HELPロンロン – 学校訪問記

みなさんこんにちは、フィルイングリッシュの本田です。フィリピン留学で2番目の人気都市であるバギオ市へ向かうために、クラーク市を早朝に出発しました。涼しい気候のおかげで、バスで3時間移動しても快適に過ごしました。霧に覆われたバギオ市は一年通して涼しく、日本の秋ようなの天気だと言われています。

HELPロンロンはフィリピンで最も古い語学学校の1つで、バギオ市とクラーク市にキャンパスを構えています。クラーク市にある学校はHELPクラーク校、バギオ市にある学校はHELPロンロン校となります。今回はロンロン校へお邪魔いたしました。学校は市街から離れた場所に立地するため、騒音などの問題はほとんどありません。第一印象は、「冷涼な気候・新鮮な空気・キャンパスが大きい」と感じました。

HELPロンロン - 学校訪問記

学校へ一歩足を踏み入れると校庭には立派な木々、そして授業の合間にリラックスしたり学校主催のイベントでで使われるステージ設置されています。隣には3階建てのジュニア寮があり、子供たちの勉強を阻害しないために、大人の学生は立ち入りは禁止です。校内のカフェテリア・売店では学生の強い要望に答えて生活必需品が多く販売されています。校舎が市街地から離れていることもあり、なかなか外出できない学生には大変ありがたい対応です。ただ、スーパーマーケットの価格より少し高めの金額になるので、お金を節約したい方はジプニーを使ってご自身で購入すると安く抑えられます。

HELPロンロン - 学校訪問記HELPロンロン - 学校訪問記

施設とEOPエリアについて

ロンロン校には、7階建ての本校舎と3階建てのジュニア寮があります。ジュニア寮は先ほど説明したた通りで、本校舎は山の傾斜に沿って建っているため6階が玄関になります。同じ階には、自習室やオフィスが設置されており、この玄関ホールもEOP(English Only Policy/母語禁止)のエリアです。学生マネージャーや教科書販売スタッフが定期的に確認をしており、違反をすると250ペソの罰金が課せられます。以前は寮でWi-Fiを使うことが出来なかったので、多くの学生がロビーで過ごしていましたが、最近では部屋で利用出来るようになったためロビーに滞在する学生が少なくなりました。放課後はスポーツをしたり食事を取ったり、部屋で勉強や休憩など思い思い過ごしているようです。

本校舎に男女別の寮が3フロアに分かれています。ランドリーサービスは週3回、フロア単位で実施されます。共有スペースには大きな冷蔵庫が設置されているため、スーパーで購入した食べ物を保管することが可能です。最近では、寮のアップグレードに力をいれておりほとんどの部屋に冷蔵庫・除湿器を設置しています。(4人部屋には設置されていません。)6階に24時間看護師が常駐する保健室が完備されています。不調の場合はすぐに診てもらうことができますが、薬を使用する場合は別途薬代金が発生します。

HELPロンロン - 学校訪問記HELPロンロン - 学校訪問記

コース・授業・学校規定について

ロンロン校で1番人気のあるコースはIELTSコースです。 IDPテストセンターに指定されているため、教育システムと講師陣の質は保証されています。特に講師陣は毎月テストを受ける必要があり、英語教育の質が維持されています。口コミを確認すると、ほとんどの学生が講師の質の高さに満足しています。IELTSコースは2つのレベル(Begginer, Advantage)に区分されており、その中でさらに5つのステージ(Stage1~5)に分類されます。Advantageを希望する方は事前にSkypeインタビューに合格する必要があります。また、毎月行われるプログレステストの結果でコースを変更することが出来ます。Advantageクラスの学生は毎週金曜日、Begginerの学生は2週間1度模擬試験が実施されます。また、点数保証コースの学生は毎週土曜日の模擬試験と毎日3時間の義務自習が課せられます。

HELPロンロン校の全てのコース、単語テストが必須です。ESLとIELTS Biggnerはボイスレコーダーを使って25〜30個で、IELTS Advantage、Guaranteeコースは筆記で40個となります。
マンツーマン授業及びグループ授業の正規授業に加えて、特別授業が2時間組まれています。発音、アカデミックライティン、実践英語、IELTSリスニング、ズンバ、ダンスの科目があり、必ず1時間は出席が必要です。休んだ場合は、ペナルティーが課せられます。授業とはひと味違う雰囲気でリフレッシュすることができますので、参加することをおすすめします。

