KEYSTONE クラーク / スービック留学

KEYSTONE

一目でわかるKeystone
  1. 治安の心配がほとんどないスービック経済特区の中に位置
  2. 週末遊べるアウトドアアクティビティ施設が周辺に多い
  3. 平日外出OK
  4. マンツーマン科目変更自由自在
  5. ESLコースの中にビジネス、IELTSなど他コースの科目を入れる事が可能
  6. 学生男女比率は平均8割と女性が多い
  7. 施設はまあまあ綺麗
  8. 学校周辺は山なので空気はいいが、ちょっとした買い物には不便

 

小さな観光地のような雰囲気。廉価で充実したマンツーマンレッスン

Keystoneはフィリピンで一番安全と言われるスービック経済特区の中に位置します。 スービックは民間の銃規制が徹底しておりセキュリティガードも銃器類の装備が許されておりません。世界企業の支社が集まる大きな港町であり、警官の権限が強く、セキュリティシステムがしっかりしていて凶悪犯罪がほとんど起こらない事などからスービックはフィリピンで一番安全な街と言われています。安全という事もあってかKeystoneの学生男女比率は女性が7~8割と女性が多いです。

場所はスービックの繁華街から車で15分ほどの経済特区の中心。周辺は山に囲まれていてちょっとした買い物には不便ですが、周辺にはマリンスポーツとアウトドアアクティビティの施設で固まっています。教師と学生間の交流が深いので一緒に短期旅行など休暇を楽しみます。国籍比率は通常、日本、韓国、台湾が約3割づつ、残りはベトナム、中国などで構成されます。

カリキュラムの基本は、マンツーマン多めのスピーキング力強化に力点を置く平日外出可能なセミスパルタです。 リラックスした雰囲気で休暇を楽しみながら勉強したい方に適しており、治安が良くアクティビティも盛んなので親子留学にも人気です。

KEYSTONEの概要

学校名 Keystone Academy 
住所 Lot 5A, Subic Heights Compound, Upper Mau Camp Area, East Avenue, Appari road, Cubi-Triboa District, Subic Bay Freeport Zone, Philippines
設立年度 2011 年
定員 150 人
承認関連 TESDA及び教育長の正式認可
運営プログラム ESL, TOEIC, IELTS, 親子留学
講師 70 人
学校施設 マンツーマン教室, グループ教室, プレゼンテーションルーム, 図書館, 自習室, カフェテリア, 売店, パソコン室, オフィス
寮の設備 ベッド, 机, 椅子, クローゼット, トイレ(シャワー), エアコン
付帯施設 保健室, 体育館, プール(小), ジム(小) Wifiは教室以外使用可(一部寮は弱い) 

