい近隣のショッピングモールまとめ8選

マニラ留学C21*⑭休日に訪れたい近隣のショッピングモールまとめ8選 こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!!   今週の週末はどのように過ごそうかと悩みながらも、先生と留学生達で買い物とアミューズメントパークで遊んできました。それ以外の時間は部屋で寝転がったり勉強したりとゆっくり時間を過ごしていました。みなさんがフィリピン留学した際には、週末はどのように過ごそうとお考えでしょうか?買い物に行く、観光をしにいく、勉強をする、ごろごろするなど、それぞれの休日の過ごし方があるかと思います。   そこで今回はいざ休日にお出かけしたいと考えたときにC21の英語寮からだとどれくらい時間がかかるのか、どのショッピングモールが近いのかなどショッピングモールをまとめてみたいと思います。 それでは、順々にご説明していきますが、私が実際に足を運んだことのあるショッピングモールなどはご説明させていただきますが、申し訳ありませんがまだ足を運んだことのないモールは感想を控えさせて頂きます。ご了承ください。 GateWay Mall 営業時間:9:00〜22:00 住所: Beside Araneta Coliseum Araneta Center, Quezon City, Luzon, フィリピン 距離:3.3km 時間(タクシー):14分 こちらは、C21の英語寮1に住む留学生は買い物の際によく利用しています。比較的近い場所にあるのでとても便利です。 私も一度ゲートウェイに足を運んだことがありましたが、たくさんの種類のお店があり、ここに来れば何でも購入でき、 日本でたくさんの荷物を持ってくる必要がないようにも感じました。 スターバックスもあります。近場のトイレを利用する際には10ペソかかるそうでカルチャーショックでした。笑 SONYだってあります。 バーガーキング有名ですよね^^ ここでバーガーキングを食べるのは面白くないので私はフィリピンの料理にトライしてみました。 ご飯はぱさぱさしすぎでした。海老をあげた赤いものとチキンは甘過ぎました。野菜が不味くない味でした。 あまり美味しいと感動することは正直ありませんでしたが、英語で注文したり、外国と日本の食文化を実際に感じる ことができるので色々試してみることをお勧めします。 eatwood mall 住所:Bagumbayan, Quezon City, Metro Manila 時間(タクシー):22分 イーストウッドには、レストラン、カフェ、映画館、洋服店、ショップが立ち並んでおりまして買い物際に利用しております。また前回訪れた際には美味しいご飯を食べたかったので一人1200円ほどでお食事を楽しみました。 トマトソースベースのパスタです。 サラダです!こんなサラダフィリピンで初めて見ました。なんと言ってもフィリピンに日本のようなサラダがありません。 寮でもこのような美味しいサラダは食べられないので幸せでした。休日はこのように栄養補給しつつ美味しい食べ物を楽しむのもいいかもしれません。 生ハムの上にチーズがあります。これも日本の料理並にとても美味しかったです。 下記ショッピングモールはC21の寮から比較的近場でどれも20分程度で行くことができます。 料金はそれぞれ異なりますが基本的に100ペソ以内で移動することが可能かと思います。 eatwood cyber mall 住所:No. 188, E. Rodriguez Jr. […]

>> More

マニラ | C21
マニラ留学C21*⑬場所別に案内するWifi環境

マニラ留学C21*⑬場所別に案内するWifi環境 こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! フィリピン留学を開始して今日でちょうど7週間が経過しました。 そして、私のフィリピン留学生活も残り5週間となって参りました。 7週間が経つと友人と連絡したり、ユーチューブでリスニングの練習をしたり。 頻繁にインターネットを使うことが多くなってきます!!   今回は私がWifiを使う際にどのように工夫をしてインターネットを利用しているのかをご紹介したいと思います。 まず、みなさんフィリピン留学中、Wifiはどんなときに使われますか? ・連絡するとき:SNSのLINE、Fecebook、mailなど ・勉強をするとき:勉強の仕方を調べたり、ユーチューブで音楽を聴いたりリスニングの練習 ・趣味や観光するとき:マニラの観光地や美味しいお店など今だからこそ知りたい情報があると思います。 一般的にはこのようなことで利用することが多いのではないでしょうか。 それでは早速、WIFIの環境がどうなのか? というところから説明します。 <場所別に案内するWifi環境> ・C21アカデミー内 繋がりやすさ:★★☆☆☆ キャンパス内でのWifiはエントランスの1階フロアのみでアカデミーのフリーWifiを自由に利用できます。 繋がるときと繋がらないときがあります。 Wifiスポットの近くであれば、もちろん比較的つなぎやすくなります。 Wifiスポットは通常部屋の上部に設置されてありますのでご確認ください。 ただ、どの留学生もキャンパス内では各授業の10分程度の少ない時間でしか空き時間はありません。 特に必須でなければ英語で友達と話すか、音楽を聞きながらリラックスするほうがよいかと個人的に感じます。 Wifiを携帯で利用される方がほとんどかと思いますが、PCで利用したときの方が繋がりやすいです。 ・寮の食堂 繋がりやすさ:★★★★☆ アカデミーの食堂にはwifiが置いてあり、比較的繋がりやす印象があります。 私の場合は夜に友達とスカイプ通話などしたいときに利用しています。 パソコンも携帯も快適に利用できます。 ・study room 繋がりやすさ:★★★☆☆ 基本的に繋がりやすいですが、それはパソコンでつなぐ時のみです。 携帯ではwifiを繋げることは難しいかと思います。 ・寮の自分の部屋 繋がりやすさ:★★★☆☆ 私達の寮では、勉強しているリビングルームでパソコン・携帯と両方ともWifiを利用できます。 寝室ではパソコンだと繋がりますが、携帯だと難しいです。 寮内でWifiを使用する際に、時々かなりつながりが悪くなるときがありストレスに感じます。 ただ、少し待てば繋がりやすくなります。 4階に下りて食堂でインターネットを利用すれば問題はありません。 日本と違いフィリピンなのでWifi環境が良くはないかもしれません。 しかしユーチューブなども見れます! ですのでネットが繋がらない日々に苦しむということはないかと思います。   ※注意点※ ・もしフィリピン英語留学をすることになった場合、勝手にWifiのパスワードの変更やリセットボタンをなどは控えるようにお願いします。 ・Wifi環境が悪く困った際には、寮のマネジャーにご相談ください。 以上でC21のWifi環境に関しての案内は終わります。 ここまでお読み頂きありがとうございました。   フィリピン留学レポーターC21:Daisuke

>> More

マニラ | C21
マニラ留学C21*⑫フィリピン留学先でこんな体験もできる?C21のボランティアとは

マニラ留学C21*フィリピン留学先でこんな体験もできる?C21のボランティアとは こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! 今回はボランティアの内容を一部紹介したいと思います。 今回私たちが体験したものは、C21から1時間離れた学校で日本語や韓国語をフィリピン人の中学生に教えるということと、田植えの体験でした。日本でもそうですが、小さい子供と話す経験や田植えは機会がないとなかなか参加しませんよね。そう思い、私は今回こちらのボランティアで良い思い出を作ろうと参加しました。 まず7時にドミトリーを出発しC21へ向かいました。その後、朝食を済ませ目的地に向かうというスケジュールです。   こちらが、1日の全体のスケジュールが記載されてある用紙となります。 ジプニーを貸し切って向かいました。 <田植え> 学校に着くと小さな子供がバレーボールで遊んでおり、それだけで癒されました。笑 そして、少し休憩してから田植えの場所へと徒歩3分ほど行き向かいます。 初めて田植えを経験する人もいました。田植えのクオリティーはともかくみんな真剣に楽しみながら田植えができていました。残念ながらドロドロの田んぼの中に足を取られて転けるような人はいませんでしたが、もしそんなことが起きたときのために着替え・タオルを用意しておくことをオススメします! <ランチタイム> ランチは、ハンバーガーorラーメンでした。このような日にはみんなで協力して食事の準備をします。 ラーメンは、辛い物と辛くないものとで分けてくれており学校の先生方がとても気を使ってくれました。 <日本語・韓国語Teaching!!> お昼過ぎには、学校の子供が続々と集まってきており絵の書き方を教えていました。子供達は少し緊張しているようでした。 最後にはプレゼントを渡して終了しました。 その次には、中学生がそろいましたので早速留学生とペアになって一緒に日本語、韓国語を勉強しました。 日常英会話で使うフレーズを学びますが、子供達はまじめに取り組んでくれましたし、日本語、韓国語で「愛してる」の言葉をみんなの前で言う場面がありましたがとても賑やかなムードになりました。 最後には、参加されたC21の先生と生徒で集合写真を取りました。 みなさん、いかがでしたでしょうか? みなさんがフィリピン留学をする際には是非このような経験もされることをオススメします。^^ C21では、今回のボランティア以外にも異なる種類のボランティアを行っていますのでC21ホームページなどで一度拝見してみてください。 これで今回の私のボランティアに関する記事は終了します。 ここまで読んでいただきありがとうございました。   フィリピン留学レポーターC21:Daisuke

>> More

マニラ | C21
マニラ留学C21*⑪英語寮の食事1週間分をご紹介!

マニラ留学C21*⑪英語寮の食事1週間分をご紹介! こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!!   今回の記事では、マニラにある語学スクールC21で提供されている食事をご紹介いたします。 みなさんは、フィリピン留学先でのお食事のメニューは気になりませんでしょうか? フィリピンに来たことのない方も一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、日本と違いフィリピンで出される食事は全く異なる味となっております。私がフィリピン留学する前は、食事などは気にしていなかったのですが、実際留学をしてフィリピンで1カ月以上を過ごすと日本の味も恋しくなってきます。ぜひフィリピン留学する前にどんな食事をこれから毎日いただくようになるのか、ご拝見していただければと思います。ちなみに、私は1カ月以上過ごしておりますが、一度もお腹を下すようなことはありませんでした。 まず、前提として食事には白菜キムチ、大根のキムチがあります。こちらはお召し上がりになりたい方が自由にとれるようになっております。 また、浄化された冷たいお水が飲めますのでお飲物もご安心ください。 ▼月曜日 ・朝 月曜日の朝ご飯になります。ナスの料理に、卵焼き、白ご飯、トマトです。 卵焼きは味が薄めです。ご飯はふりかけがあるので合わせて食べています。 ・昼 これは取りたい分だけ野菜をどんぶりの中にいれ、ソースと絡ませながら食べます。 左のたれはコチュジャン、右のソースはオリーブオイルです。辛くはないので安心してください。 ・夜 白ご飯、肉と野菜炒め、わかめスープ、ナスの天ぷら わかめスープは塩分が効き過ぎです。野菜炒めは美味しいので好きです。 ▼火曜日 ・朝 フレンチトースト、アイスティー(イチゴ味) フレンチトーストは味が薄いです。アイスティーは味が甘すぎです。 ・昼 白ご飯、焼きそば、わかめスープ、ジャガイモとベーコンの炒め 焼きそばの面は、寒天のような食感ですが変な味ではありません。 ジャガイモとベーコンの炒めは日本で食べる物と味が似ていますし美味しいです。 ・夜 白ご飯、唐揚げ、サラダ、マンゴー 唐揚げはジューシーさがありません。サラダはドレッシングがいつも効きすぎております。 マンゴーは美味しいのでぜひ食べてみてほしいです。 ▼水曜日 ・朝 白ご飯、マッシュルームとタマネギのコンソメ風味、スープ、卵焼き、トマト マッシュルームとタマネギのコンソメ風味のものは、味が少し濃いですが美味しいです。 ・昼 白ご飯、ゆでたまご煮、春巻き 留学生に春巻きは人気です。みなさん基本的にケチャップをつけて食べられております。 ・夜 白ご飯、肉と野菜炒め、わかめスープ、メロン、スイートポテト 肉と野菜炒めはご飯と合うので留学生の中でもかなり人気です。メロンもとても美味しいです。 ▼木曜日 ・朝 ホットケーキ、ウインナー ホットケーキは味が薄いので、シロップをかけて食べます。 ・昼 チャーハン、野菜炒め(コンソメ味)、お味噌汁 日本のチャーハンとは味が少し異なっており味が薄いです。留学生の中では人気です。 そして個人的にこの日の野菜炒めは、野菜をたくさん摂取できるので気に入っています。 ・夜 白ご飯、インゲンの炒め物、たまごスープ、トマト味ベースの人参とお肉の炒め物 インゲンの炒め物は日本のものと同じ味です。たまごスープは塩味が濃い目です。 お肉は少し固めではありますが、ご飯がすすみます。 ▼金曜日 ・朝 […]

>> More

マニラ | C21
マニラ留学C21*⑩国籍別比率、学習環境について

マニラ留学C21*⑩国籍別比率、学習環境について こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! 今回はC21の国籍別比率、英語使用環境、学習環境に関して紹介します。 ほとんどの留学生さんが留学先の英語スクールを決める際に生徒の人数を考慮した上で留学先を決めるのではないでしょうか。 私の場合も人数は考慮していましたが、あまり重用視していませんでした。ちなみにC21も含めいくつかのフィリピン留学サイトに記載されてある留学生の人数はデータと大きく異なっている場合があります。それは、シーズンによって留学生の人数が変わるからです。ですので、留学先を決定する際に人数を重用視される方はシーズンを考慮したほうがよいかと思います。 もしくは、留学先の日本人スタッフに連絡をとることをオススメします。 ▼留学生の人数 留学生の人数はよく変動しますが、現在はおよそ50〜60人ほどになります。 韓国人37人、日本人11人 、中国人9人(台湾含め2人) ▼英語の使用環境 英語の使用環境によっては、90%英語といったところだと思います。というのも、100%英語だと入学当初で英語の聞き取りが難しい留学生さんもいらっしゃりますのでそういった方には、伝える手段として母国語で一時的に対応するケースもあります。 アカデミーの時間以外の休日の外出時には、母国語の使用も認められております。 また勉強に集中できる環境としてはC21では宿泊先を英語寮にすることが可能となっており、24時間英語を喋る環境が整っています。 ▼C21の雰囲気 C21の勉強できる雰囲気としては、留学生は基本的に真面目に授業を受けていますし、授業をサボるような生徒はいません。 先生方は、親切で冗談の言って笑わせてくれるような先生ばかりでとても賑やかです。 C21にはイベントがたくさんあり、生徒のみなさんはよく参加しています。そのため、勉強以外にリフレッシュできるような環境があります。 これでC21の国籍別比率、英語使用環境、学習環境などに関する記事は終了します。 ここまで読んで頂きありがとうございました。   フィリピン留学レポーターC21:Daisuke

>> More

マニラ | C21
マニラ留学C21*⑨フィリピンから日本に郵便物を届ける手順と注意点

マニラ留学C21*⑨フィリピンから日本に郵便物を届ける手順と注意点 こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!!   フィリピン留学が始まって今日で5週間目が経とうとしております。 英語もフィリピンに着たときよりかは数段レベルアップしように感じています。 今回はフィリピンから日本へ郵便物を届ける際の手順と注意点をお伝えしようと思います。 みなさんは、フィリピンに留学したときに誰かに手紙や、荷物、プレゼントを贈りたいと思ったことはありますでしょうか。 その際、日本から外国に荷物を送るのならまだしも、フィリピンから荷物を日本に送ると考えるとどのような手順を通して手続きをすればいいか不安になりますよね。 つい先日私はC21からトライシクルで5分の郵便局を利用してきました!! そちらの流れをご説明させて頂きます。 まず、私が送ろうと考えていたものは「手紙」です。 そして今回利用した郵便局は「LBC」という会社になります。   LBCはプライベートカンパニーであり、信頼性が十分にあります。 3日で配送することができます。   ただ、料金が少し高かったです。 こちらが料金表となっております。 こちらの記入用紙(シール)を配られますので情報を記載していきます。 その後は、どのような料金プランで配送するか等を話し、手続きは完了となります。 比較的、手続きはスムーズに進みました。 店員の方もとても親切だったので個人的には好印象でした。 こちらが私が利用した料金表で、手紙と写真で1250ペソお支払いしました。 私が利用したLBCはかなり料金としては高いです。 安く済ましたい方はお勧めしません。 また、耳にしたことですが比較的安く提供している会社では 配送するまでに時間がかかったり、 紛失する可能性もあるそうです。   所要時間は15分〜20分ほどです。 全体の写真も撮りました!!! みなさんがご利用する際には、参考にしていただけると幸いに思います。 LBCの近くにはATMがあります。 もしお金を準備していなくてもすぐに引き落とすことができます。 また写真をプリントアウトすることができるお店があります。 もしマニラで取った写真等をプリントアウトしてプレゼントして送りたい場合には手間をかけずに終えることができると思います。 私は35ペソほどで3つの写真をプリントアウトしました。 その際、USDメモリをお店の人に渡して注文をしました。 フィリピンではUSBメモリのことを「フラッシュドライブ」と呼びますので来店の際には気をつけてください。 所要時間は5分ほどです。 これでフィリピンから日本に郵便物を届ける手順と注意点に関しての記事は終了とさせていただきます。 ここまで読んでいただきありがとうございました。   フィリピン英語留学レポーターC21:Daisuke    

