WALES (ウェールズ) バギオ留学

WALES

一目でわかるWales
  1. バギオでは最高峰の施設
  2. 日本人平均4割
  3. 若者だけでなくミドルやシニア層もいる落ち着いた雰囲気
  4. 繁華街通りに位置するので立地は便利
  5. マンツーマン多めのスピーキング力重視指導
  6. お部屋によっては炊事可能
  7. Wif環境がいい
  8. 平日外出OK

バギオのレベルの高い講師陣はそのままに、自由な校風と綺麗な設備

スパルタ・プログラムと優秀な講師陣で有名なバギオは、フィリピン留学でセブに次いで人気の留学地域です。優秀な講師陣が揃っているバギオに留学を考えているが、スパルタ・プログラムなどの厳しいルールがあり、学校選択を迷っている方はウェールズ(WALES)がオススメです。バギオのレベルの高い教師陣の長所はそのままで、自由な雰囲気、清潔で便利な施設、これがウェールズの最大の特徴です。

ウェールズの講師陣の約80%は教員資格を取得しており、この中でキャリアが2年以上の講師は約4割になります。採用の際はアルバイトの講師ではなく、経験豊富な即戦力になる講師を積極的に採用しています。それでもウェールズの講師のレベルはバギオではトップクラスではありません。MONOL、HELPマーティンス、PINESチャピスより多少劣るということは事実です。それにも関わらず、他の学校とは違う学校の雰囲気や施設などはWALESの大きな強みであり、その強味を生かした結果、バギオ留学の選択の幅が広がりました。

近年では、WALESの在学生の年齢層は高めとなっております。30代以上の生徒が30-40%で、これはフィリピン全体でも高い比率です。学校がこのようにマーケティングにしたわけではなくて、卒業生の口コミが大きく影響しています。

ウェールズの概要

学校名 WALES
住所 #4 Bukaneg St. Legarda Rd. Baguio city, the Philippines
設立年度 2006年
定員 100名
承認関連 TESDAと教育庁の正式認可
運営留学プログラム ESL、TOEIC、IELTS、TOEIC、TOEFL、JUNIOR(親子留学とジュニア留学)
講師 40名(フィリピン人)
日本人スタッフ 1~2名
日本人留学生の割合 20~35%
校内施設 講義室、オフィス、食堂、図書館、カフェテリア #全地域WI-FI可能
寮の施設 一般寮(1,2,3人室)またはコンドミニアムタイプ(Apart Type, レディースプレミアム)。全室WI-FI利用可能。コンドミニアムタイプはリビング、ダイニング、トイレ共有で二つの寝室がある2LDK。TV、ベッド、食卓、ソファーなどがあり、電子レンジ、食器、ウォーターサーバー、包丁、まな板等の調理器具完備
その他の施設 学校建物の1階及び隣の建物にレストラン、カフェテリア、マッサージ・ショップ、ランドリーあり。

楽しむこと”が一番の勉強法
2018/12/18

Marie (22) Female, Japanese WALESは英語を学習するに最適な学校です。私は以下3つの理由からこの学校を評価します。 初めに、様々な国の生徒さんと交流ができることがこの学校の強みであると感じています。 私が来た時は日本人が1人しかいなかったので必然的に英語を話す機会を多くもつことができました。スピーキングの向上を留学の目的の一つにしていた私にとっては大変ありがたい環境だったと思います。 また、生徒さんの中にはアラブ諸国から来た方もいて、アラブ人と交流したことのない自分にとってはかなり新鮮な体験でした。国籍の違う人の中で生活することは大変なこともありますが、文化の相互理解を学ぶ上で貴重な経験ができました。 次に、私はバギオにある学校の中でWALESが一番施設面において充実していると思います。快適な環境で勉強をさせていただいたことに感謝しています。またバギオには虫があまりいません。私は虫が大の苦手なのでその点でもここを選んでよかったと思っています。 最後に、私はTOEICのスコアを大幅に伸ばすことができました。 ここに来る前まで705点あったスコアが二か月で850点を超えるようになりました。まだ正式なTOEICを受けていないので日本に帰国してから受ける予定ですが、就職活動を有利に進めていけると考えています。WALESの先生方の熱心な指導に感謝します。 以上の理由から私はこの学校を推薦します。もし、WALESに入学されたら、多国籍な友人、そして素晴らしい環境があなたを待っていることでしょう。さらに、皆さんの未来に繋がるチャンスを得ることができるでしょう。 ”楽しむこと”が一番の勉強法 / Yuri (25) 名前:Yuri 年齢:25 国籍:日本人 コース:ESL 滞在期間:4週間 真剣にかつ楽しく学べました! 私は今回ESLコースを受講しました。ESLコースでは、リスニング・ディスカッションはグループクラス、リーディング・ライティング・スピーキングはマンツーマンクラスでしたが、とても楽しく勉強することができました。先生は皆優しくて面白く、授業中の歓談がとても楽しかったです。 WALESの施設は全体的に新しくてきれいでした。私は3人部屋でかなり広い上、ルームメイトが2人とも台湾人だったので常に英語で会話をすることができ、とても良い環境でした。Wifiもほとんどストレスなく使うことができました。また、何か問題があっても日本人スタッフの方がすぐに対応してくれるので安心です。 私の周りの生徒さんは真面目な人が多く、勉強に集中しやすい環境だったと思います。生徒の年齢層が幅広いのも大きな特徴かと思います。WALESは真剣にかつ楽しく英語を学びたい方におすすめの学校です! Ryoko (40) Female, Japanese 名前: Ryoko 国籍: 日本人 コース: ESL Flexible 滞在期間: 4週間 英語をもう一度ちゃんと身につけたいと思った一番のきっ かけは欧米人恐怖症を直したくなったから。もっとたくさん の知らない国の人たちのことを知りたくなったから。 【目的】 英語で相手の感情を感じ取れ、それに近い十分な言葉を 操れるようになること 異なる国での文化、社会背景、歴史に触れ、刺激を受けること WALESを選んだ一番の理由は、 取材に出かけやすい 町の空気に触れやすい立地 大人にも対応してくれる柔軟なプログラム 仕事を持ち込んでの留学だったので絶対Wi-Fi たった4週間の留学で、しかも具合悪くなったり、仕事あっ たりで決してレッスンへの出席率は高くなかったですが、それでもサポートしてくれる先生やスタッフの皆さんのおかげで 一番の問題だった英語を使って人と話すことへの恐怖心も消えたし、さらにリスニング・スピーキングも少し上がったと感じています。マイペースに出来たことが一番私にとって良か ったです。

[ WALES語学学校訪問記 ] 綺麗で洗練された施設で1ランク上の留学を体験しましょう!
2018/07/28

[ WALES語学学校訪問記 ] 綺麗で洗練された施設で1ランク上の留学を体験しましょう! こんにちは、フィルイングリッシュの竜崎です! 今回、私はフィリピンの首都であり玄関口となっているマニラから車で約6〜7時間の距離に位置するWIDEST ASIAN LEARNERS ENGLISH SCHOOL語学学校(以下、WALES)を訪問して参りました。 実際に留学している学生さんのインタビューから学校等、ここWALESの雰囲気やどんな学校なのか、イメージを掴めるような記事の作成を心掛けて作成いたしましたので、ぜひ興味のある方は最後までお読みいただけますと幸いでございます! まずはWALESという学校について簡単にご説明させて頂きます! ここWALESはバギオ留学では珍しく生徒の自主性を重んじる校風があり、バギオでお馴染みのスパルタ校とは一味違ったバギオ留学を体験することができます。もちろんバギオの特徴とも言える真面目でレベルの高い講師が在籍しておりますのでご安心下さい。 バギオの講師レベルについて なぜバギオの講師はレベルが特に高いのかと申しますと、バギオはフィリピン国内でも教育都市として知られており、レベルの高い大学が多く点在しております。そこから輩出された講師陣はとても優秀な為、バギオにあるほぼ全ての語学学校が高い教育レベルを維持していることで有名なのです。WALESも例外にもれず、講師の80%はBLEPT(フィリピンの教育免許)を取得している等、採用段階からより優れた講師を選定するよう尽力しています。 バギオの治安について ここバギオはフィリピンの他の都市と比べ治安が良く、人が良いことでも有名で、まさに留学するにはうってつけの地域なのです。ここで長く働くマネージャーさん達からはこれまでバギオではぼったくりにあったことが無い、等にわかには信じられないような話を聞くことができます。タクシーの運転手はお釣りを1ペソまできっちり返してくれる等、日本では普通なことですがフィリピンでは普通とは言えないことがここバギオでは当たり前になっています。 バギオの語学留学に適した気候について フィリピンというと気温30℃以上の熱帯地域をイメージされる方も多いと思いますが、それは慣れていない方からすると適応するのが大変なのも事実です。ですが、山岳部に位置するバギオでは年間を通して最高気温やく20℃、最低気温14℃とエアコン要らずの生活ができます。夏が好きな方、秋が好きな方がいるようにこれは人それぞれの好みにも寄りますが、バギオは生活しやすい環境であることは間違いありません。 WALESの特徴 少し話が逸れましたが、WALESは学校施設、宿泊施設が共に綺麗な高層ビルの中に凝縮されており、生活面でもクオリティの高い留学を実現させているところも長所の一つでございます。そしてここバギオで4年に渡りマネージャーを勤めているベテランの日本人スタッフが同じビル内で生活している為、何かあればすぐに対処して頂ける状況であることも、留学や海外が初めての方にとって安心のサービスと言えるでしょう。 また一つの国籍が大半を占める、といったことはなくちょうど良い国籍バランスが保たれており、今回学校を訪問した際も至る所から異なる国同士の生徒たちが英語で会話しているところを見ることができました。ふらっと喫煙所で休んでいた時も韓国人学生さんが自ら話しかけてきてくださり、そのまま友達になれるという英語を学ぶ人にとって大事なポイントが満たされている学校だと思います! 日本人生徒様へのインタビューをご紹介!! それでは、実際にWALESでご留学されている日本人生徒様へのインタビューをご紹介させて頂きます。 こんにちは!フィルイングリッシュから来ております竜崎と申します。まずはお名前をお聞かせいただけますでしょうか? Ichikawaと申します。現在大学4年ですが、1年間大学を休学して留学しています。 コースは何を取られていますか? ESL FLEXIBLE(フレキシブル)コースを受講しています。(1日マンツーマン授業5時間) どのぐらいの期間をここで過ごし、トータルでは何ヶ月留学されているのですか? 今5ヶ月目で、合計6ヶ月留学しています。 なぜ留学先をフィリピンにしたのですか? 元々東南アジアが大好きで以前バックパッカーで周遊したことがあるのですが、フィリピンは離島ということもありその時に行けなかったので、フィリピンという国自体に前から興味がありました。そんな中、大学の友人がWALESではありませんが、フィリピンの語学学校で学生スタッフをやっていて、フィリピン留学を薦められたこともきっかけの一つです。そこで自分で色々調べてみると、フィリピンは他国に比べ留学費用がとても安く、またマンツーマン授業が充実していることから選びました。欧米諸国ではグループ授業しかないのが当たり前であり、雰囲気ではなくしっかりと英語を“学ぶ“ということを考えた時、フィリピン留学は私にとって理想的な場所でした。 なぜWALESを選択されたのでしょうか? 語学学校はフィリピンには沢山ありますが、まず第一に私は日本人の少ない所へ行きたかったので、日本人経営ではなく韓国人経営の語学学校を探していました。そこで発見したWALESは、日本人比率が少なめで且つ、小規模でありアットホームな雰囲気の中で勉強に打ち込むことができると思いここに決めました。実際に小規模校ならではの生徒、スタッフ、講師の仲の良さが英語学習に良い効果を発揮していると感じています。また規則に縛られるのは好きではないので、自分のペースで勉強していくことのできるWALESは私にピッタリでした。 講師に対してはどうお感じですか? みなさんとてもフレンドリーです。先生はもちろん全員フィリピン人ですが、発音はアメリカ英語を意識しているので、英語ネイティブとそこまで大きく変わらないと思います。またメインの授業がマンツーマンなので、仲良くなった先生とご飯を食べに行ったりできるのも嬉しいですね。コミュニケーションは全て英語なので自然と英語が身に付いていくと思います。またこれは他校にも言えることかもしれませんが、マンツーマン授業では自分に合った先生を見つけることが大事だと思います。私は以前、性格面など合わない先生がいて変更したことがありますが、その辺りもWALESは柔軟に対応してくれますのでご安心下さい。 講師は厳しいですか? 私の先生はあまり厳しくはないです。IELTSコースの生徒さんは特に宿題が多いと聞きますが、それでも基本的に先生がとても厳しいということはないと思います。宿題の量は多少希望を出すことができる雰囲気がありますので、先生からしたらこれぐらい余裕でしょ、といった量でも自分には適していない場合などでも無理なく勉強を進めることができます。私は宿題や課題をやる時間以外の、自分でやりたい勉強をする“セルフスタディ”の時間を持つ事も大事だと思っているので、これはとても良いと思います。 授業では主にどんなことをやられているのでしょうか? 私の受講しているESLフレキシブルコースは1日に5時間と他のコースに比べコマ数が少ないのですが、その代わりにスピーキング➕グラマー授業だったり、グラマー➕ライティング授業としたりすることが可能でとても柔軟に科目を選択することができるので問題ありません。また私の場合はスピーキングが一番伸ばしたい分野だった為、多めに授業を設定しています。元々大学の専攻が英語な為、得意分野であるリーディングなどは取っていません。(笑)実際に入るまではしりませんでしたが、こうした柔軟さもWALESの良い所だと感じています。 どのぐらい英語力が伸びたと感じていますか? 体感できるほど伸びてきていると思います。日本では英語勉強のほとんどは読み書きだった為、特にリスニングとスピーキングは最初来た頃とは別人だと思います。 どのぐらい学校に満足していますか? 私は満足しています。自分の英語力も実際に伸びていますし、宿泊施設や学校の運営にも不満はありません。 卒業後は何をされる予定ですか? 休学は1年間なので、残りの半年間はここで学んだことを活かしてシンガポールの貿易会社でインターンシップをしようと思っています。一応採用は頂いているのですが、現在はビザの承認を待っている状況ですね。準備段階としてフィリピンを選んで本当に良かったと感じています。 生徒様へのインタビューは以上となります。インタビューの中でもWALESの自由な校風や伸び伸びとした学習環境で満足のいく留学が叶っているんだな、と感じました。 また併せて、いくつかマネージャーさんへも質問させていただいたのでご紹介したいと思います! 現在の国籍比率はどのようになっていますか? 今年の初めから今月までの平均値ですが、日本29%、韓国31%、台湾27%、その他(アラブ7%、ベトナム6%)となっております。 どのようにして講師の質を維持していますか? 何種類か講師用のトレーニングを設けています。時期にもよりますが、閑散期は週に1、2回実施しており、主にレクチャースタイル(発音矯正、グラマー指導)と、ピアティーチング(講師同士でグループ分けし、それぞれの得意分野での指導方法などを共有して他のグループの講師に教える。それぞれ得意分野があり、教え方もそれぞれなのでお互いのいい所を共有することが目的。閑散期は毎日のように実施しているが、繁忙期は時間のあるタイミングで行っている。)に分かれています。 学生に対するケアで気を付けていることはなんですか? ストレスや不満を溜め込ませないように気を付けています。特に日本人の生徒さんだと向こうからあまり直接不満や要望を言ってこないので、こちらから逆に話しかけたりしています。留学をどういう風に進めて行くか、講師は合っているかなど、日々さりげなくコンサルティングするようにしています。これは小規模校だからこそできることだと感じています。 […]

    WALES – 2020年団体ピックアップ日
    2019/11/09
    WALES - 2020年団体ピックアップ日 大人留学を合言葉にミドルやシニアに人気の学校「WALES」。バギオ地域の講師陣の質の高さを維持しながら、強度の低いカリキュラム構成でしっかりと自分時間を確保したい大人に人気の学校です。最大収容人数が60人と小規模な学校のため、講師と生徒の距離が近くアットホームな雰囲気となります。2020年の団体ピックアップ日が確定しましたのでご紹介します。 【2020年団体ピックアップ日】 2020年団体ピックアップ指定日 1月 ・・・ 4日-5日、18日-19日 7月 ・・・ 4日-5日、18日-19日 2月 ・・・ 1日-2日、15日-16日、29日 8月 ・・・ 1日-2日、15日-16日、29日-30日 3月 ・・・ 1日、14日-15日、28日-29日 9月 ・・・ 12日-13日、26日-27日 4月 ・・・ 11日-12日、25日-26日 10月 ・・・ 10日-11日、24日-25日 5月 ・・・ 9日-10日、23日-24日 11月 ・・・ 7日-8日、21日-22日 6月 ・・・ 6日-7日、20日-21日 12月 ・・・ 5日-6日、19日-20日 WALESでは、BESA(バギオ英語学校協会)の団体ピックアップを活用しています。バギオ地域のほとんどの学校が加盟しており、マニラからバギオ地域へ向かう学生を一括でピックアップを行います。指定の集合場所やピックアップ時間が決まっております。 【2020年団体ピックアップ時間】 便 曜日 ピックアップ時間帯 待機場所 出発時間 ① 土 16時~19時 ターミナル1,2,3 19時 ② 土 22時~25時 25時 ③ 日 05時~08時 ターミナル3 08時 ※クラーク空港ピックアップは日曜日23:00~27:00、27時に空港を出発します。 ≪ピックアップ場所≫ ターミナル1…Duty Free Shop前 / ターミナル2…Bay20柱前 / ターミナル3…Burger King前   ピックアップ担当者はBESAのユニフォームまたは学校の看板を掲げて待機しております。 ピックアップは2週間に1度の土日となります。日曜日はショッピングや両替を予定しているしているため早朝便のみとなります。 ③便は待機場所がターミナル3のみとなります。ターミナル1,2に到着された方は、移動をお願いします。 上記の日程以外で入学される場合は、個人ピックアップが可能です。 個人で学校まで行くことができます。その際は事前にカウンセラーへご相談ください。安全な行き方をご案内します。 
    バギオWALESがAPTIS指導を開始
    2019/09/26
    バギオWALESがAPTIS指導を開始 バギオの語学学校WALESは2020年1月よりAPTIS英語検定試験公認センターをキャンパス内に設置し、同校が実施する教育カリキュラムと評価方式はAPTISをベースにすると発表いたしました。 APTISとは? APTISは英国ブリティッシュカウンシルが運営する英語力評価公認試験のひとつ。APTISの特徴は受講科目の幅の広さと試験スタイルの柔軟性にあります。学習内容の基本となるのはライティング、リーディング、スピーキング、リスニングのバランスのいい英語の育成。但しビジネス、トラベル、観光業、教育関連など業界に特化するようカスタマイズされたすべて4つのスキルテストを選ぶことも出来ます。 受験方法はタブレット、パソコン、筆記試験など複数の形態があり、多様な受験環境に対応可能です。基本は4科目総合パッケージですがライティングやリスニングなど特定科目のみの受験も可能です。スピーキングテストはPCオンラインか電話で行われます。 バランスのいい英語力育成という特性からIELTS準備テストに最適として日本英語検定協会がブリティッシュカウンシルと提携して日本の大学向けに「Aptis for University」というサービスを開設しております。(出典:https://www.eiken.or.jp/ielts/compilation/detail_03.html) APTISの試験スタイル (ブリティッシュカウンシルHPより) 成績は、語学能力のレベルを示す国際標準規格として欧米で広く導入されているCEFRで示されます。CEFRは6つ等級で評価が区分されます。 WALESについて WALESはバギオに所在するマンツーマン授業中心のカリキュラムで平日外出可能のセミスパルタ。 施設が綺麗でWifi環境がいい事で定評があります。炊事可能なコンドミニアムタイプのお部屋を選択可能。場所はバギオの商店街が立ち並ぶレガータ通りの一角。 ミドルやシニアの学生の比率が高い事でも知られています。全体的に落ち着いた雰囲気の学校です。
    気になる食事は1週間お試し!
    2019/07/19
