ヘッドティチャーにインタビュー!

フィリピンで2校を運営するHELP,今回はその中のHELP Clarkキャンパスへベトナムチームが訪問しました。HELPは創業20年以上に渡り運営しており、フィリピンの語学学校の中では先駆者的な老舗の学校です。その中で10年以上務めるヘッド教師に今回はお話を伺ってきました。

 

Q.こんにちは。今回は先生の話が聞けて嬉しく思います。まずは自己紹介をお願いします。

【HELP Clark】ヘッドティチャーにインタビュー!

パトリック氏とベトナムスタッフ

 

Q.現在何人の教師が在籍していますか?また、教師を採用する際の基準を教えて下さい。

 

当校の教師になる為には3つの基準をクリアしなくてはなりません。まず最初に最低基準として英語または教育学を専攻する大学を卒業していることが求められます。その後、資格を持つ人達の履歴書を基に書類選考を行い、外国人に英語を教えた経験のある有力者から優先順位をつけ人数を絞ります。最後に書類選考を通過した候補者は、学生への教え方・授業の進行方法・コミュニケーション方法など2週間私が直接訓練し、そこで合格とみなされた方が晴れて教師として採用されます。

 

Q.コースが沢山ありますが、どのコースが最も学生から支持されていますか?また、そのコースの   特徴を教えて下さい。

毎日語彙テストや特別授業なども正規授業以外に受けるので、当コースを受ける初級レベルの学生は早く上達します。

 

Q.ヘッドティチャーにとって一番難しいことは何ですか?

2つ目を挙げると、レベルテストを誠実に行っていない学生が残念ながら少なくはないことです。このテストによって私たちはレベル分けをし、学生のレベルに合ったテキストを配布しますが、レベルテストが実力でなかった場合、後日カリキュラムの変更を行なう必要があります。また、毎月テストを行なっても誠実に行なってない場合自分がどれだけ成果が出ているのかが確認できません。このテストで一人一人の弱点や向上の評価を行い以降の授業内容に繋げるものなので、投げ出さずに自分の100%の力で受けてくれることを願います。私たちはあなたのレベルアップの手助けをしたいのでフィリピンに来る前の英語を上達させたいという気持ちを忘れないでほしいです。

 

Q.ジュニア学生とあなたとの思い出に残るエピソードはなんですか?

 

Q.ジュニア学生に英語を教える上で注意すべき点・心得てる点はなんですか?

校内で遊ぶ学生達

 

今回ご協力いただいたHELP Clark校とパトリック先生、ご協力ありがとうございました!

フィルイングリッシュでは定期的に様々な学校へ訪問しております。次回の更新をお楽しみに♪


オフシーズンキャンペーン!

ネイティブマンツーマン授業を専門とし短期留学や親子留学に人気の高いクラークのHANA Academyでキャンペーンを実施します!

【対象】
2019年8月31日~2020年1月4日に留学期間が該当する方

【内容】
週50ドルの授業料 + 寮費割引‼

※ また、当校では1週間の短期留学の方はSSP費用(約14,000円)を学校が負担致します!(キャンペーン以外で常時)

▽学校詳細はコチラ

HANA Academy

期間限定キャンペーン!!

ネイティブが多数在籍し様々な国籍が集まるインターナショナルの代表校CIP。ただいま期間限定で様々なキャンペーンを実施しております!

【期間】

7月1日~9月30日までにご登録の方

【内容】

    ①学費割引キャンペーン:50ドル〜250ドル割引!【※資料参照】
    ②TOEICスパルタコース限定キャンペーン:公認試験費用1回無料!
    ③長期割引パッケージキャンペーン:学費割引+公認試験費用1回無料!【※資料参照】
    ④年末年始キャンペーン:最大200ドル割引!【※資料参照】

【対象】

    ①学費割引キャンペーン:8週間以上の方【ESLライトコース以外の全て】
    ②TOEICスパルタコース限定キャンペーン:8週間以上の方【TOEICスパルタコース】
    ③長期割引パッケージキャンペーン:ESL(4週以上) + TOEIC/IELTSスパルタコース(12週以上)の方
    ④年末年始キャンペーン:4週以上の登録で、滞在期間が12月23日~1月3日が留学期間に含まれる方【※資料参照】

【注意事項】

    ①・②・④のキャンペーンは併用可能
    ③は他キャンペーンと併用不可

 

空港出迎え(マニラ/クラーク空港) ー HANA Academy

HANA Academyの空港ピックアップは毎週土・日に行われます。お客様の到着時間に合わせて、マネージャーが直接ピックアップをします。可能な限り、留学生と同じ国籍のマネージャーが向かいます。

学校到着後に、ピックアップ費用の支払いが必要となり

空港出迎え(マニラ/クラーク空港) ー HANA Academy

ます。

料金

  • マニラ空港(1人)  3,500ペソ
  • マニラ空港(家族)  4,500ペソ
  • クラーク空港(1人) 700ペソ
  • クラーク空港(家族) 1,000ペソ

センディングは3,000ペソ(バンを1台レンタル)同日に帰国するお客様の人数で割ります。

フィリピンで一番治安がいいスービックのKeystone

休憩中のKey Stoneの講師たち

写真は休憩中のKeystoneの講師たち

フィリピンの語学学校校長と治安の事で話をしますと『自分の学校はかなり安全!』とよく自慢します。ですがそれは「セブの中ではかなりいい」あるいは「セブやマニラよりはかなりいい」というフィリピン国内の相対的なレベルのお話です。

本日ご紹介する語学学校Keystoneが立地するスービックの治安は「東京や台北、ソウルと比べても劣らない」という国際安全都市比較レベルになります。
こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。フィリピン安全都市スービックの経済特区にあるKeystoneという語学学校を2019年6月に訪問しました。
治安がいいという大前提があるのでKeystoneは特に女性に好まれます。
訪問時の男女学生比率は女性8割。

立地

アヤラ系ショッピングセンターHarbor Point

スービックはマニラの北西150kmほど。車で3~4時間
スービックの中心地はショッピングセンターハーバーポイント。アヤラ財閥系列のショッピングモール。そこからバスや車で15分ほど。学校は山の坂道の中腹に位置します。
山道の途中にあるので徒歩圏にはなにもありません。ただ車で5~15分くらいの所にリゾートホテルやビーチ、ズービックサファリなどの観光施設が密集する地帯に位置しますのでスービック観光エリアの中心にあると言えます。
移動手段はタクシーかジプニー(スービックではFBと呼ばれています。)
学校からはスービック湾が見えますので見晴らしはいいです。

治安がいい理由

スービックがフィリピンで安全な都市と言える一番の理由は『刀狩り』が完了している事。Keystoneがあるスービックの広大な経済特区は外国資本の工場が密集するエリアなので銃刀類の持ち込みが徹底的に規制コントロールされております。それと理由にかかわらず民間人が銃器を保有保持する事が禁止されております。銀行などの前で警備するセキュリティがショットガンなどの銃器を装備する事も認められません。ショットガンを持たない銀行警備員は恐らくフィリピン中スービック以外探せません。完全な刀狩りが実行されています。もう一つの大きな要素は特別区内の警察官に強い権限が与えられ細分化された担当ブロックで配置されている事。Keystoneの学校長によりますと自分のエリアの安全は自分が守るという各警察官たちの自尊心が強いそうです。

Keystoneの施設

左側が校舎および寄宿舎の建物、右側が事務所、スポーツジム、食堂、図書室などの建物

写真は左側が校舎および寄宿舎の建物、右側が事務所、スポーツジム、食堂、図書室などの建物。

Keystoneは創立2011年の比較的新しい学校です。施設も老巧化は見えません。
特別豪華ではないですが、綺麗です。

学校の規模は150名程度。小さいのでだれでも友達になれそうなアットホームな環境です。注意点として1人部屋、2人部屋、3人部屋とも同じサイズですので3人部屋は2段ベッドを置かなければならず、3人が住むには窮屈です。この学校で学ぶのであれば1人部屋か2人部屋をおすすめいたします。お部屋の中のタンスは3つの鍵付き引き出しがありますので貴重品はそこに保管してよいでしょう。

冷蔵庫が廊下に設置されていて学生たちが共同で使います。
校舎兼寄宿舎、事務所、図書室、スポーツジム、食堂、IT知識学習コース専門校舎と中庭の3つの建物で構成されます。訪問時に校内に小さな水泳プールが新設されておりました。2019年夏から利用開始との事でした。
Keystoneの学費はどちらかと言えば安い方です。ただ注意点として電気代は高いです。スービック特別区の電気代は他の地域の倍くらいしますのでそれくらい請求されます。

学校の特徴

コースの概要

マンツーマンレッスン風景

Keystoneはマンツーマン多めのスピーキング力強化に力点を置く平日外出可能なセミスパルタです。
ESLコースの特徴は二つ。

受講科目は固定ですが講師と相談して変更できます。ここまでは他の学校でもよく見受けられる事ですが、Keystoneはさらに踏み込んで各分野をさらに細分化いたします。
たとえばスピーキング科目は発音モジュール、パターンイングリッシュモジュール、一般会話モジュールなどが用意してあるのでマンツーマン授業の3コマを英会話科目に増加変更希望した場合上記から選択する事ができます。、
又ESLコースを選択しながらも正規授業科目の中に部分的にIELTS、TOEIC、ビジネス英語などを取り入れる事も可能です。この方式を許す学校はフィリピンでは非常に少ないです。

学習雰囲気がいい

グループレッスン風景

Keystoneは平日夜門限の23時まで外出OKな学校です。正規授業が終わった放課後は完全フリー。夕方や夜に特にオプション授業が用意されていない少し珍しい学校です。
平日外出OKな学校であるにもかかわらず平日外出する学生はほとんどいないとの説明を受けました。少し驚きました。
セブで同じ状況ですと外出組は8~9割、居残り組は1~2割という学校が多いです。
外出しない要因としては山の中にあるので移動が不便という理由があげられます。それ以外に学校が自習を積極的に奨励して学習雰囲気を乱す学生を排除する姿勢があります。学校長によりますと勉強しないという理由で学生を退学させることもあるそうです。
それとスービックという街は土日に思いっきり遊べる施設が整っているので平日は勉強、土日は遊ぶと学生が区分けしているとの見方もできます。

講師に厳しい学校

昼食中の講師たち

Keystoneでは2か月毎に講師たちに対して英語レベルテストを実施しているそうです。及第点を取らなければ退職となるので講師たちも必死だそうです。
このような荒療治ができるのはスービックの環境と関連します。スービックは大学が多いにもかかわらず語学学校が少ないです。なので大学卒業生をいつでもいくらでも確保できるという地形的利点があります。競合密集地域のなかで万年講師不足で悩むセブの語学学校にとっては贅沢な話です。

国籍学生比率

右側の女性は日本人マネージャーサマーさん

写真右は日本人マネージャーサマーさん。

訪問時の国籍比率は日本、台湾、韓国がそれぞれ3割くらいでした。その他は中国とベトナムからです。3割いる日本人留学生の男女比率は女性9割でした。

スービックというおしゃれな街

ゆとりが見える地元の人々

地元の人々からゆとりを感じます。
たとえば道を歩いていると道路を走っている車が停車して笑顔で『お先にどうぞ』という道を譲るポーズをしたりします。
これがマニラやアンヘレスシティですと『早くそこをどけ!』と言わんばかりにクラクションをけたたましくならすような習慣が生活の一部として存在します。
スービックはマニラから近い大きな港町ですので大きなお金が集まります。経済特区には日本をはじめ数千の外国商社や会社の支社が密集し貿易交流が活発です。道路もインフラも建物もよく整備されています。
フィリピンのお金持ちの人たちも住みやすいこの街に集まりお金持ち住宅地帯をどんどん形成していきます。雇用も増えるので底辺にいる人たちの経済水準も上がります。スービックで凶悪犯罪がほとんどないというのもうなずけます。

観光受け入れ態勢が整っているスービック

ズービックサファリでホワイトタイガーと記念撮影する観光客

写真はズービックサファリでホワイトタイガーとの記念撮影する観光客。

アンヘレス・シティでは見かけないがスービックではたまに見かける人々がいます。欧米人女性です。クラーク・アンヘレス地域に欧米人男性はごまんといますが連れ添っているのは皆若いフィリピン人女性ばかり。
スービックでは欧米の単独女性旅行者、中年、若年カップルをたまに見かけます。
欧米の若い女性旅行者たちにとっても魅力的な街だという事になります。
魅力は3つ。街が安全な事。街が綺麗である事。観光客の受け入れ態勢が万全である事。
スービックは日本で言えば神戸ににています。港町であり街がこじんまりしていて、綺麗で雰囲気がおしゃれな事。海岸にはしゃれたヨットハーバーもあります。
この街は日本人にはあまり知られておりませんがアウトドアアクティビティが非常に豊富な街です。
スキューバダイビング、アイランドホッピング、パラセイリング、などのツアーのバラエティーは恐らくセブより豊富です。その他虎やライオンに直接さわる事ができるズービックサファリ、イルカと一緒に泳いだりサメにえさやりできるスービック水族館、山岳オリエンテーションやジップラインで空中を駆け巡るツアーなど満載です。
土日に時間を持て余す事はありません。

アクセス

Keystoneへ留学される学生はマニラ国際空港かクラーク国際空港に集まります。学校側のお出迎えの車でマニラからは3~4時間、クラークからは1時間~1時間30分です。
帰りは見送りはございません。バスで自力で空港まで移動します。
ただ学校側の提携タクシー会社が3,000㌷で空港まで連れて行ってくれます。行きも帰りも移動の不安はないシステムはあります。相場で見てマニラまでの移動タクシー費用3,000㌷は大変安いです。

ITコースを開設

正面の建物はITコース専用に新築された校舎

Keystoneでは2019年9月1日より本格的なITコースを開設始動いたします。午前中はIT関連授業、午後は英語授業を提供するそうです。
Keystoneの校長はマイクロソフトに14年、IBMに4年在籍されていたIT関連エクスパート。
フィリピン地元の大学やインドなどから講師を招くそうです。
又ゲストスピーカーとしてマイクロソフトやアマゾンから専門家を定期的に招く予定との事。
写真の奥の建物は新築されたITコース専用校舎。

本格的なIT教育コースを始動するスービック Keystone

本格的なIT教育コースを始動するスービック Keystone

フィリピンの語学学校Keystoneが2019年9月1日より英語教育と平行した本格的なIT関連コースをスタートいたします
KEYSTONEはマニラ北部150kmのスービック経済特別区にある100人規模の英語学校で現在では台湾、日本、韓国人の学生を中心に英会話を教えています。学校側によりますとITコースの責任者として東京6大学の一校で工学博士号を取得された方がすでに任命されているとの事授業は午前中はIT関連知識取得、午後は英語力訓練のダブルアプローチで進行するそうです。

IT講師としてはフィリピン地元の大学やインドのITエキスパートも招聘するそうです。学校長自らも直接教壇に立って教えるそうです。実はKeystoneの学校長はマイクロソフトやIBMで十数年の勤務経験があるITエキスパートです。学校長によりますと定期的にマイクロソフトやAmazonなどからゲストスピーカーを呼び寄せ講義を行ってもらう予定との事。

右側の建物がKeystoneの教室と寄宿舎、左側が事務所、図書室、ジム、食堂など。一番奥は新築されたITコース専用校舎です。

【Clark:CIP】多国籍数NO.1!フュージョンスクール

2019年4月、Phil Englishの中国チームがCIPアカデミーを訪問しました。最新のキャンパス情報をどうぞ!

どんなところにあるの?

CIPはクラーク国際空港から車で15〜20分、フィリピンの首都マニラから車で2時間の場所に位置します。日本人のほとんどのお客様はマニラ空港を利用します。

学校の門を出てすぐ側はカーメンビルという高級住宅街であり、そこへの入り口が学校のすぐ近くでゲートマンが24時間体制で常駐しているので安全です。また、学校の門を出てすぐ目の前にはトライシクル(3輪車付きバイクタクシー)の待機場所となっておりとても便利です。また、門の目の前をジプニーというローカルバスが通過するのでタイミングが合えば使ってみるのもいい経験になりますね!

学校からトライシクルで約5分の場所にショッピングセンター・ジム・美容サロン・ファーストフード店・カフェなどがあり、平日少し外出したい時にもとても便利です。この辺りでCIPや他校の学生をよく見かけますね^^また、そこから更に10~15分ほど進むと、コリアンタウン(飲食店・マッサージ・病院)やクラーク最大のショッピングセンターSMモール、そして最もこの地域で有名な夜の繁華街バリバゴに行けます。週末はほとんどの学生のみなさんはここへ出かけて羽を伸ばしてます。

特にバリバゴに行くと『ここはフィリピン?』と感じるほど韓国人や欧米人が多く、国際交流の場となっています。この地域は様々な国籍の人と出会えるので英語を実際に使い自分の英語力を確かめるにはとてもいい環境です。

観光客向けのレストランがどこに行っても目を引きますが、もちろんローカルレストランもこの周辺は栄えています。(セブよりも密集してて個人的には行きやすい!)学生同士だとどうしても綺麗な見た目の良い場所を選びがちですが、先生と仲良くなって一緒にローカルを味わうのも一つの楽しみです♪フィリピン人はとてもフレンドリーなので新しい出会いがあるかも^^


ネイティブ講師在籍率NO.1校の授業内容は?

まずはマンツーマンについてご紹介します!

マンツーマンの教室は1部屋づつ区切られていますが、距離感が近いのが苦手な私でも窮屈に感じないほどの十分なスペースです。ちなみにWifiが教室内でも不便なく使えます!

CIPの授業はすべてテキストに沿って進行するので自分のレベルや目的の科目に合わせて買う必要があります。もちろんテキストを使いながらでも自分の要望に沿って講師と相談し内容をアレンジすることができ、問題や要望があればバディティーチャーに気軽に相談できます。また、宿題が講師ごとに与えられ、それとは別に週1回エッセイの提出が課せられます。放課後外出可能ですが、学習面に関してはスパルタよりなのでしっかり勉強と遊びのメリハリがつけられますね!

また、当校の最大の特徴といえば《ネイティブマンツーマン授業

フィリピン留学で学校選定の際に‘’ネイティブ講師がいるところがいいなぁ’’と考えませんでしたか?実はフィリピンの多くの学校はネイティブ講師が在籍していないか、いたとしても1校に1~3人くらいが普通なんです…し・か・しCIPはなんとオーストラリア・カナダ・アメリカなど様々な国の講師が約15名ほど在籍し、フィリピンの語学学校の中でも最多数!そして、他校だとネイティブがいたとしてもグループ授業1時間だけでちょっと物足りない感じですが、ここでは最大時間ネイティブ講師を独り占めできちゃいます‼グループも合わせると5時間なので、ネイティブを求める学生には最高ですね♪講師の在籍数が多いので、発音や表現を磨くために自分に適した講師の選択が可能なことも魅力ですね!他校では選択肢がないですからね^^;

また、祝日にはグループクラスの補講が開かれ、なんとそこでもネイティブ講師の授業に参加できます‼(全生徒対象)

ネイティブ授業を受けたいけど自分のレベルで授業についていけるか不安…と考えている方でもご安心を!当校ではフィリピン講師からライティングや読み書き・ネイティブ講師からは発音やスピーキングの表現力と両講師の特性に合わせて区別している為、フィリピン講師の聞き取りやすい英語でベースを学び、その日のうちにネイティブ講師にアウトプットします。徐々に慣れていき単語つなぎで話していたものが線になりスムーズに英語に慣れていきます。

 

コースに関してはIELTSが一番人気であり、CIPでも力を入れています。
ここでの特徴として言えるのもネイティブの授業が含まれること!IELTSはすべての英語力が点数化されるものなので表現力・発音・語彙力等とても重要になってきます。日常からネイティブの英語に触れられることは強い助力になります。コースによっては、毎日の義務自習・模擬テスト・週末の特別授業もありハードなスケジュールとなっていますが、本気でスコアアップを目指す方には最高の学習環境だと言えます!


学校内の学生の雰囲気はどんな感じ?

『何か国の人がここにいるの?!』これが私の最初の印象。

校内へ足を踏み入れると講師も合わせて国籍数の多さは一目瞭然。様々な学校へ訪問しましたが明らかに雰囲気が違い期待が高まりました!

学生数100名ほどの中規模学校なので、学生や講師達と校内で顔を合わせる率が高く、みんな国籍を交えて団欒しています。ネイティブ講師や他校では会う機会がなかなかない国の学生たちと交流ができるのもCIPの特色だと感じました‼

また、講師と学生の距離感が近いこともあり団結力がすごい!卒業生のお別れパーティーや誕生日、クリスマスなどのイベント時はお店の大半を占めるほどの数が集まります!よく外食に行くとCIPの団体を見かけますが国籍もミックスで集まっているので授業がない日でもいい英語の交流場になってるなと感じます♪せっかくフィリピンまできたからには他国の学生と交流して英語漬けの環境にいたほうがもちろん英語の伸びは変わりますよね?^^

週末のボランティア活動やアクティビティは?

2週間ごとにボランティア活動を行っておりオフィスにて事前に申し込みをすると誰でも参加できます。学校スタッフがクラークの貧しい学校に連れてってくれ、現地の子供たちと交流します。この目的として学生達に‛’勉強したくても夢を持て

いても満足に勉強できない子たちが沢山いるが、それに比べると自分たちは楽で快適な生活をしている。それに気づき考えを改めてもっと努力してほしい‛’という学校側の思いがあります。日本にいるときの『普通』はここフィリピンでは『贅沢』になり、今まで日本で考えもしなかったことがここでは当たり前になります。自分の英語を生かして現地の人たちと交流し、自分の考えを改め直すいい機会になるでしょう。

ボランティア活動のほかには、毎週水曜日にズンバ・木曜日にバスケやバレーなどのスポーツアクティビティが校内の体育館にて行われます。その他校内では卓球・バドミントン・プールの利用もできるので授業の後にスポーツでリフレッシュできます。アクティビティの日以外でも体育館で遊んでいる学生たちをよく見かけます^^

また、月1回学校スタッフと学生全員が参加するアクティビティも開催!ビンゴ大会やスポーツなどを通じてみんなで交流します。月一のみんなの楽しみの日です♪
その他ショートトリップも学校で紹介できます。一人当たり約1500ペソで日帰り旅行を申し込むことができ、学校が車を手配してくれて学校まで学生を迎えに来てくれます。
近くのビーチまでも約2時間弱で行けるので値段もお手頃に気軽に行けます♪


キャンパスの設備とサービスは?

施設:施設は整っていて、プール、フィットネス器具、体育館、卓球場、カフェテリア、キッズスペースなどが揃っています。しかし、学校が設立して12年経つので、設備は少々古いように見えますが、使用に影響はありません

一番の特徴としてはWifi環境が良いこと!他校だとWifiスペースが定められていることがありますが、当校では寮と校舎どこでも快適に繋がります♪
サービス:毎週ジプニーにて買い物ツアーに連れてってくれるのでお財布にやさしいです♪
また、学生全員がオンラインを使用して学校のスケジュールを把握できることもここならではのサービスです。
講師変更について:講師変更は毎週オフィスにて可能です。また、各学生にバディティーチャーが付いており、講師に対する要望や改善点があればいつでも気軽に相談できます。

校内には各国籍ごとにマネージャーがいて、同じ校舎内で生活しているので、授業以外でも何かあればいつでもすぐに相談できます。ちなみに日本人マネージャーは現在2名在籍し、2名ともCIPの卒業生でフィリピン生活も長い方たちなので安心です^^



CIPは様々な国籍だけでなく、キッズからシニアまで幅広い年齢層の方に親しまれる学校です。

学校選定の際に『近い年齢の人がいる学校』『日本人が少なくて国籍が多い学校』『ネイティブがいる学校』『勉強はしっかりしたいけど休暇も楽しみたい』などお客様からのお問い合わせの際に多い声ですがCIPはそんなお客様にピッタリだと思います!

また、弊社クラーク支社はここから徒歩圏内の場所に位置しているのでサポートの準備は万全!学校詳細はもちろん、地域やイベント・おススメスポットなどどこよりも詳しい最新情報をお届けいたします‼

お客様に直接お会いできるのを楽しみにしています^^

フィルイングリッシュで
最新のフィリピン留学情報を
ご確認ください!

Facebook

Youtube