お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

セブ ブルーオーシャン セブ島

セブ ブルーオーシャン

マンツーマン授業中心のマクタン島ビーチリゾートに位置するセミスパルタ英語学校

フィリピン全土にある約400の英語スクールはセブ、マニラ、バギオ、ダバオ、バコロドなど大まかに7つの地域に集中しておりますが、その中で講師や留学カリキュラムの平均レベルが一番高い地域は学園都市バギオであるという事を知る人はよく知っております。そしてその中でキングオブキングスとして定評のある優秀校がPINESアカデミーです。

バギオはスパルタの総本山。バギオのスクールが多数のマンツーマン授業と自由度の高いカリキュラムを提供するスタイルが主体のセミスパルタ王国であるセブに進出する事はありませんでしたが、PINESはフィリピン留学業界の代表的2地域の垣根を超え第3キャンパスであるCebu Blue Ocean Academy(セブ・ブルーオーシャン・アカデミー)を開校する事となりました。(2015年6月28日オープン)

セブブルーオーシャンの特徴は大まかに3つです。

フィリピンでトップランキングを誇る優秀な講師陣。マンツーマン授業を多数提供する柔軟なセミスパルタ留学プログラムの提供。そして大海原を見渡せるリゾートホテルでの快適な生活環境。

セブブルーオーシャンに赴任する80名の講師中50名の主力はPINESの優秀講師陣から選抜。PINESチャピス校は弊社が昨年(2014年) 160回にわたり、59のフィリピン語学スクールを訪問した中で講師のレベルや学習面の満足度で一番の総合評価点数を獲得した英語学習教育機関でもあります。

セブブルーオーシャンの第二の特徴はマンツーマン授業多めの留学カリキュラムと自由度の高いセミスパルタシステムです。1日9時間のマンツーマンコースはセブではマンツーマン授業数最多を誇ります。受講科目もなるべく留学生の要望を受け入れてくれる柔軟性を持ちます。生活面では平日放課後外出自由。自由なカリキュラムと校風-ここがバギオの本家PINESと大きく異なる点です。

セブブルーオーシャンの第三の特徴はゴージャスなホテル住まいを核とする快適な生活環境です。セブのマクタン島に密集する高級リゾートホテル群。その中で東海岸を見渡すEGIホテルの敷地内に校舎を新築し、寄宿舎はホテルルームを使います。留学生はEGI施設内にあるプライベートビーチ、3つのプール(一つはミニバー付)、ホテル屋上のスカイラウンジなどを自由に利用することができます。

セブブルーオーシャンの掲げるスローガンは、「Nothing Compares-これまでなかった英語スクール、誰もが夢見ていた英語スクール」です。講師はトップレベル、留学カリキュラムは検証済み、立地はセブのリゾート地。学費はホテル利用としては廉価。国際リゾート地の知名度に頼ってぬるま湯に漬かってきた風のあるセブ留学界に新しい息吹を吹き込む事は間違いないでしょう。初級者から上級者まで対応できるオールインワン型キャンパスです。

セブ ブルーオーシャンの概要

学校名 Cebu Blue Ocean Academy (セブ・ブルーオーシャン・アカデミー)
住所 EGI hotel Resort, Maribago, Lapu lapu city 60l5, Cebu
設立年度 2015年 (2002年に創設されたPINESの第3キャンパス)
定員 150名
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営留学プログラム ESL、IELTS、TOEIC、Business、親子留学
講師 約93名
日本人スタッフ 3名 (正規マネージャー2名)
日本人割合 日本人30~40%
学校施設 ジム、ロビー、学生休憩室、洗濯所(コインランドリースタイル)、マンツーマン講義室、グループ講義室、セミナー室、養護室/Wi-Fiは特定エリアで可能
寮の施設 EGIホテルを利用。部屋はオーシャンビューとシティビューで区分。ベッド、机、エアコン、タンス、冷蔵庫、トイレ、シャワー、ベランダ。Wi-Fiは特定エリアで可能。ホテルタイプ寄宿舎の最上階にはスカイラウンジがあり大海原を展望できます。
その他の施設 WIFIの状態(学校棟は全エリアで接続可能。内部の宿泊施設棟の部屋では、電波が届きにくい場合があります。)、ホテルロビー、プール(3つ)、野外休憩所、ビーチ、カフェ、食堂等。

[ セブブルーオーシャン ] 卒業生と学校スタッフの留学体験談
2018/07/17

「 セブブルーオーシャン 」卒業生と学校スタッフの留学体験談 下記はセブブルーオーシャンの日本人留学生と学校スタッフが書いてくれた留学体験談です。下記2名は弊社フィルイングリッシュがセブブルーオーシャンにご案内した卒業生でございます。 こんにちは。 CEBU BLUE OCEANのスタッフのHAYATOです。 今回のブログでは先月卒業した生徒さんにインタビューをしましたのでその内容をお伝えしたいと思います。 今回インタビューに協力してくださったのは、この春高校2年生になる女の子の二人です。 二人は長年の友人で春休みの期間を利用して2週間CEBU BLUE OCEAN ACADEMYに留学に来ました。 インタビューではかなりざっくばらんに話してもらいぶっちゃけた話も出ていますが、その部分もこちらで消すことなく残しているので、卒業生の生の声としてお楽しみください。 RUNAさん、YUKAさん、HAYATO よろしくお願いします!!! HAYATO 簡単に名前、出身、年齢など自己紹介をお願いします。 RUNAさん RUNAです。16歳で奈良県出身です。 YUKAさん 全部同じになっちゃいますけど…YUKAです。16歳の高校1年生です。奈良から来ました。 HAYATO これまで英語はどうでしたか? RUNAさん これまで英語は保育園の時から習っていたんですけど小4でやめて、そこから触れてなくて中学で触れて最初のABCは余裕だったけど、文法に入ってから嫌になった。話すことには抵抗がなかったけど、テストが嫌いで、授業も好きなんですけど、テストだけは嫌でした。 YUKAさん 英会話学校に通っていて小2でやめて、小学校も授業あったけど、英語の単語を使って遊びみたいで好きだったけど中学校入って本格的に文法とか始まってBE動詞と一般動詞の違いを中3で知って文法力ほんまに壊滅的でした。 その後高1からまた英会話学校にいって、先生の言ってることは聞き取れるけどそれに対して自分の思ってることが出てこなくて、別に英語嫌いじゃなないけど、話せないから嫌な意識がでてきた。 HAYATO 今回二人で一緒に留学に来たと思うんですけど、どういう経緯で留学しようとなったんですか? YUKAさん 1個上のお姉ちゃんが留学とかにめっちゃ興味あって、私そこまで興味なかったんですけど「YUKAもそういうの行ってみたら」と言われて影響されて、行ってみようかなと思いました。お母さんに「友達と行ったほうが心強いから」って言われてRUNAを誘ってみました。 RUNAさん 私はもともとずっと留学に興味があって、去年アメリカに行こうとしたけどそれがなくなって、どうしようかなという時にちょうど誘いを受われたから行こうと思いました。フィリピンなら2週間の短期でも行けるのでよかったです。 HAYATO 実際に来てみてフィリピンの環境はどうでしたか? RUNAさん まず“”衝撃うけた!!!“”(笑) 日本に比べたら確かに汚いですね。道路とか道がきれいになっていないし、*スーパーとかにもハエがいたのは最初はショックだった….でももういまは慣れて、これが普通だなってなりましたね。 (学校施設内はかなり綺麗に清掃されています。) YUKAさん *車がビュンビュン走っている横スレスレを人が渡っていくのは衝撃でした。 ほんまにスーパーが臭かったけど、ここのホテルの清掃サービスとか環境とか、あんまりだと思って期待してなかったけど、めちゃくちゃ綺麗にしてくれててよかった。学校の敷地内に入ると安心しますね。 (写真は学校前の道路。右の写真の真ん中にいる人のように 道路を渡っていきます。*セブでは横断歩道がないところを車が来ていないタイミングで渡るのが一般的です) HAYATO 授業についても聞きたいんですけど、授業の印象はどうですか? RUNAさん 先生がめちゃくちゃ話しやすい。最初はどうやって自分の言いたいことを伝えたらいいか戸惑っていたけど、2日目ぐらいから慣れてきて、先生もわかりやすく伝えてくれるし、簡単な言葉で説明してくれるし、わからない単語がでてきても違う言い方で説明してくれて、話していても楽しいです。 YUKAさん めっちゃ「分かってるかな」って先生が気にしてくれてるけど、わからないとか、わかっているとか言葉で示さないと分かってもらえないんだなって思いました。最初は声を発さず、動きだけで示してたけど、「OK」だけでもきちんと言うのが大事だと思いました。 HAYATO ありがとうございます。最後このブログを見てる人のうちでCEBU […]

セブブルーオーシャン 2017年 12月 卒業生のリアルな声
2018/07/14

セブブルーオーシャン 2017年 12月 卒業生のリアルな声 まず初めに、留学をしようと思ったキッカケを教えてください。 以下は、セブブルーオーシャン(Cebu Blue Ocean Academy)の卒業生が書いてくれた留学の感想です。匿名での記載となることご理解ください。 匿名 4週間滞在 自身の英語力を向上させるために4週間の留学にきました。 初めての留学ということもあり、不安なこともありましたが、日本人スタッフ、他国のスタッフも優しく指導して頂いたと思っています。 授業のほうは当初は授業の進め方や説明がわかりにくいところもありましたが、時間をしっかりとってくれるので確実に理解していくことができました。その他、オプションクラスや、2週間に一度のイベントなど、刺激になる事もあり、飽きることなく、英語の勉強をすることができました。 4週間という短い間でどれだけ成長できたかはわかりませんが、自分に足りないもの、必要なものがはっきりと見えてきたので、これからの勉強に活かしていきたいと思います。 匿名 6週間滞在 6週間滞在しましたが、1人部屋ということもあり、快適に過ごすことができました。初日こそ勝手がわからずに不安だらけのスタートでしたが、2日目からは、友人もでき、不安もすぐに解消することができました。 先生は皆フレンドリーで、自分のレベルに合わせて対応してくれたので、ストレスなく、授業を受けることができました。 週末は、旅行やリゾートホテルに滞在することで息抜きも適度にできたので良かったです。肝心の学習成果ですが、やはり6週間では少し物足りなかったのが正直なところです。たた、リスニング力は確実に向上したという実感があります。スピーキングはまだまだですが、気後れすることなくコミュニケーションできるようになったのが大きな収穫だったと思っています。前よりも英語が好きになれたので、帰国後も引き続き学習を行い、自分のスキルとしてものにしたいと思います。 匿名 2週間滞在 非常に楽しい、あっという間の2週間でした。 自分は会社の研修でここに来たのですが、1人での留学ということで、非常に心配していましたが、スタッフの方や講師の皆様が非常によくしてくださったおかげで、これといった問題もなく過ごせました。 レッスンに関しても、「シャイにならず、間違ってもいいから発音、行動することが一番大事」ということを複数の講師がおっしゃっていて、とても励みになりました。 たった2週間という短い期間でしたが、英語に対する姿勢が大変変わりました。自信を少しは持つことができるようになりました。機会があれば、今度は長期で滞在できればと思います。その際はまたよろしくお願いします。 匿名 4週間滞在 初めてのCEBU、独りで来て最初は不安がいっぱいだったけど、先生やマネージャー、スタッフ、ガードマンがみんな優しくてフレンドリーでとてもよかったです。授業も楽しく、わからないことがあっても怒らず、優しくわかるまで教えてくれたので1つ1つがとても大切で貴重な時間でした。 日本を出るときは、寂しさしかなかったけど、今はここを離れるのがさみしすぎて悲しいです。正直、1ヵ月でここまでの気持ちになるとは思ってませんでした。とても楽しくて、充実した1ヵ月でした。 K.F 21歳 2ヶ月間滞在 初めて、フィリピンのセブに来て、セーブモア近くを歩いた時、正直めちゃくちゃ不安でした。2ヶ月間もここで生活することに絶望感しか感じませんでした。けれど、来てから1週間経って、こっちの生活に慣れ、いろんな事が楽しくなりました。しかし、エレベーターが壊れたり、トイレットのボウルが壊れたり、変なふフィリピーナにだまされたり、いろいろ大変なこともありました。しかし、これらの経験は日本にいたら確実にできていない経験で、自分にとってかけがえなのないものでした。日本に帰っても、ここでの経験を胸にしまって、いろんなことに挑戦していきたいです。 スタッフの皆さんいろいろとありがとうございました。 様々な意見を聞くことができました!! ありがとうございます^^

セブブルーオーシャン留学 体験記 ~学校施設編~
2018/02/07
セブブルーオーシャン留学 体験記 ~学校施設編~ こんにちは!私はセブブルーオーシャン学生レポーターのメイです。 本日は学校の施設についてご紹介します。 1.トレーニングジム ジムは、身体を鍛えると同時に勉強の息抜きとしても使えます。 ジムの広さは約100平方メートルです。 さまざまな生徒のニーズに合わせてフィットネス機器が12種類用意されています。 休日と勉強の休み時間は全ての学生がジムを利用することができます。 トレーニングは勉強の気分転換にもなります。勉強で英語力を向上させ、トレーニングで身体能力を高めることができます。 ほとんどの生徒はここで勉強の合間にトレーニングをしています。 もちろん、夜でもジムは利用できます。普段触れる機会がないフィットネス機器利用して身体を鍛えることができて尚且つ健康になります 私の周りにはジムに行くのが好きな友人が多く、スポーツやフィットネスに関する英単語を教えてもらってクラスメートとの交流が増えました。 学校には、数人の教師がアマチュアフィットネストレーナーとして常駐しています。 トレーナー親切丁寧に英語で指導してくれるのでトレーニングが楽しくなります。 生徒が学校を卒業するときには、充分な英語スキルだけではなく健康的な身体が身についてることでしょう。 2.プール 生徒は無料でプールを利用することができます。 学生はホテルのスイミングプールに無料でアクセスできます。使用前に部屋番号を押してください。 毎日水泳の喜びを楽しむことができることは、本土では想像もできません。 あらゆる種類のスポーツ用品の中で、水泳だけがあなたの体を完全に運動させるスポーツです。プールを利用するにあたって自分の部屋番号を言う必要があります。 プールは毎日利用できます。ほとんどのスポーツは道具を必要としますが、水泳だけは水さえあればできるスポーツです。 スイミングプールはホテルと共同使用されているため、多くのホテルの宿泊客がいて混雑している場合があります。 ですが、ほとんどの宿泊客はホテル以外のプールや遊び場を利用するのでホテルのプールを利用するのは週に1回くらいです。 プールは異なる目的のため3つに分割されています。 ある一つのプールは安全性の観点から子供の腰ぐらい深さとなっています。子供に適した浅いプールとなっています。 他のプールの深さは約160cmとなっていてます。ほとんどの生徒はこのプールを利用しています。大きさは直線距離25メートル。 泳ぐのにちょうどいい大きさで水泳をする人には適しています。 スイミングプールは定期的に消毒され、水質の安全と衛生を確保しています。 誰もが勉強中の合間にリラックスして身体を鍛えることができます。 3.マンツーマン教室 基本的にマンツーマン教室は2階と3階にあります。教室の広さはわずか約2畳程ですが教師と生徒が入るには充分な広さです。 マンツーマン教室は教師自身で手配しています。教室は教師のパーソナルスタイルが反映されています。 教室の壁は授業で教えた単語や文法のメモなどで覆われていました。 勉強をするすべての生徒は、カリキュラムに応じて異なる教室に配置されます。 コース終了までは教師を変更することはできません。 コースの期間は1カ月後ですが、1か月後にはテストの結果次第でクラスアップして教師を変更することができます。そして、また次のクラスに上がれるように教師は生徒の勉強をサポートしてくれます。 CBOAの教師は非常に親切で、文を説明するための各単語の発音にも非常に責任感を持っています。 文法学習で分からない問題がある場合、教師は生徒が理解してくれるまでしっかりと教えてくれます 。 たとえば、私は毎日5時間のマンツーマン授業をしていますが、毎日教師と一緒に授業の内容や昨日習ったことなどを話し合っています。 そこで教師は注意深く私の話を聞いてくれて間違っている部分を訂正してくれます。 教師が褒めてくれると毎日英語を話すことが楽しくなり達成感と誇りを得られます。それでは次回の記事もお楽しみに!
セブブルーオーシャン留学 体験記 ~グループ教室&ランドリールーム編~
2018/01/31
セブブルーオーシャン留学 体験記 ~グループ教室&ランドリールーム編~ こんにちは!私はセブブルーオーシャン学生レポーターのメイです。 本日は学校の教室と洗濯についてご紹介します。 グループ教室 グループの教室については、授業のスケジュールを考える必要があります。 CBOAで英語を勉強しているすべての学生は、ここに来る前からしっかりとした考えを持っています。 内容はマンツーマン授業とグループグループ授業を組み合わせたカリキュラムになります。グループ授業の人数は~4人までとなっており、基本的には4人で1クラスとなります。 誰もが英語は重要なスキルだと知っています。英語は繰り返し使う必要があります。 グループ授業で必要なことは、様々な国籍の生徒と英語でコミュニケーションをとることです。そうすると団結力が向上します。 グループ教室の広さは約6畳ぐらいの広さで、教室の中には授業で使われるコンピューターとホワイトボードと長机があります。 先生は毎日皆に異なるテーマを与えてくれてます。それぞれのクラスメートが実践的な勉強行うことで英語力にもメリハリがつきます。 グループ授業は単語やフレーズを学ぶのにとても役立ちます。 たとえば、最近グループ授業で学んだのはレストランでの注文方法についてでした。 私のクラスには韓国人のクラスメート1人と、2人の日本人留学生がいました。 私とクラスメイトはそれぞれウェイターの役を演じました。 ウェイターの役目は料理のレシピを書くことです。 私が書いたレシピは、Quanjude Roast Duck、Sichuan Hot Pot、Scallops and Juicesです。 これらは主食、前菜、飲み物、デザートなどの食事を注文する際に必要な方法です。 この授業のおかげでグループの雰囲気は非常によくなり、バランスのとれたグループには年齢などは関係なく、英語を学びたいという一番重要なのです。 ランドリールーム ランドリールームは自習室の奥にあります。広さは約15平方メートルです。 8台のドラム型洗濯機と生徒用の乾燥機があります。 洗濯にかかる料金は以下の通りです: 50g未満洗濯物は50ペソで洗濯できます。乾燥機を使用する場合は合計で100ペソかかります。日本円に換算すると1回の洗濯200円ぐらいかかります。 生徒は週に3回まで洗濯することが出来ます。 学校側の洗濯する時間を勉強に充ててほしいという思いから洗濯室には洗濯スタッフが常駐しています。洗濯スタッフが生徒の代わりに洗濯をしてくれます。洗濯をしている間生徒は安心して勉強ことができます。 少しのお金支払う代わりに勉強に専念することができます。 日曜日は洗濯スタッフは休んでいますが、他の施設通常通り開いています。 また、どうしても日曜日に洗濯したい場合は自分自身で選択を行う必要があります。 ※衣類の紛失や洗濯機の取り扱いにはくれぐれもご注意ください。 以上、本日私が紹介したのはグループ教室と洗濯室についての基本的な情報でした。 フィリピンに来てから4週間が経とうとしています。今月末にはテストもあります。 忙しくてあまり時間がとれないですが、衣類や食べ物、避難所、交通機関についても記事を書きたいと思っています。 次回はセブのおススメスポットや、ショッピング、レジャー施設といったアクティビティーについて紹介したいと思います!
セブブルーオーシャン*学生寮編
2018/01/22
セブブルーオーシャン*学生寮編 皆さんこんにちはセブブルーオーシャン学生レポーターのメイです。今日は学校の学生寮について紹介させて頂きます。 1. 寝室 留学中に寮は私たちの家同然です。 寮の基本的な設備は? 日常生活や学習面で支障が出ませんか? 寮、即ち家が快適であることは留学生活を有意義にするには欠かせません。 基本的に、フィリピンで勉強している学生は、最低1ヶ月間、長くて6ヵ月滞在しています。 海外に行く時、そこは夏かもしれない、母国へ帰るときは冬かもしれません。 海外に長くいると、必要な者がたくさん増え、もちろん自分の部屋の設備もとても重要になって来ます。 寮は基本的に2種類の部屋がありベッドなどの基本設備が備え付られています。二つの種類の部屋に大した違いはありません。 部屋には150×200(cm)の大きなベッドが2つあり、それぞれベッドの横にサイドテーブルが付いています。 2つのキャビネットがベッドの横にあり、キャビネットの長さと幅は約120x160x60(cm)で、上下2つのキャビネットに分割され、棚に衣類を置くことができます。 上にも衣服を置ける棚があり、約10個の衣服、小さなキャビネット中に収納でき、衣類、コンピューター、学習道具を置けるように設計されています。 いつでも冷たい飲み物が飲めるように部屋にはミニ冷蔵庫が設置してあり、自習用のデスクも設置してあります。 2. バスルーム 私の部屋のバスルームはシンプルで大理石のシンクとシャワー、トイレとシャワーカーテンがあります。 心配なのはきちんとお湯は出るのか、水圧は大丈夫かなどですよね。何か問題があれば三階の修理スタッフに頼んでその日の内に修理してもらえるので何も心配はいりません。水道管などが老朽化しているのを見つけたらその日の内に交換してもらえます。 我在8月20号下午到达学校,发现洗澡的喷头水量不大,还没等报修,第三天上午,就有维修人员上门来修理了,而且工作人员很有礼貌,进门前都脱掉鞋子工作。这里特别说一下,为了方便两人使用水管,还在室内还专门装了洗手盆。不用担心因为时间紧张无法用水。我住在九楼,淋浴和洗手盆的水量很大,一点都不影响使用。 3. WIFI環境 生活必需品の中にインターネットも欠かせませんよね。私たちの国のネットの速度に比べると流石に遅いですが、思ったほど悪くありません。 自習室にはパソコンが置いてありWi-Fiの速度もフィリピンの物に比べるとかなり早いです。そのパソコンでは母国語を使えるので素早く必要な情報を手に入れることが出来ます。韓国人、日本人の学生お方は皆大体、ノートパソコンを持って来ているのでパソコンを使うのに混雑するということはありません。 寮のネットワークはそこまで速くないですが 土日は出かける人も多く、Wi-Fiの利用人数も減るので快適にネットを使えます。2階のクラスルームとロビーラウンジのネット環境も良好です。 ホテルのロビーと同じWIFIを使用することができます。 しかし、メインゲートのロビーはネット環境は良いですがは薄暗くてうるさく、10時に消灯なので勉強するには向いていません。 今回は学校設備についての紹介でした。次回もお楽しみに。
セブブルーオーシャン留学 体験記 ~観光&レジャー施設編~
2018/01/19
セブブルーオーシャン留学 体験記 ~観光&レジャー施設編~ こんにちわ!私はセブブルーオーシャンの学生レポーターのメイです。 すでにセブブルーオーシャンで勉強してから1カ月が経ちました。 ここに1カ月いるとフィリピンの生活にも慣れてきました。 ですが、毎月多くのクラスメイトや寮のルームメイトが卒業していきます。 友達が卒業するのは寂しいですが、その分、新入生も入ってきます。 その際、新入生には楽しい学校と思ってもらいたいので様々な娯楽を紹介しています。 今日は学校周辺の観光地とレジャー施設を紹介します! City tour City tourは日帰り旅行という意味です。セブはフィリピンで最も歴史のある都市です。 また、国際的に有名な観光都市です。自然の素晴らしい景色と歴史的建造物が楽しめます。 基本的に日帰り旅行は歴史的建造物を巡ります。 1521年にポルトガルの探検家マゼラン(Magellan)が、この美しく静かな島を発見しました。そして、セブはフィリピンで最初に発展した都市となりました。 ここは「南部エンプレスシティ」と呼ばれてきました。 次はマゼランの十字架教会について紹介します。 マゼランの十字架はセブの象徴です。写真の十字架はマゼランがセブに到着した後、ビーチで建てたものです。十字架の天井のストロークは今年になって補修しましたが外観はそのままの状態を残しています。 教会に入るには荷物検査が必要になります。 ここには世界的に有名な "Santa Baby"のコレクションが置いてあります。 週末には多くの人々がここに来て、平和と幸運を求めて教会に祈りに来ます。 マゼランと宣教師は非常に深い関係です。 セブはカトリック教徒が85%以上を占めています。 フィリピンの開発水準は日本に比べるとよくありませんが、笑顔と自信に満ち溢れた素晴らしい国です。私たちの心を穏やかな気分にさせてくれます。 スパ 日々の勉強はとても忙しいです 例えば、私の場合は毎日7コマ分の英語の勉強をしていますが、そのうちの5コマはマンツーマン授業を行っており、残り2コマはグループ授業です。それぞれ1コマ50分の授業です。そして休憩時間は授業間の10分と夕食の1時間だけです。毎日の宿題や復習、予習などの自習は夜遅くまで行っています。基本的に毎日夜23時まで勉強をしています。 このような生活を続けていると非常に疲れて勉強にも影響が出てしまいます。 そういうときは、運動やレジャー施設に行って疲れを癒すのが一番です。 特に、スパが非常にお勧めです。 学校の中にはスパがありますが、他にもっと安くて良い場所があるので紹介させて頂きます。 学校の向かい側にFoot and Body MASSAGEというお店があります。 学校の入り口から斜めに進み、道路を挟んで徒歩2分の場所に位置しています。 別のところには価格が2倍のお店もあるので注意してくださいね。 マッサージ行うスタッフは全員女性で作業服を着用しています。接客は親切でフレンドリーです。 60分のオイルマッサージの価格は290ペソかかります。日本円に換算すると150円くらいですね。 足のマッサージの場合は240ペソかかります(130円くらい)。 ここではエッセンシャルオイルマッサージを強くお勧めします。 これまで私はクラスメートと2回ここに来ましたがとても気持ち良かったです。 本日の記事はここまです! 次回の記事もお楽しみに!
セブブルーオーシャン留学 体験記 ~学校周辺のスーパーマーケット&レストラン編~
2018/01/19
セブブルーオーシャン留学 体験記 ~学校周辺のスーパーマーケット&レストラン編~ 皆さんこんにちわ!セブブルーオーシャン学生レポーターのメイです 。 今日は学校の周りの、スーパーマーケット、専門レストラン、レジャー施設等を紹介します。 留学する際は少なくとも1ヶ月間ここに住むので周囲に何があるのかを知る必要があります。 スーパーマーケット 学校に到着後、私が最も行きたかったのはスーパーマーケットです。私は格安チケットを買ったのであまり多くの生活必需品等の荷物を持ってこれませんでした。台湾人のマネージャーに学校の周りのスーパーマーケットを2つ紹介して頂きました。学校の門を右に曲がったらSAVEMOREがあります。SAVEMOREは比較的小さいスーパーマーケットで、キャンパスから約500mの場所にあり徒歩3分ととても便利です。 大体の基本的な日用品は、ここで揃える事が出来ます。外国人も多いためこのスーパーマーケットは外貨を両替する事も出来ます。 もちろん、このスーパーはセブブルーオーシャンの学生が一番利用する場所でもあり、地元の人々が定期的に買い物する場所でもあります。 いくつかのの商品を除いて、日用品の多くは韓国と日本産のもので価格はお手頃です。日本で500ミリリットルのシャンプーは500円くらいしますがここでは300円で買えます。 さらに中国の新鮮なドリアンが200円で買えます。ドリアンが好きな学生には必見です! 基本的には、日用品はここで揃えることができます。しかし、全ての商品が私達の国と同じ品質という訳ではありません、特にタオルやカップなどの商品はあまり良くなかったです。さらにヨーグルトやミルクなどの乳製品の品質は良くないので、フィリピンでは乳製品の購入は控えた方がいいです。 大型のスーパーマーケットに行きたい場合は、学校の校門からまっすぐ進み10分ほど歩いたところに大型のスーパーマーケットがあります。 このスーパーマーケットは約1,000平方メートルの面積の大きさで、先ほど紹介したスーパーマーケットよりはるかに品揃えが良いです。 注目のレストラン 学校周辺には韓国料理店、日本食レストラン、イタリアンレストランなど数多くのレストランがあります。 学校は韓国資本なので周辺のホテルも非常によく韓国の特性を理解してます。 地元の韓国料理レストランは味とボリュームの両方で私たちを満足させてくれます。 そして食事環境はとても快適で、清潔に管理されています。私も韓国料理はあまり食べないので全てが新鮮に感じます! 毎週月曜日から金曜日は学校でご飯を食べているので、外食する機会としては週末の夜ごろになりますね。 私は女の子3人と男の子1人を誘って5人で外食に行きました。その時は皆さんそれぞれ好きなものを頼みました。お寿司、石焼ビビンバ、揚げ餃子、豆腐スープ、卵スープ、わかめスープ、餃子・・・・ 5人で合計2000ペソでした。日本円に換算すると4000円くらいですね。 皆さんよく食べていて、私も満足しました。これらの料理は日本の味によく似ていて、お寿司なんて日本の高級お寿司屋さんのような味でした。 ここにくればいつでも美味しい料理が味わえます! 本日の記事はここまです! 次回の記事もお楽しみに!
セブ留学セブ ブルーオーシャン、金曜アクティビティ編
2017/12/28
セブ留学セブ ブルーオーシャン、金曜アクティビティ編 皆さんこんにちわ。セブブルーオーシャン学生レポーターのメイです。今日は金曜午後のアクティビティについて紹介したいと思います。月曜から金曜の8時から18時までは授業の時間ですので生徒達はせかせか忙しそうにしています。皆さん授業や勉強で平日は休む時間がないくらいしっかり勉強しているので、週末が来るのを楽しみにしています。2週に一回開催される学内イベントの為、金曜のスケジュールは各授業10分短縮なので金曜の授業は比較的楽だと思います。もちろんこの学内イベントも英語力の向上が狙となっています。 フィリピン留学 フィリピン英語 1, スピーキングコンテスト カフェテリアを使って、全生徒と全講師が集まりいくつかのグループに分けられ、英語学習に関するセミナーが行われます。 100人以上の国籍が違う先生、生徒の前でスピーチを行う事は度胸試しになるだけではなく、自分の英語のスキルをテストするのにも最適です。 語彙力、文法や表現力が試され。さらにはスラングを駆使してスピーチを行います。 生徒がプレゼンテーションを終えたら、先生達が様々な質問をします。100人以上を前にスピーチをすることで、度胸をつけるだけでなく、英語の総合的な能力と表現力が大幅に向上を狙います。 それぞれの生徒の個性を生かしたスピーチが聞けるので面白いですよね。 スピーチをみんなの前で堂々とするクラスメートの姿を見て羨ましかったのと同時により一層、英語を上達させたくなりました。 結果は、中国成都から来た若い女の子が最優秀賞を受賞し、学校から報奨金を受け取っていました。私は、彼女は翌日が留学最終日だったので、 羨ましい気持ちと共に、一言おめでとうと彼女に言いました。 英語の学習は決して一夜漬けで行うものではなく、私たちは毎日、英語を上達するためにコツコツと努力しなければなりません。 2、単語コンテスト 単語コンテストは生徒達に非常に人気のあるアクティビティーです。このコンテストには立候補した生徒と学校が選んだ生徒が出場します。金曜日の授業を終えてすぐに台湾人の友達と会場に向かい最前列に座りました。しばらくしてから続々と他の生徒が会場に入ってきました。 司会は、朝から夕方までいつも一緒にいる先生達です。いつもと違っておちゃらけた先生達を見ることが出来るのでなんだか新鮮ですね。生徒が正解をすばやく当てたりすると、拍手が起こり笛を鳴らし、この教室のみんなが一緒にこのイベントを楽しんでるのが感じられます。クラスメート一緒にスクリーンに表示される答えを予測し、正解した時は嬉しいですね。 私達はこのイベントを一週間の疲れを忘れるくらい存分に楽しみました。私のクラスメート日本人と台湾人の生徒がトップ3に入りました。英語を学ぶ事であなたの選択肢は広がると思います。今日は金曜のアクティビティを紹介させて頂きました。来週は私の先生について紹介したいと思います。 学校一覧を見る セブ島留学費用
セブブルーオーシャン入学条件と入学前の注意事項
2018/11/15
セブブルーオーシャン入学条件と入学前の注意事項 入学に適正な条件:15歳以上の初級~上級者までの方 ※親子留学の場合は6歳から入学可能。 IELTS・BUSINESSコース入学レベル:ESL専門学校、IELTS・TOEIC・ビジネスコースの資格を適用されます。IELTS4.0以上のレベルで入学可能であり、入学後はコースの変更はできません。 コースについて:Survival ESLコースは完全に初級者向けのコースです。最大4週間まで受講が可能で、それ以降は自動的にGeneral ESLコースへ変更されます。 入学日:2週間毎の月曜日に開講。留学期間は原則として偶数のみ(2.4.6...週間) ※もし指定開始日に入学不可や偶数期間の留学ができない場合は、事前に学校へ事情を相談し承認される場合もある。 ※指定開始日以外の週に入学した場合は、入学時の1週間はグループ授業は受講不可となります。例えば、General ESLコースの正規の授業編成は、マンツーマン5時間+グループ2時間ですが、指定開始日以外の週に入学した場合は、最初の1週間はマンツーマン5時間または6時間で授業編成されます。 ※1、3週間の奇数の短期留学希望者は、マンツーマン授業のみ行われるIntensive ESLコースのみ入学が可能です。 休暇期間(12~2月,6~8月)中の家族留学比:セブブルーオーシャンは、親子留学の割合を制限しています。 外部寮:外部の寮は学校から約7~10分の距離です。夜間に一人で寮まで行くのに不安な方は、学校のガードマンに依頼し、寮まで同行してもらうことも可能です。 送迎:学校側の空港送迎を利用せずに、個人で学校へ向かう事も可能です。金額は、セブ空港からタクシーで300ペソ以内で行けます。詳細については担当者までお問い合わせください。 退寮日,退寮時間:原則土曜日に退寮。退室時は学校の前からタクシーに乗り空港へ向かいます。空港まで約15分ほどで到着します。 留学中の延長申請:延長する場合は学校と弊社にまでご連絡ください。 留学中のコース変更:オフィスで相談した後に変更可能。コースの差額は現地でのお支払いとなります。 通学留学について: 不可。 恋人の寮の宿泊について:不可。※家族/夫婦のみ可能
セブ ブルーオーシャン12月無料SSPプロモ
2018/10/23
セブ ブルーオーシャン12月無料SSPプロモ ▽プロモ実施対象入学日 2018年12月8日、12月22日限定 ▽プロモ対象Web登録日 2018年10月19日から12月21日 ▽対象コース 全コース ▽対象部屋タイプ 全部屋タイプ ▽適用滞在期間 4週から12週 (2週、14週以上は対象外) ※適用例などの詳細は添付資料をご確認くださいませ。
2018~2019年入学日(CBOA)
2018/09/14
2018~2019年入学日(CBOA) セブブルーオーシャンは、効率的な学校運営のために2週間単位で入学日を指定しています。   - 隔週土、日曜日空港送迎を行います。 (航空到着時間の関係なし) - セブブルオーシャンでは、2週間ごとに入学を許可しているため、登録期間も2週、4週、6週、8週などと偶数週の運営をしております。奇数週での期間では留学が出来ません事、ご理解くださいませ - 上記に書かれている通り土曜日に到着した場合は、日曜日午後にレベルテスト、月曜日午前にオリエンテーションを受けることになります。この際に、ペソへの両替案内もしております。通常の授業は月曜日の午後から開始されます。 - 日曜日午後以降に到着した場合は、月曜日にレベルテストとオリエンテーションが行われます。 - 土曜日日曜日入寮ともに土曜日退寮が原則となります。   2018~2019年のセブ、マクタン空港送迎は下記の通りです。   2018年 9/29、9/30, 10/13, 10/14, 10/27, 10/28, 11/10, 11/11, 11/24, 11/25, 12/8, 12/9, 12/22, 12/23   2019年 1/5, 1/6, 1/19, 1/20, 2/2, 2/3, 2/16, 2/17, 3/2, 3/3, 3/16, 3/17, 3/30, 3/31, 4/13, 4/14, 4/27, 4/28, 5/11, 5/12, 6/8, 6/9, 6/22, 6/23, 7/6, 7/7, 7/20, 7/21, 8/3, 8/4, 8/17, 8/18, 8/31, 9/1, 9/14, 9/15, 9/28, 9/29, 10/12, 10/13, 10/26, 10/27, 11/9, 11/10, 11/23, 11/24, 12/7, 12/8, 12/21, 12/22   一部期間での奇数週受入 セブブルーオーシャンは隔週入学が原則ですが、空室がある場合は指定日の入学日だけではなく、奇数週にも入学が可能です。1月20日〜3月17日・6月23日〜9月1日の間に入学する人を除いては、毎週入学ができる場合があります。ただし、学校側の承認が必要です。   またこの変更に伴い、上記期間を除いて、1週間のみの滞在も受入れを行っています.コースはIntensive ESL・Premium ESLのみとなります。   >>>2018年ピックアップ資料を表示 >>>2019年ピックアップ資料を表示      
セブブルーオーシャン オフシーズンキャンペーン(12月22日までに入学される方限定)
2018/07/26
セブブルーオーシャン オフシーズンキャンペーン(12月22日までに入学される方限定) キャンペーン対象者:9月1日から12月22日までに留学される方   対象コース:全コース   対象部屋タイプ:内部寮.3人部屋、2人部屋(シティビュー)、外部寮.Executive、Deluxe。   適用滞在期間:内部寮は4週間以上から、 外部寮は1週間以上から受け付けております。   =============== キャンペーン概要 ===============   ▼キャンペーン① 4週間以上ご滞在の学生様に滞在期間に応じてデ ィスカウント適用 ※4週あたり5,000円単位で計算(¥1,250/週)   ▼キャンペーン② 8週間以上ご滞在の学生様に "一次VISA延長無料"   ▼キャンペーン③ 外部寮1人部屋を無料アップグレード *キャンペーン①②との併用不可        
CBOAはこのような方にオススメ!
2017/05/15
