Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

セブ EVキャンパス移転とカリキュラム改善!セミスパルタコース案内

 

セブEVは、2004年にセブ島の語学学校の中で最初にスパルタ教育システムを導入した学校です。1日5時間の正規授業と午前単語テスト、夜間の義務自習や作文テストなど合計11時間の多めの授業を実施しています。

 

様々な国籍の生徒が留学しており、これまでの学生の意見に基づいてEV校は今回のキャンパス移転に合わせて、カリキュラムの改善とともに入学の際に学生がスパルタ、あるいはセミスパルタコースから選択できるようになります。

 

以前オプションクラスなどの授業や義務事項が多かったスパルタシステムに拒否感があった方には嬉しい便りとなります。

 

10月9日、新キャンパスへの移転と同時に、カリキュラムは会話中心になり、施設面でもセブ島でトップクラスの学校となります。

 

 

詳細はEV学校紹介ページをご参照ください。

ELSA シティーツアーアクティビティー

2nd week of Oct 2017
セブの語学学校のELSAでは週末に多くの留学生がアイランドポッピングや大型モールでのショッピングが一般的です。ただし、今回週末の楽しみ方を広げるためELSAで1日シティーツアーが開かれました。学生の皆さんはセブ地域の歴史と文化を楽しむためにFORT SAN PEDELや郊外の歴史的建造物をめぐり、貴重な体験をすることができました。ちなみにちょっとしたニュースですが、最近お馬さんの赤ちゃんが生まれました^^!新しい家族が増えたことを嬉しく思います。ELSA留学生の体験談とELSAの現在の国籍比率も載っていますので是非参考にしてください!

CELLA 老人ホームアクティビティー&フォトコンテスト

3rd Week of September 2017
セブの語学学校CELLAでアウトリーチアクティビティ―として、老人ホーム’’Gasa sa Gugma’’への訪問体験が開催されました。老人ホームの方々に楽しんでもらえるよう、練習してきた歌とダンスパフォーマンスを披露したり、食事を一緒に作り、表内するという貴重な経験をすることができました。そして、隠れた才能を開花!とういことで行われたフォトコンテストでは全36作品をCELLAの先生、マネジャーの厳正な審査の下、順位決め!一位の方にはなんと!1,000ペソの賞金が与えられました。他にもCELLAでは近くのレストラン(Larsian Barbecue)の情報や国籍率も紹介しております!

セブ留学CBOA*最初の日

みなさんこんにちは。CBOA学生レポーターのMEIです。ついに待ち望んでいたCBOA英語スクールに来ることが出来ました。寮としてつかっているホテルは、EGIホテルです。

CBOAに到着

建物は10階建てのシンプルな外観、そして雰囲気が良いホテルです。世界中からの観光客がフィリピンに休暇に来ています。ロビーは清潔で、スタッフは礼儀正しく、ロビーにいるお客様は、心地よさそうにソファーに座っていました。
スタッフは、私をEGIホテルの908部屋に連れて行ってくれ、ルームカードも渡してくれました。留学生のフロアは8、9、10階ですが、エレベーターもあるし、暖かいお湯も24時間使えるので安心です。正式な授業の前にレベルチェックテストがあります。私が学校に到着した時間が遅かったので、レベルチェックテストを受けられませんでした。ですが、私はルームメイトや様々な国の留学生と一緒に2カ月勉強することに、期待に胸がはずみます。

ホテルから学校までは5分位でとても近いです。私は二人部屋を選びました。私のルームメイトは、日本人で28歳の女性です。イングリッシュネームは、ERICA。エリカの母親は韓国人で父親は日本人だそうです。彼女はオーストラリアに移住していて、英語を学ぶためにここに来たみたいです。

なぜCBOAを選んだのか?