>> More

マニラ | C21
マニラ留学C21*⑧フィリピン留学前に読んでおきたいC21のルール

マニラ留学C21*⑧フィリピン留学前に読んでおきたいC21のルール こんにちは、 マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! 今回書かせて頂きますのは留学先C21の規定事項(一部抜粋)に関してです。 私の場合はフィリピン留学する前はアカデミーの記載事項がたくさんあり、正直目を通す事が面倒でした。 ただ、その中でも覚えておきたいことや、フィリピン留学生活が3週間たった今だからこそわかることをコメントを含めて分かりやすく紹介していこうと思います。 <C21の規定事項> 【EOP】 C21にはEnglish Only Policyという規定事項があります。そして、私たち留学生はほとんどの場所において必ず英語を使用しなくてはいけません。ただし、重要な用事や必要に応じては、指定されたFREE SPEAKING ZONEにて母国語の使用が可能です。C21の教師、職員の方はENGLISH ZONEでの母国語の摘発・取り締まりを行い、ペナルティーを課します。 ペナルティー:1次摘発時100ペソ|2次200ペソ|3次400ペソ|4次800ペソ|5次退学及び退室 ※ペナルティーの金額は100%留学生の為に使われるそうです。 ・留学生レポーター市川の意見 EOPが高いか低いかに関しては私は比べる事ができません。というのも、C21ただひとつしかフィリピン留学をしたことがないからです。そのため今回はどのようにEOPが成り立っているのかについてお話しさせて頂きます。EOPの意識は先生方がよく留学生に伝えているからこそEOPを無視するような事態が起こらず、留学生一人一人がEOPを守る事ができているのだと思います。また、留学生の中でどうしても英語を聞き取る事ができない場合などは日本語の使用が特別に認められるケースもあります。ですので、まだフィリピン留学をされていない方でご不安な方も授業に全くついていけなくなるという事は発生しないかと思いますのでご安心ください。 【授業と講師の変更】 授業と講師の変更は4週間単位で授業が再編成されます。その際、自分の希望する授業と先生に変更したい場合はC21事務所で要請でき、正当な理由であれば交代できます。 ・留学生レポーター市川の意見 実際に私はこちらに関して先生から質問されたことはありますが、現状に満足していたので変更は行いませんでした。先生からの質問は、各授業の先生はどうか?といった内容でした。もし、先生の変更を希望する場合は遠慮なく伝える事をお勧めします。 【欠席及び遅刻関連事項】 無断欠席及び遅刻(遅刻3回は無断欠席1回とカウント)の場合以下のようなペナルティーが発生します。 1回目:100ペソ|2回:200ペソ|3回:400ペソ、保護者連絡(無断欠席の場合)|4回:800ペソ|5回:自動退学措置 ・留学生レポーター市川の意見 授業はチャイムが鳴ってからみんな教室に向かうようにしています。もし万が一遅刻や欠席をする場合は早めにマネジャーに連絡しましょう。 <寮の規定事項> 【門限】 C21の寮の門限は曜日によって変わっています。 月火水木:24:00まで|金土日 :26:00まで 門限に違反した場合には下記のペナルティーが課されます。 1回:警告書|2回:警告書、保護者通報及び副院長相談|3回:返金なしで退学、退室処分   ・留学生レポーター市川の意見 こちらに関しては比較的みなさん守れているかと思います。金曜日の夜や日曜日の夜に飲みに行ったり遊びに行く留学生もいますが門限が26:00と遅い時間帯まで許されておりますので、それまで帰宅されています。また平日に飲みに行きたい!となった場合でも近くにお酒が飲めるお店がありますので門限を破るようなことはまずないかと思います。 ちなみに、寮内へのお酒の持ち込みは禁止とされております。 【電気代・水道代規定】 電気代、水道代は別途部屋ごとのルームメイトと使用した料金を分けて頂く事になります。 部屋の電気、扇風機、水道等使いすぎないようルームメイトとよく話し合って気をつけてください。実際にどれほどの電気料金がかかるかというと大体が400〜600ペソ(1000〜1300ほど)です。 ・留学生レポーター市川の意見 部屋を出るときに、部屋の電気や扇風機が回っていないかなど確認するように気をつけています。 【寮内禁止事項】 寮内で他人に被害を与える喫煙及び飲酒及び持ち込みは禁止。発見時には警告なしで退学・退室処分といたします。また寮内での男女の混宿・賭博・飲酒・暴行行為をした場合、返金なしで警告なしで退室・退学処分と致します。 ・留学生レポーター市川の意見 こちらはみなさん守れております。もしこの規定を知らない留学生が持ち込みした場合には自己責任かとは思いますが、英語寮などは先生がルームメイトとなりますので発見した場合には早急に注意されるかと思います。またその他に関しては、留学生間の中もよいですし全くそのようなことが起こるとは思えません。 【食堂】 ED1では土日も含め毎日食堂でご飯をいただくことが可能となっております。ただ、平日等は一度アカデミーから寮に戻り食事に戻ってこなくてはなりません。それが面倒な方や、たまには食事がしたいという方は外食することもできます。その際は、外食する旨をマネジャーに伝えてください。 また食堂内での炊事は禁止です。ただし、ラーメンのみ12時まで例外的に許可されています。食堂内にある冷蔵庫を勝手に開けることも禁止されています。また食堂内にある食器類を食堂以外の場所に持ち出す事も禁止とされています。食堂の時間以外に使った食器類は洗わなければなりません。これらを守る事ができなかった場合、警告処分とされます。 ・留学生レポーター市川の意見 留学生がラーメンをよく作り、各自で食器を洗っているのをよく見かけます。基本的にみんなルールを守っていますし、ルールを知らないと思ったら注意し合えています。 【服装】 寮内では露出度の高い服装はなるべく控えさせて頂いております。 ・留学生レポーター市川の意見 普通に服を着ていれば大丈夫です。暑いからといって下着ひとつで部屋の外に出ると注意されると思われます。 […]

>> More

マニラ | C21
マニラ留学C21*⑦4000ペソで1泊2日旅行ができるミンドロ島って?

マニラ留学C21*⑦4000ペソで1泊2日旅行ができるミンドロ島って? こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです! フィリピン来て25日が経ちました。フィリピンでの留学生活にも慣れ毎日充実した日々を送らせて頂いています。 つい先日、ミンドロ島という島にC21留学生12人で観光に行ってきましたので今回はそちらを紹介したいと思います。   まずミンドロ島の良いところは、格安でホワイトビーチでの観光ができることです。 私たちはC21の留学生12人でミンドロ島に行きました。今回は日本人留学生の方が旅行を企画してくださり集まったメンバーで旅行をすることとなりました。 それでは早速、ミンドロ島に関して時系列順にご紹介していきます。 〜ミンドロ島1泊2日の旅〜 4:00|起床 5:00|寮を出発、タクシーでバス乗り場へ。 なかなか捕まらないときがあるのでなるべく時間に余裕を持っておきましょう。 5:15 |バス停到着 まず始めにバス乗り場に行き【Jam Buss COBAO transit(バタンガス港行き)】のバスに乗ります。車内はすでに満席状態でしたが、なんとか後部座席にみんなで座る事ができました。 ・料金は1人あたり片道:175ペソ(約472円) ・移動時間:2時間30分(前後します) ※ちなみにバスは30分ごとに出ており、2:45am〜11:00pmで利用可能です。 ※バスに乗ってから料金をお支払いします。 ☆POINT ・車内に何か食べ物や飲み物を売りに来る人たちがいるので、購入される場合は食中毒などには気をつけてください。 ・車内で支払いをするので前もって準備しておくことをオススメします。 ・車内では財布を盗まれる可能性もあるので十分注意してください。 ・車内は寒いです。半袖だけだと風邪を引きかねないので軽い上着なんかあるといいと思います。 ・このときには飲み物は持参しておきましょう。 5:30〜8:00|バスで船乗り場まで移動 数時間ぐっすり睡眠をとってようやく到着しました。まず、バスを降りてからは少し歩いて【White Beach】行きのチケットを買います。 私たちは水色のユニフォームを着た男性に案内されました。 ・チケット料金1人あたり(往復):500ペソ(1350円) ・その他料金:30ペソ+50ペソ=80ペソ(216円) →Terminal Fee30ペソ、Environ mental User’s Fee 50ペソ ・移動時間:1時間30分 ☆POINT ・チケット売り場はたくさんあります。どの会社が良い条件なのか前もってインターネットや先生に聞くなどして調べておきましょう。C○LLENGEという会社はあまりおすすめではないとのことなのでご注意ください。 ・下車後は多くの人が勧誘で声をかけてきますが臆することなくチケット売り場までいきます。 8: 00〜9:45|船で移動、島に到着 こちらが船となります。 酔いそうかなと心配していましたが、私たち12人含め体調を悪くしている人は見当たりませんでした。 ☆POINT ・他の島を経由する可能性があるので自分達が降りる島を確認してから降りるようにしてください。 9:45〜10:00|ホテルまで車で移動、ホテルにチェックイン 島に到着してからは、車に誘導されますので大きめの車にみんなで乗って移動しました。 10:45〜11:45|昼食 ホテルに到着しました。 […]

>> More

マニラ | C21
マニラ留学C21*⑥C21が毎日笑顔で溢れる3つの理由

マニラ留学C21*⑥C21が毎日笑顔で溢れる3つの理由 こんにちは! マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! フィリピンに来てからもう3週間が経とうとしておりフィリピン英語留学も残り9週間となりました。 英語が喋れるようになってきた一方で、卒業が近づくので寂しいですね。 それでは早速ですが今回掲載させていただく記事の内容に関して紹介していきます。 みなさんは、自分が英語留学するアカデミーがどんな雰囲気のアカデミーなのか気になりませんか? 私はとっても気になりました。 ・3カ月もの長い時間を見ず知らずの人たちと一緒にいられるのか。 ・毎日暗い気持ちで通う事にならないか。 ・先生や留学生はどんな人がいるのか。 フィリピン留学前はみなさんそれぞれ疑問や不安に思うことを抱いていると思います。今回はそんな不安や気になる事がなくなるようにイメージしやすく記事を書かせて頂きます。 現在私はC21にいるわけですが、C21のアカデミーの雰囲気はとても良いです。毎日留学生と先生の笑顔で溢れており、C21のアカデミーを思い浮かべると楽しくみんなが笑っている様子が思い浮かべられます。   そんなC21が笑顔で溢れる理由を3つまとめました。 <1.スポーツアクティビティ!> まず始めにスポーツアクティビティに関してご紹介させて頂きます。毎週金曜日の20:00〜21:00にはマリキナスポーツセンターでスポーツアクティビティが行われます。ここでは、卓球、バトミントン、ランニング、ズンバ(ダンス)が楽しめます。 実は週に一度行われるこの行事は先生も生徒も参加しており、授業の時間に限らずスポーツを通してみんなで交流することができます。スポーツを通して初めて話す友達や先生ができますし、言葉の壁があったとしても一緒に遊んでいればお互いに笑顔が生まれてきます。初めて私が参加したときは先生とズンバやバトミントンを楽しみました。ズンバをするときは恥ずかしかったですが、日本では体験しないことを経験できて良かったです。 このようにC21では、誰もが仲良くなれる、楽しめるような環境が用意されています。 こちらは卓球です。よくダブルスで楽しんだり、日本VS韓国で勝負していたりしました。 <2.金曜日の恒例行事> 毎週金曜日には1Fで17時〜18時までさまざまな行事が行われています。私が知っているものをご紹介させていただきます。 ・生徒によるプレゼンテーション ・卒業生によるプレゼンテーション ・生徒が各チームに分かれて単語を当てるゲーム ・生徒が出した問題(各国の文化)に先生が○×で答えるゲーム ・生徒や先生による演奏 ・生徒や先生によるダンス 他にもたくさんあるようですが、私が滞在している間に行われたものは以上のような内容となります。 この時間は基本的に生徒も先生も1Fに集まってみんなでワイワイするような時間となっています。このイベントでは先生達がとても雰囲気を盛り上げてくれますのでみんな笑顔で溢れています。 卒業する生徒が最後のプレゼンテーションを行います。 生き残った留学生のチームが次の問題を待っている場面です。 こちらは英語寮1のみんなで妖怪ウォッチを踊ったときの写真です。これは場を盛り上げる為にみんなでダンスしよー!っと先生が妖怪ウォッチを踊り出した為にみんなで踊る事になりました。すごく恥ずかしくてみんな笑顔でした(笑)個人的にはまたこのようなダンスなどみんなでできたらいいなと思います。 このようにC21では留学生と先生が同じ空間でひとつの行事を楽しむことができます。 ※ C21では動画なども配信していますので、ぜひそちらも拝見していただければと思います。 <3.毎日の共同生活> 実はC21には英語寮というものがあり私はそこに留学生とフィリピン人の先生と宿泊しています。 (宿泊環境に関しては過去に私が記事(③)を書いておりますので、気になった方はぜひご覧ください。) 通常であれば留学生はアカデミーの時間のみ先生と時間を過ごしますが、C21ではお風呂と寝るとき以外は基本的に同じ時間を過ごしています。そのため、他の留学生や先生はルームメイトとなりとても親しくなる事ができます。また先生は留学生の体調や悩み、分からないことなどをすぐにサポートしてくれます。例えば、私の経験では風邪を引いたときに薬をくれたり、買い物に付き合ってくれたりと親切です。フィリピンでの留学生活が心配な方でもC21ならきっと楽しい時間を過ごせると私は思います。 以上で【C21が毎日笑顔で溢れる3つの理由】の紹介は終了です。 まだまだたくさんC21の魅力はありますので、気になった点なども含めてわかりやすく案内させていただきます。 今回の記事を読んでいただきありがとうごいざました。   フィリピン英語留学レポーターC21:Daisuke

>> More

マニラ | C21
マニラ留学C21*⑤フィリピン留学生【C21】の1日の過ごし方

マニラ留学C21*⑤フィリピン留学生【C21】の1日の過ごし方 こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! 今回は留学生の【平日一日の流れ】に関して書かせて頂きます。 実際にC21にフィリピン英語留学するとどんな一日の流れを自身が過ごすのかイメージしやすい内容となっております。 私自身がC21に通った始めの1週間で感じた、他の留学生やフィリピン人の先生方、アカデミーの雰囲気なども記載しています。 C21には各コースがありどのコースを選ぶかによって時間割が異なります。   私が選んだものは【ESL Intensiveコース】でした。 マンツーマン4時間、グループレッスン2時間、義務自習1時間、夜グループレッスン2時間の合計9時間1日勉強しているコースになります。私がこのコースを選んだ理由は将来自分が海外で生活、仕事をすることができるようにスピーキングを中心に伸ばしたいと考えていたからです。当初の私の英語力は単語を並べながらも身振り手振りで話したりするようなレベルで、TOEICもおそらく400点ほどかと思います。 まずは、基本的な1日のタイムスケジュールを案内致します。 上記のものが基本的な1日の流れとなっております。 詳細は下記に記載します。 7:00〜8:50:朝食・移動 朝食はフレンチトーストでした。味は不味くはありませんし、誰でも口に合うと思います。 ドリンクはアイスティーで、日本のものよりも甘いです。 9:00〜9:50:ライティング この時間にはその日に与えられたテーマに沿って文章を書きます。 特に書かなければいけない量は決まっていません。私は1ページ分毎日書くようにしています。書き終えた後はボックスに提出し、翌朝先生から添削されたノートを見ることができます。 10:00〜10:50:マンツーマン(スピーキング) この時間はTeacher MEGの授業です。この授業の始め4週間はテキストを使わず会話のみとなります。日常英会話を先生がわかりやすく教えてくれますし、聞き取れない内容であっても分かるように話してくれるので、生徒に合わせて授業は進んでいきます。またとても気さくで明るい先生なので初めての方でもすぐに授業にも慣れると思います。 11:00〜11:50:マンツーマン(スピーキング) この時間はTeacher KENTの授業です。こちらも日常英会話を学びます。先生は発音をよく指摘してくれる先生で、音の出し方や違いをわかりやすく教えてくれます。また、先生は英語の学び方としてよくないことも指摘してくれます。例えば「ヒアリングするときに頭の中で文章を日本語に変換してはいけない」といいます。それは英語は耳で聞いて反応できるようにならないと話すようにはならないからです。 12:00〜12:50:マンツーマン(リーディング) この時間はTeacher ELLEの授業です。この授業では、この自分のレベルに合ったテキストを使用し授業を進めていきます。主に文章の読み進め方を教えてくれます。こちらの先生も明るい先生で日本語が少し話せる先生です。文章を読む際も発音のおかしい単語などはすぐ指摘して丁寧に教えてくれます。 ・13:00〜13:50:昼食・移動 個人的にジャガイモとベーコンのコンソメ味の料理が好きです。少し味が濃くてご飯と一緒に食べています。わかめスープは塩が多いと思います。ただ、その分ご飯が食べられます。(笑)焼きそばは日本の焼きそばの麺とはまた異なり、こんにゃくのように少しぷりっとしていますが気になるほどではないのでご安心ください。 14:00〜14:50:マンツーマン(スピーキング) この時間はTeacher ROYの授業です。とても優しい先生で冗談を言ったりしても冗談で返してくれるような面白い先生です。また、どのように説明すればいいかわからないときにすぐ調べるのではなく、一度トライしてみることが大事と言っており、生徒の前向きな姿勢を支えてくれる先生だと感じます。 15:00〜15:50:グループレッスン(リスニング) この時間はTeacher SASAの授業です。この授業では生徒6人で構成されています。自分のリスニング力と他の留学生とのレベルの差を測ることができ、自然とやる気が出てしまいます。また先生だけでなく他の留学生とも知り合う機会になりますし、授業の雰囲気はいつも賑やかです。教材はこのような教材を使用します 16:00〜16:50:グループレッスン(文法) この時間はTeacher MICKEYの授業です。この授業は生徒10人で構成されています。この授業はどの授業よりも参加されている学生が多く賑やかです。みんな授業に対する姿勢もよく、先生が生徒ひとりひとりに話をしたり話題を変えて雰囲気を盛り上げたり工夫されています。 17:00〜17:45:移動・自由時間 アカデミーから寮に車で移動し、私はお風呂を済ます時間にしています。 17:45〜18:45:夕食 水分の少ない唐揚げですが、塩味が効いていて好んで食べています。サラダはあまり美味しいとは思えません。少しドレッシングが多く、ドレッシングの味はマヨネーズとケチャップを混ぜた味です。そして、デザートのマンゴーは美味しいです!甘さと少ししょっぱさがあり、食べた事のない味でした。みなさんも一度食べてみては?^^ 18:45〜20:30:自由時間 この自由時間は英語の勉強をしています。各授業の宿題や予習復習など1日の中の貴重な時間なので私は大切な時間だと思います。 20:30〜21:20:グループレッスン この時間はTeacher MCの授業です。ゲーム感覚で文章を作りながら英語が学べるとても楽しい授業です。 ※基本的にナイトアクティビティ(夜の授業)は宿泊している学生の人数によって前後します。私の場合は2〜3人でした。週ごとにどの先生の授業を受けるか変更があります。 21:30〜22:20:グループレッスン この時間はTeacher Mickeyの授業です。この授業も基本的に生徒2人〜3人で構成されています。 Teacher Mickeyの授業は文法や発音を学ぶ事ができると思います。 […]