リゾート地のスービックで安全留学!
2019/11/18

リゾート地のスービックで安全留学! Nさん女性30代24週間 【講師の質・教え方】 講師歴が豊富な先生が多く、疑問に思うことがすぐに解決できました。 【食事】 韓国料理が好きなので、食堂の食事は美味しくいただけました。 【総評コメント】 スービックという場所がとても気に入りました。スービックはフィリピンの中でもとても治安が良く、安心して過ごすことができました。またオロンガポというところはフィリピン人の居住地なので、オロンガポに行くとフィリピン人らしい生活を体験することができました。違う雰囲気のところに住むことができて、いい経験になりました。先生方と食事に行ったり、他の国の生徒さんと会話したりして英語力を伸ばすことができました。 【その他、特筆すべき点は?】 日本の夏休みの前のシーズンの前はとても静かで過ごしやすいです。夏休み中は、人数が増えるので静かな留学生活を送りたい方は夏休みを避けたほうがゆっくり勉強することができます。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 とにかく英語を実践的に話すことが大事です! スービックはとても治安が良く、安心して勉強することができました Dさん女性10代24週間 【講師の質・教え方】 講師方はみんな親切で、質問すると丁寧に答えてくれます。 【食事】 フィリピンと韓国料理が出て、問題なく美味しくいただいています。 【学校の良かった点】 スービックの治安の良さを実感しました。ひとりでタクシーも乗れるのでとても安心感ありました。 中規模の学校なので、他の国の生徒とも仲良くなれるのが良かったです。勉強を頑張って週末に友達とアクテビティに出かけるのが楽しみでした。なかなか一日中8時間の勉強は大変でしたが、友達ができて励まし合いながら頑張れました。 とくに週末は水族館や動物園にいけたことがいい思い出に残りました。またきれいなビーチもあって、リゾートの内のビーチは本当にきれいでまた行きたいです。 また先生方もとてもフレンドリーで最初の授業からとても安心しました!分からないことがあったらすぐに聞くことができますし、丁寧に教えてもらえて理解できたときがすごく嬉しいです!先生も自分のレベルに合わせてくれるので、ありがたかったです。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 毎日たくさんの授業がたくさんあって大変ですが、復習と予習を欠かさずに頑張るといいと思います。復習をすると次の授業で、効果が出やすいのでおススメです! フィリピンの色んな面が楽しめる町、スービック! Mさん女性20代3週間 【食事】 食事はとても満足でした。美味しかったです! 【施設・設備】 部屋は週に一回清掃してくれるので、綺麗に保つことが出来ると思います。雨季は毎日ジメジメしているので、匂いが気になる方はファブリーズを持って行った方がいいかもしれません。 【総評コメント】 キーストーンは若い先生が多いので、とても生き生きしていて、活発なクラスが多いです。長く居る先生も沢山居るので、安心して授業を受けることができます。授業中にフィリピンの有名な食べ物や、スービックでのアクティビティーのことを沢山教えてもらえます!放課後や休日を使って、十分楽しめると思います。海がとても近くにあるので、授業が終わった後に友達と海辺に行って、夕陽を見たり、写真を撮ったりして楽しむことができます。そしてなんといっても、隠れ家カフェが多いんです!中心部からちょっと離れたところに、「ここは本当にフィリピンか!?」と思うくらいのおシャカフェが点在しています!いろんなお店を散歩がてら発見するのも楽しいと思います! マンツーマンはかなりハードですが、とてもやりがいを感じます。 Jさん男性20代14週間 【講師の質・教え方】 先生は皆親切で、分からないところはゆっくりと例を挙げて教えてくれます。 【食事】 ご飯は正直期待しない方がいいと思います。 ですが、料理のバリエーションは多いです。 【学校の良かった点】 Keystone Academyは、メリハリのある学校だと感じました。授業時間は、マンツーマンでみっちりと勉強をするためかなり疲れますが、学生寮の規則はかなり緩く、放課後はご飯を食べに行ったり、休日は友達と海やショッピングなどに行けるため、リフレッシュすることができます。 【学校の気になった点】 気になった点は、ご飯と立地です。 ご飯は、日本と比べてはいけないとは思いますが、期待はしないほうがいいです。一応、ご飯とおかずで食べることができますが、あまり口に合わないと思います。 そして、Keystoneは山の上にあるため近くのコンビニまではタクシーでないとかなりきついです。ですが、タクシーを呼ぶのも一苦労です。 学生寮の部屋は至ってシンプルではありますが、何も無いためかなり暇な時間が多いです。 ですので、とにかく勉強に集中するには良い場所だとは思います。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 とにかく、色々な人と話してみることだと思います。世界には様々な人がいて、自分の知らない世界を見ている人のお話はとても面白いです。 ですので是非、たくさんの人とお話してみてください。 【その他】 少し不便に感じるところは、WI-FIが繋がりにくく、かなり電波が弱いことです。 ですので、そこは覚悟してきた方が良いと思います。

フィリピンで一番治安がいいスービックのKeystone
2019/07/01

フィリピンで一番治安がいいスービックのKeystone 写真は休憩中のKeystoneの講師たち フィリピンの語学学校校長と治安の事で話をしますと『自分の学校はかなり安全!』とよく自慢します。ですがそれは「セブの中ではかなりいい」あるいは「セブやマニラよりはかなりいい」というフィリピン国内の相対的なレベルのお話です。 本日ご紹介する語学学校Keystoneが立地するスービックの治安は「東京や台北、ソウルと比べても劣らない」という国際安全都市比較レベルになります。 こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。フィリピン安全都市スービックの経済特区にあるKeystoneという語学学校を2019年6月に訪問しました。 治安がいいという大前提があるのでKeystoneは特に女性に好まれます。 訪問時の男女学生比率は女性8割。 立地 スービックはマニラの北西150kmほど。車で3~4時間 スービックの中心地はショッピングセンターハーバーポイント。アヤラ財閥系列のショッピングモール。そこからバスや車で15分ほど。学校は山の坂道の中腹に位置します。 山道の途中にあるので徒歩圏にはなにもありません。ただ車で5~15分くらいの所にリゾートホテルやビーチ、ズービックサファリなどの観光施設が密集する地帯に位置しますのでスービック観光エリアの中心にあると言えます。 移動手段はタクシーかジプニー(スービックではFBと呼ばれています。) 学校からはスービック湾が見えますので見晴らしはいいです。 治安がいい理由 スービックがフィリピンで安全な都市と言える一番の理由は『刀狩り』が完了している事。Keystoneがあるスービックの広大な経済特区は外国資本の工場が密集するエリアなので銃刀類の持ち込みが徹底的に規制コントロールされております。それと理由にかかわらず民間人が銃器を保有保持する事が禁止されております。銀行などの前で警備するセキュリティがショットガンなどの銃器を装備する事も認められません。ショットガンを持たない銀行警備員は恐らくフィリピン中スービック以外探せません。完全な刀狩りが実行されています。もう一つの大きな要素は特別区内の警察官に強い権限が与えられ細分化された担当ブロックで配置されている事。Keystoneの学校長によりますと自分のエリアの安全は自分が守るという各警察官たちの自尊心が強いそうです。 Keystoneの施設 写真は左側が校舎および寄宿舎の建物、右側が事務所、スポーツジム、食堂、図書室などの建物。 Keystoneは創立2011年の比較的新しい学校です。施設も老巧化は見えません。 特別豪華ではないですが、綺麗です。 学校の規模は150名程度。小さいのでだれでも友達になれそうなアットホームな環境です。注意点として1人部屋、2人部屋、3人部屋とも同じサイズですので3人部屋は2段ベッドを置かなければならず、3人が住むには窮屈です。この学校で学ぶのであれば1人部屋か2人部屋をおすすめいたします。お部屋の中のタンスは3つの鍵付き引き出しがありますので貴重品はそこに保管してよいでしょう。 冷蔵庫が廊下に設置されていて学生たちが共同で使います。 校舎兼寄宿舎、事務所、図書室、スポーツジム、食堂、IT知識学習コース専門校舎と中庭の3つの建物で構成されます。訪問時に校内に小さな水泳プールが新設されておりました。2019年夏から利用開始との事でした。 Keystoneの学費はどちらかと言えば安い方です。ただ注意点として電気代は高いです。スービック特別区の電気代は他の地域の倍くらいしますのでそれくらい請求されます。 学校の特徴 コースの概要 Keystoneはマンツーマン多めのスピーキング力強化に力点を置く平日外出可能なセミスパルタです。 ESLコースの特徴は二つ。 受講科目は固定ですが講師と相談して変更できます。ここまでは他の学校でもよく見受けられる事ですが、Keystoneはさらに踏み込んで各分野をさらに細分化いたします。 たとえばスピーキング科目は発音モジュール、パターンイングリッシュモジュール、一般会話モジュールなどが用意してあるのでマンツーマン授業の3コマを英会話科目に増加変更希望した場合上記から選択する事ができます。、 又ESLコースを選択しながらも正規授業科目の中に部分的にIELTS、TOEIC、ビジネス英語などを取り入れる事も可能です。この方式を許す学校はフィリピンでは非常に少ないです。 学習雰囲気がいい Keystoneは平日夜門限の23時まで外出OKな学校です。正規授業が終わった放課後は完全フリー。夕方や夜に特にオプション授業が用意されていない少し珍しい学校です。 平日外出OKな学校であるにもかかわらず平日外出する学生はほとんどいないとの説明を受けました。少し驚きました。 セブで同じ状況ですと外出組は8~9割、居残り組は1~2割という学校が多いです。 外出しない要因としては山の中にあるので移動が不便という理由があげられます。それ以外に学校が自習を積極的に奨励して学習雰囲気を乱す学生を排除する姿勢があります。学校長によりますと勉強しないという理由で学生を退学させることもあるそうです。 それとスービックという街は土日に思いっきり遊べる施設が整っているので平日は勉強、土日は遊ぶと学生が区分けしているとの見方もできます。 講師に厳しい学校 Keystoneでは2か月毎に講師たちに対して英語レベルテストを実施しているそうです。及第点を取らなければ退職となるので講師たちも必死だそうです。 このような荒療治ができるのはスービックの環境と関連します。スービックは大学が多いにもかかわらず語学学校が少ないです。なので大学卒業生をいつでもいくらでも確保できるという地形的利点があります。競合密集地域のなかで万年講師不足で悩むセブの語学学校にとっては贅沢な話です。 国籍学生比率 写真右は日本人マネージャーサマーさん。 訪問時の国籍比率は日本、台湾、韓国がそれぞれ3割くらいでした。その他は中国とベトナムからです。3割いる日本人留学生の男女比率は女性9割でした。 スービックというおしゃれな街 ゆとりが見える地元の人々 地元の人々からゆとりを感じます。 たとえば道を歩いていると道路を走っている車が停車して笑顔で『お先にどうぞ』という道を譲るポーズをしたりします。 これがマニラやアンヘレスシティですと『早くそこをどけ!』と言わんばかりにクラクションをけたたましくならすような習慣が生活の一部として存在します。 スービックはマニラから近い大きな港町ですので大きなお金が集まります。経済特区には日本をはじめ数千の外国商社や会社の支社が密集し貿易交流が活発です。道路もインフラも建物もよく整備されています。 フィリピンのお金持ちの人たちも住みやすいこの街に集まりお金持ち住宅地帯をどんどん形成していきます。雇用も増えるので底辺にいる人たちの経済水準も上がります。スービックで凶悪犯罪がほとんどないというのもうなずけます。 観光受け入れ態勢が整っているスービック 写真はズービックサファリでホワイトタイガーとの記念撮影する観光客。 アンヘレス・シティでは見かけないがスービックではたまに見かける人々がいます。欧米人女性です。クラーク・アンヘレス地域に欧米人男性はごまんといますが連れ添っているのは皆若いフィリピン人女性ばかり。 スービックでは欧米の単独女性旅行者、中年、若年カップルをたまに見かけます。 欧米の若い女性旅行者たちにとっても魅力的な街だという事になります。 魅力は3つ。街が安全な事。街が綺麗である事。観光客の受け入れ態勢が万全である事。 […]

      Keystone 初日のスケジュール
      2018/06/16
      Keystone 初日のスケジュール KEYSTONE語学校の初日のスケジュールです。   開講は毎週月曜日で、到着後最初の月曜日はレベル確認テストとオリエンテーションを実施し、通常授業は火曜日の午前から行われます。   原則として入寮日(マニラ空港またはクラーク空港へのピックアップ)は毎週土曜または日曜日となります。   平日(月~木)の入寮をご希望される方は学校側の承認が必要となりますので別途お問い合わせください。 下記は到着後最初の月曜日のスケジュールです。正規授業は火曜日の午前から開始となります。   8:30-9:00 : 必要書類のご記入 9:00-11:00 : レベル確認テスト 11:00-11:30 : スピーキングテスト 13:00-16:00 : 近くのショッピングモールへ行きます ( 両替) 16:20-17:00 : オリエンテーション  

      Phil English 東京事務所
      住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
      電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
      E-mail : info@phil-english.com
      Line : 2012phil     Skype : phryugaku

      [⻄⽇本事務所]
      住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
      E-mail : nishijap@phil-english.com
      Line : philengvictor