授業を休む場合は、マネージャーまたは保健室で欠席許可を取得します。無断で休むと、罰金が課されるもしく週末に強制自習となります。学生がコースにきちんと参加し、最大限の学びを得るために必要な処置となります。
講師変更は、4週間に1度行われる講師評価によって変更または継続されます。講師との相性は、勉強のモチベーションに関わることなので、不安がある場合はオフィスへ相談にいかれてください。授業初日は、自己紹介や何を勉強したいかを伝えるとスムーズに進みます。

学校評価

[コースの評価]:7/10 ★★★★★★★☆☆☆

バギオの他語学学校ではほとんど見られませんが、HELPにはネイティブ講師が在籍しています。そのため、正しい発音のアドバイスや英語学習に関する情報を提供することができます。また、午後4時~午後10時30分までは講師陣が在籍しているため、発音・語彙等のミスをしっかり指導してくれます。講師という垣根を超えて、友達として仲良くなれます。

[食事の評価]:4/10 ★★★★☆☆☆☆☆☆

約300名の学生を収容できる学校には、広くて清潔な食堂があります。食事のメニューはマイナスポイントで、毎週同じ品がならびかつ脂っこい料理が多く出ます。野菜やフルーツは少ないため、食事の栄養面はあまりよくないと思います。しっかり勉強に集中するためには、バランスの良い食事を食べることが大事だと考えているので、この点は今後改善が必要です。

[学校設備の評価]:6/10 ★★★★★★☆☆☆☆

校舎の1階には、様々な器具をそろえるトレーニングルームがあり、子供から大人まですべての生徒が使うことができます。日頃のストレスを解消するのと健康を維持することが出来ます。マンツーマン授業の部屋は別名「水族館」と呼ばれており最近拡張しました。狭く閉鎖的な空間のため、学生の中には息苦しさを感じる方もいるかもしれません。

HELPロンロン校の学校訪問はここまで!また学校へお邪魔することを楽しみにしています。

 

TALK 初日スケジュール

短期間でTOEICの点数を上げることが可能な学校『TALK』。バギオ地域では珍しく、少人数のグループ授業でネイティブ講師が含まれており、発音矯正や英会話表現を学習することが出来ます。寮はオール4人部屋の内部寮と門限なしの外部寮に分かれていて、生活スタイルに合わせて選択することができます。初日スケジュールをご紹介します。

【TALK初日スケジュール】

曜日 時間 内容
11:40~12:50 昼食
13:00~15:30 レベルテスト
18:00~18:50 夕食
19:00~21:00 買い物、両替

家族やカップル向けの部屋と校内クリニックのご紹介

MONOLは昔から社会人の方が多く留学する傾向があり、親子留学を登録されるお客様は極めて少ない状況です。そこで、新たに学校が打ち出したのが「ファミリールーム(キッチン付き2人部屋)」のオープンです。幼い子供達が食事に困らないようにキッチンが完備され、自宅で過ごしているような感覚で留学生活を送ることが出来ます。家族だけでなく友人同士やカップルでも滞在が可能です。※異性の場合は、婚姻関係にある方のみとなります。

部屋へ一歩足を踏み入れると、木目調で統一されたお部屋はモダンで洗練された印象です。鏡がいくつか設置されており、室内は窮屈に感じませんでした。ベッドルームとキッチンが扉で仕切られているため、一人が料理をしていても睡眠を邪魔されることはなさそうです。

キッチン&ダイニングルームキッチン&ダイニングルーム
部屋の入り口を入ると左にはキッチンとダイニングがあります。冷蔵庫・電子レンジ・IHコンロ・食器といった家電がほとんど揃っています。ご自身で料理される際にはほとんど困らないと思います。こちらの部屋と同じように、料理をすることが出来るお部屋は同じバギオ地域のWALESがあります。そちらと比較してもらうとより良さが見えてくるかもしれません。

シャワー室&トイレ

キッチンの向かいにあるトイレとシャワー室は、扉が別々に設置されているため朝の忙しい時間に混み合うという問題はなさそうです。トイレの中はとても広々としています。

家族やカップル向けの部屋と校内クリニックのご紹介
 - ベッドルームベッドルーム
寝室もすべて木目調で統一されています。触り心地の良い木製のベッドが2つ、収納棚2つ、除湿器、テーブル、椅子4脚を完備しています。入居可能人数は最小で2名、最大で4名までとなります。全体的に暖かな印象を受けました。学校へ訪問した時は、9月で雨期の真っ只中でしたが、じめじめ感はほとんど感じませんでした。室内に設置されている除湿器がキチンと稼働していましたので、雨期シーズンでも安心して過ごすことが出来ると思います。

親子留学の場合
この部屋の優れているのは、清潔で明るく広々としているところです。異国の地であったとしても子供達が安心して生活を送ることができます。また、キッチンが完備されているため、食事が合わない時に保護者が調理することも出来ますし、家族で食卓を囲む団らんの時間を過ごすことも可能です。食材購入のためスーパーへ買い物へ出かけることも一つの勉強になると思います。

  • 親子留学は保護者1名に対して子ども1~3名の留学が可能。
  • ベッドは、最大2名で使用できるサイズ
  • 滞在される人数が増えると寮費用は安くなります。(カウンセラーへお問い合わせ下さい)
  • 保護者は授業を受講せずに寮滞在することが可能
  • 保護者が授業を受講する場合、保護者の授業をお子様へ譲ることが出来る。

友人同士、カップルでの使用の場合
生活環境を変えたくない方や友人と一緒にキッチンで料理をしたい方におすすめ。新築できれいな部屋なため、生活水準をあまり落とすことなくフィリピン留学をすることが出来ます。

  • 留学開始日と終了日が同じに限る
  • 2人以上の登録が必要
  • 異性の場合は、結婚している方や婚姻関係にある方のみ可能

お部屋の料金や気になることはカウンセラーへお尋ねください。

お子様を留学させるときに特に気になるのがクリニックの設置です。学校によっては、近くの病院へスタッフが一緒に同行してくれますが、MONOLでは校内クリニックを併設しています。午前8時から午後5時まで看護師が勤務し、基本的な検診と対応が可能です。緊急の場合は、学校から5分程の病院へ搬送出来ます。ここで注目してほしいのは、酸素呼吸器と喘息時に使用するネブライザー(酸素吸入器)が設置されている所です。急な喘息や呼吸困難時にも対応が出来ます。持病を持っている方でも安心して留学生活を送れます。

 

家族やカップル向けの部屋と校内クリニックのご紹介

MONOLは昔から社会人の方が多く留学する傾向があり、親子留学を登録されるお客様は極めて少ない状況です。そこで、新たに学校が打ち出したのが「ファミリールーム(キッチン付き2人部屋)」のオープンです。幼い子供達が食事に困らないようにキッチンが完備され、自宅で過ごしているような感覚で留学生活を送ることが出来ます。家族だけでなく友人同士やカップルでも滞在が可能です。※異性の場合は、婚姻関係にある方のみとなります。

 

部屋へ一歩足を踏み入れると、木目調で統一されたお部屋はモダンで洗練された印象です。鏡がいくつか設置されており、室内は窮屈に感じませんでした。ベッドルームとキッチンが扉で仕切られているため、一人が料理をしていても睡眠を邪魔されることはなさそうです。

キッチン&ダイニングルームキッチン&ダイニングルーム
部屋の入り口を入ると左にはキッチンとダイニングがあります。冷蔵庫・電子レンジ・IHコンロ・食器といった家電がほとんど揃っています。ご自身で料理される際にはほとんど困らないと思います。こちらの部屋と同じように、料理をすることが出来るお部屋は同じバギオ地域のWALESがあります。そちらと比較してもらうとより良さが見えてくるかもしれません。

シャワー室&トイレ

キッチンの向かいにあるトイレとシャワー室は、扉が別々に設置されているため朝の忙しい時間に混み合うという問題はなさそうです。トイレの中はとても広々としています。

家族やカップル向けの部屋と校内クリニックのご紹介 - ベッドルームベッドルーム
寝室もすべて木目調で統一されています。触り心地の良い木製のベッドが2つ、収納棚2つ、除湿器、テーブル、椅子4脚を完備しています。入居可能人数は最小で2名、最大で4名までとなります。全体的に暖かな印象を受けました。学校へ訪問した時は、9月で雨期の真っ只中でしたが、じめじめ感はほとんど感じませんでした。室内に設置されている除湿器がキチンと稼働していましたので、雨期シーズンでも安心して過ごすことが出来ると思います。

親子留学の場合
この部屋の優れているのは、清潔で明るく広々としているところです。異国の地であったとしても子供達が安心して生活を送ることができます。また、キッチンが完備されているため、食事が合わない時に保護者が調理することも出来ますし、家族で食卓を囲む団らんの時間を過ごすことも可能です。食材購入のためスーパーへ買い物へ出かけることも一つの勉強になると思います。

  • 親子留学は保護者1名に対して子ども1~3名の留学が可能。
  • ベッドは、最大2名で使用できるサイズ
  • 滞在される人数が増えると寮費用は安くなります。(カウンセラーへお問い合わせ下さい)
  • 保護者は授業を受講せずに寮滞在することが可能
  • 保護者が授業を受講する場合、保護者の授業をお子様へ譲ることが出来る。


友人同士、カップルでの使用の場合

生活環境を変えたくない方や友人と一緒にキッチンで料理をしたい方におすすめ。新築できれいな部屋なため、生活水準をあまり落とすことなくフィリピン留学をすることが出来ます。

  • 留学開始日と終了日が同じに限る
  • 2人以上の登録が必要
  • 異性の場合は、結婚している方や婚姻関係にある方のみ可能

お部屋の料金や気になることはカウンセラーへお尋ねください。

 

お子様を留学させるときに特に気になるのがクリニックの設置です。学校によっては、近くの病院へスタッフが一緒に同行してくれますが、MONOLでは校内クリニックを併設しています。午前8時から午後5時まで看護師が勤務し、基本的な検診と対応が可能です。緊急の場合は、学校から5分程の病院へ搬送出来ます。ここで注目してほしいのは、酸素呼吸器と喘息時に使用するネブライザー(酸素吸入器)が設置されている所です。急な喘息や呼吸困難時にも対応が出来ます。持病を持っている方でも安心して留学生活を送れます。

TALK ACADEMY

こんにちは!私はTALKに現在在学中のSelenaです。ここにきて6週間目になります。ここではTALKの施設や周辺の楽しみを紹介したいと思います!

それでは入学時の流れから順に説明していきます!

正門を入るとガードマンがおり、部屋番号と鍵を渡してくれます。通常週末に到着するので、週末は部屋に荷物を置いてゆっくり休みます。門をくぐると下記のようなダイニングになっておりみんなここでくつろいでいます。

最初の月曜日は13時からSPEAKING、WRITING、GRAMMAR、LISTENING、READINGのレベルテストを行ない、16時からオリエンテーションが開始されます。

SMショッピングモールで両替や日用品の購入等行い、学校に戻ってから自分のレベルのテキストを受け取ります。その後簡単に学校のルールや施設に関することをマネージャーから説明があります。初日はこれで終了です。

火曜日から本格的に授業がスタートします。上記が私の1日のスケジュールです。写真のようにBREAKタイムは人によって違います。もちろん教師の空きがあればスケジュールの変更も可能です。

マンツーマン授業はこじんまりとした部屋で私は集中しやすい環境だと思います。グループ授業は通常4人で編成され、他の国の人と交えてディスカッションできるので色んな国の話が聞けて楽しいです。ネイティブの先生達もとても優しく、つたない英語でも耳を傾けてみんなで話ができるよううまくまとめてくれます。

1週目があっとゆう間に終わり、金曜日には学校のウェルカムパーティに行きました。バッチメイトという同じ週に入学した学生達全員で参加し親睦を深めました。みんな初めての留学で他国の人と英語で話すことに最初は抵抗がありましたが、ここで一気にバッチメイトと距離が近付きました♪

ここからは学校外の紹介を簡単にさせていただきます!

学校から出て歩いて10分の場所です。ここはバギオの中心地で、特に週末は沢山の人で賑わいます。フィリピンの祝日にはイベントが開かれて夜からナイトマーケットも行なわれています。

この辺りはレストランやカフェ、クラブやバー、ショッピングモールなど様々な店が集結して便利なので、週末や平日の授業後はよくここにみんなできています。

また、バギオからバスに乗っていくとプールやビーチにも行けるので週末や祝日を使って旅行にも行けます。

ここに来て思ったことは、セブに比べると静かながら、すぐ近くには様々な楽しめる場所があって語学留学に適した地域だなと感じます。平日は勉強、週末はしっかりストレス解消とメリハリがつけれてとてもいい環境です。

またTALKアカデミーも小規模で学生同士仲が良く居心地がいいので是非皆さんもTALKで英語を身につけいい思い出を作ってください^^

リゾート地のスービックで安全留学!

リゾート地のスービックで安全留学

Nさん
女性
30代
24週間

講師歴が豊富な先生が多く、疑問に思うことがすぐに解決できました。

韓国料理が好きなので、食堂の食事は美味しくいただけました。

スービックという場所がとても気に入りました。スービックはフィリピンの中でもとても治安が良く、安心して過ごすことができました。またオロンガポというところはフィリピン人の居住地なので、オロンガポに行くとフィリピン人らしい生活を体験することができました。違う雰囲気のところに住むことができて、いい経験になりました。先生方と食事に行ったり、他の国の生徒さんと会話したりして英語力を伸ばすことができました。

日本の夏休みの前のシーズンの前はとても静かで過ごしやすいです。夏休み中は、人数が増えるので静かな留学生活を送りたい方は夏休みを避けたほうがゆっくり勉強することができます。

とにかく英語を実践的に話すことが大事です!

スービックはとても治安が良く、安心して勉強することができました

スービックはとても治安が良く、安心して勉強することができました

Dさん
女性
10代
24週間

講師方はみんな親切で、質問すると丁寧に答えてくれます。

フィリピンと韓国料理が出て、問題なく美味しくいただいています。

スービックの治安の良さを実感しました。ひとりでタクシーも乗れるのでとても安心感ありました。
中規模の学校なので、他の国の生徒とも仲良くなれるのが良かったです。勉強を頑張って週末に友達とアクテビティに出かけるのが楽しみでした。なかなか一日中8時間の勉強は大変でしたが、友達ができて励まし合いながら頑張れました。
とくに週末は水族館や動物園にいけたことがいい思い出に残りました。またきれいなビーチもあって、リゾートの内のビーチは本当にきれいでまた行きたいです。
また先生方もとてもフレンドリーで最初の授業からとても安心しました!分からないことがあったらすぐに聞くことができますし、丁寧に教えてもらえて理解できたときがすごく嬉しいです!先生も自分のレベルに合わせてくれるので、ありがたかったです。

毎日たくさんの授業がたくさんあって大変ですが、復習と予習を欠かさずに頑張るといいと思います。復習をすると次の授業で、効果が出やすいのでおススメです!

フィリピンの色んな面が楽しめる町、スービック!

フィリピンの色んな面が楽しめる町、スービック!

Mさん
女性
20代
3週間

食事はとても満足でした。美味しかったです!

部屋は週に一回清掃してくれるので、綺麗に保つことが出来ると思います。雨季は毎日ジメジメしているので、匂いが気になる方はファブリーズを持って行った方がいいかもしれません。

キーストーンは若い先生が多いので、とても生き生きしていて、活発なクラスが多いです。長く居る先生も沢山居るので、安心して授業を受けることができます。授業中にフィリピンの有名な食べ物や、スービックでのアクティビティーのことを沢山教えてもらえます!放課後や休日を使って、十分楽しめると思います。海がとても近くにあるので、授業が終わった後に友達と海辺に行って、夕陽を見たり、写真を撮ったりして楽しむことができます。そしてなんといっても、隠れ家カフェが多いんです!中心部からちょっと離れたところに、「ここは本当にフィリピンか!?」と思うくらいのおシャカフェが点在しています!いろんなお店を散歩がてら発見するのも楽しいと思います!

マンツーマンはかなりハードですが、とてもやりがいを感じます。

マンツーマンはかなりハードですが、とてもやりがいを感じます。

Jさん
男性
20代
14週間

先生は皆親切で、分からないところはゆっくりと例を挙げて教えてくれます。

ご飯は正直期待しない方がいいと思います。
ですが、料理のバリエーションは多いです。

Keystone Academyは、メリハリのある学校だと感じました。授業時間は、マンツーマンでみっちりと勉強をするためかなり疲れますが、学生寮の規則はかなり緩く、放課後はご飯を食べに行ったり、休日は友達と海やショッピングなどに行けるため、リフレッシュすることができます。

気になった点は、ご飯と立地です。
ご飯は、日本と比べてはいけないとは思いますが、期待はしないほうがいいです。一応、ご飯とおかずで食べることができますが、あまり口に合わないと思います。
そして、Keystoneは山の上にあるため近くのコンビニまではタクシーでないとかなりきついです。ですが、タクシーを呼ぶのも一苦労です。
学生寮の部屋は至ってシンプルではありますが、何も無いためかなり暇な時間が多いです。
ですので、とにかく勉強に集中するには良い場所だとは思います。

とにかく、色々な人と話してみることだと思います。世界には様々な人がいて、自分の知らない世界を見ている人のお話はとても面白いです。
ですので是非、たくさんの人とお話してみてください。

少し不便に感じるところは、WI-FIが繋がりにくく、かなり電波が弱いことです。
ですので、そこは覚悟してきた方が良いと思います。

【TALK】リフォームされた4人部屋内装をご紹介

9月20日!ついにリニューアルされた4人部屋を見る機会に恵まれました。これまでは、お客様からの口コミやHP情報で情報を得ていましたが、4人部屋の細かいところまで確認することが出来ました。

フィリピン留学で費用を抑えたいと考えると4人部屋や6人部屋の相部屋という選択になります。相部屋となると、ルームメイトとの関係性や常に誰かと過ごすストレスなどの問題が発生することがしばしばあります。そんな問題を部屋の作りで解決した学校が、セブ島にあるEV、I.Breezeの4人部屋、バギオのPINESメインキャンパス6人部屋があります。相部屋でありながら、プライベートな時間を確保する設計となっており、TALKの今回リニューアルされた4人部屋は、まさに同じようなタイプで学生のニーズに合わせたお部屋となっています。

NEW4人部屋詳細

これまでの3~4人部屋とサイズは同じですが、家具や内装を一新させました。ベランダやトイレ(シャワー)を除くすべての場所を改装している現場を実際に確認しました。内部寮はすべて4人部屋へ移行する予定で、現在の工事完了率は50%です。

それでは、より詳しくお部屋を見ていきましょう~!

ドアを開くと、左側にトイレ(シャワー)、右側には靴箱・洗面台・収納が設置されています。靴箱には、約10足の靴が入るサイズになっており靴が多い女性にも優しい造りになっています。またトイレと洗面台が別々になっているため、トイレが使われているから洗顔が出来ないという問題は発生しません。

各部屋には冷蔵庫・ドライヤー・除湿器が備えられています。特に、雨期のシーズンになると除湿器が欠かせないため、クオリティーの高い機器が設置されていました。

廊下にもトイレを設置しているため、朝の混雑時にもトイレを使用することが出来ます。

リフォームされた4人部屋内装をご紹介リフォームされた4人部屋内装をご紹介

 

リフォームされた4人部屋内装をご紹介リフォームされた4人部屋内装をご紹介

 

部屋には4つのロフトベッドが設置されています。上段がベッド、下段が勉強机・クローゼット・ロッカーになっています。学生それぞれが個人スペースを確保されているため、ルームメイトを気にせず勉強に励むことが出来ます。

ロフトベッドの素材は高級材木を使用しており、質感がとてもなめらかです。また、利用しているマットレスのクオリティーが高く、安眠することが出来ます。

リフォームされた4人部屋内装をご紹介【TALK】リフォームされた4人部屋内装をご紹介

 

■ ベランダもついており、眺めはとても綺麗です。インスタ映えのようなお洒落な写真が撮れました。フィリピンに滞在していることを忘れるくらい、綺麗な内装です。

【TALK】リフォームされた4人部屋内装をご紹介

実際に見ての感想

内部寮生のほとんどが、夜10時まで勉強するスパルタプログラムを選択しています。学校と寮の往復生活となるため、少しでも快適に過ごせるように日々改良を重ねています。自習時間や授業終了には、各個人の勉強机で学習する学生が多く見受けられました。荷物が多くても、収納スペースが確保されているため、机の上に荷物を溢れさせることなく過ごすことが出来ます。学生のことを一番に考えた素晴らしい部屋だと思います。ぜひ、一度泊まって見てください♪

A&J – 2020年ピックアップ日程

ワーキングホリデーにフォーカスしたオリジナルのプログラムを運営しており、提携しているCafeで実務経験を積むことができます。また通常IELTS点数保証コースを受講する場合、一定の公認スコアが必要となりますが、A&Jではスコア保持していなくてもコースを選択することができます。他の学校とはことなる独自の展開をしている学校です。2020年ピックアップ日程が確定しましたので、ご紹介いたします。

1.BESA団体ピックアップ

BESA(バギオ英語学校協会)に加盟しており、BESA団体ピックアップを活用しています。マニラからバギオ地域へ向かう学生を一括でピックアップを行います。指定の集合場所やピックアップ時間が決まっております。A&Jは2週間に1度土曜日が対象となります。

【BESAピックアップ日】

2020年BESA団体ピックアップ日
1月 ・・・ 4日、18日 7月 ・・・ 4日、18日
2月 ・・・ 1日、15日、29日 8月 ・・・ 1日、15日、29日
3月 ・・・ 14日、28日 9月 ・・・ 12日、26日
4月 ・・・ 11日、25日 10月 ・・・ 10日、24日
5月 ・・・ 9日、23日 11月 ・・・ 7日、21日
6月 ・・・ 6日、20日 12月 ・・・ 5日、19日

【BESAピックアップ時間】

便 曜日 ピックアップ時間帯 待機場所 出発時間
16時~19時 ターミナル1,2,3 19時
22時~25時 25時

※クラーク空港ピックアップは対応しておりません。

≪ピックアップ場所≫
ターミナル1…Duty Free Shop前 / ターミナル2…Bay20柱前 / ターミナル3…Burger King前

 

  • ピックアップ担当者はBESAのユニフォームまたは学校の看板を掲げて待機しております。

baguio

  • 料金は2,500ペソ(現費用として請求)

 

2.学校ピックアップ
BESAピックアップ以外の土曜日に学校が独自でピックアップを行っております。2020年の日程は以下となります。

【学校ピックアップ日】

2020年学校ピックアップ日
1月 ・・・ 11日、25日 7月 ・・・ 11日、25日
2月 ・・・ 8日、22日 8月 ・・・ 8日、22日
3月 ・・・ 7日、21日 9月 ・・・ 5日、19日
4月 ・・・ 4日、18日 10月 ・・・ 3日、17日、31日
5月 ・・・ 2日、16日、30日 11月 ・・・ 14日、28日
6月 ・・・ 13日、27日 12月 ・・・ 12日、26日

【学校ピックアップ日】

曜日 時間帯 待機場所 出発時刻
土曜日 22時~25時 ターミナル1,2,3 25時

≪ピックアップ場所≫
ターミナル1…Duty Free Shop前 / ターミナル2…Bay18柱前 / ターミナル3…PHILTRUST BANK前

 

  • スタッフはピックアップ時間帯に、各ターミナルを巡回しております。ピックアップ場所に常にいるわけではありませんので、スタッフに会うまでお時間がかかることもあります。
  • 担当者は学校のピケットを持っています。

img-a&j

  • 料金は8,000ペソかかります。(現地費用として徴収)

PINES 各キャンパス区分変更のお知らせ/2020年4月11日より

PINESではこれまでキャンパスによって学生のレベルを分別し、モチベーションを維持図ってきました。キャンパスの区分が2020年4月11日より変更いたします。これから留学をされる方は一度ご確認ください。

適用開始日:2020年4月11日

メインキャンパス⇒ プロフェッショナルスピーキングキャンパス
ESL(English as second language)コースを受講する初級者~上級者まで。

チャピスキャンパス⇒ エリートテストモジュールキャンパス
TOEFL、TOEIC、IELTSといった試験対策コースがすべて集約。
キャンパス名 変更前 変更後
メイン ESL:レベル1~6
テスト対策:Pre試験対策
ESL:レベル1~10の方すべて。
チャピス ESL:レベル7~10
テスト対策:通常試験対策
Pre試験対策コース、通常試験対策コース

詳細は下記の資料をご確認ください。

PINES 各キャンパス区分変更のお知らせ/2020年4月11日より

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijap@phil-english.com
Line : philengvictor