お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

E-ROOM バコロド

E-ROOM バコロド

E-room 安価な授業料、多めのマンツーマン、自分 に合った授業を自由にカスタマイズ!

E-Room Language Centre(E-Room Language Centre)は、バコロドというフィリピンの地方都市にある小規模の英語学校です。首都マニラから飛行機で約1時間です。ホテルの敷地内に位置するリゾート型キャンパスは、常にリラックスした雰囲気です。プールを利用したり、ホテル周辺を散策したりすることも出来ます。キャンパスホールは3階と4階を賃貸し、広々とした快適な空間が広がっています。

この学校は2005年に設立され、質の高い教育と質の高い教師で評判を得ています。すべてのE-Room教師は、慎重かつ厳しいプロセスにで採用されています。講師の95%が女性教師であるため、ここの学習環境は女性には馴染み易いでしょう。ある程度のルールはありますが、特に厳しく制限されていないので、学生は一定の自由を持って留学生活を送れます。

E-Roomは、学生のレベルと志向に応じた学習環境を提供し、「非スタイル」の学校(つまり、特定のルールはなく、学校は柔軟に対応することができます。 1:1の授業では、弱点を集中的に改善します。学生はニーズに合わせて自分のカリキュラムをカスタマイズすることができます。

E-Roomの概要

正式名称 E-Room Language Center
住所 1st Floor, Luxur Place Hotel, Magsaysay Ave, Bacolod City, Philippines
設立年度 2005年
定員 120名
承認関連 TESDA(教育長)及び移民局正式認可
運営留学プログラム ESL A, B, C, D
講師 フィリピン人講師70~80 名
日本人スタッフ 有り
日本人留学生の割合 30%程度
校内施設 クラスルーム1:1、グループルーム、カフェテリア、コンピュータルーム、自習室、休憩室
寮の施設 テレビ、ベッド、ホット&コールドシャワー、トイレ、スタディテーブル、エアコン、冷蔵庫、無線LAN
付帯施設 ゴルフ場、バスケットコート、卓球台、ジム、プール、売店(カフェ併設)、ブランコ、ロッカー、旅行会社

【バコロド留学体験記】 E-Roomsで留学した6人の体験談
2018/03/22

【バコロド留学体験記】 E-Roomsで留学した6人の体験談 バコロドにある語学学校E-Roomsで留学した6名の体験談を紹介します。 私は3か月間e-roomに滞在しました マンツーマンが多いのと、価格が安く、比較的にバコロドの治安もよかったのでe-roomを選びました。 今まで英語が大の苦手で、勉強したことがありませんでした。 もちろんレベルはVery Basicです。始めは先生の言っていることも良く分からず何度も聞き返したり、単語しか話せませんでした。1か月を超えたところで、先生が言っていることが通常の会話のスピードでも理解ができるようになり、自分の言いたいことも徐々に言えるようになりました。 何よりも驚いたのは、英語の勉強がこんなに楽しいのかと気づいたことです。同時になぜ今まで勉強してこなかったのかと後悔もしました。 また、同じe-roomの学生でも大学生から社会人、日本人、韓国人、台湾人、ベトナム人もいて、いろんな人と出会えて、友達になれました。実は、e-roomで出会った仲間たちに触発されて、ワーキングホリデーにも行きます! 英語の勉強だけでなく、自分の人としての幅も広がったと思います。 私は6か月e-roomに滞在しました。 あっという間の6か月でした。最初きたばかりのときは、とても不安で緊張しましたが、今となってはバコロドが私の家みたいになりました。バコロドのことはほとんど熟知していて、私はここで生まれたんじゃないかと思います。笑 今まで一度も海外に行ったことがなく、バコロドが初めての海外になりました。 日々の生活から脱出して新しいことにチャレンジしたいと思ったのと、小さいころ勉強していた英語を実際の生活で使ってみたいと思ったのがきっかけですe-roomで実際に英語を勉強するだけではなく、いろんな国の人々と出会って、いろんな人生や価値観に触れることができました。 週末は近くのバーに行き、友達とお酒を飲んだり、3連休のときには小旅行へいったり、学校のアクティビティに参加したりと、とても充実していましたし、とてもいい経験ができました。日本にいたら絶対体験できないようなことばかりでした。現地の人と触れ合い、異文化を学ぶこともできました。 帰るときはとても寂しく、バコロドを離れたくありませんでした。 e-roomにはたくさんの思い出があるので、帰るときはとても寂しかったです。 e-roomの方々には感謝しかありません。機会があればまたここに戻ってきたいです。 私はe-roomで3か月間英語を勉強しました。 英語力は5W1Hも知らないThank youとI’m sorryしか話せない、0の状態でフィリピンにきました。e-roomの先生たちや、出会った友達が根気強く教えてくれたり、英語になれる整った環境で生活した結果、3か月後には相手の言っていることが6割、7割理解できるようになり、自分の言いたいことも伝えられるまで成長しました。e-roomで出会った友達とは連絡を取り合って、日本でも遊ぶ予定です。海外という慣れない地で長い間生活を共にしてきたからこそ、分かり合えるかけがえのない友情を築くことができました。 日々の生活も、近くにスーパーやデパートがあり、不便さを感じることはありません。 授業内容も自分が持ってきたテキストから勉強したり、苦手な分野を重点的に勉強できたりと、臨機応変なところもe-roomの強みだと思います。 勉強が嫌いで、英語をまったく勉強してこなかった私でも、こんなに英語を好きになって、もっと話せるようになりたいと思ったのも、先生たちや友人のおかげです。 3か月間ありがとうございました。 また留学するなら、絶対e-roomに来ます。 E-Room 留学中、日本人の28歳です。 4週滞在予定の3週が終わった、残すところ1週の段階です。 使用中の部屋は広く快適です。 そしてベット横に照明のON OFFスイッチがあるのが嬉しい。 これがあるかないかで、 一人部屋と複数人部屋の選択の決定打が地味にあるように思います。笑 さて、学校の雰囲気ですが、17年9月1日現在のところ 生徒数 韓国人5:日本人4:ベトナム人1 :中国人0:台湾人:0 といった印象です。 年齢層は全体的に若く、 大学生の方が夏休み期間を使って1か月間滞在、といったパターンが多いようです。 先生によると休み期間毎にカムバックする大学生が沢山いるとか。 それとワーホリ前のフィリピン留学という定番ルート。 素敵ですねー。 もちろん私くらいの年代、 もしくはそれ以上の社会人枠からご年配の方も全体に比べれば小さいですが 少なからず在籍しています。 でもそれは韓国人男性が一番多いかも。 短期間、同じバコロド内の別の学校に在籍した経験があるのですが そこに比べると E-Room は比較的真面目な印象があります。 母体の小さな学校を選択すると、本当にありがたいことではありますが、 […]

  / 1
  / 0
  / 0
  / 0
E-ROOM 初日スケジュール
2018/06/16
E-ROOM 初日スケジュール バコロドのE-ROOM語学学校は毎週月曜日に開講され、入寮日は土曜または日曜日と決まっています。 最初の月曜日はレベル確認テストと留学生活に関する説明があるので、通常の授業は火曜日の午前から始まります。 •到着後最初の月曜日のスケジュールは以下の通りとなります。 10:00 レベル確認ステスト(記入形式とスピーキング形式) 11:00 必要書類のご記入:E-Roomの個人情報記入用紙、ビザ延長用紙、SSP 12:00 昼食 13:00 入学生全員でSMモール(フィリピンの大型ショッピングモール)へお買い物に行きます。 (学校側で用意した車で向かいます。SMモールまでは車で約10分程度の距離です。) 15:00 学校に戻った後は、教科書を受取ってお支払いをして頂きます。 その後、学校の説明等のオリエンテーションを行います。 •生活用品を購入する場所と両替できる場所について SMモールというフィリピンの大型ショッピングモールで生活用品を購入することができます。 そして、両替に関してはSMモール内の両替所で両替することができます。マネージャーもついているので迷う心配はございません。 SMモール以外にも歩いて10分程の距離に別のショッピングモールがあります。 •正規授業のスケジュール(到着後最初の月曜日から始まります) 授業は基本的に午前8:00-午後18:00まで行われます。 授業は生徒のレベルとコースに合わせて学校側で編成しているので定まった時間割はありません。
  / 1
  • 初心者IELTS 6.0保証 24週で初心者からIELTS 6.0

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