お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

CIJスパルタ (Sparta) セブ島

CIJスパルタ - セブ留学 フィリピン留学フィルイングリッシュ

セブの大海原が広がる浜辺の優雅な新築施設で集中英語学習 CIJスパルタ校

見渡す限り果てしなく続く水平線。部屋はすべてオーシャンビューの浜辺の新築コンドミニアム。一見国際観光地セブの優雅なリゾートで癒し気分にひたれるホテルのお話に聞こえますがれっきとしたフィリピンスパルタ校です。

CIJスパルタが目指すものは二つ。大自然に恵まれた高級リゾートのような環境で短期間に英語の基礎を固め、英会話力を高める事。

英語コースはPower SpartaとIELTSテスト対策コースがあります。朝6時30分に起床すると朝食前に単語暗記とミニ単語テストがあります。忙しい一日のスケジュールは夜8時50分まで続き、最後の英作文クラスとテストで終わります。1日10時間から12時間に及ぶ集中的な留学プログラムです。夜9時以降は自由時間ですが平日は外出不可です。
マンツーマン授業の時間数は選択により4時間から6時間まで選べます。

キャンパスの立地はセブ中心地から車で30分くらいの郊外のリロアンという町にあります。田舎ですから都心に比べて治安はいいです。週末にはキャンパスからセブ都心部への無料シャトルバスが運行されます。

最大収容は53人と小規模ですので留学生一人一人の繊細な学習および生活管理がしやすい利点があります。

CIJスパルタは、2014年までリゾートで使用された建物を買収し、改修及び増築されたキャンパスです。大自然に囲まれた環境と新しく立派な施設があるにもかかわらずCIJの学費はセブの語学スクールの一般的な相場より低め設定なのは特筆すべき点です。

CIJスパルタの概要

学校名 CIJ Academy Sparta Campus
住所 08, 302 Martini street, Pablacion, Liloan, Cebu
設立 2015年(2012年オープンしたCIJ Classicの第2キャンパス)
定員 53人
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営留学プログラム ESL. IELTS
講師 ネイティブ1人(カナダまたはイギリス)、フィリピン人約35人
日本人スタッフ 1人
日本人の割合 30~40%
学校施設 宿泊施設一体型、マンツーマン講義室(28室)、小グループ講義室(2室)、大グループ講義室(3室)、自習室、共用PC部屋、カフェテリア、プール
寮の施設 Wi-Fi利用可能(自習室及びカフェテリアのみ)、ベッド、衣装タンス、金庫、机、エアコン、冷蔵庫、トイレ(温水シャワー)、全部屋オーシャンビュー
その他の施設 2つのプール(実際に利用可能)、フィットネス施設、ゴルフ練習場、海が見える屋外休憩スペース、* Wi-Fiゾーン

・セブCIJスパルタ留学体験談:初めての海外で初めての留学
2017/07/20

セブCIJスパルタ留学体験談:初めての海外で初めての留学 学校:CIJスパルタ 留学期間:8週間 CIJスパルタに留学を決めた理由 日本の語学学校ではなく、外国でネイティブの英語を聞き、語学を勉強したくて留学を決めました。語学学校に着いて、最初は食事も合わないし、部屋に一人で、不安でいっぱいでした。でも日に日に色んなことに慣れていって、すごく楽しくなりました。私は、まだ全然英語を話すことはできないので、マンツーマンの授業で英語講師とたくさん話すときが、特に楽しく、為になりました。もちろん全て英語なので、最初は、フィリピン人講師が言っている事を理解するのも、それに対して答えるのも、電子辞書がなければやっていけませんでした。でも、たった2ヶ月でも、最後の方は、なんとか話すことができたりして、それがすごく嬉しくて感動さえもしました。2ヶ月前までは海外に旅行さえ行ったことがなくて、英語も全くわからない状態で来ましたがここまで英語が伸びたのはCIJスパルタ校を選んだからだと思います。 セブ島CIJスパルタ留学中の経験 平日外出禁止とEOPという校内では英語しか話してはいけないという規則が英語を学ぶ上で大きな働きをしてくれたと思います。一見厳しそうに見える規則ですが、この規則があったからこそ日本人だけではなく、他の国籍の留学生の友達を作ることもできました。もちろん、最初は一人で留学生の友達を作るのは難しかったけど、毎日少しずつ友達が増えていって、授業が終わってから夜、友達と話すのがすごく楽しみで、楽しかったです。施設もすごく綺麗でストレスなどなく過ごせました。キャンパス内にリゾートスタイルを取り入れていて、ココナッツツリーがたくさんあり、緑に囲まれた環境で友達とフォトジェニックな写真をとったりしてよくインスタグラムなどにもあげていました(笑)その瞬間は本当に楽しかったです! セブ島CIJスパルタ留学の感想 今回は2ヶ月だけでしたが、また機会があれば留学したいなと思いました!!二人部屋の写真ですが、どの部屋もすごく開放感があり、くつろげました。休み時間は必ずと言っていいほど部屋で休んだり、映画をみたりしていました。 私は天体観測をするのが大好きなのですが、晴れた日の夜にはこんなにたくさんの星たちをみることができてほんとうに幸せでした。校内はリゾートスタイルで、セブの海沿いにキャンパスが位置していて、しかも満天の星空!こんなに最高な留学先は他にないとさえ思ったくらいでした。 そして毎日のように見ることが出来たセブの夕暮れ時、この時間に外で風にあたりながら友達と話していた時のことが本当に忘れられないです!!!CIJスパルタ校を選んで色々な意味で満足できました! セブ留学:フィリピンで最も人気な留学先 セブ島留学がフィリピン留学の中心的存在になっている理由の1つは、様々なタイプの語学学校が集まっていることです。セブ島の観光・レジャーと英語留学を両立できるセミスパルタ語学学校、タイトなスケジュールで時間の無駄なく英語勉強にだけ集中できるスパルタ語学学校、TOEIC・IELTSテスト対策専門校など豊富な選択肢があります。 >>>セブ留学について詳細を見る

