設定するパスワードをここに記載して下さい。

フィルイングリッシュのお客様の声

こちらのページは、実際にフィリピン留学を体験された生の声を掲載しております。

 

上記の内容をご記入いただけると大変うれしく思います。
また、こちらで記入頂いた内容を真摯に受け止め、場合によっては学校へ改善を求めることもあります。

本ページは、卒業生が入力できるようにパスワードを設定しています。弊社までお問い合わせください。

 
 



2019/12/09

Image

名前: K

留学期間: 4週間

留学コース: ESL Standard

件名: CIP(Clark institute of the Philippines)

Q.どのよう理由でフィリピン留学や学校を決めましたか?

フィリピン留学を決めた理由:
個人的に英語学習がとても好きなので、長時間英語学習だけできるフィリピン留学に興味がありました。日々英語学習はしていましたが、日常/仕事でも使う機会が無く、一度英語習得に専念するため留学を決めました。時期は乾季、学生少ない、祝日のない4週間を狙って行きました。

学校選びのポイント:
私の場合は、次の3点から選びました。
1.マニラから行けること 2. ネイティブの先生がいること 3.食事/寮の口コミ
理由は以下の通りです。
1.> 私の居住地からだと費用が抑えられるので。
2.> 発音/ネイティブの表現を学びたかったので。
3.>1ヶ月ですが、食事と寮は口コミがひどくないとこにしました。

Q.学校についていかがでしたか?(食事・施設・講師やスタッフの対応等…)

他の学校にいたことがないので自分の期待度との比較になります。

<食事> 5点中3点
ブッフェスタイルで、フィリピン料理/和食/韓国料理/不明なメニューが1出てきました。2週目までは食べれましたが3週目で食べるのが辛くなりました。ほぼ全てが甘くて脂っこくて味が濃いです。昼と夜にほぼ揚げ物がでます。もしくは全てのメニューが炭水化物です。サラダのドレッシングも甘いです。毎回あの食事をしていたら健康に悪いと思います。美味しいといってる日本人の方もいたので、人によるとは思います。
2週間に一回くらい美味しい食事がでるのと、朝ごはんのパンはやたら美味しかったです。電子レンジ、お湯は使えます。

<施設>5点中3点
綺麗ではないです。部屋で食べたりしないように注意してましたが、ゴキブリもアリも蚊もでました。私の部屋は二人部屋を一人で使えていたので広くてそこは快適でした。ただ、部屋がカビ臭くそれはなれませんでした。
週に2回掃除してくれます。洗濯はサービスもありますが自分でやったほうが早いので私は自力でやってました。停電もたまにありますが、ネットも部屋で問題なく使えてました。
日本と比べなければ生活するのは問題ないと思います。

<講師> 5点中4点

フィリピン人講師:
どの先生も基本的にフレンドリーで楽しく授業ができました。
ただ、表現や文法でわからないことがあって質問すると、ネイティブの先生と異なる答えだったりしました。発音やイントネーションも先生によります。私は全部が正しいとは思わないで、自分で調べるようにしてました。(例えば、「下痢」は「diarrhea」と言いますが、この表現はネイティブ的にはダイレクトすぎるみたいです。)

ネイティブ講師:
人によります。私に合わせた教材を用意してくれる先生もいれば、とくに授業の用意をしない先生もいました。私は表現、発音を知りたかったのでそれは勉強になりました。

<スタッフ> 5点中5点
私がいた間は3名の日本人スタッフの方がいました。みなさんとても親切で、問い合わせにもすぐに対応してくれました。

<学校周りの環境> 5点中4点
いくつかショッピングモールがあります。出かける場所もバス等で移動すれば、火山やビーチやプール等あります。移動はトライシクルかジプニーです。
学校からショッピングモールへのバス?も日替わりででています。
遊びも楽しみたいならセブの方が良いと思います。
私は短期だったので、英語学習に集中したく、また、お金使いたくなかったのでちょうどいい何もなさでした。

Q.実際に留学してみて学校・フィリピンに対する感想は?

良い点:アメリカへも1ヶ月間留学していましたが、生活費等含めると費用は3分の1、話す時間は3倍はありました。そういう意味では費用対効果はかなりあると思います。学費はもちろんですが、CIPの場合は周りにあまり何もなく、勉強することに専念できます。4週間しかいませんでしたが、先生と遊びにいく機会もありました。目的とやりたいことが明確だとそれに合わせて授業をアレンジしてくれます。私はワーホリに行くのがきまってたのでCV見てもらったり、面接の時に聞かれることとか教えてもらったりしました。

悪い点:ネイティブの先生、フィリピン人の先生共通ですが、話すスピードもゆっくり、日本/韓国/中国/ベトナム/モンゴル等のアクセントに慣れきっている先生ばかりなので、文章がめちゃくちゃでもこちらの意図も汲み取ってくれてしまいます。(おかげで楽しく会話できるのですが・・・)
中上級以上であればESLコースは物足りなく感じると思います。目的によって期間/コースは検討してください。

あったらよかった/あってよかったもの
・ビタミン剤
・お魚ソーセージ等のすぐに食べれるもの
・お気に入りのドレッシング
・ゴキキャップ

Q留学前の自分と変わった点は何ですか?

<勉強面>
事前のレベルチェックテストの結果:S/5 W/5 R/6 L/5
4週間後のテストの結果:S/5 W/6 R/7 L/7
(※10段階中)
スピーキングを伸ばすためにきましたが、テスト上は結果的には変化なしです。
さらにその後フィリピン国内を旅行してネイティブの方と話す機会もありましたがびっくりするほど聞き取れない/話せませんでした。
先生の英語の聞き取りやすさ、静かな環境でマンツーマンやグループレッスンで会話するのと外の環境はまるで違います。他の日本人生徒さんとも話しましたがやはり日本人はスピーキングが苦手なようです・・・。

<マインド面>
わかってはいましたが、やはりフィリピンに来て勉強するからといって英語が話せるようになるわけではない、自分でどれだけやるかが大切だということを改めて痛感しました。やってる人は、やってます。
学校と外の環境はまるで違いますが、それは実戦で慣れるしかないのかなと思います。
それから、英語を勉強していて、やっぱり英語好きだな!と思える環境でした。
話せない悔しさと、英語を学ぶ喜びを忘れずに頑張ろうと思えるようになりました。

Q.今後フィリピン留学を検討している方達にメッセージをお願いします!

私の場合は以下のような英語力、計画でフィリピン留学を決めました。
・英語字幕ありで洋画をみれば7-8割話を理解できる
・ネイティブとも1対1なら会話可能
・ネイティブ複数と話してて急に話し振られると答えられない
・仕事上、メールは非ネイティブとなら英語でやりとりしていた(電話もたまに)
・英語圏へワーホリにいくことが決まっている
・将来的にも英語環境で働くキャリアプラン

このレベルですが、先生のいってることは8-9割くらい理解できました。
前述してますがスピーキング能力は特にあがりませんでしたが、ESLの4週間は、話す準備運動的なものにはなると思います。
日常会話はできる・ワーホリに行く予定で英語になれておきたいという目的なら良いかもです。ただ、それに20万円程度使うのは良いのか微妙なところです。私は英語学習自体が好きなのでとても充実した4週間になりました。
まったく英語を話せない生徒さんもいますが、それでも楽しく授業ができてます。フィリピーノの人柄のおかげだと思います。
CIPは、IELTSや子供向け等のコースもあり、目的やレベルに合わせて英語を学ぶことができます。
あと個人的には、単純に英語が好きというのも留学の目的になると思っています。時間とお金があれば是非チャレンジしてみてください!


2019/12/08

Image

名前: Y

留学期間: 8weeks

留学コース: Power ESL

件名: Pines

Q.どのような理由でフィリピン留学や学校を決めましたか?
数年前にワーキングホリデー経験があり、もう一度しっかりと英語の勉強、特にスピーキングを伸ばしたかったのでマンツーマンの授業が受けられるフィリピン、さらに勉強に集中できる環境のバギオを選びました。
Pinesに決めたのは以前通っていた友人からバギオの中でも先生の質が高く、学生も落ち着いていると聞いたため。他の学校と迷いましたがカリキュラムがより自分の理想に近いと感じたため。

 Q.学校についていかがでしたか?(食事・施設・講師やスタッフの対応等…)
校舎が新しいと聞いていたが、移転しただけで新築というわけではありませんでしたが、設備は整っている方だと思うので全く問題ありません。カフェ、レストラン、コリアンマート、ATMは施設内にあり、学校の近くにセブンイレブンやレストラン、カフェなどもあります。
6人部屋も写真通りで、広く、個人のスペースがきちんと定められているので散らかることもなく快適に過ごせています。
また停電も一瞬経験しただけで、全く使えなくなるということはありませんでした。Wi-Fiは動画が問題なく見られる時と繋がらない時間帯がありますが弱いのは仕方がないので割りきっています。お湯が出なかったり、トイレが詰まったりということも一度もないです。

授業は学校独自の教科書に沿って行いますが、1on1の授業は自分でアレンジすることができます。先生は生徒の弱点にフォーカスした指導方法や授業運営の仕方を熟知している印象です。私は全ての授業でいい先生に巡り会えたと思っています。一度pinesを辞めてから他の学校を経験して戻ってきた先生などもおり、先生達にとってもやりがいある環境なのだと思います。

入学して最初の月曜日にテストがあり、そこでレベル分けされます。新入生のグループクラスは新入生のみで構成されます。レベルが合わないと感じたら2週間後に任意のテストを受けて合格すればレベルアップができます。1ヶ月後のテストは自動的にレベルアップできるらしいです。ただ飛び級も大いにありえるので、いきなりチャピスキャンパスに移動になることもあります。現在メインキャンパスは初級、中級レベルのみですが、来年4,5月くらいからESLコースは全レベルメインキャンパス、テストコースはチャピスに変更を検討しているらしいです。正直、生徒数が多く教室が足りておらず、ダイニングホールや大教室を仕切って授業をしているクラスもあるそうです。フロントにクレームすれば対応してもらえるみたいです。

食事には満足していますが、入学当初は生野菜が合いませんでした。バギオは山の上にあるので鮮度が少し落ちると先生が言っていました。基本的にはチキンが多く、たまにお好み焼き、天ぷらなど日本風のものが出ます。おかずはspicyとnot spicyの2パターン用意されているので、他の学校ではありがちな、食事が辛くて食べられないということはありません。

 Q.実際に留学してみて学校・フィリピンに対する感想は?
バギオは過ごしやすい気候です。他の地域より治安も良く、以前セブ留学時には治安の問題から徒歩での移動やジプニーに乗ることが禁止されていたり、タクシーメーターをいちいち確認するなどの必要があったのですが、全く必要ないのがいい意味で驚きでした。
ただ基本的に渋滞が酷く、ホリデーシーズンは毎週日曜日にバギオのメインロードが封鎖されてイベントが行われるので、ジプニーやタクシーを捕まえるのに苦労することも多くありました。

国籍比率は韓国3:日本3:中国、台湾3:ベトナム、モンゴル、その他1とのこと。
どうしても同じ国籍同士で固まりがちですが、学校生活を通して特に日本人生徒は真面目に勉強しに来ている方が多いのか自ら英語環境を作っている方が多い印象です。
もちろん日本人だけではなく土日や平日の授業の後、自習している生徒も多くいますし、夜遅くまで勉強しているルームメイト達の姿に刺激を受けることもありました。

ほぼいないと思うのですが、自力で学校へ向かうか検討している方へ情報をシェアできればと思います。
私はクラーク国際空港から市内で一泊、翌日(土曜日)バスターミナルからバギオ行きのバスで学校まで自力で行きました。DAUまではトライシクルで100ペソ(外国人価格)。ターミナルに着いてすぐに呼び込みの人が行き先を確認してバスを教えてくれたのですが、スーツケースを勝手に運ばれてしっかりチップを取られたのが唯一の失敗です。バス内で料金徴収があります。324ペソ、途中休憩や乗り降りがあったので6時間位かかりました。SMバギオの近くで降りてそこからタクシーで15分くらいで着きます。自分のペースで行きたい方にはおすすめです。


2019/12/07

名前: Sydney

期間: 5weeks

コース: Intensive English

件名: CPI

オーストラリア1年留学後にスピーキングを更に伸ばすためにフィリピン短期留学を決めました。
ネットでの情報、知人の紹介もあり、CPIに即決。

良かった点

マンツーマンの授業が多いため、スピーキング強化は十分に図れる
自由に自分の強化したいところを設定できる

少人数グループでは周りの留学生と意見を言ったり聞いたりするため、質が高い

悪かった点

食事がブッフェタイプで食事数が多いと聞いていたが、実際はそうでもなく、質が低い…。
朝食に関しては、米の他に茹で卵、ソーセージ、レタスのみだけだったり…。

大人数グループの講師はネイティブと聞いていたが、実際はネイティブではなく、フィリピン人の講師であった。
その上、大人数のクラス分けが入学試験の成績を元にせずに、振り分けられている為、生徒のレベルの差が大きい。
それ故に、授業内容のレベルが低すぎて、意味を感じない。

結論

マンツーマン授業、小グループ授業の質を考えると、欠点を含めても良い学校だなと思います。


2019/12/07

名前:

期間: 1週間

コース: スパルタ

件名: CNN Quezon city

 Q.どのよう理由でフィリピン留学や学校を決めましたか?
フィリピンの方はフレンドリーだと聞いていたのと値段です。
CNNの講師は素晴らしいと言う学校の広告。フィリピンでも安全な地域、沢山の学校がある場所だと言う事。30代40代も留学している学校だと言う事。

 Q.学校についていかがでしたか?(食事・施設・講師やスタッフの対応等…)
送迎の車について。
時間通りにドミトリーから学校へ車が出発しますし、学校からドミトリーに戻る時、私が遅くなりました。でもギリギリまで待っていてくれました。

施設について
学校は普通の学校です。クーラーも最強に利いていますが、個室の換気扇を止めたらいいだけですし何の問題もありません。

ドミトリーの部屋ですが、、、、こういうものだと理解していたので本当に不満はありません。
食事ですが、私は大満足です。何十人分も作るドミトリーの料理でしたが大変美味しかったです。不満を言っている人に言ってあげたい。食べられるだけ幸せだと思え。自分で料理をしたこともないくせに作って頂いた料理に文句を言うな。です。
味の好みはあって仕方のないことです、育った環境が違うから。
洗濯も毎日して貰えるし、勉強だけしていい環境にいられるのはとても幸せな事でした。

講師やスタッフですが、最高です。私は出発前にYouTubeで他の学校の授業風景を見たことがありましたが、つまらなそうでした。CNNの講師やスタッフは私の英語を理解してくれて自信がつきました。
真摯な態度で私の英語を聞き取ろうとしてくれます。素晴らしい講師スタッフ達でした。

 Q.実際に留学してみて学校・フィリピンに対する感想は?
フィリピン、CNN大 大 大 大好きです。

 Q留学前の自分と変わった点は何ですか?
コミュニケーションをとる時、自分の話している言葉について相手にスムーズに伝わるように考えるようになりました。

 Q.今後フィリピン留学を検討している方達にメッセージをお願いします!
悩んでいる時間はもったいないよ!CNN良かったよ!


2019/11/19

Image

名前: 杉山俊輔

留学期間: 8週間

留学コース: マンツーマン4コマグループ2コマ

件名: We academy

Q.どのよう理由でフィリピン留学や学校を決めましたか?
>
マンツーマン環境で学びたかったのと一人部屋で格安だから。
>  Q.学校についていかがでしたか?(食事・施設・講師やスタッフの対応等…)
> 料理 韓国料理、油物が多く汁物はしょっぱくて飲めたものではありません。私は韓国料理を日頃から毎日食していたので辛さや味付けは全く苦ではありませんが、フィリピン風韓国料理で美味しくないので、基本大盛りライス、大盛りキムチ、野菜を食べていました。足りない場合は近くの韓国スーパー、韓国料理、カフェで間食していました。
多くの日本人は食後にファストフード店や近くのスーパーで間食していました。
個人的に2回しか出ていませんが、キムチチゲと偽サムギョプサル、偽ポッサム付属の生唐辛子が大好きでした。ただ、コスパで考えてみると割り切れる範囲です。
日本人の方は、ふりかけ数種類と味噌汁があると飽きないと思います。

>施設
書いてあった通り新築で、清潔で大満足です。
ただ、何も部屋で食べていないのに大量のアリが出るので経路を探ってみたら、エアコン設置部分のわずかな隙間から入って来ていました。以後殺虫剤で対応。後ウォーターサーバーが一回にしかなく取りに行くのがとても面倒だしカップラーメンを作る際はぬるすぎるので、ケトルを買って水道水を温め韓国スーパーで買った麦茶やコーン茶を作っていました。15パック入って100ペソなのでおススメ!
私は一度もお腹を壊しませんでしたが、日本人は基本的にミネラルウオーターを購入していました。
ジムやプールもあり満足です。←プールは11月から使えるそうです。なんのアナウンスもないので帰る直前までしりませんでした。
自習室は、日本人が75%いる学校だからなのかずっと日本語が聞こえてくるのが苦痛だったので、食事以外では利用せず。小さい4人掛けのテーブルは、生徒が物を置きっぱなしにするので指定席になっていて座る席はほとんど選択できません。

>講師
私は、最初に割り振りされた講師の質が高く2人しかチェンジしていません。男性講師は、何かしら欠点がある方多かったです。基本的にこの価格でこの質の講師が揃うのはすごいと思いました。
ただ、合う合わないはその人の性格次第です。フィリピンは、発音が〜と言われますが、ビギナーの方は気にならないと思います。
私と同時期に入ってきたRCという先生が、特にすごかったです。発音の授業のはずが、グラマー、スピーキング、ライティング等全て教えてくれました。
この先生は、他校でへッドティーチャーをしていたり、IELTSの講師免許を持っているので初心者、ハイレベルなんでも行けます。そして、韓国語も話せます。

良い先生が独立の為途中辞めてしまい良い先生を探すのが大変でした。
講師歴の短い講師が3割くらいいて、ビギナーには不評の先生が多かったのと、担任が休んだ場合のサブクラスの先生は基本的には、人気のない暇な先生が一方的なカンバッセーションをする場合がほとんどなので、サブクラスは、断り担当の先生にmake upしてもらうのがオススメです。
講師の交代ですが、毎週木曜日にくじを引き番号順に希望を出せますが、変更数に上限がないので6番くらいまでの番号を引けないと終了。見積もりの際、途中でコマ数を増やしたい旨を伝えましたが、学校とやら取りしてくれとのことでしたが、良い番号を引けなかったので無理でした。ベトナム人や中国人は身内同士で交換していました。
色々な先生と講師チェンジについて話しましたが、システムに問題あり。スタッフ欄で詳しく書きますが中国語が話せるのと少しの賄賂があれはいつでも変更可能です。

>スタッフ
現地スタッフのヘルパーさんは、みんないい人です。
はっきり言いますが事務所は、最悪です。きっとフィリピンで一番最悪じゃないかと思います。
日本人が大量におり自習質で日本語ばかり話しているので途中から、形だけEOPが設定されましたが事務所が機能していおらず誰も知らないし、周知後もインターン自身が母国語を話すので誰も守りませんでした。
学校の質が高いのに事務所が機能しておらずもったいないです。事務所や経営者に問題があるため、数名の優秀な講師がさり日本人マネージャー的存在だった一回共有部分のカフェのマネージャーもやめてしまいました。

シーナという台湾インターンに初日の空港ピックアップで置き去りにされて30分以上待たされたあげく学校に着いた後は、なんの説明もなく書類と鍵を渡されて終わり。月曜になるまで土日の食事があることを知りませんでした。両替所も寄ってくれず何も教えてくれないので着いてから半日飲まず食わすでした。

帰りはトニーという台湾インターンが指定の時間にロビーで待っていても来ないので、起こしに行くと勝手に時間が変更になっており、抗議すると良いあいになり、デポジットのお金を叩きつけられました笑 自分で勝手に帰れとのことだったので、帰ろうとしたら現地スタッフが送ってくれました。
インターンスタッフは、20台中盤〜後半の台湾人が2〜4人いました。社会に出た経験があるはずですが、びっくりするくらい舐めています。日本人は、ビギナーレベルの方が多くNoと言わない方も多いので馬鹿にしている印象。
フィリピン人マネージャーのアナも最悪です。挨拶しても無視。一定のレベルの生徒じゃないと話を聞かず、No! Go awayの一点張り。指定の日程ではないが、先生同士に了承を得て授業交換を申し出るもNo!Go away!と言われました。中国語が話せるベトナム人や台湾人は賄賂を払って好きな時に授業変更出来るようです。
IELTSクラスやある程度話せる方は、エージェントに伝えられるのを怖がってなんでも言うことを聞いていました。この方、性格が悪いので全ての生徒、講師に嫌われていました。

事務所が機能していないせいか、日々の業務に間違いだらけで謝罪もありません。毎日授業のスケジュールが間違っているので、アナに指摘すると睨まれて終わりました。

事務所には、期待せずなにかあったらすぐにフィルイングリッシュスタッフに相談するといいです。フィルイングリッシュさんかなり力があるので数分で解決してくれます。

>  Q.実際に留学してみて学校・フィリピンに対する感想は?
>数社から、在籍生徒数データと見積もりをいただいておりましたが、見積もりに関してはフィルイングリッシュさん以外古い金額を提示してきました。生徒数に関しては、どこの会社のデータも外れていました。
新築で格安ということもあり、女性に大人気で自分が行った当初は日本人率80%で日本にいるんじゃないかと錯覚するくらいでした。ですが、講師の質が高かったのと自習室に行かないようしていたので、とても充実した8週間でした。オーストラリアに留学していましたが、比べ物にならないくらい良かったです。先生と遊びに行ったり、先生と飲んだり勉強以外もとても楽しかったです。
>  Q留学前の自分と変わった点は何ですか?
>もともと適当に話すことは、出来ましたが15分が限界でした。フィリピン留学語は、外国人と2人きりでもまったく苦じゃなくなりました←ビギナーレベルです。
ビギナースタートで基礎の叩き込みからだったので8週間は物足りなかったです。

>  Q.今後フィリピン留学を検討している方達にメッセージをお願いします!
フィリピンに行くと、どこの学校もだいたいたくさん日本人がいると思いますが、日本人と一緒に行動していても自分次第で伸びます!
求めすぎてしまう方は、少し値が張っても日本人経営で綺麗な場所をお勧めします。フィリピンなのである程度の妥協が必要です。頑張ってください。
卒業する際、プレゼントをあげる際は控えめな物をオススメします。派手なことをすると、プレゼントをあげてない先生が嫉妬して文句を言ってきます。笑笑


