お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2017/11/18

充実した施設とリモデリング

バギオのMONOLはPINES、HELP校と並ぶバギオ3大語学学校として知られています。

この3つの学校の講師陣は、フィリピンの語学学校の中で最高レベルを誇ります。

各学校に、それぞれ長所があるのですが、MONOLは非常に正確なシラバスで授業を進めています。稀に教師の方がお休みする場合もありますが、代替の先生がその学習内容を正確に理解して本来の先生と変わりなく進行してくれます。

この点は、他の学校では中々うまくいかないですね。

また、マンツーマンで学んだ内容をグループ授業で応用できます。

例えばマンツーマン授業で学んだ内容をグループ授業で応用して、その日学んだことを発表しながら授業が行われています。

ここでMONOLの充実した施設、アクティビティーを紹介させて頂きます。

MONOLはヨガ、ピラティス、ゴルフなど放課後に様々なアクティビティーが行われています。ここに登録すれば学生は、17時から20時の間に一時間だけ無料でインストラクターが付いてレッスンを受けられます。ヨガとピラティスは女性専用の教室で行われます。

オプションクラスに夜間に参加する場合、これらのアクティビティーへの参加はかなり制限されています。 オプションクラスに参加する場合、深夜まで運営されているフィットネスセンター(ジム)とバスケットボールコートを利用できます。

夜間には、男子学生がバスケットボールをしている姿をよく見かけます。

個人で洗濯する方のために屋上に洗濯機と乾燥機を設置しました。

格安な利用料(10〜20ペソ)でいつでも使用可能です。

施設改造は以下のように行われています。

1階学生ラウンジ。

実際、MONOL学校の事務所は非常に幅広いです。

そのスペースを活用して事務所の半分を学生ラウンジにしました。

マンツーマンと少人数のグループ教室の改造。

壁と木でできたパーティションをガラスに変更する工事をしています。

授業進行に支障がない箇所を部分的に工事が進められています。2018年4月頃に完了します。

シングルルーム。

木製の小さなシングルルームを新たに作成しました。 部屋を小さくした代わりに、価格は非常に安いです。 二人部屋とは50ドル(4週間あたり)の差があります。

リビングルームは、寮の各フロアごとに改装されました。

学生がリラックスできるベンジャミンのような木を使っています。

これは夜間のチャットのためのスペースとして使用されます。

サウナ施設も最近改装が終わりました。

バギオは梅雨のため6月から10月の間雨季を迎えます。

サウナに入って学生にリフレッシュしてもらうために作成しました。

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