セブ留学訪問記:海沿いのスパルタCIJで授業体験
2016/08/09

セブ留学訪問記:海沿いのスパルタCIJで授業体験 CIJ Academy Sparta Campus訪問レビュー 2016.7 セブのオーシャンビューリスニングクラス体験 フィリピンと聞いて思い浮かぶ都市は、首都のマニラかリゾート地として有名なセブではないでしょうか。フィリピン英語留学で最も有名な留学地はなんといってもセブ地域です。セブ留学という言葉が生まれるほど、フィリピン英語留学の留学先として有名になりました。そんなセブの海を感じながら、のびやかに英語の学習ができる学校があります。セブの海沿いにキャンパスを構えるCIJ Academy Sparta Campus(以下CIJ スパルタ)です。 セブ留学訪問記:英語スクール第一号CPILSで授業体験 セブ留学訪問記:スパルタ2校(CPIとCG)の比較  <CIJスパルタキャンパス外観 オフィスと学生寮> みなさん、こんにちは。フィルイングリッシュの名取です。 フィルイングリッシュ日本人、中国人、ベトナム人スタッフが2016年7月20日、セブのリゾートスパルタ英語学校CIJスパルタに訪問させていただきました。 CIJスパルタのキャンパスは、リゾートホテル跡地に建てられています。当時のまま残されたヤシなどの木々が心地よい木陰を作り、隣接した海からは波の音とすがすがしい潮風を感じることができます。学生定員が70人と少ないので、学生と先生との距離が非常に近く、アットホームな雰囲気があります。まさに常夏のセブを満喫しながら英語留学のできるリゾートタイプの学校です。 <CIJスパルタキャンパス外観 学生寮> コースは、マンツーマンクラスを最大6時間受講できるESL(一般英語)とIELTSを提供しています。ESLコースでは、全てのコースでネイティブ講師のグループ授業を受講することができます。IELTSコースには初級者コースと点数保障コースがあり、自分の英語レベルと目標に合わせて選択できます。 ESLコースの人気が高く、ほとんどの学生がESLコースを受講しています。英語初級レベルの方におすすめの英語学校です。 訪問時(7月20日)の学生国籍比率は日本30%、韓国30%、台湾40%でした。 <マンツーマンクラスとグループクラス> 中庭には屋根付きのテラスがあり、休憩をしたり、自習をしたり、中には先生に頼んで授業をしている学生も見受けられました。 <外での授業> 今回はCIJスパルタフィリピン人講師たちのチームリーダーの一人、Marites先生のリスニングクラスを体験させてい頂くことができました。私たちも外のテラスでの授業をお願いしました。 講師: Marites先生 科目: Listening クラス: マンツーマン テーマ: 「How to improve English」 外での授業という事で、先生がホワイトボードとリスニング用のスピーカーを持ってきてくれました。また、本来はマンツーマンの授業ですが2人で参加させていただきました。 今回の教材は、動画『What are the five secrets to improve your listening skill?』リスニング力を上達させる方法を解説している動画です。 <動画の教材 先生が個人的に準備をしたものです> Marites先生は事前にヒントとして5つの要素があることを教えてくれました。 早速、動画を見ます。動画の中の講師が英語を上達させるのに必要な要素を順々と説明します。私たちは解説を聴きながらメモを取っていきます。 <ホワイトボードを外に持ち出して授業> 動画を見終わると、動画の内容の確認をします。 Marites先生「What is […]

セブ留学プログラム解剖:CIJスパルタのESLコース
2015/06/17

セブ留学プログラム解剖:CIJスパルタのESLコース 英語コース・アナトミー・シリーズ: Cebu CIJ SpartaのPower Sparta5コース   セブ留学プログラム解剖:First EnglishのESLコース マニラ留学プログラム解剖:C21のESLコース こんにちは、フィルイングリッシュの高居裕司です。フィルイングリッシュは5月中旬にセブにある、今年の2月にオープンしたばかりのリゾートタイプの留学先である英語スクールCIJ Spartaに訪問する機会に恵まれました。今回は、CIJ Spartaのコースの中でも、最も定番でもあり人気のあるコースであるPower Sparta 5コースの授業内容などを解剖させて頂きます。以下CIJ Spartaの解剖ページです。 CIJ Sparta Power Sparta 5コース概要 ■コース説明 ・スパルタ式(平日外出禁止、夜間は自習など授業がある)で一日中、英語の勉強がしたい留学希望者におすすめのコースです。 ・マンツーマン5時間、小グループ授業2時間、単語テスト1時間、ネイティブグループクラス1時間、文章テスト1時間、義務自習1時間の計11時間です。 ・入学の際に入学テストが行われ、その結果をベースに留学生の授業内容や進行に反映されます。 また毎月最終週の金曜日にレベルテストが実施されます。 ・月~金曜日は外出不可です。金・土・祝日の前日は、事前申請をした場合のみ在学留学生による外泊が可能です。 事前申請がない場合は、門限1時。日曜日は門限午後11時。 ■コース詳細 コース名 マンツーマン 小グループ 特別授業 Power Sparta 5 5クラス Reading Writing Speaking Listening Conversation 2クラス(下記の中から2つ) Power Speech Confident Voice Communication Skills Debate 3クラス 単語テスト 文書作成テスト 義務自習 ■Power Sparta […]

