セブ留学

多種多様な学校が勢ぞろいあなたの想像しているフィリピン留学を実現! ビーチや観光スポットも多くあり、学業以外にもフィリピンを満喫しリフレッシュしたい方におすすめ。

セブ 留学 ( Cebu )

フィリピン留学=『セブ島留学』と呼ばれるほど、フィリピン留学の中で代表格です。語学学習の為にフィリピンに入国する約70%の学生はセブ島を選択します。日本・台湾・韓国人を筆頭にベトナム・中国・ヨーロッパからもマンツーマン学習を求めセブ島を検索する方が多数います。

セブ島はフィリピンの第二都市であり、有名な観光地でもあります。その為、交通・治安・インターネット環境などライフラインが整っていて快適に過ごせます。消費者が多いことから、プログラムや施設の改善に常に力を入れており引き続き発展している地域です。 施設のクオリティ、カリキュラムの内容、生活スタイルまでお客様の目的・要望にマッチした学校を見つける事ができる、それがセブ島留学です。

セブ島留学 今月の人気ランキング (2019.5)

セブ留学の語学学校選びで迷ったらまずはここをチェック!過去3ヶ月間で相談数が多かった顧客満足度の高い3校をご紹介します‼

  • EV Academy

    EV Academyセブ留学で名実共に最も人気の学校。教育運営・学生サポート・施設・食事全ての面で最高レベル、学生から定評があり快適な留学を保証。広々とした開放感のある施設は、勉強に集中できるスペースや、休憩時間にはリラックスできる空間で設計されておりセブエリアの中でも群を抜いたクオリティ。スパルタとセミスパルタの両プログラムを運営し、自分に適した学習・ライフスタイルが実現。

  • CPI

    CPIEVと比較できるクオリティの学校。EVが学習強度の高いスパルタに対し、CPIは比較的強度の高くないスパルタ校。学校側の理念として『ホテルのような学生へのサービス』を心掛けており、一般的な‘‘みっちり勉強だけに集中‘‘のスパルタ方式とは少し異なり余裕がある。セブ中心までアクセスしやすく、平日は勉強、休日は外出と頭を切り替えられ、また付帯設備やアクティビティが充実しているので外出不可でもストレスを抱える事無く快適に過ごせる。

  • CELLA UNI

    CELLA UNIカスタムカリキュラムを運営する代表校で、自分の目的や要望に合わせて科目選択が可能。毎日6~7時間の多めのマンツーマンを進行。特にスピーキングに力を入れたい方で自分の弱みや目的が明確な方は効果的に成果を得られる。2017年に設立し綺麗な施設だが、2006年から運営する姉妹校のプログラムを引き継いでいるため安心の教育実力を持つ。

 

セブ留学 語学学校一覧

3分で分かるセブ島留学の魅力

セブ島ってどんなところ?

セブ島ってどんなところ

 

セブ島の規模:
人口約300万人、大阪市の人口をやや上回るレベル。

セブ島の天気と気候:
平均気温26.5℃、常夏の地域。一年中半袖でOK、雨季と乾季に分かれる。 バギオやクラーク地域に比べると雨季の時期も雨の日は少ない。

セブ島へのアクセス:
直行便多数。成田からセブ島は直行便で4~5時間。日本出発は、成田、関空、名古屋、福岡から。航空会社はフィリピン航空、セブパシフィック、バニラエア、全日空など。

セブ島の雰囲気 :
「急成長する東南アジアの都市」、「エメラルドグリーンのビーチリゾート」の2つの顔を持つ都市。

都心部は高層ビルやショッピングモール、飲食店が立ち並び多くの人で賑わい、リゾート地は海とリゾートホテルが続く静かな町並み。普段でも活気あふれるセブ島だが、特に週末になると語学留学でセブ島を訪れた留学生や観光客、週末を楽しむフィリピン人達でにぎわっている。

セブ留学 目的別おすすめ校

👉 スピーキング集中レッスン留学

 

 

👉 集中レッスン!スパルタ留学

 

 

👉 授業充実!短期留学

 

 

👉 レベルアップ!IELTS特化留学

 

 

👉 スコアアップ!TOEIC特化留学

 

 

👉 快適!親子留学

 

 

👉 安心!ジュニア単身留学

 

 

セブ島が選ばれる理由は?

セブ島留学がおすすめの5つの理由

フィルイングリッシュでは、フィリピン留学が普及する前の2012年から現在に至るまでセブ留学の発展過程を見てきました。当時は英語初心者向けのESLコースが主でしたが、現在ではIELTSやTOEICの専門科目まで教育の幅は広がり、より学生の目的や要望に精通した運営を行っています。特にIELTSにおいては、アメリカ・オーストラリアに比べてスコア取得は早いです。セブの語学学校はマンツーマン授業の利点をベースに、教育運営や快適な施設づくりなど先頭に立ち発展を遂げてきました。

フィリピン留学の中でも、セブだからこそ実感できる成功の秘訣

  1. 多種多様な学校が多く自分にマッチした学校選びが可能
  2. 学生の考えを尊重した学校運営
  3. 治安やライフラインが整い生活に便利
  4. 思い出に残る旅行やアクティビティ
  5. 異国情緒を感じる事ができる気候と都市環境

【学業・宿泊施設・食事】を統合する留学サービスは進化をし続けていますが、特に施設の高級化・大型化の傾向が明らかになりました。2018年、セブに位置する語学学校EV・CPIが高級化戦略に成功しており、少なくとも2020年までは数校の大型語学学校が追加オープンする予定となっています。フィリピン留学で懸念される食事や施設のクオリティに関しても今後更に改善され質が上がっていくでしょう。

また、語学学校だけに限らず、セブエリアのショッピングセンターや歓楽街などは外国人観光客が多く集まり、他の地域に比べ便利が良く発展した都市で今後も成長に期待できます。カナダのバンクーバーまたはオーストラリアのシドニーのようにセブ島は世界的な留学都市になることは間違いありません。

セブ島留学 意外な落とし穴

セブ島は他の地域に比べて魅力的な点が沢山あります。しかし、その裏に隠れた意外な落とし穴があるのも事実…

講師レベルの低下?!

残念ながらこれは事実であり、現在も継続している重大な問題。フィリピンは優秀な講師が揃っていますが、その優秀な講師を維持する事が難しくなっています。

たとえば、かなり優れた人材の給与が100の場合、学校が講師に与えられる給与は50~60レベルです。2005年頃には学校が求める人材を採用する事ができていましたが、現在はすべて希望の水準を超えて採用する事が難しくなっています。その為、セブの語学学校のほとんどは、教師の70%以上を大学卒業したばかりの人材を採用し、学校でトレーニングを介して養成する方式で行っています。もちろん安定した授業を提供するために30%はキャリアを持つ講師を維持しています。

多くの利点を備えたセブ島留学ですが、学校内の全体的な講師レベルの低下は明らかな欠点であり、今後も改善が容易でない問題です。

学校選定の際、教育運営とノウハウに関しては広告上のフレーズだけでなく、カウンセラーに正確な情報を得る事がセブ留学を成功させる鍵となります。

フィリピン留学の中でも料金が高い?!

セブエリアの生活物価は比較的高いため、学校運営に関する費用も必然と上がります。その為、収益を得るために授業料を年々引き上げる学校が増えているのが事実。この点に関しての問題は、他の地域に比べて引き上げ幅が大きいという事です。

セブ留学の留学費は、他に地域に比べて20~40%ほど高くなります。これは、長期留学する場合、他の地域で6ヵ月滞在する授業料に対しセブでは4ヵ月分ほどに値します。

また、学校によっては【値段が高い=学校の質が良い】という信念を持つ経営者がいる事も事実であり、意図的に学費を上げている場合もあります。しかし、高い授業料と教師レベルは比例しません! セブ島と他の地域を比較した場合、授業料は断然セブ留学が高いですが、実は講師やスタッフの給与を比較するとほとんど差はありません。これは、高い費用が質の高い教師を維持する為の費用に繋がるのではなく、学校のマーケティング費用に使用されているということを意味します。その為、他の地域がセブと比較すると安価で提供していますが、これは教師のレベルが下がるということには繋がりません!学校選定の際に間違えた理解をしないようご注意ください。

現在では、安価を求める方にはセブ留学はおすすめしやすい地域ではなくなっています。欧米圏と比べても、セブ留学は欧米圏の80%ほどのコストでほとんど差はありません。

セブ留学を経験したい方は、他の地域からの転校も視野に入れた学校選定も一つの手段です。

また、学校や弊社のキャンペーンもお見逃しなく!

実際どうなの?!セブ留学生のリアルな声

CELLA UNI Yuriさん:8週間 効果的な勉強法と授業内容 続きを読む

 

EV Academy Manonさん:4週間 気になる施設のクオリティは?お部屋を公開! 続きを読む

   

CGスパルタNさん:4週間 レベル分けはどのようにされる?その他のテスト内容は?続きを読む

 

徹底リサーチ!足で調べたセブ語学学校

フィリピン留学を専門とするフィルイングリッシュは、メイン業務の1つとしてフィリピンの語学学校を弊社のカウンセラーが直接視察に行きます。目的は、留学・英語のプロの目線から、語学学校のことをより正確に、より深く伝えるためです。弊社ではフィリピン現地支社を運営しているため、毎月フィリピンの語学学校を取材しリアルタイムの情報を伝えることができます。学校訪問記では、関係者へインタビュー、校舎の周辺環境、1日の流れ、カリキュラム、講師/日本人スタッフ、授業の様子、食事など生活面、他校との違いなど多方面から語学学校を徹底分析しています。解剖シリーズでは、カリキュラム構成から1コマ1コマの授業内容、教材分析まで文字通りにコース内容をご紹介します。

 

EV Academy 2019年最高人気の学校!副学校長のインタビューで施設から運営まで全てを紹介!続きを読む

 

CPI ジェネラルマネージャーにインタビュー!人気の秘訣はここで分かる!続きを読む

 

QQ English カランメソッドとは?スピーキング向上の秘訣が明らかに!続きを読む

フィルイングリッシュで
最新のフィリピン留学情報を
ご確認ください!

Facebook

Youtube