CGバニラッド校留学体験記

[学校] CG Banilad Campus
[期間] ー
[コース] ー
[名前] 匿名

私は社会人4年目、22才でフィリピン・セブ留学に行きました。
私は高校生の時から、海外ドラマや洋楽が好きで聞いていました。英語が分かるようになったり話せたら、もっと歌詞の内容が理解できて楽しいだろうなとは思っていましたが、机に向かって勉強というのが嫌いで英語について興味は持っていましたが勉強せず、学校の授業から4年離れて英語力はほぼOでした。
ある日、私は英語と日本語に堪能なフランス人の男性と出会い、彼は英語が話せる事で色々な国の人と簡単にコミュニケーションが取れていて、英語で自分の見る世界や考え方、可能性が大きく広がる事を強く感じて留学を決めました。
沢山留学先の国を検索していて欧米は航空券や物価、学費が高いのに1日の授業数は少なくて大体は大人数で行うグループ授業のイメージ。その反対にフィリピンでは全ての費用が少なくて済むのに授業数は多くメインは1対1.私は英語力がほぼま無かったので大人数での授業では理解出来なかった問題に対して質問する事は私にとって難しい事だと考えフィリピンに決めました。
フィリピンに着いてからは環境の違いや不安で泣いていました。
というのも最初の3日間だけで、最初に出来た友達の友達というような感じであっという間に沢山の友たちが出来て夕食へ行ったり、他の島に旅行へ行ったり。フィリピンには約7,000の島があって本当にどの島へ行っても海や景色は綺麗で驚きました。旅行中も会話は英語ですが、お互いに文法などは気にせず、分からない単語は同じ意味で分かる単語を他に探し合って会話していたので、通じなくて困ったり苦に感じることはあまりありませんでした。
先生も同じで何度でも理解出来なかった部分は教えてくれるし、1対1なので、お互いの文化の事や家族の話としてどの先生とも仲良くなれて良い関係だったなと思います。
学校生活では、私は日本人の友達を作らなかった事、他の国の人とのルームシェアをした事がやって良かった事だと思います。
私が選んだのは韓国人経営の学校で生徒もほとんどが韓国人だったので、いつも一緒にカフェで勉強したり、買い物に出掛けたり沢山の時間英語を使えたのは英語力を伸ばすのにとても良かったと実感しています。
フィリピンに来てすぐの頃は全く先生の話す内容が理解出来ずに、話す言葉も正直文になってるのかも曖昧な言葉で話していてこの先 成長するのかと不安になる事もありましたが、今では話す内容が理解出来るようになって、自分の言葉もより詳しく説明出来るようになりました。
英語に自信が持てたので、次はカナダでワーキングホリデーをするという新しいチャレンジを作る事が出来、本当にフィリピン留学へ行って良かったと改めて思います。

Cebu Blue Ocean初日スケジュール

フィリピンセブ島にある語学学校『Cebu Blue Ocean Academy』の初日スケジュールをご紹介します。

日時 内容
土曜日 12:00 昼食
14:00 入寮開始
18:00 夕食
日曜日 08:00 朝食
12:00 昼食
13:00 レベル分けテスト
(スピーキング、リーディング、リスニング)
18:00 夕食
月曜日 08:30 オリエンテーション
11:30 昼食
13:30 授業開始
18:00 夕食

  • 日曜日13時以降に学校到着の場合は、月曜日午前中オリエンテーション、午後レベル分けテストを行い、火曜日より授業開始となります。
  • ピックアップは土曜日11時~日曜日正午まで
  • ショッピングや両替の時間は含まれておりません。買い物は徒歩2~3分の場所SAVEMOREというお店がありますので、ご自身で行くことになります。
  • 両替は、日曜日レベル分けテスト終了後、校内で可能。

ELSAの初日スケジュールをご紹介します。

  • 初日のスケジュール
時間 内容
07:00 ~ 08:00 朝食
08:00 ~ 10:25 レベルテスト
10:30 ~ 12:05 オリエンテーション
12:05 ~ 12:55 昼食
13:00 ~ 16:00 買い物、両替
16:00 ~ 17:00 入学手続き
17:00 ~ 18:00 夕食

 

  • 月曜日はオリエンテーション、火曜日から通常授業がスタートします。
  • 月曜日が祝日の場合は、オリエンテーションは火曜日に延期されます。ただし、短期留学の場合は例外的に月曜日にオリエンテーションを行うことがありますので、随時カウンセラーへご確認ください。

 

2020年入学日(セブブルーオーシャン)

セブブルーオーシャンは、効率的な学校運営のために2週間単位で入学日を指定しています。

2週間ごとに入学を許可しているため、登録期間も2週、4週、6週、8週などと偶数週の運営をしております。奇数週での期間では留学が出来ません事、ご理解くださいませ。

2020年セブ空港送迎は以下の通りです。2週間に1度土日となります。

  • 上記の日程は、IELTS保証コースを除くすべてのコースが対象となります。IELTS保証コースの方は、カウンセラーへお問い合わせ下さい。
  • 2週間1度の土曜日と日曜日にセブ空港ピックアップを行います。費用は、800ペソ。対応可能時間は、土曜日午前9時~日曜日深夜12時までとなります。それ以外の時間は費用が1,000ペソかかります。
  • 土曜日に到着した場合は、日曜日午後にレベルテスト・月曜日の午前中にオリエンテーションを実施。通常授業は月曜日の午後から始まります。
  • 日曜日午後以降に到着した場合は、月曜日にレベルテスト・オリエンテーションを行います。通常授業は、火曜日の午前からとなります。
  • 土日入寮、土曜日退寮が原則となります。

【CG Sparta】留学体験

【タイトル】CGへ留学して
【学校】CG Sparta校
【留学期間】8週間
【年齢】22歳
【性別】男性
【名前】HOWARD

Q1.CGはスパルタ学校ですが、実際イメージしていたスパルタとは何が違いましたか。

勉強時間やルールに関しては、勉強に集中できるという点において、非常に参考になった。
ただ一方で単語テスト後の自習に関しては、環境面として課題があると思う。個人的にはあの時間を有意義に使うことができたと考えているが、寝ている人もいるし、比較的自由な時間であったと考える。無理矢理勉強してものびないと思うし(そもそもしていない学生も多くいるが)、時間面でのスパルタは実践できていたが、その時間全てが質の高い環境では無かったと思う。

Q2.実際 CGに留学して良かったと思いますか?また、どのようによかったですか?

非常に良かった。そもそも費用対効果が高く、他の国とは異なりマンツーマンが多いという点は大きなメリットであり、同期間他国に留学した友人と比較しても、語学は上達したと思う。
また日本人の学生が少なく、また韓国人の優秀な学生とのコミュニケーションの場が日常的にあるので、生活の中でも英語を上達させることができたと思う。

Q3.また、実際セブに留学して どれぐらい英語が伸びたと実感しましたか?

TOEICの点数に関しては、入学前が730点、帰国後は850程度。ただそもそもの目的は数値的な向上を目指すことではなく、自分の頭にインプットされている単語・文法をいかにアウトプットとして文章にしていくかを目標にしていたので、その点は大きく向上したと思う。

Q4. セブでの留学がどのように役立ちましたか?

セブから帰国して2週間後、シンガポールにて約2週間、現地企業にてインターンシップに参加しました。基礎的なコミュニケーションに関しては問題を感じることはありませんでしたが、専門的な単語等に関しては、苦労しました。ただホームステイ先の家族やインターン先の上司からは、2ヶ月しか学んでいないとは思えないと言われたり、セブで英語を学んだことは大変役に立ったと考えています。

Q5.今後 CGにて語学留学をされようと思ってる方に 経験者によるアドバイスをするとしたら?

積極的におすすめをします。特に日本人にとっては、自分次第では英語しかない環境に身をおくことができるので非常に良い環境であると思います。しかし、基礎的な能力がかける生徒にとっては、マンツーマンで文法を学んだり、インプットに時間をさいたりしなければいけないのは無駄なので、日本である程度の勉強をしてから行くことをおすすめします。細かい点で言えば、ふりかけやみそ汁等を持参することをアドバイスとして最後に送りたいと思います。


【タイトル】1か月のCG生活を終えて
【学校】CG Sparta校
【名前】匿名

私は今回大学の夏季休暇を利用してセブ島留学に行くことを決めました。CGを留学先として選んだ理由はたくさんありますが、大きなものとしては、

などがあります。
実際にCGに入学してみて、①に関しては、マンツーマンでは自分のやりたい勉強にフォーカスして勉強することができたので大変満足しています。フィリピン人の先生も非常にフレンドリーで毎日楽しく勉強ができました。ただ、授業にテーマがないとただ先生とおしゃべりして終わってしまうということが時々ありました。スピーキングの練習とポジティブにとらえることもできますが、マンツーマンではあらかじめ自分が勉強したいことを明確にしておくことが大事だと感じました。

グループクラスは少人数なので、ほかの学生と仲良くなるのによい時間でした。ディベートのクラスをとっていたのですが、人数が少ないので発言を求められる機会も多く、最初は戸惑っていましたが、そのおかげで英語を話すことに対する抵抗はだいぶ少なくなったと思います。また、ほかの国から来た学生の意見には、その国の文化や考え方の違いがあって興味深かったです。
②に関しては、私の場合、ルームメイトが韓国人だったので日常生活の中でも常に英語を話す環境に置かれていました。日中の時間もEOPがあったので滞在中にできる限り英語を話すようにしていました。ただ、休日や食事の時間などは母国語を話すことができたのでちょうどいい具合に息抜きができていました。

休日にはいろいろなところに出かけることができました。カモテス、ボホール島、オスロブなどに旅行に行きましたが、どこも日本ではなかなかできない経験ができました。ショッピングモールもたくさんあり、よく出かけていました。ただ、リゾート以外の街中は発展途上国の雰囲気そのものだったので、テレビで見るようなきれいな島を想像しているとちょっと衝撃を受けそうな感じです。
今回、外国に旅行以外で生活するのは私にとって初めての経験でした。学校では英語だけでなく、貴重な海外の友達を作ることができました。オフィスでは日本語で丁寧に対応してくれたので、不便や不安を感じることもあまりなかったです。もちろん、フィリピンなので食事や設備等で最高とは言えないものも多くありましたが、それを補って余りあるぐらい楽しい貴重な時間を過ごせました。

学生体験 – Power Speaking 4

[学校] CELLA UNI
[コース] Power Speaking 4
[期間] 10週間
[名前] FURUKAWA HARUNA

私はCELLAでPower speaking4を10週間受講しました。私は現在大学4年生で就職活動はすでに終えました。大学3年生のうちに単位を全て取り終わり4年時は大学に通わなくてもいい状況でした。以前から3年のうちに単位を全て取り、4年は留学の資金をアルバイトで貯めフィリピン留学に行くという計画を立てていたので、セブ留学を決めました。まず留学先をフィリピンに決めた理由は他の国に比べ費用が安く、マンツーマンクラスが多いからです。以前オーストラリアに3週間短期留学をした経験があります。フィリピンとはまた違った雰囲気で忘れられない思い出です。しかし航空券や授業料が高くもう一度いくことはできないと思いました。また、今回は国よりも長期滞在がしたかったので、長期留学ができて比較的費用の安いフィリピンを選びました。その中でもCELLAを選んだ理由は、韓国人経営という点です。

オーストラリアに留学した際に、丁度春休みの期間でたくさんの日本人がクラスメイトにいました。そのため授業やホストファミリーとの会話以外は日本語を使っていました。今回の留学では海外の友達と時間を過ごしたいと思い韓国人経営で日本人生徒の少ないCELLA校を選びました。また私は大学で第2言語として韓国語を学んでおり、韓国語を話したり聞いたりする機会があればとも考えました。

CELLA校に来た初日からたくさんの友達を作ることができました。学校の寮は共同生活になり友達が作り易い環境でした。しかし、異なる国の方と暮らすことは様々なトラブルがおきたりストレスを感じてしまうのではないかと考えました。しかし、私のルームメイトは優しく、親しみやすくその不安はありませんでした。

また、私が望んだ海外の友人と過ごしたいという期待通りでした。部屋には日本人がいなかったのでコミュニケーションをする際は常に英語を使う環境だったのも良かったです。仲良くなった友人とは、今後旅行に行く約束もしました。

CELLAの授業について、常に先生との会話を楽しむことができました。特にマンツーマンクラスでは、テキストをもとに難しい内容の会話をするだけではなく、時にはフリートーキングで友達の話や悩み事などをし盛り上がることもありました。

毎日、先生との会話を楽しむために授業に行く!という感覚でした。マンツーマンクラスでは、自分がやりたいことを伝えることもできたので良かったです。

授業後は、時間があれば自習を行いました。ただ、私はスピーキング力を伸ばしたいと思っていたので積極的に外国の友人とショッピングやご飯、旅行に行き英語での会話を楽しみました。

学校の施設については、インターネット環境が良くなく不便だと感じたりもしましたがそれ以外の学校内や部屋に不便を感じたことは学校に相談することで改善してくださいました。

CELLA校で本当に良い思い出を作ることができました。CELLAを選んで良かったです。

CELLA Uni - Power Speaking

CELLA Uni - Power Speaking


[学校]CELLA UNI
[コース]Power Speaking4
[期間]12週間
[名前]KANAKO GOMI

私は、パワースピーキング4を三か月受講しました。マンツーマンとグループレッスンを4:4の割合で受講するコースなので1番バランスの取れている基本のコースです。

海外留学を思い立ったきっかけは、私の仲の良い友人が海外旅行に行ったり、海外留学経験があることです。友人の中には海外に住んでいる人もいて、その影響が大きかったです。また、仕事をしていた際に海外からの多くの旅行者を接客したり友人の家族が外国からの移住者だったりしているため、語学力を身に着けておきたいと思ったからです。

私が学校を選ぶときに1番重視したことは、日本人が割合少ない学校ということでした。日本人が多い場合は英語力が身に付きにくいと友人からアドバイスをもらったので、多国籍の生徒が多い学校を選びました。その他、学費・コース・環境も重視しました。CELLAの施設(Uniキャンパス)が新しいことや近くにモールがあることや週末に気分転換程度で海などに行くことができる立地環境が私にとって魅力的でした。

学校の先生については、コミュニケーションをよくとってくれる先生が多い印象でした。話しやすく相談もしやすいと思いました。個人的には、Laiza、Chammy、Abbyは話していて授業を楽しめる内容が多く、毎日楽しく授業を受けることができました。授業の内容に関しては、Maricelが話をしていて日本人と似た感覚があり、正確かつ細かいことまで教えてもらいました。

英語力に関しては、自己学習をしっかりしていたことと、仲良くなった友人が韓国人であったため、授業以外でも英語を話す機会が多く、そのことが一番英語力のアップに繋がりました。

生活面では、渡航前に想像していたより過ごしやすい環境でした。寮は4人部屋での共同生活だったのでコミュニケーションやスキンシップが大切だと思います。

留学生活全体を通して思ったことは、想像していたよりも食事が美味しかったこと、安全がしっかり確保されていたことです。フィリピンでの生活についてオリエンテーション時に色々と注意喚起してくれたので助かりかりました。(狂犬病や地元の人とのコミュニケーションで注意する箇所をしっかり教わりました)。留学前は、様々なトラブルを想像していましたので、安全に生活できる環境が整っていたことは嬉しかったです。でも、日本食とお風呂が恋しかったです。

今後は、CELLAで身に着けた英語力を日本での職探しに繋げていきたいと思っています。多国籍の生徒が多くアットホームなCELLAは、英語を身に着けたい、挑戦してみたいという方にはとってもお勧めです。

CELLA Uni - Power Speaking

CELLA UNIの学生体験

[学校] CELLA UNI
[期間] 6週間
[コース] Power Speaking
[名前] XU ZHUINAN

私は今回CELLAのUNIキャンパスで6週間の留学生活を経験しました。私は、パワースピーキングコース6を受講し、1:1クラスが6コマとグループクラスが2コマで構成されているコースです。おそらく1番スタンダードで良く選ばれるコースだと思います。

今回私が留学を思い立ったきっかけは、主に3つに分けられます。1つ目は、英語力の向上です。言語を学ぶことは、やはり座学では厳しく、その言語が使われている環境に飛び込んだ方が1番早く上達できると思ったからです。2つ目は、外国の友達を作ることです。3つ目は、大学卒業前に時間がたっぷりあったので、何か有意義かつバカンスの気分を味わう時間を得たいと考えたからです。

数あるセブの語学学校の中でCELLAを選んだ理由は、セミスパルタであること、校舎が綺麗なこと、日本人学生が比較的少ないこと、コストの面で自分の希望とマッチしていたことなどです。正直、最初の2週間は慣れない環境と違う国で違う言語を使ってのコミュニケーションの難しさに苦戦し、かなり苦痛でした。でも、2週間を乗り切った後から少しずつ学校生活が楽しくなり、1か月経つ頃には、授業の中で先生の言っていることが理解できるようになり授業も楽しくなってきました。

授業としては、1:1クラスは、自分だけにフォーカスしてもらえるので、自分に合わせた授業を行ってくれます。話さざるを得ない環境なので、気が付いたら英語力が伸びていました。グループクラスは、1:1とは全く違い、多国籍の生徒とディスカッションする機会が多く、刺激し合いながら英語を学んでいくことができました。

CELLAの食事は、メニューの種類が多くて、お肉や野菜、果物全て食べることができ、むしろ日本での一人暮らしの生活より食事バランスがよくなりました。

私の1番のおすすめポイントは、8階のテラスで、先生や友達と皆で放課後に雑談したり遊んだりすることです。先生と生徒の距離がとても近く、かなりフレンドリーです。また、CELLAは多国籍の生徒が多いので、友達と音楽を聴いたり、デリバリーやカップ麺をフリースペースで食べたり、8階で卓球をしたり、暇を感じることなく日常生活の中で英語力が自然にアップしていったと思います。何より、セブは自分が思っていたよりとっても安全な街でした。この留学生活で経験も知識もたくさん得ることができ、予想以上に有意義な生活を送ることができました。

CELLA UNIの学生体験

 

【セブブルーオーシャン】学生体験

[名前] NAO
[性別] 女性
[年齢] 20代
[留学期間] 4/13~8/3 16週間
[コース] General ESL & TOEIC

学校の雰囲気が良く、毎日楽しく通うことができました。
スタッフの方々を含め先生はもちろんのこと、他の国の生徒とも交流を深めることができました。それは、2週に1度行われるアクティビティやグループクラスのおかげだと思います。
また、平日は勉強に集中して、週末は友達とアイランドホッピングやショッピングに出かけることもでき、立地の良さには満足しています。
途中でコースをESLからTOEICに変えることもでき、あきることなく16週間、勉強できたと感じます。
16週間ありがとうございました。


[名前] 匿名希望
[性別] 女性
[留学期間] 7/20~8/3 2週間
[コース] Family(Parent)コース

※ Family(Parent)コースは現在廃止されております。

初めてのフィリピンでとても不安でしたが、初日から日本人スタッフの方から翌日の説明をしていただき、大変安心しました。その後、日曜のレベルチェックテスト~月曜のオリエンテーションまで丁寧に分かりやすく進行してもらえました。7歳の子供と2人での親子留学だったので、フィリピンという土地柄、不安がたくさんありましたが、スタッフの方はじめ、先生やガードマン、また生徒の方々も、親しみやすい方が多く、とても快適であっという間の2週間でした。

先生方は明るく、説明はとても丁寧で、分からないと何度も言葉を変えて教えてくれます。グループレッスンもみんなが話せるようにチャンスをくれたり、明るい雰囲気作りにいつも気を使ってくれているように思いました。
子供は、とても楽しかったらしく、「もっと滞在したい!」と言っていました。子供のテキストを見ましたが、日本では理解不足の文法や読み取りが解けるようになっていたことに驚きました。
今回は2週間という短期でしたが、長期だと確実に英語力が上がると実感しました。
また機会があれば是非CBOAにお世話になりたいです。

ありがとうございました。


[名前] 匿名希望
[性別] 女性
[年齢] 20代
[留学期間] 4/13~8/3 16週間
[コース] General ESL

初めての海外で長期生活を送って、初日は楽しみより不安の方が大きかったのを覚えています。

日本語でしっかりとオリエンテーションを行ってくれ、また、同じ時期に来た人達と一緒に受けるため、そこで友達もでき不安を楽しみに変えることができました。
私は社会に2年、3年目で辞め留学という道を選んできました。1日7コマと久しぶりの勉強で疲れるなと思う事もありましたが、学校の先生達は面白く、授業は楽しかったです!
4か月は長いようで短かったです。勉強のほかにここでは、他の国の友達もでき、文化や生活も学ぶことができました。多くの事を学び、とても楽しい生活を送る事ができました。


週末クラス追加キャンペーン!

フィリピンのマニラ近くに位置する小規模でアットホームな日本資本校Basic English Camp(BEC)で週末の授業を無料で提供するお得なキャンペーンを実施します!当校は英語初級者向けで、特に短期留学生は安価で1時間でも多く学べる絶好のチャンスとなっております!短期間で成果を残したい方、また留学したい期間が迫ってるけどどこにしよう…とお悩みの方は是非お見逃しなく‼

【対象】 ※ 下記内容に全て該当する方
■ 4週間以上で1人部屋のご登録
■ 6~9月に入学の方

【特典】
4週間で土日15レッスン無料!(約15,750円相当)
8週間で土日30レッスン無料!!(約31,500円相当)
12週間で土日45レッスン無料!!!(約47,250円相当)

▽学校詳細はコチラ

Basic English Camp

フィルイングリッシュで
最新のフィリピン留学情報を
ご確認ください!

Facebook

Youtube