CBOAはこのような方にオススメ! ➀リゾート地でリラックスして勉強されたい方 CBOAは学校というよりはリゾートホテルで学習という定義があっていると思います。 セブの高級リゾート地はマクタン島の南東側に密集しておりますがその一角のEGIホテルの中にあります。ホテル目の前には大海原が広がります。 ➁綺麗な校舎、綺麗なお部屋 CBOAの校舎はセブのリゾートホテルであるEGIホテルの敷地内に位置しています。2015年に建てたCBOAの校舎は非常に綺麗な作りです。校内にはお洒落なコーヒーショップ兼自習室やジムまであります。学生が快適に過ごせるように校舎全体が作られています。学生が寝泊まりする寄宿舎はEGIホテルの高層階を使用している為に施設面のクオリティが通常の学校と比べ非常に高いのもCBOAの強みです。 ➂便利な立地で勉強されたい方 CBOAは海と繋がっているのでアイランドホッピングなどのマリンスポーツを手軽に楽しめます。セブシティからですと橋を渡らなければならないので海岸や船乗り場までタクシーで45分くらいかかりますがCBOAですとすぐです。EGIの陸側にある正面玄関から1kmほど繁華街が広がります。両替所、日本人居酒屋、スーパー、寿司屋、韓国料理屋、マッサージショップ、果物屋、薬屋、カフェなどすべて徒歩圏で到達できます。 ➃英会話力を中心に学びたい方 CBOAのカリキュラムはマンツーマン中心でスピーキング力向上に焦点を置きます。また、レベルの高い講師陣とカリキュラム、国籍比率豊かなCBOAでは留学しているだけで、英会話力の向上につながらります。尚且つ、カリキュラム構成の融通も利くのでもしスピーキング中心にカリキュラムを組みたい場合は学校側にリクエストする事が可能です。 ➄短期で集中的に学びたい方 CBOAは1日マンツーマン授業9時間など集中型コースも用意しております。仕事や学校の都合であまり時間とれない方に向いております。尚且つ、通常の語学学校では初日の月曜日はオリエンテーションや学校案内で時間がつぶれますがCBOAでは月曜日(午後)から授業を受ける事が出来ます。その点を踏まえ1~2週間留学先として非常におすすめです。 留意点 CBOAの母体はバギオの伝統的スパルタ語学学校PINESですが運営方針はPINESのような朝から晩までのガチガチ勉強集中型ではありません。勉強する時間とリラックスする時間を両方持ちます。厳しい環境で勉強されたい方には不向きです。
セブブルーオーシャン 最新ニュース
2017/04/24
セブブルーオーシャン 最新ニュース セブ留学をするのであれば、海やビーチが近くにある学校にしたいと考える方が多いと思いますが、実際には、そのような学校は多くありません。 Baysideプレミアム、Geniusなどのセブ語学学校の中でごく一部です。しかし2年前オープンしたセブブルーオーシャン(CBOA)はビーチの前に位置しているので、休暇と勉強を兼ねて留学する人にとって最適です。勉強で疲れた身体を癒してくれる環境がそこにはあります。     最近のセブ語学学校の中で最も人気が高いセブブルーオーシャンの他校との差別化は何でしょうか? 第一は、教師陣のクオリティです。多くの学校を直接訪問するエージェントの立場から、セブブルーオーシャンの教師の発音と専門知識は、セブ語学学校のトップクラスであると断言ずる事が出来ます。 (実際には教師の60%程度が、フィリピン最高の英語スクールであるPINESから派遣された教師です)従って、セブブルーオーシャンの留学経験がある方で、その後、他の語学学校に留学された方は、教師の質の違いに気づかれます(笑)     セブブルーオーシャンは、PINESが作った3番目のキャンパスです。ご存知のように、PINESはHELP、MONOLと並んで教師の質が最高レベルの学校です。セブブルーオーシャンは、セブエリアに学校を設立する際に、教師の質を最も重要な判断要因としました。校長は設立当時に「私はセブエリアで優秀な教師の確保にあきらめました。セブでクオリティの高い講師を十分に確保することは難しいというのが私の判断です。ですので、優れた教師陣をPINESからセブのセブブルーオーシャンに派遣しようと考えました。」   第二の利点は、カリキュラム運営です。 10年以上PINESでジェネラルマネージャーを務めたKevinは、セブブルーオーシャンでコース、カリキュラムの総責任を担っています。学生の英語力レベルを細分化し、それぞれの学生にとって最高の科目を割り当てるために努力しています。もちろんカリキュラムの内容を詳細にお知らせし、学生の意見を定期的に受け入れていることもしています。だからこそ、一人一人の学生にとって最適なカリキュラムを提供することが可能になります。   ビーチが目の前にあり、立地に優れた語学学校ですが、学生ケアと教師のクオリティに非常に力を入れています。それがブルーオーシャンなのです。       こちらは本日の昼食時の様子。運営上の理由から、ほとんどの学校は教師に昼食を提供することができていないのですが、ブルーオーシャンを含む最近のセブエリアのいくつかの学校では教師に昼食を提供しています。学校のこのような努力がより良い教育に繋がるのですね。   こちらはカフェテリアの様子です。お昼休みの時間を利用して、自習をしたり、友達とおしゃべりをする場所です。 WI-FIも利用可能なのが嬉しいポイントです。     学校を訪問すると、生徒と教師たちの笑顔がその学校の現在の状態を物語っています。明るい学生の姿から、セブブルーオーシャンの明るい未来を予測することが出来ます。  

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