>> More

バコロド | ILP
バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて

バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて こんにちは、 バコロド留学ILPレポーターaliです!! こんにちは! フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。 今回はILPでのフィリピン留学生活を振り返ってみたいと思います(^ ^) *生活面 この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。ILPの周りには店や施設が密集しているので、寧ろ日本より快適でした(笑)難点があるとすれば、暑さと虫位でしょうか。でも、私は日本の夏よりは過ごし易いと感じました。4〜5月が夏季なので、私は一番暑い時期に滞在していた訳ですが思っていたよりは暑くありませんでした。 *授業、 先生に関して 授業はオールマンツーマンなだけあって、やはり発言する機会が多いです。会話力を向上させたい人、自分からは積極的に話すことが出来ない人には本当にお勧めしたいです。特に初心者の方は、周りの人のレベルを気にしなくていいので授業が受けやすいのではないでしょうか。実際、ILPの生徒さんは初心者の方がかなり多い印象を受けました。マンツーマン授業だと、分からない所をすぐに聞けますし、先生も生徒が理解するまでしっかりと教えてくれます。 私は1日に7時間授業をとっていたのですが、意外としんどくはありませんでした。1コマ50分授業ですので、先生と話しているとあっというまに時間が経ちます。7時間といっても、先生が毎回変わるので飽きることなく最後まで続けることが出来ました^ ^私は授業終わり、なかなか自主的に勉強できなかったりするので7時間で丁度良かったです。それに、たくさんの先生と仲良くなれますしね!! 先生方はとてもフレンドリーな方が多く、正直授業中もうるさかったりします(笑)一緒にご飯を食べに行ったり、週末に旅行に行ったりと、先生と生徒の距離がとても近い学校だと感じました。やはりマンツーマン授業と学校自体が小規模ということが大きいのではないかと思います。 *学校に関して ILPは自由度の高い学校です。校則も厳しくなく、とても過ごし易かったです。ただ、少し残念だったのは殆どの生徒が日本人だったということです。やはり、日本人同士だとどうしても日本語で話してしまいますので、普段は殆ど日本語を使っていました。あと、私は2人部屋でしたが、結局最後までルームメイトは入って来ませんでした。これらは本当に時期によります!4〜5月はかなり生徒が減る時期らしいので(^^;; まあ、皆と仲良くなれて少人数も楽しかったですよ!この時期は長期休暇が被らない為、学生が少なく、留学に来ている人の殆どが社会人の方でした。うるさい環境や、若い学生のノリが苦手な方はこの時期を選ぶのも良いかもしれません。社会人の方々は色んな経験をされていて、まだ大学生の私にとってはとても勉強になりましたし、多くのお話を聞けてとても楽しかったです。違う世代の方と接することも大切だと改めて感じました!! *学習面 留学を終えて改めて思ったのは、ボキャブラリーの重要さです。会話中に単語が思い浮かばなくもどかしく思ったことは数しれません。単語だけでも分かれば先生は何となく私の言いたい事を汲み取って理解してくれます。なるべく留学前に単語を頭につめておくと良いと思います。あとは、文法は一通り事前に学習しておくことをお勧めします!せっかく外国に来ているのに、授業中文法の勉強で終わってしまうのは勿体無いです。短期間で英語力を最大限に伸ばすには日本で出来る限りの事はやっておくべきだと感じました。 何点か後悔した事もありますが、私はフィリピン留学にとても満足しています。本当に人にお勧めしたいです。特にバコロドの街は治安が良く、人もとても暖かいので是非皆さんにも行って頂きたいです!またいつか、もう一度この街、ILPに訪れたいなと思っています(*^^*) それでは、これで最後のレポートを終わりたいと思います。皆さんの為になるような情報をお伝え出来たかは分かりませんが、少しでもこの記事がお役に立てればと思います。2ヶ月間、私の拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました! そして、ILPの先生、スタッフの皆さん、仲良くして下さった生徒の皆さん、本当にありがとうございました(^o^)/ フィリピン留学ILPレポーター:Ali

>> More

バコロド | ILP
バコロド留学ILP*⑭フィリピン生活情報

バコロド留学ILP*⑭フィリピン生活情報 こんにちは、 バコロド留学ILPレポーターaliです!! 今日はフィリピンでの生活での注意点等役立つ情報をご紹介しますね! *家電製品 フィリピンでは日本と電圧が異なるので、日本で使用している家電製品は使えません。変圧器を買うか、海外対応の物を持参しましょう。ヘアドライヤー等は現地で安く買えるので、持って来なくても大丈夫だと思います。 次にプラグの形ですが、地域によって異なります。ILPの寮内は日本と同じ形の物が使えますので、気にしなくても大丈夫ですよ!寮内のコンセントはベッド側の壁に2つ、冷蔵庫の横に2つあります。1人で使用するには十分な数ありますが、もっと必要な方は延長コードを持って行かれることをお勧めします。 *ネット環境 フィリピンの飲食店やモールではwifiが使えることもありますが、日本と比べると回線速度がかなり遅いです。また、時間帯によってはwifiが使用出来ないこともあります。ILPのカフェテリアでは24時間問題なくwifiが使用出来ますよ(^ ^)動画もきちんと見ることが出来ます。寮の2階は部屋によって繋がることもありますが、基本的には使えません。3階の女子寮では全く使えないので、常にネットを使いたい方は現地でSIMカードを購入するのが良いと思います。 *トイレ フィリピンの公共トイレではトイレットペーパーが置いていないことがよくあります。外出する際は常にポケットティッシュ等を持ち歩くことをお勧めします。 *日用品 シャンプーやリンス、石鹸等は重さもありますので現地で買われることをお勧めします。日本の製品も何種類か売っているので心配いりませんよ。化粧品はなかなか日本の物はありませんので、ご自分の肌に合った物を日本から持ってくるのが良いと思います。あと、化粧品は割と値段が高く、日本とあまり変わらない印象を受けました! *食品 近くのモールでは日本食を買うことが出来ますが、値段は日本の2〜3倍します(;_;)”日本から醤油を持ってくれば良かった”と言う生徒さんもいたので、お好きな調味料を持って来るのもいいかもしれません。学食が口に合わなかった時の為に、ふりかけを持って来ている学生さんも多かったですよ。 *衣料品 フィリピンでは服や靴が安くで買えます。服は最低限の物で大丈夫だと思います。ただ、下着は十分な数持って来た方がいいかもしれません。こちらでは日本とサイズ表記が違うらしく、結局買うことが出来なかった学生さんもいらっしゃりました。 あと、お気に入りの服や高価な物は持って来ないようにしましょう。ごくたまにですが洗濯物が無くなったりすることもあるみたいなので(^^;; あっという間に2ヶ月が経ち、次回で最後の更新となります。 また帰国後に総まとめの記事を更新しますね! それでは、もうしばらくお付き合い下さい(^ ^)   フィリピン留学ILPレポーター:Ali

>> More

バコロド | ILP
バコロド留学ILP*⑬留学生インタビュー

バコロド留学ILP*⑬留学生インタビュー こんにちは! バコロド留学ILPレポーターaliです!!   今回は、ILPの留学生さんにお話を伺ったのでご紹介したいと思います! インタビューさせて頂いたのは日本人女性のNさん。Nさんは今年2月から約4ヶ月間、ここILPに在学していて、今いる生徒の中で最も長期間滞在している生徒さんです(^^) Q.フィリピン留学の目的は何ですか? A. この後に行くワーキングホリデー(ニュージーランド)の為の事前留学。いきなり欧米圏に行っても全然喋ることが出来ないと思ったので、まずフィリピンで英語に慣らそうと思ったから。 Q. ILPの印象は? 学校だけど堅苦しくなく、自由。校則自体も厳しくないので。アットホームで先生と生徒の距離が近い。オールマンツーマン授業というのも理由の一つかも。 Q. ILPを選んだ理由は? と にかく学費が安い。あと、都会よりは田舎の学校に行きたかったから。都会だと遊ぶ場所が多く、勉強よりも遊びに走ってしまいそうだったから。物価の安さと 治安の良さも決めての一つ。他の理由としては、オールマンツーマン授業が受けられること。私はグループ授業だと他の人に発言を任せてしまうタイプだけど、 マンツーマンだと喋らざるを得ないので。 Q. フィリピン留学前にやっておくべきことは? A. 中学レベルの基礎文法は学んでおくこと。私は元々英語をしっかり勉強していた訳ではないので、初めの2ヶ月間は基礎文法を学んで終わってしまった。基礎文 法は自分で勉強出来る範囲のことだし、ここでは英語で教えてもらうので自分で勉強した方が解り易く効率的だと思う。 インタビューの内容は以上です! ILP を選んだ理由としては、私も似たような感じです。また、今までの学生さんを見ていると、この後にワーキングホリデーに行く人がかなり多いです。やっぱり フィリピン留学は短期間で英語に慣らす為には良いと皆さんお考えのようです^ ^(特にILPはオールマンツーマンですし!) それでは、今回は留学生さんの声を紹介させて頂きました。快くインタビューを引き受けて下さったNさん、貴重なお話ありがとうございましたー!! ↑Bacolod ILPはこの6月で10周年を迎えるそうです。今朝来たら1階が デコレーションされてました(*^^*) フィリピン留学ILPレポーター:Ali   バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて こんにちは!フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。今回はILPでのフィリピン留学生活を振り返ってみたいと思います(^ ^)*生活面この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。 >>> ILP留学レポーター記事を見る

>> More

バコロド | ILP
バコロド留学ILP*⑫学校周辺環境〜2

バコロド留学ILP*⑫学校周辺環境〜2 こんにちは! バコロド留学ILPレポーターaliです!! 今回は学校から少し距離のある場所を紹介したいと思います!! 交通手段はジプニーというバスのような乗り物で、料金は一律6ペソ(約18円)になります。(学生以外、一般料金=7ペソ)かなりの数のジプニーが日中は走行しているので、特に時間を気にすることもなく好きな時に利用することができます。 今回紹介する場所は全て、ジプニーで学校から5〜15分程で行くことができます。 <SMモール> この辺りでは1番大きなショピングモールで、ジプニーで10分程の距離です。建物は道を挟んで2つに分かれていて、様々なショップやレストランが入っています。日本のデパートと大差なく、店内はとても綺麗で人で賑わっています。2枚目の画像はモール内の巨大なスーパーマーケットです。1枚目の画像の建物前に停まっている赤い乗り物がジプニーです。 キャッシュパスポートをご利用の方は、SMモール内ATMでお金を引き出すことをお勧めします!前回紹介したロビンソンモールでも引き出せるのですが、3000(4000?)ペソ程しか一度に引き出せません。毎回手数料がかかるので、私は一度に10000ペソ引き出せるSMモールを利用しています。 SMモールの近くにあるマヌカカントリーというチキンのお店もお勧めです。チキン専門店が何店舗も連なった場所になります。チキンはフィリピンの定番料理でもあるので是非行ってみて下さい!価格もかなり安く、私が行ったお店はチキンとライスのセットで90ペソ(約270円)でした(^^) <チャイナタウン(888)> SMモールよりも学校よりに位置し、道が混んでいなければ5〜10分程で行くことが出来ます。規模は小さいですが、商品が多く全体的に低価格です。服や鞄、靴等を安く揃えたい時にいいかもしれません。 <ロードバイロン> ここだけ歩いても行ける位置にあります。徒歩約5分程で、前回紹介したCAFE BOB’sの向かい側にあります。 バコロドではバックリブ(スペアリブのような感じです)も定番料理で、このお店は学生さん達にも人気があります(^ ^)一人前150ペソ(約450円)でした。 ILP周辺にはたくさんのカフェ、ケーキ屋さんがあるのですが、中でも1番人気なのがここcaleaです。フィリピンの料理は全体的に甘めなのですが、ここのケーキは甘過ぎないので日本人の口に合うようです。現地の人にも人気があり、ロビンソンモールにも店舗があります。ラクソンストリート沿いにある店舗は内装がとても可愛いらしく、女性の方はテンション上がる事間違いなしです! 学校周辺には他にもたくさんお店があるので、是非いろんな場所へ行ってみてくださいね(^o^)/ フィリピン留学ILPレポーター:Ali   スピーキングとマンツーマンが強み  ILP  フィリピン留学の強みであるマンツーマン授業オンリーの学習カリキュラムを構成して、確実にスピーキング力UPを実現。1カ月10万円以下という驚きの安さも魅力のILPです。 >>>取材レビュー全文を見る

>> More

バコロド | ILP
バコロド留学ILP*⑪授業について〜マンツーマンクラス〜

バコロド留学ILP*⑪授業について〜マンツーマンクラス〜   こんにちは! バコロド留学ILPレポーターaliです!! 今日はマンツーマン授業についてお話ししたいと思います。 バコロドILPにはwritingやspeakingといったような決まったプログラムはありません。 最初に教科書は支給されますが、自分自身で授業内容を決めていく形になります。自分が勉強したい事を伝えると、それに合わせて講師の方々は独自のスタイルで授業を進めて下さります。私は会話力を向上させたいので、speakingを重点的に教えてもらっています。ただ、1日7時間もspeaking授業だとしんどいので、何時間かはreadingやgrammarクラスを作ってバランスをとっています(^^)ILPでは自分の不得意分野を重点的に学べ、自分で自由に授業内容を決められるのがポイントです! 私が普段授業で行っている内容は以下の通りです。 *speaking・listening(4時間) 会話ベースの授業が多いです。与えられた質問やテーマに関して自分の意見を伝え、話を展開していくといった授業や、日常会話で役立つ熟語や表現方法を学ぶ授業等があります。私が話した文章が文法的に間違っていた場合先生は指摘し、より適切な言い回しを教えて下さります。 先生は皆よく喋るので、授業中の会話で自然とリスニング力は身に付くと思います(笑) *writing・grammar(2時間) 私は毎日日記を書いて、それを添削して貰っています。日記を書くことは日常的によく使う表現や単語を身につけることが出来るので個人的にはお勧めです。また、自分の弱点も見つけ易いので効率よく勉強出来ます。あとは、新しい熟語・単語を使って例文作成をする授業もあります。私は文法メインの授業をあまりして貰っていません。正直、文法に関しては先生に英語で説明して貰うより、日本語の文法書を読んだ方が明らかに分かり易いと私は思うので…(^^;;文法の基礎は自分で勉強し、分かりにくい部分は質問するようにしています。 *reading(1時間) 教科書に沿って勉強しています。教科書によって内容は変わってくるとは思いますが、ショートストーリーや記事を読んでそれに関する問題を解いたり、話の内容を理解出来ているか確認する為に自分で要約するといった事をしています。 これらはあくまでも私の希望に合わせた内容ですので、他にも方法は色々あります。皆さんは自分でベストな方法を選んで満足のいく学習にして下さいね(*^^*) フィリピン留学ILPレポーター:Ali   スピーキングとマンツーマンが強み  ILP  フィリピン留学の強みであるマンツーマン授業オンリーの学習カリキュラムを構成して、確実にスピーキング力UPを実現。1カ月10万円以下という驚きの安さも魅力のILPです。 >>>取材レビュー全文を見る バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて こんにちは!フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。今回はILPでのフィリピン留学生活を振り返ってみたいと思います(^ ^)*生活面この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。 >>> ILP留学レポーター記事を見る

>> More

バコロド | ILP
バコロド留学ILP*⑩授業について〜グループ授業〜

バコロド留学ILP*⑩授業について〜グループ授業〜 こんにちは(^^) バコロド留学ILPレポーターaliです!!   今日はグループ授業についてです!!   まず報告が1つあります! なんと、来週からグループ授業が開始されることになりました!! ILPでは授業数が1日5〜9時間までの間で選択することが出来、これらは全てマンツーマン授業でした。 来週からは、元々自分が取っていた授業に追加する形にはなりますが、2週間単位でグループ授業を受けることができます。1人の講師に対して3〜6人の生徒、また、生徒のレベルに合わせてグループ分けをして授業が行われるようです。時間は毎日午後4〜5時の間の50分間です。 ただ、追加授業になるので余分にお金が必要になります。金額は2週間で1500ペソ(約4200円)です。もしグループ授業を受けたければ、一時間授業数を減らして申し込むのがいいかもしれませんね。入学後に授業数を減らすことも出来るのですが、返金はされません。また、1時間90ドル(1ヶ月間)で授業を追加することも出来ます。 ILPではオンライン英会話授業も行われています。帰国後に英語の勉強をし続けたい人にはもってこいですね(*^^*) 授業は1日20分間、月〜金曜日の週5日間の授業で1ヶ月9000円です。先生の話を聞いた限りでは時間は大抵夕方〜夜が多いようです。初回2レッスンは無料で受けられるみたいですよ! それでは、今回は授業に関するお知らせでしたー! フィリピン留学ILPレポーター:Ali スピーキングとマンツーマンが強み  ILP  フィリピン留学の強みであるマンツーマン授業オンリーの学習カリキュラムを構成して、確実にスピーキング力UPを実現。1カ月10万円以下という驚きの安さも魅力のILPです。 >>>取材レビュー全文を見る バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて こんにちは!フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。今回はILPでのフィリピン留学生活を振り返ってみたいと思います(^ ^)*生活面この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。 >>> ILP留学レポーター記事を見る

