お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

CELLA UNI セブ島

CELLA UNI - セブ留学 フィリピン留学フィルイングリッシュ

目次

1 多めのマンツーマン授業に、安価な授業料、2017年新設のピカピカのキャンパス
2 CELLA UNIの概要
3 CELLA UNIの特徴
4 コース及び留学カリキュラム
5 テスト
6 日課
7 アクティビティ及びサービス
8 留学費用
9 CELLA UNI入学者のためのその他関連事項
10 CELLA UNI学校資料

多めのマンツーマン授業に、安価な授業料、2017年新設のピカピカのキャンパス

セブにあるCELLA語学学校の2つめのキャンパスであるCELLA Uniキャンパスはマンツーマン授業を中心にカリキュラムが組まれおり、基本的に本校のPremiumキャンパスと同じ内容の教育プログラムを提供いたします。

CELLA Premiumキャンパスが学生の自習性を尊重するマイペースな気風であるのに対し、UNIキャンパスは学習雰囲気が重視されます。
人気コースであるPowerSpeaking4(マンツーマン授業1日4時間)とPowerSpeaking6(マンツーマン授業1日4時間)は8週以上の登録者が多い傾向にあります。
傾向として在学生の内70%は一般英語であるESLコース、15%がIELTS、残り15%がキャビンアテンダント、TESOL、Jobコース等を選択します。
在学生の国籍比率は韓国、日本、中国、ベトナムの順です。
CELLAは科目編成を先生と相談して決める事もできる柔軟性があります。ある程度英語力があり、ご自身の弱点、あるいは強化したい部分が明確な方あるいは英会話力に特化して勉強なされたい方に効率的な勉強が可能です。

CELLA UNIが立地するタランバンはセブ中心地から車で20分ほど離れています。セブ中心地に比べ治安がよく空気もいいです。タランバンには大きなショッピングモールや大学がいくつかあります。決して小さな街ではなく、生活するにおいて不便はないでしょう。Gaisanoショッピングモールまでは学校から徒歩3分です。

CELLA UNIの概要

学校名 CELLA UNI
住所 Trieste Building, 777 Barangay Kalubihan, Talamban, Cebu
設立年度 2017年 1月 1日
定員 100名
承認関連 TESDA承認, Concordia国際大学 セブ教育センター
運営留学プログラム ESL、IELTS、TOEIC、TESOL、客室乗務員準備英語(ACE)
講師 60名、ネイティブスピーカー1名
日本人スタッフ 1名
日本人の割合 20~25%
学校施設 建物の2階~8階をすべて学校の基本施設として利用。講義室、会議室、事務所、自習室、ビデオ鑑賞講義室など。
【ユニキャンパス写真を見る】
寮の施設 3階は男性、4階は女性の専用階寄宿舎。(1~4人部屋)寄宿部屋の内部にはトイレ(温水シャワー)とベッド以外に冷蔵庫やタンスがあります。
【生徒さんの1日】
その他の施設 2階は食堂、マッサージショップ(有料)、洗濯室。8階は売店、休憩所、ジム。

・セブ島CELLA留学体験談:ACEフライトアテンダントコースで留学した女子留学生のCELLA UNI体験談
2017/07/30

セブ島CELLA留学体験談:ACEフライトアテンダントコースで留学した女子留学生のCELLA UNI体験談 セブCELLA UNIでの4ヵ月の留学! お名前:LINA 留学コース: Power ESL7+ACEフライトアテンダント 留学期間:16週間   こんにちは!CELLAのユニキャンパス(Uni campus)でACE(フライトアテンダント専門)コースを受講していたLinaです。実は私は、語学留学先の国をどこにするか選ぶ中で最初はフィリピンを選ぶ考えは全くありませんでした。そんな私がなぜフィリピンを選んだかと言うと、セブ島のCELLAにはフライトアテンダント養成専門コースがあったからです。フライトアテンダントに興味はありましたが、私の専攻は航空系とは全く関係ない分野でした。語学留学を機に少しでも知識を付けることが出来たら、もしかすると将来の就職に少しでも役に立つかもしれないという思い、CELLAに留学を決意したのです。最初は英語の基礎を固めなければならないので、最初の1か月はPower ESL7コースを、残りの3か月はACEフライトアテンダント養成コースを受講することになったのです。 CELLA UNI のAECキャビンアテンダントコースとは? CELLAの公式ホームページに記載されている説明文を拝借すると、フィリピンで初めてのフライトアテンダント養成コースであり、韓国のANC客室乗務員専門塾との業務提携した、「航空会社の就職にフォーカスを合わせた就職準備コース」です。授業は一日に8コマあり、ESL科目マンツーマン2コマ、ACE科目マンツーマン2コマ、ESL科目グループ2コマ、ACE科目グループ2コマ、そしてセルフスタディ1コマの時間割で構成されています。 ACEコースの授業は、フライトアテンダントの就職活動の際に必要とされるInterview、Essay writing、Group discussion、Panel interviewの対策を中心に構成されています。ESLコースや他のコースとの最大の違いここにあります。 AECキャビンアテンダントコースの授業 1) 授業 私の時刻割は、4コマESL科目+4コマACEコースの授業で構成されています。 ACEフライトアテンダント養成コースでは、Flight announcement、Panel interview、Writing、Article readingを学びます。 2コマのグループ授業がありますが、現在CELLAのUNIキャンパスではフライトアテンダント養成コースを受講する留学生が私一人なので、グループ授業はマンツーマン授業に代えられています。午前のグループ授業では、Flight announcement、Panel Interviewに関する授業が行われ、午後には記事を読んでSummary、Opinion、Experience、Conclusionの練習をします。 2) Flight announcement & Article reading Flight announcementは、実際の航空会社で使用しているさまざまな状況の機内放送を使い授業が行われます。普段私は、英語の文章を読むか、または話をするときのイントネーションや区切り方、発音に自信がなく、最初はFlight announcementの授業が一番心配でした。しかしスマートフォンの録音機能を使って、自分が読んだ英文の強制を根気強く先生としていく中でかなり改善でき、自信に繋がりました。Articlereadingは新聞記事を読んで、それに応じSummary、Opinion、Experience、Conclusionをフライトアテンダントという職業と関連させて作成し、発表を行うことになります。最初は即座に記事を読み、記事と私の考えを一度にまとめて英語で話すということが非常に難しく苦労しましたが、この授業を通し自分の英語の癖(例えば長文を話すときにandを使いすぎている等)を知ることができました。また、先生が小さいミスを毎回逃さず丁寧にフィードバックをしてくれたので、自分の弱点を集中して矯正することができ、練習を重ねるごとに考える時間も短縮され、英語も正しい文法を使いよりナチュラルに話ができるようになりました。 Article readingの授業では、面接対策だけでなく英語の基礎力も鍛えられたと思います。 3) Panel interview & Assignment Panel interviewはすぐにACEのフライトアテンダントの面接英語の対策授業です。実際に面接に出てくる質問の回答の仕方を練習します。私の専攻は航空系とは全く関係のない分野なので、今まで考えたこともなかったトピックについて考えることができました。どのよう言えば、どんな単語を使えば上手く英語で表現できるか?もっと適切な表現はないか?いつも悩んで回答を作成します。同じ単語や表現を連続して使わないようにすると、その分語彙力や文法力が豊かになり表現力も高度なものになります。フライトアテンダントという職業と資質について考える機会にもなり、モチベーションの維持にも繋がりました。 毎週金曜日に行われるAssignmentは正~言葉実際の面接のような雰囲気で行われます。この日だけは、実際の面接に臨むようにメイクや服装にも気を使い出席しなければなりません。普段仲の良い先生が真剣な表情で座っていた最初の授業の面接練習では、とても怖くてその場から逃げ出したいとまで思いました。この授業の面接練習の際に泣き出した留学生も多くいたという話をたくさん聞いていたので、とても怖かったのです。最初の面接練習では、どのよう面接に臨んだかさえ記憶から飛ぶほど緊張してミスも多かった気がします。自信がなくなり、ここまで出来ない自分が恥ずかしく悔しかったのを覚えています。しかし、毎日面接の練習を繰り返しながら、最初に比べると不安要素もどんどん消え、緊張感も克服することができました。準備をすればするほど、より良くしたいという欲も強くなりなり自信もついてきました。 4) Writing ACEフライトアテンダントコースのWritingの授業では、エッセイとカバーレターと履歴書の書き方について学びます。先生によって授業の方法に少しずつ違いはありますが、私の場合、一日一つのテーマに基づいてエッセイを作成し、それをもとにフィードバックを受ける授業が行われています。 ESLコースと比較すると、普段あまり使っていなかった英語を使用し、単語や文法のレベルが上がったことを実感することができました。より体系的にエッセイを書くという印象です。カバーレターと履歴書の書き方は、来月から学ぶ予定です。 […]

  / 1
セブ留学プログラム解剖: CELLA UNI のIELTS Intensive コース
2017/07/23

セブ留学プログラム解剖: CELLA UNI のIELTS Intensive コース こんにちは、フィルイングリッシュ高橋です。先日、フィリピンセブ地域に所在するCELLA語学学校の2つあるキャンパスの1つCELLA UNIに訪問し、IELTS INETENSIVEコースを取材しました。まず、CELLA UNIについてですが、セブ島のTalambanという地域に位置しており、セブ中心部まではタクシーで約20分の距離です。セブ島のTalambanは治安が良さと新鮮な空気がある場所で、主要なショッピングセンターや施設が徒歩3分のところにある生活のアクセスが非常にいい学校です。また、CELLA UNIキャンパスは2017年の初めに新しく建設された新品のキャンパスで、清潔感漂う綺麗さで、人目を行くキャンパスです。特にセブ地域の他の語学学校に比べて、CELLA UNIキャンパスの3人部屋お4人部屋は比較的に安価なお値段で提供されています。 CELLA UNI 【IELTS Intensiveコース】 概要 コース説明 IELTS IN INSIVEコースの目的は4つのスキル(リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)に焦点を当てたIELTSテストの高スコア取得に必要なスキルを鍛えるためです。 〇IELTSの高スコア獲得に必要なスキルを戦略的に学習し習得する。定期的な模擬テストや日々の課題を通して、IELTSの知識を定着させます。 〇IELTS試験にベストコンディションで挑めるよう、IELTSテストに慣れさせ、自信をつけさせるようにします。 コース情報 〇IELTS INTENSIVEコースの開始日:毎週月曜日 〇IELTSINTENSIVEコースの入学する留学生の英語レベル: 初中級 (基準としてTOEIC 580点以上を習得していることが必要です。) 〇IELTS INTENSIVEコース登録期間:4週間以上(2017年の間に12週間以上で登録された場合はフィリピンで受けられるIELTS公式試験を1回無料で受けることができます) CELLA UNIの IELTS Intensiveコース IELTS INTENSIVE 入学条件 IELTS INTENSIVEの授業カリキュラム 毎週月曜日 の入学 マンツーマン6時間 ・IELTS Writing       ・IELTS Speaking ・IELTS Reading     […]

  / 1
  / 0
~フィリピン留学に、CELLA UNI校を選んで正解だった理由
2018/07/19
はじめまして。 フィリピンCELLA UNI校留学中のレポーター Yuri です。 今回は簡単な自己紹介と私が留学に選んだCELLA UNI校の印象をお伝えしていきます。 ## 私がフィリピン留学を決めた理由 私が留学自体を決めたのは今から2年前のことで、理由は仕事で英語が必要になったためでした。ただ、当時の仕事の兼ね合いもあり…その時は一度機会を見送りました。その後、仕事の予定や留学後のプランも含めて準備が整うまで2年。今回の留学は私にとって、念願のフィリピン 留学となります。 現在、私はIT業界のクリエイターとして働いていてます。この業界では英語のスキルを求められる場面が多いのですが…正直なところ私は英語がものすごく苦手です。過去に「英語ができないため、関わりたい仕事に関わることができない」という悔しい思いをした経験もあります。 念願のフィリピン留学に、フィルイングリッシュのサポートを選んだ理由 フィルイングリッシュを利用する前にも、いくつかのエージェントサービスで相談をしたことがあります。 フィルイングリッシュではさまざまな留学サポートの制度があります。後払いが可能であったり、お試し留学が可能であったり…いたせりつくせりな制度が用意されています。私の知る限り、これほど制度が充実しているのはフィルイングリッシュだけでした。 それでも、私が最終的にフィルイングリッシュに決めたのは費用の安さも理由の一つですが…なによりも、親身になって応対してくださる信頼感が一番の理由でした。 ## これから2ヶ月滞在する学校「CELLA UNI校」について 今回、私はCELLA UNI校のPower Speaking 6を2ヶ月間受講します。 CELLA UNI校では、おおよそ2ヶ月に約1回ボランティアも実施しています。普通の留学では体験しにくい体験ができるのも魅力のひとつです。また、CELLA UNI校は2017年にできたばかりの学校で施設内が清潔なのも魅力の一つです。 CELLA UNI校には日本人スタッフが滞在し、初日のピックアップでは日本人スタッフが迎えに来ます。7月にマクタン空港が新しくなり見違えったはいえ…発展途上国への移動はひとりでは心細いものです。事前にLINEで待ち合わせ場所などを打ち合わせてから向かえるのも有り難い点です。 私は4人部屋に滞在していますが、CELLA UNI校の4人部屋では室内にシャワーとトイレ、洗面台と簡易的なキッチン(加熱機器なし、冷蔵庫あり)が用意されています。 CELLA UNI校では2Fが食堂とSPA、7Fが勉強部屋、8Fが憩いの場とトレーニングスペースになっていて、いつでも利用することができます。Wifiは7Fと8Fのみ共有のものが用意されているので個室では別途用意する必要があります。(SIMカードの調達などは、次回ご説明します) 翌日が授業の日は22時までが門限となり、休日前の日は24時が門限となります。休日前は木曜日までの事前申請で外泊可能なので、泊まる泊まらないにかかわらず木曜日に週末の外泊申請をしておくと急な飲み会や、クラブの誘いのような夜遊びも気兼ねすることなく参加できます。 私が留学に参加したタイミングでは、日本人は私ひとり。他には韓国や台湾の留学生が多く、今回のタイミングだけでも30人超えの留学生が滞在しています。最近は台湾でフィリピン留学がブームらしく、台湾の留学生が増えているとのこと。 私の参加したタイミングから今までは若い生徒が多いため同じ国の人で固まりがちにも感じに感じる半面、生徒の数が多くて友達を作りやすそうな雰囲気でもあります。 提出資料に記入してサポーターの人に渡します。資料記入も日本語の見本があるので安心です。 到着の翌日。授業の初日はレベルテストです。 Speaking、Listening、Reading、Writingのテストをほぼ通しで4時間かけて受けます。(出題内容はTOEICのテストっぽい) この結果によって各々に適した時間割が割り振られます。 その後、ビザや留学に必要なSSP(Special Study Permit)申請のため外へ行きます。ショッピングモールではお金を下ろしたり、換金したり、必要なものを買ったりと自由時間が与えられます。私は事前に用意していたのでカフェでお茶して待っていましたが、必要なものをこのタイミングで買い揃えると良いかもしれません。 ちなみに、CELLA UNI校から歩いて3分位の距離にも買い物が出来るショッピングセンターはあります。 帰ってくるとレベルに合ったテキストブックが配られ、スケジュール表を受け取ります。テキストブックのレベルが合わなかった場合には返品交換も可能です。さらに、「クラスのレベルが合わなかった」「先生を変えて欲しい」のような要望も聞いてもらえるのでミスマッチへの対応も心配無用です。 ## CELLA UNI校を選んで良かった理由 まず、日本人が少ないので「英語を使用しなければならない」環境であるということ。明るくて元気な先生が多いこと。ミスマッチに対応してくれる体制であること。 あと、最後に私個人の要望としては「スパルタ」であることだと感じています。繁華街に近い場所ではどうしても誘惑が多くなってしまうのと、夕方までは外出できないこともあり無理して出かけようとは感じません。 自習室もトレーニングルーム、クリーニングも部屋の掃除も暮らしていくのには十分なサポートを受けています。勉強に集中したい人にとって、CELLA UNI校はおすすめできる学校です。 このあたりは、引き続き詳しくレポートしていきますね。 ## さいごに いかがでしょうか? 今回は簡単な自己紹介と、空港に到着してから授業初日の流れをご紹介しました。それでは今から2ヶ月間、フィリピンでの過ごし方やCELLA UNI校での様子をお伝えしていきます。 以上、Yuriでした! See you Next time 😉 [CELLA UNI校サポーター Yuri]
  / 1
CELLA 初日のスケジュール
2018/06/16
CELLA 初日のスケジュール CELLA語学学校の初日のスケジュールです。 開講は毎週月曜日で、最初の月曜日はレベル確認テストとオリエンテーションを実施し、通常授業は火曜日の午前から行われます。 ただし、Expresserコース(1,2週短期留学コース)は、月曜日の午後から正規の授業開始します。 入寮日(セブ空港までのピックアップと寮への入室)は毎週日曜日です。 以下は、初日(月曜日)のスケジュールとなります。 07:00 朝食 08:20 レベル確認テスト:科目 Speaking、Listening、Reading、Writing 10:20 オリエンテーション:留学生活と学校規定の説明 12:00 昼食 13:30 ショッピングモールで生活用品の購入や両替を行います 16:30 現地費用のお支払い(SSP、電気代、教材費など)
CELLAの空港お出迎え(ピックアップ)と帰国(センディング)について
2018/06/08
CELLAの空港お出迎え(ピックアップ)と帰国(センディング)について フィリピン・セブ地域に2つのキャンパスを運営しているCELLA学校は、毎週月曜日に授業が開講します。今回は宿泊施設への入居日と退室日に関するご案内をいたします。 宿泊施設入居日 毎週日曜日(*例外として土曜日の入学も可能。ただし、事前に学校側の承認が必要となります。) 空港ピックアップ費 原則として日曜日。ピックアップは土曜日の早朝から月曜日の午前まで空港送迎可能。料金は800ペソ。セブマクタン国際空港から学校までは約30分の距離。 帰国と退室日 原則、毎週土曜日昼食後の午後1時までに退寮、空港まで各自タクシーを利用します。
2018年TESOL開講日及び卒業後インターンシップ
2018/02/05
2018年TESOL開講日及び卒業後インターンシップ TESOL(英語教授法、英語を教えるための資格)コース受講のためには、TOEIC680(IELTS 4.0)点以上もしくはそれに相当する英語力が必要です。 【開講・入寮日】 2018年TESOLコース開講日は下記の通りです。なお、入寮は開講日前日の日曜日となります。 1/8, 2/5, 3/5, 4/2, 4/30, 5/28, 6/25,7/23, 8/27, 9/24, 10/22, 11/19   【終了後のインターンシップ】 インターンシップはセブUC大学(University of Cebu)で実施、コースの内容の発表、実習を行います。   期間:2週。1日4時間(月曜日~金曜日) 場所:University of Cebu (CELLAから車で5分) 費用:800ドル 参加:CELLA事務所にインターンシップ申請、費用をお支払い   ・インターンシップは、UC大学の事情により変更される場合があります ・CELLAの寮の滞在を希望する場合、CELLAの承認が必要。滞在費用は、1人部屋600ドル、2人部屋425ドル、4人部屋240ドル。2週間の費用。 ・TESOLコースご希望の初心者レベルの方にはPower Speakingコースで英語力を向上し、TESOLコースに変更されることをおすすめします。
  / 1
  • 初心者IELTS 6.0保証 24週で初心者からIELTS 6.0
フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