CIJプレミアム セブ島

CIJプレミアム

一目でわかるCIJプレミアム
  1. 施設、付帯施設ならセブで一番ゴージャス
  2. マンツーマンのコマ数が多いスピーキング力強化型プログラム
  3. ネイティブスピーカーからマンツーマン授業受講可能
  4. 朝早くスタートして夕方早く終了なので夜の自由時間が多い
  5. 平日外出OK
  6. 周辺はセブの富裕層が住む地区なのでセキュリティがかなりしっかりしている
  7. 校舎のあるITパークは夜も昼も人通りが多いセブを代表する繁華街
  8. ジムはないが近隣のホテルの物を無料で利用できる
  9. EOP(英語のみ使用ルール)を実施

生徒の自主性を尊重した学校運営、コンドミニアムタイプの綺麗な寮

マンツーマン授業中心のカリキュラムと生徒の自主性を尊重した自由な校風、きれいな施設などを希望する方にはCIJプレミアムをおすすめします。 学校が使用する建物はTANCORというところで、韓国・日本・台湾人などの外国人居住のコンドミニアムとして有名であり、施設のクオリティと治安が良いです。当校はTANCORの50%を学校と寮として使用しています。 CIJは、校内の学業に対する生徒の雰囲気やコース運営の信頼性の面では最高とは言えません。しかし、セブ中心の好立地に位置し、生活に便利な環境と快適な寮での生活、学校側が生徒の要求に応える科目運営は利点と言えます。

コースは英語初心者のためのマッチ式Power Speaking、Power Native、TOEIC、ビジネス英語コースがあります。1日5~7時間のマンツーマン授業が行われ、グループ授業はネイティブスピーカーが担当します。多めのマンツーマン授業とネイティブスピーカーの授業により、フィリピン講師の弱点を補う事ができます。また、ほとんどキャリアのある講師を採用しており、ジュニア専門スクールを運営した学校長のきめ細かな管理がどれほど授業編成に気を遣っているのかが分かります。比較的他校よりも学費は高い設定ですが、セブ地域のコンドミニアムを利用するということと、授業編成からして見れば決して高い金額ではないかと思われます。(セブ現地の月々のコンドミニアムのレンタル費用など比較して) キッチンも設備されているので、家の様な雰囲気で自分の空間を大事にしたい方にはとても快適です。特に夫婦、女性、グレードの高い1人部屋を希望される方におすすめします。

CIJプレミアムの概要

学校名 CIJ Academy クラシック Campus
住所 Tancor 3 Residential Suites, Abad Santos St. Villa Aurora Village, Kasambagan. Cebu City
設立年度 2012年
定員 100名
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営留学プログラム ESL、TOEIC、Business
講師 40名(フィリピン)、3名(アメリカ人、イギリス人)
日本人スタッフ 1~2名
日本人の割合 約25%
学校施設 マンツーマン講義室、グループ講義室, オフィス
寮の施設 コンドミニアムタイプでキッチンとリビングルームを共有します。各部屋にトイレ(ホットシャワー・バスタブ)が設置しており、広々とした部屋や共有スペースで自習やリラックスした自分の時間を過ごすのに十分です。
その他の施設 ジム、サウナ、卓球台など

セブ留学訪問記:CIJの改革
2014/08/22

セブ留学訪問記:CIJの改革 きれいな施設のセブCIJ Academy、3回目の訪問で感じたことは。。。 ダバオ留学訪問記:E&Gで期待以上の留学を バコロド留学訪問記:格安費用でマンツーマン英会話のILP 【セブ発9月20日】 施設がホテル並みに豪華な事、マンツーマン授業が受講できる事、セブでは希少価値であるネイティブスピーカーマンツーマンプログラムが組み込まれている事、立地が安全で利便性がいい事などから人気のあるCIJではありますが、人によっては相談する上で推薦を躊躇する事がありました。学生のレベルや目標の内容によってはずばり『やめておいた方がいいですよ』とアドバイスした事もあります。 このようなスタンスの背景には在学生、卒業生の『声』がありました。指摘が集中するのは講師の学習姿勢でした。『授業をよく休む、』『授業に集中していない、』『発音になまりがある、』『文法的に怪しい』などです。臨時講師を学生数に帳尻を合わせる出し入れする学校でよく見られる光景です。 あまり期待もせず軽い挨拶程度の気持ちで立ち寄ったセブのCIJではありましたが、講師達の目を見、在学生の声を聞くにおよび従来の印象が大きく変わりました。 こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。問題点が指摘される学校でも思い切った決断と努力の積み重ねで評価のいい学校に化ける事もあります。