>> More

バコロド | ILP
バコロド留学ILP*⑨国籍比率と校内規則

バコロド留学ILP*⑨国籍比率と校内規則 こんにちは! バコロド留学ILPレポーターaliです!! 今日は留学生の国籍比率、校内規則、雰囲気等についてお話ししたいと思います。 まず、国籍比率ですが、現在は日本人がかなり多いです。日本人7割、韓国人3割といったところでしょうか。あとは台湾人が1名在学中です。そもそもこの時期は生徒数が少ないらしく、現在の生徒数は約20人とかなり減ってきています。また、時期によって国籍比率もかなり変わってきますので、そこも考慮してフィリピン留学期間を決めるのもいいかもしれませんね(^^)夏場(7月以降)は韓国人が一気に増えるみたいです。やはり長期休暇間(夏季:7〜9月)は短期留学に来る大学生も多いので全体的に生徒数が増えるようです。 あと、ILPは年齢層が高めな印象を受けました。ほとんどが社会人の方々で、大学生は私を含めて現在2人程しかいません。平均年齢は20代後半位だと思います。30代の方も結構います。 次に、校内規則ですが、ここILPは校則がゆるめです。校内では授業以外は皆母国語を話しています。もちろん日本人しかいない訳ではありませんので、積極的に英語を使うことで英語環境はそれなりに自分で作ることは出来ます!あとは休み時間に講師の方々と会話するのもいいかと思います。 ←この1階フロアで休み時間には皆寛いでいます。 門限は日曜日〜木曜日が1時、金・土曜日が2時までとなっています。この時間を過ぎると寮が施錠され、入れなくなってしまうので要注意です‼︎ 校内は飲酒禁止ですので、お酒を飲む時は外へ出かけます。学校のすぐ横にバーベキューショップ(屋台)がありますので、皆よくそこで飲んでいます。 ILPの校風はかなり自由だと感じています。そして、小規模な学校ですので、アットホームな雰囲気がお好きな方にはお勧めですよ(^^) フィリピン留学ILPレポーター:Ali スピーキングとマンツーマンが強み  ILP  フィリピン留学の強みであるマンツーマン授業オンリーの学習カリキュラムを構成して、確実にスピーキング力UPを実現。1カ月10万円以下という驚きの安さも魅力のILPです。 >>>取材レビュー全文を見る バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて こんにちは!フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。今回はILPでのフィリピン留学生活を振り返ってみたいと思います(^ ^)*生活面この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。 >>> ILP留学レポーター記事を見る

>> More

バコロド | ILP
バコロド留学ILP*⑧休日の過ごし方〜sipalay旅行〜

バコロド留学ILP*⑧休日の過ごし方〜sipalay旅行〜 こんにちは! 先週の金曜日が祝日だったので、この3連休を利用して旅行に行って来ました。行き先はsipalay(シパライ)という海辺の田舎町で、バコロドからバスで約5時間の場所にあります。今回は、ILPの先生方と生徒の総勢10名で2泊3日の旅に出かけました(^ ^) 早朝5:15分発のバスに乗ってsipalayへ。運賃は209ペソでした。このバスターミナルへは学校からタクシーで5分程で行くことが出来ます。 sipalayはとってものどかな田舎町で、お店も小さな露店のような物が多く、バコロドにあるようなファストフード店もありません。とても有名なリゾート地と言う訳ではありませんが、バコロド住民の間では名の知れた場所のようです。 今回私達はホテルではなく民宿のようなロッジに宿泊。10人一部屋で一泊130ペソ(約370円)と激安でした。キッチンも自由に利用出来ます。ただ、設備はあまりよろしくありませんので私はお勧めはしません(笑) 一日目はビーチに行って、夕食は宿泊先で自炊。先生方がフィリピンの家庭料理を振舞って下さりました!今回の旅行は全て先生方が計画して下さり、食事等も含め色々と至れり尽くせりのおもてなしをして頂きました!!何もしなさ過ぎて申し訳なる位でした…(^^;; ←フィリピンの家庭料理(チキンやポークリブ等) 買い出しは近くのマーケットで。 2日目は海辺のレジャー施設へ。プールやハイキングの出来る小島、宿泊施設等が固まってあります。海は透明度が高くとても綺麗でした!宿泊先からは少し離れている為バイクで移動、運賃は2人乗りで80ペソでした(1人40ペソ)。 当初の予定ではアイランドホッピング(色んな島をボートで巡る)をする予定だったのですが、少しトラブルがあったようで出来ませんでした。午後からは昨日と同じビーチへ。これでもかという位ビーチを満喫出来ました(笑) sipalayにはビーチが何ヶ所かあり、シュノーケリングやダイビングが楽しめる場所もあります。洞窟探検も有名みたいなので、色々と楽しめると思いますよ。小さな町で、海以外にはレジャー施設もあまりないので、個人的には1泊2日位が丁度良いかと思います! 今回2泊3日の旅行でかかった費用は約1500ペソ(4000円程)でした!驚きの安さです…先生方が毎食調理し、費用を安く抑えて下さったおかげです!!本当に感謝の一言に尽きますm(__)m フィリピンだと1泊2日の旅行に5000円もあれば十分行けると思いますので(飛行機を利用すると無理ですが…)、休日は是非観光を楽しんでみて下さい^ ^ フィリピン留学ILPレポーター:Ali スピーキングとマンツーマンが強み  ILP  フィリピン留学の強みであるマンツーマン授業オンリーの学習カリキュラムを構成して、確実にスピーキング力UPを実現。1カ月10万円以下という驚きの安さも魅力のILPです。 >>>取材レビュー全文を見る バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて こんにちは!フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。今回はILPでのフィリピン留学生活を振り返ってみたいと思います(^ ^)*生活面この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。 >>> ILP留学レポーター記事を見る

>> More

バコロド | ILP
バコロド留学ILP*⑦キャンパス周辺環境〜1

バコロド留学ILP*⑦キャンパス周辺環境〜1 こんにちは! バコロド留学ILPレポーターaliです!! 今日はキャンパス周辺をご紹介したいと思います。 留学生を選ぶうえでかなり重要な項目でもありますよね(^ ^) バコロドは田舎ではありますが、ILPは町の中にある為日常生活で困ることはほぼないと思います。キャンパスの道向かいにはアイマートというコンビニがありますし、キャンパスの隣にはカフェが3つもあります! 徒歩5分の距離に大きなデパート(ロビンソン)もあるのでとっても便利です。ロビンソンはフィリピンではメジャーなモールのようで、中にはスーパーや服屋、飲食店が多数入っています。大抵のものはここで買い揃えることができます。 <ロビンソン> これもまた徒歩5分程の距離に学生に人気のカフェがあります。CAFE BOB’Sというカフェなのですが、チェーン店でフィリピンの至る所で見られます(ロビンソンの中にもあります)。ケーキの種類が豊富で値段もお手頃なので、講師にも人気のようです。wifiも使えるので、PCを使いたい時にも良いですね(^ ^) CAFE BOB’Sのすぐ近くには無料で利用出来るジムがあります。様々な運動が体験出来、特に最近日本でも流行っているバイクエクササイズ”SPINNING”が学生には人気です。ここでは自由にフィットネスマシーンを使用出来るだけでなく、ヨガやズンバ、ボクササイズ等のプログラムもありますので女性にも嬉しいですね! 学校のすぐ側にはマッサージ屋もあります。私はまだ行ったことはありませんが、足つぼやオイルマッサージ等いろんな種類があるみたいですよ。値段は1時間280ペソ(800円弱)とかなりリーズナブル! 学校の隣にあるカフェの中で私のオススメはTOM N TOMS COFFEEです。韓国のチェーン店らしく、韓国版スターバックスと言ったところでしょうか。店内はとても綺麗で人もそんなに多くなく、勉強するのに最適です。他のカフェと比較すると値段は少し高めで、コーヒー1杯が約300円弱程です。画像左の奥に見える大きい建物がTOM N TOMS、手前にあるのがBASCOM CAFE。 すぐ側にはバーベキューショップ(屋台)もあり、週末は皆そこで遅くまで飲んだりしています。焼き鳥が1本数十円で食べられます! 学校周辺にはまだまだ様々な施設やショップがあり、かなり便利な場所です!今回は徒歩圏内にあるお店ばかり紹介しましたが、また後日少し学校から離れた所にあるおすすめスポットも紹介しますね(^o^)/ フィリピン留学ILPレポーター:Ali スピーキングとマンツーマンが強み  ILP  フィリピン留学の強みであるマンツーマン授業オンリーの学習カリキュラムを構成して、確実にスピーキング力UPを実現。1カ月10万円以下という驚きの安さも魅力のILPです。 >>>取材レビュー全文を見る バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて こんにちは!フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。今回はILPでのフィリピン留学生活を振り返ってみたいと思います(^ ^)*生活面この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。 >>> ILP留学レポーター記事を見る

>> More

バコロド | ILP
バコロド留学ILP*⑥講師変更とレベルチェックテスト

バコロド留学ILP*⑥講師変更とレベルチェックテスト こんにちは! バコロド留学ILPレポーターaliです!! フィリピン留学が開始してから3週間が経ち、大分フィリピン留学生活にも慣れて来ました。本日は月1回のレベルチェックテストがありました! というとで、今回はこのレベルチェックテストについてご紹介しますね(^ ^) レベルチェックテストは毎月1回、最終金曜日に行われます。内容はグラマーテスト30分間(50問)+スピーキングテスト約3分間です。スピーキングテストの内容は、質問の書いてあるカードを一枚引いてその質問に対して回答するというスタイルです。質問の難易度は様々で、今回私は始めてテストを受けるのでbeginnerレベルの質問を引きました。2回目以降は前回のテスト結果に応じたレベルの物を引きます。 ←スピーキングはこの部屋で講師2名対生徒1名で行われます やっぱり普段授業で話しているといっても、試験となると緊張しますね(^^;; せめて印象だけでも良くしようと、明るくテンション高めで話しました(笑) グラマー50点+スピーキング50点の総合得点でレベル分けされ、月曜には掲示板に結果が張り出されます。順位や点数までは張り出されないので安心して下さい(^ ^) このテストは必須ではないのですが、受けていないと講師変更ができません。 受け損ねると1ヶ月間講師変更が出来ないので要注意です!! 講師は毎週金曜日に変更することが出来ます。掲示板に現在の講師の空き時間が掲示されるので、それを参考に生徒は時間割を調整します。講師変更用紙も一緒に掲示板に貼ってあるので、用紙に記入して午前中にオフィスへ提出する必要があります。人気講師は受講希望者が複数いる場合がありますので、その時は公平にくじ引きで決めるみたいです。 ILPはオールマンツーマン授業で、講師の数も多いです。初めは講師選択でかなり迷いましたが、私の場合他の受講者の意見がとても参考になりました!!金曜日が近づくとよく生徒同士で情報交換をしています。講師が合わなければ無理に継続せずにいろんな授業を試してみて、より自分の勉強スタイルに合う講師を見つけて下さいね! フィリピン留学ILPレポーター:Ali   スピーキングとマンツーマンが強み  ILP  フィリピン留学の強みであるマンツーマン授業オンリーの学習カリキュラムを構成して、確実にスピーキング力UPを実現。1カ月10万円以下という驚きの安さも魅力のILPです。 >>>取材レビュー全文を見る バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて こんにちは!フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。今回はILPでのフィリピン留学生活を振り返ってみたいと思います(^ ^)*生活面この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。 >>> ILP留学レポーター記事を見る

>> More

バコロド | ILP
バコロド留学ILP*⑤食事について

バコロド留学ILP*⑤食事について こんにちは ! バコロド留学ILPレポーターaliです!! 今回はILPの食事についてお話ししたいと思います。   食事は毎日三食、朝7:30〜8:30、昼12:00〜13:00、夜18:00〜19:00の時間帯で提供されます。この時間内であればいつでも食べることが出来ます。それでは、1週間とまではいきませんが、今週3日間の食事をご紹介します(^o^)/ 〜1日目〜 <朝食> バナナ、ナムル(?)、厚揚げの炒め物、ハンバーグ、イカのスープ(ピリ辛)、ご飯 <昼食> ビビンバ、ワカメスープ <夕食> スイートポテト、ワカメの和え物、大根の漬物、豚肉の炒め物、味噌汁、ご飯 〜2日目 〜 <朝食> パンケーキ、スクランブルエッグ、トマト、パイナップル、コーンスープ <昼食> チヂミ、ブロッコリーとパプリカの炒め物、白菜キムチ、豚肉の炒め物、お吸物、ご飯 <夕食> さつま揚げの炒め物、キムチ、ナムル、鳥の竜田揚げ(?)、味噌汁、ご飯 〜3日目〜 <朝食> オムライス、ナムル、トマト、味噌汁 <昼食> 茄子の天ぷら、キュウリのキムチ、大根の漬物、イカの炒め物(ピリ辛)、かき玉スープ、ご飯 <夕食> さつま揚げの炒め物、大根の漬物、卵焼き、コロッケ、ワカメスープ、ご飯 基本的には韓国料理が多いので、味付けも全体的に辛めです。食べられない程辛いものは今のところ出ていません。たまに出る洋食は朝食のことが多く、サンドイッチやパスタも出ますよ。ご飯は日本のものより少しパサパサしていますが、味はそんなに変わりません。今までの食事で不味いと感じたことはありませんし、結構日本料理に近いものも多いので美味しく頂けると思いますよ(^ ^) 銀のプレートタイプの食事の時はバイキングのような感じで自分で好きな量を入れることが出来ます。何品かはスタッフさんが入れてくれたりしますが、おかわりは自由です。パンケーキやオムライス等も、もう一皿おかわりすることも出来るみたいです! ここへ来る前は食事の心配もありましたが、私は辛いものが結構好きなので特に問題ありませんでした。辛いものが苦手な方は食べられるおかずが少し減ってしまうかもしれませんが、全品辛いなんてことはないのでなんとかなります!学校の近くには飲食店もたくさんあるので(ケンタッキーやマック等も!)、食事面では困ることはないと思いますよ(^-^) フィリピン留学ILPレポーター:Ali   スピーキングとマンツーマンが強み  ILP  フィリピン留学の強みであるマンツーマン授業オンリーの学習カリキュラムを構成して、確実にスピーキング力UPを実現。1カ月10万円以下という驚きの安さも魅力のILPです。 >>>取材レビュー全文を見る バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて こんにちは!フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。今回はILPでのフィリピン留学生活を振り返ってみたいと思います(^ ^)*生活面この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。 >>> ILP留学レポーター記事を見る

>> More

バコロド | ILP
バコロド留学ILP*④1日のスケジュール

バコロド留学ILP*④1日のスケジュール こんにちは! バコロド留学ILPレポーターaliです!! 今日は1日のスケジュールをご紹介したいと思います。 バコロドILPは1コマ50分授業で、全てマンツーマン授業です。授業後に毎回10分休憩を挟み、1時間間隔で授業が行われます。私は1日に7コマ授業を取っていますが、他の生徒さんを見ると6コマ取っている人が1番多いようです。 *1日のスケジュール* 6:45 起床 7:30〜8:30 朝食 授業は最も早くて8時から始まります。寮隣の建物の2階と3階に約50程の小部屋があり、生徒はそこでマンツーマン授業を受けています。 9:00〜9:50 授業① 教科書のショートストーリーを読み、そのストーリーを自分の言葉で説明する。 10:00〜10:50 授業② 主にボキャブラリー強化。新しく教わった単語、熟語を用いて自分で例文を作成。 11:00〜11:50 授業③ 教科書に沿った文法問題、イラストを見て英語で状況説明。 12:00〜13:00 昼食 13:00〜13:50 授業④ 新聞記事を読み、その後に続く問題に取り組む。内容理解、文法、語彙力を伸ばす。 14:00〜14:50 授業⑤ ひたすら会話をしたり、教科書を使う時も。日常的に使うフレーズを学ぶ。 15:00〜15:50 授業⑥ 教科書に沿って問題を進める。特定のトピックについての意見交換など。 16:00〜16:50 授業⑦ 主に教科書のテーマに沿って会話。与えられたテーマを基に自分でストーリーを作り、文章におこす。 17:00〜18:00 自由時間 私は大抵自習の時間に充てています。 18:00〜19:00 夕食 19:00〜 私は宿題をしたり、部屋で映画を見たりと自由に使っています。宿題の量は今のところ、1〜2時間もあれば十分出来る程です。 食堂は冷房が効いていて涼しいので、夕食後は食堂で勉強している人をよく見かけます。飲みに近くのバーへ出かけたりする人も。 入浴 24:00 就寝 以上、1日の流れはこんな感じです。 現在私が授業で使用している教科書は以下の3冊です。 初日のレベルテスト後に、自分に合った難易度の教科書を支給してもらえます。教科書が合わなければ変更も可能ですし、教科書を使用せずに授業を進める講師もいます。講師の方々は、生徒が何のスキルを改善したいか、どのような授業内容がいいかをちゃんと聞いて進めてくださります。もし要望があればどんどん伝えていきましょう! ちなみに私は7コマとも全員違う講師です。初日に講師・時間割を自動的に割り振られますが、翌週から変更は可能です。講師変更等についてはまた後日詳しく書きたいと思います!! それでは、また(^o^)/   フィリピン留学ILPレポーター:Ali   スピーキングとマンツーマンが強み  ILP  […]

>> More

イロイロ | C&C Academy
イロイロ留学C&C*番外編セブのおすすめスポット

イロイロ留学C&C*番外編セブのおすすめスポット こんにちは!イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。 今回は、番外編として、セブのおすすめスポットを紹介します。   ・ セブのおすすめスポット 「Royal Concourse」 Ayalaモールの近くにあるビュッフェです。ランチもディナーもひとり238ペソです。日本の食べ放題みたいな感じでした。 「Larsian BBQ」 庶民感すごくて躊躇しがちですが、店員(オネエ)が親切で、しかもかなりかなり美味しくて最高です。あと安い。二回食べに行きました。 「Tree Shade Spa」 3年前にも行って、すごく良かったのでまた行きました。今回はTOEIC試験会場近くに支店が出来ていたのでテスト前日に行きました。60分間の全身オイルマッサージが360ペソ(学生証を持って行きましょう) 「Carbon Market」 巨大な野外マーケットです。フィリピン初心者には恐怖かもしれません。行くなら午前中に、最低限の荷物でどうぞ。   「Colon Street」 フィリピンで最も古く短い道路らしいのですが、どこが?って感じでした。まあ記念にどうぞ。   「Sky Experience Adventure」 高層ビルの屋上で出来るスカイアクティビティ。値段もそんな高くないので(200ペソ〜)、上空からセブを見下ろしたければどうぞ。   「Tops」 山の上の方にあります。ここまではタクシーで行くしかありません。夜だと夜景が見れてオススメなので、5時とかに向かうといいです。 「Captain A’s Seafood Grill」 Boodle fightっていうフィリピン伝統の軍隊式食事方法を体験できます(イロイロでも出来る)。大きなバナナの葉に直接食事が置かれていて、素手で食べます。(もちろんスプーン・フォークで食べることもできます。) ・ セブのおすすめお土産 「Golden Sana Banana Chips」 こんなに美味しいバナナチップなかなかないですよ。私的には世界一。3年ぶりの遭遇につい大量購入。フィリピン人の口にもかなり合うようで、チューター通販で買ってた笑 ちなみに300gで100ペソ、500gで165ペソくらいです。売ってる場所によって多少値段違います。SMのジプニー乗り場の近くのエントランス付近が最安でした。   「Peter Paul Virgin Coconuts Oil」 このココナッツオイルめっちゃ良いらしいです(ネット情報)。私はSMのスーバーで買いました。250mLで165ペソくらい。日本では同じ商品が2000円するそうです。これを毎日リプトンに入れて飲んでるんですが、すごいですね。効果抜群です(何にとは言いませんがトイレ的な何か笑)。   フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした。

>> More

イロイロ | C&C Academy
イロイロ留学C&C*公式TOEIC受験2

イロイロ留学C&C*公式TOEIC受験2 こんにちは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。 前回の続き、TOEIC受験までの流れについてお伝えします。   ◯ホテル予約 申込と交通手段が確定したら宿泊場所を確保しなきゃですね! フィリピンのTOEICは日本と違って、午前中(しかも7時半集合)なので前泊が必須になっています。 そこで、試験前日に私が本気でおすすめしたいホテルは… 「S Hotel and Residences」です。 一部屋一泊たったの1350ペソで、新築みたいに綺麗なホテルです。 しかもなんと、試験会場であるSMEAGキャピタルキャンパスまで徒歩3分程。 当日の交通渋滞のことも考えなくていいので、非常にいいと思います。 私のお気に入りポイントは、シャワーとトイレの間にガラスの壁が設置されていること! どこからどこまでも綺麗で、部屋も広くて、人も親切で満足です。 あと徒歩圏内にガイサノモールがあるので飲み物とか、もろもろ買えますよ。 ジョリビーもチョーキングもピザ屋さんも。 ちなみに、ホテルまでポートからジプニーでも行けます。 セブのジプニーは、アルファベットと数字でルートが決められています。 ポート近くからホテル(試験会場)近くまでは、「06B」が一番良いと思います。 料金は7ペソで、お金を払うときと降りるときに言う言葉はイロイロと同じです。 ただ、セブでは降りるときにコインでカンカンまたは天井をノックするのが主流でした。 <補足> テスト後の宿泊場所。 もし土曜の夜の船でイロイロに帰るなら宿泊する必要がありません。 私はセブにもう2泊しました。 TOEICの会場はGuadalupeというちょっと中心部から離れているところにあるので、連泊はあまり好ましくないと思います。 2泊目:Quest Hotel Cebu プールバーとかついてるようなゴージャスなホテルです。 日本でこんなところに泊まったら3万とかしそうですね… 想像以上にすごかったです。 ちなみに一部屋一泊7500ペソ…のところ、3406ペソでとりました!(^^)/ 場所は、アヤラモールというセブで2番目?に大きいショッピングモールの目の前です。 3泊目:Richmond Plaza Hotel 二泊目のホテルめっちゃ良かったんですが、贅沢しすぎなので、3泊目は少し控え目に。 まあまあって感じですね。 二泊目のインパクトがすごすぎて、記憶にありません(実際、私寝落ちしてました…10時くらいに…) ◯試験当日 受験票のようなもの(メールで来る)には試験時間が「8:00-10:30」って書いてあるのですが、 ちゃんと読んでいくと、30分前には到着しないと行けないみたいです。 また、済みから済みまで受験票を読むと、「サンダル禁止・短パン禁止」って書いてありました。 なので、私は長ズボンとスニーカーを履いて、7:20に到着しました。 ですが…みんな短パンでサンダルやないかーーーーい!しかも何時間待たせるねんーー!! って感じになりました。 でも決まりを守ってれば何の問題も起きないはずなので後悔はありません(長ズボン暑かったし重かったけど) 試験会場についたら、受付して、荷物預けて(消しゴムしか持ち込みできない) ひたすら待って待って待って… ようやくテスト始まって、終わってから時計見たら…なんと12時!!笑 […]

>> More

イロイロ | C&C Academy
イロイロ留学C&C*公式TOEIC受験

イロイロ留学C&C*公式TOEIC受験 お久しぶりです。イロイロ留学C&C学生レポートのLillyです。 もうこっちに来て22週間が経ちました。 あと2週間くらいでここC&Cともお別れです… TOEICコースが終わってからESLに戻りまして、楽しい日々を取り戻しました!笑 やっぱりTOEICはプレッシャーがすごくて… TOEICコースの成果を確認するために、8月6日にTOEIC公式試験を受けてきました。 残念ながらイロイロでは公式試験が開催されないので、セブまで行く必要がありました。 (ごくたまにC&Cでも開催されます。理由は省略。) 今回はフィリピンでのTOEICについて書いていきます。(時系列) ◯TOEIC申込 日本の場合は、2ヶ月くらい前に申込をしないといけないと思いますが、フィリピンでは10日前くらいまで受け付けています。 噂によると、試験日程が変更になる可能性があるらしいので、直前の申込の方がいいかもしれないらしいです。 ちなみに私は、2週間くらい前に準備して、全ての工程が終わったのは〆切日でした。 申込方法に関しては「フィリピン TOEIC」とかで検索していただければわかりやすい日本語の解説があるので、そちらを参考にしてください。 受験料を支払うために、銀行に行って振込をする必要があるのですが、振込の出来る銀行はBDOかBPIです。 でも銀行は基本的に平日の夕方4時までとかしか空いていないので行けないですよね… 土日もやってる銀行はSMにあるBDOなんですが、長蛇の列らしいのです。 そこで私が見つけたのが…ダウンタウンのBDO!! ジプニーでロビンソンの辺りまで行って、少し歩くと中華街があるんですが、そこです。 週末もやってます!(ネットで調べても出てこなかったんですが、歩いてたら見つけました) インターネット申込をして、銀行振込をしたら、オデットに証明写真と銀行でもらった控えを渡せば完了です。 TOEIC直前の水曜日にTOEICからメールが届きます。 (フィリピンあるあるで、たまに届かないらしい) ◯セブまでの道のり 申込が完了したら交通手段の確保ですね。手段としては基本的に 1、飛行機 2、船 のどっちかです。 船とバスの組み合わせもありますが、乗り換えが面倒なのでオススメしません。 私は、船で行きました!12時間かけて!笑 船なんて利用する外国人いませんでしたよ、みんなフィリピン人。 でも、たったの880ペソです。しかもイロイロ出発が夜7時なので寝てれば着きます。 もちろんベッドで寝れるし、エアコンありです。 (エアコンなしは800ペソ) 私は木曜日夜7時のCokalinogという会社の船に乗り、 金曜日の朝7時前のセブに到着しました。 帰りも同様に船を使ったんですが、気をつけなければいけないのが、日曜日は船がないこと。 なので、土曜日の夜か月曜日の夜に帰るか、飛行機を使うかです。 私は、月曜日の夜6時のTrans-Asiaという会社の船を利用し、火曜日の朝6時にイロイロに到着…するはずでした。 が、天候が悪すぎて、船がかなり遅れたので実際着いたのは10時30分頃でした。 Cokaliong Trans-Asia <補足> 船のチケットを買う方法。 もちろんポートで買えます。でも直前まで何も持ってないのは不安ですよね。 だからといってわざわざポートまで買いに行くのも面倒ですよね。 実は、SMで買えます。 SMのジプニー乗り場の手前にあるSM外のトラベルセンターです。 クレジットカードは使えないので、現金を持参しましょう。 <補足> イロイロの港まで行く方法。 セブに行く船がいるのは「Iloilo Domestic […]

>> More

イロイロ | C&C Academy
イロイロ留学C&C*食事について

イロイロ留学C&C*食事について こんばんは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。 ついに7週目に突入しまして、ESLコースは残り1週間ちょいになりました。 今回は食事について書いていきます! 学校選びで食事ってかなり重要なポイントだと思いますが、 安心してください、まずくないですから(もうコレ流行ってないのかな…笑) ・朝食について 朝食は基本的に毎日同じです!!笑 だけど私は朝食が一番好きです。 食パン、おかゆ、ハム、ソーセージ、たまご、スイカ、千切りキャベツ、キュウリ が基本的にあって、たまにスイカがなかったり、キュウリがなかったりします。 あとたまにバナナが出たり、ジャガイモを薄く切って揚げたものが出たりします! 私はいつも食パンにハム、ソーセージ、たまごを挟んで食べてます。 食パンは鉄板で焼いてくれているのでカリッとしていておいしいです!! おかゆも付け合わせの小魚(を辛みそであえたもの)を投入して食べると美味しいです。朝から満足です。 ちなみに朝食の時間は07:30~08:00の30分間で、私は8~9時の授業がないので07:45くらいに行ってゆっくり食べてます。 朝食。 ・昼食と夕食について 昼食・夕食はおかず2-3品、スイカ、キムチ、ライス、スープ をベースにおかずとスープが毎回変わります。 おかずは、骨付きチキンを辛いソースで味付けしたものやチヂミみたいなもの、チキンカツ、肉じゃがみたいなもの、 餃子みたいなもの、ジャガイモをクラムチャウダー味にしたもの、酢豚、ビビンバなど、ぜんぶ美味しいです! フィリピン人が作っているので、「〜みたいなもの」って表現になってしまいましたけど、安心してください。 特に、じゃがいも料理には外れがなくて、本当に本当に美味しいです! ただ、豚肉が嫌いな人は高確率でメインのおかずがなくなります(笑) ちなみに、毎回キムチが出るんですが、ココのキムチ私は嫌いです!笑 私の好きなおかずランキング 1. クラムチャウダー味のじゃがいも 2. 酢豚 3. チキンカツ(串に刺さっているほう)  昼食1 (餃子みたいなやつ。このたまごスープ本当に美味しい!)  昼食2 (このチキンカツ本当に美味しい!!)  昼食3 (真ん中の鶏肉、出現度高め。いつもじゃがいも多くもらってます笑)  夕食1 (この日はなんかしょぼい)  夕食2 (左上の酢豚本当に美味しい!!!)  夕食3 (左上のお肉辛すぎて毎回鼻汗すごくなる笑) こんな感じで美味しく頂いています。 よっぽど好き嫌いがない限り大丈夫だと思います。 想像より美味しいのでふりかけもみそ汁も持ってきたのに消費できてません… ちなみに今朝体重をはかったら…変わってませんでした…痩せたと思っていたのにな… ともかく、食事は心配しなくて大丈夫だと思います。 他の日本人留学生数人にも聞いてみましたが、みんな美味しいって言っているので! 以上、食事について フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした。

>> More

イロイロ | C&C Academy
イロイロ留学C&C*現地費用について

イロイロ留学C&C*現地費用について こんばんは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです! 皆様いかがお過ごしでしょうか。 私はこっちに来てから既に8週間が経とうとしています。 まだまだ帰りませんけどね〜 来週からTOEICコースにチェンジします!!目指せオーバー900点!! そういえば昨日は、授業を2コマ休んでImmigration officeに行ってきました。 初回だけ行かなきゃいけないらしい。 何したかと言うと,写真撮影と指紋登録。 もちろん学校のマネージャーが連れてってくれるので(手数料払ってるしね)簡単です。 場所はロビンソンの近くのところでした。こんなところ。 気をつけなければならないことは、靴と長ズボンを履き、袖のある服を着ることです。 ぶっちゃけなんでもいけそうな雰囲気あったけど(笑) そんなこんなで、今回は現地での費用について書いていきます。 実際、日本で支払う学費と滞在費以外に結構かかるので参考になればと思います。 まあトータルしても安いんですけどね。 まず、フィリピンに到着してすぐに支払わなければならないのが SSP(Special Study Permit):フィリピンで勉強するための許可のようなもの。6000ペソ(+C&Cの場合、申請代行手数料300ペソ) ACR-I(Alien Certificate of Registration Identity):外国人登録証。59日以上の滞在者のみ。3000ペソ(+300ペソ) Visa:一ヶ月以上滞在する人のみ。滞在期間によって料金は異なる。(+300ペソ) これがマジで高い… 寮保証金:50ドル 送迎費用:50ドル 学制証:300ペソ 買い物手数料:300ペソ(自分で行ければたったの28ペソ?) ドル表記のものもペソで支払いできるので、ドルの用意は必要ありません。 ちなみに私は20週間の滞在で30000ペソ近く払った気がします(書類見つけたら正確に記載します) その後かかる費用は、教科書と電気代です。 教科書は最初に1300ペソくらいで、約1ヶ月は買う必要ありません。 リーディングとボキャブラリーは薄い教科書なので、終わったら買い足す感じです。(それぞれ200-300ペソ) 8週間の滞在なら2000ペソを予算としておけばいいでしょう。 電気代に関しては、本当に人次第って感じです。 電気代は、翌月の5日くらいにマネージャーから紙が渡されて、それを持ってセクレタリーに行き、支払うシステムです。 ちなみに先月はこんな感じでした。 このとき私はルームメートがいなかったので、クーラーをつけずに生活していました。 ただ、冷蔵庫を使っていたので少し高めになったんだと思います。 クーラーなしで汗かきながら耐えてたのに、あんまり安くなくてがっかりしたのを覚えています… そして今月はこんな感じでした。 この部屋では冷蔵庫を使わずに、22~翌7時半まで27度設定で冷房をつけた結果です。 やっぱりルームメートいると安いね! 私は4人部屋に滞在しているので、実際に4人集まったら相当安くなるんだろうなって思ってます。 清潔感ある人カモン!!って感じです。 (以前、韓国人と同室だったけど汚すぎて部屋変えた笑) これでも電気代高いと思うけど、他の人はまさかの2500ペソとか取られてます。 休み時間(1時間)に部屋戻ってクーラーつけてるらしいです…そりゃ高いわ…笑 ついでに現地の外食費用について書いていきます。 簡単に言うと…一食350ペソあれば超豪華に食事できます笑 普通の食事なら150ペソで十分です。 […]

>> More

イロイロ | C&C Academy
イロイロ留学C&C*休日の過ごし方

イロイロ留学C&C*休日の過ごし方 (一回書いたのにアップできなかった…2回目…) こんばんは。 イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです! 相変わらずこっちは猛暑です。焼けるような暑さ。 日本の気温ってどれくらいなんでしょうか… まあ前置きは置いといて… 今回は、休日の過ごし方について紹介していきます。 C&Cでは金曜の夜から日曜の20時まで外出可能(強制自習がない)です!! で、休日に何をするかというと……ぶっちゃけないです(笑) なので私は週末になるといつも「ああ、お金払ってもいいから授業受けたい…」って思ってます。 部屋のクーラーつけっぱなしにすると電気代がすごいことになるのでライブラリーにいるんですが 自習する気分にもならなくて、とても退屈なので、いつも出かけます。 でも後で(水曜くらいに)後悔するんですよね、予習進めておけば良かったって…笑 休日やることをあげるとすれば 1. 旅行 2. 買い物 3. 休憩 4. 勉強 ですかね。 まず、旅行に関してですが、 イロイロからフェリーですぐのところにあるギマラスは割とオススメです! 私は3月に一回だけ行ったことがあるんですが、なんと言っても「行きやすくて安い」。 フェリーポートまでジプニーで2ライド(14ペソ?)からのフェリー14ペソ!! フェリーが14ペソってヤバいですよね(笑)元取れてるのか?! ギマラスはこの辺の人たちの遊び場って感じなのでボラカイとか観光地に比べて安いです。 ギマラスについたらリゾート(たくさんあるので好きなところへ)までジプニーを貸し切っていくと良いです。 なので7-8人とかで行くと割り勘したら安いのでいいかもしれません。 ギマラスなら日帰りで行けるので気軽に休日にいけますよ!予算は700ペソ(7人で行って) また、3連休を利用したり、1日欠席したりすればもっと遠くへ旅行に行けます。 有名どころと言えばボラカイですかね、私は言ったことないんですけど。ただ高いらしいです。 でもせっかくイロイロに来たからにはボラカイは行かないと損な感じです。 日本から行くとなると行き方がいろいろめんどくさそうなので… ボラカイの代わりと言ってはなんですけど、ギガンテスも良いかもしれません。 3000ペソあればC&Cから往復交通費もアクティビティーも宿泊(3食つき)も出来ます! ただし、ネットは通じないので携帯依存症の人はやめておきましょう(笑) 昨日はチューター(教わってないけど)のホームタウンに招待していただいて、 1時間半くらいかけて小旅行してきました。 ジプニー(2ライド)でTicud terminalというバンのターミナルに向かって そこからバンでDumangasというところに行きました。(30ペソ) 着いたらトライシクルに乗って(15ペソ)、お家へ。 こんな風に実家にまで呼んでくれるチューターがいるのがC&Cの良いところ! とにかくみんなフレンドリー!しかも習ってないのにね。 フェニスタということで、みんなでランチ!シドニー(チューター)のお母さんありがとう。美味しかった! ココナッツのサラダ。甘くてハロハロと同じ味がしたのでデザート感覚で食べた! チューターたくさんと家族留学の家族(Korean)と私 次に、買い物について 買い物はイロイロスーパーマートorロビンソンorSMですね。 詳しくは前の記事に書いてあります。 食料はイロイロスーパーマート、文房具や衣服はロビンソンorSMって感じです。 […]

>> More

イロイロ | C&C Academy
イロイロ留学C&C*学校の規則について

イロイロ留学C&C*学校の規則について こんばんは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。 猫が嫌いな私ですが…C&Cには猫が住み着いていまして…つい最近さらに増えました…笑 また別の猫さんが妊娠中です…もうそろそろ生まれそう… 今日は月末のレベルテストがありました。2回目です〜 テストの出来は…微妙です(^^;)笑 来月からTOEICコースなので全力で挑むはずだったんですが… リスニングの機器が不調で、途中の10個近く聞き取れず…なのにやり直しなく…って感じです… さて、前置きが長くなりましたが…今回は学校の規則について紹介していきます! ◯テストについて 1. Weekly test 授業内でチューターから出題されます。ESLコースの授業はSpeaking, Reading, Vocabulary, Buddy(Grammar+Writing)のマンツーマンがあります。私の場合、BuddyとVocabularyでのみWeekly testが実施されています。人によってはReadingでもテストをする人もいるみたいなので、チューターによるのかなって感じです。Speakingの授業では基本的にテストはないと思います。テストとはいっても、その週に勉強したところからの出題なので、勉強すればいい点数取れます。特にVocabularyは覚えないといけないので、暗記嫌いな私にとって非常に良い刺激になっています。私のVocabularyのチューターは私にのみスパルタなので、毎週めっちゃ頑張って覚えてます。彼女は私の実力を考えた上でのスパルタなので、それに応えようとやる気がみなぎります。 グループ授業でもたまにテストが行われますが、余裕です。ちなみにグループはInteractive, Speech(Pronounciation), Grammar, Conversationがあって、そこから3コマです。私はInteractive, Speech, Grammarを取っています。 2. Monthly test (通称: Level test) 月末の金曜日に一日かけて行われるテストです。午前中に模擬TOEICを受けて、午後からライティングとインタビューです。良い成績を取った人は表彰されます(先月、表彰されました)。ライティングは、ライブラリーの自分の席で書いて提出なので、時間もたくさんあるし余裕です。インタビューは生徒6-10人1グループにチューター3人が審査員としていて、ひとりひとり違う質問に答えていく感じです。審査員は、文法, 発音, 語彙力, リスニング力を審査しています。みんなのインタビューが終わったら、一旦部屋を出て、ひとりひとり呼ばれ、評価を言われます。めっちゃほめてくれます。 各グループから1人ずつベストスピーカー候補が選出され、後日、候補者と複数のチューターでファイナルインタビューが行われます。めっちゃこわかったです(笑)オデットというTOEICコースのボスやマネージャー数人などが真顔で質問してくるんですもの… とりあえず、レベルテストは多分みんな嫌いなんじゃないかなって私は思っています。ちなみに欠席すると保証金返ってきません。 ◯プレゼンテーションについて 毎週水曜日の授業後に開かれます。発表者は、その週もしくはその次の週に帰る人です。テーマは決まっていないので、自分で決めることが出来ます。自分の国の紹介や過去に旅行した場所の紹介、イロイロで経験したこと、自分の好きなもの(ゴディバ, ゲーム等)の紹介など様々です。プレゼンテーションを行わなかった場合、保証金(100ペソ?500ペソ?100ドル?)の返還はありません。また、卒業証書ももらえません。そんな堅苦しいプレゼンテーションではないので気軽に発表できるし、英語のプレゼンってなかなかやる機会ないので(私は大学院でやってますが…)良い経験になると思いますよ! ◯ルール (重要!!) 1. 無断欠席 病気や旅行などのためにマネージャーに言った場合は大丈夫ですが、何も言わずに欠席するとアウトです。3回以上無断欠席をすると警告がつきます。今のところ警告もらっている人は見てません。ちなみに20分遅刻すると欠席と同じ扱いなので気をつけねばなりません。特に8~9時の授業!ゆっくり朝ご飯食べてたらアウトです。 2. 自習 C&Cでは日曜-木曜の20~22時が強制自習です。自習前30分から指紋認証でログインを行い、22~24時の間に指紋認証でログアウトをしなければなりません。これを3回以上忘れてしまうと警告です。実際、私は20~22時だけではなく基本的にいつも勉強しているので指紋認証がめっちゃ邪魔で仕方ありません(笑) 18時から勉強していても19時半過ぎに一旦外に出て、指紋認証をしなければなりません。そして指紋認証の時間がたまに狂ってて、23時45分にログアウトしに行ったのに、既に0:10とかで焦りました。速攻マネージャーにメッセージ送りましたよ… 3. 外出許可 月に2回まで発行可能です。これは、自習をせずに済む届けです。どうしても行きたい場所があるときに使います。事業後から自習まで3時間しかないので、遠くに買い物だったり、食事だったりに行きたい場合は出しましょう。ただし、24時に門が閉まるので、それまでに帰ってこなければなりません。(ぶっちゃけちゃうと、門は閉まらないので、誰かの送迎会がある日はみんな余裕で2時とかに帰ってきます。私は24時にジプニー乗って最寄りのセブンイレブンにアイス食べに行きました笑) しかし、チューターいわく…韓国のミドルスクールがキャンプに来る時期(6月)は厳しくなるらしい。 4. 寮について 規則としては、23時以降に騒音を立てた場合警告, 異性の部屋に入ったら警告ってことになっています。あくまでも建前上…笑 私はいい子なので守ってますが(破る理由もないしね)、異性の部屋に入っている人ふつうにいます。うるさくする人はいないのでちゃんと寝れます。うるさいのは鶏だけ。ただ、廊下に防犯カメラついてるので、気をつけたほうがいいですよ! […]

>> More

イロイロ | C&C Academy
イロイロ留学C&C*講師について

イロイロ留学C&C*講師について こんにちは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。 日本は地震が続いているようですね… こっちにいるとあまりリアルな情報が得られないので把握しきれていませんが、フィリピン人の先生が知っているくらいなのでかなり大きな被害がでているのではないかと思っております…はやく元の生活に近づけますように。 そして私の皮膚も元に戻りますように…日焼けしすぎてすごいことになっています… 今回は、担当講師(チューター)について書いていきます!(時間割順) 1. ウェスリー (男, 28歳) 2つのグループ授業でお世話になっています。1つはInteractive group class、もう1つはSpeech group classです。 Interactiveでは、アメリカ人がよく使う表現だったり、◯◯(良い人とかコレは難しいとか)を表現するときに使う言い回しだったりを教えてもらっています。 彼はとってもとっても留学生思いで、みんなから信頼されています! 顔はイケメンです、割と本気で。甘い顔してます(笑)たまにふざけて甘いこと言ってきます(笑)あとよく冗談言ってます。 授業中は、説明した後に留学生(7人)みんなに「OK??」「Any questions??」って聞いてくれて、質問もしやすいし、理解できてなさそうならまた説明してくれるのでいい人だなあって思っています。 2. ソル (女, 22歳) 彼女は私のBuddy tutorという担任の先生のような人で、科目はWritingとGrammarです。 Writingは毎日の課題であるtopic(ESLコースは強制)のチェックをしてもらっています。 Grammarは自分で予習してって気になったところだけ聞いてます。 ソルは私の一番のお気に入りのチューターで、ふざけて毎日いちゃいちゃしてます(笑) いろんな相談したり、ソルの彼氏(日本で働いてる)の話聞いたり、楽しく勉強してます。 休み時間はだいたいソルの部屋でリリー(同じ名前のチューター)とリチェル(習ってないけど)とお話してます。 こんな感じでとってもフレンドリーなのですごく楽しいです! 3. カルメル (女、推定35歳) 彼女はGrammar group classでお世話になっています。 授業時間が昼食後の1~2時なので、私は早めに教室に行って自習しているんですが、カルメルも毎回少し早く来るので、お話したり、文法の質問したりしています。 カルメルの授業の範囲でない質問をいつもしてますが、的確にスピーディーに答えてくれて非常に助かっています。 文法のグループ授業ははっきり言って、周りのレベルが低すぎるため、超絶ひまな時が多いですが、彼女は教科書に載っていないこととかも教えてくれるので、授業受ける価値があるなあって思っています。 彼女もみんなの理解度を考えながら授業してくれる良い先生です! 口癖は「Correct!!」と「Let’s proceed 〜〜」です(笑) 4. シイラ (女、推定40歳) 彼女にはReadingの授業をしてもらっています。 彼女めっちゃクール!!だけどたまにおちゃめ!プーさんが好きらしいです(笑) いつもは基本的に雑談はせず、ひたすら勉強してます。たまに「By the way 〜〜」って感じで雑談しますが。 […]

>> More

イロイロ | C&C Academy
イロイロ留学C&C*Gigantes island旅行

イロイロ留学C&C*Gigantes island旅行 こんばんは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。 日本では4県で真夏日を観測したようですね。当たり前ですがこっちは毎日、真夏日です。 そして今、私は日焼けで全身が痛いです… なぜかと言うと… 今週末(金曜日〜日曜日)を利用して、ギガンテスへ旅行に行ったからです!!! ちなみにギガンテス、めっちゃ遠かったです。 行き方は… Punta Villa Resort(学校)を出て、Iloilo city行きのジプニーに乗り(6ペソ)、 UP(University of Philippines)で降りて、 Leganes行きのジプニーに乗り換えて(10ペソ)、 Tagbak bus terminalで降ります。 (このバスターミナルはボラカイ行くときと同じらしいので、そっち行く際も参考にしてください!) ターミナルに着いたら、バンかバスを選びます。 安くすませたいならバン一択でしょう! バンはC&Cの学割が聞くので(ID見せなくてもいけた)130ペソになります。 ちなみに乗車時間は2時間半程度。2時間半乗って300円程度って…安すぎる!! だけど、本来3人席の所に4人と荷物を詰め込みます(笑) ちなみにバンは人数が集まらないと発車しないのでお気をつけて。 まあもちろん私たちはバンで行きました! Estancia行きのバンに乗って、2時間半…ようやく到着して、そこからトライシクルで港まで移動です。 ちなみにトライシクルはバイクの横に人が乗るカゴがついてる乗り物です。(1台60ペソ、最大6人) Estancia portに着いたら、船(5ペソ)を払って入船!!(なぜか帰りは誰も払ってない…タダなのかな…) で、船に揺られること(リアルに揺られる)2時間半程度でギガンテスに到着です!!!! ギガンテスに到着したら、モーターサイクルに乗って、リゾートへ。 バイクに3人乗りしました(笑)風が気持ちよかったのと、スリルがすごかった(笑) 今回お世話になったリゾートは Las Marias island resort というところです。 最初にウェルカムドリンクのジュースとスナックが出てきました! 部屋の設備はクーラー(一応)とベッド(2人で1つ)、塩水がたまってるバケツ(これで体洗う)、流れないトイレ(笑)です。 書き出すとひどいけど、なんだかんだ受け入れられた自分に感動しています(笑) ちなみに、宿泊とご飯、アクティビティー含めて2200ペソなので文句なしです〜 交通費含めて3000ペソ程度で二泊三日の旅行に行けるってすごいなあ… ボラカイは観光地なのでめっちゃ高いらしいけど(前回、胃腸炎でいけなかった…) ギガンテスでは、 1日目15時頃到着して、Right houseに行き、鉄塔?にのぼって写真を撮ったり、海見たりしました。 その後、夕食を食べて(シーフード)、20時くらいに寝ました(笑) 2日目は6時前に起床して、コーヒーブレイクからのケービングツアー(洞窟)へ。 正直、洞窟なめてた…ただ入るだけだと思ってたのに、まじのロッククライミングだった… 幸い私は脚力・腕力ともに優れているので容易でしたが、貧弱な留学生たちは大変そうでした(笑) […]

>> More

イロイロ | C&C Academy
イロイロ留学C&C*受賞!!

イロイロ留学C&C*受賞!! こんにちは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです! ついにこっちにきてから4週間になりました…早いなあ…帰りたくないな…(あと16週間あるけど笑) これはC&Cについてではなく私事ですが、3月のレベルテストにてベストスピーカーとベストライターにダブルノミネートしました!!!ちなみに、こっちに来てからたった1週間でテストを受けたうえに、テスト当日は胃腸炎でダウンしてました笑 候補者3人の中からさらに1人を選ぶんですが、ベストスピーカーは学校マネージャーたちによるファイナルインタビューをさらに受けます。ここで私は1位になれなかったんですが、ライターの方は1位になることができました!! 先日授賞式が行われ、賞状と賞金をいただきました!次の日が私の誕生日だったので、すてきなプレゼントがもらえたなーって感じです(^^)来月もなんかしらもらえるように頑張っていきたいです!!実際のところ、私は工学部なので大学で英語やってませんし、もちろん喋れるとは思っていないので、嬉しさより驚きがまだ勝っています笑 今回は学校のレポートではないのでこれにて終了です!C&Cスクールは本当に楽しいし、たくさん勉強できるし、熱心なチューターもいるので、オススメです!!文章だけじゃ伝わらないので、是非来てみてください! フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした!

>> More

イロイロ | C&C Academy
イロイロ留学C&C*部屋について

イロイロ留学C&C*部屋について こんにちは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです! 最近勉強で忙しくて更新遅くなってしまいました、申し訳ありません。 ちなみに昨日は私の誕生日でした!先生も友達もみんな祝ってくれて、夜はプールサイドでパーティーでした!!楽しかったです♡ 今回はドミトリーについて書いていこうと思います! C&Cには2つのドミトリーがあって、NEWとOLDです。OLDは授業の教室と同じ建物にあります。NEWは校舎から部屋まで歩いて3分くらいです(敷地内)。どっちの建物も3階建てになっています。 ◯NEWドミトリーについて 私が暮らしているのがこっちのNEWです。私は4人部屋を希望したので、NEWドミトリーになりました。OLDには4人部屋がないようです。こっちの建物は1階から3階まで全て部屋になっています。不便なことに、ウォーターサーバーが1階にしかないので、毎回取りにいっています(私は2階在住)。 実際、NEWとOLDの差はほとんどないんですが、NEWの良いところはトイレとシャワーの間にドアがあるところです!!私、かなり潔癖な方で、特に水回りが気になるので、床が濡れずに済むのでありがたいです。あと、NEWは虫が少ないです!!あ、でも私の部屋(寮の裏側)はWi-Fiがない… まとめ ・ シャワーとトイレの間にドアがある ・ 虫が少ない ・ ウォーターサーバーが1個しかない ・ 部屋によってはWi-Fiがない   ◯OLDドミトリーについて 授業の教室と同じ建物の3階にあります。この建物は1階が自習室とオフィス、教室で、2階が全て教室、3階が全て部屋です。部屋から教室まで階段を降りるだけなので、日焼けもしないし、忘れ物取りに行きやすいし、部屋で休憩できるしうらやましいです。でも虫(主にアリ、トカゲ)がいらっしゃるので,私はNEWで満足しています!それにNEWは教室から部屋まで外を数分歩かなければならないので、自習室にこもって勉強できるし、私にとってもあっています! まとめ ・ 教室から部屋まで1階あがるだけ ・ 運が良ければめっちゃ強いWi-Fi使える ・ 虫が多い ・ シャワーとトイレの仕切りがカーテン   ちなみに私事ですが、先日ルームメイトができまして… 他の部屋から移ってきた日本人と韓国人留学生です!!今まで4人部屋を1人で使っていたのですが、3人でシェアになりました。私は人気者ですね…笑 正直、潔癖な私には韓国人の部屋の使い方が耐えられません。シャワー浴びたらトイレの床まで濡らすし(せっかくドアあるのに…)、しかも土足でその水の上を歩くので砂がついて床めっちゃ汚くなるし、ベッドの上に全荷物を広げるから見た目も汚いし…話しだしたら止まらない笑 でも以前セブの学校いたときのルームメイト(韓国人)はそんなことなかったので、この子だけなのかも。性格も見た目も男っぽい子なので…もし本当に耐えられなくなったら、今度は私が部屋を変えてもらおうと思います!結構みんな頻繁に部屋を変えていますよ〜 それに私、一人部屋のときはクーラーつけてなかったんですよ。でもルームメイトが出来てからクーラーつけなければいけないのできっと電気代も上がりますし、メリットないっす!笑 ちなみにこっちの電気代本当に高いです…以上!! 最後の方、マイナスなことばかりになってしまったんですが、国籍問わず性格は人それぞれなので、決して全ての国民をけなしているわけではありませんよ!1人部屋ではなく4人部屋を選択したのは私ですから、少しは我慢しなければって感じです。 今日は土曜日!もちろんお休みなのでどこか出かけてこようと思います!それではまた(^^)/   フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした。

>> More

イロイロ | C&C Academy
イロイロ留学C&C*周辺のお店

イロイロ留学C&C*周辺のお店 こんにちは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです(^^)/ そろそろ日本は桜が咲き始め、暖かくなったころでしょうか。イロイロはもちろん暑いですよ〜バギオの方は涼しいのかな…うらやましい。ルームメイトがいないので電気代を気にしてクーラーつけてないんですよ…笑 今回のブログでは、周辺のお店について書いていきます!(5/1更新) 1. Breakthrough (飲食店) 徒歩10分ほど。 シーフードからチキン、ハロハロまでそろっている。 とってもおいしいのでオススメ! 私はココに既に3回行きました!Breakthoughマスターです笑 メニューがイロンゴで書かれていますが、ウェイターが優しく教えてくれます。 まあ私は簡単なイロンゴをこっちで覚えたのでなんとかなってます笑 価格はひとり400ペソあれば十分かな。こっちではまあまあリッチなお店。     2. Iloilo supermart (一番近いスーパー) ジプニーで5分くらい。徒歩なら20分くらい。 一通りの日用品や食料品は調達可能。 Mang Inasalが2階にあるので是非! ただし、20時に閉店するのでお気をつけて〜 目の前にセブンイレブン(24時間)もある。 3. Jolibee Molo (飲食店) ジプニーで15分ほど。 一番近くのJolibee!愛しのJolibeeを求めてよく行きます。 ハンバーガー、フライドチキン、スパゲッティ、パイ、サンデー… おすすめはなんと言ってもチャンプバーガー!満足度高いです。 ちなみにフィリピンのスパゲッティは甘いです笑 200ペソあればお腹いっぱい!一番安いyumバーガーは30ペソ。 目の前にIloilo supermartもある。 4. SM city Iloilo ジプニー2ライド。 最初にスクールマネージャーと買い物に行くところ。 大きなスーパーがあるので大体買える。 飲食店は一通りあるのでオールジャンル食べられる。 5. Robinsons place Iloilo   ジプニー1ライド、30分くらい。 内容的にはSMと同じような感じです。 乗り換えなしで行けるのでこっちに私はよく行くかな […]

>> More

ダバオ | E&G
ダバオ留学E&G*2ヶ月を振り返って

ダバオ留学E&G*2ヶ月を振り返って 皆様こんばんは! ダバオ留学E&G学生レポーターのYukaです。ついに7/16にE&Gを卒業、17日、18日と休日を楽しんで本日日本に無事に帰国しました。フィリピン留学2ヶ月を振り返ってみるとあっという間の濃い時間でした。 という事で、 フィリピン留学生活や英語の上達など振り返ってみたいと思います。 私がフィリピンに来る前に掲げていた目標は以下の通りです。 ☆目標:TOEIC840点, 海外ドラマを字幕なしで理解出来る様になる,スピーキング力の向上!友人を作って沢山コミュニケーションを取る。そして無事に帰国する。 ☆TOIECについてはまだ受けてないので分からないのですが、これから受けようと考えています。 ☆海外ドラマを字幕なしで理解出来る様になる:これについては、見る映画によります。こちらに来て色々と映画館で映画を観ましたが、正直アニメ以外の映画は話すスピードが速く理解するのは厳しいです。アニメになると子供向けにシンプルな英語で話す事が多いので、割と理解出来る様になったと思います。 ☆スピーキング力の向上:スピーキング力は渡航前に比べると確実に上達したと思います。来た当初は文の構造や文法を無視して話していた事が多かったのですが、中盤から文法を意識して話す事が出来る様になりました(まだまだミスは多いですが、、)担当の先生も「前より上達したよ!」と嬉しい言葉をかけてくれました。 ☆友人を沢山作る:日本人、ベトナム人、韓国人、中国人と色んな国の友達が出来ました。英語の上達だけでなく、皆、様々な世代、色々なバックグラウンドを持っているので話していてとても刺激的でした。皆で夜遅くまで外で風に当たりながら将来の事や他愛も無い話をしたのは凄く良い思い出です。とても楽しかった! <E&Gについて> E&Gは決して大きな学校では無いですが、その分生徒同士や先生との距離がとても近いです。先生とカラオケに行く事もありますし、生徒同士もとても仲が良いです。私はこの学校にして本当に良かったと思っています。また、生徒の意識もとても高いので、平日はしっかり勉強、週末はしっかり遊ぶと良いメリハリをつける事が出来たと思っています。先生もとても熱心に教えてくれます。 また学校のロケーションもとても大きなポイントです。海が目の前にあるのでとても気持ちが良いです。いつも海風が吹いています。勉強に疲れた時は海まで散歩に行く事も出来ますし、朝日を浴びたり、夜は南十字星を見る事も出来ました。 正直始めは馴染めるか不安でしたが、今振り返ってみるととても楽しく充実した2ヶ月間でした。私はこの2ヶ月の事を一生忘れないと思います。 毎日8時間の授業のおかげで英語に対してもモチベーションが上がりました。これからも勉強は継続していきたいと思います。やはり一番の宝物は沢山の大切な友達、先生と出会えた事です。やはり人との出会いは何にも代えがたい物だと思いました。 またダバオの都市についても、とても安全で安心して日々を過ごす事が出来ました。人々は優しく、ご飯、フルーツは美味しくて街も綺麗でとても素敵な街だと思いました。フィリピンの治安に不安を抱いている方には強くダバオをお勧めしたいと思います。 私もいつかダバオをもう一度訪れてみたいと思います!本当に今回フィリピンに留学して良かったです。 最後にこの様な貴重な機会を与えて下さったフィルイングリッシュさん、本当にありがとうございました。 そしてつたない記事を読んで頂いてありがとうございました。   フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka  

>> More

ダバオ | E&G
ダバオ留学E&G*学校の規則について

ダバオ留学E&G*学校の規則について こんばんは! ダバオ留学E&GレポーターのYukaです。最近は毎日晴天の日が続いているダバオです。 E&Gは海の目の前の学校なので、特に晴れた日は海風が吹いてとても気持ちが良いです♪ ダバオに来て一番驚いた事は夜がとても涼しい事です。海風の影響か凄く過ごしやすいです♪ さて! 本日は学校の規則についてレポートしたいと思います。 <門限について> セルフスタディを取っている生徒以外は月曜日から木曜日は22:00まで外出が可能です。 金曜日は1:30まで、土曜日は1:30、日曜日は22:00まで外出が可能です。 門限を破るとペナルティとして次週の外出が不可になります。 また、外出する際はガードマンに報告してから出かけます。 <授業、講師の変更について> 授業は一コマ50分、休憩は10分です。 講師の変更は木曜日までにヘッドティチャーまたはマネージャーに相談して翌週の月曜日から変更する事が出来ます。 <掃除、洗濯について> 掃除、洗濯は一週間に三回、シーツも出せば洗ってくれます。雨の日が続いた際はなかなか乾かないので洗濯物が戻ってくるのが遅い事もありますが、、基本は月曜日に出すと火曜日の夜には受け取る事が出来ます。 <寮生活について> 寮内でのアルコールの持ち込み、飲酒、喫煙は禁止されています。異性間の部屋の出入りも禁止されています。 <カフェテリア、共有スペースについて> カフェテリア、共有スペースはAM1:00まで利用出来ます。夕食後は勉強していたり、生徒同士で喋ったり皆自由に過ごしています。 母国語を喋っても特に問題は無いです。 基本的にE&Gはセミスパルタなのでそこまで規則は厳しくありません。生徒の自主性に任せている印象があります。そのおかげで私達はのびのびと勉強、遊びを自分のペースで楽しむ事が出来ます。 さて私のフィリピン留学生活も残り5日となりました。凄く寂しいですが次回はまとめの回として感想などをお届け出来たらと思います! 写真はE&Gの目の前のビーチです。昼休みはここで休憩するのがお勧めです♪     フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka

>> More

ダバオ | E&G
ダバオ留学E&G*食事について

ダバオ留学E&G*食事について こんにちは! ダバオ留学E&G学生レポーターのYukaです。とうとう私のダバオでのフィリピン留学生活が後10日になってしまいました(><)本当に早いなーーと感じます。寂しいですが日々を大切に過ごしていきたいと思います(*^_^*) さて! 本日は大事な「食事」についてレポートしたいと思います。 E&Gはオーナーが韓国人なので韓国料理がよく食事に並びます。たまに凄く辛い事もあり辛いのが苦手な私は頑張って食べてますが、笑 そこを除けば基本的には凄く美味しいです♪ただ少し日本の感覚と比べると塩辛いかもしれません。 マンゴーやパパイヤなどのフルーツなどが出る事も多く、他校から来た友達は「ここが 一番ご飯が美味しい!」と言ってました。 特にフルーツは甘くて美味しいです♪ 一週間の献立はこんな感じです。 月曜日:朝食 ごはん、ツナサラダ、肉じゃが、スープ 昼食 海鮮風ビビンパ 夕食 ごはん、野菜の醤油痛め、アスパラガスの和え物、スパイシー具だくさんスープ 火曜日:朝食 食パン、パンプキンスープ、サラダ、バナナ、目玉焼き 昼食 チャーハン、スープ、バナナ 夕食: スパイシーチキン&ポテト、パイナップル、かきたま汁 水曜日: 朝食: ごはん、野菜炒め、スープ 昼食: 名前入りオムライス 夕食: ご飯、フライドチキン、スープ、野菜炒め 木曜日: 朝食: ごはん、卵焼き、玉ねぎカレー炒め、スープ、 昼食: 海鮮丼、スープ、マンゴー 夕食:ごはん、プルコギ、スープ、 金曜日: 朝食:食パン、パンプキンスープ、サラダ、バナナ、目玉焼き 昼食:ビビンパ、スープ、マンゴー 夕食:ごはん、ナスの甘辛炒め、サラダ、スープ オムライスの日は生徒一人一人の名前を書いてくれます♪あと週末は麺類が出る事が多くとても美味しいです☆ キッチンスタッフの皆さんはとても優しくて、自分でフルーツを買ってカットが必要な時は頼めば剥いてくれたりします♪またアレルギーなどがある場合は事前に言えば、特別にメニューを作ってくれたりします。 総合的にご飯には凄く満足しています♪美味しいご飯のおかげで今日も勉強を頑張れています(*^_^*)   フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka

>> More

ダバオ | E&G
ダバオ留学E&G*お勧めレストランについて

ダバオ留学E&G*お勧めレストランについて こんばんは! ダバオ留学E&G学生レポーターのYukaです。つい最近は親子留学の方が入学してきました♪小さな子供は凄くエネルギッシュで可愛くて早くも皆の人気者です☆今日は夕ご飯後に皆でバスケットをして遊びました♪英語も凄くペラペラなので見習いたい所です。。笑 さて! 本日はダバオE&G近辺のお勧めレストランをご紹介したいと思います。 ダバオでフィリピン留学がはじまり早6週間。色んなレストランを先生や友達から紹介して貰って皆で行ってきました♪学校近辺は美味しいレストランが沢山あります☆ 一つ目は学校から歩いて行ける距離にある「マンマ・マリア」こちらはイタリアンピッツァのお店で出来立ての美味しいピザを食べる事が出来ます。このレストランの一番の売りは大きさです!絶対大人数で行く事をお勧めします!!! 生地から作ってくれます♪作っている所を見る事も出来ます。 そして出来上がったピザがこちらです☆ とても大きいです。フレーバーも4種類選べるので皆で楽しく食べる事が出来ますよ。一番大きいサイズを頼む場合は7人くらいはいた方がいいです。 さて次はフィリピンのチェーン店「Penong’s」をご紹介します。安くて美味しいフィリピン料理を食べたい時は是非行って見て下さい♪先生方や地元のフィリピン人でいつも賑わっているお店です。何店舗もありますが学校から一番近い所だとジプニーで15分程です。 このセットはバーベキューポークかチキンか選ぶ事が出来て、ご飯とスープがついています。大体300円くらいです。このお店の一番の売りはご飯がUnlimited(食べ放題)な事です。お代わりを何杯しても大丈夫です♪そしてこのセット以外にもキニラオ(ツナのお刺身と野菜をお酢であえたもの。とても日本人好みの味です♪)やフィリピン風焼きそばなど地元フィリピン料理をお手軽に楽しむ事が出来ます。 最後は美味しくて2回も行ってしまったシーフードレストラン「Boiling」です。学校からはジプニーで25分くらいです。 こちらの売りは看板にもある様にShrimps(海老)です!なんとビニール袋に入って出てきます♪笑 ソースはガーリック&スパイシーでやみつきになる味です!ビールに良く合います笑 ソースをご飯に付けて食べるのもお勧めです☆ 海老は皮を剥かずにそのまま食べても大丈夫です♪♪ 他にも韓国レストランや日本食レストラン、ビュッフェなども学校近辺で楽しむ事が出来ます(*^_^*) 皆、週末美味しいご飯を食べる為に勉強を頑張っています!笑 ダバオE&Gに来る際は是非、トライしてみて下さい!私もまだまだ色々トライしてみたいと思います♪   フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka  

>> More

ダバオ | E&G
ダバオ留学E&G*学習環境、国籍別比率について

ダバオ留学E&G*学習環境、国籍別比率について こんばんは! ダバオ留学E&G学生レポータ―のYukaです(^_-)今日もダバオは快晴でした♪少し前まで雨が続いていたので凄く嬉しいです☆ さて本日はE&Gの現在の国籍別比率、学習環境などについて正直にレポートしたいと思います。 私は5月末からE&Gでフィリピン留学していますが、先週までは、留学生のほとんどが日本人でした。90%は日本人、中国人1名、韓国人6人、ベトナム人1人という国籍比率でした。 日本人は多かったですが、生徒全員が仲が良いので他国出身の生徒とも積極的にコミュニケーションを取りますし、正直そんなにデメリットには感じませんでした(^_^)ただ、やはり日本人同士でいると日本語を喋ってしまう事は多かったです。 ただ今週から韓国のホリデーシーズンの影響か韓国の学生が一気に増えて賑やかになりました!また中国人の生徒も新しく入ってきました♪ヘッドティチャーに話を聞くとこれからどんどん韓国の留学生が入学してくる予定との事です。そしてベトナム人の留学生もこれから増える予定との事です。 現在は全校生徒の数は44名です。韓国人と日本人の割合が今後半々になる予定です。 やはり他国出身の生徒が増えると必然的に英語でコミュニケーションを取る様になるので、以前よりも休憩時間などに英語を使う機会は増えた気がします。 <グループ授業での英語使用環境について> 基本的にグループ授業は英語オンリーで進んでいきます。たまにどうしても分からない時など日本人生徒同士で「この意味ってこうだよね、、?」といった感じの日本語を使う事はありますが、皆、必要最小限にとどめています。 <学習環境について> E&Gはセミスパルタの学校です。月曜日から木曜日までの夜7時から10時までセルフスタディタイムというものがあり、こちらを選択している留学生はその時間自習室で勉強をします(外出は出来ません。)韓国人の生徒はセルフスタディタイムは強制です。 日本人の留学生は選ぶ事が出来ます。現在は数名の日本人生徒がこのセルフスタディタイムを取っていて、その他の生徒は自室かダイニングルームで勉強しています。 宿題も結構出る事が多いので平日に遊びに出る事はあまりないです。平日しっかり勉強して金曜日からは楽しむといったスタイルです。この様な環境なので凄く勉強に集中出来ます。 <毎週金曜日のボキャブラリーテストについて> 希望制ですが毎週金曜日のお昼に日本人向けのボキャブラリーテストを受ける事が出来ます。留学生によって問題数は異なりますが最低80問、最高で240問の単語テストです。このテストに合格する事が出来ないと土日のどちらかが外出禁止になるので、皆一生懸命勉強しています。希望制ですがほとんどの留学生がこのテストを取っています。 私も160問のテストにチャレンジしています。覚えた単語は授業で出てくる事も多いので為になっていると思います(*^_^*) 私の感想としてはE&Gの生徒は凄く英語の勉強への意識が高いので、日々刺激を貰っています。凄く勉強に集中出来る環境です。 写真はダイニングルームで勉強している友人の様子です。 では本日はこの辺で!   フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka  

>> More

ダバオ | E&G
ダバオ留学E&G*フィリピン留学中の息抜き お菓子編

ダバオ留学E&G*フィリピン留学中の息抜き お菓子編 おはようございます♪最近天気の悪かったダバオですが今日は久々に朝から晴天です(^^)やっぱりお天気だと天気が良いですね☆★☆ ダバオでのフィリピン留学生活も残すところ3週間になりました。。!は、早い。。一日一日をしっかり過ごしていきたいと思います♪ さて本日は忙しいフィリピン留学生活の息抜きお菓子♪についてレポートしたいと思います。 毎日8時間勉強しているので小腹が空く事もしばしば。 そんな時は近くのスーパーに行ってお菓子を買います☆とても安いので、ほぼ毎日行く事も、、笑 その中でもいくつかお気に入りのお菓子をご紹介してみたいと思います☆ まずはこちらMagicシリーズ! クラッカーにチョコレートが挟まっているもので、フレーバーもチョコレート、ホワイトチョコレート、ストロベリー、キャラメルなど沢山出ています。私のお気に入りはこの写真のホワイトチョコレートです☆大きい袋と小さい袋のものがあり小さい袋(約10個くらい入っています)が40ペソ、大きい袋でも60ペソ程です♪大体皆買い貯めをして休憩時間などに食べています☆ 次はこちら!ミニスナックシリーズ☆ こちらは一つ約5ペソと破格の値段です。袋は小さくて手のひらサイズなのですが、このサイズがちょっと小腹が減った時にぴったりです☆ 他にも沢山種類があるので、是非お気に入りを見つけてみて下さい(*^_^*) そして10ペソで沢山入っていてお得なお菓子がこちら!一袋がちょうどおつまみに良いサイズです♪ HAPPYっていう名前も可愛いですよね♪色んなフレーバーを選ぶ事が出来ます。 最後にドリンクシリーズ! 左は水に溶かして飲むタイプで一袋で1リットルのトロピカルジュースを作る事が出来ます。この他にも色んな種類の粉があってお土産にも良さそうです! 右はフィリピンではポピュラーな粉ミルクです!日本だと赤ちゃんの飲み物という感じですが、こちらでは大人も粉ミルクを飲みます。水に溶かしても良し、お湯に溶かしても良し。私はお湯に溶かして飲んでいます。ホットミルクの味と同じでとても美味しいです♪こちらは一袋1杯分です。 お菓子が本当に安いフィリピン、、ついつい手が伸びてしまいます。体重の事を考えると恐ろしいですが、、笑 これからもお菓子を食べて英語の勉強をしっかり頑張りたいと思います(^_-) では今回はこの辺で☆ ダバオ留学E&Gレポーター:Yuka  

>> More

ダバオ | E&G
ダバオ留学E&G*学生マネージャーインタビュー

ダバオ留学E&G*学生マネージャーインタビュー こんばんは! ダバオ留学E&GレポーターのYukaです♪6月も気付けば残り5日!フィリピンに来てから時間の進み方がとても早く感じます。 気づけばフィリピン留学生活も折り返し、、残りのフィリピン留学生活も精一杯楽しみたいです♪ さて、本日は私達留学生のフィリピン留学生活を支えてくれている学生マネージャーをご紹介します。 日本人学生マネージャーのLouieさんは私達と同じ様に授業を受けながら、学生マネージャーの仕事をしています。 そんなLouieさんに学生マネージャーの仕事についてインタビューしてみました。 ○学生マネージャーになったきっかけは何ですか? ―元々学生としてE&Gにフィリピン留学していました。その時にマネージャ―に誘われた事がきっかけです。 ○一日の業務を教えて下さい。 ―沢山ありますが、主に留学生の空港ピックアップ、オリエンテーション、ブログ更新、各エージェントへのメール対応、書類作成、そして留学生のケアです。 ○学生マネージャーをやっていて大変な事は何ですか? ―学生の本音を引き出す事です。特に日本人は本音をなかなか言わなかったりするのでどれだけ本音を引き出せるか日々考えています。 またオフィスと学生、学生と先生の架け橋になれる様に努力しています。 ○この仕事をやっていて良かったこと、楽しい事を教えて下さい。 ―学生と一緒に長い時間過ごす事が出来る事です。E&Gは年齢も国籍も様々な人が留学しているので、沢山のそういった人達と関われる事がとても楽しいです。また韓国人の生徒からは韓国語を学ぶ事も出来ます♪笑 ○これからE&Gへフィリピン留学を考えている留学生へメッセージをお願いします。 ―E&Gは数多くある学校の中でフィリピン一のロケーションです。こんなに海が近くにある学校は他に無いです!そしてドミトリーがとても綺麗で充実しています。また安価な学費が魅力です。 「楽しみながら英語を学べるのはココしか無い!!」 Louieさんはとてもフレンドリーで話しやすくて皆の人気者です♪ダバオに詳しいので何を聞いても答えてくれます。 Louieさんのおかげで私達日本人学生は安心して毎日生活を送れています(^^)   フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka

>> More

ダバオ | E&G
ダバオ留学E&G*日本人留学生インタビュー

ダバオ留学E&G*日本人留学生インタビュー こんばんは!レイニーシーズンが到来していまいち天気の良くないダバオです。でも気温はぐっと下がって過ごしやすいので、先生達の中にはこの気候が好き~という人もいます!日本から来ている私達にとっては晴天の日が恋しい所ですが、、☆ さて! 今日はE&Gで共に勉強を頑張っている日本人生徒にインタビューしてみました! 実際の生の声をお届けします♪ ○フィリピン留学の期間 2ヶ月 ○フィリピン留学を決めたきっかけ ―もともと海外留学に興味があり、友人の姉からフィリピン留学を勧められた事がきっかけです。最初はマニラ、セブ、バギオ、ダバオを勧められました。 ○その中でもダバオにしたきっかけは何ですか? ―雨期が無く、台風も来ないと聞いたからです。 ○ダバオの中でE&Gを選んだ理由は? 韓国資本の学校なので、日本人が少ないと思ったのと、寮の部屋がとても綺麗だったからです♪ ○実際にE&Gに来てみてどうでしたか? ―I am so satisfied! とっても満足しています。先生は皆明るく良い人ばかりです!授業も文法がやりたい場合はマンツーマンの先生に言って内容を変えて貰う事が出来たり、自分の好みにアレンジ出来る所が凄く良いと思います。 また留学生も週末遊ぶときはしっかり遊んで平日は自主的にしっかり勉強する雰囲気が出来ているので、とてもメリハリがあります。 授業も文法がやりたい場合はマンツーマンの先生に言って内容を変えて貰う事が出来たり、自分の好みにアレンジ出来る所が凄く良いと思います。 ○ダバオの街はどうですか? ―適度に田舎と都会がMIXしていてとても過ごしやすいです♪ ○フィリピン留学する前と今とで英語力は変わりましたか? ―私はE&Gに入学してから1ヶ月と1週間が経った所ですが、英語で喋る事に抵抗がなくなりました。 今はフィリピン留学生活が楽しくて日本に帰りたくない気持ちです。笑 ○最後に現在フィリピン留学を考えている人へメッセージをお願いします。 ―本当に英語が上手になりたいなら、フィリピン留学前に日本で基本的な勉強(文法など)をしておけば、後悔せずにすみます!ダバオE&Gは先生も留学生も仲が良く勉強に集中出来る環境なのでとてもお勧めです! 忙しい中インタビューと写真掲載を快く承諾してくれたKathさんありがとうございました♪(写真右側がKathさんです☆) では今回はこの辺で!   ダバオ留学E&Gレポーター:Yuka

>> More

ダバオ | E&G
ダバオ留学E&G*週末の過ごし方ビーチ編♪

ダバオ留学E&G*週末の過ごし方ビーチ編♪ こんばんは! ダバオ留学E&GレポーターのYukaです♪最近のダバオはRainy Seasonだそうで、、夜はスコールの様な雨が降る事が多くなりました。でも昼間は晴れている事が多いです(^^)☆ 今回は先週末に行ってきたイスラレータというビーチについてレポートします! 行ったことある友人が皆口を揃えて「あそこのビーチは綺麗だった。。本当に!」というイスラレータ。行く前から凄くわくわくしてました! 学校からの行き方ですが、まずTaxiでマクサイサイポートという港まで行きます。 ここでハプニングが!私達は今回5人だったので、タクシーを2台使っていきました。が!付いてきていると思っていた別タクシーの友人2人が来ない!連絡を取ると、タクシーの運転手さんが間違えて真逆の方向の港に行ってしまっていた様です。。笑 結局その後タクシーを乗り換えて、無事船の出発ぎりぎりに皆間に合う事が出来ました。 ※タクシーを利用する時は念入りに確認!がお勧めです。 色々ありつつ、船に乗り込み1時間程でイスラレータビーチに到着します。 船の中では、偶然隣に座っていたフィリピン人女性が話しかけてくれて、楽しくお話をしている間に到着しました♪ フィリピン人は基本的に皆明るくて、すごく優しいです。 ビーチは今まで行ったどのビーチよりも一番綺麗と私は感じました! こんなに透明です! 少し泳いで顔を付けるだけで、ニモとか色とりどりの魚を見る事が出来ます☆☆☆まるでスキューバーダイビングをしているみたいでした♪ 本当に綺麗なので皆でずーーーっと泳いでいました。 イスラレータビーチは広いビーチでビーチ以外にも自然がいっぱいです。 村も近くにあり、大きなバナナの葉っぱや、ブタが寝ている所を見る事が出来る様です。私達はビーチに夢中で村までたどり着く事が出来ませんでしたが、、笑 帰りはこんな船乗り場から3時発の便で帰ります(1日1本の様です。) イスラレータには宿泊施設もあるので宿泊している現地の方も多かったです♪(*^_^*) 私達は9:15発の便で行って3:00の便で帰ったのですが、かなり満喫出来ました♪♪ かかった費用ですが、往復のフェリー代が160ペソ(片道80ペソ)、イスラレータの入場料が100ペソとかなり格安でした。 ご飯や飲み物を持っていくのがお勧めです。 ビーチはバナナボートなどのアクティビティなどは無いのでとにかく綺麗な海でシュノーケリングやゆっくり過ごしたい人向けだと思いました。 こんな感じで勉強しつつ週末は思い切り遊んで充実した日々を過ごしています♪ では今回はこの辺で!またレポートします!! フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka  

>> More

ダバオ | E&G
ダバオ留学E&G*Wifi環境について

ダバオ留学E&G*Wifi環境について こんばんは! ダバオ留学E&G学生レポーターのYukaです。先週末は金曜日が祝日だった事もあって3連休でした☆ その連休を利用してまたビーチに行ってきたのですが、、そのビーチがとてもとても綺麗でした。 今まで生きてきた中で一番!ぐらい綺麗なビーチでした。また次回レポートします!! 本日はE&GのWiFi環境についてレポートしてみたいと思います♪ <ドミトリー(寮)のWiFi環境について> 正直言ってWiFi環境は部屋によります。私の部屋はドミトリーの2階の真ん中なのですが、WiFiはかなり遅く繋がりにくいです。 LINEなどはぎりぎり出来ますが、動画を見るのは難しいです。 別の部屋の子に話を聞くとまあまあ繋がると言っていた子もいるので、部屋によると思います。 ただ、海が見えるドミトリーの方は全く繋がらないらしいです。景色を取るか、電波を取るか(それでも遅いですが、、)と言った感じです。 <カフェテリアのWiFi環境について> カフェテリアのWiFi環境は良好です。youtubeなどの動画も比較的スムーズに見ることが出来ます。 このブログもカフェテリアで書いています♪ <教室について> こちらも繋がる部屋と繋がらない部屋があります。最近少しWiFi環境が整備されてきて繋がる教室も多くなって来ました♪ 授業中は勿論携帯は使わないので、特にWiFiが使えなくても不便は無いです。 ただ、自習室として使う時は繋がった方が多少便利なので、使える部屋に移動したりしています。 まとめるとWiFi環境は日本程は良くないです!笑 でもそれがフィリピンなので、、たまには携帯から離れた生活も良いかもしれません☆どうしても使いたい場合はWiFiのルーターを持ってくるのがお勧めです!実際持ってきている友人も何人かいました。ルーターを持っている人が一人でもいると、休日外出した際などに電波を借りて連絡を取りやすいので便利です☆ (学校外でもWiFiスポットはあまり多くないです。一部のカフェなどは利用出来ます。) では今回はこの辺で♪また次回レポートします☆ 写真は夜のE&G周辺のジョリビーです♪   フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka

>> More

ダバオ | E&G
ダバオ留学E&G*学校周辺環境について

ダバオ留学E&G*学校周辺環境について こんばんは! ダバオ留学E&GレポーターのYukaです♪今週は金曜日が祝日らしく明日の授業が終われば3連休です☆ 先生も生徒も心なしかうきうきしています笑 今日はE&Gの学校周辺情報をお届けしたいと思います 一日8時間勉強して頭をしっかり使っているせいか凄く凄くお腹が空きます! 授業後、夕ご飯まで待てない、もしくは夕ご飯後何かつまみたい、、! そんな時に便利なのがCHOICE MART(チョイスマート)です。 学校から徒歩5分の位置にあるスーパーです♪お菓子が8ペソ(約25円)、ノートも10ペソ(約30円)で買えたりと日本で買うよりも格安! という事でちょくちょく授業終わりに友達と行っています その中でも、私のオススメはこちらのCALAMANSI(カラマンシー)ジュースです! CALAMANSIというのはカボス、スダチを小さくした様なフィリピンの果実で味もカボスジュースの様な感じで、酸味と甘みが絶妙にマッチしていますとにかく暑いフィリピン!このCALAMANSIジュースがとっても合うんです☆私はほぼ毎日飲んでいます♪ 是非、フィリピンに来る際は試してみて欲しいです。 後、フィリピンと言えば外せないのがファーストフード店Jollibee(ジョリビー)! このお店がほぼフィリピンのファーストフード業界を独占しています☆あの天下のマクドナルドをほぼ見ません!笑 先生達もしきりに「 ジョリビーのチキンは美味しい!You shoud try it!」と言っていたのでこの間行ってきました。 ジョリビーもチョイスマートのすぐ近くにあり徒歩で行く事が出来ます。 注文をして一つ驚いたのが「It will take about 15minutes, ok?(約15分かかります。)」と言われた事! えぇ~15分?ファーストフードですよね。。?と思いました笑 これぞフィリピンタイム☆そして実際は15分より早く来ました♪笑 これがジョリビーチキンWithスパゲッティセットです。約300円くらいでした。 これがフィリピンの至る所で見かけるジョリビーマークです☆ 味ですが、チキンはサクサクしていてジューシーでとても美味しかったです♪グレービーソースもついていてこれも癖になりそうな味☆ スパゲッティもミートソースの様な味で私は好きです。 値段も安いしクーラーも聞いているので勉強しに来るのも良いなぁと思いました。私は多分また食べに行きます! この他にも徒歩圏内にマッサージショップ、ネイルショップ、ローカルのマーケット、レストランなど色々あります☆ 学校から近いので平日の授業終わりにふらりと散歩感覚で行けるので、私はとても満足しています。 ネイルショップはまだ未体験なので是非体験して、ここで感想を報告したいと思います(*^_^*)   フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka

>> More

ダバオ | E&G
ダバオ留学E&G*週末の過ごし方について

ダバオ留学E&G*週末の過ごし方について こんばんは! ダバオ留学E&G学生レポータ―のYukaです。 フィリピン留学生活も早くも3週目です。フィリピンに来て毎日が過ぎるのがとても早い気がします。残り5週間、もっと成長出来る様に頑張りたいです。 しかし、、今日は何だか眠い一日でした。。笑 さて!本日は週末の過ごし方についてレポートしたいと思います☆ フィリピンと言えば島国。島国といえば海!という事で先週末、学校の友人とビーチへ行ってきました。 実は私は海が大好きでE&Gに決めたのも学校の目の前が海!という所が一番の決め手でした☆ ここダバオからはパラダイスビーチ、マキシマ、パールファムビーチ、チェマスビーチなど様々なビーチへアクセスが可能です♪ その中でも今回は人が少なくて穏やかというチェマスビーチへ行ってきました。 アクセス方法ですが、まず学校から徒歩10分程で行けるウォーターフロントホテルへ行きます。 そこのフロントで人数を告げ、チェマスビーチへの予約をして貰います(チェマスビーチはリゾート地の為、人数制限がある様です。私達は11人で行ったのですが無事予約を取る事が出来ました。 そしてウォーターフロントホテルの中を抜け、、 こんな素敵なプールがあります。(ここも入りに行く事が出来る様なので今度行ってみたいと思っています(^^)) この桟橋から船に乗って約15分~30分程でチェマスビーチに到着です。 チェマスビーチですが、、、予想以上に綺麗でした!! 遠浅のビーチなので泳げなくても大丈夫です。 水もこんなに透明です☆ こんな風に屋根の下で寝っころがる事も出来ます。 食べ物は注文しておけば、後で近くにある建物の2階のレストランで取る事が出来ます。 ただ、フィリピンタイムなので出来上がるまでにかなり時間がかかります(私達は注文してから2時間後くらいにランチを食べる事が出来ました笑)なので早めの注文がオススメです。 ランチはフィリピン料理のバーベキューポークやスープなどを皆で頼んでシェアしたのですが、凄く美味しかったです。 また節約したい方は事前に何か買って持っていくのも良いかと思います♪ 今回かかった費用ですが、入場料200ペソ、往復の船代200ペソ、ランチ200ペソのトータル600ペソ(日本円で1800円くらい)でした。 リゾート地なので食べ物の値段は少し高めですが、大勢でシェアすればこれくらいに押さえる事が出来ます。 朝から行って昼過ぎに帰って来て、シャワーを浴びてお昼寝コースが個人的にオススメです♪ ダバオに行く機会があれば是非行ってみてください♪ ダバオにはまだまだ沢山の綺麗なビーチがあると友人に教えて貰ったので、帰国までに沢山ビーチを楽しみます☆ ’週末はしっかり遊んで平日はしっかり勉強!’E&Gではまさにそんな生活を送る事が出来ると思います。   フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka

>> More
  • 初心者IELTS 6.0保証 24週で初心者からIELTS 6.0

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