東京オフィスでセブCIJ英語スクールマネージャーインタビュー
0201/02/14

東京オフィスでセブCIJ英語スクールマネージャーインタビュー セブCIJ Classicのサキマネージャー取材記【自由度の高い英語スクールのメリット】 フィルイングリッシュ高田馬場オフィスで直撃インタビュー オーストラリアやカナダ、ニュージーランドのような欧米留学と比べ、フィリピン留学は短期集中型の英語スクールで知られています。英語を話す国の中では物価が最も安いため、低予算で授業数が多く、特にマンツーマン授業が多く受けられること、そして日本から約4時間と近いことから短期集中型の留学で好評を得ています。   こんにちは。フィルイングリッシュの佐藤です。 フィリピンの英語スクール取材、学校関係者インタビューはフィルイングリッシュのメイン業務の1つです。今回は、セブCIJ Academyのマネージャーサキさんに東京事務所にお越し頂き、インタビューさせて頂きました。まだ内装工事中の東京事務所 English Cafeエリアです。     セブCIJ Academyは、セブの中でも最も自由度の高いセミスパルタシステム英語スクールの1つです。キツキツのスパルタシステムはイヤ!という理由でセミスパルタの英語スクールを選択する留学生さんも多いですが、「ちゃんと勉強できるのか」、「スパルタより英語は伸びないのではないか」といった心配を抱いている留学生さんもいらっしゃいます。今回のサキさんへのインタビューでは、セミスパルタシステムの魅力について話し合いました。   自由度が高い=遊ぶ時間が多い=ちゃんと勉強できない? まず、自由度が高いイコールちゃんと勉強ができないかという質問の答えはノーです。   理由① 「平日の授業後は自由時間、義務自習はない」ということは、その時間に、CIJが指定した内容ではなく、自分自身がやりたい勉強をして下さいという意味です。1日最低でも7時間以上の授業を受けていたら「好きな科目」も人それぞれで、「苦手で、多めの復習が必要な科目」も人それぞれ。セミスパルタ英語スクールでは通常、そのような留学生に、「授業後の時間は自分がやりたいことを自分のリズムでやってください」と言います。「場所も自習室に限らず、近くのカフェでもお部屋でもお好きなところでいいですよ!」ということになります。   理由② 「授業編成の自由度が高い」ということは、留学生にやりたいことをやらせる意味になります。「勉強の仕方が分からないんだけど…」という心配は必要ありません。留学生のみなさんは、入学してレベルテストが終わったらテスト結果と共に「お勧めの教科書リスト」をもらうことになります。お勧めの教科書はレベル別、科目別で分けられており、買っても買わなくても大丈夫です。1冊だけ買って2~3人の先生と使ってもいいですし、使いたくない人は使わなくても大丈夫です。「やりたい科目を自分で考える→授業が楽しくなる→英語力が上がる」という結果につながるシステムです。英語学習という道程で少し遠回りしたり、試行錯誤があるにせよ、その過程も実になることは間違いありません。     留学の目標がはっきりしている方にお勧め 英語全般の能力をバランス良く向上させることは理想ですが、留学生によっては特定のスキルだけ必要な方もいます。「たまに行く海外旅行である程度通じればいい」、「外国人の友達とちょっとしゃべれるくらいでいい」、「英語の仕事のほとんどはメールのやり取り」のように特定のスキルだけが必要で、さらに留学期間が短い場合は自分がやりたいことに集中できるシステムが望ましいですよね。「留学期間中、勉強したいことが決まっている」、「自分で自分の学習プランが作れる方」、そして「強制的にやらされるのはイヤな方」には授業編成・生活の自由度が高いセミスパルタ英語留学スクールがお勧めです。     自由度の高いシステムで学習雰囲気を高めるためのサポート セブCIJ Classicのマネージャー、講師たちは、自由な雰囲気をあえて売りにするCIJの舞台の裏方です。レベルによっていくつかに分けられた一定のカリキュラムではなく、それぞれの留学生がそれぞれのリズムで自分がやりたい勉強をしているので、1人ひとりに合わせたカウンセリングや授業計画が必要となります。例外のケースが多いのも当然です。CIJの講師はみな、勤続年数に関係なく、持っている授業数分のレッスンプラン(授業計画)の提出が義務付けられています。同じ教科書を使う留学生5人を担当していても同様です。   例えば、同じレベルで同じテキストを使っても人によって進め方は全く違うのです。 例)AさんとBさん(Level1 Beginner、科目:Reading) Aさん ゆっくり、会話中心 Bさん 3週間短期、宿題多め、進行早め 月 Unit1 Movie Reading、単語・発音チェック、英作文、Brainstorming 月 Unit1 Movie Reading、発音チェック、Discussion 宿題:復習、Essay、Unit2単語・Reading 火 Unit1 Movie Review、Role play、Discussion 火 Unit2 […]

セブ留学CIJ Sparta*フィリピン留学生活総集編
2016/11/11
セブ留学CIJ Sparta*フィリピン留学生活総集編 HELLO!! セブ留学CIJ SpartaレポーターSATOです。 今日のテーマはこちら!! CIJスパルタ校での留学生活の振り返りです★★ 私は先週の金曜日に卒業しました。 初めのこの記事でお伝えしていた通り今はニュージーランドに来ています!! 【フィリピンへ到着当時の私の英語力】 単語と自分が覚えているフレーズのみなら少し話せていました。しかし、本当にそれだけで限定的な会話しか出来ない状態でした。そんな私の当時の目標は、日常会話を話せるようになることでした。 【フィリピン留学生活後の私の英語力】 実際は全然だめでした。今の私の段階ではなんとなく自分の言いたい事を相手に伝える事が出来る程度です。この文章を読んでみなさんが感じられいる通り全く満足していません。 私の中の達成度でいうと60点です。 フィリピン留学は来て良かったと大変満足しているのですが、自分の努力が足りなかった様に思います。また2カ月だと短いです。せめて3か月は必要だと思います。私のバッチメイトも2か月の子が多かったのですが、現地で延長した子もいますし、みんなもっといたい、時間が足りないと口を揃えて言っていました。 【フィリピン留学前に日本でするおすすめ学習】 フィリピンに行く前にした勉強ですが、単語を少し覚え、文法の分からない箇所をおさらいしたくらいでした。文法か単語どちらか一方でも良いので1冊の本は完璧にしてくるべきだと思いました。 単語力も文法力もないと、まず文章を組み立てる事ができません。 今だから言える話ですが、毎日授業で自分の言いたい事が言えず3週間は沈んでいました。自分の言いたい事も言えず、先生たちの言葉を聞き取る事も出来ませんでした。そのスランプ状態からすぐに抜け出すためにも、日本で基礎となる勉強はすませて行きましょう。 私は仕事上、外国の方と話す事には慣れていたので英語で話しかける事への抵抗はもっていないと思っていました。 実際、英語を毎日喋る状況に置かれると逃げ場がない為、英語自体に苦手意識がでてきてしまいました。 しかし、3週間を過ぎた頃から先生の英語が聞き取れるようになり、なおかつ少し文法を使った会話が出来るようになったので、逆に英語を話す事がとても楽しくなりました!!! 【CIJ スパルタ校の感想】 私はCIJスパルタに来れて本当によかったと思います。 部屋も綺麗だし、先生もスタッフの方達も大変優しい人ばかりです。 学校に点数をつけるなら85点です。 残りの15点は食事かなと思います。他の学生も同意見の人が多いです。食事は現地のフィリピン人の調理スタッフさんが調理してくれています。基本的には韓国料理なので辛いものが続く事多いです。私は辛いものは苦手でしたが、食べているうちに少し慣れました。 たまにですが、私の大好きな大学芋がでたり、お味噌汁がでたり日本人の味に会う様にとても努力してくれています! しかし、週ごとで食事の味が一変する気がします。 ある週はとてもおいしい日が続き、翌週になるといきなりほどほどの味のものに変わります。 そういう時は甘い味付や、塩辛い味付けの事が多い気がします。 フィリピンの味付けがそんな味付けなのかもしれません。 もし改善していただけるなら味のブレがなくなる事を望みます。 ただ本当に私はこの学校の学校のスタッフの方々が大好きです。 この学校の良い所は学校スタッフの方達が一生懸命働いてくださる事です。 みんないつも一生懸命仕事をしてくれて私達が住みやすい環境をいつも整えてくれます。 ランドリーと掃除の方々は本当にお世話になる機会が多いのですが、みんな本当に優しいです。私は心から感謝しています。 【CIJスパルタ校はこんな人におすすめ】 私が思う、この学校に向いている人は、勉強に集中したい人だと思います。 学校の規則上、平日は外に遊びに行くことが出来ないので、毎日気分転換したい人には向かないと思います。ただ、学校は綺麗ですし、快適に過ごす事が出来ると思います。 また、私の担当のフィルイングリッシュの阿部さん、本当にお世話になりました。 よく記事が遅くなりご迷惑ばかりおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。 そして私の相談メールにもその度に紳士に答えて頂き、とても安心して学校生活を送る事ができました。 私は新たなスタートをきっています!! フィルイングリッシュさんと出会えたからこそ、今ニュージーランドに来れていると思います。 みなさんも海外に行く前に英語力の不足を感じるならまずはフィルイングリッシュさんに相談しましょう!!!! フィリピン留学CIJスパルタ校レポーター:SATO
セブ留学CIJ Sparta*アカデミーの規則について
2016/11/10
セブ留学CIJ Sparta*アカデミーの規則について 今回記事のテーマは アカデミーの規則についてです!! 【主なルールと違反した場合の処遇】 ※CIJスパルタはまず代表的なルールに、EOP、平日外出禁止、土日の外出時の門限があります。 1.EOPについて EOP(English Only Policy)は母国語を禁止し、英語だけを使用するというルールです。皆がよく利用するダイニングルーム、WIFIスポット、授業が行われるフロア、喫煙所等多くの場所にENGLISH ONLY ZONEというものが書かれた看板な様なものがあります。 こちらの写真のものです。 そしてキャンパスにはEpoliceとよばれるアカデミーのガードマン、兼母国語を使用したら取り締まる役割を担ったガードマンがいます。 彼らはいつも耳をすませているので、特に皆がリラックスして母国語を喋るごはんタイムに取り締まっています。 もし違反すると皆Eticketと呼ばれる違反したという紙を渡され、それにサインをします。 その後アカデミーのオフィスに行き、違反した事に対する罰則を伝えれます。 まるで交通違反ををした時にもらう警察からもらう違反切符みたいです。 1度違反すると1時間の義務自習、2度違反するとその週の土曜日一日外出禁止、3度目で金曜日夜~日曜日まで全て外出禁止です。 厳しく感じるかもしれませんが週毎にリッセトされる為、卒業するまで積み重なるわけではありません。 私も入学した1週目でEーticketをもらってしまいました。 これです。 その後は気を付けていたのでもらわずにすみました。 でもEpolice以外にも気を付けないといけないのが、先生達とスチューデントマネージャーも耳を澄ませていることです。 今までは先生たちがEpoliceになる事はなかったのですが、最近ルールが変わったり、週毎なのか、日毎なのかわかりませんが週ごとに違う先生が担当しているようでした。 最近は母国語を使う生徒が多い為か取り締まりも少し厳しく感じました。 みんな一度はEtickeを受けるのではないかと思います。 でも私は最初はしょうがないと思います!! 英語を使うことに慣れる事で自然と会話が英語に変わっていくと思います。 2 平日外出禁止ルール これに関しては私はあまり厳しく感じませんでした。 基本は 平日月曜日から金曜日夜20時まで外出禁止! 金曜日20時~深夜1時、土曜日朝~深夜1時、日曜日朝~23時まで!! の門限があります。 オーバーナイトする時に書く紙がありこれさえ提出すれば金曜日、土曜日は深夜1時を超えても平気です。 しかし残念ながら日曜日は必ず夜11時までにかえって来なければなりません。 それを超えてかえってきた場合はワーニングレターをもらいます。 ワーニングレターは他にもアカデミーの規則を違反した場合に発行されます。 例えば ・授業を欠席した時に欠席届をずに勝手に欠席した時 ・友達の部屋に入った時 ・酒類の持ち込みをした時 ・他の学生の迷惑になる行動をした時(大音量で音楽を聞くなど) 他にもいろいろルールはありますがメインは上記だと思います。 ワーニングレターはその人が留学する月数プラス1が限界です。 私の場合は2か月なので3枚目をもらうとアカデミーを去らなければいけません。 ちょっと怖いですけど、まれにですが卒業を控えた人は日曜日に夜11時までに帰らずにワーニングレターをもらう人もいます。 私は今まで一度もワーニングレターはもらった事はありませんよ!! 私はこのアカデミーはすごく以居心地がよく、勉強も出来るよいと所だと思います。 しかし、中には縛られるのが窮屈で規則を破ってしまう人もいます。 でも本当にこの規則がきついのであれば、姉妹校のCIJクラシックに異動する事も可能なので(たしか少し移動費が必要でした。)、 あまり深く考えずに自分の居心地が良い方を選択してもよいかもしれません。 フィリピン留学CIJスパルタ校:SATO
セブ留学CIJ Sparta*マネージメントについて
2016/11/05
セブ留学CIJ Sparta*マネージメントについて HELLO!! セブ留学CIJ SpartaレポーターSATOです。 最近海に旅行に行って真っ黒に焼けてしまい、いまだに痛いです。 さて今日は、 CIJ校のマネージメントについて お話しを致します。 私が特にお世話になった事といえば、シャワーヘッドの交換でしょうか!! 私がフィリピンへきて1週間たった頃一人の設備関連のマネジャーさんがやってきて、部屋の不備がないか確認しに来てくれました。 何カ月かに1回定期的に行われる点検の様で、部屋のいろいろな所を確認してくださりました。 その時に、シャワーヘッドがよくないという事を発見して下さいました。 私が使っている分には分からなかったのですが、設備系の担当の方、さすがです!!!!! そして数日後いつのまにか綺麗なシャワーヘッドに交換されていました。 他にはこのアカデミーにはマネージャーのアダム、台湾人と韓国人のスチューデントマネージャーがいます。 現時点では、日本人のスチューデントマネージャーは現在いません。 そこでマネージャーのアダム(韓国人)が先週面談してくれました。 その時には不安な事や質問があれば聞きますよというものでした。 私は以前、初めてフィリピンで病院に行ったのですが、その時は一人でした。 初めてセブシティまで一人で行き、帰りにメーターの無いタクシーに乗った話をしました。 基本料金より高い金額を請求されたので交渉し400ペソを350ペソに値下げしました。 値下げに応じてくれたからまだ良かったですが、普通は一人な事がなく皆で交渉するので不安だったとの話をしました。 ただスタッフにこんな事があったと伝えたかっただけなのですが、きちんと聞いてくれました。 さすがに友達に話すのと、マネージャーに話すのは感情面で違いがあるので話せてよかったと思います。 ここまでは私の経験ですが、韓国人のスチューデントマネージャーと話しをする機会があったので、その時のインタビューを載せます!! 名前はスー。 とってもキュートな女の子です。 私よりも若くてまだ韓国の大学の学生です。 スーのインタビューです!!!!! 【自己紹介】 スーといいます。21歳です。現在、韓国の大学の学生ですが、1年休学してフィリピンへ来ました。 ★なぜこの仕事を選んだのですか? 私は将来ツアーガイドの仕事をしたいと思っています。 ツアーガイドの仕事は今以上に英語力が必要なのとこの仕事の経験自体が将来の仕事に役立つと思いこの仕事を選びました。 ★この仕事でどんな時に一番生徒と接しますか? 生徒とよく接するのは例えば入学してきた時に新入生にいろん事を説明する時や、生徒の悩み相談を受けるときなどです。 生徒の悩みは、例えば、今日のご飯がおいしくなかったなど小さな事などですが、そういうった意見をマネージャーのアダムまで伝え、少しでもアカデミーがよく変わるように勤めています。 また逆に規則を破った生徒にワーニングレター(注意文書)という紙を届けたり、母国語を話している生徒にEチケットを渡したりという仕事もします。 ★このアカデミーのお勧めはなんですか? このアカデミーの人気の秘訣はなんといってもEOP(english only policy)だと思います。 またCIJスパルでは平日外出禁止なので、勉強を頑張りたいという人にはお勧めです。 またなんといっても海を簡単に見る事が出来るの所もお勧めポイントの1つです。 Sueは私達と同じ学生でありながら、また学校のスタッフとしてきっちり仕事もしています。あまりにもしっかりものなので、私は25歳位と思っていました。 先ほども書きましたが、彼女は生徒の悩み相談を受けたり、生徒のケアもしてくれますが、ワーニングレターを生徒に届けたり、Eチケットを生徒に渡すなど、生徒には嫌煙されてしまう業務もあります。それでも本当に頑張って仕事をしてくれています。こういうったスタッフの人達の努力のおかげで私達の留学生活はスムーズに過ごせています。 本当にいつも有難うございます。 フィリピン留学CIJ Sparta校レポーター:SATO
セブ留学CIJ Sparta*休日の過ごし方
2016/11/05
セブ留学CIJ Sparta*休日の過ごし方 HELLO!! セブ留学CIJの SpartaレポーターのSATOです。 今日は 平日の過ごし方について お伝えしていきます。 休日を利用して以前に教会やマーケットにいったのでそのお話しをします。 11時~ キャンパス前のガイサノというショッピングセンター前から皆でジプニーに乗り出発しました。 今回ジプニーで18ペソを支払いました。 12時~ セブシティに近いカーボンマーケットに到着しました。 はじめてのマーケットでしたが不思議な所でした。 良い匂いとはいえない不思議な匂い、またはじめてみたストリートチルドレン。 ただ何もかも安く、この時はフルーツを購入しました。 ちょっとボヤケテしまいましたが、ランゾネスです。 フィリピンのフルーツですが、マスカットみたいな味でおいしいです。 マーケットの写真がないのはここでは貴重品を出しているだけで危ないのでほぼ写真がとれませんでした。 12時半~ はじめてジョリビー(フィリピンのマックの様なチェーン店)。 マーケットから近い場所にありお腹が空いた私達はここでご飯を食べました。 私が頼んだのは100ペソ以下で1プレートにハンバーグ、ライスが載っておりそれにジュースをつけて110ペソ位ものでしたが、お味はまずまずといった所でした。 13時~ 今回はセブで有名なサントニーニョ教会に行ってきました。 以前にもっどこかの記事で少し触れたと思います。 今回は本物のサントニーニョ教会の鐘の前で撮った写真です。 (以前の記事の写真は別の場所でとった写を掲載しました。) 特にお金はかからず無料で楽しめました。この日は日曜日だったので観光客と地元のお祈りをする人でかなり人がいました。 15時~ SMコンソレーションまでジプニー(15ペソ前後、すみませんこのお金だけメモし忘れてしまいました。)で戻りショッピング。 SMコンソレーション内の写真です。 18時~ アカデミーにも戻る為またジプニーを使用。(7ペソ) 19時 アカデミー到着。 夕食にSMコンソレーションで買った袋麺を食べました。 こんな感じで市内の有名な観光地に行く事もあれば、他は他の島へ遊びに行ったりもしました。 今まで3回ほど遊びにいきました。 さて私の一日以外にも今回はアカデミーで ハロウィンパーティーがあったのでその様子 もお伝えしていきます。 10月28日にCIJ主催のハロウィンパーティーが開かれました。 留学生、フィリピン人講師混合のA~Dのグループが発表され、出し物をしました。各グループ劇、ダンスなどを発表しました。 ハロウィンパーティー1週間前に各グループが発表されましたが、私のグループはダンスをしました。 グループ毎にそのチームの雰囲気が違うと思うのですが、私たちのグループは本気モードでハロウィンパーティーが始まる3日前から授業が終わってからフィリピン人の先生達もアカデミーに集まり毎日2時間近く練習しました。 これは練習中の様子 先生達ダンスの確認をしています。 以外に難しいんです。 私はもともとダンス音痴な事もあったので、最終的に形はみんなと一緒なのになんだか違うダンスが一人出来上がってしまいました。 ハロウィンパーティー前日はどのチームも練習していました。 どのチームも練習中は真剣でしたが、笑ってる事も多く練習中も楽しそうでした。 私たちは6割真剣モードでしたが、楽しかったです。 連日筋肉痛でしたが。(笑) (これは当日のハロウィンで先生達が歌をたってくれました。上手でした。) なぜこんなに熱くなるかというと優勝チームにはピザが配られるのです。そして、、、、、 なんと私達のチームが優勝しました。 変なダンスの私も含めてなので、他の人のダンスがきっと素晴らしかったんだと思います。 楽しい一日でしたが、この日はハロウィンパーティー前は実はレベル判定のテストだったんです。 その分ハロウィンパーティーは賑やかなものになりました。 実際のフィリピンのハロウィンは先祖のお墓の前に集まり、皆でハロウィンパーティーをするそうです!! 日本とはまた違った盛り上がり方ですよね!! 実際のフィリピンのハロウィンパーティーも機会があったらぜひ参加してみたいです。 ではまた次の記事で!!   フィリピン留学CIJ Spartaレポーター:SATO
セブ留学CIJ Sparta*国籍別比率、英語使用状況について
2016/11/04
セブ留学CIJ Sparta*国籍別比率、英語使用状況について HELLO! セブ留学CIJの SpartaレポーターのSATOです。 最近は夜中になるとよく豪雨がふっています。 この間ははじめての停電を経験しました。 ただ停電は日曜日の朝から次の日の夜中2時までだけだったのであまり長引かずよかったです。 停電中の昼間はいいのですが、夜はお湯が使えず寒い中お風呂に入り、携帯の明かりと手持ちの小さい懐中電灯の明かりだけで過ごしました。 ただご飯だけはとても特別な経験でした。 食堂に行くと各席に大きな蝋燭がおいてあり、なんだかロマンチックな雰囲気な中ご飯を食べる事が出来ました。 さて今日は 国籍別比率、英語使用状況について 書いていきます。 今は40名前後の留学生がここで生活しています。 ただほぼ毎週金曜日に卒業する人も多く、月曜日には新入生もいるのでだいたいこのくらいで前後します。 比率的には今は台湾人40%が多く次いで日本人30%、韓国人20%が同じくらいの比率な気がします。他の国10%割中国人、ベトナム人もいます。 皆さん気になるのは一番は友達やグループだと思いますが、やはり最初は同じ国同士の人とかたまりやすいですが、徐々に他の国の子とも関わるようになり気づくと以外に多国籍なグループになっているなと感じる日々です。私の場合も最初は分からない事が多かったので日本人の子と日本語で会話していましたが、3週間位たつと台湾人が多めですが、韓国人、日本人という形のグループになっていました。その中でも親しくなった子が台湾人の子ばかりなので必然的に英語になります。今は台湾人が多いので、日本人は英語を話す機会に恵まれると思います。 もし日本人が多い時期でも積極的に自分から英語を話そうと普段から意識していれば大丈夫だと思います。 ただ私は意思が弱いのでその場の雰囲気に応じて日本人に対しても英語だったり、日本語だったりと変わっています。時々日本語を話すのに変な時に英語が出てきてルー大柴になってしまいます。(笑) 私のルームメイトは台湾人の子なので部屋にいる時はひたすら英語です。最初は喋れなくて悩んでいましたが、最近は少し話しが続く気がします。 彼女は英語がペラペラなので、いつも私のわかりにくい英語を理解してもらっています。そろそろ彼女の卒業が近いのですが、英語使用についてお互い何度か話しましたが英語力向上には英語をどんな時も使うしかないという結論になりました。 そして私の英語については、最初彼女は全く分からなったそうです。 しかし今は分かるようになったとの事でした。 本当に最初は英語が喋れなかったので、英語をどんな時でも話す事が大事だとという事を最近しみじみ実感している所です。 さて今までは生徒の事についてでしたが今度は先生、スタッフの英語使用状況です。 先生や、アカデミースタッフは私たちに対してはもちろん100%英語です。 先生同士だと現地のセブアノ語(フィリピンセブ島の言語)で話す所よくみます。 たまに英語も交じりますが、先生同士、同じフィリピン人同士は基本はセブアノ語(セブ島の言語)だと思います。 グループ授業は95%英語です。残りの5%は生徒同士が本当に分からなくて困った時同じ国同士の子がいると母国語を使う事があるからです。 でもこれがないと最初の授業は私は乗り越えられなかったと思います。 またアカデミーの学習雰囲気についてですが、CIJスパルタは平日外出禁止なので学習雰囲気は整っていると思います。 平日は毎朝単語テスト、毎晩センテンステストがあり必然的に皆勉強しています。 このテストを落とすと再テストがあり、また落とすと自習1時間が待っています。 必死にならざる得ません。 また毎週土曜日にスペシャルクラスがあり平日以外にも勉強をしようという学習に対する雰囲気作りを学校がしてくれています。 また友達同士でも誰かが勉強していると勉強しなきゃという雰囲気になり、つられて勉強してしまいます。 夜9時以降はライブラリに行くと多くの生徒が勉強しています。 でも平日は外出する人もいので、皆メリハリをつけながら勉強しています。 本当に勉強したいならCIJスパルタはお勧めです。 私がこのアカデミーを選んだのも毎日の単語テスト、センテンステストがある事を知った事も理由も1つです。 この情報もフィルイングリッシュさんの学生レポーターの記事を読んだからです。 ここはアカデミーのスモーキングエリアですが、本当にどこからでも海を眺める事が出来ます。 本当に最高のロケーションです。 先日はじめてフィリピンの郵便局に行ってきました。 その時の一枚。 ではまた次の記事で!!  フィリピン留学CIJ Spartaレポーター:SATO  
セブ留学CIJ Sparta*人気のフィリピン人講師
2016/11/04
セブ留学CIJ Sparta*人気のフィリピン人講師 HELLO!! セブ留学CIJの SpartaレポーターのSATOです。 今日は CIJのフィリピン人講師について。 またCIJの人気の講師、ヘッドティーチャーにインタビューと濃い内容をお伝えしていきます。 まずCIJの先生ですが全体的に良い先生が多いと思います。 その中でもやはり多くの授業をもっている先生は人気があります。 私たちは毎週土曜日に先生を抽選で変える事が出来るのですが人気の先生はすぐに枠が埋まってしまいます。 やはり人気がある先生は教える事が上手です。 そして授業の準備をきちんとしてくれます。 もちろん他の先生が準備しないわけではないのですが教科書だけに頼るわけではなくあらかじめその生徒にあったものを用意して、その時の生徒の雰囲気に応じて授業をくみたててくれます。 またグループクラスを持っている先生はどの先生も良いです。教える事に対して本当に紳士的だと思います。ただ一番大事なのはその先生とフィーリングがあうかどうかなので一概に人気がある先生が良いというわけではありません。 例えば私の場合ですが、一番人気の先生というわけではないのですが本当に大好きな先生がいてその先生の授業を2つもっています。 その先生はいつかの記事でもご紹介しましたが、ライティング担当のマリエルという先生です。 本当に歌が上手で毎週金曜日はアクティビティデーと呼ばれる日でその日は映画、フリートーキング、音楽をきたりと自分が好きな事をその授業の担当の先生と出来ます。もちろんいつもの授業を選んでも大丈夫です。その日に私はよく彼女に歌を教えてもらったり、一緒に歌を歌ったり本当に楽しく過ごせる先生です。 彼女は特にライティングを教える事は得意だと思います。分かりやすく英語の書き方を教えてくれます。 とくに私が良いと思うのは大きな声な事。 またクリアな英語なので本当に聞き取りやすいです。 またこちらの雰囲気を察して普通の授業でも話を聞いてくれたり、こちらの要望を伝えればきちんとその内容を準備してくれます。 ただ英語が時々早いのは気になりますが、それでも説明が分かりやすいです。 しかしこの英語が早くなってしまうのも、一生懸命に説明してくれるからです。 しかし人によっては英語が早くて聞き取れないと感じてしまう人もいると思います。 人気があるかどうかに関わらず、先生も生徒も一人一人性格が違うので皆さん自分にあった先生を探して下さい。 では次は先生のインタビューを載せます。 まずはじめはアルベンです。 アルベンは私の担当の先生です。 リスニングの先生ですがほとんどスピーキング?を教えてもらっています。生徒の間でもスピーキングに定評があります。 スピーキングの中でもよく使う文法だったり、発音だったりを中心に教えてくれます。 毎週のピックアップボールでもなかなか空きがなく人気が高いです。 ではアルベンのインタビューです。 ・自己紹介をして下さい。 私はアルベンです。年齢は24才です。 おもしろい性格で他の人を楽しませる事が好きです。 ・この仕事で楽しいと感じる時はなんですか? 私はいつも、どんな時でも楽しいです。 なぜなら生徒に英語を教える事が大好きだからです。 ・英語スキルを向上させるのにもっとも重要な事は何ですか? 英語力向上にもっとも重要な事は英語を話す人が常にあなた方の周りに いる事そしてその環境の中で熱意をもって英語を学ぶ事です。 ・あなたは授業の中で何に注意していますか? 私は生徒の英語の弱点に注意し、その弱点を改善できる様に手助けしています。 ・この仕事の目標はありますか? 私の目標は生徒の英語力向上を助ける事です。 生徒の英語力がアップしそれを見る事は1つの成功だと思うからです。 生徒の英語力がアップしていると私の目標は達成されたと感じます。 本人も自己紹介でいっている通り、実際におもしろい人でいつも授業も楽しませてくれます。 そういう所も人気の秘訣だと思います。 次はヘッドティーチャーのマジョリーです。 彼女は基本的に文法のグループクラスのを主に担当しています。 私も彼女のグループクラスをとっていますが、とても分かりやすく思わず他の生徒にも紹介してしまいました。 ではマジョリーのインタビューです。 ・自己紹介をしてください。 私の名前はマジョリーです。28歳です。この学校では19カ月働いています。 趣味は食べる事、映画を見る事、友達とぶらぶらしたり、眠る事です。 (他は面白すぎる為割愛します。笑 最後に軽く触れます。) ・英語力アップに一番重要な事はなんですか? 英語力アップに重要な事は諦めないことです。勉強し続ける事、なぜなら 「知識は重さの無く、いつも簡単に運ぶ事が出来る宝。」だからです。 ``Knowledge is weightless, a treasure you can always carry on easily.’’ ・この仕事に目標はありますか? 私の目標は勉強している生徒達を導き、助けることです。またあなた達が良い リーダーになることが出来るようにいつも良いファン、追随者である事です。 ・CIJスパルタに留学しようと考えている人にメッセージを下さい。 集中する事、楽しむ事、勉強し続ける事。 なぜなら人生は教える事を止められないから。 マジョリーはとってもキュートで、おもしろくて、教える事に対して まっすぐです。授業中もあまりにも真面目になりぎないように 所どころどころ笑いを交えながら教えてくれます。 自己紹介ですが、彼女は韓国の俳優のソンジョンギとダニエルパディリアが好きで それについて熱く語ってくれていました。 もしこの話を聞きたい人はぜひCIJスパルタに来て、彼女と話して下さい。 自己紹介の時にきっとその話を聞けると思います。 彼女の鉄板ネタなので!! 先生達のインタビューを訳しながら、なんとなく英語で理解している内容を日本語に訳すって以外に難しい事でした。 そのまま原文をのせるか迷ったのですが、私が以前英語を学んでない状態でこの様な記事を読んだ時英文だけスキップしていしまいましたのでこの形をとりました。 CIJスパルタの先生を詳しく知っていただけたでしょうか? ではまた次の記事で!! フィリピン留学CIJ Spartaレポーター:SATO
2019年上半期のプロモーション(適用期間2/24~5/26)
2018/12/05
2019年上半期のプロモーション(適用期間2/24~5/26) セブエリアに位置する、CIJプレミアム・CIJスパルタを運営しているCIJグループは以下の様に2019年上半期のプロモーションを行います。 特に留学開始日が2月24日~3月3日の場合は、授業料の割引率が更にアップします。以下ご参照ください。 *留学開始2月24日~3月3日対象 研修期間 プロモーション内容 4 週間 100ドル学費割引 8 週間 1 週間費用提供 (学費 + 寮費) (7 週間 + 1週間無料) 12 週間 2 週間費用提供 (学費 + 寮費) (10 週間 + 2週間無料) 16 週間以上 2 週間費用提供 (学費 + 寮費) & SSP(6500Peso)費用 ※プロモの登録期間: 2018年12月03日~ ※プロモの適用対象:成人/ジュニア ※プロモの適用期間 : 2019年02月24日/25日&2019年03月02日/03日の出国者 *留学開始3月10日~5月26日対象 研修期間 プロモーション内容 4週間 ~ 7週間 100ドル学費割引 8週間 ~ 11週間 200ドル学費割引 12週間 ~ 15週間 300ドル学費割引 16週間 ~ 19週間 400ドル学費割引 20週間 ~ 23週間 500ドル学費割引 24週間以上 600ドル学費割引 ※プロモの適用対象:成人/ジュニア/親子研修 ※プロモの適用期間 : 2019年03月10日~05日26日の出国者
CIJスパルタ入学条件と入学前の注意事項
2018/11/24
CIJスパルタ入学条件と入学前の注意事項 CIJスパルタは、語学学校EVと共にセブの語学学校の中で最も授業の質が良い学校です。小規模の学校でアットホームな雰囲気、浜辺に位置しリゾート風で綺麗な施設が特徴です。学業はスパルタですが、その分学校の規則に関しては柔軟な対応をし生徒のケアを行っています。 入学に適正な条件:17歳以上の初級~中級者(親子とジュニア留学不可) 入学日:毎週土・日2週間ごとに指定ピックアップ日を設けており、指定日は送迎日が無料となります。学校の運営上なるべく指定日の入寮をおすすめします。 ※入学後、最初の月曜日にオリエンテーション・テスト・両替等があり、授業は火曜日から開始します。 退寮日,退寮時刻:土曜日入寮は土曜日退室、日曜日入寮は日曜日退室(原則昼食後に退室) ※退室時に学校の車両(搭乗人員に応じて費用分担)またはタクシーを利用し空港へ向かいます(約50分) 学校詳細:朝6時30分の単語テストから一日が始まり、正規授業、義務自習、最後に夜8時に文章のテストを受けます。毎日約10時間~12時間のカリキュラムが組まれ、参加は義務付けられています。かなり学業に専念する学校なので覚悟が必要です。 ※EOP(母国語使用禁止)適用。母国後を使用した際ペナルティが発生(週末外出禁止、小学の罰金など) ※平日は外出禁止。入学前に学校規則をご確認ください。 コースについて:一般IELTSコースはありません。IELTS入門コース(一般英語を中心にIELTSを学習)とスコア保証コースを提供しています。入門コースは中~高の英語レベルでIELTS入門者の方や会話中心でIELTSを勉強したい方には適しています。 学校の変更について:CIJはセブの中心にCIJクラシックキャンパスを運営しています。入学後CIJスパルタの規定や授業方式が合わない場合はキャンパス移動の申請が可能です。(CIJクラシックは比較的自由な校風のセミスパルタタイプ) 留学中の延長申請:延長する場合は学校と弊社にまでご連絡ください。 留学中コース変更について:オフィスで相談した後に変更可能。コースの差額は現地でのお支払いとなります。 休日:入学予定者は必ず祝日の確認をお願いします(下記参照) https://phil-english.com/philippines-knowledge/ ※毎年12月末~2月中旬まで英語キャンプが行われる為、一般のお申し込みができません。留学期間が12月末を超える場合はCIJクラシックへ移動する必要があります。 通学について:不可 恋人の寮の宿泊について:不可。※家族/夫婦のみ可
初日のスケジュール
2018/11/22
初日のスケジュール 寮の入室は毎週土・日曜(指定ピックアップ日は2週間毎)であり、最初の月曜日はレベルテストとオリエンテーションなどが行われます。正規授業は火曜日の午後から始まります。 以下はCIJの入学後最初の月曜日のスケジュールです。 時間 内容 7:20 ~ 8:00 朝食 9:00 ~ 12:00 レベル分けテスト 12:00 ~ 13:30 昼食 13:30 ~ 15:00 オリエンテーション:スタッフ紹介、フィリピンについて、スクール周辺における情報、キャンパスツアー 15:00 ~ 17:30 お買い物及び両替:カイザルノモール(キャンパスより徒歩で3分の場所に位置する) 17:30 ~ 18:00 帰宅後、その日に現地費用料金のお支払いスクール現地オフィスにて済ませる。17時以降の場合には次の日にお支払いを行う。 18:00 ~ 19:00 夕食 ※火曜日からは午前の単語テストや正規授業など通常のスケジュールが始まります。 4週間未満の短期留学生の場合、祝日が重なり通常の授業に支障があると判断されると、月曜の午後から通常の授業に参加できるように上記スケジュールを調整します。また、土曜日に特別授業編成の補講が行われます。
CIJスパルタ校 最近のニュース(特徴)
2017/04/14
CIJスパルタ校 最近のニュース(特徴) CIJスパルタはマンツーマン中心の学習カリキュラムと徹底したEOP(English Only Policy)のルールで4週間から8週間の短期で英語力を伸ばしたい初心者にオススメの英語スクールです。ここ一年でCIJスパルタは学生の滞在期間中の英語使用度を大きく増やしました。 EOP(母国語禁止ルール)について 過去2年間、CIJスパルタの留学生の国籍割合は、平均して日本人30%、韓国人30%、台湾人30%、その他が30%です。CIJスパルタが言うには、この国籍比率が留学生の部屋割りをする際にまんべんなく国籍を振り分けることができ、なおかつ多くの学生が英語スクール内でのEOPを守りやすいそうです。現在は、EOP文化がある程度CIJスパルタの中で定着してきた感じです。訪問した際にもCIJスパルタの学生が英語で会話する様子があちらこちらで見受けられました。本当は英語初心者同市が英語で会話することは安易ではないのですがそこをなんかとやってのけているCIJスパルタのシステムにびっくりです。 食堂前のEOP掲示板には、EOPルールを破った学生のリストを掲示しています。(2週間ごとにリニューアル)1回目の違反をした際には当日の午後21:00時から22:00時までの義務自習1時間が強制となります。 2回目の違反の場合は、土曜日の外出が禁止されます。 CIJスパルタでは、EOPの違反で罰金が課されることはありませんが、代わりに強制学習が課されます。 【施設について】 CIJスパルタの特徴は何といっても『海の香りが英語スクールの中まで届くことではないかと思います。』同じく、セブのマクタン島にあるセブブルーオーシャン、QQEnglishのシーフロントなども海が学校の目の前にある学校です。しかし、実際には英語スクールの中で潮風をゆったりと感じることはできません。反対にここCIJスパルタではひとたび教室を向けだして建物の外に出ると体いっぱいに海からの風を感じることができます。また、要望によっては授業も屋外で受けることが可能です。確かに、CIJスパルタは学習強度の高い英語スクールではありますが、美しい自然を感じながらストレスを癒し、英語学習に励むことができると思います。 CIJスパルタには、2つのプールがあります。海の前に位置していて、実際の水泳が可能な大きさです。大きさは13メートル~8メートルほどで深さは1.5メートル〜1.7メートルです。多くの学生がこのプールを利用しています。 【学習カリキュラムについて】 学生の90%は英語初級者で、その多くの方が、マンツーマンレッスン5時間+グループ3時間(ネイティブグループ1時間を含む)で構成されたPower Sparta 5コースを選択します。また、このコースでは英語での基本的な挨拶が難しい留学生の方には、一定期間、マンツーマン授業だけで進行し後、グループクラスに合流いたします。英語スクール側も学生の英語レベルを熟知しており、8週間の間で「基本的な英語でのコミュニケーションが取れる英語中級者育成」を目指しています。学生の中にははじめESLコースで入学し、4週~8週後にIELTSコースに変更する方もいます。 マンツーマン教室と自習室は学生寮の2階にあり、生活と学業を一体化するようになっています。 また、学習マネージャーはオフィスだけではなく教室の前に待機してテストの運営、英語講師の授業の様子、学生の出欠確認、放課後の義務自習の監督をします。  
CIJスパルタ校 施設環境
2017/04/14
CIJスパルタ校 施設環境 CIJスパルタは1人部屋~4人部屋まで運営しています。 2〜4人部屋には、外国人のルームメイトが必ず割り当てられ、部屋の外からはEOPルールが適応されます。 お部屋は広々と清潔に管理されています。特に4人部屋は、フィリピンの英語スクールの中で最も広いサイズでの留学生活を快適に過ごすことができます。また、個人クローゼットには、貴重品等を管理するための小さな金庫(Safe)があります。 CIJスパルタは、常に涼しい潮風が吹いてくる場所です。宿泊されるなら1階よりも2階になされることをお勧めいたします。(弊社に予めお問い合わせください) 3人部屋、4人部屋の様子です。ベッドと机の間に広々としたスペースがあり、相部屋も快適にできます。すべての部屋にはレストルーム(トイレと温水シャワー)があります。 2階から眺めた景色です。すべての部屋の窓から海が見え、また新鮮な空気が流れてきます。 寮の2階の廊下の様子です。廊下の端には青い海が見えます。 寮の2階には、自習室があります。平日の夕食後、19:00時からの1時間は義務自習のため、こちらの自習室で勉強をしてください。もちろんこの1時間はあくまで義務であり、好きな時間に学生は自習室を使うことができます。 自習室は座席指定制になります。ご入学後、マネージャーが学生の自習室の座席を案内してくれます。 自習室は仕切りで区切られていて、学習中に他の学生から気を紛らわされることはありません。 また、デスクスペースも広々としていて、お部屋で勉強するよりも学習がはかどるように思えます。
CIJ Sparta IELTSスコア保証コース開始日(2017年)
2016/11/01
CIJ Sparta IELTSスコア保証コース開始日(2017年)   CIJスパルタではIELTS 5.5、6.0スコア保証コースを提供しています。以下が、TOEIC点数保証コースの入学資格並びに入学指定日になっておりますのでご確認して頂けると幸いです。   【申請条件】 ・IELTS5.5スコア保証コース→入学登録時にTOEICスコア490点またはIELTS 3.5以上 ・IELTS6.0スコア保証コース→入学登録時にTOEICスコア680点またはIELTS 5.0以上   (公認スコアがない時、スクール側のレベルテストに合格する必要があります)   【2017年度 IELTS点数保証スタート日】 2017年1/23(月)、2/20、3/20、4/17、5/15、6/13(火)、7/10、8/7、9/4、10/2、   *スコア保証コース開始日は月曜日で、スクール入学(Cebu空港到着)は前日土、日曜日です。  

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