    気になる食事は1週間お試し! フィリピンのほとんどの語学学校は、授業料という項目の中に【授業料+寮費+食費】がセットになっています。 しかし、バギオのWALESでは、いくつかの寮にキッチンや調理器具が用意されて自炊が可能なため食費のみ分離されます。個人的に料理ができる方や、学校の食事に不安がある方は学校側へ食費を支払わず自分で解決することができます。以下WALESの食費について詳細になります。 【食費】 70ドル/1週間 【対象】 コンドミニアム(アパート)と女性プレミアムの寮はリビングにキッチンがあり、炊飯器・電子レンジ・ガスバーナー・食器・冷蔵庫などの一通りの調理器具が揃っている為食事はオプションとします。近所のスーパーで自身で食材を購入し、個人に適した調理ができます。 *上記の施設を選択する方は留学期間に関わらず食費を1週間分だけ納付し、学校の食事が自分に適するか試してみることをおすすめします。最初にまとめて全ての留学期間の食費を支払っても、1週間のお試し後に現地で学校の食事を延長したとしても金額は一緒です。しかし、最初に全ての支払いをした後に払い戻しを求める際は返金額が低くなります。 たとえば、8週で登録した場合最初の4週は返金されず、残りの4週間分の更に50%が返金となります。 560ドル(8週)の場合、返金額は140ドルのみとなる為前述している通り1週間お試しの後に延長か自身で調理するかを選択する方法が安心です。 【WALESの食事の質】 ビュッフェ式ではないですがクオリティは十分です。 ▽2019年7月18日の昼食メニュー参照  
    WALES 入学条件と入学前の注意事項
    2018/12/03
    WALES 入学条件と入学前の注意事項 WALESはバギオ地域の比較的中心部に位置しています。比較的自由な校風のセミスパルタタイプの学校で、最低限の規則のみ定めています。バギオが好きで且つ、プライベートな時間も確保したい方に適した学校です。 入学に適正な条件:15歳以上の初級~上級者(親子留学は6歳から可) ※ビジネス(IDP)コース入学レベルは中級者以上(TOEIC 500点又はIELTS 3.5以上) 入学日:隔週(2週間毎)でマニラ空港で団体ピックアップ行っています。指定ピックアップ日以外の日でも入学は可能です。 ※ピックアップを利用せずに個人で向う事も可能です。その際学校までの手順を弊社がご案内致します。 退寮日/退寮時刻: 金曜日または土曜日退寮 (空港までの帰り方は学校担当者が卒業1~2週間前に詳しく案内します) 学校詳細:学費は授業料と宿泊施設の費用が含まれており、食費のみ別途請求されます(1週間:70ドル) ほとんどの生徒は食事のオプションを選択していますが、選択しないことも可能です。 宿泊施設は、一般的な寮とマンションタイプ(コンドミニアム/女性プレミアム)の二つのタイプです。キッチンには冷蔵庫、ガス、電子レンジ、食器などが用意されています。 ※一般的な1~3人部屋の寮での炊事はできません。オプションを選択しない場合は外食になります。 入学前の準備事項: 入学許可書と併せて送られてくるオリエンテーション資料をご参照ください。 ほとんどの必要な物は地元のショッピングモールで購入可能です。特にバギオ地域は夜の気候が低いので上着を用意し、11月~1月に留学される方は、厚手の生地の服が必要となります。 休暇期間(12~2月、6~8月)中の家族留学比: 約20%。それ以外の期間は約5%未満です。 ※15~17歳の高校生は単身入学が可能です。この場合、外出や外泊は学校が特別に管理します。ケアに特別な要求事項がある場合は別途ご通知ください。 留学中の延長申請: 延長する場合は学校と弊社までご連絡ください。 留学中コース変更について: オフィスで相談した後に変更可能。コースの差額は現地でのお支払いとなります。 通学留学について: バギオに滞在されてる方のみ可 恋人の寮の宿泊について: 不可。※家族/夫婦のみ可能。 *入学後、弊社の案内した情報と異なっていたり、不便がある場合は当社に直接ご連絡ください。
    2019年 団体ピックアップ日
    2018/09/24
    2018~2019年 団体ピックアップ日 バギオウェールズ(Wales)語学学校は2週ごとにマニラ空港からのピックアップサービスを行っています。 2018~2019年マニラ空港を指定ピックアップ日は以下の通りです。 WALES ピックアップ日程 2019年 1/5, 1/19, 2/2, 2/16, 3/2, 3/16, 3/30, 4/13, 4/27, 5/11, 6/8, 6/22, 7/6, 7/20, 8/3, 8/17, 8/31, 9/14, 9/28, 10/12, 10/26, 11/9, 11/23, 12/7, 12/21   以下はマニラの3つのターミナルでのピックアップ時間と集合場所です。 ピックアップ時間 集合場所 出発時間 土曜、午後4時~7時 ターミナル1(Duty Free)、ターミナル,2(ジョリビー)、 ターミナル3(バーガーキング) 土曜 午後7時 土曜、午後10時~日曜日午前1時 日曜 午前1時 日曜、午前3時~6時 ターミナル3(バーガーキング) 日曜 午前7時 日曜、午後4時~7時 ターミナル1(Duty Free)、ターミナル,2(ジョリビー)、 ターミナル3(バーガーキング) 日曜 午後7時 日曜、午後10時~月曜午前1時 月曜 午前1時 ピックアップ担当者は、学校の看板やBESA(バギオ協会)看板を持っています。 