2019/11/18

Image

名前: 匿名希望

留学期間: 12週間

留学コース: Speking Master

件名: PINES メインキャンパス

Q.どのよう理由でフィリピン留学や学校を決めましたか?
学校の先輩からの勧めと、バギオで一番スパルタと聞いたから。

Q.学校についていかがでしたか?(食事・施設・講師やスタッフの対応等…)
学校の友達に聞くとかなり個人差があるが、私は満足している。特に食事と施設においては言うことはなく快適に過ごしている。授業に関しては講師に自分が何を高めたいのかを説明して授業の提案をするといいと思う。スタッフに関しては困った時に日本人マネージャーが相談に乗ってくれる。

Q.実際に留学してみて学校・フィリピンに対する感想は?
メインキャンパスはあまりスパルタとは言えない。メインキャンパスでは母語を使っている人も目立つので自分で自分に厳しくすることを心掛けている。バギオの気候は過ごしやすい。

Q.今後フィリピン留学を検討している方達にメッセージをお願いします!
どこに行ってもやるかやらないかは自分次第だと思う。なるべく日本人より外国人の友達を作ることをお勧めします!

2019/11/11

Image

名前: 匿名希望

期間: 2019年10月上旬

コース: Rapid30

件名: CPI

Q.どのよう理由でフィリピン留学や学校を決めましたか?
来年長期で他国へ留学するためそのプレ留学を兼ねて。

学校決めは
・マンツーマンレッスン中心。
・3食ビュッフェ
・セミスパルタ(1週間しかないので遊べない環境の方が自分にとって良いと感じたから)
・施設設備綺麗なところ

Q.学校についていかがでしたか?(食事・施設・講師やスタッフの対応等…)
≪食事≫
3食ビュッフェだったが種類が思っていたよりも少なかった。大体ご飯+おかず5種類。
口コミでは15種類以上みたいなことを書いてあったが違った。
私は1週間だったので飽きずにいれたが、1-3ヶ月いる子は飽きている子がいてUberで出前を取っていた。味噌汁や日本食が恋しくなりそうな人は日本食を持っていった方がいいと思う。
あと、ドレッシングは甘かったので持参した方がいいと思う。
辛いものが多かったので辛いのが苦手な人は辛いかもしれないと思った。

≪施設≫
クラスルーム綺麗で言うことなし。トイレは綺麗でもなく汚くもない。トイレットペーパーは日本からとりあえず1ロールは持っていった方がいい。

≪講師≫
みんな熱心に教えてくれる。たまに私がテキストの問題を解いている手すきな時間は携帯を触っている先生がいた。

≪スタッフの対応≫
日本人の女性スタッフはとても親切でした。1週間だったので絡みがあったのはこの方だけでした。
私がテキストのレベルが高いのでレベルを低くしたいと申し出たら快く新しいテキストをコピーしてくれた。次の日からすぐに改善してくれたので非常に嬉しかった。

Q.実際に留学してみて学校・フィリピンに対する感想は?
20代前半が多かった。どの学校でもそうかもしれないがやる気がある子とない子の差があると感じた。やる気次第で選択制の授業があるので参加したら良いと思う。
私は1週間だったので、出来るだけ英語に触れたいと思い他国の子達と一緒にいるようにした。長期で来ている日本人同士は固まっているように思えた。自分次第なのでそこは調節できるかと!

6人部屋でしたが24時くらいまで電気が付いていたりその時々の部屋の決まり?みたいなのがあるので面倒だと思う方は一人部屋をお勧めします。
→消灯時間も学校側で決めて欲しいと感じた。特に団体部屋なので。

あとRapid30は入学オリエンテーションがなく月曜日から授業開始なので友達が出来にくいです。
入学オリエンテーションは任意で参加選択出来ると良いと思います。

フィリピンに対する感想は
気候がいい!!セブは最高だと思います!!
後は12時間以上英語に触れ合えるなんて本当最高!
また行きたい!1週間短すぎ!!!

Q留学前の自分と変わった点は何ですか?
もっと英語が好きになった。もっともっと勉強したいと思った。

Q.今後フィリピン留学を検討している方達にメッセージをお願いします!
迷っているならフィリピンに留学した方がいいと思います。先生もしっかり教えてくれます。自分次第でこの学校は本当に英語縛りできます。あと、留学する前に多少は英語を勉強しといた方がいいと思います。特にこのコースは短期間なので初めからレベルが高いと思います。
最後に本当に毎日充実することができました。人に流されず、自分を信じて頑張ってください

2019/09/20

Image

名前: 重村達治

期間: 8月4日〜8月17日

コース: 初心者コース

件名: gitcイロイロ

Q. どのよう理由でフィリピン留学や学校を決めましたか?
①日本人が、少ない。
②リゾート島
③バスケットコートやプールがある
④値段が高くない。
⑤一人部屋がある。
Q. 学校についていかがでしたか?(食事・施設・講師やスタッフの対応等…)
①ご飯は毎日、同じような感じで飽きる。バラエティー豊かにしてほしい。日本食もたまにはほしい
②プール、バスケットコートがあるので満足。
勉強の、合間にリフレッシュできる。
プールの滑り台が故障中で使えない、、。
学校の紹介写真から滑り台は削除してほしい。これを楽しみにしてここの学校に決めた人は多いはず。子供達はかわいそう、。
③近くにコンビニ、売店があるので便利。
④大自然豊かな場所に学校があるので勉強に集中できる。
周りに遊ぶ場所がないので誘惑されない。
⑤日本人マネージャーが相談等に柔軟に対応してくれて大変助かる。
⑥先生も楽しい人ばっかりで楽しく勉強できた。
⑦どこのホテルの部屋もゴキブリが出てるので、、、
ゴキブリホイホイ等、置いててほしい。ゴキブリ退治スプレーで対応だとイタチごっこ、、、。
⑧水道水から茶色の水が出てくるので、使わない方が良い。原因不明だった、、。
Q. 実際に留学してみて学校・フィリピンに対する感想は?
①またこの学校に行きたい。ゴキブリほいほいさえ持参すればなんの問題もない。
Q. 留学前の自分と変わった点は何ですか?
①英語を学ぶにあたって
自分に何が足りないのかよく分かった。それにあたっての勉強方法が何か分かった。
②もっと勉強しないといけない事を実感。これからももっと勉強しないといけない事を認知。
Q. 今後フィリピン留学を検討している方達にメッセージをお願いします!
> ①遊んでしまう癖、誘惑に負ける方は
スパルタ式の学校を選んだ方が良いですよ!


2019/09/19

Image

名前: 吉原洋之

期間: 2週間

コース: rapid60コース

件名: CPI

学校について:講師が積極的に授業を引っ張ってくれるため、効率の良い学習ができました。宿泊施設は、3人部屋を利用したが、一人一人に十分なスペースがあり窮屈に感じることは無かった。シャワー・トイレも清潔で水によりお腹を下すこともなかった。食事はバイキング形式であり、毎日違うメニューをシェフが作ってくれるので、美味しく頂くことが出来た。ただし、日本食に比べて味が濃いです。これはフィリピン料理の特徴のようです。
期間について:2週間という短い期間でしたが、英語能力はかなり向上しました。特にスピーキングに関しては、自分から積極的に会話を始められる程自信をつけることが出来ました。リスニング力を向上させるにはもう少し長い期間滞在する必要があると感じました。
コースについて:相当ハードなコースです。1日中英語と向き合う留学となりました。周りの留学生がオリエンテーションを行なっている中、初日からいきなり授業が始まります。戸惑う部分もありましたが、この2週間という期間の短さを考えると、最大限の留学効果が得られたと思います。また、講師を自由に変更できることから、自分に合うスケジュールを組むことが出来、ストレス無く授業を受けられました。

2019/09/19

Image

名前: 関西学院 karin

期間: 4週間

コース: General English

件名: CPI

どのよう理由でフィリピン留学や学校を決めましたか?

→欧米留学に比べて費用が安く、授業数も多かったためフィリピンへの留学を決めました。学校は口コミで高評価だったCPIを選びました。

学校についていかがでしたか?(食事・施設・講師やスタッフの対応等…)

食事はたくさんメニューがあり、どれも美味しかったです!学校内の掃除も行き届いていて、洗濯もドライチケットを50ペソで購入すれば当日か翌日に服が綺麗に畳まれて戻ってきて快適でした!トイレットペーパーが備え付けでないので、現地でも買えますが、少し多めに持っていくことをお勧めします。

実際に留学してみて学校・フィリピンに対する感想は?

毎日がとても楽しく充実していて、先生ともまるで友達のように仲良くなれました!土日や祝日といった休みの日には友達とツアーに参加して外泊したりもしました!フィリピン留学は、日本人、韓国人、台湾人、中国人、ベトナム人が多めで、たまにロシア人がいる感じの構成でした。

留学前の自分と変わった点は何ですか?

一番は、以前より積極性が高まった点です。

フィリピンはラテン系の国で、先生たちもみんな明るく、わかりやすい英語で丁寧に私たちの個性を引き出してくれました。毎日がとても楽しくて、日本に帰りたくない!と思うくらい最高でした。

今後フィリピン留学を検討している方達にメッセージをお願いします!

私は3人部屋だったのですが、四人部屋は二段ベットが四つあって、上がベット下が勉強机という感じで、一人一人のプライバシーが確保されていて良さそうでした!あと、私は8月いっぱい行っていたのですが、日本の夏休み中だったため、校内はほとんど日本人でした。夏休みで留学を考えている方で、外国人の友達をたくさん作りたい方は、7月をお勧めします。

2019/08/09

名前: 匿名

期間: 8週間

コース: IELTSコース

件名: CPI

Q.学校についていかがでしたか?(食事・施設・講師やスタッフの対応等…)
食事は美味しいです。個人的にスーパーで買ってきたマンゴー等、シェフに頼むとカットしてくれます。

施設は綺麗でリゾート感があって、勉強の後は気分転換になります。

部屋は6人部屋と3人部屋を経験しましたが、6人部屋は広いです。2段ベッドは個室感があって良かったです。3人部屋は狭くはなりますが、ベッドの質が良く、布団もふかふかで、ぐっすり眠れます。

講師はIeltsコースの先生は質も高く教え方も上手です。
日本人スタッフの方とは週に1回面談があり、授業、講師の変更等相談にのってもらえます。
7月、8月は夏休みとあって、韓国人の母子留学や日本人の高校生等がたくさん入学してきます。小学生の子供がたくさんいて少し落ち着かない雰囲気でした。

私はCPIを選んで良かったと思います。週末は外出、旅行もできるので、平日は勉強に集中し、週末は観光アクティビティに参加して楽しめました。めりはりのある充実した2か月でした。

Q.ここは改善してほしいと感じたこと
日本人が同じ部屋になってしまったこと。最初6人部屋で日本人5人でした。
日本人がいて、いろいろ聞けて助かったこともありましたが、6人中5人は多いと思いました。3人部屋に移ったときは日本人と一緒にならないよう希望を出し、台湾、ベトナム人と同じ部屋でした。

Q.弊社(Phil English)のサービスはいかがでしたか?
全てメールのやりとりでしたが、対応が早く、安心できました。

2019/08/06

名前: 匿名

期間: 3週間

コース:

件名: CELLA UNI

3週間CELLA UNIでお世話になりました。
スタートから10日間程度は、どうなることかと
心配しましたが後半はとても楽しく学べたようです。

フィルイングリッシュスタッフや現地スタッフの皆様のお陰です。
英語以外にも、多くのことを学び成長出来たように感じています。

また留学の機会がございましたら、ぜひお願いしたいです!

ほんとうに、いろいろお世話をおかけしました。
ありがとうございます。

2019/07/29

名前: Hello

期間: 12weeks

コース: セミスパルタ

件名: Beci

 Q.どのよう理由でフィリピン留学や学校を決めましたか?

発音矯正スピーキングに特化している(spやscコースやリハーブクラス)
真面目な生徒が多くて誘惑がなく勉強に集中できる環境なので決めました。

 Q.学校についていかがでしたか?(食事・施設・講師やスタッフの対応等…)

食事はまあまあです!
日本人スタッフがいるので色々相談できます!
コース変更や学校を伸ばす時などvisaなど色々相談にのってもらえました。

 Q.実際に留学してみて学校・フィリピンに対する感想は?
セミスパルタコースのカリキュラムは満足しなかったので、コースを変えることにしました。
レベル設定が結構厳しくて
レベルが低くなってしまったので授業が簡単すぎて意味あるのかな?と不安な1ヶ月をすごしました!
コースを変えたのでこれからに期待です。
誘惑がなく勉強に集中できるが
皆あまりしゃべらないのでスピーキングは、授業以外であまりできない。

 Q留学前の自分と変わった点は何ですか?
まだ一ヶ月ですが、英語ずけなので
最後は結構上達してそうだと思います。

 Q.今後フィリピン留学を検討している方達にメッセージをお願いします!
一番最初はフィリピン留学してから次にネイティブ国に勉強しにいくのがおすすめです!

2019/07/23

名前: 匿名希望

期間: 2週間

コース:

件名: We Academy

昔、We academyを見学に行った時は、設備がイマイチでしたので学費が安くても選択肢には入りませんでした。

しかし今年「校舎が新しくなります」とフィルイングリッシュさんからお知らせを頂き、さらに新校舎でも学費は変わらずとの事でしたので入学する事にしました。

1.私の部屋は広くて綺麗、大きな窓からは緑が見えて快適、さらにシンクが有るので使い勝手が良いですが、一点、バスルームのシャワー部とトイレ部に仕切りのカーテンが無くシャワーを使うと毎回トイレ部の床も濡れるので仕切るカーテンがある方が良いと思います。

2.食事は辛い物が多めで、濃い味付けです。 野菜が少ない点が寂しい。

3.Wi-Fiは(YouTube)が問題なく見られるスピードが確保されています。

4.電気代と水道代は、毎月基本料金として各500ペソ(計1000ペソ)に加えて電気は使った分を更に払う従量課金なので、他校より相当高い電気代になりますが、フィルイングリッシュさんの割引で、まあ高い電気代も許容範囲です。

5.寮には冷蔵庫があると案内されていたのですが、新しい校舎には設定なし、その点を日本人マネージャーに確認したら、数日後に冷蔵庫を用意してくださいました。 感謝。

8.1対1の先生については、レベル差はありますが、私を担当する先生の一人は、会話練習中に本当にタイミングよく多くの点(ケアレスミスを含め)を直してくれます。 その先生は私が会った多くの先生の中でトップクラスだと思います。

9.グループレッスンはベテラン先生ばかり、授業の進行や割り振りも丁寧で生徒のレベル差を上手くカバーしながら授業を進めてくださいますので、満点とは言えませんが評価は合格点。

10.We academyの授業は良いことばかりでは無く、ピークシーズンでは、1対1の教室が足りないので、一部の授業は仕切り壁が無い大部屋で多くの新人先生と生徒が授業をすることとなり、集中して勉強する事は難しいです。

11.We academyは1ケ月の授業日数が20日との事で、特に31日の月は週4日しか授業が無い週が何回か設定されます。短期集中で来られる方には良くない制度ですが、長期の生徒さんにはボラカイ等離れたリゾートへのバケーションが設定しやすいです。

12.現在自習室の設定が無く、食堂が自習室になっていて不便です。

13.サーバーのお水は美味しくないので、私の過去の留学では無かった事ですが外で水を買って飲んでいます。この事が今この学校に一番改善して欲しい点です。

14.新校舎の近く(約徒歩3分程度)にロビンソンモールがあり日常品の買い物に困る事はありません。更にその3Fには私が知る限りイロイロで一番両替率が良い両替所があります。

15.今まで海鮮が美味しく食べられる日本食レストランはイロイロにはありませんでしたが、新校舎からジプニー料金8ペソで行ける所に「呑ん気」というお店が最近出来て、チョット高めですが美味しく日本食が味わえるようになり、日本食好きの私は助かっています。


2019/07/02

Image

名前: A

留学期間: 4週間

留学コース: general ESL

件名: CBOA

Q.どのような理由でフィリピン留学や学校を決めましたか?
費用を安く抑えながらも中身の詰まった留学をしたいという思いから、セブ留学を決めました。学校に関してはこだわりがなかったのでインターネットで様々見比べました。最終的な決め手はオーシャンビューの部屋とホームページの雰囲気だった様な気がします。

Q.学校についていかがでしたか?(食事・施設・講師やスタッフの対応等…)
食事は、思っていたよりも美味しかったです(笑)。でも、胃の弱い人は注意が必要かと思います。割と強いと思っていた私でさえ毎日一度はお腹が痛くなっていたので、途中から生野菜やフルーツをやめました、、。飲み水や衛生は考えられているとはいえ、水道水で洗っているものはやっぱり刺激が強いです。
学校や寮の施設は全体的に清掃が行き届いていて快適でした。冷房の近くの部屋に入ると冷えでお腹が痛くなったりするので、温度調整できる服装が好ましいです。
先生たちは若い人が多くて最初はびっくりしました。たとえ若くても知識や経験のある先生が多くて、説得力のある授業を展開してくれる先生が多かったです。友達みたいに仲良くなれた先生もいます。授業時間はもちろん、休憩時間におしゃべりしたり歌ったり、授業の後にご飯を食べに行ったりっていう思い出もできてすごく楽しかったです。とはいえ、中にはハズレの先生もいますし、相性次第でもあります。泣きながら授業を受けてる人がいるという話も聞きました。相性が悪いと毎日お互いにストレスフルな45分を過ごすことになるので、無理に耐えることなく先生変更を願い出てもいいかもしれません。私の唯一の後悔です。

Q.実際に留学してみてフィリピンに対する感想は?
治安的衛生的な面では、海外初心者にはちょっとしんどいかもしれません。私も最初は現地のローカル感にビビってしまい、1人で両替に行くのすら躊躇しました。初日はトライシクルのキャッチやストリートドッグ、これが家?って思ってしまう様な建物にいちいち恐怖を感じて、ちょっと先のスーパーに行くのにすっごく神経を使いました。そんな私に出歩く勇気を与えてくれたのはTシャツ、短パンにビーチサンダルっていうスタイルです笑。少しでも観光客感を消そうと思って、現地の人っぽい格好を目指しました。といっても、防犯意識さえ持っていれば大丈夫だと思います。賃金や国としての貧困度合いを考えると手放しに喜ぶことはできませんが、やっぱり物価は安くて、ネイルサロンやマッサージなども楽しめました。マリバゴから離れてボホール島に行ったりアイランドホッピングに行ったりしたら、ザ・南国の景色にも出会えて、いろんな側面を見たことでフィリピンが一層好きになりました。

2019/07/01

名前: Naoya

期間: Jun 9, 2019 ~ Jun 30

コース: ESL

件名: EV English academy

3週間、セブ島のスクールに通いました。
コースはベーシックなESL。初日にライティングとスピーキングのテストを受け、そのレベルによってクラス分け(pre E1,E1,E2~E7)されます。私の場合は76/100点でE4クラスでした。
このクラス分けがあるのでグループレッスンや教材はある程度同じレベルの人とできますが、一部グループレッスンはスピーキングが苦手な方々とも同じになるので、息抜きにはなりますが、人によっては不満が出るかもしれません。私の場合、他国の友人を作ったりもできたので良いバランスでした。
セミスパルタとスパルタとありますが、強制されるのが好きではないので私はセミスパルタにしました。自分で自習をする習慣がある人、自分の時間を持ちたい人はセミスパルタでも十分勉強できると思います。何より、朝昼晩のEVスクールでの食事は次第に飽きます。なので平日夜に出かけて外食できるセミスパルタの方が、ストレス発散もできて健康的だと感じました。ビールが約100円と安いですし外食は結構おいしいところがたくさんありました。タクシーやジプニーも安全で頻繁に利用し移動できます。
1ヶ月では英語習得を実感するのは難しいですが、耳が慣れる感覚はありました。引き続き英語学習を続けていきたいと思う良いきっかけとなりました。ありがとうございました。

2019/06/12

名前: 匿名希望

期間:

コース:

件名:

私はフィル・イングリッシュさんを通じて5回のフィリピンシニア留学を体験しました。その中で感じているフィルさんの魅力についてお話します。フィリピン留学をする際、私にとっての一番の気がかりは費用の安全性、そして施設や学習内容のクオリティです。

いくらフィリピン留学が他国に比べて割安だと言っても、その額は数十万円に及ぶはずです。それを事前に払い込んでしまって、エージェント会社や現地の学校が倒産とかしてしまったらどうなるのか?最近では、てるみーくらぶの倒産の記憶が新しく現実味があります。その点、他のエージェントにはないフィルさんの学費後払い制度は現地に入学後支払いができるので、そういった不安が一切ありません。

また、フィリピンの学校の施設には老朽化したものもあり、いざ行ってみて耐えがたい場合があるかもしれません。そんな時にも、フィルさんの途中自主退学での残余期間学費100%返金制度は安心して留学できる仕組みの一つです。

そして、何より他のエージェントに比べ群を抜いた最大20%の割引率です。

これらの理由で、私は数あるフィリピン留学エージェントの中でフィル・イングリッシュさんを選んできて満足しているので、これからも留学の際は利用していきたいと考えています。

2019/05/03

Image

名前: LX

留学期間: 3months

留学コース: One-on-one ESL

件名: MONOL

MONOL在学中です。
こちらに来て感じたことを共有させていただきます。
少しでもご参考になれば幸いです。

◆交通:
マニラ空港からバギオまで大体7時間ぐらいかかります。
19:30頃に空港を出発して、寮についたのは深夜2時頃でした。
外は蒸し暑いのに、バスの中は本当に寒いです。
私の場合は、ダウンでも寒かったです。
バスに乗る時間が長いので、薄着では風邪を引いてしまいます。
なので、個人的には厚手の羽織ものを一枚持参したほうがいいと思います。

◆学校施設:
①エレベータ
まず、校内のエレベータですが、壊れているか使えません。
私の場合、教室と部屋が6階ぐらい離れているので、毎日6階の階段を行き来しています。
ただ普段の生活にはそんなに気になりません。

②部屋
私の場合、セミシングル部屋に泊まっておりますが、快適だと思います。
部屋のお掃除は月、水、金の週三回申請可能です。

バギオは結構湿度が高いので、部屋で洗濯物を干す際には除湿器をつけています。
除湿器は部屋ごとについていると思います。

③食事
一日三回食事が出ます。
中身は添付の画像をご参考ください。

ビュッフェ形式で栄養に必要なものは揃えている気がします。
ただ、味は正直期待できません。
ただ、まず過ぎて食べれないレベルではないです。

④WIFI
教室ではWIFIが使えないため、スマホの辞書を使われる場合は、事前にダウンロードしておいたほうがいいと思います。

部屋ではネットはつながりますが、スピードが結構遅いので、
Youtube動画の場合、見れると時と見れない時があります。

◆カリキュラム:
私の場合、リスニング2時間、スピーキング2時間、リーディング1時間の授業構成です。

①スピーキング
スピーキングメインです。

②リスニング
この授業は本当に難しいです。
独自の教材を使っていて、さまざまな専門用語が出てくるので、
予習と復習は必須です。それでも難しいです。

③リーディング
こちらも先生によると思いますが、
ほかの二つに比べると、先生とコミュニケーションをとる時間が最も少ない授業だと思います。

◆先生
先生のレベルは本当にバラバラです。
しっかり責任を持って授業に臨む先生もいれば、適当な先生もいたり、
発音がいい先生もいれば、そうでない先生もいます。

授業を効率的に進めるには、先生の質、および先生とのコミュニケーションが本当に
大事だと感じています。

万が一先生が自分と合わないと思った際には、学校側と相談して、先生を変えることも可能です。

以上、いくつか気づいた点を書かせていただきましたが、
少しでもお役に立つと幸いです。


2019/05/03

Image

名前: LX

留学期間: 3months

留学コース: One-on-one ESL

件名: MONOL

MONOL在学中です。
こちらに来て感じたことを共有させていただきます。
少しでもご参考になれば幸いです。

◆交通:
マニラ空港からバギオまで大体7時間ぐらいかかります。
19:30頃に空港を出発して、寮についたのは深夜2時頃でした。
外は蒸し暑いのに、バスの中は本当に寒いです。
私の場合は、ダウンでも寒かったです。
バスに乗る時間が長いので、薄着では風邪を引いてしまいます。
なので、個人的には厚手の羽織ものを一枚持参したほうがいいと思います。

◆学校施設:
①エレベータ
まず、校内のエレベータですが、壊れているか使えません。
私の場合、教室と部屋が6階ぐらい離れているので、毎日6階の階段を行き来しています。
ただ普段の生活にはそんなに気になりません。

②部屋
私の場合、セミシングル部屋に泊まっておりますが、快適だと思います。
部屋のお掃除は月、水、金の週三回申請可能です。

バギオは結構湿度が高いので、部屋で洗濯物を干す際には除湿器をつけています。
除湿器は部屋ごとについていると思います。

③食事
一日三回食事が出ます。
中身は添付の画像をご参考ください。

ビュッフェ形式で栄養に必要なものは揃えている気がします。
ただ、味は正直期待できません。
ただ、まず過ぎて食べれないレベルではないです。

④WIFI
教室ではWIFIが使えないため、スマホの辞書を使われる場合は、事前にダウンロードしておいたほうがいいと思います。

部屋ではネットはつながりますが、スピードが結構遅いので、
Youtube動画の場合、見れると時と見れない時があります。

◆カリキュラム:
私の場合、リスニング2時間、スピーキング2時間、リーディング1時間の授業構成です。

①スピーキング
スピーキングメインです。

②リスニング
この授業は本当に難しいです。
独自の教材を使っていて、さまざまな専門用語が出てくるので、
予習と復習は必須です。それでも難しいです。

③リーディング
こちらも先生によると思いますが、
ほかの二つに比べると、先生とコミュニケーションをとる時間が最も少ない授業だと思います。

◆先生
先生のレベルは本当にバラバラです。
しっかり責任を持って授業に臨む先生もいれば、適当な先生もいたり、
発音がいい先生もいれば、そうでない先生もいます。

授業を効率的に進めるには、先生の質、および先生とのコミュニケーションが本当に
大事だと感じています。

万が一先生が自分と合わないと思った際には、学校側と相談して、先生を変えることも可能です。

以上、いくつか気づいた点を書かせていただきましたが、
少しでもお役に立つと幸いです。

2019/02/22

名前: K.Y

期間: 6週間

コース:

件名: セブブルーオーシャンアカデミー

留学目的:外国人の友人が多いため英会話力を上げたい。

レベル:中級

留学期間:6週間 2018年10月28日~12月8日

※2017年10月29日から5週間、2016年11月20日から4週間 同校に留学経験あり。

評価 10点満点中

学校運営とフロントスタッフ 5

授業と講師 8

学生 6

オプションクラス、アクテビティ 6

食事 7

宿泊施設 7

ジム 5

プール 6

近隣環境 4

57歳の中年スチューデントです。
今回で3回目のセブ留学でした。
なぜいつも同じ学校なの?と聞かれますが、4~6週間とそれほど長くない滞在ですし、状況がわかっているところのほうが心の準備も楽ですので。
先生やスタッフの方々も「Well come back 」と歓迎してくれますしね。

長くなりますが、一から学校生活を書き留めていきますね。

まず、セブ空港に到着するのは土曜日が一般的。
スタッフ迎えに来てくれますが、少し旅慣れた人ならタクシーやGrabでも学校まで行けます。所要時間は30分ほど。
次の日、日曜日の13時ごろからレベル分けのテストがあります。

生徒の国籍は日本、韓国、台湾の3国がメインで全体の85~90%。
日本人は全体の35~50%ほどです。そのほかは中国、ベトナム、モンゴル、タイなど。
年齢層は20~70歳までさまざま。男女比は女性が多く全体の60%位だと思います。
僕なりに分析すると、
20~25歳位の各国からの男女大学生(就職前に語学力を身につけたい)、
20代後半~30代の各国からの女性(会社を辞めた)、
30歳前後の台湾人男性。(会社を辞めた、ワーキングホリデー希望)、
60~70歳位のリタイア世代、が多いと思います。
逆に日本人男性の30代はあまりいません。長期の休みは取りにくいでしょうし、会社を辞めて留学!という人も少ないのかなと思います。
あと韓国から小学生がお母さんと来てたりします。
留学期間は台湾人、韓国人は8~12週、日本人は4~12週が多く、それ以上の方もいます。
リゾートも味わいながら英語の勉強、という

学校はマクタン島のマリバゴというエリアにあります。
学校ははEGIというリゾート(ホテル、コンド、レストラン、売店などが集まった小さな街) の中にありリゾートの入り口には門番がいるのでセキュリティはオーケー。
でも、一歩外に出れば決して清潔な街ではないし、隣接道路は交通量もあり、トライシクルのドライバーも「乗らないか?」と声をかけてくるので、ちょっと緊張感が必要かも。
でも身の危険を感じたことはありません。

学校から徒歩5分圏には、マクドナルド、スーパー、ベーカリー、コンビニ、コーヒー店、マッサージ、セブンイレブンなどがあります。
スーパーには食料品のほか衣料品、日用品もあり、両替所もあり便利です。

さて校舎ですが、きれいな建物ですが決して広くなく学生たちでいつも賑やかです。
一階にはカフェと呼ばれる広いラウンジがあります。ここでは自習をしたり、共用パソコンで調べ物をしたり、静かなおしゃべりに使われています。
夕食後は真面目に自習をしている人が多いです。またコーヒー売店があり、飲み物、ケーキ、カップ麺などが買えます。
隣には学食があり、その時間に行けば朝昼晩の3食が、土日祝日も含め毎日食べられます。
韓国風、日本風、西洋風、そしてフィリピン料理が繰り返し出てくる感じです。
味はそこそこ良いと思います。量も品数も悪くない。フルーツも付けてくれます。
日本人ならたぶん大丈夫。でもご飯は今ひとつかも。
ただ長い滞在では飽きると思うので、たまに外食も楽しむとよいと思います。

