Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

クラークフィリピン留学院 クラーク/アンへレス

バリバゴ近所の日本人経営のネイティブ語学学校クラークフィリピン留学院

クラークフィリピン留学院

クラークフィリピン留学院は、フィリピンの経済特区であり治安が良いクラークの街の中心部にあり、SMモールなども徒歩5分の距離で非常に便利な立地です。また日本人経営で、講師は全て社会経験が豊富なネイティブ講師で構成された小規模の学校なので、個人の要望に応じ授業内容が自由自在に編成できます。日本人正社員も常時2名滞在し、日本式のケアがしっかり行き届いており、学習面から生活面までしっかりしたサポートが受けられます。宿泊施設は4タイプに分かれ全て外部寮なので、自分の目的にあった寮が選択可能です。
また全ての宿泊施設で門限がなく、外部のお知り合いの招待、お酒の持ち込みも自由となっているのが特徴です。

校舎は若干古めですが、地元の名門Jacson大学の中に間借りしているので、売店、PCルーム、図書館などでは、現地の学生との交流も可能です。

学校名 クラークフィリピン留学院(法人名:TIGER ACADEMY, INC. )
住所 1st St. Balibago, Angeles City, Pampanga, Philippines
設立年度 2012年
定員 約30名
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営プログラム ESL, TOEIC, Business
講師 約15人(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア)
日本人スタッフ 2名
日本人の割合 約100%
学校施設 マンツーマン教室、グループ教室、売店、図書室、医務室、カフェテリアPCルーム
宿泊施設の施設 シャワー、トイレ、クローゼット、机、椅子、エアコン、テレビ、ケーブルテレビ、インターネット接続(エコノミープランを除く)
その他の施設 提携レストラン"湯布院"、Jocson大学施設

クラーク留学フィリピン留学院で自分の目標に直結
2017/03/14

クラーク留学フィリピン留学院で自分の目標に直結 名前:M.N 年齢:20代後半 留学スクール:クラークフィリピン留学院 期間:12週間 私がフィリピン留学を決めたきっかけは、昔から外国が大好きだったにもかかわらず全然英語が話せなかったからです。ちょうど仕事でも英語の必要性が出てきたこともあり上司に相談のうえフィリピン留学を決断しました。 留学スクール選びの際に基準としたのは以下の通りです。 ・周囲の治安がいい(女性1人でも行動可能) ・1人部屋かつ門限がないこと ・食事がおいしいと評判 ・インターネットが快適に使えること ・欧米人(ネイティブ)とのマンツーマンレッスンが可能 ・日本人スタッフがいること 言い方はよくないですがフィリピンは発展途上国ですので、生活レベルは日本と比べたら低くなることは承知の上でした。先生の良し悪しはどの留学スクールに行ってもぶつかる問題だと考えていましたし、希望によって先生の変更が可能という留学スクールがほとんどでしたので、生活環境によるストレスが少しでも軽減される留学スクールを選ぼうと思いました。また日本人スタッフがいることで緊急時や要望等を詳しく伝えることができると考えました。英語を使うことも大事ですが、お金を払っている以上、つたない英語で意見を伝えきれずもやもやするくらいなら必要な要望は間違いなく伝えられることも大切だと思います。 授業についてはスタンダードコースの内容をベースにビジネス英語も取り入れたようなコースにして頂きました。 授業内容に関しては、 ライティングの添削では、「こういう文章構成は一般的ではない、表現が適切ではない。」というように国語の小論文添削を思い出すような、きちんとした文章の書き方について細かく指導頂きました。ここまでの指導は、社会人経験豊富なネイティブの先生だからこそだと思っています。またスピーチ原稿を作ったため、同じ先生のグループクラスにて発表の機会も頂きました。その際は立ち方、困ったときの間の取り方など、実践的な指導もあり、大変勉強になりました。 発音の授業は、機材を使用して自分の出している音の種類、舌の使い方などを分析してもらいながら、矯正していきました。発音は耳で聞いて、声に出して、いかにネイティブに近づけていくかが大切だと思います。前の音とのつなぎ方やネイティブらしい抑揚のつけ方など、単なる発音だけでなく「しゃべること」と総合的に教えていただき、講師からもネイティブが聞いても違和感のない話し方になってきたと褒めてもらえました。 グループクラスは文法等の学習授業ではなく「話すこと」がメインです。毎授業テーマに沿ったディスカッションをします。幸運なことに、自分とは全く違う専門分野の方々と同じグループになることできたので、同じ問題でも様々な観点からの意見を交換することができて、とても有意義な時間でした。 宿泊施設はスタンダードのお部屋を選択しました。留学スクールから徒歩10分弱と少し距離はありますが、部屋だけでなく廊下などの共用部分の掃除も行き届いており、 水まわり(少し鉄くさい)を除けば日本のビジネスホテルと同等の清潔さだったと思います。 重い荷物等はホテルスタッフの方が率先してお手伝いくださいましたし、Wi-Fiトラブル等もすぐに対応していただけて、快適に過ごすことができました。 写真:フィリピン留学院ホテル外観 留学スクールが提携している日本食レストランについては、本当に「おいしい」の一言につきます。現地で働いている日系企業の方々も車で通っているほどです。また、留学スクールの周囲にローカルレストランも何軒かありますので、「今週は別のところで食べたい!」と思った際には、1週間ごとに食事を返金対応してもらえるというのも便利です。 写真:食事 留学期間が長いこともあり、土日のどちらかは出かけるようにしていました。近場でいえば、銃射撃やゴルフ、ビアフェスティバルも開催されていたので参加しました。日本に比べ物価が安いので、何でも手軽に楽しめるのもメリットだと思います。ゴルフについては、留学生何人かで「ゴルフ部」なるものを作り、朝の授業前や放課後にも打ちっぱなしに通ったりしていました。休日クラスで「フィリピン人講師とゴルフ」というオプションクラスもありますので、日常英会話ではわからないゴルフ用語についてコースを周りながら学ぶのも楽しかったです。 写真:ゴルフコース フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析 こんにちは。フィルイングリッシュ留学カウンセラーの佐藤です。 フィルイングリッシュでは、個別留学カウンセリングをメインに、月100名ほど、春・夏休みのピーク時は月150名ほどの日本人留学生のフィリピン留学をサポートしています。 >>>留学カウンセラーによるコラムを読む フィリピン クラーク留学 語学学校一覧 クラーク地域は、フィリピンの首都であるマニラから、車で約2時間ほど北上したパンパンガ州の中にあります。クラーク地域には、フィリピンの経済特別区(Clark Special Economic Zone, CSEZ)があり、ルソン島アンヘレス市の郊外に位置しています。フィリピン留学業界では、「クラーク地域」とひとくくりに呼んでいますが、厳密に言うと、「クラーク経済特区」と「アンヘレス市」に分かれており、街の雰囲気は若干異なります。 >>>クラーク留学についての詳細を見る

  / 1
  / 0
  / 0
  / 0
クラークフィリピン留学院 初日のスケジュール
2016/12/15
クラークフィリピン留学院 初日のスケジュール クラークフィリピン留学院における新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。 【初日のスケジュール】 時間 内容 6:00 ~ 7:00 学校到着 7:00 ~ 8:00 朝食 8:00 ~ 12:00 休憩 12:00 ~ 13:00 昼食 13:00 ~ 16:00 レベル分けテスト 16:00 ~ 17:30 オリエンテーション 18:00 ~ 19:00 夕食 19:00 ~ 21:00 お買い物及び両替
クラークフィリピン留学院 2016/2017 年末年始スケジュール
2016/09/06
クラークフィリピン留学院 2016/2017 年末年始スケジュール クラークフィリピン留学院より、2016年/2017年の年始年末スケジュールに関する最新情報を得ましたので、お知らせ致します。   【クラークフィリピン留学院 年始年末スケジュール】 【休講日】 2016年 12月30日(金)   *現時点では上記に記載させて頂いた祝日等(休校日)の為の補講や保証はありませんので、ご理解頂けると幸いです。フィリピンの祝日は変動する事がありますのでご了承ください。
オールネイティブの日系英語学校
2016/08/11
オールネイティブの日系英語学校 アンヘレスの繁華街、バリバゴまで徒歩5分以内、SM CLARKショッピングモール近所にあるオールネイティブの日系英語学校 クラークフィリピン留学院
  / 1

よく読まれている留学体験記