2016/09/02

SMEAGクラシックキャンパス定期訪問

フィルイングリッシュ日本、中国スタッフがSMEAGクラシックキャンパスに訪問いたしました。

e99bb0e59bb2e6b097

smeag

左:SMEAGマネージャー小菅さん、右:フィルイングリッシュスタッフ

訪問時(7月下旬)の留学生国籍比率とSMEAGクラシックの雰囲気をお伝えします。

【留学生国籍比率】
・日本30%
・韓国30%
・台湾20%
・ベトナム10%
・その他(ロシア、モンゴル、サウジアラビア、ドイツ、タイなど)10%

【SMEAGクラシックの雰囲気】
留学生の8割以上がIELTSコースを受講し、残りのESLコースの受講留学生もいずれIELTSコースに変更することが多いクラシックキャンパスには、IELTSスコアを上げるために勉強をするぞという雰囲気で満たされています。
休み時間にはしゃいでいる留学生はほとんどおらず、静かに時間を過ごしている方が多いです。
また、学校掲示板もそのほとんどが英語のみの掲示物しかないのも一般的なフィリピン英語留学スクールとの違いです。
 

SMEAGクラシックキャンパスの詳細については弊社フィリピン留学カウンセラーまでお問い合わせください。

フィルイングリッシュで
最新のフィリピン留学情報を
ご確認ください!

Facebook

Youtube