コロナに関する最新情報とフィリピン留学学習日程に関してはこちらを!

  2019/10/16

【TALK】リフォームされた4人部屋内装をご紹介

9月20日!ついにリニューアルされた4人部屋を見る機会に恵まれました。これまでは、お客様からの口コミやHP情報で情報を得ていましたが、4人部屋の細かいところまで確認することが出来ました。

フィリピン留学で費用を抑えたいと考えると4人部屋や6人部屋の相部屋という選択になります。相部屋となると、ルームメイトとの関係性や常に誰かと過ごすストレスなどの問題が発生することがしばしばあります。そんな問題を部屋の作りで解決した学校が、セブ島にあるEV、I.Breezeの4人部屋、バギオのPINESメインキャンパス6人部屋があります。相部屋でありながら、プライベートな時間を確保する設計となっており、TALKの今回リニューアルされた4人部屋は、まさに同じようなタイプで学生のニーズに合わせたお部屋となっています。

NEW4人部屋詳細

これまでの3~4人部屋とサイズは同じですが、家具や内装を一新させました。ベランダやトイレ(シャワー)を除くすべての場所を改装している現場を実際に確認しました。内部寮はすべて4人部屋へ移行する予定で、現在の工事完了率は50%です。

それでは、より詳しくお部屋を見ていきましょう~!

ドアを開くと、左側にトイレ(シャワー)、右側には靴箱・洗面台・収納が設置されています。靴箱には、約10足の靴が入るサイズになっており靴が多い女性にも優しい造りになっています。またトイレと洗面台が別々になっているため、トイレが使われているから洗顔が出来ないという問題は発生しません。

各部屋には冷蔵庫・ドライヤー・除湿器が備えられています。特に、雨期のシーズンになると除湿器が欠かせないため、クオリティーの高い機器が設置されていました。

廊下にもトイレを設置しているため、朝の混雑時にもトイレを使用することが出来ます。

リフォームされた4人部屋内装をご紹介リフォームされた4人部屋内装をご紹介

 

リフォームされた4人部屋内装をご紹介リフォームされた4人部屋内装をご紹介

 

部屋には4つのロフトベッドが設置されています。上段がベッド、下段が勉強机・クローゼット・ロッカーになっています。学生それぞれが個人スペースを確保されているため、ルームメイトを気にせず勉強に励むことが出来ます。

ロフトベッドの素材は高級材木を使用しており、質感がとてもなめらかです。また、利用しているマットレスのクオリティーが高く、安眠することが出来ます。

リフォームされた4人部屋内装をご紹介【TALK】リフォームされた4人部屋内装をご紹介

 

■ ベランダもついており、眺めはとても綺麗です。インスタ映えのようなお洒落な写真が撮れました。フィリピンに滞在していることを忘れるくらい、綺麗な内装です。

【TALK】リフォームされた4人部屋内装をご紹介

実際に見ての感想

内部寮生のほとんどが、夜10時まで勉強するスパルタプログラムを選択しています。学校と寮の往復生活となるため、少しでも快適に過ごせるように日々改良を重ねています。自習時間や授業終了には、各個人の勉強机で学習する学生が多く見受けられました。荷物が多くても、収納スペースが確保されているため、机の上に荷物を溢れさせることなく過ごすことが出来ます。学生のことを一番に考えた素晴らしい部屋だと思います。ぜひ、一度泊まって見てください♪

学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor