Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

C21 マニラ

フィリピン首都マニラの最も長い歴史のEOP(英語オンリー)語学スクール

マニラC21語学学校

フィリピンの首都マニラの教育都市ケソンシティーに位置しているC21は、英語教育の本分を守る確かな留学カリキュラムと留学生・講師間の距離の近さで留学生から愛されているスクールです。今では多くのフィリピン語学スクールでEOP(英語オンリーポリシー)が義務付けられていますが、C21はそれを00年代中盤から厳格に実施していたほど英語教育制度と運営、そしてカスタマーサービスに対する細かな管理に気を配っているフィリピン語学スクールです。留学生の約70%は英語初心者・初級者が占めていますが、厳格なEOP政策と留学生側の視点に立った様々なアクティビティーのおかげで学習雰囲気はとても良好です。1週間からの短期受入れ実績も豊富で、2週間以内の留学では初日月曜日午後から正規授業を受講可能です。

入学される方のほとんどは首都マニラのインフラと講師の質に期待しています。C21周辺の治安は良好で、フィリピン最高峰の名門大学であるフィリピン国立大学(UP)とアテネオ大学が近隣の通りに面しています。その他、東南アジア最大級の大型ショッピングモールをはじめ、映画館、レストラン、公園、書店、病院、各種施設など、フィリピンの他都市では経験することのできない豊かな都市環境を経験することができます。講師陣はフィリピン人特有のアクセントがほとんどない英語を駆使しています。発音自体が柔らかいので、英語レベルが高い印象を受けます。

00年代から存在した約80%のマニラ所在の英語スクールが閉校しましたが、C21は未だに残っている数少ないフィリピン語学スクールの1つです。2012年頃から日本でも知られ始めましたが、開校年度から見るとフィリピンでは一番長い歴史を持っているフィリピン語学スクールの1つでもあります。

学校名 C21 International Language School
住所 #53 Xavierville Avenue, Loyola Heights, Quezon City 1108 Philippines
設立年度 1999年
定員 120名
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営留学プログラム ESL、TOEIC、BUSINESS
講師 60名(フィリピン)
日本人スタッフ 1名
日本人の割合 約50%
校内施設 マンツーマン講義室、グループ講義室、休憩室、インターネットルーム、自習室
寮の施設 自習室、シャワー、温水器、冷蔵庫、タンス、机、ベッド、部屋および校舎1階共有ロビーにてWi-Fi利用可能。 *寮はリビングルームとシャワー・トイレを2つの部屋の留学生が共有するアパートメント型。義務参加の夜間授業2時間および講師と共同生活(ベッドルームを共有するかは選択可)。キャンバスまで車で5~10分の距離。平日朝2回夕2回、無料シャトルバンが運行されています。

マニラc21ドミトリー間取り
その他の施設 カフェテリア

マニラ留学訪問記:C21の英語寮とナイトクラスに密着取材
2016/03/03

マニラ留学訪問記:C21の英語寮とナイトクラスに密着取材 フィリピンの首都マニラの学園都市ケソン市 C21英語スクールレビュー フィリピンの首都と言えば皆さんご存知のマニラです。ですがフィリピン英語留学スポットと言う点から見ればマニラは決してメジャーな都市ではありません。フィリピンマニラの知名度はセブ以上かもしれませんが、どうも中学・高校等の地理で習うだけのフィリピンの首都マニラという知識とイメージのみで、観光地やフィリピン英語留学スポットとしては残念ながらセブほどには人気が無いかもしれません。 ですがそんなマニラにも勿論フィリピン英語留学スクールは存在しています。セブのように群雄割拠しているわけでは無いですが、優秀なフィリピン英語スクールは、マニラだろうとセブだろうと、留学生満足度の高いフィリピン英語スクールとしてしっかりとマニラの地に根を下ろしてセブやバギオに負けずと頑張っています。 こんにちは。フィルイングリッシュの阿部と申します。この度2016年1月に留学生の英会話力UP、英語スピーキング力の伸びに大変定評があるフィリピン・マニラC21を訪問しましたので、今回の訪問で体験できた、月並なフィリピン英語スクールとは一味違うC21だけが持つ素敵な特徴と魅力を皆様にご紹介致します。 1. 英語寮の実態 C21の最大の特徴の一つは英語講師と一緒に生活できる英語寮の存在です。授業時間以外も常に英語を使い続ける環境に身を置くことによって、嫌でも英会話力は伸びていきます。というか伸びざるを得ません。それでは百聞は一見にしかずという訳でその英語寮内の実態を見てみましょう。 まず英語寮の基本的な間取りは上図のようになっています。 リビングルームとシャワー・トイレを2つの部屋の留学生が共有するアパートメント型です。義務参加である夜間授業2時間については英語寮のリビングルームで行われて おり、普段はこのアパートメントの中で英語講師と共同生活することになります。ちなみにその際はベッドルームまで共有するかどうかは選択可能です。こちらの英語寮はC21から車で5~10分程の距離にあり、平日では朝にC21行きが2便、昼休みには往復で各1便ずつ、授業後の夕方に英語寮行きが2便、無料でシャトルバンが運行されています。 まず、英語寮リビングルームはこのような作りになっていまして、留学生の部屋であると同時に、ナイトクラスの際には他の部屋の留学生も来て共同で使われます。ですか ら感覚的にはルームメイトだけのプライペートスペースと公共スペースの中間的な位置づけに感じられました。英語講師も含めてフルに入ると5人が使いますが、リ ビングスペースは意外と広いので生活や英語勉強をする上で余裕はあると思います。 左: 一人部屋、右: 二人部屋 左: 二人部屋 + 講師部屋、右: 食堂 各部屋の詳細はこんな感じです。一つのユニットに寝室が2つついていて、基本的には小寝室はベッドの出し入れをして留学生一人用又は二人用の部屋として使わ れ、大寝室は留学生二人+講師一人の三人用として使用されます。実際に宿泊体験をさせてもらった感じだと、大寝室に3つベッドを並べるのはちょっと窮屈な感 じもしました。ですがその分英語勉強用リビングルームも有りますので、寝室は寝るための部屋と割りきってもらえれば大丈夫ですよ。 2. 学校全般 平均的なフィリピン英語留学スクールと比べると、C21は決して豪華なタイプではありませんが、その中でもしっかりとした管理とデコレーションがされているので通常の英語留学生活を営む上で不便を感じることは 無いでしょう。なお昼食は英語寮で食べるかC21で食べるかを選択することが出来ます。英語寮で食べる場合はC21と英語寮をシャトルバンで往復しなければならない手間は有りますが、その分ボリュームがあってたくさん食べられるようです。C21で食べることを選ぶ場合は移動の手間は無く楽ですが、少しだけ量が少なめとの事で す。それでも一般的な留学生が食べる分はちゃんと出るみたいですよ。 校舎視察の際に英語授業風景を簡単にチェックさせてもらいましたが、英語講師も留学生も全員同じ服装です。当日はみんな「We Love C21」のロゴが入ったTシャツを来ていて、英語講師と留学生の何とも言えない一体感を感じましたが、毎週金曜日はこうなっているようですね。英語寮で一緒の部屋に住んでいる英語講師も いるためなのか、英語講師と留学生の関係から和やかで温かい繋がりが感じられましたよ。 3. デモクラス体験 今回の訪問の際はC21トップ教師の一人であるAnne先生のデモクラスを受けることが出来ました。英語教師になってから10年のベテラン教師ですが、以 前は銀行の会計係をやっていたそうです。知人の誘いで英語教師の職に就いてからは楽しく英語を教えているみたいですね。トップ講師だけあって発音も綺麗で、大変 感じ良く接してくれたので、色々と楽しい英会話の時を過ごすことが出来ました。Anne先生の専門は・Practice Pattern English, ・Writing, ・Grammarとのことでした。恐る恐る年齢を尋ねてみたところ、茶目っ気たっぷりに「カレンダーではもう数えられないくらいね」と答えてくれました。 31歳はもう超えているんですね。 さて、授業では上記文章を題材に簡単なデイスカッションをしました。「男性は女性よりも自己中心的か否か」「女性はより美しく見せるためになんでもする」 「結婚は人の人生の中で最高のもの」などについて賛成か反対かの討論です。筆者は「女性はより美しく見せるためになんでもする」の点には非常に強く同意し ましたが、Anne先生は人それぞれだと考えているそうで、自分は自分のままが良いとの事。やっぱり女性であっても考え方は人それぞれですね。ちなみに女性の韓国人留学生は特に美容に気を使っているとAnne先生は言っていましたが、実際のところどうなんでしょうか。個人的には女性の美に対する飽くなき渇望は万国 共通かと思っていましたけれど、Anne先生には韓国からの留学生の方が日本からの留学生よりも美に対する執着は強いと感じられるようです。   4. 放課後&スポーツ&金曜アクティビティ 今回偶然にも訪問したのが金曜日でしたので、幸運なことに卒業式&金曜アクティビティの一部に参加させて頂くことが出来ました。両イベントはC21ロビーで開催され、それ程広いスペースで無いことも手伝ってご覧のように留学生と英語講師陣の皆さんでびっしりです。 まずは卒業式からです。卒業する留学生が一人一人呼びだされてスクリーン横で卒業証書を手に記念撮影、その後英語で簡単なスピーチを皆さんの前で披露します。中に は感極まって言葉に詰まる卒業留学生もいましたね。充実したフィリピン英語留学生活だったようで羨ましいです。学生として英語勉強するのは20年ぶりだから大変だったと言いな […]

マニラ留学プログラム解剖:C21のESLコース
2015/07/01

マニラ留学プログラム解剖:C21のESLコース 英語コース・アナトミー・シリーズ: Manila C21 こんにちは、フィルイングリッシュの高居裕司です。フィルイングリッシュは6月下旬にフィリピンの首都マニラにある名門英語スクールC21を訪問いたしました。今回はC21のコースの中でも最も人気な留学コースであるESL Intensiveコースの授業内容などを解剖させて頂きます。このコースのメインテーマはスピーキング力向上です。C21はEOP(英語のみ使用ルール)を実施する数少ない英語留学スクールの一つです。以下C21の解剖ページです。 C21 ESL Intensiveコースの概要 ■留学コース説明 スピーキング力アップを強調するセミスパルタ式。 マンツーマン授業4時間、グループ授業2時間、英作文1時間、ナイトアクティビティ2時間の計9時間の構成。 ■コース詳細 コース名 マンツーマン授業 グループ授業 ナイトアクティビティ 特別授業 ESL Intensive 4クラス Speaking(Survival) Speaking(Solution) Reading Speaking(Vocabulary) 2クラス Listening 1 PPE 2 2クラス Job Interview Presentation 英作文 1クラス 英作文 ■ESL Intensiveコースの1日スケジュール例 07:00~08:30 朝食 08:00~08:50 Speaking(Survival) マンツーマン 09:00~09:50 Reading マンツーマン 10:50~10:50 PPE2 グループクラス 11:00~11:50 Listening グループクラス 12:00~12:50 13:00~14:00 […]

マニラ留学訪問記:徹底したEOP、アクティビティ満載のC21
2014/02/09

マニラ留学訪問記:徹底したEOP、アクティビティ満載のC21 EOP(English Only Policy)をしっかりと運営、アクティビティ満載のマニラC21 こんにちは。フィルイングリッシュの鎌刈です。 弊社スタッフ3名でマニラ、ケソンにあるC21を訪問して参りました。 マニラというと治安が悪いとイメージされるかと思います。私自身もマニラに良いイメージはあまりございません。しかしC21があるケソン市はイメージするマニラとは異なります。周辺には名門大学であるUP大学やアテネオ大学があり、学園都市となっています。近くにはスタバやレストラン、本屋があり、徒歩圏内で基本的に何でも揃います。またショッピングモールなどへも15分ほどでアクセス出来ます。夜間の1人歩きはお勧めしませんが、日中女性1人で歩いていても問題なく、マニラの中でも治安は良いです。 街が整備されており、カジノや夜の街なども周辺にはなく、健全な街です。 ■では学校を実際に見ていきましょう!! 徒歩5分圏内にミニストップ、カフェなどがあり便利です。ゲートを越えると2階建ての講義棟が見えてきます。入り口にはEOP(English Only Policy)の垂れ幕が掲げられていました。講義棟の前は駐車場と喫煙スペースがございます。授業間の休憩は外に出てリラックスしている学生さんを多く見かけました。寮は徒歩5分ほどの距離と車で5分程の距離に英語寮1・2、特別寮がございます。寮については後ほどご紹介します。 施設内に入ると左手にオフィスがあり、正面はグループ授業が行なわれる教室がございます。右手にはMusic Stationというスペースがありました。講師と生徒のペアになり、授業の合間にDJとして音楽を流すようです。どの曲を流すか講師と話し合ったりする為、英語を話す機会にもなりますし、他の学校にはない面白い企画だと思いました。また講師と生徒の距離も縮まりますね。 またEOPを至る所に掲げています。休憩中も耳を澄ましていましたが、英語以外あまり聞こえてきませんでした。学生も積極的に英語を話そうとする姿勢が見られました。講義棟内、英語寮内はEOPのルールがあります。 ■ EOP(English Only Policy)について 母国語の使用を禁止しているルールです。違反者にはペナルティが課せられます。多くの学校でEOPを掲げていますが、実際にしっかりとこのルールが運営されている学校は少ないです。今までセブ、バギオ、クラーク、マニラの学校を訪問してきましたが、実際にしっかりと運営されているのは、バギオのPINESチャピスキャンパス、HELP Martins、セブのSMEAGスパルタキャンパス、ここマニラのC21です。 左側はマンツーマンの授業の様子です。右側は自習室です。C21ではTOEIC Intensiveコース、TOEIC Guaranteeコース以外のコースで、1日1時間ライティングがございます。トピックが与えられ、1時間自習室でそのトピックに沿って日記を書いていきます。総合的に英語力を伸ばしていくという意味でも、この1日1時間のライティングは良いと個人的に思います。今まで授業で学んだ単語や文法を自分で考えて使用することが出来るので、アウトプットの時間になります。英語を伸ばす上で、学んだことを実際に使用していかないと、詰め込んだだけでは上達には繋がりません。 ■ ~C21の基本情報~ 国籍率は、日本人40%、韓国人40%、その他(中国人など)20%で、70%の方が初級者の学生です。 土曜日または日曜日の入寮ですが、日曜日にはショッピングモールや両替所へご案内があります。 その為、土曜日のご到着をお勧め致します。 ■ 次は寮を見ていきましょう!! まずは学校から徒歩3分くらいの距離にある英語寮2です。建物の4F部分のみ寮となっています。 講師と一緒に生活が出来る1+2人部屋、1+3人部屋が英語寮2にあります。 部屋自体は広めなので、あまり圧迫感はありません。綺麗には清掃されていますが、ちょっと古さがあり、シーツ類などはかなり年季が入っています。Wi-Fiは使用出来ますが、あまりスピードは速くないようです。 ■次は車で5分程の英語寮1です。 英語寮2に比べて施設が新しく、各部屋にリビングのような空間がございます。その奥には部屋が2部屋あります。リビングに勉強机がございますので、部屋の中ではなくリビングで夜間の授業が行なわれます。また各部屋にWi-Fiルーターがございますので、なかなか快適です。しかし最大で6~7人と1つのバスルームをシェアしなければいけないため、少し不便ではないかと感じました。こちらは1人、2人と1+2人部屋のタイプがございます。建物の4階、7階が英語寮となっており、食事と自習室は4階にございます。 左側がカフェテリアの写真で、右側が自習室です。 次は特別寮に関してですが、以前は別の建物を使用しておりましたが、英語寮1に移転致しました。同じ建物ですが、階が分かれており、規定は今まで通りです。特別寮での滞在であっても、希望者は英語寮で行なわれる夜間の授業に1時間参加可能です。特別寮で生活する学生の夜間授業への参加が増えたということもあり、同じ建物内への移転となりました。特別寮は3階をカフェテリアとして使用し、5階が寮となっております。 1人部屋、2人部屋、3人部屋と3つのお部屋のタイプがございます。 ■ 夜間授業について 夜間授業は20:30~22:30の間に行なわれます。 特別寮で生活している学生も希望者は1時間受講が可能です。 レベル毎にクラスが分かれており、担当の先生が住んでいるお部屋に行き、授業を行ないます。 授業内容は基本的にディベートが中心で行なわれいます。(講師によって内容は異なります) 月曜から金曜日まで行なわれますが、金曜日はスポーツアクティビティに参加希望する学生が多いため、金曜日は1時間行なわれます。 訪問時は金曜日でバレンタインのイベントが行なわれていました。 英語の歌を披露したり、ゲームを行なっていました。皆さん楽しんで参加されておりました。 ■ アクティビティーについて C21では様々なアクティビティーが行なわれております。月1回教育アクティビティー、ボランティア活動、スクールトリップ、スポーツアクティビティー、映画館に映画を観に行ったりしています。 中でも教育アクティビティーのMovie Dubbingは他校にはない面白いアクティビティーです。発音やイントネーション向上を目的とし、映画の吹き替えを学生に担当してもらい、録音後に実際に上映をしています。また講師作成のショートムービーに出演し、英語で演技をしたりします。授業だけでなく、様々なイベントを通して英語を身につけていけるので、楽しく英語が学べ、また講師との距離も近くなり、良い交友関係を築くことも可能です。 ■ まとめ […]

マニラC21学校に対する小さな誤解を反省
2013/05/14

マニラC21学校に対する小さな誤解を反省 C21はマニラ地域で講師のレベル、授業運営そして学生達へのケアを重視する学校です。 施設がいい特別寄宿舎を運営する事により、よくないとされてきた施設のイメージを大幅に改善する事ができました。この学校を長い間観察しながら食事と校内施設の問題のためお客様に強く押さなかったのは事実です。しかし最近C21を卒業した十数名のお客様の満足度は非常に高いです。 経営者は韓国人でありますが日本の学生に対する心遣いがきめ細やかで、彼らの話をよく聞き、不平不満に対し素早い対応をしていると感じております。この前は日曜日にもスタッフからメールをいただき不平処理に対する報告を受けました。一生懸命仕事する学校を見ると気持ちがいいものですね。C21がいい意味で想像以上の学校である事は間違いありません。 留学期間は1週から12週くらいの方に適している学校で、そのレベルはESL、TOEIC、ビジネスコース分野等でもすべて全て検証済みです。宿所は1人部屋あるいは2人部屋をおすすめいたします。 すこしきつめの勉強をしたいのであれば英語寄宿舎(1と2があります)を推薦いたします。

  / 1
  / 1
マニラ留学C21*⑯C21での8週間のフィリピン留学生活のまとめ
2015/08/30
マニラ留学C21*⑯C21での8週間のフィリピン留学生活のまとめ こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! 今回の記事で、私が作成させていただいた記事は16個目を迎えました。 マニラに来てからは8週間がちょうど過ぎ、授業の回数は約40日分こなしたことになります。   そして今回は一旦記事のお仕事は終了なので【C21での8週間のフィリピン留学生活のまとめ】に関して書かせていただきます。 <C21を選んだキッカケは?> そもそも私がC21にフィリピン留学するキッカケとなったのは、フィルイングリッシュさんのホームページで学生レポーターと記載された項目を発見したからです。そして、フィルイングリッシュさんが募集している英語アカデミーの中で一番自分の条件に合ったアカデミーがC21だと感じたのでC21にすることに決めました。 私がC21に最初に抱いていたイメージは、講師のスキルが高く生徒が大勢いて、日本人以外の留学生も多数在籍しているということでした。もちろんそれだけではなく、立地や治安、価格、口コミなど何度もチェックしていました。アカデミーの情報の中でも口コミはリアルな声なので一番留学生にとって重要な情報だと感じていました。そのため、私はフィルイングリッシュさんのサイトだけではなく、他社のフィリピン留学サイトで口コミなども確認しました。 C21にする!っと決めてからのフィルイングリッシュさんのメールの対応も早く、きちんと24時間以内、遅くても翌日にはメールの返信をいただけておりました。また、私のフィリピン留学する期間が少し遅れるようになってしまいレポーター業務の期間を相談したところご配慮をしてくださり大変嬉しく感じたことを覚えています。 <2カ月間滞在して感じたC21の良いところと悪いところを本音で伝える> ・良いところ それでは、まず良いところをご説明していきます。 個人的にこれはいいな〜っと思ったところを書きます。 ①英語寮から見える夕日がきれい。 真っ赤に染まる日に涼しい風を浴びているとゆっくり流れる時間を感じれるので落ち着きます。 ②トイレットペーパーが流せる。 アカデミーでは流せないのでたまに便器に紙を落としてしまったりなんかするともう最悪ですよね。 自分で紙を回収しないといけませんので。 私は3回ほどミスしたことがあります。 ただ、英語寮では日本同様に利用できるので安心してください。 ③水道水が意外と大丈夫。 私がカンボジアやベトナムに行った際には水道水なんか口にするとけっこう簡単にお腹を壊してしまいました。 でも、フィリピンの水道水はうがい程度でなら全く問題ありません。 ④アカデミーと英語寮にウォーターサーバーがある。 もしウォーターサーバーがなかったら毎回ペットボトルを購入しなくてはいけませんので、お金はかかる上にかなり手間ですよね。 アカデミーと寮にはウォーターサーバーがあるので私はとても嬉しかったです。 ⑤イベントが多い。 スポーツ、ボランティア、外食、卒業パーティーととにかく思い出作りができ、新しい経験のできるアカデミーです。 ⑥フィリピン人講師のスキルが高い。 先生によってもちろん指導レベルが異なります。私もそうでしたが、いざ講師変更をするといってもどの先生が適しているのかわかりませんよね。 その場合、スケジュールを管理している先生が自分に合った先生をオススメしてくれます。 お試し期間が数日あり相性が合わなかったら相談することも可能です。 ⑦融通が利く。 講師変更、授業変更、食事の変更など環境に関することでご相談した場合、C21はとても親切に対応してくれ、数日後には反映してくれます。 ⑧EOP制度がある。 基本的に英語しか話してはいけませんので、勝手に会話の引き出しが増えていきます。 ・悪いところ ①Wifiが繋がらないときがある。 日本に比べたらもちろん悪いです。(以前私が掲載した記事にもWifiに関して載せてあります。)Wifiが止まったり、動いたりします。ただ、繋がっているときは快適に使えます。Wifiがなかなか繋がらないときは時間を置くか、部屋を移動するかして工夫しなくてはいけません。 ②食事が美味しいとまではいかない。 苦しむことなく平然と食べられるレベルなので、毎日嫌な思いをすることはないと思います。日本の味が恋しくなるのでふりかけやスープ等持参してくるといいかもしれません。料理される方は、ウェイパーなどの調味料があれば便利かと思います。 ③寮とアカデミーまで車で移動する。 1日2往復(片道10〜20分)します。お昼の時間にはご飯を食べに戻るだけなので面倒に感じることはあります。私の場合すぐ慣れましたし、移動時間も音楽を聴いて勉強したり、考え事したりと時間を工夫して使っていました。 悪いところもありますが、Wifiはたまに繋がらなくなるときがあるだけで基本的に使えますし、食事も改善してくれますし、移動時間もそんなに苦に感じることはありません。すごく嫌だ!二度と来たくない!という風に思うことはないと思います。 <2カ月間滞在して思うこと> ①英語で話す抵抗感がなくなった。 始めはほとんどの会話が続かず声をかけても話が弾まないので苦労しました。ただ、現在は文法をよく間違えますが日常的な会話ができるようになってきたので誰とでも気軽に話せます。 ②朱に染まった。 もともとC21はスパルタではないので超スパルタを希望していた僕は徐々に勉強の密度が薄くなっていきました。目的を持ってハードにこなしている生徒が少数いれば、宿題のない日は自習をあまりしない生徒もいます。注意すべきなのは自分の目線、比べる対象を自然と周りの人にしてはいけないということ。何の為に来たのか、どこまで英語力を伸ばしたいのか、そのために何をすべきか、自分に問いただして自分の目的を見失わないことが大事だと思います。そう毎日サボりそうな自分に言い聞かせています(笑) ③フィリピン留学前に徹底的に中学英語の文法と単語は学んでおくべき。 日常英会話の基本的な文法は中学英語がわかれば問題ありませんし、単語も中学英語で十分です。日本で学んだことをフィリピンに来て会話の中で使っていけば、落とし込みができ自分に定着していきます。 ④フィリピンへ来る前にもう少しお金を節約しておけばよかった。 思った以上に費用がかかってしまい、フィリピンに来て節約するようになってしまいました。フィリピンの方が物価が安いですし、土日などはカフェに行って集中したり観光したりとこっちでお金を使えばよかったと感じました。 <最後に一言…> 短い2カ月間という期間でしたが記事をご拝見してくださった方々ありがとうございます。また、記事作成の経験を詰ませていただいたこと、学費の免除の適用等フィルイングリッシュさんには感謝しております。もしご縁がありましたらまたフィリピン留学の際にはフィルイングリッシュさんを経由させていただきたいと思います。 これで【C21での8週間のフィリピン留学生活のまとめ】に関する記事は終了します。 ここまでお読みいただきありがとうございました。   フィリピン留学レポーターC21:Daisuke  
マニラ留学C21*⑮学生マネジャーのご紹介
2015/08/29
マニラ留学C21*⑮学生マネジャーのご紹介 こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! 今回の記事ではC21の学生マネジャーに関してご紹介させていただきます。 みなさんはフィリピン留学をされる前に、誰も知らない人がいる環境で不安にはなりませんでしょうか? もちろんC21には先生方がいるので留学生マネジャーと同様に親切に対応してくれます。ただ、先生方は日本語が喋れないので緊急の用事などは日本人学生マネジャーのナオトに相談することになります。また、アカデミー以外のプライベートな面でも学生マネジャーは同じ寮に住んでいる際に留学生のサポートをしてくれるので、買い物や外食をしたい際には相談をするといいかもしれません。私は、フィリピン留学当初買い物に付き合ってもらったり、寮の規定事項の確認など学生マネジャーさんに気軽に確認することができたのでとても安心でした。 現在、c21には学生のマネージャーが2名!! 韓国人1人、日本人1人で構成されています。 私と同じ英語寮1に住んでいるマネジャーは韓国人マネジャーのダニーと日本人マネジャーのナオトです。   今回は身近にいるそんな2人のことをご紹介させていただきます。 ・韓国人マネジャー:ダニー ダニーは、C21に4カ月間滞在しておりアカデミーでは3時間勉強、6時間オフィスでワーカーとして働いています。ダニーは普段から明るく留学生の面倒見がよく先生からも留学生からもとても信頼をされています。私が初めて寮を訪れた際にはダニーが優しく案内してくれたことを覚えています。 ・C21の良いところとは? ダニー「C21は先生が良い。生徒に英語を教えるスキルが高いし、性格も良い先生ばかりです。それにC21ではアクティビティが豊富に行われていて、留学生達が交流できる仕組みがたくさんあります。それはC21の大きな魅力だと思う。留学生が卒業する際にはアカデミーのみんなで留学生を祝い、ムービーや写真を撮ってもらえる文化があるのもC21の魅力です。」 ・日本人マネジャー:ナオト ナオトは、C21に今年の5月から来年(2016年)2月までC21のマネジャーとして滞在予定となっておりベテランの日本人マネジャーです。ダニーと同様にナオトも面倒見がよく留学生が困ったときには助けてくれます。私の場合は近くのATMまで案内してもらったり、施設の利用環境やルールを教えてもらったりしていました。 ・C21の良いところとは? ナオト「C21には良い講師陣がそろっていて、留学生ひとりひとりのレベルに合わせた指導をしてくれます。C21はとても融通が効くので、講師陣の変更や授業内容、食事内容の変更など他のアカデミーよりかは比較的早く対応してくれ留学生に耳を傾けてくれるアカデミーです。」 ・フィリピン留学してくる人にアドバイス! 長く滞在しているナオトからフィリピン留学してくる人へのアドバイスをお願いしてみました。 ナオト「フィリピン留学をする前には、最低限の文法と単語を学んでくることをオススメします。最低限というのは中学英語レベルの英語で、そのレベルだと日本で学ぶことが十分に可能だからです。」 今回2人にインタビューをお願いしたところ快く受け入れてくれて助かりました。^^ みなさんいかがでしたでしょうか? 学生マネジャーの印象が持てましたでしょうか? 私がC21で2カ月間過ごした感想でコメントをします! マネジャーさんのサポート面では問題はありません。 それに加えアカデミーもかなりサポート的です!! C21でフィリピン留学をなされるみなさんは安心していらしてください。 それでは今回の記事のC21学生マネジャーの紹介は終了します。 ここまでお読みいただきありがとうございました。   フィリピン留学レポーターC21:Daisuke  
マニラ留学C21*⑭休日に訪れたい近隣のショッピングモールまとめ8選
2015/08/23
マニラ留学C21*⑭休日に訪れたい近隣のショッピングモールまとめ8選 こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!!   今週の週末はどのように過ごそうかと悩みながらも、先生と留学生達で買い物とアミューズメントパークで遊んできました。それ以外の時間は部屋で寝転がったり勉強したりとゆっくり時間を過ごしていました。みなさんがフィリピン留学した際には、週末はどのように過ごそうとお考えでしょうか?買い物に行く、観光をしにいく、勉強をする、ごろごろするなど、それぞれの休日の過ごし方があるかと思います。   そこで今回はいざ休日にお出かけしたいと考えたときにC21の英語寮からだとどれくらい時間がかかるのか、どのショッピングモールが近いのかなどショッピングモールをまとめてみたいと思います。 それでは、順々にご説明していきますが、私が実際に足を運んだことのあるショッピングモールなどはご説明させていただきますが、申し訳ありませんがまだ足を運んだことのないモールは感想を控えさせて頂きます。ご了承ください。 GateWay Mall 営業時間:9:00〜22:00 住所: Beside Araneta Coliseum Araneta Center, Quezon City, Luzon, フィリピン 距離:3.3km 時間(タクシー):14分 こちらは、C21の英語寮1に住む留学生は買い物の際によく利用しています。比較的近い場所にあるのでとても便利です。 私も一度ゲートウェイに足を運んだことがありましたが、たくさんの種類のお店があり、ここに来れば何でも購入でき、 日本でたくさんの荷物を持ってくる必要がないようにも感じました。 スターバックスもあります。近場のトイレを利用する際には10ペソかかるそうでカルチャーショックでした。笑 SONYだってあります。 バーガーキング有名ですよね^^ ここでバーガーキングを食べるのは面白くないので私はフィリピンの料理にトライしてみました。 ご飯はぱさぱさしすぎでした。海老をあげた赤いものとチキンは甘過ぎました。野菜が不味くない味でした。 あまり美味しいと感動することは正直ありませんでしたが、英語で注文したり、外国と日本の食文化を実際に感じる ことができるので色々試してみることをお勧めします。 eatwood mall 住所:Bagumbayan, Quezon City, Metro Manila 時間(タクシー):22分 イーストウッドには、レストラン、カフェ、映画館、洋服店、ショップが立ち並んでおりまして買い物際に利用しております。また前回訪れた際には美味しいご飯を食べたかったので一人1200円ほどでお食事を楽しみました。 トマトソースベースのパスタです。 サラダです!こんなサラダフィリピンで初めて見ました。なんと言ってもフィリピンに日本のようなサラダがありません。 寮でもこのような美味しいサラダは食べられないので幸せでした。休日はこのように栄養補給しつつ美味しい食べ物を楽しむのもいいかもしれません。 生ハムの上にチーズがあります。これも日本の料理並にとても美味しかったです。 下記ショッピングモールはC21の寮から比較的近場でどれも20分程度で行くことができます。 料金はそれぞれ異なりますが基本的に100ペソ以内で移動することが可能かと思います。 eatwood cyber mall 住所:No. 188, E. Rodriguez Jr. Avenue Bagumbayan, Libis Qeuzon City, Quezon City, Metro Manila 時間(タクシー):11分 SM cubao 住所:Socorro, Cubao, Quezon City, Metro Manila 時間(タクシー):13分 ali mall 住所:GF Telus Building, Araneta Center | Cubao,Quezon City, Luzon, フィリピン 時間(タクシー):14分 sm marikina 住所:Barangay, Marcos Hwy, Marikina, 1800 Metro Manila 時間(タクシー):21分 up town center 住所:Katipunan Ave, Diliman, Quezon City, Metro Manila 時間(タクシー):11分 robinson metro east 営業時間:10:00〜21:00 住所:Marcos Hwy, Pasig, Metro Manila 時間(タクシー):19分 ちなみに、マニラでタクシーを利用する際にはメーターがきちんと動いているか、運転手が目的地までの道のりを把握しているかなど 乗車する際に確認するようにしてください。また、寮や寮周辺の有名な建物の住所や名前などはいつでも確認できるようにメモしておきましょう。 私の場合は写真も撮ってあります。会話が不安な方は、伝える手段として写真を見せるのも一つの方法かと思います。 それではこれで【フィリピン留学中の休日に訪れたい近隣のショッピングモールまとめ8選】を終了したいと思います。 ここまでお読み頂きありがとうございました。   フィリピン留学レポーターC21:Daisuke
マニラ留学C21*⑬場所別に案内するWifi環境
2015/08/22
マニラ留学C21*⑬場所別に案内するWifi環境 こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! フィリピン留学を開始して今日でちょうど7週間が経過しました。 そして、私のフィリピン留学生活も残り5週間となって参りました。 7週間が経つと友人と連絡したり、ユーチューブでリスニングの練習をしたり。 頻繁にインターネットを使うことが多くなってきます!!   今回は私がWifiを使う際にどのように工夫をしてインターネットを利用しているのかをご紹介したいと思います。 まず、みなさんフィリピン留学中、Wifiはどんなときに使われますか? ・連絡するとき:SNSのLINE、Fecebook、mailなど ・勉強をするとき:勉強の仕方を調べたり、ユーチューブで音楽を聴いたりリスニングの練習 ・趣味や観光するとき:マニラの観光地や美味しいお店など今だからこそ知りたい情報があると思います。 一般的にはこのようなことで利用することが多いのではないでしょうか。 それでは早速、WIFIの環境がどうなのか? というところから説明します。 <場所別に案内するWifi環境> ・C21アカデミー内 繋がりやすさ:★★☆☆☆ キャンパス内でのWifiはエントランスの1階フロアのみでアカデミーのフリーWifiを自由に利用できます。 繋がるときと繋がらないときがあります。 Wifiスポットの近くであれば、もちろん比較的つなぎやすくなります。 Wifiスポットは通常部屋の上部に設置されてありますのでご確認ください。 ただ、どの留学生もキャンパス内では各授業の10分程度の少ない時間でしか空き時間はありません。 特に必須でなければ英語で友達と話すか、音楽を聞きながらリラックスするほうがよいかと個人的に感じます。 Wifiを携帯で利用される方がほとんどかと思いますが、PCで利用したときの方が繋がりやすいです。 ・寮の食堂 繋がりやすさ:★★★★☆ アカデミーの食堂にはwifiが置いてあり、比較的繋がりやす印象があります。 私の場合は夜に友達とスカイプ通話などしたいときに利用しています。 パソコンも携帯も快適に利用できます。 ・study room 繋がりやすさ:★★★☆☆ 基本的に繋がりやすいですが、それはパソコンでつなぐ時のみです。 携帯ではwifiを繋げることは難しいかと思います。 ・寮の自分の部屋 繋がりやすさ:★★★☆☆ 私達の寮では、勉強しているリビングルームでパソコン・携帯と両方ともWifiを利用できます。 寝室ではパソコンだと繋がりますが、携帯だと難しいです。 寮内でWifiを使用する際に、時々かなりつながりが悪くなるときがありストレスに感じます。 ただ、少し待てば繋がりやすくなります。 4階に下りて食堂でインターネットを利用すれば問題はありません。 日本と違いフィリピンなのでWifi環境が良くはないかもしれません。 しかしユーチューブなども見れます! ですのでネットが繋がらない日々に苦しむということはないかと思います。   ※注意点※ ・もしフィリピン留学をすることになった場合、勝手にWifiのパスワードの変更やリセットボタンをなどは控えるようにお願いします。 ・Wifi環境が悪く困った際には、寮のマネジャーにご相談ください。 以上でC21のWifi環境に関しての案内は終わります。 ここまでお読み頂きありがとうございました。   フィリピン留学レポーターC21:Daisuke
マニラ留学C21*⑫フィリピン留学先でこんな体験もできる?C21のボランティアとは
2015/08/15
マニラ留学C21*フィリピン留学先でこんな体験もできる?C21のボランティアとは こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! 今回はボランティアの内容を一部紹介したいと思います。 今回私たちが体験したものは、C21から1時間離れた学校で日本語や韓国語をフィリピン人の中学生に教えるということと、田植えの体験でした。日本でもそうですが、小さい子供と話す経験や田植えは機会がないとなかなか参加しませんよね。そう思い、私は今回こちらのボランティアで良い思い出を作ろうと参加しました。 まず7時にドミトリーを出発しC21へ向かいました。その後、朝食を済ませ目的地に向かうというスケジュールです。   こちらが、1日の全体のスケジュールが記載されてある用紙となります。 ジプニーを貸し切って向かいました。 <田植え> 学校に着くと小さな子供がバレーボールで遊んでおり、それだけで癒されました。笑 そして、少し休憩してから田植えの場所へと徒歩3分ほど行き向かいます。 初めて田植えを経験する人もいました。田植えのクオリティーはともかくみんな真剣に楽しみながら田植えができていました。残念ながらドロドロの田んぼの中に足を取られて転けるような人はいませんでしたが、もしそんなことが起きたときのために着替え・タオルを用意しておくことをオススメします! <ランチタイム> ランチは、ハンバーガーorラーメンでした。このような日にはみんなで協力して食事の準備をします。 ラーメンは、辛い物と辛くないものとで分けてくれており学校の先生方がとても気を使ってくれました。 <日本語・韓国語Teaching!!> お昼過ぎには、学校の子供が続々と集まってきており絵の書き方を教えていました。子供達は少し緊張しているようでした。 最後にはプレゼントを渡して終了しました。 その次には、中学生がそろいましたので早速留学生とペアになって一緒に日本語、韓国語を勉強しました。 日常英会話で使うフレーズを学びますが、子供達はまじめに取り組んでくれましたし、日本語、韓国語で「愛してる」の言葉をみんなの前で言う場面がありましたがとても賑やかなムードになりました。 最後には、参加されたC21の先生と生徒で集合写真を取りました。 みなさん、いかがでしたでしょうか? みなさんがフィリピン留学をする際には是非このような経験もされることをオススメします。^^ C21では、今回のボランティア以外にも異なる種類のボランティアを行っていますのでC21ホームページなどで一度拝見してみてください。 これで今回の私のボランティアに関する記事は終了します。 ここまで読んでいただきありがとうございました。   フィリピン留学レポーターC21:Daisuke
マニラ留学C21*⑪英語寮の食事1週間分をご紹介!
2015/08/14
マニラ留学C21*⑪英語寮の食事1週間分をご紹介! こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!!   今回の記事では、マニラにある語学スクールC21で提供されている食事をご紹介いたします。 みなさんは、フィリピン留学先でのお食事のメニューは気になりませんでしょうか? フィリピンに来たことのない方も一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、日本と違いフィリピンで出される食事は全く異なる味となっております。私がフィリピン留学する前は、食事などは気にしていなかったのですが、実際留学をしてフィリピンで1カ月以上を過ごすと日本の味も恋しくなってきます。ぜひフィリピン留学する前にどんな食事をこれから毎日いただくようになるのか、ご拝見していただければと思います。ちなみに、私は1カ月以上過ごしておりますが、一度もお腹を下すようなことはありませんでした。 まず、前提として食事には白菜キムチ、大根のキムチがあります。こちらはお召し上がりになりたい方が自由にとれるようになっております。 また、浄化された冷たいお水が飲めますのでお飲物もご安心ください。 ▼月曜日 ・朝 月曜日の朝ご飯になります。ナスの料理に、卵焼き、白ご飯、トマトです。 卵焼きは味が薄めです。ご飯はふりかけがあるので合わせて食べています。 ・昼 これは取りたい分だけ野菜をどんぶりの中にいれ、ソースと絡ませながら食べます。 左のたれはコチュジャン、右のソースはオリーブオイルです。辛くはないので安心してください。 ・夜 白ご飯、肉と野菜炒め、わかめスープ、ナスの天ぷら わかめスープは塩分が効き過ぎです。野菜炒めは美味しいので好きです。 ▼火曜日 ・朝 フレンチトースト、アイスティー(イチゴ味) フレンチトーストは味が薄いです。アイスティーは味が甘すぎです。 ・昼 白ご飯、焼きそば、わかめスープ、ジャガイモとベーコンの炒め 焼きそばの面は、寒天のような食感ですが変な味ではありません。 ジャガイモとベーコンの炒めは日本で食べる物と味が似ていますし美味しいです。 ・夜 白ご飯、唐揚げ、サラダ、マンゴー 唐揚げはジューシーさがありません。サラダはドレッシングがいつも効きすぎております。 マンゴーは美味しいのでぜひ食べてみてほしいです。 ▼水曜日 ・朝 白ご飯、マッシュルームとタマネギのコンソメ風味、スープ、卵焼き、トマト マッシュルームとタマネギのコンソメ風味のものは、味が少し濃いですが美味しいです。 ・昼 白ご飯、ゆでたまご煮、春巻き 留学生に春巻きは人気です。みなさん基本的にケチャップをつけて食べられております。 ・夜 白ご飯、肉と野菜炒め、わかめスープ、メロン、スイートポテト 肉と野菜炒めはご飯と合うので留学生の中でもかなり人気です。メロンもとても美味しいです。 ▼木曜日 ・朝 ホットケーキ、ウインナー ホットケーキは味が薄いので、シロップをかけて食べます。 ・昼 チャーハン、野菜炒め(コンソメ味)、お味噌汁 日本のチャーハンとは味が少し異なっており味が薄いです。留学生の中では人気です。 そして個人的にこの日の野菜炒めは、野菜をたくさん摂取できるので気に入っています。 ・夜 白ご飯、インゲンの炒め物、たまごスープ、トマト味ベースの人参とお肉の炒め物 インゲンの炒め物は日本のものと同じ味です。たまごスープは塩味が濃い目です。 お肉は少し固めではありますが、ご飯がすすみます。 ▼金曜日 ・朝 白ご飯、ジャガイモとウインナーの炒め物、キムチ味スープ、マッシュルーム(コンソメ味) ジャガイモとウインナーの炒め物は日本の物と味が同じで美味しいです。 ・昼 ハンバーガー2個、アイスティー ハンバーガーは手作りなので新鮮さがあります。 こちらのメニューは中のハンバーグが美味しく、個人的に気に入っています。一人2個食べられます。 ・夜 白ご飯、わかめお味噌汁、お肉と人参ジャガイモの炒め物 こちらもご飯がすすみますし、美味しいです。 ▼土曜日 ・朝 パン、ウインナー、アイスティー こちらは日本の物と変わらないぐらいシンプルで味も同じなのでご安心ください。 ・昼 チーズスティック、ラーメン こちらはインスタントラーメンですので、日本のものと同じです。 ・夜 白ご飯、カレー カレーライスです。日本ほど味が深くなく香りも少ないです。ただ、まずくはありませんし、美味しくいただけます。 ▼日曜日 ・朝 白ご飯、ジャガイモとベーコンの炒め物、インゲンの炒め物、お味噌汁 ・昼 こちらはうどんです。日本のうどんが食べられる方は苦になることはないかと思います。 ・夜 オムライス、スープ こちらのオムライスは個人的にオススメです。おかわりする方もおられました。 以上でC21の食事1週間分のご紹介は終了となります。 メニューはたまにアレンジが加わりますし、もしメニューに要望があればマネジャーに相談してください。 ここまで読んでいただきありがとうございました。   フィリピン留学レポーターC21:Daisuke
マニラ留学C21*⑩国籍別比率、学習環境について
2015/08/08
マニラ留学C21*⑩国籍別比率、学習環境について こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!! 今回はC21の国籍別比率、英語使用環境、学習環境に関して紹介します。 ほとんどの留学生さんが留学先の英語スクールを決める際に生徒の人数を考慮した上で留学先を決めるのではないでしょうか。 私の場合も人数は考慮していましたが、あまり重用視していませんでした。ちなみにC21も含めいくつかのフィリピン留学サイトに記載されてある留学生の人数はデータと大きく異なっている場合があります。それは、シーズンによって留学生の人数が変わるからです。ですので、留学先を決定する際に人数を重用視される方はシーズンを考慮したほうがよいかと思います。 もしくは、留学先の日本人スタッフに連絡をとることをオススメします。 ▼留学生の人数 留学生の人数はよく変動しますが、現在はおよそ50〜60人ほどになります。 韓国人37人、日本人11人 、中国人9人(台湾含め2人) ▼英語の使用環境 英語の使用環境によっては、90%英語といったところだと思います。というのも、100%英語だと入学当初で英語の聞き取りが難しい留学生さんもいらっしゃりますのでそういった方には、伝える手段として母国語で一時的に対応するケースもあります。 アカデミーの時間以外の休日の外出時には、母国語の使用も認められております。 また勉強に集中できる環境としてはC21では宿泊先を英語寮にすることが可能となっており、24時間英語を喋る環境が整っています。 ▼C21の雰囲気 C21の勉強できる雰囲気としては、留学生は基本的に真面目に授業を受けていますし、授業をサボるような生徒はいません。 先生方は、親切で冗談の言って笑わせてくれるような先生ばかりでとても賑やかです。 C21にはイベントがたくさんあり、生徒のみなさんはよく参加しています。そのため、勉強以外にリフレッシュできるような環境があります。 これでC21の国籍別比率、英語使用環境、学習環境などに関する記事は終了します。 ここまで読んで頂きありがとうございました。   フィリピン留学レポーターC21:Daisuke
マニラ留学C21*⑨フィリピンから日本に郵便物を届ける手順と注意点
2015/08/06
マニラ留学C21*⑨フィリピンから日本に郵便物を届ける手順と注意点 こんにちは マニラ留学C21レポーターDaisukeです!!   フィリピン留学が始まって今日で5週間目が経とうとしております。 英語もフィリピンに着たときよりかは数段レベルアップしように感じています。 今回はフィリピンから日本へ郵便物を届ける際の手順と注意点をお伝えしようと思います。 みなさんは、フィリピンに留学したときに誰かに手紙や、荷物、プレゼントを贈りたいと思ったことはありますでしょうか。 その際、日本から外国に荷物を送るのならまだしも、フィリピンから荷物を日本に送ると考えるとどのような手順を通して手続きをすればいいか不安になりますよね。 つい先日私はC21からトライシクルで5分の郵便局を利用してきました!! そちらの流れをご説明させて頂きます。 まず、私が送ろうと考えていたものは「手紙」です。 そして今回利用した郵便局は「LBC」という会社になります。   LBCはプライベートカンパニーであり、信頼性が十分にあります。 3日で配送することができます。   ただ、料金が少し高かったです。 こちらが料金表となっております。 こちらの記入用紙(シール)を配られますので情報を記載していきます。 その後は、どのような料金プランで配送するか等を話し、手続きは完了となります。 比較的、手続きはスムーズに進みました。 店員の方もとても親切だったので個人的には好印象でした。 こちらが私が利用した料金表で、手紙と写真で1250ペソお支払いしました。 私が利用したLBCはかなり料金としては高いです。 安く済ましたい方はお勧めしません。 また、耳にしたことですが比較的安く提供している会社では 配送するまでに時間がかかったり、 紛失する可能性もあるそうです。   所要時間は15分〜20分ほどです。 全体の写真も撮りました!!! みなさんがご利用する際には、参考にしていただけると幸いに思います。 LBCの近くにはATMがあります。 もしお金を準備していなくてもすぐに引き落とすことができます。 また写真をプリントアウトすることができるお店があります。 もしマニラで取った写真等をプリントアウトしてプレゼントして送りたい場合には手間をかけずに終えることができると思います。 私は35ペソほどで3つの写真をプリントアウトしました。 その際、USDメモリをお店の人に渡して注文をしました。 フィリピンではUSBメモリのことを「フラッシュドライブ」と呼びますので来店の際には気をつけてください。 所要時間は5分ほどです。 これでフィリピンから日本に郵便物を届ける手順と注意点に関しての記事は終了とさせていただきます。 ここまで読んでいただきありがとうございました。   フィリピン留学レポーターC21:Daisuke    
  / 2
C21がなぜスピーキング強化の留学先としておすすめなのか?
2017/05/04
C21がなぜスピーキング強化の留学先としておすすめなのか? 1、)スピーキングに特化した正規授業 C21ではどのコースを選んでも基本的にはスピーキングに特化したカリキュラムになります。たとえリーディング、リスニング、ライティングなどの授業科目を受けたとしてもスピーキング力が上がる授業構成となっています。日常英会話に必要な英語表現力、語彙力、文法などだけでなく、フォーマルな英語(プレゼンテーション、ディスカッション、ディベートなど)に必要な英語力をも身に着ける事が出来ます。カリキュラムの一環として実際に多くの生徒や講師達の前でプレゼンテーションを行ったり、授業内でディベートを行うのが当たり前の環境がC21にはあります。 2、)24時間英語漬けになる寄宿舎+ナイトアクティビティ C21の最大の特徴であり強みがC21の英語講師と一緒に生活が出来る英語寮です。まず、C21では以下の様にアパートメント型の寄宿舎を使用しています。 リビングルームとシャワー・トイレ2つを各部屋の留学生が共有するタイプの寮です。リビングルームでは毎日(月~木)2時間、義務参加のナイトアクティビティが設けられます。また、普段はこの寄宿舎で英語講師と共同生活をする事となります。ただし、ベッドルームまで共有するかどうかは選択可能です。宿題や復習をする時には一緒に暮らしている講師に質問などを行う事が出来るが利点です。尚且つ、ナイトアクティビティ(2時間)では、プレゼンテーション、デェベート、ディスカッション、ジョブインタビューなどを行います。講師が監督、学生が役者となるビデオの作成、映画の吹き替えを学生が演じるエンジョイ系と様々な事をナイトアクティビティでは行えます。正規授業だけではなく本当の意味で英語漬けに身を置くが出来る英語寮や、スピーキングに特化したナイトアクティビティを受ける事により時間を無駄にせず実用的なスピーキング力を身に着ける事が出来ます。 3、)会話のプロ講師軍団が在籍 通常の語学学校の講師と比較するとC21の講師陣のレベルは高いです。特に会話力に関しては圧倒的です。一体なぜでしょうか?まず、C21の位置するケソンシティ(マニラ)には多くの有名大学があります。実はC21で雇う講師陣はそんなケソンシティの有名大学出身者ばかりです。母国語のタガログより英語の方が話せるという講師も何人かいます。もしくは、コールセンターでの業務経験がある講師となります。英語を話すのが当たり前の環境に身を置いていた講師陣の下で英語学習を行うので自然にスピーキング力が身に着ける事が出来ます。 C21を選ぶ際の注意点 C21はスピーキングに焦点を置いた留学をご検討中の方には本当におすすめの留学先です。どの様なシチュエーションにでもきちんと話せる英語力をC21では得る事が出来るからです。ただし、IELTSやTOEICなどの資格対策コースに関しては特に高い実績を出した事がありませんし、カリキュラム構成もスピーキングに偏り過ぎています。従って、資格対策コースにて真剣に勉強したい方にはC21はおすすめ出来ませんのでご注意ください。
C21初日のスケジュール
2016/10/25
C21初日のスケジュール C21における新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。   【レベルテスト、オリエンテーションスケジュール】 時間 内容 8:00 起床及び各自朝食 8:45 ~ 8:55 バンにて寮から学校へ移動 9:00 ~ 11:30 レベル分けテスト 11:30 ~ 11:40 オリエンテーション 11:40 ~ 11:50 現地費用支払い 12:00 ~ 12:50 ライティング授業(日誌を英語で書く) 12:50 ~ 14:00 昼食及び自由時間 14:00 ~ 14:50 マンツーマン授業① 15:00 ~ 15:50 マンツーマン授業② 16:00 ~ 16:50 マンツーマン授業③ 17:00 ~ 17:20 バンにてC21より寮へ移動 17:30 ~ 19:00 各自夕食 19:00 ~ 20:30 自由時間 20:30 ~ 21:20 夜間授業① ※新入生は初週参加必須 21:30 ~ 22:20 夜間授業② ※参加は選択制。参加しない場合は学習室で自習 22:20 ~ 24:00 自由時間 ※平日の門限は24時となっており、週末は26時まで。  
マニラC21 パンフレット,OT更新
2016/02/18
マニラC21 パンフレット,OT更新 マニラC21のパンフレットが更新されました。2016.02 https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDVW9DUWN6aU5uNVE/view?usp=sharing   オリエンテーション資料更新!フィリピン入国とピックアップ案内、スクール規定など 2016.3.24 https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDWFRUZ3UxUHFuQWc/view?usp=sharing
【重要】C21 寮運営方針の大幅な変更について
2015/08/20
【重要】C21 寮運営方針の大幅な変更について C21では教育資源の選択と集中を目的に、寮運営方針の大幅な変更を実施致します。   具体的には、従前まで運営しておりました英語寮1、英語寮2、特別寮について、9/5(土)から英語寮2を廃止、特別寮を英語寮1に吸収して、以後は「英語寮」のみを運営することになります。   英語寮のみの運営に伴い、一部規則等に変更がございましたので、改めて英語寮の特徴を記載致します。   - 英語寮は校舎まで車で5~10分の距離にございます。平日朝2回夕2回、無料シャトルバンを利用可能です。   - 英語寮は現地コンドミニアムを利用しており、入り口前のセキュリティにより、一定水準の治安が確保されております。各部屋の運営に加え、食堂と自習室が運営されており、夜間授業含めて留学生交流のしやすいつくりとなっております。   - 英語寮では1人部屋、2人部屋の他、講師と寝室含めて24時間共同生活を送ることが可能な1+2人部屋が運営されております。寮構造としては、リビングルームとシャワー・トイレを2つの寝室で共有するアパートメント型となります。   - 英語寮の部屋内には、学習机、エアコン、扇風機、TV、DVDデッキ、クローゼット等の留学生活に必要となる備品は準備されており、WIFIを利用することも可能です。   - 校舎同様、英語寮ではEOP(母国語禁止ポリシー)が徹底されております。24時間英語使用が可能な環境となりますので、豊富なスピーキング機会を求める学習意欲の高い学生にお勧めとなります。上記学生には、1+2人部屋が特にお勧めとなります。   - 英語寮は従前のスパルタ規定から、セミスパルタ規定に変更されます。以前は夜間授業2時間の参加が必須でしたが、9/5(土)から自由参加へと変更されます。また、夜間授業不参加時の強制自習もなくなります。EOP規定を残しつつも、より自由度の高いメリハリをつけた留学生活が可能になるかと思われます。なお、金曜日については、夜間授業は1時間のみとなり、スクール主催のスポーツアクティビティ等に参加することが可能です。   - セミスパルタ規定への変更に伴い、外出は門限まで自由となります。平日(日~木)は24:00まで。週末(金・土・祝前日)は02:00までとなります。   - C21では土曜日もしくは日曜日入寮/土曜日退寮が原則となります。但し、事情がある場合、平日入寮/平日退寮をスクールに事前相談することが可能です。退寮時、ほとんどの留学生がタクシーを利用してマニラ空港まで向かわれますが、英語寮のすぐ目の前がタクシーの集合場所となっておりますので、事前手配をする必要がなく便利です。
C21 プチ訪問記♪
2015/06/24
C21 プチ訪問記♪ こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。弊社フィルイングリッシュは先日にフィリピンの首都であるマニラに立地する名門語学スクールC21に訪問する機会に恵まれました。以下プチ訪問記になります。   C21の特徴でもあり強みは、講師と一緒に暮らす事が出来る英語寮にあります。授業だけでなく普段の生活も講師と一緒に過ごす事で、24時間英語漬けの生活を送る事が出来る為に効率的な英語力の向上を可能としています。   また、夜に2クラスも行われる濃厚な授業内容のナイトアクティビティも行われる為に生徒達は休みなく英語の向上に励む事が出来ます。校内のEOP制度(母国語禁止ルール)もしっかりとしている為に、国籍関係なく休み時間の間や寝る寸前まで英語での会話が行われています。   スピーキング力の向上を主な目的とした留学や24時間英語漬けになりたい方は期間関係なくおすすめなとなっています。  
  / 1

よく読まれている留学体験記