そしてGym。朝5時から開いています。夜は結構混んでいて賑やか。先生も一緒に筋トレしてたりします。しかし器具のメンテが悪く、ある器具を上手に使ってトレーニングという感じです。ここはフィリピン品質。残念。改善が必要です。

カフェの奥にはランドリーがあり、洗濯物を持っていくとスタッフが洗濯、乾燥、折り畳みを各50ペソでやってくれます。7キロまで同じ値段なので1週間に一度で十分。ということはタオルや衣服は1週間分+α あれば安心。
基本、Tシャツと半パンにサンダル履きの学生が多いです。露出度が多くなければ気軽な服装格で大丈夫です。(校外で露出度の高い女性は泥棒などに狙われ易いと思います)

二階にはフロントがあり日本人スタッフほか各国のスタッフが事務をしています。気軽に日本語でなんでも聞けます。その周りにはクラス分け、時間割り、告知などが掲示されています。ただしスケジュールなど先のことの決定が遅く、もう少し管理側にしっかりして欲しいといつも感じます。

三階にはライブラリーカウンター。ここでは教科書のほか、Wi-Fiルーターやドライヤー、ハンガーなどのレンタルやSIMカードの販売もしてます。

教室は二階と三階にあり、マンツーマン用、4:1用が中心。10人前後が入れる教室も2-3、20人前後の教室もあります。教室が決して広くはありません。またエアコンの効きが悪いため、先生たちはいつも暑がっています。

僕はライトESLコースだったので1日にマンツーマンの授業が3クラス、4:1の授業が2クラス、合計5クラスでした。ほとんどの生徒は1日7クラスほどっています。1クラス=50分授業ですが、休前日は40分の短縮になり、早めに授業が終わります。

早目に終わった金曜日は隔週でレベルチェックテストまたはイベントが行われます。
レベルチェックテストは4週ごとに受けなくてはならず次の4週間のレベル分けに使われます。テストの評価は後日、各自に配られ自分のウィークポイントなど確認できます。

イベントは先生や生徒もたくさん参加し、ゲームアクテビティ、英語でのスピーチコンテスト、ハロウィンやクリスマス会も開催されます。

月に1度か2度ぐらい祝日があり授業が休みになります。(代替えはありません。)
ですので3連休があったりします。届けを出せば祝前日と土曜日は外泊できます。

週末は出かける人も多く学校は少し静かになります。人気のあるのはボホール島。学生たち10人前後で1泊2日で出かけることが多いようです。日帰りだと隣のオランゴ島や、セブシティに買い物や夜遊びに出掛ける人も多いです。
シティにはタクシーで60分くらい。渋滞があると倍ぐらいかかるので注意が必要。

宿舎は校舎の隣に立つEGIホテルで、毎晩22時に在室チェックがあります。
(校舎内で自習してる人は校舎でチェックを受けます。)
ですので22時までは外食や買い物、マッサージにも出かけられます。マッサージは安いので(300~600ペソくらい)オススメかも。
宿舎や校舎に持ち込まなければ飲酒もできます。
オススメは宿舎のEGIホテルのプールサイドバー。夜はいい雰囲気だし、ビールが80ペソ、カクテルが200ペソ前後とリーズナブル。多少ならおつまみの持ち込みも許してくれます。さらに17時から20時はビールとカクテルに限り+テイク1 。
つまり一杯分で2杯飲める!なので毎晩誰かしらがテーブルを囲んでいます。

そうそうEGIホテルには幾つかプールがあり学生は自由に使えます。競泳には向きませんが、運動不足解消程度には使えるし、プールサイドのベッドで自習をしたり昼寝をしたりもできます。

宿舎はこのホテルの7階~9階。建物は少し古め。部屋はスタッフ達が週2回清掃してくれて清潔です。3人部屋は海側でベランダ付き。眺めは格別。でもやはり3人は手狭かも。でもルームメイトが多いと楽しいことも多いと思います。1人部屋と2人部屋は街側。空港の明かりや遠くセブシティも見えます。朝はニワトリの鳴き声で起こされます。
廊下にはウォーターサーバーがあり、ボトルがあれば水やお湯が自由に使えます。
またこのホテルのほかに徒歩5分ほどのところに1人部屋中心の外部ホテルがあり、エレベーターなしの3階建て。3階の共用テラスでお酒を飲むことができます。

さてさて肝心の授業ですが、先生は全員フィリピン人で明るい方が多い。女性が8割で20~30歳くらいが中心。母校のあるバギオから派遣されているかたも多いようです。皆よく教育されていて、時間に正確で、しっかり授業をしてくれます。少々の個人差はありますが。もちろん相性はありますので問題があれば先生の変更を申し出ることもできます。
カリキュラムは母校と共通で授業のスキルもかなりしっかりしていると思います。
フィリピンの学校だから授業の質が心配、ということはないでしょう。発音はアメリカ英語で日本の英語の先生より格段に上、フィリピン英語ではありません。マンツーマンのクラスはリーディング、文法、ディスカッションなど、4:1のクラスはリスニング、テーマ討議など。4:1のクラスは国籍がミックスになるよう配慮されているようです。

4週間ごとにレベルチェックテストが行われ、スケジュールが新しくなります。同じレベルに留まるとまた同じ教科書で授業をすることになります。ただし先生の同意があれば他の教科書を使ったり希望を伝えることもできます。でも基本はレベルが上がり新しい教科書での授業となります。
このようなシステムなので8~12週くらいがベストかな、と個人的には思います。
長くなると授業もそうですが、食事や環境にも飽きがでてくるかと思います。

朝7時からと、夜7時からは定員制のオプションクラスがあります。2週間ごとの月曜日に先着順で受付あります。人気があるのは発音クラス、ボキャブラリークラスのほか、リスニング、映画、文法など。あとギタークラスやズンバダンスもあります。
いくつ受講しても無料。ただし2回休むとドロップとされ、それ以降受講できないし、次回のオプションクラスの申し込みができません。

一般の授業も休むと強制自習のペナルティがあります。1日休んでしまうと大変です。

どうでしょうか。学校の雰囲気が少しでも伝わりましたでしょうか。

僕は他の学校に行ったことがありませんので比較はできませんが、日本人の僕たちからすればコスパのよい留学体験ができると思います。

授業と自習をきちんとすればそれなりの成果は出ると思います。

そして韓国人や台湾人の友達もできます。もちろん日本人も。

しかし、遊び要素の濃いセブを選ぶ生徒さんは勉強半分のひとも多いので、週末の夜遊びやショッピング、ダイビングや一泊旅行など遊び誘惑も多いです。

特に日本人の若い女性は「遊びグループ」入りしてしまう人がいます。
誘惑に負けずに計画的に学習をできる意志が必要ですね。

あとは環境への適応。

下痢をする人、風邪をひく人は多いです。僕も去年は下痢、今年は風邪を引きました。
慣れない環境とたくさんの先生、生徒。特に風邪は蔓延し易いで、常備薬の準備や保険の準備があるとよいかも。

また英会話がほとんどできない、という人はかなり苦労すると思います。インターネット英会話などで話す練習をしたり、文法の復習をしてから行くとよいと思います。

シティの誘惑から少し距離を置いたセブのリゾートホテルに滞在しながら、英語の勉強ができる、悪くない学校だからだと思います。

かなり私感を織り交ぜて書きましたが、学校選びの参考になれば幸いです。

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku