Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

LSLC ボラカイトリップ

2017AUG29

バコロドにあるLSLCでは、アクティビティを頻繁に行っており、希望者100名でボラカイトリップに行きました。片道9時間でしたが、皆さん満喫できたようです。卒業生からのフィードバックでは、ごはんが美味しかったので、外食には行かず毎日カフェテリアで食べていたという方も。韓国人が大多数でもLSLC校は、日本人でも美味しく食べられる味付けにされているところがいいですね。

バコロドJELS留学体験談:大人の留学生が感じたJELSでの充実した留学生活


バコロドJELS留学 JELSの施設環境


お名前:三上裕一郎

留学コース:ESL Recommended

留学期間:8週間

私の留学期間は2017年6月中旬より2017年8月中旬までの約2か月間でした。季節はちょうど雨季にあたり毎日バケツをひっくり返したほどの雨が日に2回ほど降る日が続きました。しかし私の留学先であるジェイソンイングリッシュスクールには非常に生活環境に恵まれた場所にあり、傘をさす必要もないほどの距離にバコロドの市街地にある大型スーパー、レストラン、銀行、スポーツジム、カフェ等が存在し、全くストレスのない留学生活を送る事ができました。


バコロドJELS留学 JELSでの英語学習


実際の学習に関しても、事前にレベルチェックテストを行い、留学生に適した英語教師、教材、グループを割り振られているので、初級者から上級者まで幅広く効果的にスキルアップをすることが可能だと思われます。私の場合では、日本国内においても継続的に英語の学習を続けていたことにより、中級者のクラスに配属されましたが、リスニング並びにボキャブラリーの向上は自覚できた一方、2か月間の留学ではスピーキング力の劇的な向上は残念ながら自分の想像よりも伸びなかったように感じられます。


バコロドJELS留学 留学後の率直な思い


ある程度の英語基礎があり中級者レベルの留学生が効果を感じる為には4~6カ月程度の留学期間が必要であると個人的には思います。一時帰国の後、ロシア語習得のためカザフスタンへ1年程度留学が既に決まっているので可能であればより多くの時間をJELSで過ごしたいと思えるほど、素晴らしい環境でした。

バコロドILP留学体験談:バコロドILPで手にした最高の経験!


最高の2か月!ILPでの英語留学


△日本人留学生3人と韓国人留学生1人の計4人でシラバイという場所に出かけたときの写真。

 

お名前: VIVIA

留学期間: 8週間

留学コース:Basic 6 Hours

こんにちは。私はILPに留学したVIVIAと申します。「バコロド」がフィリピンのどこにあるかも分からずにILPに留学選んだのですが、2か月経った今、あの時の選択が正しかったことを確信し、このフィリピン留学体験談を書くことに決めました。初めてフィリピン・バコロドに英語留学に行くと決めたとき、周りの知り合い皆から治安は大丈夫なのか、危なくないのかと心配されました。私も若干の不安はあったものの、実際にバコロドに留学に来てみてそんな心配は杞憂だったことを実感します。


フィリピンのバコロドという地域


バコロドはフィリピンの中でも地方の都市なので、観光客自体が少なく地元のフィリピン人たちは外国人にとても好意的で親切に接してくれます。目が合っただけで笑いかけてくれ、挨拶の言葉を英語でかけてくれます。街中がそんな雰囲気なので、バコロド市内に出かける度に幸せな気持ちになれます。

ILPはバコロド市内中心部に位置します。ILPから歩いて5分の場所にロビンソンというモールがあり、ジプニーで5分の距離にチャイナタウンとSMモールがあります。平日や週末にも気軽に遊ぶに行けますし、物価も安いので思う存分楽しめます。

ILPにいるフィリピン人英語講師たち、オフィスにいるマネージャーの方、スタッフの方みんな、明るくて親切で、何か留学生活で困ったときも直ぐに助けてくれます。人見知りの私でも、ILPに入学すると周りの雰囲気に溶け込み直ぐに友達が出来ました。


バコロドでの休日の過ごし方と観光


△プールとスカイダイビング、そしてジップラインができるCAMPUESTYHAもおすすめです。大きなキングコングの像が有名で、みんなで必ず記念撮影をしています。

平日は英語学習に励み、週末は留学生の友達と一緒に旅行によく行きました。みんな初めて行く場所だったので、迷ったりと色々大変でしたが、だからこそ良い思い出になったと思います。旅行を通して、外国人の友達ともっと仲良くなり沢山話をしました。シパライは海も綺麗でスキューバダイビングも出来ます。滝が綺麗で有名なGUINTUBDANは、バコロドに英語留学に来たら一度は行ってみて欲しい場所です。

△英語を教えてくれたフィリピン人講師達と一緒に食事をしに行った時の写真です。留学中にはバコロド市内のレストランに出かけたり、フィリピン式のバーべーキューをしたりしました。

ILP語学学校で毎食出る食事は、想像よりもずっと美味しく留学生の友達同士で色々な会話が出来る貴重な時間でした。フィリピンで英語留学先を探している方には、是非バコロドのILPをお勧めしたいと思います。


バコロドで3か月留学!私がILPをおすすめする理由


お名前: ANGIE

留学期間: 12週間

留学コース: Intensive 7 Hours

フィリピン、バコロドには英語の語学学校がいくつかあります。わたしがILPを選んだ理由は、他の語学学校とは違い少人数制で留学生の満足度が高いという評判を聞いたからです。バコロドの市内の便利な場所にあるILP語学学校。今、心からILPを選んでよかったと思っています。

フィリピン留学に来る前は、英語を流暢に喋れないのにどうやってフィリピン人英語講師たちと英会話で意思疎通をするのか、どうやって授業を受けられるのか不安で悩んだこともありました。留学初日、フィリピンのセブ島経由でバコロドに到着した私は、バコロド空港でILPマネージャーであるルナさんと会い、ピックアップでILPに移動しました。ILPにつくと、簡単なオリエンテーションをしてくれ、そのあと留学生活に必要になる日用品を買いに出かけました。留学二日目、いよいよクラス分けの英語レベルテストを受けました。ライティング、スピーキング、、英語初心者なので正直とても大変でした。

△ILP学生寮の2人部屋の様子。


バコロドILPのアットホームな心地いい雰囲気


フィリピンには定員が300人を超えるような大規模な語学学校もあるそうですが、私は家族のような雰囲気の小規模校であるILPを選びました。アットホームで居心地がよく、自分の性格には合っていたと思います。

他校で留学してからILPに来た留学生もいましたが、ILPの雰囲気は本当に良いと言っていました。

△ILPのマンツーマン教室の様子。

フィリピン人英語講師たちは全員とても親切に授業をしてくれるので、英語が聞き取れない、喋れないと萎縮する必要は全然ありません。ILPでは清掃も毎日してくれますし、洗濯物も週に3回洗ってくれます。正直フィリピンでの生活はとっても楽で過ごしやすかったです。ILPではマンツーマン授業が中心に行われているので、英語初心者におすすめです。周りを気にせず英会話が出来るので、ためになります。


バコロドILPの週末のお出かけ


バコロド留学中は、旅行でルイスという場所に遊びに行ってきました!まだ知り合って間もない外国人の留学生友達と初めて旅行した場所でもあるので、とても思い出に残っています。

ILPでは昼食を食べ終えた後や授業後は、フィリピン人英語講師たちと会って外出したり学校でお喋りしたり自由気ままに楽しい時間を送ることが出来ます。

△フィリピン英語講師達と一緒にカフェに行った時の写真です。マンゴーチーズケーキの美味しさにびっくりした記憶があります。(笑)

バコロドはフィリピンの中でも地方都市ですが、意外と旅行する場所は沢山あります。ぜひ留学中は、色々な場所に遊びに行ってみてください。きっと語学学校のマネージャーさんやフィリピン人英語講師たちが良い場所を沢山知っているはずです。

週末はフィリピン人英語講師たちと会うことが多く、一緒に過ごしているうちにどんどん仲良くなっていきました。


バコロドILPで3か月留学を終えて


△ILPのカフェテリアの様子。

朝食、昼食、夕食3食の提供がされます。夕食は19時以降には留学生が集まり勉強できるようになります。留学生活の思い出の場と言っても過言ではない場所です。

3か月と言うバコロドのILP留学生活は、あっという間に過ぎてしまいました。あまりにも楽しく思い出が沢山出来た3か月。英語力も伸び、新しい友達も沢山でき、とっても幸せな3か月でした。

フィリピン留学 バコロド地域

フィリピン留学の留学先としては認知度が低いバコロド地域ですが、学費や物価が大都市と比べると安いです。バコロドのいくつかの語学学校ではコースカリキュラムのほとんどをマンツーマン授業で占めています。そのため、マンツーマン授業中心の自由な英語学習を希望される方にバコロド留学はおすすめできます。

>>>フィリピン留学バコロド地域

良く遊び、良く学ぶ留学生の集まるバコロド留学のすすめ

バコロド地域はネット上の情報が非常に少なく、バコロドの語学学校を取り扱いしていないエージェントも多いです。そこで本コラムでは、バコロド留学のおすすめ理由、おすすめ対象についてご紹介致します。のセブ島は物価上昇などにより、留学費用が比較的高くなってきてはいますが、まだまだフィリピン留学は格安なんです。

>>>フィリピン留学コラムの続きを見る

LSLC在校生にインタビュー

2017.6月第一週

30代女性の在校生に率直な意見を聞いたレポートをのせています!
バコロドでも思っていた以上に都会で、寮で出されるごはんも、予想以上に美味しかったとか!!また卒業生からのフィードバックにもしっかり答えていただいています!
韓国風の辛い味付けで食べられないといった意見に対し、浅漬けやたくわん用意してくれるようになったり、麺類は生徒自身で味も調整できるようになったそうです!

公式ブログ http://ameblo.jp/lslc-atsuyo

公式インスタグラム lslc_japan

日本の大学生のフィリピン留学先として何故LSLCがオススメなのか?

1. サン・アゴスティン大学の付属英語スクール!!!

まず初めにLSLCはサン・アゴスティン大学の付属の英語スクールです。サン・アゴスティン大学はフィリピンでも有名な名門私立校でございます。そのため、LSLCに入学された学生はサン・アゴスティン大学の大学生と同様にIDを持ち、大学内の施設を利用することが出来ます。そして、さらに大学内の講義を無料で聴講することが出来るので英語でのアカデミックな学びを得るためには最適の英語スクールではないかと考えられます。一部日本の大学ではLSLCへの留学で大学の単位の認定も可能なケースがございますので、大学生には非常に優遇された環境の英語スクールではないでしょうか。もちろん、サン・アゴスティン大学の大学生との交流もでき、グローバルな学生同の交流をすることも魅力の一つです。

2. 長い歴史とノウハウを持つ英語スクール!

LSLCは1997年に開校し、今年で20年以上の歴史を持つ伝統的な英語スクールでございます。今までに蓄えてきた英語学習のノウハウこそがなんといっても一番の強みではないでしょうか。また、老舗の英語スクールだけあって、10年以上の勤務のベテラン講師が多数在籍しています。そのベテラン講師が中心となって定期的なフィリピン人講師達のミーティング、勉強会、授業指導のトレーニングを行っています。英語学習のノウハウをLSLCの講師たち全員がシェアしているため、LSLCではどの講師と授業をしてもムラが無く高いレベルの授業が受けられます。

3. 付属大学ならではの特徴を活かしたアクティビティ!!

LSLCには大学付属校ならではの大学生との交流を特徴にしたプログラムが開催されます。大学生が自主的に開催するプログラムもございますが、ココでは、特徴のある2つのアクティビティを紹介します。1つ目は、日本語教室ボランティアプログラムです。年に4回開催し、現地学生を対象に日本語や日本文化を教えます。日本とフィリピンの違いを見つけることフィリピン人の大学生との交流を深めることが目的で始まりました。しかし、それだけではない違う国同士の学生のお互いの国に対する本音の意見も聞くことができる内容濃いプログラムになっています。2つ目はBuddyプログラムです。LSLCの学生にサン・アゴスティン大学の学生を紹介するというアクティビティで実際にフィリピン人の家庭におじゃましたり、サン・アゴスティン大学の学生とスポーツやイベントを一緒に行います。大学のスポーツ祭、文化祭へも参加しながら国を越えた繋がりを作ることが出来ます。是非、この機会を利用して他国の学生との繋がりを作ってみてはいかがでしょうか。

LSLCを選ぶ際の留意点

LSLCは学術的な英語と文化的な英語交流が大きな特徴です。その大学付属という特別な環境を十分に利用するためには、予め、日常会話が無理なく出来る学力と積極的なコミュニケーションの姿勢が重要となってきます。そのため、かなり初心者の方や大学生との交流に不安がある方には、大学付属の英語スクールというメリットを十分に受け取れなくなってしまいます。ご留学を考えている方は大学付属の英語スクールであること、アカデミックな学習プログラムが備わっていること、大学生との交流ができることを踏まえた上でLSLCの留学を決めなければなりません。LSLCは独自の留学スタイルが確立されているため、メリットははっきりと分かりやすいですが、反対に学生の向き不向きが大きく表れてしまいます。

綺麗で、広大な大学施設も魅力!!!

LSLCは付属大学の学習、学生交流だけではなく施設もお互いに使うことが出来ます。大学内にはフードコート、売店、図書館(自習室)、体育館、運動場、プール、カフェ、食堂、自習室、ジムが設置されており、実際にLSLCの学生も利用することができます。普通の英語スクールでは使うことができない大きな規模で設備が提供されているのも、大学付属の英語スクールだからこそのメリットです。そして何より、施設は新しく清潔です。規模は大きいのですが、シンプルな作りで落ち着いた清潔感があります。見た目はゴージャスではないですが、十分快適なスクールライフを送ることが出来ます。

IELTS学習で何故CNSIIをおすすめ出来るのか??

➀コンスタントに結果を出し続けているから!!

フィリイングリッシュでは過去から現在までCNSIIにたくさんのお客様を送客させております。8週で6.0から7.0獲得、TOEIC940から8週で7.5獲得など目を見張るべき結果を出す生徒を目撃し続けています。
フィルイングリッシュは卒業生たちの成果から鑑みてIELTS研修でコンスタントに安定した結果を出し続ける一番の語学学校はバギオのCNSIIという印象を持っています。

➁ IELTSだけを教えるフィリピンただ一つのIELTS専門学校であるから!!

CNSIIはフィリピンで唯一のIELTS専門学校です。指導する教科目はすべてIELTSに特化します。マネージメントの課題はいかに在学生のIELTS点数を引き上げるかに集約されます。CNSIIのすべての講師がIELTSの知識や試験対策、出題傾向に精通しております。CNSIIに集まる人間は先生もマネージメントも学生もIELTSの点数向上という1点に目を向けています。

➂ IELTS指導フィリピン最古参で指導経験が豊富であるから!!

CNSIIの創業は2006年。フィリピンで最初にIELTSコースを開設した学校です。IELTSが世界で影響力を持ち出したのは2010年代初頭から。IELTSの可能性をどこよりも早く見出し、研究や指導に着手しました。様々な伸び悩みタイプの学生指導を経験し、実績も豊富です。
最近のIELTSブームに便乗して2~3年前にあわててIELTSコースを開設した既存語学学校が非常に多いです。累積された専門知識知識、豊富な指導経験で比べた場合その指導力の差は明白です。
CNSIIに次ぐ老舗名門IELTS校としてはセブのSMEAGクラシックとバギオのMONOLがあります。

➃猛烈な学習雰囲気が整っているから!!

CNSIIには何がなんでもIELTSの点数が必要なひとが集まる傾向があります。自習室には半数以上の生徒が深夜0時くらいまで居残って学習しているそうです。中には深夜2時や3時まで頑張る方もいらっしゃいます。恐らく学生の平均自習時間という尺度ではCNSIIがフィリピン留学業界では一番でしょう。生徒からも肯定的な影響をもらえる雰囲気がこの学校にあります。

CNSIIを選ぶ際の留意点

CNSIIは老巧化が目立ちます。ジムの運動器具なども放置されたままのものが結構あります。食事も評判がいいわけではありません。小規模学校のためグループ授業編成で違うレベルのひとが混じっている場合も頻繁にあります。この学校に向いている方は『点数こそすべて』というタイプです。少々の事には目をくれず点数アップという一点のゴールに突き進む方は高得点を獲得しやすいです。

英語初級者からの入学も可能!!

CNSIIと聞くとIELTS7.0以上を目指す方が行かれる上級学校のようなイメージを持っているとの内容のメールを過去2名のお客様から頂きました。CNSIIが7.0以上の高得点を指導できる希少学校の一つであり、レベルが高い学生が集まる傾向にある事は間違いありません。ですが英語を少したしなんだ程度の方や初級者にも門徒は開かれております。
英語初級者に対しては最初に基礎を固める一般英語のプログラムを組み、進行状況を見ながらIELTS科目をちりばめていきます。IELTS専門家たちにとって一般英語を教える事は容易い事です。英語初級者で24週登録し最終的には6.0~6.5点獲得を目標とされるパターンもあります。

フィリピン留学 in バコロド

20161204~20170225 ILP Academy

ILP留学スクールでの勉強はとても充実していました。まず、時間割を自分の好きなように組めることが魅力です。間に休み時間を挟んだり、放課後のために早く終わらせたり、逆に朝が弱いから、ゆっくり始めたりなど、毎週金曜日に変えられるので、12週間通っていた私には退屈せずに楽しめました。
また、授業内容はすごく新鮮でした。他の国での留学は、grammar, writing, reading, listening, speakingとだいたい5つあり、かつ留学生が10~15人のグループ授業ですが、ILPでは自分が勉強したいことを先生に伝えれば、自分の勉強したいことが勉強できます。

私の場合はspeakingとlisteningに力を入れたかったので、ひたすらフィリピン人講師の方と会話をしていました。あと、grammarも不安な点があったので、わからないところを理解できるまで何回も説明してもらいました。ILPには授業の進め方のルールがないのが魅力的です。
そして、何よりもフィリピン人講師の皆さんがいい人達ばかりなので、お昼を一緒に食べたり、放課後や休日に遊んだりなど、友達のように過ごしました。悩みがあれば聞いてもらい、困ったことがあれば助けてくれるなど、どんなことも親身になってくれました。ILPの先生達も魅力の1つです。

次に寮ですが、各留学生の部屋にはクローゼットも置いてあり、冷蔵庫、エアコン、クリーニング用のカゴなど、生活に必要なものは揃っています。そして、クリーニングは週に3回も回収してくれますし、部屋の掃除、もちろんバスルームの掃除も毎日してくれます。シーツも定期的に変えてくれるので、このような点が私には快適でした。そして毎日3食しっかりと提供してくれるので食事に困ることがありません。

週末にはたくさんの留学生がでかけます。みんなで一緒にプールにいってBBQをしたり、違う島に旅行に行ったりなど、様々です。私の場合、シパウァイ島という場所に留学生の仲間たちといきました。空気がきれいで、とても静かで、リラックスするうえで最高でした。また校長や学生マネージャーも一緒に行ったので安心して行くことができました。
そして何よりもたくさんの人との出会いが一番の思い出です。

フィリピン バコロド留学 オススメ語学学校一覧

バコロド留学を検討されている方は、良い意味で個性が強い方、アクティブな方が多いです。また、バコロド留学が選ばれる理由は、英語力に加え本当の意味でのローカルなフィリピンを経験したい方、旅人、日本人が少ない地域を好む方が集まる留学先でもあります。しかし、バコロド地域はネット上の情報が非常に少なく、バコロドの語学学校を取り扱いしていないエージェントも多いです。

>>>バコロドのオススメ留学先の続きを読む

良く遊び、良く学ぶ留学生の集まるバコロド留学のすすめ

バコロド地域はセブ島やマニラの大都市にある様な大規模の語学学校とは違い、アットホームな環境を特徴としている留学先です。フィリピン留学の留学先としては認知度が低いバコロド地域ですが、学費や物価が大都市と比べると安いです。バコロドのいくつかの語学学校ではコースカリキュラムのほとんどをマンツーマン授業で占めています。そのため、マンツーマン授業中心の自由な英語学習を希望される方にバコロド留学はおすすめできます。

>>>バコロド留学についてのコラム詳細を見る

特別プラス留学期間無料キャンペーン(5月末入学者まで)

 

留学期間が3週間以上のLSLC入学者の方には、以下の特別プラス留学期間無料キャンペーンが行われます

 

  • 3〜5週間留学:1週間分の学費(授業料+宿泊費)免除 

  • 6〜8週間留学 :2週間分の授業料免除

  • 9〜11週間留学:3週間分の授業料免除

  • 12週間以上の留学:4週間分の授業料免除

 

【注意】

  • 本キャンペーンの対象者は、学校側の要請で学校パンフレットのための写真撮影に同意する必要があります。

  • コース、宿泊施設のタイプは選ぶことが出来ません。

  • 延長の場合は、本キャンペーンの適用は出来ません。

 

詳しい内容については弊社カウンセラーにお問い合わせください。

JELS校 2月最新ニュース

2月も様々な行事が行われました!!

バコロドのUNO-R大学では、韓国の東亜大学生のTESOL PROGRAM(英語教師になる資格修得プログラム)が終了し、セレモニーが開催されました。
2/11には、JELS校の生徒たちはLAKAWON島へ行き様々なアクティビティを楽しみました。また、学校の近くにはPalmas Del Marというリゾート施設もあり、週末のたびに留学生は楽しんでいます!!

ILPの近くにある無料フィットネスセンター

フィリピン・バコロドのILP英語スクールは、英語スクールのポリシーとして、留学生の方をルールで厳しく縛るのではなく、学生の自主性を大切とする事を方針としています。学校側も放課後のフィリピン人講師と留学生の交流を勧めており、外出/旅行/スポーツを一緒に楽しんでいます。

そして新たに、ILPではスポーツアクティビティの面でお客様サービスの質を高めようと2015年からバコロドの最高級フィットネスセンターと提携を組んで、学生が無料でご利用いただけるようにしました。ヘルスウェイト、ヨガ、エアロビクス、ボクシング、スクリーンゴルフなどをILPの留学生の方は無料でご利用いただけます。

○対象者:4週間以上の留学期間登録者は無料

(4週間未満の学生は利用料金1,800ペソ)

○距離:徒歩で約7分

○利用時間:6:00時~22:00時まで

安い留学費用で多めのマンツーマン英会話バコロドILP

ILPはバコロド(Bacolod)のメイン・ストリートに位置した小規模フィリピン英語留学スクールで、コースによってフィリピン英語講師から5~8時間のマンツーマン授業が受講できます。2012年から本格的に日本人留学生も増え始めました。バコロドには約10個のフィリピン英語留学スクールがあり、フィリピン内でもダバオやイロイロとともに治安が良いところです。

>>>ILP語学学校の詳細を見る

バコロド留学ILP*⑮フィリピン留学を終えて

こんにちは!フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。今回はILPでのフィリピン留学生活を振り返ってみたいと思います(^ ^)この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。

>>>ILP学生レポーター記事を見る

心に余裕のある留学ならバコロド地域で

バコロド地域はセブ島やマニラの大都市にある様な大規模の語学学校とは違い、アットホームな環境を特徴としている留学先です。バコロドへの移動は、日本からマニラ、マニラから国内線に乗り継ぎ約1時間。フィリピン留学の留学先としては認知度が低いバコロド地域ですが、学費や物価が大都市と比べると安いです。

>>>バコロドの語学学校一覧を見る

よく読まれている留学体験記