抜本的改革をいざ実行するとなると重い決断と歯切れのいい行動力が必要となってきますが、今回の訪問でCIJの果敢なチャレンジがしっかり結んでいる事を確認いたしました。 『やはり豪華な施設とマンツーマンの物量作戦だけではだめなんですよね。見通しが甘い部分がありました。学習面での満足度が伴ってこそ学校として初めて学生に認められます。』CIJマネージメント-本部長の率直な言葉です。 おそらく一番変わったのは講師たちの姿勢の部分でしょう。学生の学習満足度を常に意識するようになったようです。きっかけとなったのは6月くらいから始めた新給与システムの導入です。従来の定額給与制度は廃止となり、給与は生徒が指名する先生の受け持ち授業数で決まるようになりました。この新システムのおかげで人気講師はセブ講師平均給与の3倍くらいの額をもらうようになりました。『目の前ににんじんをぶらさげる』的な方法ではありますが講師達の積極的な授業態度を見ていると効果覿面のように思えました。 バックアップシステムも強化されており、クレームがあったり、学生の指名授業数が一日5時間以下の講師に対してはベテラン講師3人の査察が入ります。(写真左上)チェックシートに何か真剣に書きとめていました。判断の公平を期すため3名が一人の先生を同じ週にチェックいたします。 CIJは3回目の訪問となりますが最初の2回と今回の訪問ではスタッフの顔ぶれもかなり変わっていました。ここでも重い決断があったのでしょう。右上の写真でお弁当を食べているのは最近新たに加わった日本人学生マネージャーひろしさんとけいたさん。正社員の女性マネージャーを含め計3名の日本人が現在お客様をサポートしております。 気になる在学生の評価ですが、2名の日本人男女とお話をいたしました。 男性の方は大学4年生。TOEIC600点からの留学スタートで弱点であるスピーキングの強化が目的だそうです。 文法的に変だと思った先生はいますか?→いません。 発音で訛りを感じましたか?→先生の中には若干なまりがある方もおられましすが、気になるほどではありません。 先生は休んだりしていませんか?→朝が弱い先生が2度ほど朝一番の授業を欠勤しました。それが理由で1週間のサスペンション(停学処分)になったそうです。それ以外欠勤遅刻はありません。 ※CIJでは連続して遅刻や欠勤したり学生からの正当なクレームを受けた場合には1度目は1週間、2度目は10日間、3度目は2週間の停職となり、それ以降は解約となります。又無欠勤を続ければ続けるほど講師達の皆勤手当ての額も上がっていき、1回でも休むとリセットされます。これらも改革の一部です。 『不満を強いて上げるのであれば日本人が多い事』だそうです。今まで日本人3~4割、韓国人3~4割、台湾人3割くらいで推移してきましたが、最近は日本人が6割近くになりました。 もうひとりのインタビューに応じてくれた方は20代の女性。施設面はもちろんの事、学習面でも非常に満足しているそうです。理由は入学当初TOEIC500点だった点数がCIJ8週間の学習で800点に上がったからだそうです。 上記2名の方は学校側から紹介を受けたものではなく、授業が入っていない人たちをゲリラ的に私が取材したものです。 施設はあいかわらず豪華です。施設の事で今までクレームはありません。食事も以前よりだいぶ改善され、在学生の評判がよくなりました。私がいただいたランチは豚の衣揚げ、サラダ、大学芋、キムチとスープの献立でした。普通に食べられました。 CIJは緩やかな高台の上に位置します。高級住宅街なので周りにはセキュリティガードが多いです。住宅街にはめずらしく、カフェ、コンビニ、イタリアレストラン、ワインハウス、ピザレストランなどもあります。 7~8分緩やかな傾斜を下るとメイン道路に出ます。(上記写真下段)試しに夜8時30分頃この道路沿えの歩道を1kmほど歩いてみました。人通りがあり、韓国人や欧米人の1人歩きも4~5名見つける事ができました。 セブで一番おしゃれと言われるアヤラモールまではタクシーで10分。。写真下段左の道をまっすぐ歩けば30分でたどり着けます。その他日本人料理店、焼肉屋、居酒屋などを始めスーパー、セブンイレブン、カフェ、韓国料理屋、4軒のホテルなどがあります。CIJからですと徒歩15分~20分で行けます。 ■ まとめ 最初からうまくいく学校などありません。名門と言われるPINESやPHILINTERでさえ挫折と試行錯誤の歴史があります。要は弱点をいかに的確にとらえ改善できるかどうかでしょう。 CIJも開校当初はぎこちないマネージャー達の対応と一部見られた『不良講師』たちのせいで『アマチュア集団』と在学生からこきおろされた事があります。 しかし厳しい指摘を真摯にとらえ努力した結果今では中初級者を上級者へ導ける実績も残せるようになりました。従来施設や立地最重視の英語初級者以外あまり薦めていなかった学校ではありますが、教育の質もお客様にアピールできるようになったので今回の訪問は私にとって非常に意義深い物となりました。

セブ留学CIJクラシック*⑯8週間留学総まとめ!!
2015/08/08
セブ留学CIJクラシック*⑯8週間留学総まとめ!! こんにちは! セブ留学CIJクラシックレポーターのmiiです! ついに!!!! CIJクラシックでの8週間の留学生活が終了いたしました~!!! ほんっとーに長いようで短い8週間の留学でした。 6月上旬にセブ島へ到着してから気付けば8月… 過ぎてしまえばあっという間の8週間でしたが、最初の頃は、慣れない環境で留学生活していくのがやっとで、ジャパンシックになったこともありました。(笑) 今回はそんなCIJクラシックで過ごした8週間の留学の総まとめです!  留学のきっかけ 最初に私がセブへ留学しようと思ったきっかけは、世界に飛び出して、いろいろな国の文化や、その国で生活するということはどういうことなのか知りたい!という本当に些細なことからでした。もちろん英語の勉強もしたかったからですが。(^^)/ まだまだ若いうちに行っておくべきだという周りからの後押しもあり、決断することが出来ました。 正直、会社を辞めて海外に飛び出すということは、そう容易なことではないです。 ですが、何事も遅すぎることはない、と私は思います。たとえ30歳を過ぎていてもCIJクラシックにはたくさん30代の方が居ますし、大学を休学して来ている人たちも結構いて、みんなそれぞれの人生がありました。 留学生はもちろん、みんないい意味でフレンドリーすぎる先生たちも、CIJクラシックの良いところです。一緒に旅行に行ったり、食事に行ったり、本当にこの先忘れることの出来ない8週間となりました。8週間じゃ足りないと思うくらいです。実際、延長をしている留学生さんも何人も居ました♪みんなだいたい2、3カ月で卒業していくので、4カ月以上になってくると大御所扱いです(笑)  英語上達の進捗具合 私の英語の進歩具合と言いますと、人にもよりますが、伸びてきたなと感じたのは1カ月を過ぎたあたりで、英語講師の言っていることが分かり、英語を使うことの恐怖心も消えて、あとは語彙力と文法をもっと勉強しないといけないと実感。発音については、ネイティブの英語講師に発音が綺麗と授業終わりに個人的に褒められたことが本当に嬉しかったです。日本人はシャイなので、どんどん話す機会を作らないと、なかなかうまくなれない気がします。 外食したときでも率先して注文をしたり、英語講師に話しかけたりすることが本当に大事です。空き時間のときに英語講師に話しかければ、無料でレッスン状態です!(笑)   授業ラストの日が月末のレベルチェックテストの日だったので、レベルチェックテストを受けるか迷いましたが、結果が出るのが当日ではなかったので、最後の授業を英語講師たちと時間を惜しみながら過ごしました。ちなみに卒業式はこのテストの影響で今回は木曜日に実施されました。私を含め5人が出席。担当の英語講師からお言葉をいただき、卒業生も簡単なスピーチをします。私は人前に出るのが苦手なので、最後の最後まで出席を渋っていました。だけどこれは一生に一度のCIJクラシックでの経験だと思って、気合いでスピーチ! 短いスピーチでしたが、これもCIJクラシックでの思い出に変わりました。  CIJクラシック留学の感想 CIJクラシックで出会った友達、英語講師、それ以外で出会えた方たちに、本当にありがとう、と言いたいです。知らない土地で生活することは誰でも最初は不安や戸惑いがあると思いますが、CIJクラシックでの留学生活は思っていた以上に快適でした! 私はまたいつか必ずセブを訪れたいと思っています! そしてCIJへ留学するきっかけを作っていただいたフィルイングリッシュさんにも本当に感謝しています。 これで私のフィリピン留学体験記は終了です♪ ここまで読んでいた皆様、ありがとうございました!! セブ留学CIJクラシック学生レポーター:Miiでした。  
セブ留学CIJクラシック*⑮セブ、CIJの印象とその結果
2015/07/29
セブ留学CIJクラシック*⑮セブ、CIJの印象とその結果 こんにちは! セブ留学CIJレポーターのmiiです! こちらの留学生活も残すところあと3日となりました。 本当に早い8週間間でした。まだ終わっていませんが(^^)/ 卒業していくみんなを毎週見送ってきましたが、今度は自分が見送られる側ですね。 卒業する際に、たいていの留学生は、自分を担当してくれた英語講師たちに何かしらのプレゼントや手紙を書いて渡しているので、私も書かないと、と思いつつまだ準備出来ていません( ;∀;) 私はこのあとマレーシアへ3カ月留学する予定なので、最低限の荷物しか持ってきていませんが、もしこれからフィリピンへ留学するみなさんの荷物に余裕があれば、ちょっとした日本のお土産などを卒業のときに英語講師たちに渡すのも良いかもしれません(^^)/   さて、今日はセブ島留学の全体的な印象や、8週間留学生活した感想を綴っていこうと思います。 CIJクラシック まず最初にCIJクラシックに来たときの印象は、とても大きい!ガードマンがしっかり常駐しており安心感がありました。 また、施設がとても綺麗な印象でした。到着初日に部屋はベッドメイキングがしっかりされており、とても好印象でした。実際に週2回のハウスキーピングがありますし、部屋の何かが壊れたりすれば、オフィスに申請してすぐ直してもらえます。廊下や階段の床も毎日掃き掃除、拭き掃除しているのを見かけますし、清掃清潔には力を入れているようです。 しかしWi-Fiが繋がらない! 何度かWi-Fiが使えないことをオフィスに申請しましたが、その日限りでリペアされ、それ以降はまた使えなくなることが多かったです。 授業内容 次に授業内容ですが、しっかり留学カリキュラムが組まれていると思っていましたが、英語講師によっては、おしゃべりが好きな英語講師だとたまにトークで1時間終わることもあります(笑) 英語講師によってリーディングやライティングなど専門科目が決まっているようですが、リーディングの英語講師であっても、スピーキングの授業に切り替わったりすることもしばしば。 そして、やはり最初は英語講師の言っていることがわからなかったり、理解出来ない単語が出てくると授業が少し中断してしまうので、しっかり予習復習が大事だな~としみじみ感じます。 セブ島について 最後にセブ島についてですが、こちらに来る前は、フィリピンは綺麗な海があるけれど危ない場所という印象が大半でした。 実際、確かにスリや置き引きに遭った人を知っていますが、そういった軽犯罪以外は本当に優しい人がほとんどで、もちろん海もすごく綺麗だし、本当に素敵なところだと思います!やはり、旅行で数日来るセブ島と、2カ月滞在したあとの印象は本当に違うと思いました。 確かにマクタン島のリゾートホテルもとても素敵ですが、セブシティやそれ以外の街のローカル感がすごく大好きで、数日の旅行日数では行けない街にも足を運んだりして、とても素敵な思い出と経験になりました。 セブ島に来ることを迷っている方がいれば、私は絶対に行った方がいいとおすすめすると思います! 私も、環境などで留学をすごく迷っていた時期がありました。住めば都と言いますので、思い切った決断をすることも人生を変える一歩なのだと実感しました。 先日は英語講師、留学生共にみんながおすすめするカモテス島に行ってきました! 街全体に塀が少なく、オープンな街並みで、人も暖かく、すごく素敵な島でした。 行ってよかったと心底思います。これが私のラストトリップになりました。   次回ついに、私の留学体験レポートは最終回となります! また総まとめについては次回更新いたします♪ 今日はこの辺で~♪ フィリピン英語留学CIJクラシック学生レポーター:Miiでした。
セブ留学CIJクラシック*⑭コース紹介
2015/07/22
セブ留学CIJクラシック*⑭コース紹介 こんばんは! セブ留学CIJクラシックレポーターのmiiです! 最近韓国人中学生のキャンプが校内で行われており、すこしにぎやかになりました。 同じ2階に住んでいますが、授業時間など、英語学校側がずらしているようで、遭遇することはなさそうですね! さて、今日は英語学校のコース内容をご紹介しようと思います! CIJには現在6つの英語コースがあります。 【Power Speakingコース】 マンツーマン6時間、ネイティブグループ1時間、ボキャブラリー1時間、合計8時間 CIJクラシックで最も一般的なコースです。私もこのコースを選びました。授業時間も適度にあり、あいだに休憩時間を挟むことが出来ます。 【Power Nativeコース】 マンツーマン5時間、ネイティブグループ2時間、ボキャブラリー1時間、合計8時間 パワースピーキングよりネイティブの授業が1つ多いコースです。英語講師はカナダ人やオーストラリア人なので、フィリピン人英語講師では発音などが不安な方や、これからオーストラリアやカナダに行く予定の方におすすめです。 【Power TOEICコース】 マンツーマン4時間、TOEIC2時間、ネイティブグループ1時間、ボキャブラリー1時間、合計8時間 TOEICに特化したコースになっています。社会人になって、TOEICが必要な方や、会社からの研修で来られた方などが受講しているイメージです。 【Basic Speakingコース】 マンツーマン4時間、ネイティブグループ1時間、フィリピン人グループクラス2時間、ボキャブラリー1時間、合計8時間 こちらはフィリピン人英語講師のマンツーマンが1つ減り、グループクラスになったコースです。 フィリピン人英語講師のグループクラスでは、スピーチやディスカッションを行っているようです。 【Intensive PNコース】 マンツーマン4時間、ネイティブマンツーマン1時間、ネイティブグループ2時間、ボキャブラリー1時間、合計8時間 こちらは唯一ネイティブ英語講師のマンツーマンがあるネイティブとの会話を中心とした授業になります。他の留学コースと比べ少し値が張りますが、ネイティブにこだわりがある方に適していると思います。 【Working Holidayコース】 マンツーマン3時間、ワーキングホリデー特化マンツーマン2時間、ネイティブグループ2時間、ボキャブラリー1時間、合計8時間 最近では、フィリピン留学後にワーホリへ行く方がすごく多いようで、実際に私が入学してからも10人近くオーストラリアやカナダへ直接ワーホリへ行きました。このコースでは、ワーキングホリデーに必要な履歴書の書き方や英語プレゼンテーションを重点に置いた授業が2時間ありますので、限られた時間の中でワーキングホリデーの準備をするには一番の授業かと思います。 こちらがマンツーマンの部屋です。最初は狭く感じましたが、そこまで広い部屋も必要なく、ちょうどよい距離感です。 フィリピン人英語講師とネイティブ英語講師の違いは、フィリピン英語人講師はあくまで第2言語として英語を使っているので、間違うこともありますし、英語講師自身が学んだ英語で会話しています。また、日本人や韓国人に合わせてとてーーーもゆっくり話してくれるので聞き取りやすいです。それに比べ、ネイティブ英語講師は母国語が英語なので、流れるように会話をしますし、とても速いです。 フィリピン留学が終わってから、日本に帰るだけの方であればそこまで重視することではないかもしれませんが、海外で働くことを考えている方や会社で英語が必要な方などであればネイティブに慣れておくことも重要かもしません(^^)/ 自分の予算と、何を重視するのかをいろいろ考慮して選んでください♪ 以上で英語コース紹介を終わります。   セブ留学CIJクラシック学生レポーター:Miiでした。
セブ留学CIJクラシック*⑬おすすめのドライマンゴー!
2015/07/17
セブ留学CIJクラシック*⑬おすすめのドライマンゴー! こんにちは! セブ留学CIJクラシックレポーターのmiiです! 今日は少し息抜きとして、私のおすすめのドライマンゴーについてご紹介しようと思います♪ 日本にいるあいだ普段甘いものをあまり食べなかったのですが、こちらに来てからなぜか甘いものが無性に欲しくなるときがあります。英語講師と話すときに頭をフルに使っているからでしょうか?? チョコレートはカロリーが気になるし…という方におすすめなのが、ドライマンゴー!(実際ドライマンゴーもみなさんが思っている以上にカロリーが高いのですが…(笑)) フィリピンで一番有名なのは、こちらの7Dのドライマンゴーです。パッケージをよく見てみると何かの賞を受賞しているようです。このドライマンゴーは他のブランドのものと比べて少し高く、100gで70ペソ、200gで130ペソします。(1ペソ2.7円) 普段安いドライマンゴーしか買っていなかったのですが、先日奮発して購入してみました!やはり一番人気なだけあります…他のブランドと比べると、繊維が少なくやわらかくて甘味も強いです。この違いの差に少しびっくりしました( ゚Д゚) 私が7D以外のマンゴーでおすすめなのが、こちらのフィリピンブランドのドライマンゴーです。これは粒が大きく程よいかたさがあるので満足感があります。 100g60ペソ、200g110ペソです。 あとは、チョコレートコーティングされたドライマンゴーもあり、こちらは少し値が張ります。5枚しか入っていないにも関わらず、50ペソします。マンゴー自体はすごくやわらかくて、1枚で満足感があるので良しとします(^^)/ フィリピンのスーパーにはこんな風にドライマンゴーが大量に売られています。 フィリピン人はお菓子が好きなのか、大量買い、箱買いしている人をよく見かけます。あとはスーパーのレジがすごーーーーく遅いです。袋詰めまでしてくれるので、回転が遅く、日本のようにはいきません(笑)フィリピンタイムと思って気長に待ちましょう(^^)/ 日本に比べて安いので、自分の好きなドライマンゴー、スナック菓子、チョコレートなど食べ比べするのも楽しいですね♪ それでは~~~~~(‘ω’)ノ   フィリピン留学CIJクラシック学生レポーター:Miiでした。
セブ留学CIJクラシック*⑫オフィス、マネージメントについて
2015/07/15
セブ留学CIJクラシック*⑫オフィス、マネージメントについて こんにちは! セブ留学CIJクラシックレポーターのmiiです! 何週間か前にCIJスパルタから何人か留学生が転校してきたようです。 また、クラシックからスパルタにも転校は出来るので、自由な校風のクラシックキャンパスよりもっと見張られて勉強したい!という方はスパルタキャンパスに転校してみるのもありかもしれません。 費用は転校費用1000ペソです。 今回は英語学校のオフィス、マネージメントについてご紹介します! CIJクラシックのオフィスには、施設関連、授業関連、ビザや金融関連にそれぞれ担当者がいます。すべてフィリピン人です。 また、日本人マネージャーや韓国人マネージャーもいるので、何か困ったことがあれば彼らに相談するのが良いと思います。しかし、マネージャーは外出していたりで、ずっとオフィスに居るわけではないので、もし居なければフィリピン人スタッフに英語で話さないといけません。 彼らの対応はとても親切で何かあれば親身になって聞いてくれます。 また、トイレが詰まったり、洗濯機が壊れたりすることがあるので、そういう場合はこちらのリクエストフォームに内容を記入し、提出します。 オフィス前には、英語、韓国語、日本語、中国語で書かれた事例の表があるので、単語がわからない場合などはこちらを見ながら記入してください。 対応はとても迅速で、私の場合、以前からずっと部屋の近くのWi-Fiが繋がらなかった為、そのことをリクエストフォームで出したところ、その日のうちに繋がるようになりました!1か月近く繋がらなかったので、どうしてもう少し早く依頼しなかったのだろうかと後悔していたところです(笑) 授業関連についても、フィリピン英語講師がああだった、こうだったなどがあれば、オフィスに言うのが良いと思います。こちらも迅速に対応してくれます。 CIJクラシックのマネージメント関連は、私としては申し分ありません(^^)/ 私自身があまりオフィスに行ったりすることが少ないからかもしれませんが…(笑) もしCIJクラシックに入学し、もっとこうしてほしいなどの要望があれば、気を遣わずにオフィスに相談することをおすすめします♪ オフィス・マネージメントの紹介は以上です! 実は今週末にムスリムの宗教関連で、急に金曜日の授業がお休みになりました。国民的なホリデーらしいのですが、英語学校のカレンダーにも記載されておらず、もう少し早く知りたかったのが本音です。(笑)     フィリピン留学CIJクラシック学生レポーター:Miiでした。
セブ留学CIJクラシック*⑪タイムスケジュール、講師変更について
2015/07/09
セブ留学CIJクラシック*⑪タイムスケジュール、英語講師変更について こんばんは!セブ留学CIJクラシックレポーターのmiiです! 今フィリピンには台風が2個も近づいているようです。 数日前も台風が来ていたようなので、フィリピンは台風の通り道なのでしょうか? 7月ですがとても涼しいですし、さすが雨季ですね! 今日は私の1日のタイムスケジュールをご紹介します! CIJクラシックでは8時から6時までの間で、50分授業を最大10コマ受講できます。コースにもよりますが、私のコースは1日に7コマ受講できるコースです。休憩時間は5分しかなく、トイレなどに行きたいときはかなり慌ただしくなってしまいます。 【タイムスケジュール】 7:00 朝食 食事の内容は以前ご紹介いたしました(^^)/   8:00 1時間目開始 speaking(Jonathan)   8:55 2時間目 空き時間   9:50 3時間目 reading(Janzel)   10:45 4時間目 reading(Growelyn)   11:40 5時間目 native class(Bruce)   12:30 昼食   13:30 6時間目 speaking(Honey)   14:25 7時間目 空き時間   15:20 8時間目 reading(Miami)   16:15 9時間目 writing(Precy)   17:10 10時間目 空き時間 私の1日のスケジュールはこんな感じになっています。すべて違う英語講師です! 空き時間を間に挟んで、次の授業の予習をしたりお昼寝をしたりして過ごしています。 新しい英語講師は比較的若い印象です。21歳や20歳の英語講師も在籍しています。 みんな昼食の後の6時間目や、朝一の授業、一番遅い10時間目を取りたがらないです(笑)ワーキングホリデーのコースや、無料で受講出来るボキャブラリーの授業は、自動的に10時間目に授業が入りますが、その他は自分でアレンジ可能です♪ 新入生は入学した週の木曜日までなら自由に英語講師の変更が出来るのですが、今かなり留学生数が増えており、その変更も難しくなっているので少し可哀想な気もします。木曜を過ぎると他の留学生と同じように、毎週金曜日に番号のくじを引き、その順番にその週に卒業していった方が取っていた授業の空きのところに変更出来ることになっています。 授業変更の様子はこんな感じで毎週末夜7時からダイニングルームで行います。 名前を呼ばれたらボールを引き、その引いた番号順で次の日の朝9時から英語講師変更をすることが出来ます。 ずっと最初から同じ英語講師のままの方もいますし、気分転換で変更する方も居るみたいなので、自分に合った英語講師を見つけてください♪ 教材についてですが、最初にオフィスから貰うスケジュール表には、それぞれの英語講師に合った教科書が記載されています。しかし、記載されているからといって全部購入する必要はなく、自分次第で教材を決めることが出来ます。一度使ってみて簡単だったり難しかったりすれば返品も可能ですし、英語講師によってはコピーをとって渡してくれる英語講師もいます! こちらに来てから、すでにいる留学生たちに状況を聞いて、どうすればいいのかアドバイスをもらうのも一つの手ですね♪ 以上で私のタイムスケジュール、授業についての紹介を終わります! それでは♪   フィリピン留学CIJクラシック学生レポーター:Miiでした。
初日スケジュール[2019年5月時点]
2019/05/20
初日スケジュール[2019年5月時点] CIJプレミアムは、土・日曜日は空港ピックアップや部屋へチェックインを行います。 月曜日の午前中から新入生オリエンテーションとレベルテストを実施。 初日のスケジュールは以下の通りです。 初日のスケジュール 7:00 ~ 8:00 朝食 9:00 ~12:00 レベルテスト 12:30 ~ 1:30 昼食 1:30 ~ 2:50 オリエンテーション 3:00 ~ 5:30 近所散策、ショッピング、両替 5:30 ~ 6:00 現地費用清算手続き(保証金、ビザ申請費、I-CARD、SSP費用) 6:00 ~ 7:00 夕食 ※火曜日より正規授業がスタートします。 CIJプレミアムは隔週土・日曜日に入学日を設けております。指定入学日はセブ空港送迎費用が無料 です。学校の管理上、指定入学日の入学を推奨しています。 **個人的な理由で指定日入学日に入れない場合、別日での入学は可能ですが、空港送迎費用が別途かかります。(1,000ペソまたは20ドル) 寮へのチェックインは午後2時以降となります。それ以前は、部屋の清掃等があるため入れません。夜の遅い時間や明け方のチェックインは可能です。 チェックインは土・日曜日のお昼12時です。入寮した曜日と同じ曜日に退寮となります。(土曜日入寮で土曜日退寮、日曜日入寮で日曜日退寮) 土曜日に入寮して日曜日に退寮する場合は延泊費用が掛かります。1人部屋2,000ペソ、2人部屋1,500ペソ、3~4部屋1,200ペソ。こちらの費用には、宿泊費用と食費が含まれています。
2019年入学指定日とピックアップのご案内
2019/03/13
2019年入学指定日とピックアップのご案内 CIJプレミアムとCIJスパルタは隔週単位で入学日が指定され、指定の土・日曜日にセブ空港でピックアップを行います。 2019年の指定入学日 2019年3/9、3/10、3/23、3/24、4/6、4/7、4/20、4/21、5/4、5/5、5/18、5/19、 6/1、6/2、6/15、6/16、6/29、6/30、7/13、7/14、7/27、7/28、8/10、8/11、8 / 24、8/25、9/7、9/8、9/21、9/22、10/5、10/6、10/19、10/20、11/2、11/3、11/19、 11/20、12/1、12/14、12/15、12/28、12/29 上記の指定日はピックアップ費用は無料です。 上記の指定日以外でも入学可能です。その場合ピックアップ費用1,000ペソが発生します。 ピックアップの時間は土曜日の午後6時~月曜の午前3時まで行います。 ジュニアの方は日付・時間に関係なく無料でピックアップ可能 個人的に空港から学校まで行く方はカウンセラーに事前にお問い合わせください。 以下はCIJのピックアップに関する資料です。入学予定の方は是非ご参照ください。
2019年上半期のプロモーション(適用期間2/24~5/26)
2018/12/05
2019年上半期のプロモーション(適用期間2/24~5/26) セブエリアに位置する、CIJプレミアム・CIJスパルタを運営しているCIJグループは以下の様に2019年上半期のプロモーションを行います。 特に留学開始日が2月24日~3月3日の場合は、授業料の割引率が更にアップします。以下ご参照ください。 *留学開始2月24日~3月3日対象 研修期間 プロモーション内容 4 週間 100ドル学費割引 8 週間 1 週間費用提供 (学費 + 寮費) (7 週間 + 1週間無料) 12 週間 2 週間費用提供 (学費 + 寮費) (10 週間 + 2週間無料) 16 週間以上 2 週間費用提供 (学費 + 寮費) & SSP(6500Peso)費用 ※プロモの登録期間: 2018年12月03日~ ※プロモの適用対象:成人/ジュニア ※プロモの適用期間 : 2019年02月24日/25日&2019年03月02日/03日の出国者 *留学開始3月10日~5月26日対象 研修期間 プロモーション内容 4週間 ~ 7週間 100ドル学費割引 8週間 ~ 11週間 200ドル学費割引 12週間 ~ 15週間 300ドル学費割引 16週間 ~ 19週間 400ドル学費割引 20週間 ~ 23週間 500ドル学費割引 24週間以上 600ドル学費割引 ※プロモの適用対象:成人/ジュニア/親子研修 ※プロモの適用期間 : 2019年03月10日~05日26日の出国者
CIJクラシック 入学条件と入学前の注意事項(17歳以上)
2018/11/26
CIJクラシック 入学条件と入学前の注意事項(17歳以上) CIJクラシックはセブ中心(アヤラモールから5分)に位置し、マンツーマン授業を中心としたセミスパルタタイプの学校です。短期留学の方で学業以外の生活も充実させたい方には平日も外出が可能なので適しています。 入学に適正な条件:17歳以上の初級~中級者(ジュニア留学不可) 入学日:毎週土・日2週間ごとに指定ピックアップ日を設けており、指定日は送迎日が無料となります。学校の運営上なるべく指定日の入寮をおすすめします。 ※入学後、最初の月曜日にオリエンテーション・テスト・両替等があり、授業は火曜日から開始します。 ※3週間以下の短期留学の方は月曜日の午後から受講可能。ただし事前に弊社までお問い合わせください。 退寮日,退寮時刻:土曜日入寮は土曜日退室、日曜日入寮は日曜日退室(原則昼食後に退室) ※退室時に学校の車両(搭乗人員に応じて費用分担)またはタクシーを利用し空港へ向かいます(約30分) 学校詳細:平日は4時10分に授業が終了し、夜11時まで外出可能(金・土・祝日前日は2時まで)また、寮はコンドミニアムスタイルで調理ができ、個々の洗濯機があることも他の学校と違う特徴です。施設内に必要な食器やガスも用意されています。 学校の変更について:CIJは海辺にCIJスパルタキャンパスを運営しています。入学後CIJクラシックの規定や授業方式が合わない場合はキャンパス移動の申請が可能です。(学校から約50分ほど) 留学中の延長申請:延長する場合は学校と弊社にまでご連絡ください 留学中コース変更について:オフィスで相談した後に変更可能。コースの差額は現地でのお支払いとなります。 ※ネイティブスピーカーへも変更可 休日:入学予定者は必ず祝日の確認をお願いします(下記参照) https://phil-english.com/philippines-knowledge/ 通学について:不可 恋人の寮の宿泊について:不可。※家族/結婚を控えた恋人可能(親の同意必須)
・TOEICスコア保証コース開始日(2017年)
2017/10/27
TOEICスコア保証コース開始日(2017年) CIJクラシックキャンパスでは12週間のTOEICスコア保証コースを提供しています。 以下が、TOEIC点数保証コースの入学資格並びに入学指定日になっておりますのでご確認して頂けると幸いです。 【申請条件】 ・TOEIC600点保証コース→入学登録時にTOEICスコア400点以上 ・TOEIC800点保証コース→入学登録時にTOEICスコア650点以上 (公認スコアがない場合、校内のレベルテストに合格する必要があります) 【2017年度 TOEIC点数保証スタート日】 1/23(月)、2/20、3/20、4/17、5/15、6/13(火)、7/10、8/7、9/4、10/2、11/27 *スコア保証コース開始日は月曜日で、学校入学(Cebu空港到着)は前日土、日曜日です。
・CIJクラシック 2017-2018年入学指定日
2017/10/27
CIJクラシック 2017-2018年入学指定日 CIJクラシックは毎週土曜日・日曜日に、ピックアップ日を指定しています。 基本的に2週間にごとに指定ピックアップ日を設けており、指定日は送迎日が無料となります。(指定日以外は900ペソ)     2017-2018年指定ピックアップ日は以下の通りです。     2017年 10/7, 10/8、10/21, 10/22、11/4, 11/5, 11/18, 11/19, 12/2, 12/3, 12/16, 12/17, 12/30, 12/31 2018年 1/13, 1/14, 1/27, 1/28, 2/10, 2/11, 2/24, 2/25, 3/10, 3/11, 3/24, 3/25, 4/7, 4/8, 4/21, 4/22, 5/5, 5/6, 5/19, 5/20, 6/2, 6/3, 6/16, 6/17, 6/30, 7/1, 7/14, 7/15, 7/28, 7/29, 8/11, 8/12, 8/25, 8/26, 9/8, 9/9, 9/22, 9/23, 10/6, 10/7, 10/20, 10/21, 11/3, 11/4, 11/17, 11/18, 12/1, 12/2, 12/15, 12/16, 12/29, 12/30   ※ピックアップ時間は何時でも構いません。 ※空港からCIJクラシックまではタクシーで約25分(約300ペソ)ほどかかります。個人で行く場合の詳しい方法は、弊社の留学カウンセラーまでお問い合わせくださいませ。 ※留学中クラシック校が自分と合わないと感じた場合はCIJスパルタキャンパスに移動することが出来ます。    

フィルイングリッシュで
最新のフィリピン留学情報を
ご確認ください!

Facebook

Youtube