日曜日午前マニラ空港ピックアップはターミナル3の身になります。他の空港に到着する方は、ターミナル3に午前7時まで移動する必要があります。 上記の隔週指定ピックアップスケジュール以外でも、個人で学校に向かう事も出来ます。この場合、当社が安全に学校に到着して頂ける方法をご案内します。ピックアップ費用は支払う必要ありません。 クラーク(Clark)空港から入国する方のために、学校側のピックアップサービスもございますが、事前に到着予定日と時間をお伝えください。   もし、航空券の都合で土曜日マニラに到着する場合は、バギオ協会(BESA)のピックアップを利用できます。本ピックアップを利用しても料金同じですが、学校まで安全に連れて行ってくれます。BESAのマニラ空港ピックアップは隔週土、日曜日です。 BESA ピックアップ日程 2018年 9/29, 9/30、10/13, 10/14、10/27, 10/28、11/10, 11/11、11/24, 11/25、12/8, 12/9、12/22, 12/23 2019年 1/5, 1/6, 1/19, 1/20, 2/2, 2/3, 2/16, 2/17, 3/2, 3/3, 3/16, 3/17, 3/30, 3/31, 4/13, 4/14, 4/27, 4/28, 5/11, 5/12, 6/8, 6/9, 6/22, 6/23, 7/6, 7/7, 7/20, 7/21, 8/3, 8/4, 8/17, 8/18, 8/31, 9/1, 9/14, 9/15, 9/28, 9/29, 10/12, 10/13, 10/26, 10/27, 11/9, 11/10, 11/23, 11/24, 12/7, 12/8, 12/21, 12/22
    ウェールズ(Wales)初日のスケジュール
    2017/12/29
    2018年マニラ空港指定ピックアップ日 バギオウェールズ(Wales)語学学校は2週ごとにマニラ空港からのピックアップサービスを行っています。 2018年マニラ空港を指定ピックアップ日は以下の通りです。   2018年1/6(土)、1/7(日)、1/20、1 / 21,2 / 3、2 / 4,2 / 17、2 / 18,3 / 3、3 / 4,3 / 17、3 / 18,3 / 31、4 / 1,4 / 14、4 / 15,4 / 28、4 / 29,5 / 12、5 / 13,5 / 26、5 / 27,6 / 9、 6 / 10,6 / 23、6 / 24,7 / 7、7 / 8,7 / 21、7 / 22,8 / 4、8 / 5,8 / 18、8 / 19,9 / 1、9 / 2,9 / 15、9 / 16,9 / 29、9 / 30,10 / 13、10 / 14,10 / 27、10 / 28,11 / 10、11 / 11,11 / 24、11/25、 12/8、12 / 9,12 / 22、12/23   以下はマニラの3つのターミナルでのピックアップ時間と集合場所です。   ピックアップ時間 集合場所 出発時間 土曜、午後4時〜7時 ターミナル1(Duty Free)、ターミナル,2(ジョリビー)、ターミナル3(バーガーキング) 土曜 午後7時 土曜、午後10時〜日曜日午前1時 日曜 午前1時 日曜、午前3時〜6時 ターミナル3(バーガーキング) 日曜 午前7時 日曜、午後4時〜7時 ターミナル1(Duty Free)、ターミナル,2(ジョリビー)、ターミナル3(バーガーキング) 日曜 午後7時 日曜、午後10時〜月曜午前1時 月曜 午前1時   - ピックアップ担当者は、学校の看板やBESA(バギオ協会)看板を持っています。 - 日曜日午前マニラ空港ピックアップはターミナル3の身になります。他の空港に到着する方は、ターミナル3に午前7時まで移動する必要があります。 - 上記の隔週指定ピックアップスケジュール以外でも、個人で学校に向かう事も出来ます。この場合、当社が安全に学校に到着して頂ける方法をご案内します。ピックアップ費用は支払う必要ありません。 - 授業開始日は、通常に月に2回と指定されております。指定開始日以外の入学許可証がある場合、入学が可能です。公式日程以外入学するかどうかは、エージェントにお問い合わせください - クラーク(Clark)空港から入国する方のために、学校側のピックアップサービスもございますが、事前に到着予定日と時間をお伝えください。

    Phil English 東京事務所
    住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
    電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
    E-mail : info@phil-english.com
    Line : 2012phil     Skype : phryugaku

    [⻄⽇本事務所]
    住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
    E-mail : nishijap@phil-english.com
    Line : philengvictor