お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

ELSA セブ島

ELSA - セブ留学 フィリピン留学フィルイングリッシュ

スピーキングとライティングに特化したセミスパルタ式カリキュラム、リゾート型キャンパス

セブ島の北海岸(空港から30分距離)にあるELSAは15,000坪の敷地にプール、庭園、遊歩道などがある一般的な英語学校では見られない自然環境があるリゾート式の英語学校です。海辺の森、きれいな空気が吸える無公害地域なので、エンターテイメントの誘惑や犯罪の危険性が殆どなく、静かでゆったりとした雰囲気の中で学業に専念できる環境があります。

主なプログラムはESLで、Super Basic、General、Intensive、Super Intensiveコースがあります。ESLコースのグループ授業はイギリスの有名なESL教育指導法人であるCallan Methodを導入して適用し、迅速かつ即興的な授業の進行で話す能力の向上を最大化させています。学生はほとんど韓国、中国の学生で日本人の割合は低いです。

寮は1階単独のCottage形態で、静かで親自然環境が提供されます。2、3、4人部屋のすべてが16坪で、セブ地域では最も広い寮が提供され、夫婦の場合は家族ルームを使用することができます。いくつかの部屋は浴槽があり、入浴を楽しみたい方にはおすすめです。ELSAは海辺、遊歩道、きれいな自然環境の中で学業のみに集中したいと思われる方にはおすすめです。

ELSAの概要

学校名 ELSA (承認名 EILS)
住所 460 Estaca, Compostela Cebu 6003 EILSI (EILSI is the registered business name of ELSA in Cebu)
設立年度 2004年
定員 120名
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営プログラム ESL(Super Basic, General, Intensive, Super Intensive)、BUSINESS、TOEIC、IELT、Junior、Family Course(Guardian, Kindergarten)
講師 50名、ネイティブ講師1名(米国)
日本人スタッフ 2名
日本人の割合 約10%(他、韓国40%、台湾40%、中国5%、ベトナム5%等)
学校施設 マンツーマン講義室、グループ講義室、自習室、野外休憩室、プレイグラウンド(幼児用)
寮の施設 エアコン、個人箪笥、机、ベッド、冷蔵庫、シャワー施設、温水器、無線インターネット、電気スタンド、DVDプレイヤー、浴槽(一部の部屋のみなので、事前予約が必須)
その他の施設 図書館、プール、バトミントンコート、ピンポン台、バスケットボールコート、売店、庭園、遊歩道、ビーチ(学校から徒歩5分距離) など。

セブ留学訪問記:英会話再重視型のスパルタELSA
2014/09/27

セブ留学訪問記:英会話再重視型のスパルタELSA セブ島スパルタ語学学校ELSA取材レビュー   クラーク留学訪問記:ネイティブ中心CIPとAELCを比べる セブ留学訪問記:Philinterが推進するシステム改革 『私たちELSAの目標はただ一つ。短期間にどれだけ効率的に英会話を上達させるかです。試験英語でない実践英語。すべてそこに集約されます。』ELSA校長はそう述べます。 カランメソッドというイギリスで生まれた英会話練習法があります。正確な文章を正確な発音で発声を繰り返す方法です。現在いろいろな学校でマンツーマン授業の特別な方法として紹介されておりますが、本来はグループ授業で参加者全員の緊張感を保つために想定された部分が強いです。ELSAはランメソッドをフィリピンで初めて導入した学校であり、運営方法もスタンダードであるグループ方式を守っております。 こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。スパルタと言ってもいろいろなタイプがあります。スパルタELSAの場合短期間に実用的会話力の習得というのがテーマの学校となります。 ELSAはセブの都心から離れた郊外の田園地帯にあります。学校の周辺で過去事件らしい事件は起こった事がない程安全地帯だそうです。空港からELSAまでは車で30分。空港からセブ一番の繁華街であるオスメニアンサークルまでも大体30分くらいですのでELSAに移動するのもセブシティに所在する学校に移動するのも時間的にはほとんど変わりません。 左上写真は学校の前の通り、右上写真は学校の正面玄関です。 緑の中を広々ゆったりの5,000坪の敷地がELSAの自慢です。敷地内に1週200メートルのジョギングコースがあり、夜8時過ぎの自由時間になるとジョギング、スイミング等のスポーツ派と室内での自習勉強派に別れるそうです。 部屋も広々です。上記写真は3人部屋ですが今までみた寮の中では面積が最大でした。ELSAの割り当ては2人部屋、3人部屋、4人部屋です。部屋の作りはすべて同一規格だそうです。但し現在新築寄宿舎を建設中であり11月中旬に完成予定です。新寄宿舎は1人部屋と2人部屋専用。学生定員も現在の80名から120名になります。 部屋にはバスタブがありました。これも珍しいです。全身鏡があり、女性に対する配慮が感じられます。部屋のテレビでケーブルチャンネルが見れます。部屋と教室両方で私のIPad Airを試して見ましたがネット環境は快適でした。 ELSAの基本カリキュラムはマンツーマン5時間、小グループ2時間、アメリカ人講師による大グループ授業1時間の8時間です。マンツーマン授業は学生が自由に科目を選べるマッチ式ですが、スピーキングとライティングは必修です。小グループは空港、病院、銀行、ショッピング、交通移動方法、ホテルなど生活で必ず必要となってくる英語を扱うサバイバルイングリッシュ1時間とカランメソッド1時間です。カランメソッドの人気は高くマンツーマン授業をひとつ減らしてでもこの授業を追加で受ける学生が結構いるとの事です。フィリピンカランメソッドの歴史はこの学校が2011年上半期にオーストラリアから専門家を呼び寄せ、講師たちに対し数週間にわたり集中的に研修をおこなった時からスタートいたしました。 その他夜2時間の特別授業があり、文法、発音矯正、TOEIC、スピーチなどを選択できます。すべての教科過程は夜8時には終了いたします。 ELSAのマネージメントスタッフおよびすべての講師はたとえどんな授業であろうとすべて実用英会話習得というテーマを根幹としており、短期間でいかにに英会話を伸びさせるかをつねに意識しているとの事です。 講師は授業がない空き時間に集まりベテラン講師達から科目別講習を受けたり、模擬授業プレゼンテーションを行ったりしております。(上記写真下段)フィルイングリッシュ調査員の講師全般の英語レベル査定評価はA+と高いです。 敷地内は24時間合計8人のセキュリティ(昼4名、夜4名)が巡回しております。敷地の裏側は海につながる川となっておりますが、そこにも監視所があり、ガードが配備されております。 校内にはゴルフ練習場があります。その他近くに18ホールのゴルフ場がありますので、週末にラウンドを回る学生もいます。 ■ まとめ ELSAの食堂テーブルは丸型です。このどこにでもある食事の風景にELSAの学校運営方針が凝縮されております。学生が椅子に座れば食事が運ばれてきます。語学学校ではおかずやご飯を自分で盛り付けるビュッフェ方式が基本ですからELSAのレストラン方式は例外となります。テーブルには講師も一緒に座って食事をしながら会話をはずませます。 スパルタという平日外出不可なルールの中でいかに効率よく英会話力を伸ばせられるか、それと校内でいかに快適に生活を過ごせられる環境を整えられるかというこの学校のメインテーマがこの円卓テーブルひとつによく表れています。 右上の写真は休憩時間のワンシーン。休み時間でも講師が積極的に学生に話しかけます。 ELSAの授業はすべてあわせると一日10時間と非常にタイトです。ですが土曜日と日曜日にはセブシティにある大型ショッピングモールSMまで一日3回のシャトル車両が準備されております。 その他月に一度の参加自由型孤児院へのボランティア活動があります。 この学校には厳しい学習スケジュールの中で勉強以外はよけいな事を考えなくていい環境を望まれる方ですね。 それと周辺の治安状況がよく、セキュリティに細心の注意が払われているので親子留学、未成年者の1人留学にも適しております。 訪問時の学生比率は韓国人60%、日本人20%、台湾人10%、その他(定期的なトルコ人留学生など)となっております。

  / 1
  / 1
セブ ELSA 学校を選んだ理由
2018/06/25
ELSA 学校を選んだ理由 (こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております) 1. Elsaで選択したコース 私は1日8レッスンのマンツーマン授業と3レッスンのグループ授業を含むコミュニケーションコースESL Extensiveを選びました。毎日、発音の授業を1つ行っています。カランメソッドには1つの授業にだけ使用することができます。 教師は非常に迅速に質問し、できるだけ早く回答してくれます。 2.なぜあなたはこのコースを選択したのですか? 自分の目的のために、私は外国人と自信を持ってコミュニケーションとる必要があったので私はコミュニケーションコースESL Extensiveを選びました。 なので、私はスピーキングスキルをたくさん勉強する必要がありました。 その結果、授業は私のコミュニケーションスキルを向上させるのに役立つようカリキュラムが組まれています。 毎日新しい単語を学び、共通の文章を学び、発音を改善し(ベトナムの学生にとっては非常に重要です)、毎日講師と話しています。これは私にとって最も費用対効果の高いコースです。 3.勉強前にレベル確認テスト もちろん、入学する前にレベル確認テストを受けました。 テストは最初の月曜日の朝、朝食後に行いました。 このテストは様々なスキルが要求されます。:約60分のリスニング - スピーキング - リーディング - ライティングのテストがあります。 リスニング、スピーキング、リーディングはベトナム語に似ています。 私はスピーキングテストを受けたとき、先生にここでテストを受けるよう指示されました。 彼らが質問するときは先生に視線を送ってわからないこと先生に聞いていました。 テストの後は、午後にはオリエンテーションと今後のスケジュールの説明があります。 私のテストの結果は、レベルL3と評価されました。 それは中間ぐらいの基本レベルを表しています。 私は海外に行くときは基本的なことなら話すことができるレベルです。 私の強みは、ベトナムでかなりの時間(ほとんどのベトナム人学生の共通点)の文法を勉強をしていたので基本的な文章なら伝えることができます。 私の弱点:それは発音です。残念ながら私の発音は良いとは言えません。 私の言ったことがルームメイトに理解してもらえない時があります。 これについては多くの人から聞いたことがあります。 私は自宅で訓練しましたが、自然で発音を修正するのには限界があります。 また、私はリスニングが苦手です。 発音が悪いのと、聞き取りも難しいのが問題です。 4.特定のタイムテーブルを確認する コースは1日8レッスンで、午前3レッスン、午後に5レッスンあります。 さらに勉強したい場合は、食事後に特別クラスを申請することができます。 この特別なクラスは無料で誰でも申請することができます。 しかし、特別クラスを休んだ場合は300ペソ(約150k)を支払わなければなりません。 私は1日に8レッスン勉強するだけでとても疲れていました。 無理にこのクラスに申請する必要はありません。 各クラスの詳細: 私は午前中に3つの授業を持っています。最初のクラスはマンツーマンレッスンで、私は発音について学びます。 私はL3レベルなので、このクラスで勉強します。 このクラスでは、コミュニケーションスキルを用いて日常的にコミュニケーションをとる方法を説明し、各クラスに例を示します。 私はこのクラスを非常に素晴らしいと思っていますが、これは私にとって最も退屈なクラスです。 私は他の韓国人4人と一緒に勉強しているからです。 彼らはしばしば母国語を使うので私はよく思っていません。 しかし、経験のために、私は勉強に集中します。 一般的な文章パターン 2限目はリーディングの時間です。 ジョナン先生と一緒に勉強します。この先生は私が知っている教師の中で最高の教師の一人です。 彼女の教え方は非常に上手いです。教えるとき、彼女はとても元気で元気ですので、彼女のような多くの学生だけでなく、 私の3年生と4年生は自由です。 彼女はとても元気で多くの生徒から慕われています。私の3時間目と4時間目は自由時間となっています。 自由時間は90分あります。基本的には、この時間を使って次の授業の準備をしたり、疲れてるならお昼寝などをします。 Readingクラスはかなり面白いです 5時限目は午前中で最後の授業です。アン先生と一緒に勉強します。最初のグループ授業で、英単語を教えて貰っています。 教師は新しい単語をわかりやすい方法で説明してくれます。 最初は少し進みが遅いように感じましたが、数日後には英語にも慣れてきたのでスピードを上げて単語を覚えられるようになりました。他のものと比較して、私は平均よりも3〜4倍速いです。 新しい単語シラバス 5つの授業で私はとても疲れます。幸いにも、5人の教師の授業は退屈しません。 この時間は発音に関するグループ授業です。 私はこの授業が好きです。なぜなら、発音の勉強は私がフィリピンで英語を勉強する目的だからです。 アメリカンスタンダード発音コース 5時限目は、引続きグループ授業です。これはCallanメソッドの授業です - 学生のための反射的なトレーニングを行います。 新入生にとっては非常に難しいですが、自然な反射を繰り返せば非常に速くなるので、長い間勉強すれば英語力が伸びること間違いなしです。 Callanクラス 6時限目はSpeakingです。 私の最初のコースは「Express Yourself」でしたが、多くの新しい単語も見つけましたので、Teen Talk - Teenトピックについて話しました。 教科書2スピーキングクラス 私の最初の土曜日の授業は文法でしたが、私はスピーキングに変更しました。また、私はスピーキングのためにTeentalkを選びました。 8時間目、今日の最後のクラス。 最初の1ヶ月はライティングについて学びましたが、1ヶ月以上学ぶのは退屈だったのでライティングクラスに変更しました。リスニング教科書を変更したら、リスニングの勉強に興味が湧いてきました。 リスニングスキルにとって非常に面白く便利な教科書です。 リスニングクラス 学校の詳細: https://phil-english.com/school/cebu-elsa/ 提供元:フィルイングリッシュ
セブ ELSA 放課後のアクティビティ
2018/06/07
ELSA 放課後のアクティビティ (こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております) ELSAはリゾートスタイルの学校なので、放課後にはストレスを和らげ、バランスを取り戻すのに役立つ活動がたくさんできます。 放課後のスケジュールは次のとおりです。 月曜日から金曜日までの放課後 授業は17時05分から始まります。夕食は毎日17時から始まるのでカフェテリアに移動します。 夕食を食べるのには30分から45分かかります。 夕食後は多くのアクティビティの中から選ぶことができます。 -生徒は非常にきれいで美しいキャンパスの周りを散歩することができます。ELSAの生徒にとっては食後のウォーキングは最適で、歩きながら話すことでコミュニケ―ションスキルも上がっていきます。 私は毎晩30分歩いています。 あなたがウォーキングが好きではない場合は、あなたは座りながら子供たちがプールのプールで泳ぐのを見ることができます。涼しい水面に浮かぶことでセブの夏の暑さを解消することもできます。 最も効果的に疲れを取り払う方法は、冷たい水に浸かることです。 私は毎日21時に泳ぎに行きます。 私は体を鍛えるために泳いでいるので、多くの食事を必要としています。 ここの生徒の何人かは、食事の後でも水泳をしています。 - 散歩しない場合は、友達を誘ってバレーボール、バドミントン、卓球などができます。または男性の方でしたら筋肉のトレーニングをすることができます。 スポーツをしたい場合は、学校でラケットや必要な物をレンタルする必要があります。 -幸いなことに、台湾でヨガ教師だった生徒がいたので、授業の後ヨガを教えてもらいました。もちろん、それは無料でした。 -また、キャンパスから歩いたところに学校の近くの海や川を見ることができます。 ELSAにいる恋人は、静かな場所を求めてしばしば学校の裏側にある海や川にいきます。 日曜日のアクティビティ 週末2日間の外出は自由ですので、セブ島や多くの美しいビーチなど、どこにでも行くことができます。 毎週金曜日の夜から外出することができます。 しかし、学校には外出時にいくつかの特別な規則を設けています。 門限は24時間までですので24時を過ぎると外泊としてカウントされます。 外泊する際は事前にオフィスで外泊の申請をする必要がります。申請書には 行先、到着時間、所要時間など詳細に書かされます。 24時前に返ってきた場合は、ログインして保護をチェックします。 もちろん「ゲートパス」と「学生証」を持って来る必要があります。 週末には、学生たちが自分のツアーを企画して、学校近くの観光地に出かけます。 Bolho、Oslob、Camotes、Bantayan ... 1回の旅行で約2,000円~4,000円の費用がかかります。 美しい景色、海に加え、フィリピンの食べ物や色んな体験ができるので週末の旅行は非常に楽しいです。 しかし、外出後は日焼けや風邪になりやすいです。ですので旅行する場合は、ベトナムからいくつかの薬を持ってくる必要があります。 私はオンラインで仕事をしなければならないので、週末にはショッピングモモールに行って必要なものを買います。 あなたができる幾つかのこと Oslob 私の最初の旅行はセブでした。 日本、韓国、台湾、ベトナムの4つの国籍からなる9人で行きました。 我々はOslobに案内してくれるツアーガイドを雇いました。 旅行の費用は約4100ペソ(約200万vn)です。 ガイドさんはとても面白いのでフィリピン人はラッキーです。 ELSAから車(12席のベトナムツアー車)でOslobへの移動には4時間かかりました。 しかし、途中で我々は探索するためにいくつかの場所で止まりました。 まず最初にビーチに立ち寄って60分近く泳ぎました。 ビーチはとても素敵で、水は澄んでいてとても熱かったです。 その後、私たちはすぐにカワサンに移動しました。セブ島の小さなジャングルに隠れた美しい滝です。 私はこの場所がとても好きです。なぜなら空気は新鮮で心地よく涼しいからです。 美しい緑色の滝。 あなたは泳ぐことができ、滝の上から飛び降りることができます...多くの人々がここに来て、カワサンの野生の美しさを感じています。 しかし、海での入浴とは違って、川の水温は少し冷たいので身体が冷える恐れがあり10〜15分しか泳ぐことができません。 チャンスがあれば、またここに来たいです。 その後、Whalehark Whale Watching Beachの横にあるOslob Resortに移動しました。 部屋を確認した後、私たちはその場所の近くにあるレストランに行きました。 それはレストランというよりむしろレストランでした。 いくつか料理を頼みましたがどの料理も新鮮ではありませんでした。 フィリピンの観光施設には少し失望しています。 しかし、ほとんどの観光スポットではこれが普通なのでこの価格でも許容できます。 早朝には、午前5時に起きて鯨観察のビーチに移動しました。 これは楽しい経験でした。深く潜り込んで泳ぐクジラと写真を撮ることができます。 これは非常に貴重な経験です。しかし、鯨に絶え間なく餌を与えているため、湖の周りの水は多くの魚がいます。この体験を30分間楽しむことができます。 もしあなたが泳ぐことができれば、ライフジャケットを着用せずあなたは簡単に潜水し、クジラと写真を撮ることができます。 クジラと一緒に泳いだ後、私たちは朝食のためにホテルに戻りました。食事はあまり美味しくなかったです。 フィリピンでは一般的かもしれません。 それから私たちは島に移動しました。...美しい写真を撮影することができて非常に素晴らしい島です。ここで楽しむためには様々な機器を準備する必要があります。 あなたがよく聞く世界の楽園としての青い水。この島には土地が突き出ているので、観光客は泳いだり、日光浴したり、写真を撮影することなどができます。ここでは海を2つに分け、もう1つは波打ち際で撮影することができます。 波のある写真、あなたのシートほど静かな海は、海の底に写真を撮ることができます。 遠くてもこの場所を見にくる価値はあります。 学校の詳細:https://phil-english.com/school/cebu-elsa/
セブ ELSA 学校資料レビュ
2018/05/28
ELSA 学校資料レビュー (こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております) 以前の記事で触れたように、ELSAはリゾート地のような学校なので、ここの施設はそれと比べてもかなり良いところです。 1.寮について 寮は、古いものと新しいものの2種類の寮で構成されています。 古い寮:学校から独立した寮となっています。もしあなたがベトナムのリゾート地に行ったのなら、ELSAはホテルのプライベートルームのように感じるでしょう。寮には5つのベットが備わっています。 生徒は服や持ち物を整頓するための3つの大型キャビネットと、小さな家具と、1人あたりに十分な大きさのテーブルが用意されています。トイレにはバスタブとシャワーがついてます。エアコンはありますが、フィリピンの電気代は非常に高額なのでエアコンを使いたい場合はルームメイトの全員の同意が必要です。 電気代が超過した場合は私たちが超過した電気代を払わなければいけないのでエアコンはあまり使わないようにして、ベトナムから小さな扇風機を持ってきて使っていました。 新しい寮:ベトナムのモーテルのような新しい建物です。 しかし、新しい寮は女子学生専用なので私は利用することができません。この寮は新築のホテルみたいなので、品質は男性や家族専用の古い寮より優れています。 2.ダイニングルーム レストランはかなり広々としていて風通しがいです。 狭くなく自由に使えるのでとても良い感じです。 3.マンツーマン教室 ELSAのマンツーマン教室は、私たちがホームページでよく紹介してるマンツーマン教室と同じなのであまり印象的ではありません。 website philenglish.net 4.グループ教室 グループ教室はミーティングルームと似ていますが、マンツーマン教室よりは広いです。 5.ガーデンヤード 私はこの庭にとても感心しています。 ゆったりとした広々としたリゾート地のようです。 静かで勉強に集中しやすい環境となっています。 木々はきれいに整えられ、湖沼は道路が科学的に大胆に飾られています。 6.学生支援エリア 学校のロビーにあり、24時間営業しています。 問題がある場合は、ここでスタッフに相談してください。 また、ここでベトナムの経営者話すことができます。 - Purpleは非常にかわいい親切な女の子で、いつでも生徒をサポートしてくれます。 7.図書館、自習室 自習室は広くないので、混雑したときにはダイニングルームを使用しています。 しかし、ELSAには自習室が多くないことがわかったので私は図書館をとても快適に使っています。 8.清掃/洗濯スケジュール 清掃や洗濯は週に2回行われます。 ハウスキーピングの場合:1週間前に申請する必要があります。たとえば、翌週に洗濯したい場合今週中に申請する必要があります。清掃は週に2回あり、2つのグループに別れて行います。第1グループは月曜日と木曜日に。第2グループは火曜日と金曜日に清掃を行います。 洗濯について:部屋の清掃と同じですが、事前に登録する必要はありません。いつでも利用できて、洗剤と洗濯物を入れて洗濯機に入れる必要があります。スタッフが自動的に洗濯物を取ってあなたの部屋に持ってきて乾燥させます。服を紛失したくない場合は注意してください。 食料品店:ダイニングルームの隣にあり24時間営業しています。ビールを含めてここでは何でも買うことができます(ビールは学校に持参することはできませんが、食料雑貨店で買うことができます)。スナック、インスタントラーメン、アイスクリーム、飲み物なども買うことができます... 9.プール ELSAのスイミングプールはかなり大きく綺麗です。 私は普段1日に2回、午前9時と午前6時に泳ぎに行きます。疲れたときは私は一日一回しか泳ぎません。 10.スポーツエリア バレーボールコート、バドミントンコート、スイミングプールの隣にバーベキューができるスペースがあります。 学校から必要な道具を借りる生徒はほとんどいません。 私はベトナムから旅行をしていて、バドミントンや卓球をすることに決めた場合は事前に必要なラケットなど用意して使います。 11.学校の食事について。 厳しめに言うと、学校の食事は一般的なレベルだと思います。 私は野菜や魚を食べたいのですが、ここの食事では野菜や魚がほとんどありません。ときどき肉料理が提供されます。様々なスタイルの料理が提供されます。 学校の詳細: https://philenglish.net/school/truong-anh-ngu-elsa/ 提供元:フィルイングリッシュ
セブ ELSA 学校での思い出と友人について
2018/05/15
ELSA 学校での思い出と友人について (こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております) 1. ELSAの学生の国籍比率について ELSAでは現在、韓国人、日本人、台湾人、ベトナム人の4カ国のみが勉強しています。 私はベトナムのスタッフに依頼しました。時には中国、タイ、モンゴルなどの学生も入って来てくれましたが、その数は重要ではありません。 韓国、日本、台湾の生徒しかいないことが問題なのです。 ここの学生の割合は、韓国が約40%、台湾が約40%、日本が15%、残りの5%は他の国です。 このコースのいいところは、ここには台湾人の学生がたくさんいることです。 その数は韓国人学生の数を上回っています。 ELSAの韓国人学生は年齢層の高い家族留学が多いので、若者と遊ぶ機会は少ないです。 台湾人の学生がいたら、学校内で良い関係を築きましょう。台湾の留学生はとても勉強に役立ちます。台湾人の頭のいい学生と英語のコミュニケーションをとることは英語の発音などを改善するのに役立ちます。 ベトナムの学生がELSAのような国際的な環境で勉強することにより英語力を向上させることができます。 当たり前ですが、ここで孤立したくなければ多くの友人をつくる必要があります。ここには様々な国籍の学生がいるので、もしあなたの国の文化や食べ物に聞かれたら英語で答えてあげればそれだけで英語の練習に役立ちます。また、それぞれの国には独自の英語の発音スタイルがあるのでそれを聴き慣れることでコミュニケーションをとるのに役立ちます。また、ベトナムの留学生が少ないからといってベトナム語の存在を忘れることはほとんどありません。 では、このような国際的な環境の良いところは何でしょうか? ケンと違って台湾人のルームメイトはとてもフレンドリーです。 彼は、ELSAは台湾人が非常に多くて英語に集中できないと不満を漏らしました。 だから私は毎晩彼と一緒に台湾やベトナムのことについて話しました。2人で英語で話す練習をしました。 私はグループ授業を受けているのですが、4人中3人が韓国人で、1人がベトナム人です。韓国人同士だけで話していて非常に退屈な授業でした。同時に、私は彼らと話す機会があまりありませんでした。 2.国籍ごとの情報 日本人について:ほとんどの日本人学生はとても静かで、他の人のプライバシーを尊重しています。なので、教室は非常に静かで他の人に迷惑がかからないようにしているので勉強に集中しやすいです。 日本人の学生と対話するためには静かにしなければなりません。彼らが近づいてきたら日本人の正確について訪ねてみるとよいでしょう。そうでない場合はこっちから自分の国について話しかけてみましょう。日本人の多くが恥ずかしがりやさんです。 韓国人学生について:韓国人はなかなか厄介です。韓国人はお金持ちの人が多いですが、生徒自身はとても良い人です。韓国人学生は台湾人に比べて人数が少ないので、彼らはフレンドリーで他の韓国人が多くいる学校とは多少異なります。もし、韓国人が好きなら話しかけてまず友達になりましょう。韓国人は食べることが大好きなので美味しい場所をたくさん知っています。あなたの旅行経験や韓国学生と一緒に行きたいとこについて話してみましょう。 台湾人学生について:私は彼らがが大好きです。フレンドリーでとても新設なので。私自身もベトナム人ですが、約7人の台湾人の友人と韓国人の家族がいます。 台湾人は活発に活動しています。どこかへ行くと一緒に外食したり外出したりするようよく誘われる。エクササイズをしたり、キャンパスの周りを歩いたり...一般的に、彼らはとてもフレンドリーで、あなたは彼らをよく扱い、彼らは幸せになれます。一般的に、彼らはとてもフレンドリーなのですぐ仲良くなれると思います。 3.ルームメイトについて ケンの友達兼、新しいルームメイト。彼と同じ台湾出身の男性です。 彼の英語はあまり上手くなかったので、最初はお互いにコミュニケーションを取ることが難しかったです。しかし、ここで勉強してから一ヶ月経ってから徐々にお互にコミュニケーションを取ることができました。彼はアメリカのコーヒー(砂糖なしのコーヒー)が好きです。 私はベトナムからコーヒーを持ってきていました。彼は自分でコーヒーを作るくらいコーヒーが好きです。 私は毎晩ケンと泳いだり、ここで台湾の女の子について話ています。彼は毎晩図書館に行っていました。 4.ELSAでの思い出 1番目:フィリピンで台湾人の友人と記念にマッサージに行きました。 最初の1週間は非常に大変だったので、台湾の友人たちは安くて評判の学校の近くにあるマッサージに行きました。 私も一緒に行きました。しかし、私はマッサージに行くこと自体はあまり気乗りしていませんでした。 ベトナムでのマッサージルームは比較的リラックスできます。 アロマオイルと楽しいメロディアスな音楽が流れています。 しかし、フィリピンのマッサージはとても退屈です。 私は楽しさよりもストレスを感じました。 しかし、台湾の友人はかなりこの場所を気に入って、彼らは来週にも行く予定を建てていました。私はそれ以来行っていません。 2番目:私はELSAで1週間留学した後、ELSAから4時間離れた場所にOSLOBと呼ばれているフィリピンの人気観光スポットにいきました。私たちは2日間ここの島に訪れ、お風呂に入ったり、ここの滝を探索したり、様々な活動をしました。 私はすべての場所がとても綺麗に感じて、この場所は私に多くの楽しみを与えてくれました。しかし、2日間外の気温は高くとても晴れていたので日曜日に学校に戻ったときには疲れ果てていました。数日後に少しでも学習に影響を与えます。 あなたが長い間太陽の下で外出していない場合は、外に出かけることをおすすめします。 あなたが健康であれば、問題はありません。外で多くの経験をしましょう。 5.友人とのトラブル 私は4年間集団生活をしてきましたが今まで一度もトラブルを起こしたことはありません。嫌いな人がいるなら関わらないほうがいいです。だからこそ私は今までトラブルを起こしたことはありません。 (こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております)
セブ留学ELSA*総評
2015/06/24
セブ留学ELSA*総評 フィリピン留学ELSA英語スクールのリポーターのIWAZOです。 今回が最終回です。私自身とELSAの総評を書かせていただきます。 -自己採点- まずは、自己採点。総合的に80点と言ったところでしょうか。 【TOEIC】 TOEICの本試験を受験していませんが、英語スクールの授業で行う模擬試験では、アベレージで、8割は正解できるようになりました。自分の苦手な部分を確認できたので、その部分を克服できれば、もう少し正解率が上がると思います。5か月前で330点、2か月前で650点から比べると上がったと思いますが、目標には、到達できませんでした。 【日常会話】 英語での会話に関しては、難しい単語が出てこなければ、100%、先生が何を言っているか理解できるようになりましたが、ネイティブが話す言葉は80%ぐらいしか聞き取れません。そして、私がまだ習得できていないのは、発音です。和製英語の発音が癖になっていて、授業中は出来ているのにふと普段の会話に戻ると発音が元に戻ってしまう。発音に注意しながら話しているつもりでも、自然と元に戻ってしまいます。今後、日本に帰ってからは、この2点に重点を置き学習を続けていきます。 次に英語スクールに対する評価。英語講師に関しては、80点。英語スクールのマネージメントに関しては、40点。   【英語講師】 まずは、英語講師について、これに関しては、個人の相性もあります。私自身、約80名いる英語講師の中で人気ベスト5に入る先生の授業を取りましたが、悪くはないが特別良いとは感じませんでした。ですので、相対的に一定以上の評価が出来る英語講師が多いという点で点数をつけさせていただきました。   【留学生活】 次に、生活面。英語スクールの施設は少し古いですが、清掃もきちんとされており、部屋も広く快適。また、新しく建てられた新しい寮は、狭いですが、快適です。食事は、美味しいです。ただ、バリエーションが1週間単位なので長くいると飽きてくるかもしれません。他の英語スクールで言われている辛い料理は、キムチチャーハンぐらいです。   【マネージャー 】 次にマネジャー。正規のマネジャーが2人、学生マネージャーが2人。すべて、韓国人です。学生マネジャーは、好青年で、親切なので、この2人に関しては、100点です。総合すると60点でしょうか。この英語スクールがどうすればよくなるかと考えると、マネジャーの質を上げるしかないのでしょうか。これを改善すれば、英語講師に対しての評価は90点と言っても過言でもありません。    【ELSAの留学生】 他の留学生の評価ですが、上記の私の意見に近い留学生が大半です。ちなみに現在の留学生は韓国人130人、日本人1人です。リピーター率は、把握していませんが、期間を延長する留学生は、10%。(私が在籍していた時期)。英語スクールのフィリピン人スタッフも親切でフレンドリーな方が多く、留学生の満足度は高いと言えます。 -どんな方が向いているのか- 最後にどんな方に向いているか。大半の留学生が韓国人なので、その環境を楽しめる方。私の場合、英語スクールでほとんど日本語を使用したこともありませんし、オフィスに問い合わせをするのも英語しか選択肢がないので、この状況がとても私自身にとって好い環境だと思っています。日本人生徒が本当に少ないので、韓国人のほとんどの留学生が話しかけてくれるのも嬉しいです。ただ、初級の方は、授業自体は問題ないですが、生活に関してはコミュニケーションと言う点で苦労するでしょう。(来週から、日本語が流暢なケリーちゃんが学生マネジャーになるので当分は大丈夫かと思います。) 最後に、ELSAに送る言葉 私は、この英語スクールのフィリピン人、ネイティブの先生、フィリピン人スタッフ、学生マネジャー、韓国人の留学生、みんな好きです。また、ここにきても快適に学習できる環境を保ち続けてください。   以上、セブ島留学ELSA学生レポーター:IWAZOでした。
セブ留学ELSA*学校規則
2015/05/24
セブ留学ELSA*学校規則 本日が私の授業最終日。フィリピン留学 ELSAレポーターのIWAZOです。 本当にあっという間の2ヶ月間でした。今回は、自分の経験及び他の留学生から聞いた話を踏まえて、ELSAの規則、罰則についてお話します。   !ELSAの規則! -時間割- 韓国語でしか書いていない不親切な案内。せめて英語ぐらいは書き添えてほしいですね。そんなに難しくもないので説明しますと、7時~8時が朝食。その後、4時間クラスがあり、12時~1時が昼食、午後また4クラスあり、5時~6時が夕食。最後のクラスがスペシャルクラスです。   このクラスは、自由選択なので、選択していない留学生は、図書館で自習を行います。この時間帯に関しては、特に出席を取ったりはしません。   -門限及び外出、外泊- 門限は、平日は外出できないので、祝日前と金曜、土曜日が12時。日曜日が10時です。 、外出、外泊に関しては、英語スクールが休みの日であれば、事務所前にあるノートに記入するだけで、外出できます。 ただ、どうしても、緊急時以外で平日に外出したいとき、友人がセブに遊びに来てくれている、旅行の期間を週末にプラスしたいなどが該当するかと思います。その時は、以下の案内に記載されていることをクリアしていれば、外出できます。 1.授業の出席率が90%以上。 2.月1回の月末テストを受けている。 3.入学してから1週間たっている。  -持ち込み物- 次に持ち込み。これはかなり厳重に門でガードマンに買い物、鞄の中身を調べられます。 もちろん見つかると没収されます。 -自習室- 最後に自習室。基本的にゴミはありませんが、大抵の留学生は、自分の席を勝手に決め、教科書などを置きっぱなしにしています。 -恋愛- 恋愛に関しては自由みたいです。留学生と先生が付き合っていたり、留学生同士もここでカップルになっています。ただし、部屋の行き来は禁止されています。   -規則まとめ- 英語スクール側から言われていることはこれぐらいです。それでは、この規則を破ったらどうなるのかと言うと、掲示板に注意と書かれたプリントが張り出されるだけです。ほとんど規則を破る留学生はいませんが、たまに飲みすぎて門限を過ぎてしまう留学生がいるぐらいです。 外泊に関しても、きちんと必要事項を記入していれば、特に90%の出席率でなくても、テストを受けていなくても大丈夫だと思います。   私の場合、95%以上出席、テストも受講しているので明確ではないのですが、クラスメイトの出席率を考えてみるとたぶんこの規則はそこまで厳しくないように思います。ちなみに出席は、英語スクールスタッフが教室を周ってチェックします。 ここまで書いたようにそこまで厳しい規則ではありませんが、私が来てから1人退学になった留学生がいます。それは、英語スクール外で、喧嘩をし、女性を殴った留学生です。こういった事件に関しては、厳格に対処する英語スクールでもあります。 次回は、最終回。2ヶ月間の総括をお届けします。   以上、セブ島留学ELSA学生レポーター:IWAZOでした。   セブ島留学:名実ともにフィリピン最大の留学地域 セブ島には様々タイプの語学学校があり、選択肢の幅が広いです。多くの日本人留学生、観光客、在住者がいるので初めての海外留学、東南アジアの方でも安心して留学できます。 >>セブ島留学を見る
セブ留学ELSA*休日の過ごし方
2015/05/24
セブ留学ELSA*休日の過ごし方 こんにちは、フィリピン留学ELSAリポーターのIWAZOです。 今回は、休日の過ごし方についてお話します。   !休日の過ごし方! 英語スクールの留学生の大半が、カモテス島(ここがELSAから一番近い島です。)ボホール島、オスロブ、パンタヤン島などのリゾート地に週末旅行に行きます。   私もボホールに行ってきました。この旅行地についてはガイドブックやインターネットで調べることが出来ると思いますので、今日は、それ以外の過ごし方について書かせていただきます。   -旅行以外の休日- まずは、ダンス。平日、外出できないストレスの発散にクラブに行きます。マンゴースクエアにある有名なジュリアナ。ここは、とにかく騒ぎたい、ナンパしたい人で溢れています。韓国人の留学生が大勢いるので、フィリピンでない感じがします。   でも、30歳過ぎるとさすがに若者のパワーについていけないななんて感じている方にお勧めなのが、ITパークにあるDENとマンダウエにあるLIVです。客層も少しハイソで、純粋に音楽をゆっくり楽しめるテーブル席も用意されています。   ジュリアナに比べると2つともエントランスとテーブルチャージの料金は高いですが、日本と比べると全然安いです。   ちなみに、エントランス料金はジュリアナが100~150ペソ、DEN、LIVが200~300ペソ、イベントの内容により料金が違います。テーブルチャージは、席数によって変わりますが、大体2,000ペソ~、借りるとほとんどのお酒が飲み放題です。   週末をゆっくり過ごしたいという方にお勧めなのが、英語スクールに近くにあるリゾート、エスタカ ベイ ビーチ リゾート。   ここは、プライベートビーチにプール、レストラン、カラオケ(宴会場のような広いスペースです。)があります。宿泊費は、大体1,400ペソですが、入場料金を払えば、宿泊しなくてもビーチやプールを使用できます。   平日30ペソ、土日は、50ペソ。料理、お酒の持ち込みも自由なので、リーズナブルにリゾートを楽しめます。そして、このリゾート、英語スクールから歩いて5分の場所にあるんです。遠くに行かなくても海を楽しめるのもELSAの魅力の1つです。 ちなみに私は日本から友人が遊びに来てくれたので、このリゾートに宿泊しました。歯ブラシなどのアメニティグッズはないので持参してください。 明日が最後の授業。2か月あっという間でした。総括の前に次回は、英語スクールのルールについて更新します。お楽しみにしていてください。   以上、セブ島留学ELSA学生マネージャー:IWAZOでした。   セブ島留学:名実ともにフィリピン最大の留学地域 セブ島には様々タイプの語学学校があり、選択肢の幅が広いです。多くの日本人留学生、観光客、在住者がいるので初めての海外留学、東南アジアの方でも安心して留学できます。 >>セブ島留学を見る
セブ留学ELSA*病院と歯科医院について
2015/05/24
セブ留学ELSA*病院と歯科医院について こんにちは、フィリピン留学 ELSAレポーターのIWAZOです。 今日は皆さんが英語スクール以外で不安になっていると思う病気と歯科について私の経験からお話しさせていただきます。 ―病気― まずは、病気。 暑い、クーラーが効きすぎているなどのごく一般的な話とは別に、セブもマニラと同様に中心部は非常に空気が汚いです。のどの弱い方は、最新の注意をしてください。こちらでも、のどあめ、うがい薬、咳止めシロップを購入できます。 私の場合は、イソジンを日本から持参しました。健康には注意していたのですが、今回の留学で風邪をひいてしまい、病院へ行かなくてはならないことに。風邪から耳の内側も痛みを感じていたので、耳鼻科へも受診しました。   ここまで読んでいただくと、耳鼻科って症状の説明など結構大変かと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、日本人ヘルプサポートセンターという日本人のスタッフが常駐しているオフィスがセブにあり、そこに連絡すると風邪などの軽い症状の病気は、そのオフィスで、専門医の診断が必要な場合は、ここのスタッフが専門医の予約を取ってくれます。 さらに日本語が通じるフィリピン人のスタッフが同行してくれるので英語が話せなくても大丈夫です。 写真は、すっかりおなじみ日本語が流暢に話せるDr.ビンボー、ヘルプセンター、セブドクターズ大学ホスピタル、フィリピンのうがい薬です。   ―歯科― 次に歯科。 多くの方は、海外保険に加入してからセブに留学に来られるかと思います保険が歯科治療に関しては、適応外です。私もこのことは知っていたので、日本で歯科検診を受診してからセブに来ましたが、インプラントが外れてしまい、そこからばい菌が入り、痛み次に耐えきれず、アヤラモールの歯科に。院内はとても清潔で、医療機器も日本の歯科とほとんど変わりません。先生の技術に関しては、私が受けた歯科医は親切で丁寧に診察してくれました。写真は受付です。     気になる料金ですが、初診とレントゲンが300ペソ、治療が1箇所700ペソ、私の場合2箇所治療したので、合計1,300ペソ、大体3,000円ぐらいでしょうか。それに抗生物質の薬代(5日分)が400ペソ、日本と同様に処方箋を書いてくれ薬局に行きお金を支払い薬をもらいます。保険適応外なのでいくらかかるか不安でしたが、さほど高額ではなかったので安心しました。         皆さんも留学前に必ず病院、歯科医院に行ってください。せっかく留学に来ているので、無駄な時間とお金の出費を避けるために。   昨日は、クリスマスを祝うための買い出しで、スーパーが大変なことに。お会計待ちは、30分以上。ふと、日本の初売りを思い出しました。では、また次回のリポートをお楽しみに。   以上、セブ島留学ELSA学生レポーター:IWAZOでした。   セブ島留学:名実ともにフィリピン最大の留学地域 セブ島には様々タイプの語学学校があり、選択肢の幅が広いです。多くの日本人留学生、観光客、在住者がいるので初めての海外留学、東南アジアの方でも安心して留学できます。 >>セブ島留学を見る
  / 3
・ELSA 学費割引最大15%(2018年2月4日〜25日留学開始者)
2017/11/15
ELSA 学費割引最大15%(2018年2月4日〜25日留学開始者) 2018年2月4日の週から2月25日の週の間に授業を開始される学生様に向けたプロモーションをお送りさせていただきます。 ■対象学生 2018年2月4日の週から2月25日の週の間にELSAで授業を開始される学生 ■割引 ~4週間:授業料の10% 5週間~:授業料の15% Invoice sample for Student From: 2018-2-04 To: 2018-3-31 Room type: Quad room Course: General ESL Item Content 1 Content 2 Price Registration fee 11,000円 Pick up fee 2,200円 General ESL fee Tuition + Dorm 4beds for 8 weeks 300,000円 Promotion from 2nd Feb. to 31stMarch. 8 weeks (15% off) -45,000円 Gross Total     268,200円
ELSA 初日のスケジュール
2016/12/06
ELSA 初日のスケジュール ELSAにおける新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。 【初日スケジュール】 時間 内容 7:00 ~ 8:00 朝食 8:00 ~ 9:00 休憩 9:00 ~ 11:00 レベル分けテスト 11:00 ~ 12:00 オリエンテーション 12:00 ~ 13:00 昼食 13:00 ~ 16:30 お買い物及び両替 16:50 ~ 18:00 夕食 18:00 ~ 18:30 レベル分けテスト結果返却及び授業スケジュールの配布 ※1. 生徒様は現地費用を初日18時までにお支払いください。 ※2. Eチケットまた、パスポートを提出ください。
ELSAの新築学生寮
2015/02/28
ELSAの新築学生寮 ガーデンの中の英語キャンパス、セブ島留学ELSAの新築学生寮をチェックしてきました。ホテル式の広々とした高級感のある部屋が好みの方には既存の寮、より清潔感のある現代式の部屋が好みの方には新寮をお勧めします。 下の写真は3人部屋です。各部屋の前には洗濯物の乾燥機が設置されており、収納引き出しが付いているベッドが印象的でした。全ての部屋には大きめの窓があり、日当たりも良く、昼間は電気をつけなくても十分明るいです。講義棟までは歩いて30秒ほどです    
ELSA 無料シャトルサービス
2014/12/23
ELSA 無料シャトルサービス 平日外出が不可能であるELSAは、毎週土曜日と日曜日(国家休日も含む)、学校でからMモールまでの無料シャトルサービスが行われています。学校出発時間は午前10時、午後2時、8時の計3回です。
  / 1

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