授業料残額100%リターン

事前に十分な情報収集をし学校を決定したにも関わらず、実際に留学を始めてみると『レベルや運営が想像と違う学校だった…』『他の学校に移動したい…』などで返金を希望する方が中にはいます。もちろんやむを得ず帰国しなければいけない理由もありますが、平均的に返金を申請する方は登録者の3~5%に達しています。

留学が開始してから上記のような問題があった場合、お客様が金銭的損失を避ける為に無理をして留学を継続するか、期間を短くしたとしても返金額はかなり低くなります。
フィルイングリッシュではお客様の損失や負担を最小限にするため以下のような制度を設けております。

授業料残額リターン制度について

通常であれば、留学期間中に返金を申請した場合、残りの期間の約50~60%が返金される金額となります。授業料残高100%リターン制度は、お客様が弊社で定めた下記の学校に対し留学期間中に適していないと判断した場合、弊社が残りの期間の授業料を全額保証し、次の学校で新たに再スタートして頂き、フィリピン留学を成功して頂くために定めております。

条件

  • 留学期間が8週間以上で、キャンセル申請時に残期間が6週間以上残っていること。
  • キャンセル後は、登録時の期間の残期間を次の留学して頂くことが必須。
  • 弊社の定めた学校に留学対象の方(以下参照)

上記3点の条件を満たしているお客様のみ対象とさせて頂きます。

対象学校

セブ EVCPICELLA UNII.BREEZE 
バギオ MONOLWALESTALK ヤンコーCNS2 PINESチャピス
クラーク CIP, KEYSTONE

返金額について

  • 原則として、残期間の授業料(寮費,食費含む)は全額返金します。 キャンセルした際に発生するペナルティは、学校の規定に沿って弊社が負担致します。《フィルイングリッシュだけ‼》
  • キャンセル時は、お見積もりで適用されたフィルイングリッシュのキャンペーンは控除されます。
  • VISAや光熱費等の現地費用は学校側の規定に沿って現地で返金されます。

申請からの流れ

  1. 電話またはメールにて申請
  2. 返金額をお客様へご説明後、次の学校選定相談
  3. 申請後キャンセルの手続きや次の学校の手配等ある為、申請後7~10日後(翌週)に退寮し次の学校へ入寮

注意事項

  • お客様都合で学校を早期退寮し帰国する場合は、本制度は対象外となり、通常の学校規定に沿って返金致します。
  • 入学前のキャンセルに関しては、学校のキャンセル規定に基づきお客様負担になります。
  • 転校時に発生する授業料の差額分はお客様ご自身で負担して頂きます。

学校で実施する全額返金制度

フィリピンの語学学校の中で唯一、MONOLでは学生が留学を開始して合わないと感じた場合、最初の1週間以内に申請すれば留学費用を全額返金する制度を設けています。

MONOLでは、この制度は学校の利益のマイナスになることを知ったうえで『この制度があることによりより、学校の教育運営とサポートに最新の注意を向けることができる』と更なる向上のきっかけになるという思考を持っています。これはもちろん学校側が学生達に満足してもらえるという自身の表れでもあり、学生達に留学後の安心を保証できます。

MONOL語学学校で1週間体験制度

MONOL

 

フィリピン留学の払い戻しのルール知ってますか?

留学後、体調不良や仕事などによる思わぬ辞退や想像と違ってストレスに感じるなどの理由で継続が困難になることがあります。

ですが、いかなる理由にしろ学校の規定に沿って返金額は定められるため、想像以上に手元に戻ってくる金額は少なくなります。

フィリピン語学学校の返金額は、大体キャンセル期間の50~60%と定められていますが、そこからエージェント割引や学校規定に沿った現地費用も差し引くと、最終的に戻ってくる金額は30~40%のみとなります。

お客様のご都合による辞退に関しては防ぐことができませんが、留学中の学校に対することでのお悩みが解消できればと思い、留学が成功に終わるよう渡航後もこのような制度を設けサポートさせて頂きます。

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku