お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2018/11/24

CEBU STUDY 入学条件と入学前の注意事項

1人部屋専門の学校なので有意義な生活を送る事ができ、また小規模の為生徒へのケアもよく行き届いており、シニアの割合が高い学校です。
生徒からとても好評で、紹介・再登録の割合がセブの語学学校の中で最も高い学校です。

  1. 入学に適正な条件:16歳以上の初級~中級者(ジュニア留学不可)
  2. 入学日:原則土日入寮だが平日も可。
    ※授業の運営上、土・日入学をおすすめします。
    ※土曜入寮者は、月曜の朝にテストを受け午後から授業に参加可、日曜入寮者は月曜にオリエンテーション・テスト・両替を行い、火曜から授業開始。
    ただし3週間以下の生徒は、学校到着日の翌日(平日入学)または月曜の午後(土日入学)から通常の授業が開始できます。弊社まで事前にお問い合わせください。
  3. 退寮日,退寮時刻:土曜入寮は土曜退寮、日曜入寮は日曜退寮が原則。平日の水曜入寮は水曜退寮。
    ※退室時に学校の前でタクシーに乗り約30分ほど空港まで移動します。
  4. 学校詳細:ESL専門学校で、授業数に応じてGeneral・Premium・Power Man to Manコースに分けられます。2018年3月からIntensive TOEIC・Intensive IELTSコースがオープンしましたが、弊社はTOEICコースのみご案内しております。IELTSコースはコースが安定し定着した後に更新します。
    また、シニアの割合が高く、40代以上の生徒が全体の35%以上を占めています。
    ※フィリピン留学でシニアの割合が高い代表的な学校は、WALES(バギオ)、CIP、AELC(クロック)、We Academy(イロイロ)、ILP(バコロド)、E&G(ダバオ)
  5. 施設詳細:セブエリアで最も手頃な価格でシングルのお部屋を提供しています。部屋の内部にベランダがあり、喫煙も可。
    ※ただし、シャワーとトイレのみ共用(男女別)
    ※日本国籍の管理者がいない場合があります。ただし、日本語が上手な管理者は常駐しています。
    詳細については以下をご参照ください↓
    https://phil-english.com/school-news/cebu-study-accomodiation/
  6. カリキュラムについて:ESLコースを受講している方でも、TOEIC・IELTS・Business科目の申請がいつでも可能です。
    ※ESL+ビジネスコースが代表的で、Premiumコースで入学して、1時間ビジネス科目を申請する方が多いです。
  7. 休暇期間(12~2月,6~8月)中の家族留学比:20%
  8. 留学中の延長申請:延長する場合は学校と弊社にまでご連絡下さい。
  9. 留学中のコース変更:オフィスで相談した後に変更可能。コースの差額は現地でのお支払いとなります。
  10. 休日:入学予定者は必ず祝日の確認をお願いします(下記参照)
    https://phil-english.com/philippines-knowledge/
  11. 通学について:可

*お知らせ*
CEBU STUDY の噂で、在学中にスキューバダイビングが無料でできるという話がありますが、学校はダイビング業者と関連が無い為これは事実ではありません。

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