フィリピンにはセブ以外にも留学する場所があります。またセブにも沢山の語学学校があります。そこでどうして私がCBOAを選んだのかを説明します。

まずフィリピンに留学する場所は、バギオ、セブ、クラーク、バコロド、イロイロ、ダバオ、マニラの7都市に集中しています。私の地元が沿岸の場所にあるので、似ている条件のセブを選びました。

英語をよりよく学ぶために、私は自由度の高いセミスパルタであるCBOAに最終決めました。私は1日に7レッスン受けています。各授業は50分で、休憩はそれぞれ10分ずつです。7つの授業のうち、5つは1対1のマンツーマン授業で、2つは1対4のグループ授業です。さらにボキャブラリーを増やすため、オプション授業も受けています。講師の助けも借りながら、毎日20個の単語を覚えています。授業は、教科書を使いますが、マンツーマン授業でも、グループ授業でも、生徒が発言できる機会を設けてくれています。

さらにセブ島は世界をリードする観光地であり、様々な国から観光客が来るので、都市への直行便や、便利な交通手段をつくっています。

レベルチェックテスト

私が受けた初日のレベルチェックテストについて、伝えたいと思います。テストは午後からあります。スピーキングテストは、どう答えたらいいのかアイデアはあったものの、話すことは出来ませんでした。あと、リスニング、リーディングのテストがありましたが、おそらく結果はボロボロでしょう。。

オリエンテーション

次の朝、台湾人も一緒に中国人マネージャーから、学校の施設や学校のルールなどについて、説明がありました。学校には、カフェテリア、スタディールーム、診療所、ランドリー、ジム、プールがあり、忙しい留学生の方でも十分に楽しむことができます。

学校の決まりの具体例を出すと、15分以上遅刻した場合は欠席扱いとなります。警備員が午後10時までに学生が寮にいるかのチェックを受けることになります。

同じ国籍の2人の学生と仲良くなり、12時のランチに一緒に行くことになりました。初めてのランチでしたが、食事は美味しくて、私はここの食事が好きになりました。

クラスの決定

火曜日、フィリピンに到着して、私の最初のクラスが始まりました。最初はグループクラスでした。中国1人、韓国1人、日本2人の合計4人のクラスです。1カ月グループの変更がない場合は一緒に授業を受けることになります。

グループクラスでは自己紹介をして、お互いに質問をし合うというような授業で一日目は終わりました。先生はとても美人です。そして1対1の授業は、先生たちが本当にいい人で、まるで、近所のおにいちゃんのような親近感があります。私は彼らよりもはるかに年上ですが、彼らはちゃんと学生として接してくれるので、どんな年齢でも問題ないと感じました。また、何度も何度も、発音をなおしてくれたりします。

授業は、前のレッスン内容でも繰り返し教えてくれますので、英語の表現方法も、頭に入りやすいです。私にとって最高の先生たちです。

セブ留学CBOA*国籍比率

皆さんこんにちは。CBOA学生レポーターのMEIです。今日は私の学校の施設と国籍比率について説明しようと思います。

1.カフェテリア
学生の食生活も勉強するにあたって重要な部分ですよね。約120~140人の留学生がいて、さらに異なる国籍の学生のニーズを満たすために、各国の学生の口に合う美味しい食事を提供してくれています。

毎日全ての食事に、とり肉、魚、豚肉、牛肉、季節の野菜などの十分なタンパク質が含まれるように、しっかりとレシピに基づいて作ってくれています。毎日の状況に応じて様々な果物や野菜が出されます。

朝食:6:30~8:00(祝日:8:00~9:00)
ランチタイム:11:30~13:00(祝日:12:00~13:00)
ディナー:18:00~19:00(祝日も平日と一緒)
月曜日から金曜日のランチタイムは1時間しかないので、クラス後にみんなが集まり、少し混雑しています。時間は比較的緩いです。

2.スタディールーム兼コーヒーハウス

ここでは勉強したり、リラックスしたり、キャンパスのメインともいえる場所です^^
学生は遅くまでここで勉強します。約100平方メートルのスタディールームは、80~100人の学生が入ることが出来ます。スタディールームは、授業以外で最も長くいる場所なので、環境も整っているように思います。

灰色の壁、透明なガラス、黄色い柱、明るいライトで、シンプルな作りは、誰もが心を静かにすることが出来ます。夕食後には、すでに多くの学生たちがいます。静かな環境、快適なエアコン、またWi-Fiも他に比べて非常に早く感じます。4台のパソコンも設置されていて、スマートフォンやパソコンがない人でも大丈夫です。

3.国籍比率

現在、日本人は45%、台湾人は29%、韓国人は17%、残りは中国人、ベトナム人、ポーランド人、スペイン人の学生が在籍しています。全員で約150名です。毎日英語しか話さず、様々な国の生徒が昼と夜を一緒に過ごすというのはとても面白いことです。

日本人の学生はとても礼儀正しくて、毎日丁寧にあいさつをしてくれます。また誰か困っている学生を見つけると、よく助けています。私が教室を見つけられない時も、彼らは一緒に探してくれて私を連れて行ってくれました。ベトナム人とはよく話します。ポーランド人の学生とは、少し喋るのが難しく感じます。

私たちは異なる国籍の中で生活していますが、みんな目標は同じです。英語を喋るチャンスを増やして、英語のレベルを向上させることです

セブ留学CBOA*フィリピンCBOAに出発

皆さんこんにちは。私はセブブルオーシャン(CBOA)の学生レポーターをさせていただくMEIです。
2017年8月19日は私にとって特別な日です。なぜかというとフィリピンに英語を学ぶために、とても大きな決断をして来た日だからです。午前9時に北京空港を出発して、私はマニラに到着後、第二の都市セブに行くため飛行機に乗り込みました。

なぜフィリピンで英語を勉強するの?

高校を卒業後30年たっていますが、突然英語を勉強したいと思うようになりました。実際、国内の英語スクールに1年通っていましたが、勉強と仕事の両立はとても難しいと思い、フィリピン留学を決めました。

英会話
フィリピン留学をすることを何度も悩みました。でも後悔したくないと思って今回フィリピン留学を決めました。英語のレベルをあげるためには、英語環境にすることが最も大事だと思い、英語の環境に身を置くことにしました。

英語を学ぶ人達は、より良い学習効果を得るためには、英語環境がとても重要であることを知っています。それで問題はどの国に行くかです。オーストラリアや米国を選ぶのはいい選択だけど、お金と時間はとても使うことになるでしょう。なので、フィリピンを選んだ場合は間違いのない良い選択だと思います。

距離が近く、低コスト
フィリピンは世界3位の英語公用国として知られています。睡眠時間以外は、いつも英語に触れることができます。わずか北京から4時間です。開発途上ということもあり、フィリピンのコストは中国よりも大幅に低かったです。

授業で話す機会が少なくなる
国内で英語を学ぶとなると、一般的に1年のコースを修了する必要があります。もちろん外国人教師もいますが、同じ中国人から教わる場合もあります。もし、1対1のコースがあったとしても最大30分以内です。またはグループクラスを受けることになります。また、英語スクールに通う場合、ほとんどが社会人で、働いた後に英語スクールに通うので、遅い時間だし、一日働いた後で、へとへとになっているので、復習をする時間もありません。オンライン英会話も、不便に感じていました。

そして今、外国人講師の一般的な英語スクールは、ほとんどがフィリピン人講師です。フィリピン人講師は、アメリカの発音ですし、非常に献身的に教えてくれます。また彼らの笑顔が大好きです。

上記の理由から私はフィリピンに留学することに決めました。

フィリピンへ出発

私は、LCCのセブパシフィックの航空券を購入しました。北京からセブまで32,000円でした。マニラで乗り換える必要があります。初めて旅行するときは、いつも不安ですが、今回私の気持ちは期待に満ち溢れていました。親戚や友人は、私がすごく勇敢に見えると言ってくれました。ですが、行かない方がいいという人もいました。友人は私に、夢を叶えるためには、年齢は関係ない!と言ってくれました。私は4時間リラックスして飛行機に乗ることが出来、その後セブまでの乗り換えの間、ターミナルで寝てしまいましたが、フレンドリーな空港スタッフが起こしてくれました。

今回のピックアップ場所は、フィルイングリッシュの方が事前に教えてくれていたので、私は空港から出るだけでした。そして、フィリピン人の良さは空港に到着後、すぐにわかりました。セブブルオーシャンのスタッフの方が空港を出たところでロゴを持って待っていてくれました。笑顔でほほ笑んでくれていたので、私もホッとしました。私は、文法がぐちゃぐちゃな英語でしたが、なんとか学校スタッフとコミュニケーションをとることが出来ました。そのあと30分位車に乗って、セブブルオーシャンに到着しました。これから8週間、私はセブブルオーシャンの全てについて詳しく説明するつもりです。次の記事も楽しみにしていてください。

フィリピン留学CBOA学生レポーターMEI

グローバルインターンシッププログラム

就職や転職準備のためにセブビサヤ大学と連携のある企業でインターンシップが出来る留学プログラムです。UV ESLで12週間のESLコースを受講後、4週間の現場実習(インターンシップ)を通して、特に伸ばしたい分野のボキャブラリーやフレーズを学ぶことができます。

留学期間:インターンシップの期間は、調整できることもありますので、詳細は担当の留学カウンセラーまでお問合せ下さい。

8~12週間:授業構成はGeneral ESLコースと同様です。就職準備に必要な英語の基礎を固めます。

4週間:午前中は授業、午後はインターンシップ企業で研修、インターンシップを通じて、グローバルな視野と語学力を鍛えることができます。レベル別に留学生の関心分野や能力が違いますので、研修先は相談後、決定します。

本来は12週間(ESL)+4週間(インターンシップ)にて構成されているグローバルインターンシッププログラムですが、8週間(ESL)+4週間(インターンシップ)で受ける事も出来ます。ただし、英語力に自信のない方はびっしり12週間のESLコースを終えた後にインターンシップを行われる事を推奨します。以下は本コースの詳細です。

  • 対象:大学団体および一般留学生 (グローバルな経験をしてみたい方、ビジネス英語を上達させたい方、英語の向上とインターンシップの経験をしてみたい方など。)

  • 研修地域および学校:セブ島内もしくはビサヤ大学・ UV ESLセンター

  • 期間:8~12週間 ESL + 4週間インターンシップ研修。

  • 入学資格:中級者 (Intermediate Low) 以上

  • 宿泊先タイプ:全てのタイプの部屋

  • メリット:1.インターンシップ修了証発行 2. ビサヤ大学附属修了証発行 3. 現場英語能力の向上 4.外国文化の経験

  • 開講日:毎週月曜日(日曜日入寮・月曜日オリエンテーションとレベルテスト・火曜日から通常授業スタート)

  • 修了証:4週間の内90%以上の出席の場合、修了証を発行します。しかし、警告があったり、レベルテストに参加しなかった場合、修了証は発行されません。

グローバルインターンシッププログラムの一日の正規授業はマンツーマンの4時間と小グループの2時間と大グループの2時間と特別クラスの2時間で、全部で10時間のカリキュラムを構成しています。

8~12週間:一般ESL/ IELTS/ TOEIC / TOEFL/ BUSINESS
Class 初級 中級 上級
1-1.9 2-2.9 3-3.9 4-4.9 5-5.9 6-6.9 7-7.9 8-8.9 9
マンツーマン

(4時間)

Listening
Speaking
Reading
Writing
小グループ

(2時間)

Perfect Writing、Pictogram、Public Communication、Teaching、Listening Strategies、Film Studies、Media Education、Reading and Understanding、Storyline、8科目中2つ選択
大グループ

(2時間)

Language Guide、Speech Clinic、Wordagram、Speech builder、Business Communication(Native)、Effective Presentation(Native)、6科目中2つ選択
Special Class

(2時間)

PART Ⅰ. DISCUSSION CLASS

PART Ⅱ. ROLE-PLAYING OR DYNAMIC CLASS

PART Ⅲ. CULTURAL AWARENESS

PART Ⅳ. ENGLISH CIRCLE

1つ選択 / 2週毎に授業科目変更/選択授業

4週間:インターンシップ
レベルか関心分野別

インターンシップ実習場所

Intermediate Low Intermediate Mid Intermediate High Advanced
Hotel or ResortのHousekeeping Hotel or ResortのF&B Hotel or ResortのFront Desk 校の補助教師 協力会社の中でどこでも可能

●マンツーマンクラス(必須)

授業時間:50分

各教師の授業は一つの科目に集中して進行します。一人の教師で2つの授業(科目)を担当します。生徒のレベルに合った教材を使用します。

●小グループ(教師1名と学生5名まで)(必須)

授業時間:50分

生徒のレベルに合った授業を提供します(基本3段階に分け、N、I、A)。全8種類の科目中、受けたい科目2種類、選択可能です。

●大グループ(教師1名と学生10名まで)(必須)

授業時間:50分

生徒のレベルに合った授業を提供します(基本3段階に分け、N、I、A)。全6種類の科目中、受けたい科目2種類、選択可能です。

ビジネスクラスとプレゼンテーションクラスはネイティブが担当します。

 

●特別授業(選択)

2週ごとに特別授業の授業内容が変更されます。生徒は自由に参加可能です。

インターンシップ実習先企業

企業名 ポジション
   Crown Regency Hotel  Hotel & Restaurant Management
   Plantation Bay  Hotel & Restaurant Management
   Movenpick  Hotel & Restaurant Management
   Be Resorts  Hotel & Restaurant Management
   Crimson  Hotel & Restaurant Management
   Indian Aerospace University  Education
   Mactan Cebu International Airport  Receptionist
   Moon Café (Pages Holdings Inc.)  Receptionist
   Virginia Foods Inc.  Sales & Marketing
   Exxpert Communications Inc.  IT and Computer Engineering
   Science & Technology Education Center  Education
   AGS WORLD TRANSPORT  International trade business
   Shangri-la Mactan Resort and Spa  Front Office & Sports and Recreation &

F&B kitchen & F&B Service

Cebu Blue Ocean 2017年-2018年入学日

Cebu Blue Ocean Academyは、効率的なスクール運営のために2週間(土・日曜日)ごとにピックアップ日を指定しています。
2017年~2018年CBOA空港ピックアップ日は以下の通りです。

2017年
10月14日、15日、28日、29日
11月11日、12日、25日、26日
12月9日、10日、23日、24日

2018年
1月 6日、7日、20日、21日,
2月 3日、4日、17日、18日,
3月 3日、4日、17日、18日、31日
4月 1日、14日、15日、28日、29日
5月 12日、13日、26日、27日
6月 9日、10日、23日、24日,
7月 14日、15日、28日、29日
8月 11日、12日、25日、26日
9月 8日、9日、22日、23日
10月 6日、7日、20日、21日
11月 3日、4日、17日、18日
12月 1日、2日、15日、16日、29日、30日

-セブ空港到着時間に関係なく、スクール側はピックアップをします。
-セブブルオーシャンでは、2週間ごとに授業を開校しているため、登録機関も2週、4週、6週、8週などと偶数週の運営をしております。奇数週では留学が出来ません事、ご了承くださいませ。
-上記に書かれている土曜日に到着する場合は、日曜日午後にレベルテスト、月曜日午前にオリエンテーションを受けることになります。この際に、両替案内もしております。通常の授業は月曜日の午後から開始されます。
-もしも指定ピックアップ日の日曜日午後に到着する場合は、上記の日程に従わず月曜日にレベルテストとオリエンテーションが行われます。
-土曜日日曜日入寮ともに土曜日退寮が原則となります。

2017 CBOA pick up information

WE ACADEMY 留学応援プロモーション実施中

4th Week of September2017
イロイロ地域の語学学校We academyでこの度は2018年4月までご入学の方にフィリピン人グループ授業→ネイティブ講師グループ授業に無料で変更できるプロモーションが実施されております!また、We academyの講師陣は質の高い方が揃っています。独自の講師採用システムと教育システムで常にレベルの高い講師が滞在!加えて、10年以上のWe academyでのキャリアを持つ講師が沢山いるなど、We academyは留学生だけでなく英語講師の満足度が高い学校です。是非、このプロモーションを機にWe academyでの留学を検討してみてはいかがでしょうか?

セブEV語学学校が新キャンパスへ移転

セブ島の人気スパルタ語学学校EV校が10月9日に新築キャンパスに移転します。EV新キャンパスの最大の特徴は、スパルタかセミスパルタを事前に選択することが出来る点です。

※スパルタプログラム:平日(月~木)外出が不可。毎朝の文章テスト、夕食後の単語テストに参加。夜間は義務自習参加となります。
※セミスパルタプログラム:平日正規授業の後、外出可能。(ただし門限あり)

コースは、オールマンツーマンコースとIELTSのスコア保証などのコースが新たに開設されました。EVはスパルタ専門学校の歴史を維持していく上で、校内の70%は、スパルタプログラムの学生を維持する予定です。

新キャンパスは、以前よりもアップグレードされました。ガラス中心の施設で清潔で洗練されています。宿泊施設はドライヤーや金庫などが追加されます。

既に登録された方は、新キャンパスに案内され、お申込み時と同じ進行になります。混乱がないよう、学校側も事前にお知らせしていますが、詳細を知りたい方は、弊社または各エージェントまでお問合せください。

よく読まれている留学体験記