お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

E-ROOM バコロド

E-ROOM バコロド

安全で清潔なリゾート施設,安価な授業料と自分に合った授業のカスタマイズ!

バコロドは、一度行くと再び行きたくなる魅力的な都市です。2005年から運営されているE-Room Academyは、マンツーマン授業ベースのESL専門学校です。学校は実際に運営されているリゾート地を借りて使用しており、プールや遊歩道などの外部施設はリゾート宿泊客と同じように利用する事ができます。その為、施設内は常に清潔・安全が保障されます。

運営方式は、平日の夜間外出禁止令が定められているセミスパルタ方式ですが、学校側からの干渉はそこまで感じる事はありません。ある程度のルールはありますが、特に厳しく制限されていないので、学生はストレスを感じることなく留学生活を送れます。

E-Roomは、学生のレベルと志向に応じた学習環境を提供し、「非スタイル」の学校、つまり特定のルールはなく、学校は柔軟に対応することができます。学生はニーズに合わせて自分のカリキュラムをカスタマイズすることができます。

E-Roomの概要

正式名称 E-Room Language Center
住所 1st Floor, Luxur Place Hotel, Magsaysay Ave, Bacolod City, Philippines
設立年度 2005年
定員 120名
承認関連 TESDA(教育長)及び移民局正式認可,  SSP移民局の承認学校(AFF-06-022)
運営留学プログラム ESL, TOEIC, IELTS
講師 70~80 名
日本人スタッフ 正規マネージャー1名,アシスタントマネージャー2名
日本人留学生の割合 25~30%
校内施設 マンツーマン教室,グループ教室,オフィス,休憩室,自習室など
寮の施設 テレビ,ベッド,ホット&コールドシャワー,トイレ,スタディテーブル,エアコン,冷蔵庫,無線LAN
  • ホテルの宿泊施設を利用可能
付帯施設 ATM, プール(約30メートル1つとジュニア用1つ),バスケットコート,ジム,カフェテリア,屋外休憩室
  • 徒歩10分以内にショッピングセンター,警察署,リゾート,様々なレストランやバーあり

バコロド語学学校E – room. リゾートホテルでの勉強と生活
2019/04/22

バコロド語学学校E – room. リゾートホテルでの勉強と生活 フィリピンのバコロドに位置するE-roomに今回私は初めて訪問し、ここにいる学生たちと共に生活を体験しました。 皆さん、こんにちは。私はフィルイングリッシュのWunnaです。今回は、E-Roomをご紹介致します! LUXUR PLACEホテルの大門   LUXUR PLACEホテルの外観 きれいで清潔な街、 安全で便利な立地 E-roomが利用するLUXUR PLACEホテルは空港からタクシーで約20分程の距離に位置します。セブほど多くのタクシーはいないですが、タクシーアプリのGrabも使え、不便はないです。 空港から学校までの道は、たくさんのサトウキビの栽培地が印象的です。バコロドはフィリピンの有名な「飴郷」であり、サトウキビは最も主要な経済作物であり、サトウキビを栽培することによりこの地域の人々は豊かな生活を送れます。人口は多すぎず、周りの道路や建物はきちんと整備され綺麗でセブの様に道が混雑する事もありません。 ホテルの入り口のATM 街中にはRobinson, SM City, City Mall, Ayala Mallなどの大きなショッピングモールがあります。学校へ向かう途中にあり、学生が買い物をするのにはとても便利です。ホテルの前にはATMが設置され緊急時でもすぐに対応でき学校周りはとても便利です。 ホテルの1階のロビー   警察総局の大門 ホテルの正対門にはバコロイド市の警察総局があって、ホテルの安全保障の共に学校の安全も守られます。 校長Mr. Neo 氏へインタビュー なぜバコロドの地を選び語学学校を設立したのでしょうか? Mr. NEOさん: 私は1999年に韓国からフィリピンに移住し20年が経ちました。韓国からフィリピンに来た最初の人だと思います。当時私はあちこちで旅行するのが好きで、私はフィリピンの多くの場所にを訪ねました。例えば、マニラ、セブ、バギオ、バコロド、イロイロなどの都市です。すべての都市に対して詳しい情報を持っていますが、バコロドという都市は人口が少なくマニラのように混雑する事もなく安全で、住民たちもみんな親切で、物価も安いです。最も重要な点として、ここには20校ほど大学があるため、優秀な先生を雇用することが可能だからです。 食堂で食事する様子 学生たちのことをよく把握しているようですがどの様に取り組んでいるのでしょうか? Mr. NEOさん: 私と別の管理者Mr. Geneと一緒に学校運営しています。私は主に学校管理を担当し、彼は市場運営を担当しています。ですから素材仕入れから学生のアウトドア活动まで、日常的な管理は私が担当しています。毎二日間5時に起きて学生たちのために食料の買い出しに行きます。中華レストランのオーナーが私と長年の知り合いなので、時々市場で出会った際にどんな食材がいいか教えてくれるので新鮮で健康に良い美味しい食材を学校で提供できます。また、週末にはキャンプへ子供達を連れ出して一緒に活動します。 実は私の家族や学校の主任講師、その他一部の講師はこのホテルに住んでいて、学生はいつでもどこでも私たちを见つけることができます。みんな私の連絡先を知っており、問題があればすぐに解決するのにも役立ちます。些細な情報も共有してくれるので私は生徒や教師の情報を熟知しています。 マンツーマン授業 E-roomの授業を主にマンツーマン授業で構成した理由はなんですか? ほとんどフィリピンに来る学生は、基本的に英語が苦手です。そしてフィリピンを選んだ理由は、ここのマンツーマン授業が安いからです。ですから私たちは学生の願いに従って、多くのマンツーマン授業を提供し、学生が自分のペースでレベルアップできるようにすることが目的です。特に社会人は期間が限られるので、マンツーマン授業により有効な時間と短期間での英語レベルの向上を目指します。 私たちの学校に一度だけでなく再入学してくれる生徒も多数います。ある少年が初めて父母と一緒に来て以来、二回目と三回目は冬夏キャンプを単独で参加してくれています。 建築中のE-room新キャンパス   E-roomの新しいキャンパスの設計図 学校は今年8月に新しいキャンパスに移転する予定ですが、新しいキャンパスの様子を紹介していただけませんか? Mr. NEOさん: はい、私たちの新しいキャンパスは現在のホテルの後ろに建設中で、今年の8月には移転する予定です。学生たちにもより良い学習と生活環境を提供することができます。新校舎になっても費用は心配する必要はありません!変わらず学生たちに、【安全・低価格・質の良いマンツーマン授業】を提供し続けることを心がけていきます! 2019年8月17日移転予定!!E-room新キャンパスを楽しみにしてください!

    IELTS公認試験日程
    2019/03/05
    IELTS公認試験日程 下記は2019年バコロド地域のIELTS公認試験日程です。 2月9日 4月6日 6月1日 通常2ヵ月に1回IELTS公認試験がバコロド地域の指定会場にて実施されます。 場所は語学学校E-ROOMから車で10分の距離です。 ※申請は実施日の2週間前までに行ってください。学校のオフィスにてご案内致します。 事前準備:パスポート,証明写真,10290ペソ(変更の可能性あり) 試験会場:Planta Centro Bacolod city near Gaisano mall  
    E-Room 初日のスケジュール
    2019/02/26
    E-Room 初日のスケジュール バコロドE-Room語学学校は、平日・週末に関わらず入学可能な学校です。ただし、学校の運営上、土曜日または日曜日の入学をおすすめします。 次は土曜日と日曜日を入学基準とした初日のスケジュールです。 バコロド空港の送迎:到着時間は何時でも可能。個人的に学校まで向かう方は空港送迎費用が請求されません。空港から学校までは約600ペソ 〇 初日のスケジュール(学校到着翌日のスケジュール) レベルテスト:リーディング・文法・語彙(1時間)、スピーキング15分 移民局提出書類の作成(SSP・ビザ延長などに必要な書類) 昼食、両替と生活必需品の購入(SMショッピングセンター) 授業の時間割を受領。午前のテストの結果を確認し、教材の受領 現地費用支払い(教材・寮・ビザ延長・SSP) ⇒ 火曜日の午前から正規授業を開始 レベルが合わなければグループレッスンは1人になる場合があります。 教材の難易度が合わない時は交換可能 教師が合わない時はいつでも変更可能(水曜日と木曜日にオフィスで申請) 〇 退寮時 原則として入学日と同曜日に退寮。例えば土曜日入学の場合は土曜日退室。 ただし、2~3日程は変更可能。オフシーズンの場合、連泊の費用請求をしていません。ピーク時は延泊1日800ペソを請求  
    バコロドE-ROOM新年プロモーション
    2019/02/09
    バコロドE-ROOM新年プロモーション リラックスできる環境のリゾート施設で、マンツーマン中心のカスタマイズレッスンを提供する 語学学校E-ROOMの2019年初のプロモーションをご案内します! 留学開始(学校到着基準):2019年5月5日まで 4週間留学⇒SSP費用(約13,000円相当)免除 8週留学⇒1週間の授業料(寮・食費を含む)免除 12週留学⇒2週間の授業料免除 16週留学⇒3週間の授業料免除 20週留学⇒4週間の授業料免除 24週留学⇒5週間の授業料免除 E-ROOMの学校情報の詳細↓ https://phil-english.com/school/e-room/

    よく読まれている留学体験記

    フィルイングリッシュ-FAQ

    フィルイングリッシュで最新のフィリピン留学情報をご確認ください!

    Facebook

    Youtube