IMS Banilad セブ島

IMS Banilad

一目でわかるIMS Banillad
  1. ほとんどIELTS専門学校
  2. アクティビティが活発
  3. 日本人学生は少ない
  4. 富裕層が住みお店が多くセキュリティがしっかりしたセブ最高の立地
  5. 施設は若干老巧化が目につく
  6. 平日外出OK
  7. セブのIELTSが強い学校の中では学費が一番安い

 

IMS Baniladは、セブで最も安全な地域の1つである高級住宅地“Maria Luisaエリア”に位置しており、徒歩圏内にプールやジム、ショッピングモールがあるので安全でかつ快適な留学生活を送る事ができます。周辺にはCIS、Bright Academy,Maria Motesorrl等を含めた名門私立校が多数あり、バニラッド地域が入試対策プログラムに最適な場所であることを示しています。

また、IMS Baniladの生徒の日本人比率は少なく、多国籍でサバイバルな環境下で様々な国籍の生徒と一緒に勉強することができます。そこで英語と同時に多文化に触れることで国際感覚も養うことができます。主に韓国人、台湾人、中国人、日本人、ベトナム人、ロシア人の生徒が在籍しています。尚、ここではEAP(English for Academic Purpose)という高卒以上の方を対象としたアメリカやカナダ、オーストラリアなどの大学に進学する為のプログラムを受講することができます。

IMSは新しい学校ですが、専門教育グループによって運営されており、教育に関する詳細な調査と分析を通じた豊富な情報を基にしてカリキュラムを作成しています。また、講師には厳しいトレーニングが毎月課せられている他、採用時の条件も最低限大学卒業が必須と他校と比べて厳しい条件を付けている為、講師の質は高いです。

IMS Baniladの概要

学校名 IMS English Academy Banilad Campus
住所 Paseo Saturnino St. Subiron Compound, Ma. Luisa Road, Banilad Cebu City 6000
設立年度 2015年設立(2017年11月16日 リノベーション実施)
定員 120 名
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営留学プログラム ESL、TOEIC / IELTS、親子留学コース、EAP(海外大学入学プログラム)
講師 フィリピン講師約60名、ネイティブ講師2名(イギリス、オーストラリア人)
日本人スタッフ 常駐
日本人の割合 5%(時期により変動)
学校施設 1対1教室、グループクラス教室、図書室兼キッズルーム、カンファレンスルーム、自習室、多目的室
寮の施設 Wi-Fi、エアコン、バスルーム(温水シャワー)、クローゼット、ベッド、デスク
その他の施設 リラックススペース、カフェテリア、スポーツルーム

【 セブ島留学体験談 】 Harada・Akino様
2018/08/09

【 セブ島留学体験談 】 Harada・Akino様 ■ 体験談(Harada・Akino様)(女性) ■ バニラッドキャンパス Premium ESLコース 6週間 一人部屋 セブ島留学体験談 – Harada Akino様 私はIMS Academyのバニラッドキャンパスに6週間留学をしました。 コースはPremium ESLコースで、無料のナイトクラスも選択して勉強していました。 私がIMSを選んだ理由は、主にキャンパスと日本人比率でした。 IMSのキャンパスはパンフレットで見た通り、とても清潔でびっくりしました。 正直、フィリピンは汚いイメージがあったので笑 部屋の中にも、冷蔵庫や机、クローゼットなど必要なものは全てありました。 キャンパスの周りにも徒歩圏内に、ショッピングモールやジム、レストランがあり、とても便利でした。 また、日本人比率は10%、サウジアラビアやトルコなどを含む多国籍で英語に常に触れられる環境で、フィリピン留学の中でも有意義な留学を送ることができたと思います。 学習環境が整っていたおかげで、快適な留学をすることができました。 授業は先生が親身に教えてくださり、留学前と比べて英語力が向上したと思います。特に、リスニング!! 私は以前学校でTOEICを受験した時から、リスニングに苦手意識がありました。しかし常に英語漬けのフィリピン留学では、自然とリスニング力が向上するんだと思います。自然と、リスニング力が上がりました。 そしてIMSの先生たちはとても温かく、毎日授業に行くのが楽しかったです。特に嬉しかったのは、私の名前の意味をわざわざ事前に調べてくれていて、授業で自分の名前をトピックにしてくれました。フィリピン人の先生たちの優しさを知ることができました。 また、外国の友達もたくさんできました。はじめは怖くてなかなか話しかけることができませんでした。しかし、外国人の友達の方から話しかけてくれ、いろいろな場所に連れてってくれました。本当にかけがえのない友達ができたと思います。 今回の留学では、英語力はもちろん、異文化交流に対する姿勢も得ることができたと思います。短期の留学でしたが、その分凝縮した濃い留学になったと思います。 留学しようと思っているみなさん、セブ島留学そして「IMS」はオススメです!!きっと素敵な体験がみなさんを待っていると思います!!

ほぼIELTSの専門学校と定義していいセブ IMS Banilad
2019/06/06

ほぼIELTSの専門学校と定義していいセブIMS Banilad IELTS指導で優秀と呼ばれる学校の前提条件はIELTSに精通する講師を安定的に確保している事、学校が全面的な研究支援体制を組んでいる事、学生の進度速度をまめにチェックしてその都度対応策を実行する体制を整えている事などが挙げられます。正直IELTSがかなり強い学校でなければ三拍子そろっている学校はなかなか見つけられません。 こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。2019年5月セブ訪問の際に上記課題をクリアしているIELTS優秀校を一つ見つけましたのでご報告いたします。学校名はIMS Baniladです。 写真はIMS Baniladの屋上です。 IELTS指導でIMSが優秀と思われる点 学校が強力なIELTS特別支援体制を敷いている IMSにはIELTS特別研究チームが存在いたします。ヘッドティーチャー、IELTS部門責任者、ベテラン講師など5名で構成されており、試験の出題傾向、指導対策などを定期的に分析し、授業内容に反映させております。 IMSではESL受講者で英語力がある学生に対しIELTSコースへの変更を推奨しております。校内の至る所にIELTSにポスターを張りすべての在学生にIELTS学習を促しています。5階にはIELTS専門の図書室を開設しており、在学生ならだれでも自由に利用できるようにしております。図書室にはIELTS専門講師も当番制で配置されているのでいつでもわからない所を聞く事が可能です。 2時間のナイトクラス(19時~20時50分)で進度をチェック IELTSコース受講生たちは(IELTS入門コースを除く)は毎晩2時間のナイトクラスに参加する義務を負います(Intensive ESL、TOEICコース受講生たちも参加義務)。 ナイトクラスは最大参加人数4名で構成。ひとつの班にかならず一人の専門講師が付きます。こちらで学習進度がチェックされ、弱点を克服するための課題が提示されます。 朝から晩まで11時間のIELTS集中カリキュラム 写真は講師たちを対象としたIELTS講習です。 IELTS受講生(入門コースを除く)のカリキュラムはマンツーマン4時間、グループ4時間、特別授業1時間、ナイトクラス2時間の一日合計11時間です。内容はすべてIELTS関連科目となる集中型です。特別授業では主にIELTSライティングのための自習時間となります。IELTS受講生は週三回IELTSエッセイを提出する義務を負います。 最新出題傾向を常に意識 写真はIELTS専門図書コーナーです。 IMSは最新テキストのチェックに細心の注意を払います。特に重視しているのがケンブリッジ、カプラン、コリンズの最新テキストです。この3社はIELTSの代表的出版社です。 テキストは各国に出張にでているIMSスタッフが現地で購入。入手後はすぐにIELTS研究チームが出題傾向を分析チェックし、授業内容や校内模擬試験に反映させます。 ちなみにIMSは週1度の割合でIELTS総合模擬試験を開催いたします。 メリットが大きいユニークな点数保証コース IMSの12週IELTS点数保証コースは期間内に目標点数を獲得できなければ目標点数を取得するまで最大6週間授業料及び寄宿舎滞在費、食事が無料になります。 フィリピン語学学校の点数保証コースで点数未達成の場合には延長期間の授業料は無料、滞在費と食費は有料というのが一般的です。実質学生は延長期間の5割くらいを負担する事になります。 点数保障コースは大体12週でターゲット点数を獲得させる事を想定していますので12週+6週あれば一般的には安全圏です。12週の期間中に試験でしくじっても延長期間中の費用がほとんどかからないのは学生にとってかなりメリットになります。 IELTS以外で好ましいと思われる点 一等地の立地 写真は屋上から見た向かい側にある複合商業施設(白い建物) IMS Baniladの立地は恐らくセブシティの中ではベストの一つに数えられます。 徒歩圏内の利便性がよく、徒歩圏外のセブ有名どころのアクセスがいいからです。 IMSは大通りから内側に入った道の中にあり、その一帯はお店や商業施設が密集しております。すぐ隣はセブの富裕層が集団居住する事で有名なマリアルイサという高級住宅ビレッジ。徒歩圏内でほとんどすべての用事を済ますことができます。周大通りまでの一角はセキュリティがしっかりしていて徒歩でも安全です。 写真はIMS Baniladの前にある複合総合施設。高級レストラン、ブティック、カフェ、コンビニなどが店を構えます。 ITパークやアヤラモールも近くタクシーで5分~10分の距離。アクセスがいいです。 ちなみに同じ一角にCGバニラッドという語学学校もあります。 Wifi環境がいい 写真はあちこちに取り付けられているWifiルーターのひとつ。 IMS Baniladの寄宿舎の部屋で僕のIpadをつなげてみましたが接続の速さと快適さにすこし驚きました。セブは全体的にWifi環境がよくないからです。学校スタッフに快適Wifi環境の秘訣を聞くとルーターを多めに増設しているとの答えでした。Wifi環境心配ないでしょう。 学費が安い この学校は他のIELTSで有名なセブの学校に比べると学費がだいぶ安いです。現在セブ語学学校の多くが現地費用の中に含める『管理費』も徴収いたしません。 それと感想文提出という条件付きではありますが、空港まで車でお見送りしてくれます。 金銭面で学生にやさしい学校です。 交際交流アクティビティが活発 IMSは2週に一度セブ在住のネイティブスピーカーの人たちとのパーティーを開き、習った英語を実践で使わせる訓練の場を提供しております。(但し交流会およびパーティーは平日夜開催するのでナイトクラス参加者は参加できません。) その他月1回のペースで孤児院や貧困地域での食事提供ボランティアを開催しております。ボランティア参加は有料で250㌷かかります。 ちょっと残念な部分 建物の老巧化 写真は3人部屋。 IMS Baniladは一等地に所在いたしますが建物は古いです。老巧化が若干目につきます。今セブではやりの高級ホテルタイプの語学学校とは一線を画します。但し特別ぼろいというわけではありません。訪問中もあちこちリノベーションを行っておりました。 プールとジムがない […]

      IMS Banillad – 初日スケジュール
      2019/11/06
      IMS Banillad – 初日スケジュール フィリピンセブ島内で安全と言われる「Maria Luisa」地区に位置するIMS Banilladキャンパス。徒歩圏内何はショッピングモールやレストランが立ち並び、非常に生活のしやすい場所です。韓国資本の学校ですが、韓国内ではとても有名な教育グループです。日本人学生がとても少ないため、英語環境に身を置きたい方やIELTS・TOEICなどの試験対策の方におすすめです。初日スケジュールをご紹介します。 【初日スケジュール】 時間 内容 詳細 06:30~08:00 朝食 08:30~12:00 レベル分けテスト 12:00~13:00 昼食 13:00~15:00 オリエンテーション 学校規則説明、必要書類記入 15:00~17:00 モールへ買い物 両替、日用品の購入、現地費用の支払い 17:30~19:00 夕食 ※初日は23時まで外出可能 火曜日8時30分よりテスト結果と教科書を受け取り、正規授業開始。 入寮日は日曜日の午後以降、退寮日は土曜日11時まで。

      Phil English 東京事務所
      住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
      電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
      E-mail : info@phil-english.com
      Line : 2012phil     Skype : phryugaku