HANA Academy ネイティブ講師インタビュー

フィリピンクラークに2019年4月から新しくスタートしたHANA Academy.フィリピン留学では珍しいネイティブ講師が多数在籍している学校です。そこで、留学生から好評のネイティブ講師へインタビューをしてきました。

HANA Academy ネイティブ講師インタビュー

question: 自己紹介をお願いします。

answer: こんにちは、MIKEと申します。現在は、HANA Academyで講師をしております。少しだけ私の話をするとドイツにある米軍基地で生まれ、世界中いろんなところに行きました。現在は3人の子供がいて一番下は3週間、2番目は6歳、1番上の息子は8歳です。

 

question: なぜフィリピンを選んだのですか?

answer: 以前から仕事を退任した後は、フィリピンに住もうねと奥さんと決めていたので、ここに来ることになりました。現在、奥さんの故郷であるHagonoyに家を建てました。

 

question: どれくらい英語の指導をしています?

answer: 英語を教え始めたのは、韓国にある米軍基地に所属していた時です。コミュニティプログラムで、韓国のローカルスクールや地域コニュニティーの方々に毎週水曜日に英語を教えていました。

 

question: IELTSの専門講師と聞きましたが、どのように指導していますか?

answer: IELTSレベルが初級の人には、なぜ?という理由をしっかり考えるようにと指導しています。IELTSでは異なる単語を使って表現を行うため、同じ質問でも答え方に変化を持たせるように伝えています。IELTSではSpeakingやwritingなどいくつかのパートがありますが、どのパートでもイメージする力が必要なのでその力をつけることが大事だと思います。

 

question: IELTSの技能の中でどの科目が得意ですか?

answer: 専門としてはspeakingとwritingが得意です。学生にどのように伝えると分かりやすいかを常に考えて授業をしています。IELTSテストは国際的な試験で、題材として社会問題や家族のことなど幅広く出題され、学生それぞれの考え方を知ることが出来るので、私自身は指導をしていてとても楽しく感じています。もし、IELTSを受けたことが無い場合は、ESLで英語の基礎を固めてから挑戦するとテスト内容をしっかり理解することが出来ます。

 

question: IELTSを受けるメリットとデメリットを教えて下さい。

IELTSの公認スコアを持つことで、UKやUSAで勉強や仕事をすることが出来ます。また、英語レベルが上がることで、どこに行ってもコミュニケーションをスムーズにとることが出来ます。IELTSは英語学習の第1歩になります。

 

question: 英語を教える上で、気を付けていることは何ですか?

前提として、私は英語を教えることがとても好きです。英語は強い力を持っています。お金を稼ぎたいと思ったとき、英語を話せることで世界中で仕事をすることが出来るようになります。私は、2年間大阪や東京に住んでいましたが、日本人は英語を話せるようになるともっとお金を稼ぐことが出来ると思いました。英語を話すことは、インターナショナルで働くうえでとても重要なものになります。

 

question: 英語を早く上達させるためには何が重要ですか?

answer: 英語を話すことに自信を持つことです。自信を持っている人は、文法や発音が間違っていても何度も挑戦をするので、英語の習得が早くなります。英語は人によって表現方法が違うので、臆せず自分の表現をし続けることが大事です。

HANA Academyでは常時5名以上のネイティブ講師が在籍しています。今回インタビューを受けていただいたMIKEは、学生からの人気が高く学校がスタートしてから20名以上の生徒にIELTSの指導をしています。また、他のネイティブ講師にはケンブリッジ大学を卒業した方や記者として長年働いていた方など、英語のプロフェッショナルが揃っています。AELC(以前の名称)から、勤務している方ばかりなので英語の教育には長けていると思います。フィリピン講師とネイティブ講師では、英語の発音に違いがあるためIELTSやTOEICなどの試験対策を考えているのであれば、ネイティブ講師の授業を1コマでも受講することをおすすめします。今日でHANA Academyのインタビューは最後となります。学校の立地が良くや在籍する講師の英語教育歴が長いのが特徴のHANA Academyへぜひ留学をしてみてください。

 

フィリピンクラーク地域でフィリピン人講師とネイティブ講師の混合教育を行っている『CIP』。
2020年の祝日情報が届きましたのでご案内します。フィリピンの祝日は、フィリピン政府が定めるオフィシャル祝日とクラーク地域の定めるローカル祝日があります。今回のスケジュールはどちらも適用されています。

【祝日一覧】

CIP-HOLIDAY

クラーク国際空港ピックアップ合流地点、各方面移動

クラーク国際空港ピックアップ合流地点、各方面移動 - クラーク国際空港到着口

2019年夏に成田‐クラーク国際空港間の直行便が就航した事により、クラーク国際空港を利用される日本人旅行者や留学生の方々が急増しております。これで日本とクラークを結ぶ航空ラインは従来の関西空港便と合わせ2本となりました。クラーク国際空港はマニラ北90㎞のクラーク・アンヘレス地域位置します。この地域には語学学校も多数運営されております。クラーク国際空港での語学学校スタッフとの合流地点、クラーク国際空港から各エリア、地域への移動方法についてご案内いたします。

国際線出口

クラーク国際空港国際線出口

こちらクラーク国際空港の国際線出口を出た所です。真正面にGrabタクシー受付(緑色のブース)が見えます。

クラーク国際空港国際線出口から左側を見た光景

国際線出口前から左を向いた眺めです。向こう側はタクシー乗り場、バス乗り場です。これからクラーク・アンヘレス地域の語学学校ピックアップ担当スタッフとの合流場所に移動します。まっすぐ進み車が走る広場には踏み出さず屋根の端の下を左折します。

語学学校ピックアップ待ち合わせ場所へ

クラーク国際空港国内線出口と横断歩道

左折して30メートルほど進むと左側に国内線の出口(ブルーの扉)があり、さらに少し進むと右側に横断歩道があります。

横断歩道の向こう側が学校スタッフのピックアップ待ち合わせ場所

横断歩道を渡った所に学校スタッフが待機しております。空港を利用しない一般人は向こうから横断歩道を渡って空港出口付近まで近づく事ができません。ですのでご自身で横断歩道の向こう側まで歩かなければなりません。ここを渡らず左側をさらにまっすぐ行けば国際線・国内線出発口です。

アンヘレス・クラーク各エリアへの移動方法

クラーク国際空港から近隣への移動方法のご案内です。

Grabタクシー

Grabタクシー予約ブース

今フィリピンで利用者が急増しているアプリ配車Grabタクシーの受付ブースです。アプリをあらかじめダウンロードしておかなくても日本の電話番号を告げれば誰でも利用できます。各語学学校、ホテルを含むアンヘレス・クラーク地域の特定場所まで連れて行ってくれます。距離によって料金が変わります。アンヘレス・クラーク内なら150~250ペソ程度。週末は平日より割高になります。朝や夜、深夜はブースが閉鎖されていて営業を行っておりません。

空港タクシー

クラーク国際空港タクシー乗り場

一番便利な移動方法は空港タクシーです。車両の大半は写真のような本物のタクシーではなく一般乗用車かバンです。国際線出口から左に出て70メートルほど歩くと数台停車しております。ただそこまで歩く途中で数名から『タクシー』と勧誘を受けます。タクシー運賃はクラーク・アンヘレスエリア内なら一律500ペソ。Grabの2倍くらいしまがGrabと違い24時間いつでも利用でき、待ち時間ないので便利です。

シャトルバス

DAUバスターミナル行きシャトルバス

空港タクシー乗り場の隣にあるのがシャトルバス。Grabや空港タクシーがどこでも連れて行ってくれるのに対しこちらは停車場が決まっています。アンヘレスの夜の繁華街バリバゴとDAUバスターミナルの2地点です。こちらも夜も運行しております。客が一定数集まるまで待たされるのが難点。運賃はバリバゴまで50ペソ、DAUまで100ペソと最安値です。車内が広くないので大型トランクがなかなか入らないので注意。語学学校やホテルには行ってくれません。

その他遠距離地方への移動方法

マニラ方面への移動

マニラ空港行き長距離バス

クラーク国際空港からマニラに行く直行便が出ています。乗り場はシャトルバスの隣です。
NAIA1‐2‐3というボードがフロントガラスに掲示されております。他地方行きのバスもここで停車していますのでボードの確認が必ず必要です。朝から夜まで1時間毎に出発します。深夜ですと1時間30分~2時間の間隔です。停車場所はマニラ・オルティガスの大型スーパーロビンソン前とマニラ国際空港です。ターミナル1、2、3どこでも連れて行ってくれます。運賃は350ペソ。DAUからマニラですと150ペソ前後ですので少し高いですが、空港からマニラに行かれるのであればこれが一番楽です。

バギオ方面への移動

バギオ長距離バス行きチケット売り場

クラーク国際空港からバギオ市行きの直行バスも出ています。午前8時30分、午後2時、午後5時30分、午後8時の一日4便です。写真はバギオ行き切符売り場。Grabタクシーブースの隣にあります。上記乗車時間のタイミングが合わない場合にはDAUバスターミナルまで移動し、そこでバギオ行きに乗る事になります。

HANA Academy フィリピン人講師にインタビュー

フィリピンクラーク地域にある2019年に新しく生まれ変わった語学学校『HANA Academy』でインタビューを行いました。今回は、HANA Academyのフィリピン人講師の中で一番風格のあるISA先生に伺いました。長らく英語指導をしている彼女だからこそ見える、HANAの良さをご紹介します。

HANA Academy フィリピン人講師にインタビュー

answer: 私の名前はISAと申します。3人の子供がいて、旦那はすでに亡くなってしまったので今はシングルマザーです。現在は一番下の娘と一緒にアンヘルス市内に住んでいます。英語の指導はとても楽しいです。

answer: 今年で7年目になります。最初はクラークにある別の学校で働き始め、その後HANAの前身であるAELCに5年、そして現在のHANA Academyとなります。

answer: カリキュラムなどが全て変わるので、慣れるまでとても大変でした。これから、もっと改善していい学校にしたいです。各講師陣がそれぞれサポートしてくれるので、少しずつ変わっていると思います。

answer: 多くの学生が、フィリピン人講師がとても親切で寛容なので、恐れることなく会話することが出来ると言ってくれています。ネイティブ講師もいいですが、発音が早かったり単語が難しかったりして時々ついていけないことがるようです。なので、HANAではフィリピン人講師とネイティブ講師両方の授業が組まれているのは、強みだと思います。

answer: 私の専門はESLですが、IELTSのリスニングとスピーキングも指導するができます。IELTSなどを受講する生徒は、初めにESLで英語の基礎を固めないといけません。なので、最初ESLで基礎を固めてから試験対策コースに変更することがおすすめです。

answer: 最初の英語レベルで変わると思います。英語レベルが初心者の場合は長い時間が必要となりますし、基礎ができている人はすぐにコースを変えても問題はありません。

answer: 全部が思い出です。生徒はすべて家族だと思っているので、選ぶことはできません。私は、生徒にとって先生、お姉さん、叔母、おばあちゃん、お母さんと様々な役割を担っています。授業の中では、楽しい話からプライベートな話までいろいろとするので、生徒が卒業していくときには涙が溢れてしまいます。卒業後もFacebookなどを使って連絡を取りあっていて、先日もモンゴル人の学生とチャットをしました。私の授業では、学生が心地よい雰囲気でリラックスできるように心がけています。

answer: 数えきれないほどです。壁にたくさんの手紙が張られていますが、これは一部で家にたくさん保管してあります。この部屋には収まりきらない量だと思います。たまに、手紙を引っ張り出してそれぞれの生徒のことを考えたりしています。

answer: 授業の中では、教科書を使いますがそれ以外にフリートークの時間を設けています。これまでの人生で体験したことややってみたいことなど学生の言葉で伝えてもらうことを大切にしています。なので、プライベートに関する質問を投げかけています。でも、その時には相手の背景をしっかり見極める必要で、以前家族についての質問をしたときに辛くて泣きだした学生がいました。後から話を聞くと、彼女の両親は離婚していたので、良い思い出が無く悲しい過去を思い出してしまったけど、伝えることが出来なかったと言っていました。このような経験は1回だけですが、気を付けないといけないと気付かされました。今では学生のレベルに合わせて、質問内容を変えるように心がけています。

answer: 英語を使って会話をすることが秘訣だと思います。授業内では英語を使って一生懸命会話にチャレンジしますが、ドミトリーに戻ると母国語を使ってしまう人が多いので、フィリピンに英語を学びに来ている以上は常に英語を使う環境にしたらいいと思います。帰国後は、英語の動画を見て発音や文法を学んでください。特にディズニー映画は、シンプルな表現が多いのでおすすめします。

Teacher ISAありがとうございました。

4月から私(筆者)は、HANA Schoolへ通っておりISA先生の授業を取っておりました。英語の文法や発音が間違っている時はしっかりと訂正し、どんな時も最後まで私の話を理解しようとしてくれました。フリートークのトピックも幅広く、世界中で起きている問題や私や先生の家族の話など英語以外での知識が増えたのは先生のおかげです。お母さんや親戚のおばさんのような優しく包み込むような雰囲気の方なので、ぜひHANAへ入学される方は関わりを持ってみてください。

 

HANA Academyオーナーへインタビュー

フィリピンクラーク地域にある語学学校『HANA Academy』。2008年に設立されたAELCが今年から名称を変更しスタートしました。高いスキルを持つネイティブ講師と広い心を持ったフィリピン講師が在籍し、楽しみながら英語を学ぶことが出来ます。さて、今日は学校長のMr.Bryanにインタビューをしてきました。

HANA Academyオーナーへインタビュー

answer: 私の名前はBryanです。フィリピンで教育関係の仕事を始めて今年で10年目になります。休暇で初めてフィリピンに来て、とてもリラックスしている雰囲気が気に入りそのままここにいることにしました。

answer: HANA Academyでは、ローシーズン(5月~6月、9月~11月)に講師のトレーニングを実施しています。教育に精通するネイティブ講師がフィリピン人講師に対して、IELTSや幼稚英語教育など多岐に渡って指導します。それにより講師のレベルを向上させ、より学生が分かりやすい授業を提供しています。

answer: 多数のネイティブ講師が在籍しており、Mr.Philは7年、Mr.Brianは2008年からずっと働いてます。また、Mr.Phole Bは5年、Mr.Tedは8~9年間働いて、ここにいるネイティブ講師は長期で在籍しており英語教育に関しては専門的な方ばかりです。フィリピン人講師は15~30名と時期によってばらつきがあります。

answer: まず、ネイティブ講師の授業を受けて欲しいのはintermediaレベル以上の英語力がある人です。なぜなら、英語初心者や子供たちは彼らの言葉を理解できないので、発言することに躊躇してしまいます。発音や会話上達がネイティブ講師の強みなので、発音ができないと授業を取るメリットがありません。逆に、フィリピン人講師はとても親切で寛大な心を持っているので、話するまで根気強く待ってくれます。間違った時も優しく指摘してくれるので、英語に対する不安を取り除くことが出来ます。
HANAのネイティブ講師であるMr.Brianは、授業を通して学生が間違った表現や文法を書き留め授業終了後に学生にメモと一緒に渡しています。ネイティブ講師でここまでする人は少ないので、授業を受けるならおすすめです。

answer: 5つのESL、TOEIC、IELTS、Juniorコースがあります。Juniorコースは、小学校1~6年生が対象となります。それ以下の子供は学校近くにある幼稚園(KIA)に通うこともできます。現在通っている子供がいますが、とても楽しそうに過ごしています。お子様を預けることが出来るので、保護者も安心して勉強に励むことが出来ます。

時期にもよりますが、IELTSコースが一番人気があります。IELTSを担当している講師は専門的な方が多く、Mr.Philはケンブリッジ大学の出身で、IELTSスコア取得について勉強していました。そのため、講師トレーニングにも携わっています。Mr.Brianはカナダ出身で元々ジャーナリストをしていたので、ライティングが専門です。

answer: 2パターンに分かれます。夕食後にオプションで行っているイブニングクラスへ参加する人と外へ出かける人がいます。イブニングクラスでは、ボキャブラリーの勉強をします。HANAの近くには、日本料理店やファストフード店、コンビニエンスストアがありとても便利な場所です。向かいにあるモールでは、キックボクシングやヨガクラスが行われていて、ボクシングは1時間200ペソで参加可能です。学校の裏には、20人が同時に出来るゴルフの打ちっぱなしがあり、使用料金は1ヶ月500ペソとなります。インストラクターを付けるレッスンは毎日受けるコースは1ヶ月10,000ペソ、週3日だと6,000ペソとなります。学生はそれぞれ自由に過ごしています。

HANA Academyオーナーへインタビュー

壁に張り出されていた告知の写真

answer: ローシーズンは学生の数が少なるので、ジュニア生徒を対象に「ズンバダンス」「図工クラブ」「発音クラス」「絵画クラス」「チェス」「数学」を実習予定です。まだお試しの段階なので、生徒の反応を見て3~4つに絞り通常授業に組み込んでいきます。子供たちにとってグループクラスは、退屈なことが多いので他のアクティビティが必要と思い始めることにしました。5時限目に実施を予定しています。

answer: 僕としては、IELTSテストセンターにしたいと思っています。HANAに居る講師はIELTSに精通している方ばかりなので、20~30名の生徒が常に在籍するような状況まで持っていきたいです。またJuniorコースにも力を入れているで、増やしていきたいです。

Mr.Bryanお忙しいなか、対応いただきありがとうございました。

“新しく始まったばかりで、学生数は多くありませんが生徒のために日々学校を改善していると感じました。校内には子どもたちの笑い声や歌声が響き渡り、とても雰囲気の良い学校です。韓国・中国・台湾・日本の子供が一緒にグループクラスを受けており、大人よりも仲良くなるのが早いな~と感心させられました。この環境内では子供は大人と比べて、英語取得も早いのではないかと思います。子供と一緒に伸び伸び英語を学びたい方にはおすすめな学校です。また、ネイティブ講師は面白い経歴を持っている方ばかりで、英語学習以外でも学びがあるかもしれません。フィリピンに来て英語を学ぶのは当たり前ですが、それ以外の世界のことを知ることでワールドワイドな視点を身につけることが出来ます。好奇心が旺盛な高校生や大学生にはきっと良い機会になるでしょう。生徒のことを想って学校運営をしている学校で、困った時にはすぐに対応してくれるスタッフがいますので安心して留学生活を送ることが出来ます。ぜひ、HANA Academyへ留学してみてください☆”

 

親子留学の留学生へインタビュー

こんにちは。今回はHANA Academyにお子様と1カ月滞在中の日本人留学生にインタビューをしてきました!HANA Academyは旧AELCから生まれ変わり初の日本人親子の留学生となります!『ネイティブ講師多数』『幼児と一緒に留学できる』学校と言われていますが実際どうなのでしょうか…

親子留学の留学生へインタビュー

女性/40代
General ESL/4weeks
4歳のお子様と親子留学

answer: 実は1回目の単身留学で旧AELCに行っていたんです。教師も何人か知っていて今もAELCの教師がいると聞いていたのでそれもありここに決めました。授業内容としては以前使っていた教科書がまだ途中だったので使っていいか聞いたら大丈夫と言われたのでそれを使ったりしてます。まだ学校ができたばかりなので結構融通が利きますね。笑授業の間は子供も近くの幼稚園に預けているので勉強に集中できますし、子供もかなり人見知りだけど幼稚園で楽しくやっているようなので問題はないです。

海外の人から『日本語を習うなら絶対母国語の日本人から習う』
というのを聞いて、
『そっか、じゃあ英語習うならネイティブか』って思ったんです。笑

実際思ったのは、フィリピン教師の方が教え方が丁寧!フィリピン人たちも英語を勉強してきたので、ネイティブよりか疑問に対しての言い回しは分かりやすいなと思います。あとは発音も聞き取りやすい!

ネイティブの先生は流暢すぎるから分からないこともありますが、その時はゆっくり話してくれたり親切です。たまにグループ授業で分かんなそうにしてたらスキップされたりしますけど。笑

親子留学の留学生へインタビュー

▲ 学校から徒歩3分にあるKIA Kindergarten

私の時間割の構成だと授業間の空きクラスがなくて1限目の8時半から7限目まで通しなんです。だから15時~17時まではフリーなので子供が帰ってくるまでに宿題やったり疲れて仮眠したりしてますね。仮眠した時は夜子供にYoutube見てもらってその間勉強してます。笑
私はたまたまこの時間割だったけど、週1回授業編成の変更できるので人によって生活リズムに合ったスケジュールが組めると思います。

日本ではクリスマスなどのイベント時に外国人の方たちと集まってパーティーとかはしてたので子供も何度か交流の場には連れて行ってたんですけど人見知り過ぎて全然馴染めてなかったですね…。だけど、こっちの幼稚園では楽しくしているようで、寮に帰ってきてから幼稚園で踊った曲をスマホで自分で検索して踊ったりしてますね!笑
あとは園長先生が大好き!韓国人の園長先生で少し日本語を話せるみたいです。子供は英語全く話せないけど楽しんでるので言葉や国籍は問題ないですね!

      

親子留学の留学生へインタビュー

▲ 校舎と寮の間のリラックススペース

1階にフリースペースと自習室があってその面は問題に感じません。しゃべりたい人はフリースペース、勉強したい人は自習室に固まっているのでそれぞれのスタイルでちゃんと分かれていますし、生活の中で子供たちがマナーが悪いという感じもありません。子供たちも結構自習室で勉強してるのを見かけますね。

施設に関しては寮も校舎も特に雨漏りがあったり清掃が行き届いてないなどはないです。他の人のクレーム等も聞かないですね。校長もマネージャーもとても親切なのでなにかあった時は伝えればすぐに動いてくれると思います。

その後HANA Academyの校長Mr.Bryanにも会い少しお話をさせていただきました。

彼は『これがインタビューした学生の子供だよ!』と写真や動画を楽しそうに見せてくれました。校長自身も低学年のお子様がいるので子供が大好きです。お話を伺う前に彼をいろんな場所で見かけましたがすれ違う学生や教師たちと笑顔で挨拶を交わし親近感があるように見えます。また、問題に関しても教師やマネージャーと話し自身が動いている姿を見て❛❛校長もマネージャーもとても親切なのでなにかあった時は伝えればすぐに動いてくれる❜❜とインタビューの時に聞いた話を思い出し、こういう面が信頼や学校の成長に繋がっていると感じました。『施設面やルールを変えていく必要がある』と課題がまだあるようでしたが、今も徐々に新しい取り組みを行なっており常に変化が見られます。HANA Academyの成長を開校から見ている私たちはまだまだ今後に期待をしており応援しています!

 

ヘッドティチャーにインタビュー!

フィリピンで2校を運営するHELP,今回はその中のHELP Clarkキャンパスへベトナムチームが訪問しました。HELPは創業20年以上に渡り運営しており、フィリピンの語学学校の中では先駆者的な老舗の学校です。その中で10年以上務めるヘッド教師に今回はお話を伺ってきました。

 

Q.こんにちは。今回は先生の話が聞けて嬉しく思います。まずは自己紹介をお願いします。

【HELP Clark】ヘッドティチャーにインタビュー!

パトリック氏とベトナムスタッフ

 

Q.現在何人の教師が在籍していますか?また、教師を採用する際の基準を教えて下さい。

 

当校の教師になる為には3つの基準をクリアしなくてはなりません。まず最初に最低基準として英語または教育学を専攻する大学を卒業していることが求められます。その後、資格を持つ人達の履歴書を基に書類選考を行い、外国人に英語を教えた経験のある有力者から優先順位をつけ人数を絞ります。最後に書類選考を通過した候補者は、学生への教え方・授業の進行方法・コミュニケーション方法など2週間私が直接訓練し、そこで合格とみなされた方が晴れて教師として採用されます。

 

Q.コースが沢山ありますが、どのコースが最も学生から支持されていますか?また、そのコースの   特徴を教えて下さい。

毎日語彙テストや特別授業なども正規授業以外に受けるので、当コースを受ける初級レベルの学生は早く上達します。

 

Q.ヘッドティチャーにとって一番難しいことは何ですか?

2つ目を挙げると、レベルテストを誠実に行っていない学生が残念ながら少なくはないことです。このテストによって私たちはレベル分けをし、学生のレベルに合ったテキストを配布しますが、レベルテストが実力でなかった場合、後日カリキュラムの変更を行なう必要があります。また、毎月テストを行なっても誠実に行なってない場合自分がどれだけ成果が出ているのかが確認できません。このテストで一人一人の弱点や向上の評価を行い以降の授業内容に繋げるものなので、投げ出さずに自分の100%の力で受けてくれることを願います。私たちはあなたのレベルアップの手助けをしたいのでフィリピンに来る前の英語を上達させたいという気持ちを忘れないでほしいです。

 

Q.ジュニア学生とあなたとの思い出に残るエピソードはなんですか?

 

Q.ジュニア学生に英語を教える上で注意すべき点・心得てる点はなんですか?

校内で遊ぶ学生達

 

今回ご協力いただいたHELP Clark校とパトリック先生、ご協力ありがとうございました!

フィルイングリッシュでは定期的に様々な学校へ訪問しております。次回の更新をお楽しみに♪


オフシーズンキャンペーン!

ネイティブマンツーマン授業を専門とし短期留学や親子留学に人気の高いクラークのHANA Academyでキャンペーンを実施します!

【対象】
2019年8月31日~2020年1月4日に留学期間が該当する方

【内容】
週50ドルの授業料 + 寮費割引‼

※ また、当校では1週間の短期留学の方はSSP費用(約14,000円)を学校が負担致します!(キャンペーン以外で常時)

▽学校詳細はコチラ

HANA Academy

期間限定キャンペーン!!

ネイティブが多数在籍し様々な国籍が集まるインターナショナルの代表校CIP。ただいま期間限定で様々なキャンペーンを実施しております!

【期間】

7月1日~9月30日までにご登録の方

【内容】

    ①学費割引キャンペーン:50ドル〜250ドル割引!【※資料参照】
    ②TOEICスパルタコース限定キャンペーン:公認試験費用1回無料!
    ③長期割引パッケージキャンペーン:学費割引+公認試験費用1回無料!【※資料参照】
    ④年末年始キャンペーン:最大200ドル割引!【※資料参照】

【対象】

    ①学費割引キャンペーン:8週間以上の方【ESLライトコース以外の全て】
    ②TOEICスパルタコース限定キャンペーン:8週間以上の方【TOEICスパルタコース】
    ③長期割引パッケージキャンペーン:ESL(4週以上) + TOEIC/IELTSスパルタコース(12週以上)の方
    ④年末年始キャンペーン:4週以上の登録で、滞在期間が12月23日~1月3日が留学期間に含まれる方【※資料参照】

【注意事項】

    ①・②・④のキャンペーンは併用可能
    ③は他キャンペーンと併用不可

 

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku