CPILS セブ島

CPILS - セブ留学 フィリピン留学フィルイングリッシュ

一目でわかるCPILS
  1. セブ留学の老舗で歴史が古い
  2. 朝から夜遅くまで拘束される厳しめのスパルタ
  3. セブ語学学校では一番大きいスポーツジムを持つ
  4. 日本人少な目
  5. 施設は老巧化が目につく
  6. 徒歩圏は店がほとんどなく不便、タクシーだとショッピングモールなどが近い
  7. 寄宿舎のお部屋は結構広い
  8. 常時10名以上のネイティブ講師が在籍し、グループ授業を担当。
  9. スピーキング力強化型プログラム
  10. IELTSとビジネスも強い

ベテラン講師と長年の教育ノウハウ。セブ留学スパルタ名門校!

CPILSの施設は古いです。リモデリングを着実に行っていますがEV、CPIなどの学校と比べると劣るのは事実です。それでもフィリピン留学においてCPILSは注目を浴びています。

セブ最初の語学学校としてプライドの高いCPILSの教育理念は「教育において、学習者に想像以上の感動を与える」です。講師の採用からトレーニング、カリキュラム、シラバス(Syllabus)、コース別の担当責任者まで、コース運営と管理スタッフだけで50人に達します。このようなバックアップで学習面での成果と満足度はとても高いです。

セブ留学をするに当たって講師や教育レベルを重視する方におすすめの学校です。

セブ語学学校の共通の悩みは「実力のある講師の採用と長期継続勤務」です。良い講師を採用することは難しいですが、講師を育成することも容易ではないです。しかしCPILSの採用プロセスとトレーニングのノウハウは、他の学校を圧倒します。採用後、本格的な授業を始めるまで3ヶ月間のトレーニングを受けます。セブの語学学校で良質の講師採用が厳しい状況の中この点は要注目です。

CPILSの校長は、カナダの名門校であるKGIC(King Geprge International College)の校長として10年間勤めた経験があります。カナダで最も大きい規模の語学学校で蓄積してきた運営ノウハウをCPILSで生かそうと努力をしています。もちろん、フィリピン人講師の欠点を補い合うことも大切に思っています。ちなみに副校長は、カリキュラムで定評のあるセブ語学学校Philinterの副校長出身です。

概要

学校名 CPILS(Center for Premier International Language Studies)
住所 Benedict Bldg、MJ Cuenco Avenue、Cebu City Philippines
設立年度 2001年 9月
定員 400人
承認関連 TESDA、SSP、フィリピン観光省パートナー学校
プログラム ESL、TOEIC、TOEFL、IELTS、 ビジネス、TESOL、親子留学
講師 200人。ネイティブ講師 :10〜15 人(アメリカ、イギリス、 オーストラリア、 カナダ)
日本人スタッフ 1〜3人
日本人の割合 15〜20%
寮の施設 マンツーマン講義室、グループ講義室、自習室、AVルーム、共用PC、Wi-Fiゾーン
寮の施設 トイレ(温水シャワー)、エアコン、机、椅子、ベッド、クローゼット、鏡、TV ・ほとんどの学生は、SIMカードを購入して部屋でWi-Fi使用
付帯設備 レストラン、売店、卓球、ビリヤード、クリニック(24時間対応)、ジム(優秀な施設)、エアロビクス/ダンスホール、プール、屋外休憩室

CPILS 体験談
2018/12/21

CPILS 体験談 2018年 11月 20日 名前 宮城優太 コース Generalコース 期間 2ヶ月間 自己紹介 こんにちは、横浜市立大学3年生の宮城優太です。CPILSではGeneralコースで二ヶ月間学んでいました。 CPILSを選んだ理由 セブ島には語学学校がたくさんありますが、生徒が日本人のみの学校なども多く、僕は外国人の友人を作りたかったことと日本人だとどうしても日本語を使ってしまうのではないかということで台湾、韓国、ベトナムなど様々な国の生徒がいるCPILSを選びました。 受講したコースについて 僕が受講したコースはGeneralコースです。このコースでは、1日に3コマのマンツーマンクラスと2コマずつの1×4クラス、1×8クラスがあり、オプションでリスニングに特化したクラスや映画のクラスがあります。このコースよりクラスが多く自習タイムのあるスパルタコースも人気でしたが、僕の場合は、2か月間とやや長かったのでGeneralコースがリフレッシュする時間もあり、モチベーションも長続きしました。 CPILSの授業について CPILSでは自分のレベルに合わせたクラスを受講することができます。 CPILSのマンツーマンクラスでは、基本的に文法を学びますが、僕は文法よりもスピーキングやリスニングの能力を上げたかったのでよく先生とおしゃべりしていました。(笑) また、グループクラスの先生方はみんな面白くて僕も最初は発言を恥ずかしがっていましたが、すぐに仲良くなれるので、楽しく受講できました。もしも、この先生とは少し合わないと感じたらすぐに別のクラスに変更できるのもいい点だと思います。 現地生活について 平日は基本的には学校の寮で友達とおしゃべりしたりして過ごしました。すべて安いので、移動手段はタクシーでした。(笑)周辺にはショッピングモールがたくさんあり、何か欲しければすぐに買いに行けます。 休日の過ごし方 休日は仲良くなった友達と一緒に旅行したり、ショッピングモールでお買い物したりしました。旅行はやはり自然がきれいなのでどこも素晴らしかったです。他にもいろいろな過ごし方がありますが、僕のおすすめはマッサージです。日本だと考えられないくらいの値段でできます。 今後の予定 今後の予定としては、まず、せっかく上げた英語の力を下げないために、英語の勉強は続けたいです。今回の留学でつけた力を試したいのでTOEICなどを受験して、それが就職活動などで役に立てばいいなーと思います。あとは、CPILSでできた友達のいる国をめぐりたいです。(笑)

CPILS 体験談
2018/12/21

CPILS 体験談 2018年10月17日 名前 阿部紗也 コース TOEIC 期間 3月18日~8月24日 自己紹介 千葉県出身21歳です。都内の4年制大学に通っています。趣味はゴルフをすることで、暇な時間があれば練習場に行って2時間くらいは練習しています(笑)月に2回ほど大学の友達や社会人の方々とラウンドします!また、洋楽を聞くことや洋画、海外ドラマを見る事も好きです^^特にミュージカルは一番好きなジャンル‼ CPILSを選んだ理由 ジムの設備かとても充実していたからです。それに、どこのモールに行くのにもそんなに時間がかからない場所だったのも良かったです。また、コースが充実していたので自分に合ったコースを選ぶことができたから。 受講したコースについて 私は、就活の為にTOEICの点数が必要だったので、TOEICコースを受講していました。このコースでは、回答スキルや時間配分の方法、頻出単語や熟語を細かく教えてくれました。また、リスニングのコツなどもとてもわかりやすく教えてくれたのでとても力になりました。また、どうして正解なのか、単語の意味などをクラスメイトに英語で説明することも多かったので、しっかり自分でも一つずつ理解することができました。目標が明確に立てやすいのもあり、自習時間にも集中して勉強に取り組むことができました。また、クラスメイトもそれぞれの目標があったため、切磋琢磨して、お互いを励まし合えたのもあきらめずに最後まで頑張ることができた一つの理由だと感じています。点数も短期間で伸ばすことができたので良かったです! CPILSの授業について 私のコースは12限目まで授業があったので8時から21時半まで授業がありました。最初はこんなに長い時間授業をした経験がなかったので、体力や集中が続くのか心配だったのですが、慣れてくるとこの時間のあっという間でした。休み時間も十分に確保されているので、十分に休憩することもできましたし、友達と一緒に会話をするのがとても楽しかったです。授業内容も日本の学校のイメージとは違い、少人数なこともあり、クラスメイトとも先生とも距離が近く、すぐに仲良くなることができます。先生もみんなとてもフレンドリーなので、みんなの前で発言することが苦手な方でもどんどん発言できると思います!何かわからないことがあれば、すぐに教えてくれますし自分が質問することでクラスメイトも理解できます。そんな環境で学ぶことができたのは良い経験になりました。 現地生活について 私はもともとカンボジアやベトナムなどに旅行したこともあり、フィリピンでの生活も楽しむことができました。良いところも悪いところも日本との違いを肌で感じることができたのはなかなかできない経験でした。最初は一つひとつが新鮮で沢山の文化の違いに触れることができてとても楽しかったです。日本と比べて不便に感じたりすることもありますが、どれだけ普段恵まれた生活をしていたかを知ることができました。 休日の過ごし方 友達と食事に行くことが多かったです。特に私は辛いものが好きだったので韓国料理をよく食べに行きました。生バンドの演奏を聴くことができるレストランもたくさんあったので、洋楽を聞くことが好きな私には幸せな空間でした。また、気分転換にcaféに行って勉強したりもしました。Wi-Fi環境が整っている場所も多くあったので、とても便利でしたよ!そこで洋画などをダウンロードして、学校の暇な時間などに見て英語の勉強をすることもありました。物価も安いのでショッピングも楽しむことができます。ただ安いからといって調子に乗って買いすぎるとあっという間にお金がなくなるのでそこは注意を…。私も最初は爆買いしました…。長い休日がある時は大人数でリゾートに行ったり、島に行ったりしました。海もとても綺麗なのでそこでリラックスしていましたね。ただ、私は滞在期間も長かった為、たくさん島に遊びにいけると思っていたのですが、時間はあっという間に過ぎてしまってあまり行くことができなかったので少し後悔しています。いつでも行けると思わずに誘われたら是非行ってください!無駄な時間にはならないはずです。そこで会話の練習もできるし、友達も増えます! また、セブはマッサージがすごく安いので毎週通っている友達もいました!一週間の勉強の疲れを癒すにはとても良いと思います。 今後の予定 オーストラリアに語学留学します。別の資格に挑戦したいと思っています。シピルスで学んだことを無駄にしないように勉強もしっかりして、またたくさんの友達を作っていろいろな経験をしたいです。オーストラリアに行く前にしっかりと勉強して自分に自信を持つことができて良かったです。

フィリピンセブの CPILS 語学学校-実践的な英語取得
2019/06/04

フィリピンセブの CPILS 語学学校-実践的な英語取得 こんにちは!Phil EnglishのWunnaです。2019年1月2日、年が明けて最初の訪問先として『CPILS』に行ってきました。 18年前にセブ島に学校開校してから、これまでたくさんの卒業生を輩出してきました。収容可能人数が400名とセブ島最多となっており、日本、韓国、ベトナム、台湾のみならず、ロシアやカザフスタンなど多国籍な学生がそろいます。学校の施設などはセブ島内の他の学校に劣るところはありますが、講師陣の質は最高水準を保っています。ネイティブ講師も複数在籍し、流暢な発音を学ぶことができる学校です。 英語学習環境の確保 『CPILS』では、セミスパルタを導入しています。 正規授業が終了すると外出は可能で、日~木曜日は夜9時、金~土曜日は午前0時が門限となっています。外泊の場合は、金曜日の夕方にオフィスで外泊許可書を提出する必要があります。 私たちが訪問した時はあまり外出される学生は見当たりませんでした。皆さん自習室に籠って勉強したり、ジムでトレーニングを行ったりと学校の設備が充実しているので、外に出る必要がないようです。学校は、学生同士がコミュニケーションを取ることで英語を学んで欲しいと考えており、 Wi-fiの利用を制限しています。利用可能な場所は「パソコン室」「ワイヤレス広場」のみとなっています。 IELTSコース 私がこの学校でおすすめのコース紹介します。まずは『IELTSコース』です。IELTS専門の講師陣が10年にわたる研究の末、授業の設計、開発を行なっています。IELTSは他の英語試験と違い、マーク式だけでなく口述式の問題もあり、Reading、Writing、Listening、Speakingが正確に判断されます。そのため、ある程度試験に対するノウハウがないと成績を向上させるのが難しい試験です。ここでは、学生が目標のスコアを取得できるように体系的なシステムを導入しています。 IELTSターゲットスコアシステム 目標点数を設定 模擬試験実施 結果を確認 目標スコアを細分化し、弱点を洗い出しオリジナル評価表によって進行度が変わる 講師がテスト結果分析し、専門的な目線で弱点を指摘する 弱点克服や目標スコア達成に向けて、カウンセリングを行いサポート 模擬試験(2週間に1回) ※(3)~(7)の流れを2週間単位で進めます。 模擬試験で目標点数に届かなかった場合は、土曜日に追試が行われます。 自分自身の成長度を隔週確認が可能なので、学生のモチベーションや目標達成意欲力を維持することができます。また、随時カウンセリングを行ってくれるので、点数が伸びない停滞期を打破することもできます。 授業科目一覧 マンツーマン授業4時間、グループ授業(1:8)5時間、義務自習3時間の合計12時間授業が組まれています。以下各授業の詳細です。 科目名 授業形態 内容 Speaking 1 1:1 試験でよく出る単語や熟語など全般的に学習 Speaking 2 1:1 スピーチとディスカッションを通して、ネイティブが使う表現や発音を学び、会話能力を向上させる Writing 1 1:1 IELTSの構造や重要ポイントなどを学習 writing 2 1:1 文章の構成について学習 Listening 1 1:8 他の学生との交流を通して、ヒアリング力やコミュニケーション力を向上 Listening 2 1:8 他の学生とのコミュニケーションを取ることで、英語の自信をつかさせます。 writing 1:8 […]

CPILS校マネージャー様インタビュー
2017/01/09

CPILS校マネージャー様インタビュー こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。本日はフィリピン・セブで最初に公式な英語学校として認められた伝統のあるフィリピン英語留学スクールCPILSに訪問致しました。今回の訪問では、アメリカに5年以上滞在した経験のあり英語がペラペラの斎藤マネージャーに突撃インタビューさせて頂きました。 左上の笑顔の素敵なお兄さんが日本人マネージャーの斎藤さんです。 1、)まずは自己紹介をお願いいたします。 2014年9月から日本人マネージャーとして働かせていただいております斎藤と申します。CPILSではまだ短いですが海外には長いこといますので、なんでもご相談ください。 2、)学校が位置する場所とCPILSの特徴を教えてください 当校はフィリピン・セブ島のダウンタウン周辺にあり、当校は2001年に開校したESL英語留学スクールのパイオニアです。受け入れ可能人数500名と単体ではセブ島で一番大きな英語留学スクールになります。また、日本、韓国、ロシア、ベトナム、台湾、タイなどに総代理店があり、国際色豊な留学スクールです。様々な国籍の方と一緒に英語学習を行うことが可能となっております。最後に、ネイティブスピーカーの数が13人と多く、国籍もアメリカ、カナダ、イギリスなどがいますのでご希望の国籍のネイティブスピーカーの授業も受講が可能となっております。 当校の立地は大変便利となっております。タクシーで10分圏内で大型ショッピングモールやレストランなどがあり、空港までは30分程度で行くことができます。また、留学スクールも住宅街にあり、治安も安全です。CPILSの横にもコンビニもあります。 3,) 施設、便乗施設、寮について説明してください。 当校はキャンパス、寮一体型の英語留学スクールとなっており、施設内には大型ジム、プール、売店、視聴覚室などがあり、1~4人部屋タイプの寮に滞在可能となっております。 高級感たっぷりの校内ジム 4、)スピーキングに特化した留学スクールだと存じておりますが、マンツーマンでは英語能力のインプット、グループクラスではアウトプットの時間に設定をされておられると存じております。実際にこのシステムがうまく回るように働きかけられていることはありますか。 各担当のフィリピン人講師が毎週担当生徒様の学習状況をレポートにし、スーパーバイザーの講師とミーティングをしております。 5、)SC(Student Coordinator)についての詳細を教えてください。 学習面でのカウンセリング等をメインに行っております。多国籍留学生様が在籍する中、在学留学生のなかでの異文化交流は行われておられるのでしょうか。また、そのためにスクール側から発足されておられることがありましたらご教示くださいませ。コンスタント(約2か月に1度)にイベントなどを企画し、全校生徒、スタッフ、講師などを巻き込みイベントを行っております。また、人数が集まればボランティア活動、フットサル、バスケットボール、バトミントン大会などを定期的に企画しております。 6、)御校様のフィリピン人講師陣の質は通常の留学スクールと比べ非常に高く感じます。マネージャー及びスーパーバイザーよりどのようなトレーニングを実施されておられるのでしょうか。また採用条件等がございましたら教えてください。 教師の雇用条件としては大学卒業の資格がある方を採用基準としております。教師採用時には5段階式の厳しい面接のなかでオリジナリティを求め、看護師やエンジニアなどの英語科だけではない様々な科目を専攻した方を率先的に採用し、同時に授業の質を高め、留学生様の学びを深めれるようにしております。また、入社後の研修ではセミナーや勉強会などが組まれてスキルアップの向上を図る仕組みや、留学生様からもフィリピン人講師の変更依頼を受けたり、在学留学生様達からのアンケートで低評価を受けると契約更新がされなかったりと、フィリピン人講師側にしてもハードルが高く、フィリピン人講師の教育意識を高め、在学留学生様の学習向上に反映しています。 7、)生徒様における学習における学内の雰囲気はどうでしょうか。生徒様はどのような目的を持ち御校様への滞在を決定されていると考えられますか。 皆さまとても熱心に英語学習に取り組んでおられます。当校は“スパルタ”と位置づけができると思います。リゾートで遊びながら英語学習などではなく、短期集中でとにかく英語を伸ばしたい。などの目的をもって来られる方が多く見受けられます。 グループ授業の様子 8、)生徒様の週末における1日のスケジュールの例をご教示ください。 人数が集まれば午前中はボランティア活動、フットサル、バスケットボール、バトミントン大会、午後は各自自由に行動、またはマクタン島などで1泊して帰ってくる。などです。 9、)人気のコースや科目を教えてください。 一般ESLコースが一番の人気コースとなっております。英語力を総合的に伸ばすことがき、ネイティブスピーカーのクラスも2コマ取れますので、英語だけではなく様々なことが学べます。また、当校は2002年からTOEIC公式試験センターとなっております。14年の実績と経験があり、人気コースの一つとなっております。 10、)レベルテスト方法と評価後の処置を教えてください。また、英語学習に困っている留学生へのカウンセリングはどのようにしてますか。 4週に1度レベルテストを実施しております。テスト返却時にグラフとフィリピン人講師からのコメント付きのレポートが各在学留学生様に渡されます。コメントにはこれからの勉強法、アドバイスなどが記載されております。また、各在学留学生様にはSCが振り分けられておりコンスタントにSCが留学生様とカウンセリングを実施しております。 11,) 最後に一言お願い致します。 英語留学スクールCPILSはセブで最初に公式な留学スクールとして認められた由緒ある学校です。長年積み重ねてきた学校の教育システム、講師陣の質、学生ケアへの力の入れ方には自信がある留学スクールです。コースによっては留学カリキュラム内容が厳しすぎるなと思われるかもしれないですが、その分、英語力を確実につける事が出来ます。 “確実な成長”を望む方におすすめのフィリピン英語留学スクールです! セブ留学訪問記:最後の大物CPILSの紹介 今回紹介するCPILSはフィルイングリッシュが紹介するセブ地域 『最後の大物』かもしれません。名前はCPILS (Cebu Pacific International Language School、シピルス)。セブ地域で最初に留学生用の英語専門スクールとして認可を受けた第一号です。2000年創立。 >>>セブCIPLS留学訪問記を見る セブ留学CPILS*総まとめ こんにちは。セブ島留学CPILS学生レポーターのTOMOKOです。わたしの記事もいよいよ最後の記事となりました!私は1月22日から5月18日までセブに滞在していました。この4か月間は本当に長いようで短い4ヵ月でした。それでは4カ月を振り返っていきましょう! >>>CIPLS留学レポーター記事を見る フィリピン スパルタ留学プラン フィリピン留学におけるスパルタとは、語学学校が生徒の1日の勉強スケジュール、学習内容を管理するスタイルのことです。語学学校はそれぞれ独自のノウハウを持って「こうすれば一番効率よく勉強して英語が伸びるんだよ!」と、レベル別の受講科目や授業内容を全て決め、生徒に従わせます。 >>>スパルタ英語スクール詳細を見る

セブ留学CPILS*総まとめ
2017/06/01
セブ留学CPILS*総まとめ こんにちは。セブ島留学CPILS学生レポーターのTOMOKOです。 わたしの記事もいよいよ最後の記事となりました! 私は1月22日から5月18日までセブに滞在していました。この4か月間は本当に長いようで短い4ヵ月でした。 それでは4カ月を振り返っていきましょう! 私は、CPILSに入学した当初は2Mレベルという6段階中下から二番目のレベルでした。正直、英語を最後に勉強したのは高校生、つまり9年前!高校の時も英語の成績が特別良かったわけでもなかったので、このレベルよりも私は下ではないのか?同じレベルの子と授業を受けても、ついていけるのかとても不安でした。 実際に授業が始まると、先生の言っていることがまったく聞き取れない、同じレベルの子たちは流暢に話せているのに、私は言いたいことも言えない状態でした。授業が始まって一週目で日本人スタッフの斎藤さんに相談をして、私のレベルを下げてくれるようにお願いしてみました。しかし、斎藤さんは『これよりもレベルを下げてしまうと、今度は物足りないと思ってしまうかもしれない、もう少し様子を見てみてください』と言われて、そのままレベルを変えずに受けることにしました。 そして一か月後… なんとなく先生の言うことが理解できるようになり、クラスメートとも片言ながらコミュニケーションが取れるようになりました。この時点で私のやる気が更に上がって、もっと話せるようになりたい、聞き取れるようになりたいと思えるようになりました。 そして4か月経った今のレベルは、3M+のレベルをもらいました。 英語のグラマーはほぼ理解できるようになり、先生ともたくさん深いお話をできるようになりました。先生と二人きりでショッピング、カフェにも行きました。もちろん他の国籍の留学生ともたくさん遊びました。まだまだ自分の英語力には満足できるレベルではないですが、確実に前の自分とは違います。そしてなにより、英語が大好きになりました。 日本に帰った今も、CPILS英語スクールで知り合った友達と英語でメッセージのやり取りをしたり、英語のアニメ、ドラマを見てみたり、洋楽を進んで聴くようになりました。 私は6月から、今度は韓国のソウルに留学に行きます。そこでは韓国語を学ぶ予定なのですが、私の行く語学学校には日本人がほとんどいません。中国人が多いみたいなのですが、中には英語圏の留学生もいます。このCPILSでの経験を生かして、せっかく覚えた英語を忘れない為にも、韓国に行っても英語の勉強、積極的に英語圏の友達を作り、TOEICの受験もしてみようと思います。 そしてこのセブ留学は私の貴重な経験になりました。日本にいたらまず知り合えなかった友達、フィリピン人の先生達。フィリピンの文化に触れることもできました。日本で当たり前にできている生活は、フィリピンでは非常識な生活。いつもテレビで見ているストリートチルドレンを目の当たりにして、世界の現実を知りました。この留学は私に英語以外のこともたくさん教えてくれました! もし私に子供ができたら、絶対にフィリピンに留学させようと思いました。もちろんCPILSです(^^) それぐらい胸を張ってCPILSは良い学校だったなと思えます。   もし機会があるなら、またセブ島に留学したいなと思います。 そして、この学生レポーターの機会をくれた留学エージェントのフィルイングリッシュさん、本当にありがとうございました! フィルイングリッシュさんは、他のサイトと比べて価格がとても安いにも関わらず、手厚いサポートをして頂き、本当に感謝しています! 私のレポートを読んでいただいた方に、少しでもセブ島留学の良さが伝わっていただければ幸いです(#^^#) これからセブ島留学に来る皆さんも、私のような楽しい留学生活になることを祈っております! フィリピン留学CPILS学生レポーターのTOMOKOでした。
セブ留学CPILS*おすすめのアクティビティとレストラン
2017/05/29
セブ留学CPILS*おすすめのアクティビティとレストラン こんにちは。セブ島留学CPILS学生レポーターのTOMOKOです。 私は週末になると必ずFOOD TRIPやアクティビティに行っていました。 そこで、今日は 皆さんにおすすめのレストランやアクティビティをシェアしたいと思います。 【Fish bar】 みなさんはDr.fishをご存じですか? これはセブシティのマンダウエにあるJセンターモールという大きなモールの中にあります。 私は日本でもDr.fishをしたことがあるのですが、日本でしたときよりも魚の大きさが大きかったです!そしてこの魚たちは皮膚の角質を食べてくれます!食べるときの刺激が、健康に効果があるみたいです。かなりくすぐったいですが、2分ほど我慢したら慣れてきます。魚がたくさん集まってくるほどストレスが溜まっている証拠だと言われました。 ストレス解消にも是非足を運んでみてください☆ 【広島風お好み焼きのお店Teppan 】 みなさんはお好み焼きは広島派ですか?大阪派ですか? 私は俄然広島派です!私の地元は広島から近いからなのか、地元にあるお好み焼き屋さんはほとんどが広島風でした。 そんな大好きな広島風お好み焼きがセブでも食べられると聞いて行ってきました!場所はマンダウエにあります。 CPILS英語スクールから少しだけ離れますが、行って損はないぐらいとても美味しかったです♡ 【Seafood Island】 留学生の友達とシーフード食べたいねと話して、見つけたお店がこちらです。アヤラモールの4階にあるレストランです。 外観はとても人気そうな、フィリピン人のお客さんで賑わっていました。 ボリューミーなメニューがたくさんあるので、大人数で行くのがおすすめです。私たちは8人で行ってこのメニューを頼みました。魚、エビ、バーベキュー、柿も食べれ、ご飯も味が付いており美味しかったです! お腹いっぱい食べて一人300ペソ(約700円)ぐらいでした。 【CPILSの近くのチキンのお店】 CPILSの近くのセブンイレブンの目の前にあるお店です。外観は地元の屋台?ローカルな感じが漂うお店なので、最初は抵抗がありましたが、食べてみるとチキンが本当に美味しいです。CPILSの留学生からも人気があるお店です。チキンの丸焼き1匹で170ペソ!(約400円)安くてお腹いっぱいになります! 【Pink house】 ここはセブシティでもとても有名なお店みたいです。雰囲気が良くてワインの種類が豊富です。 なんとワインは一本だいたい300ペソ(約720円)ぐらいでした。 日本と比べると本当に安いですよね!(^^)ただし、ここのクロワッサンを食べてみたところ、魚の匂いがして美味しくなかったです(笑) 食事で行くよりは、二次会などで利用することをお勧めします。 【Casa gorordo museum cafe】 ここはCPILSから歩いて8分ぐらいの場所にあります。 綺麗で雰囲気がとても良くて、隣はミュージアムになっています。カフェメニューも美味しくて、私はこのフィリピン伝統のパン、『エンサイマダ』をお勧めします。ふわふわの甘いパンの上にチーズがかかっていて、初めて食べる味でした。たぶん日本では食べられないと思うので、フィリピンに来た際は挑戦してみてください。 【Seven Eleven】 これはCPILS近くのセブンイレブンです。毎週末はCPILS生達のたまり場となっています。週末は全留学生が外出できるので、このセブンイレブンでお酒を飲んだり、大人気の15ペソソフトクリームを買って食べたりしています。フィリピンのセブンイレブンは中や外でこのように食べたり飲んだりできます(#^^#) 全部私がオススメできるスポットになります。是非足を運んでみてください☆ それでは次のレポートは最後の総まとめを振り返りたいと思います! フィリピン留学CPILS学生レポーターのTOMOKOでした!
セブ留学CPILS*フィリピンおすすめ観光スポット
2017/05/27
セブ留学CPILS*フィリピンおすすめ観光スポット こんにちは。セブ島留学CPILS学生レポーターのTOMOKOです。 先日、私の両親がセブ島まで遊びに来てくれました(#^^#)だから、私がたくさん観光地を案内しました。もちろん、ツアーエージェント抜きの私が厳選した完全フリーアレンジツアーです!(^^)エージェントをお金をかけて使わなくても十分に楽しめる場所がたくさんありました♡ それではおすすめ観光スポットをご紹介していきます! 【10000roses Cafe】 ここはマクタン島にあるカフェになります。韓国人のオーナーさんが作ったカフェみたいです。エントランス料金は1人20ペソ(50円ぐらい)かかります。私たちはお昼に行ったのですが、夜になるとバラがライトアップされてまた違った感じで綺麗になるそうです。ちなみに、このカフェのすぐ隣に『Lantaw』という有名なフィリピン料理のお店もありました。ここに訪れるついでに行ってみると良いと思います♡ 【Lapu Lapu Statue】 ここもマクタン島にある有名な観光スポットです。マクタンシュラインという公園の中にあります。この公園の中にはたくさんのお店もあり、記念品やお土産などを安く買うことができました!私はセブっぽいTシャツを買いました。ちなみに、この公園に入る前にフィリピン人のおじさんに日傘を持たされました。意味も分からずとりあえず持って入り、そして公園から出るときに日傘レンタル代として20ペソ要求されました(笑) 素直に払いましたが、皆さんは必要なかったら断ってください(^^) 【サントニーニョ教会&マゼランクロス】 この教会はフィリピン最古のキリスト教の教会です。私たちが行ったときはたくさんの観光客で賑わっていました。そして、ここに来て思ったことは、フィリピン人はとてもキリスト教に対して信仰深い国民なのだと実感しました。チャペルの中で真剣に祈っているフィリピン人の方たちがたくさんいたからです。同じ敷地内には、マゼランクロスという大きな十字架もありました。この場所はCPILSからも歩いて15分ぐらいの場所にあります! 【道教寺院】 ここも有名な観光スポットで、中国のお寺のような感じでした。 フィリピンの町中とは一変して、建物や雰囲気が中国にいるのかと思わせるような作りになっています。ちなみにこのお寺の周りはお金持ちが住んでいそうな家がたくさん建てられており、その家を見るのも楽しかったです。 【Tops】 ここは有名な山の上にある展望台になります。写真では綺麗さがあまり伝わらないかもですが、実際はとても美しい夜景でした! 入場料が100ペソ(約240円)かかるのですが、 行って損はないぐらいおすすめのスポットです!この周りにはたくさんレストランもあるので、夜景を見ながらディナーを食べたい方は行ってみてください♡ 【Yap Sandiego Ancestral House】 ここはスペインの伝統的な旧邸を博物館で、セブ市最古の住宅になります。 床がぎしぎしとしており、かなり古いのが伝わりました!昔の人の生活風景を見ることができて楽しかったです! このように、セブ島といえば海やプール、アイランドホッピングなどのアクティビティを想像するかもしれませんが、泳ぐのが嫌い、遠い島などには行きたくない方も、近場で楽しめる観光スポットがたくさんあるので、留学に行くついでに行ってみてください☆(^^) それでは次のレポートでお会いしましょう! フィリピン留学CPILS学生レポーターのTOMOKOでした。
セブ留学CPILS*Progress testとレベルアップについて
2017/05/25
セブ留学CPILS*Progress testとレベルアップについて こんにちは、セブ島CPILSに留学中の学生レポーターTOMOKOです。 今日はCPILS英語スクールのProgress testについてお話したいと思います! 【progress testとは?】 このテストは、1ヵ月に1回留学生全員が必ず受けなければならない、レベル分けテストです。 だいたいテストを受ける一週間前になるとこのような紙が渡されます。 テストの内容は ・Speaking ・Writing ・Listening ・Reading の4つのテストがあります。 1日目はSpeaking、2日目は残りの3つのテストが行われます。 1日目のSpeakingは5分ほどで終わり、質問内容などはその都度変わります。4つの写真を見せられて、その写真についての質問をされます。 私はSpeakingが大嫌いなので、いつも緊張してしまいます(:_;) しかし、英語にとってSpeakingは一番大事なことだと思うので、日ごろから日本人とばかり話すのではなく、他の国の留学生さん達や先生となるべく会話をするように心がけています! 2日目のテストは、Listeningが40分、 Writingが20分、Readingが50分の、全部でだいたい2時間ぐらいかかります。 初めにListeningのテストが行われます。最初は優しい問題から後半になるにつれて難しくなっていきます。後半の問題は喋るスピードがとても早いので、毎回聞き取ることで精いっぱいになります。 次にWritingは、毎回違う問題が出されて、それについて80~120words以内で時間内に書いていきます。だいたいいつも手紙方式の問題が多いような気がします。 (例えば、Tomからこのようなe-mailが届きました。返信してください。) 問題に合わせて、文章の始め方も変えないといけません。そして単語の誤字や文法もチェックされるので、日ごろから長文を書く練習も大事になります。 最後はReadingのテストになります。これも後半になるにつれて難しくなっていきます。 私はReadingが一番好きなので、このテストが一番得意です!(^^)/ 普段から長文を読んだり教科書の問題を解いていればできると思います。 私の周りの留学生や先生たちの意見を聞いてみると、日本人と韓国人の生徒は文法やReadingに強く、その他の国の生徒はSpeakingに強く、文法などは弱いみたいです。日本や韓国は点数を取ることに力を入れた勉強方法を自国でしているからだと思います。 【テスト結果とクラス替え】 テスト結果になります。前回の結果もグラフになっているので、自分はどこが弱いのか分かりやすくなっています。 テストの結果は次の週の水曜日に発表されて、もしレベルが上がればクラスも上のレベルに変更され、その都度教科書も買い替えないといけません。 (何回も買い替えになると、教科書代も高くつくので、お金節約のためにも私は帰国する友達やレベルアップの友達にもらったりしていました) 新しいスケジュールになります。新しい教科書の名前も書いているので、これを見て教科書を自分で買ったりもらったりします。 このレベルテストは厳しく採点されるみたいで、同じレベルのままの留学生もたくさんいます。 時には前のレベルよりも下がる人もいるみたいです。私は今の所は、なんとか全てのテストのレベルが上げることができました!(^^)/ やはりレベルが上がったほうがクラスも変わって新しい事を学べるので、せっかく留学までして英語を学びに来たのだから、なるべくレベルアップを目指したほうが良いと思います(^^) ↑このように、18段階でレベル分けされます! 以上、フィリピン留学CPILS学生レポーターのTOMOKOでした(^^)/
セブ留学CPILS*グループクラスと無料選択クラス
2017/05/23
セブ留学CPILS*グループクラスと無料選択クラス こんにちわ!セブ留学CPILS学生レポーターのTOMOKOです。 今回はCPILS英語スクールのグループクラスと無料選択クラスについてレポートしたいと思います。 CPILSではフィリピン人講師による1:1のクラスの他に フィリピン人講師による1:4のクラスと、 ネイティブの先生による1:8のクラスがあります。 【グループクラスについて】 フィリピン人講師による1:4のグループクラスでは、主にスピーキングとリスニングが多かったです。私の1:4の先生は少し厳しめの先生で、宿題の量も多かったです。 先生の口癖は『No Homework, No class(宿題してこなければ、授業はないよ)』でした!(笑) しかしクラスメートもみんな真面目な子ばかりなので、宿題を忘れてくる留学生はいませんでした。私はこの授業が大好きでした。理由は先生の授業に対する真剣さ、教えようという努力が伝わってくるからです(^^) 次にネイティブ講師による1:8の授業では、主に文法やスピーキングの授業をしました。 先生は私たちが間違った英語を使っていたらすぐに教えてくれて、自然な英語を教えてくれます。ネイティブの先生は、ジョークを交えながらの授業になるので、いつも笑いが絶えませんでした。 金曜日の授業では、よくこのボードゲームをしました。単語を並べていくシンプルなゲームなのですが、結構難しかったです! 【無料選択クラス】 夕食を食べた後の10限目に選択クラスがあります。 内容は ・発音クラス ・TOEICクラス ・ミュージッククラス ・ムービークラス この4つのクラスの中から無料で一つを選択することができます。 (TOEICの選択クラスだけ教科書代のみ別途必要みたいです) もちろん、今週はミュージッククラス、来週はムービークラスという風にクラスの変更もできます。 私は、TOEIC以外のクラスを全て受講しました!(^^) 【ミュージッククラス】 ミュージッククラスは、毎日ひとつの英語の音楽の歌詞の意味を勉強して、音楽を聴きます。個人的にはこの授業が選択クラスの中で一番好きでした!聴いたことのある有名な曲や、初めて聴いて好きになった曲もありました。そして音楽なので頭に歌詞が残りやすいので、単語を覚えやすいと思いました。 【発音クラス】 発音クラスは、1時間ずっと発音の練習をします。日本人の発音はやはり独特の訛りがあるので、このクラスは日本人なら受けておいた方が良いクラスだと思います!私もネイティブの先生と話しているときも、何度か聞き返されたこともあります。 授業中は、発音する時の舌の位置や発音記号を習います。日本では発音記号など勉強したことがなかったので、とても身になるクラスでした!(^^) 【ムービークラス】 ムービークラスでは、英語のムービーを見てその中の単語やイディオムやフレーズを勉強します!このクラスは選択クラスの中で最も人気のある授業です! 私が授業を受けたときは、ディズニー映画の『モアナと伝説の海』を見ました。英語の字幕が画面の下にあるので、字幕を見ながら映画を見ます。英語が話されている場面を見て、ネイティブの表現の仕方や、すぐに会話で使える表現などを楽しく勉強できると思いました! また、この無料選択クラスは取らなくても大丈夫みたいです。 選択クラスを取ってないGeneral Courseの留学生さんは平日も外出ができるので、外でご飯を食べに出かけたり、この時間を宿題にあてたりもできます。(^^) 私はせっかくの無料授業なので、すべて受講してみることをお勧めします!☆ それではまた次の記事でお会いしましょう! フィリピン留学CPILS学生レポーターのTOMOKOでした♡
セブ留学CPILS*留学してから困ったこと
2017/05/22
セブ留学CPILS*留学してから困ったこと こんにちは! セブ島留学CPILS学生レポーターのTOMOKOです。 今回はセブ島に留学してから困ったことなどをレポートしていきたいと思います。 これから留学に行かれる方は是非読んでみてください! 【Wi-Fi環境】 まず最も困ったことと言えば、やはりWi-Fi環境になります。CPILS英語スクールのWi-Fiは、急に繋がらなくなることもあります。繋がったとしても速度が遅く、動画を見ることはほとんどできませんでした。 そこで私がよく行っていたのは、学校の近くのロビンソンモールの中にあるBo’s coffee です。 ロビンソンモールの中にはSTARBUCKS COFFEEや、他のカフェのお店もあるのですが、コーヒー一杯の値段が高いです(:_;) しかし!!このカフェは他のカフェに比べてお値段が安く、美味しいケーキも食べられます!♡そしてWi-Fiのスピードも速く、動画がさくさく見れます。 そして何より嬉しいのが、あまりお客さんが多くないので騒がしくないです。ゆっくり勉強したい時にもおすすめです♡ 安くて100ペソ(230円ぐらい)からコーヒーが飲めます♡ 【SIMフリー携帯やポケットWi-Fi】 また、私の友達はSIMフリーの携帯を持ってきて、フィリピンでプリペイドSIMを購入していました。日本のスマートフォンのほとんどがSIMロックされているので、プリペイドSIMの購入を考えている方は、自分の携帯がSIMロック解除されているかなど確認してください。SIMフリー携帯を持っていない方は、ポケットWi-Fiを借りることもできます。しかし、正直私は外に出ればフリーWi-Fiスポットがたくさんあるし、プリペイドSIMを買ってしまったら勉強に集中できないかもしれないので、わざわざ買わなくてもいいかなと思いました!お金に余裕があって、どうしても必要な方は購入するのをおすすめします。 【思ったよりお金がかかるVISA代】 これは私がセブに来る前に確認してなかったのもあるのですが、VISA代が高いです。私は語学学校に到着した初日に、VISA、SSP代含めて日本円で約70000円近くを払いました。 初日でこんなに大金がかかると思ってなかったので、本当にびっくりでしました。 お金は余分に持ってきておくことをお勧めします。 【とても高い電気代】 私は安いのを理由に四人部屋を選んだのですが、最初の三か月はルームメイトが電気代の節約をしてくれる子だったので、四分割して一人当たり2900ペソ(日本円で約6700円)ぐらいでした。節約してだいたいひと月で2200円ぐらいです! しかし、ルームメイトが入れ替わってからほぼ24時間エアコンをつけっぱなしにするようになりました。部屋の中が寒いぐらいで、本当にここは真夏のフィリピンか?と思うぐらいに!(笑)途中で電気代について話してみたのですが、あまりいざこざを起こしたくなかったので強くは言いませんでした。(私の他の日本人の友達は、電気代のことでルームメイトと喧嘩してしまったと聞いていたので、、)後に我慢したことを後悔しました。 なんと最後の一ヵ月の電気代が 2800ペソ(6500円ぐらい) でした。四人で割ってこの値段です!日本の電気代よりも高いですよね(´;ω;`)フィリピン人の先生に言ったら、『今まで見た留学生の電気代の中で一番高い』と言っていました(笑) もしルームメイトが電気をたくさん使う子で、お金に余裕がなさそうであれば、話し合ってみるかスタッフの人に言って部屋を変えてもらうのが良いと思いました。 それではまた次のレポートでお会いしましょう☆ フィリピン留学CPILS学生レポーターTOMOKOでした(^^)
寮のリノベーション(CPILS)
2019/09/07
寮のリノベーション(CPILS) [リノベーション後の部屋] セブ島にあるCPILSでは、2019年中旬から寮のリノベーション工事が行われています。 壁の塗り替えや家具の入れ替え作業などが行われています。改修工事は、空室になった部屋から順次行われ、現在約50%が終了しています。 優れた講師陣とカリキュラムで定評のあったCPILSですが、施設が老朽化していたのは事実です。今回のリノベーション工事により、今まで以上に満足のいく留学を提供することが出来るようになりました。ぜひ、新しくなったCPILSへ留学をしてみてください。改修後の部屋を選択することも可能ですので、カウンセラーへご相談ください。
【CPILS】7・8月の補講スケジュール
2019/08/06
7・8月の補講スケジュール 8月は長期休暇を狙って留学に来る方が多いですが、フィリピンの祝日が多い月でもあり休校になる学校が多数あるのが事実。 2019年8月6日(火),12日(月),21日(水),26日(月) しかし、CPILSでは7月12日(金)~8月30日(金)の期間学生たちの授業数を確保するために特別時間割で授業を進行します。 【通常】 金曜日 各40分授業 8限まで 【期間中】 金曜日 各50分授業 12限まで実施(添付詳細)
CPILS秋のプロモーション
2019/06/15
CPILS秋のプロモーション セブ島で講師陣の質が高いと定評のあるCPILS。「学習者に想像以上の感動を与える」を教育信念に、多くの卒業生を輩出してきました。9月より秋のプロモーションを実施します。 [対象] 9月22日(日)〜12月29日(日)の間にご留学開始の方かつ4週間以上登録者。 [内容] 部屋の料金を1グレード下の価格でご案内 例: 1人部屋STの滞在→2人部屋の料金でご案内 2人部屋の滞在→3人部屋の料金でご案内 3人部屋の滞在→4人部屋の料金でご案内
【2019年TOEICスコア保証コース入学日】
2018/12/27
【2019年TOEICスコア保証コース入学日】 語学学校CPILSのTOEICスコア保証コースの入学日と公認試験日程です。
【2019年IELTSのスコア保証コース入学日】
2018/12/27
【2019年IELTSのスコア保証コース入学日】 語学学校CPILSのIELTSスコア保証コースの入学日です。 IELTSスコア保証コースは12週間受講可能で、10週目でIELTSの公式テストを受けます。(受験料1回に限って学校負担。IDP主管のテスト) 【2019年IELTSのスコア保証コース入学日] 1月14日、28日 2月18日 3月4日、18日、25日 4月8日、22日、29日 5月6日、13日、20日、27日 6月3日、10日、17日 7月1日、8日、22日 8月5日、12日、19日 9月2日、9日、16日、23日、30日 10月7日
2019年祝日スケジュール
2018/12/27
2019年祝日スケジュール 語学学校CPILSの2019年祝日カレンダーです。入学予定の方は是非ご覧ください。

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku